「箱舟の聖母」バックナンバー
2005年5月22日号No.254

 マリア様を喜ばせましょう。マリア様はあなたの小さな奉仕にも大きな恵みで報いて下さいます。あなたが愛する人の救いのために「箱舟の聖母」を役立ててください。「箱舟の聖母」は宣教誌です。購読しコピーし身近な人にわたすなら、あとはマリア様ご自身が働いて下さいます。そしてあなたの購読料はマリア様の事業を支えます。あなたのマリア様に対する奉仕を神様は永遠に忘れません。

 お申し込みはEメール版は3千円、郵送版は一万円を目安に一年分のご寄付をお願いします(商契約ではありません)。こうするのは、読者の皆さんにも「受けるだけの人」のままでいるのではなく、自発的な献金と、友人知人にコピーをわたす伝道を通して「よろこんで与える人」となり、神様の祝福をもっと得ていただきたいからです。「よろこんで与える者を神は愛される」、これが私たちの宣教事業の基本理念です。

◆マテオによる聖福音10章27節
「私がやみの中で言うことを、あなたたちは明るみで言え。耳をあてて聞くことを、屋根の上から知らせよ」

◆マテオによる聖福音10章42節
「この小さい者の一人に、弟子として冷や水の一杯でも与える人があったなら、まことに私は言う。その人は報いを失わぬ」


ご注意
■ お申し込みは下記住所宛にEメール版は3千円、郵送版は一万円を目安に一年分のご寄付をお願いします(商行為でも契約でもありません)。  〒540−0004 大阪市中央区玉造1−4−14 箱舟の聖母社
■ トラブルを避けるために、必ずご本人様でお申し込み下さい。いかなる理由でも、ご送金後の返金はできません。お申し込みから登録まで2週間程度かかりますので、あしからずご了承下さい。
■ 本誌読者=「聖シャーベル修道会会員」ではありません。どのような立場の方でも歓迎いたします。
■ これを用いてマリア様の事業を攻撃する人には送付を打ち切ります。また災害・戦争など、やむを得ない事情の際も送付いたしませんが、ご了承ください。


%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%0%%

        「 箱 舟 の 聖 母 」

       2005年5月22日号 No.254

   毎週1回発行:Eメール版 年間3,000円(ご寄付)
          郵送版  年間10,000円(ご寄付)
  http://homepage1.nifty.com/charbeljapan/index.htm
      E-mail : charbeljapan@nifty.ne.jp
       ( 等幅フォントでご覧下さい!)
%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%5%%
----------------------------------------------------------------
    箱舟の聖母、
       我らが御母聖マリア、
         キリスト信者の扶(たす)け
----------------------------------------------------------------
 マリア様を喜ばせましょう。マリア様はあなたの小さな奉仕にも大きな恵
みで報いて下さいます。あなたが愛する人の救いのために「箱舟の聖母」を
役立ててください。「箱舟の聖母」は宣教誌です。購読しコピーし身近な人
にわたすなら、あとは マリア様ご自身が働いて下さいます。そしてあなたの
ご寄付はマリア様の事業を支えます。あなたのマリア様に対する奉仕を神様
は永遠に忘れません。
----------------------------------------------------------------

◆今週号の目次

 1.小さき白いロザリアに与えられたローキューション
 2.聖シャーベル修道会ニュース
 3.153本の聖ヨゼフの百合
 4.リトル・ペブルからの手紙
 5.反キリスト、ロード・マイトレイヤについての警告
 6.お知らせ



----------------------------------------------------------------
1.新しいローキューショニスト(幻聴者)「小さき白いロザリア」に
  与えられたローキューション。 − 2005年4月 −
----------------------------------------------------------------
小さき白いロザリア:
 聖シャーベル修道会(オーストラリア)の発展のため、特に日本の
聖シャーベル修道会の発展のために、ロザリオ一連をお捧げしていた時、
天使らしき方から、何度もくりかえし語りかけられた気がしました。

 『聖アンブロジオに祈りなさい』

 『聖アンブロジオに祈りなさい』と。

(注記):
  聖トマス・モア(法律家の保護者)には、リトル・ペブルさんの裁判に
 関して祈っていたが、聖アンブロジオは、名前は聞いたことがあっても、
 よく知らなかった。調べてみると、司教になる前にローマ帝国の長官で
 あり、裁判官のような仕事も兼ねていたようで、裁判中のリトル・ペブル
 さんにとって大切なことのように思えた。少しでも早く、良き裁判の結果
 が表れることを願っている。


 このことは、2005年5月17日にリトル・ペブルさんによって確認さ
れた。



----------------------------------------------------------------
2.聖シャーベル修道会ニュース
----------------------------------------------------------------
◆北海道、東北の人、集まれ! 
 − グレゴリオ聖歌研究会(ミサと茶話会)開催のお知らせ −

  グレゴリオ聖歌の練習をしよう!
  交流しましょう!
  楽しくやりましょう!

  信者、未信者を問わず、どなたでも参加できます。
  また、途中入場、途中退席も自由です。


【 秋田 】
 会の名称 :「グレゴリオ聖歌研究会 東北支部」
 日 時  : 6月12日(日)10:00〜16:30
               (昼休み12:00〜13:00)
 場 所  :「働く婦人の家」
       秋田県横手市本町3−30
       TEL: 0182−33−3995
       http://www.yhk.yokote.akita.jp/yokote/2-hiroba/5-kyouiku/8-hataraku.htm
       (地図)

【 旭川 】
 会の名称 :「グレゴリオ聖歌研究会」
 日 時  : 7月10日(日)9:00〜16:30
               (昼休み12:00〜13:00)
 場 所  :旭川市民文化会館 第一会議室(2F)
       北海道旭川市7条通9丁目
       TEL: 0166−25−7331
       http://www.city.asahikawa.hokkaido.jp/files/siminbunka/index.htm



----------------------------------------------------------------
3. 153本の聖ヨゼフの百合
----------------------------------------------------------------
【 第114章 】

 「内的生活」をつくり、深めることは、この世へ向かう自分の意識を、
この世から切り離し、神に向けることです。この世から自分の意識を切り離
すのは、この世の日常の生活を送りながら行ないます。しかし、一時的に
この世から実際に自分を切り離すという手段もあります。もちろん完全にで
はありませんが……。それを黙想の日とか静修の日とか呼んでいます。

 この方法の主要な要素は、一人きりになることです。これはいつも会って
いる人と会わないことです。そして話し相手を持ってはいけません。黙って
すごせることが大切です。挨拶もしなくていい環境がベストです。次に重要
なのは、いつもやっている仕事や勉強をしないこと。できれば家事、料理も、
買い物もしない。新聞、テレビ、ラジオ、ステレオなど、見ない聞かない
読まない。電話連絡などもしない。最後に豊かな自然に触れることができた
らなお良いです。黙想の助けになる読み物は用意するのですが、読むことを
メインにしてはいけません。「内的生活」をつくり、深めるための黙想の日、
静修の日なのですから、心の中で神と対話するのがメインです。月に一度
とか、年に数回、こういう隠遁をできたらやってみてください。きっといつ
もより、神様からのインスピレーションにたくさん気づきます。夜、遠くの
音がまわりの静けさのせいでよく聞こえるようなものです。そして霊魂が
養われ、強められたことに気がつくでしょう。霊魂は神と触れあうことで
のみ養なわれ、強められるので、いつもより濃い密度で神と触れあえば、そ
れを自覚することがよくあります。

 この自分だけの隠遁所をどうやって持つかですが、手っ取り早いのは、
上記の条件を良く満たすようなホテルです。選ぶとき、注意してください。
町の音や声、隣の部屋の音や声が完全に遮断される部屋にこだわって下さい。
寝に行くのではありませんから、睡眠はくれぐれも長すぎないように。疲れ
ているなら早く寝て、そのかわり朝、非常に早く起きるといいですよ。神様
とあなたのデートだと思ってください。心が浮き立つでしょう? 夕日が
沈むのを、星空を、月を、朝、真っ暗だった空が次第に変化するのを、朝日
が昇るのを、じっと静かに見たことがこのごろありましたか? その美しさ
は神の語りかけですよ。イエズスにとって夜は御父との一致の時でした。
一人きりで、眠ることのない祈りの夜をお過ごしになることがしょっちゅう
でした。隠遁所での夜の時間は特に「一刻千金」の価があります。イエズス
が何を味わっていらっしゃったか体験するために、イエズスに「私にも教え
てください」と頼みながら、神との触れあいを、語り合いをやってみてくだ
さい。きっと得るものがたくさんありますよ。



----------------------------------------------------------------
4.リトル・ペブルから「トゥー・パトリックス」への手紙
− 「最新の愛のメッセージ」について 2005年5月12日 −
----------------------------------------------------------------
親愛なるキリストにおける兄弟たち「トゥー・パトリックス」、

 私は、私たちの主にして救い主イエズスの御名において、あなたたちに
挨拶します。

 私は2005年5月11日のあなたたちの公式声明に、そしてよりいっ
そう、そのように主張しているイエズスの言葉とするものによって非常に
驚かされました。

「教皇ベネディクト16世は反教皇であり、反キリストです」という主張に
関して:

 親愛なる息子たちよ、あなたたちは真実でないローキューション(内的
語らい)を受け取ったので、あなたたちは悪いものによって騙されています。

 あなたたちは「いいえ」と言っていますが、あなたたちは彼が真の教皇で
あると主張している世界中の全ての幻視者(何人かを除いた)を持つことは
できません。

 神の霊は同じで、そしてひとつの霊が真理の中にあるすべての人々の心を
統治しています。

 あなたたちの以前のメッセージ、− 次の教皇は反教皇になるだろう、と
いうのは真実でした − 数え切れない他の幻視者たちと何ら違いはありま
せん。神の言葉の表現とタイミングは、神秘的な意味に覆われています。

 ベネディクト16世は真実の教皇であり、聖マラキの預言によれば「オ
リーブの栄光」です。

 真実の教皇が聖座についている時、反教皇はいつも聖座についています。
反教皇もまたローマにいるのです − 教皇ベネディクト16世の影のうし
ろに隠されて、そして教会を破壊するために働いているのです。

 教皇ヨハネ・パウロ2世は死んでいるのではなく、神のうちに眠っている
のです。

 従って、キリストの御言葉は真実であり続けます − 反教皇は、ヨハネ・
パウロ2世が死ぬ時、自らをペトロの聖座につけるでしょう。

 ヨハネ・パウロ2世は、ベネディクト16世が亡くなった後、戻るでしょ
う。彼(ヨハネ・パウロ2世)が亡くなる時、反教皇は聖座にのぼるでしょ
う。そして、(真の)教皇としてのヨハネ・パウロ2世は実際に死ぬのでは
ないでしょう − あなたたちは「Anti(反)」になる教皇のための専門
用語を持っています − 例えば「Anti-Pope(反教皇)」。

 あなたたちは、教皇の言動によって、彼が「反教皇」なのかそうではない
のかを知るでしょう。

 我が友よ、霊を識別してください。もう一度、私と一致するようにあなた
たちに呼びかけます。

 あなたたちに神の恵みを祈ります。

 神の祝福を

[サイン]
リトル・ペブル
(神の預言者)



----------------------------------------------------------------
5.反キリスト、ロード・マイトレイヤについての警告
----------------------------------------------------------------
マリア様からの警告 1996年8月13日 No.248

 全世界の共同体は神の要塞、至高なる御者の防衛線です。そこでは真理の
兵士たちが養成され準備されるのです。新しい修道会の使命はカトリック
の世界を再福音化し、神というものを知ってはいるけれども、神そのもの、
すなわち、神である私の息子イエズスを知らないすべての霊魂を教会に連れ
て来ることなのです。甘美なる子供たちよ、時は極めて残り少ないですが、
為されるべきことは多くあります。自分の仕事は済ませてしまったと信じて
怠惰に座っていてはなりません。甘美なる子供たちよ、そうであってはなり
ません。存在のあらゆる瞬間は、神に仕えるために用いられなければなりま
せん。

 神である私の息子イエズスは地上における天軍の指導者、将軍、将校を
大勢準備しておられます。あなたたちの多くは、この真理の聖なる軍隊に
入るように呼ばれています。そして今、全世界の選ばれた霊魂を通して多く
のことが明らかにされています。甘美なる子供たちよ、神の御計画のすべて
を理解しようとしてはなりません。あなたたちは至高なる御者の完全な御計
画の重要さを考えることができないからです。しかし、時が来れば理解する
必要のあるすべてを神は徐々に明らかになさるでしょう。ですから、信仰と
真理のうちに歩みなさい。私もまた、終わりの時の新使徒だけではなく、神
である私の息子イエズスのすべての使徒と弟子を、立ち上がり、そして真理
の軍隊の一員として数えられるようにと招いています。聖なる代理者ヨハネ・
パウロ2世を擁護しなさい。将来の代理者ペトロ2世、リトル・ホワイト・
ロックを擁護しなさい。

 今は、子供たちの心に変化のある時です。時は貴重であり、人類にとって
極めてわずかしか残っていないからです。多くの変化が教会に、そして世界
に既に来ています。大半の変化は好ましいものではありません。甘美なる
子供たちよ、大衆を支配するために多くの者がマイトレーヤに煽動されるで
しょう。技術は人の知識を増やすでしょう。邪悪な者は人を神よりも高く
上げよう、人を神御自身と同じにしょうと望んでいるからです。サタンは
自分は神であると信じているからです。人々の心を神の真理から引き離すた
めに、サタンと反キリストによって行われる偽りの奇跡として、間もなく
UFOが多く見られるようになるでしょう。



----------------------------------------------------------------
6.お知らせ
----------------------------------------------------------------
◆「東京から日本を変える! トリエントミサ」実施のお知らせ

マリア !

ついにジャン・マリー神父が首都圏ミサを東京の中心で来る5月22日より
完全オープンで実行します!

その名も『東京から日本を変える!トリエントミサ』

 仲間を作ろう! 友情を育てよう! コミュニケーションしよう!
参加自由! メアド交換自由! 飛び入りの人歓迎! 学生さん歓迎!

 伝統的なラテン語のトリエントミサにひと時ひたって、荘厳なミサが
終わったらおやつ食べ放題の茶話会。

 そしてこの中から将来の日本と世界を救うために立ち上がる”光の子供”
たち、”終末の戦士”、”終末の大聖人”、”幻視者”、”神秘家”が
ぞくぞくと誕生することになります。それはイザヤの預言やヨエルの預言で
語られてきた、預言の成就なのです。

 ”あなたたちの息子や娘は預言し
  老人は夢を見、若者は幻を見る。”(ヨエル書3章)

 今、名古屋で東京で関西で秋田で多くの共同体設立の準備が始まりました。
世界の救いはまず日本の改心から始まります。日本はアジアと世界の光と
模範となるように予定された国なのです。

リトルペブルさんは間もなく日本で数多くの聖シャーベル修道会の共同体が
設立され、かつてない聖性と恩寵において抜きん出た幻視者、神秘家が数多
く立てられると言っています。日本の未来に希望を持ちましょう!

 会の名称 : カトリック典礼研究会
 日 時  :  5月22日(日)1F教室13:00〜18:00
         6月26日(日)4F教室13:00〜18:00
         7月17日(日)1F教室13:00〜18:00
         8月は夏休み!
        *上記の時間からの入室となります。 


 場 所  : 貸し会議室「内海」
         〒101-0061東京都千代田区三崎町3−6−15
         JR水道橋駅西口出口徒歩1分
         (地図)
           http://www.kaigishitsu.co.jp/



◆ マリア !

 単純、素朴、でも神秘的な音楽にロマンチックにひたってみませんか?
 中世ヨーロッパ音楽の華、グレゴリオ聖歌での荘厳なミサと茶話会。

  マリア様が好きな人
  音楽が好きな人
  おやつが好きな人
  おしゃべりが好きな人  集まろう!
  飲み物、おやつ、弁当、持ち込みOK (^_^)v

 学校では味わえない事も味わえるかも。
 新しい友だちもいっぱいできるよ。友だちとさそいあって来てね。

 日曜日は会場周辺の食堂、コンビニ、お店はやってないので気をつけてね。

  会の名称 : グレゴリオ聖歌研究会
  日 時  : 6月5日(日) 10:00〜16:30
  場 所  : 大阪市立 中央区民センター 第2会議室(3階)


◆ 名古屋の共同体、「秋田、天草、そして全ての日本の殉教者たちの聖母」
 共同体(OUR LADY OF AKITA AND AMAKUSA AND THE MARTYRS OF JAPAN )
 において、トリエント典礼ミサがたっています。あずかりたい方は下記ま
 で連絡してください。

   〒467-0014 
   名古屋市瑞穂区白羽根町2-33-3
   Rongin-Marie馬場勝吉
   tel 052-851-8584


◆ 洗礼を希望する方は申し出てください。ローマ・カトリック使徒教会
 の昔からの教えを全て固く信じ、現代主義の異端を決して受け入れないこ
 と。他の宗教の教えをことごとく捨て去ること。この固い決心があるなら、
 準備が不十分でも洗礼を授けます。

 準備としては、私たちの4冊の本と、マリア・ワルトルタ著の十巻の本
 を全て読んでください。受洗後に読む場合、読む約束をしてください。

 「153本のマリアさまのバラ」「153本の聖ヨゼフの百合」
 「聖シャーベル修道会の会則会憲」「メッセージ集」

   ■箱舟の聖母社
    〒540-0004
    大阪市中央区玉造1-4-14
    郵便振替 00840-3-132438

 マリア・ワルトルタ著、フェデリコ・バルバロ訳編の「マグダラのマリア」
 「聖母マリアの詩(上)(下)」「イエズスの受難」「イエズスに出会っ
 た人々(一)(二)(三)」「イエズス − たそがれの日々」「受難の
 前日」「復活」の10冊、それぞれ3000円前後です。

   ■あかし書房
    〒166
    東京都杉並区成田西3-9-22
    電話:03-3313-4014 FAX:03-3311-9359
    郵便振替:00110-6-111231


◆ 私たちはリトル・ペブルさんの本、「THE LITTLE PEBBLE - THE LAST
 POPE」日本語版について、2001年11月17日に翻訳と出版の権利を
 リトル・ペブルさんからいただきました。すでに第3巻までの翻訳はでき
 ています。しかし、この重要な本を世に送り出すための出版費用が私たち
 には全くありません。そこで、皆さまにお願いです。どうか皆様のご寄付
 によって、このマリア様のお仕事を支えていただけないでしょうか。利益
 の10%はリトル・ペブルさんにもどり、彼のミッションを支えます。
 ご寄付は、「「最後の教皇」出版のための寄付」と明記して、現金書留か
 郵便振替にて下記までお願いします。

  〒540−0004
  大阪市中央区玉造1−4−14
  箱舟の聖母社
  郵便振替 00840−3−132438


◆「天からのメッセージ」に版権はありません。天はできるだけ多くの人々
 がメッセージを読むことをお望みです。どうぞ友人知人に「天からのメッ
 セージ」を伝えて下さい。コピーして配布して下さい。

◆ 皆様からのご質問、ご感想をお待ちしております。関連情報をお持ちで
 したらお寄せ下さい。
 
◆ 次回「箱舟の聖母」は5月29日頃、発行を予定しています。



----------------------------------------------------------------
編集・発行:聖シャーベル修道会
スタッフ :Father Jean-Marie of the Risen Son of God(復活された
      神の子のジャン・マリー司祭)  Kolbe-Marie阿部哲朗
      Rongin-Marie馬場勝吉 Francois-Marie丸山幸一
----------------------------------------------------------------
お申込み、ご質問、ご感想は下記までお願いします。

  〒540−0004
   大阪市中央区玉造1−4−14
   聖シャーベル修道会

  E-mail : charbeljapan@nifty.ne.jp

 お申し込みはEメール版は3千円、郵送版は一万円を目安に、一年分のご
寄付をお願いします(商契約ではありません)。こうするのは、読者の皆さ
んにも「受けるだけの人」のままでいるのではなく、自発的な献金と、友人
知人にコピーをわたす伝道を通して「よろこんで与える人」となり、神様の
祝福をもっと得ていただきたいからです。「よろこんで与える者を神は愛さ
れる」、これが私たちの宣教事業の基本理念です。
----------------------------------------------------------------
%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%2%%

(C)日本における「聖シャーベル修道会の共同体」
      設立の促進と援助のための事務所
 http://homepage1.nifty.com/charbeljapan/index.htm
    E-mail : charbeljapan@nifty.ne.jp

%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%2%%




[HOME] [戻る]