「箱舟の聖母」バックナンバー
2005年5月15日号No.253

 マリア様を喜ばせましょう。マリア様はあなたの小さな奉仕にも大きな恵みで報いて下さいます。あなたが愛する人の救いのために「箱舟の聖母」を役立ててください。「箱舟の聖母」は宣教誌です。購読しコピーし身近な人にわたすなら、あとはマリア様ご自身が働いて下さいます。そしてあなたの購読料はマリア様の事業を支えます。あなたのマリア様に対する奉仕を神様は永遠に忘れません。

 お申し込みはEメール版は3千円、郵送版は一万円を目安に一年分のご寄付をお願いします(商契約ではありません)。こうするのは、読者の皆さんにも「受けるだけの人」のままでいるのではなく、自発的な献金と、友人知人にコピーをわたす伝道を通して「よろこんで与える人」となり、神様の祝福をもっと得ていただきたいからです。「よろこんで与える者を神は愛される」、これが私たちの宣教事業の基本理念です。

◆マテオによる聖福音10章27節
「私がやみの中で言うことを、あなたたちは明るみで言え。耳をあてて聞くことを、屋根の上から知らせよ」

◆マテオによる聖福音10章42節
「この小さい者の一人に、弟子として冷や水の一杯でも与える人があったなら、まことに私は言う。その人は報いを失わぬ」


ご注意
■ お申し込みは下記住所宛にEメール版は3千円、郵送版は一万円を目安に一年分のご寄付をお願いします(商行為でも契約でもありません)。  〒540−0004 大阪市中央区玉造1−4−14 箱舟の聖母社
■ トラブルを避けるために、必ずご本人様でお申し込み下さい。いかなる理由でも、ご送金後の返金はできません。お申し込みから登録まで2週間程度かかりますので、あしからずご了承下さい。
■ 本誌読者=「聖シャーベル修道会会員」ではありません。どのような立場の方でも歓迎いたします。
■ これを用いてマリア様の事業を攻撃する人には送付を打ち切ります。また災害・戦争など、やむを得ない事情の際も送付いたしませんが、ご了承ください。


%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%0%%

        「 箱 舟 の 聖 母 」

       2005年5月15日号 No.253

   毎週1回発行:Eメール版 年間3,000円(ご寄付)
          郵送版  年間10,000円(ご寄付)
  http://homepage1.nifty.com/charbeljapan/index.htm
      E-mail : charbeljapan@nifty.ne.jp
       ( 等幅フォントでご覧下さい!)
%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%5%%
----------------------------------------------------------------
    箱舟の聖母、
       我らが御母聖マリア、
         キリスト信者の扶(たす)け
----------------------------------------------------------------
 マリア様を喜ばせましょう。マリア様はあなたの小さな奉仕にも大きな恵
みで報いて下さいます。あなたが愛する人の救いのために「箱舟の聖母」を
役立ててください。「箱舟の聖母」は宣教誌です。購読しコピーし身近な人
にわたすなら、あとは マリア様ご自身が働いて下さいます。そしてあなたの
ご寄付はマリア様の事業を支えます。あなたのマリア様に対する奉仕を神様
は永遠に忘れません。
----------------------------------------------------------------

◆今週号の目次

 1.153本の聖ヨゼフの百合
 2.リトル・ペブルからの手紙
 3.ジュリアーノに与えられた永遠の御父のメッセージ
 4.反キリスト、ロード・マイトレイヤについての警告
 5.お知らせ



----------------------------------------------------------------
1. 153本の聖ヨゼフの百合
----------------------------------------------------------------
【 第113章 】

 「内的生活」を作り、深めるために射祷を用いる人は、「自分の射祷は
機械的で愛がこもっていないなあ。どうすればいいのだろう?」と思うもの
です。すでにそう思ってる人は心配しないでください。それは普通の問題
なのですよ。さて、射祷に、よりたくさんの愛をこめる、よりたくさんの
親しさを込めることは、「内的生活」を深めるのにとても役に立つ手段です。

 コルベ神父様は何と!修道士たちに話すときでさえ、マリア様のことを、
ポーランドの赤ちゃんがお母さんを呼ぶ言い方で「マムシャ」と言っていた
のです。「マムシャはね……」と言うふうに! イエズスが御父に祈るとき、
幼児言葉の「アッバ」という呼び方で御父に呼び掛けていたのとおんなじで
すね。これはとても良い方法ですから、皆さんも自分なりにぴったり合うも
のを用いて利用できますね。私はマリア様のことをよく「お母さん」と呼び
ます。聖ヨゼフのことを「お父さん」とよく呼びます。では御父はというと
「アッバ」と呼んでいます。祈りの基本は自分の言葉で子供のようにマリア
様にお話しすることです。ですからあなたの射祷だって、全文赤ちゃんか
子供の言葉で構わないのですよ。神様と自分だけのプライバシーですから。
この方法であなたはずっと神様やマリア様や聖ヨゼフと親しくなれますよ。

 よりたくさんの愛をこめる方法はというと、日本人には全くなじみがない
習慣なのですが、「おお!」とか「ああ!」とか嘆息とかが利用できます。
恥ずかしがらずに試してみてください。世界ではこれは当たり前のことなの
ですから。「ああ!お母さん!」とご絵をちらっと見て言ってみてください。
「聖マリアよ! 我、御身を愛したてまつる!」と言うのと比べてみてどう
ですか? 「内的生活」を深めるには「ああ!お母さん!」と言う方が絶対
に役に立ちますよ。鏡で自分の顔を見てください。表情が違うでしょう? 
子供としての愛着があらわれているでしょう? 「愛着」という言葉の「着」
の字は、本当にこの子供の情緒を言いあらわしていますよね。「愛してくっ
つく」、「くっつきたい愛」。きっとあなたにはこの愛が欠けているので、
「内的生活」を深めるのに壁に突きあたっているのです。神様との、マリア
様との愛着形成で、その壁をどうか突き破ってくださいね。



----------------------------------------------------------------
2.リトル・ペブルからの手紙 − 2005年5月7日 −
  聖シャーベル修道会の共同体メンバーと全ての子供たちへ
----------------------------------------------------------------
親愛なる皆さん

 天は私に次のことをお望みになりました。麻薬密輸の罪で逮捕され、イン
ドネシアのバリで刑務所に拘束されている犠牲者の霊魂 − シャペリー・
コービー(Schappelle Corby) − のために、皆さんに特別な祈りをささ
げるようにと。

 この若い女性は無実です。彼女は、オーストラリアとインドネシアの間で
働く麻薬王によって仕組まれました。インドネシアの司法制度は明らかに
遺憾な点が多いです。さらに、いくつかの当局は麻薬王からお金で買収され
ています。

 この問題の真実を知っている証人がどこかにいます。その人は証言しなけ
ればなりません。どうぞ、これが非常にすぐ起こることを祈ってください。
権力者の中の彼らは真実を知っており、麻薬の取引と人身売買ため存在して
いる汚職を暴露するであろう神の御手に触れることでしょう。

 それゆえ私は、この手紙を読む皆さんに、権力者の彼ら、そして無実の
彼女たちに、このメッセージを伝えるようにお願いします。

真実は結局露出するでしょう!

無実の人々へ:
 神はあなたたちの霊魂を知っており、あなたたちは勝利するでしょう。神
はとてもあなたたちを愛しています。

善意のすべての人々へ:
 どうぞ、私と協力し、彼女の解放を祈ってください。

神の祝福が皆さんの上にありますように!

神の預言者
[ サイン ]
「リトル・ペブル」
2005年5月7日



----------------------------------------------------------------
3.レユニオン島の幻視者ジュリアーノに与えられた
  永遠の御父のメッセージ − 2005年4月29日(金曜日)23:45 −
----------------------------------------------------------------
聖母の悲しみの御心の共同体(聖シャーベル修道会)
Tel/Fax:0262250249
(フランス語から英語に翻訳された)

永遠の御父:
 父と子と聖霊との御名によりて。アーメン。

 私はあなたに挨拶する、我が小さきジュリアーノ、我がとても小さな司祭
の石よ。あなたは我がシャーベル会の息子である。それゆえ、我が父として
の聖心は愛によって燃える。私はあなたに挨拶する、我が小さきペトロ2世、
新しい教会を統治するために選ばれた教皇よ。私は、我が愛と、我が保護を
もって、毎日あなたのそばにいる。私はあなたたちに挨拶する、地上の我が
小さき息子たちと娘たちよ。

 我が子供たちよ、私は、サタンの計画を無効にするために、より多くの
犠牲をささげるように頼むために、天から降ってきた。多くの子供たちが
我が愛から立ち去り、私の存在を認めることを拒否するので、我が父として
の聖心は心配している。それゆえ、大いなる苦しみの日が近づいているので、
よりいっそう祈らなければならない。我が甘美で聖なる言葉に注意深くあり
なさい、なぜなら、あなたたちは困難な時期においていつも無防備だからで
ある。我が子供たちよ、あなたたちが自己放棄の実行を生きるなら、あなた
たちの信仰は成長し、生活における試練を通して強化されるだろう。私は、
あなたたちが我が道具となれるよう、明確な選択をするように招いている。

 憎悪とプライドの増加のため、あなたたちの何人かは、愛の本当の意味が
これ以上わからなくなっている。人間は、彼らの行くところどこでも暴力を
広げることによって、過ちを増大させ続けている。しかし、あなたたちは
心を氷のように冷たく、硬くさせてはならない。あなたたちの霊魂のために
時間を費やしなさい。私は、そのことを通して、それが実を結ぶように働く
だろう。私はあなたたちに、何であれ不要なものは脇に置き去りにして、
祈りに没頭するようにしつこく招く。

 私のメッセージをどこにも至らせることができるように、あなたたちは
晴朗でなければならない。我が仲裁に対してあなたたちの心を開くことに
よって、あなたたち自身の間に一致をもたらすために私が来たことを理解し
なさい。我が親愛なる子供たちよ、あなたたちは祈りのうちに堅忍しなけれ
ばならない。悪魔のほめ言葉と魅惑によって欺かれないように、私は必要な
助けをあなたたちに持ってくる。人間性のために危険でいっぱいの暗雲が
たちこめている。

 私は、あなたたちを準備するために、この方法 − メッセージ − を
通してあなたたちを呼びたい。私はあなたたちに撤退しないように頼みたい。
あなたたちは召し出しを受けた。あなたたちは我が愛に付き従わねばならな
い。ゆるしを請うために、謙虚で小さなもののままでいることを学びなさい。
我が小さき者たちよ、我がメッセージの真実の証人になるためには、第一の
場所を愛に与えなさい。あなたたちが我が保護のもとにあなたたち自身を
置くならば、知っておきなさい、私は我が助けを拒まないだろう。あなたた
ちは私のものである。

 あなたたちは、私があなたたちに授けた恵みを、あなたたちに与えたしる
しをあまりにも迅速に忘れてしまう。あなたたちの請願について、熱心な
忠実さを私の聖心に頼まなければならない。あなたたちが、我が神なる息子
イエズス、聖なる乙女マリア、償いの聖母と、本当の関係を生きるあろうの
は、秘蹟の近くにとどまることによってのみである。仲たがいのために、
あなたたちの何人かはゆるしの真の意味を忘れ、間違った道を行っている。
憎しみは信用と対話を損ねる。それは、あなたたちの心の底に苦味をもたら
す。愛の意味するところを発見するであろう時に、あなたたちは、人生にお
いて最も大事にしているものを共有するであろう。

 私はあなたたちに、輝いていて、毎日あなたたち自身をイエズスとマリア
の一致したみ心にささげるように頼む。そうすれば、より多くの光とより
多くの希望を得るだろう。私はあなたたちとともに歩き、あなたたちに、い
つも平和でいるように頼む。すべての我が子供たちが、正しい道に戻り、
真実を抱擁し、我がリトル・ペブルを否定することをやめるように。

 我が親愛なる子供たちよ、あなたたち自身を我がペトロ2世と一致させな
さい。彼と一致しない者は、私と一緒にいないのである。あなたたちが彼の
使命を理解しなくても、私が彼を助けて、彼が真実にいると心から信じなさ
い。私の神的な計画(それは神秘に満ちている)を理解しようと試みるな。
そうではなく、それを固守しなさい。なぜなら、もしあなたたちが変わらな
いなら、あなたたちはすぐに激しく泣くことになるからだ。

 我がリトル・ペブルは、私が、あなたたちを導き、群れを導く責任を与え
た者である。私は全ての我が子供たち、幻視者、神秘家、恵みの霊魂たちに、
我がリトル・ペブルに彼ら自身を一致させるように招く。戻ってきなさい、
我が子供たちよ! 遅すぎることはない、まだ、時間はある! 我が息子
イエズスと聖母マリアの御名において、戻り、リトル・ペブルを裏切るのを
やめなさい。

 我が息子ジュリアーノ、私の小さな絵筆よ、強くとどまり、私のリトル・
ペブルと一致し続けなさい。私は、あなたがあなたの「なれかし(Fiat)」
のゆえにたくさん苦しむのを知っている、しかし我が恵みはあなたとともに
あることを知りなさい。あなたのための我が父としての聖心の善良さを疑っ
てはならない。あなたはあなたの使命を担わなければならない。私は「償い
の聖母」の大きなプロジェクトを具体化することを助けるだろう。私はあな
たに多くの恵みを授ける、我がシャーベル会の息子よ。私はあなたを見捨て
ない。私は、いつも、あなたが私の計画を実行し、完成することを手助けす
る。

 我が最愛のジュリアーノよ、私はまた、我が小さき白い岩のために慰めと
なる甘美なメッセージを持ってきた。

 我が愛と真理のリトル・ペブルよ、我が永遠の昔から選ばれた教皇よ、あ
なたは非常にすぐ勝利を楽しむことになるだろう。私は、あなたの十字架の
重さにもかかわらず、あなたの忍耐強さに感謝する。あなたは、他の霊魂た
ちが我が御言葉を通して人生の幸福を再発見することを決意するように、
働き続けなければならない。あなたは我が愛の小さきいけにえである。私は、
あなたの霊魂の深みに隠れて、あなたのうちに生きている。あなたの苦しみ
は私の苦しみ、そして私の苦しみはあなたの苦しみである。我が小さき天使
のような牧者よ、霊魂を救うためにあなたは苦しまなければならないことを
決して忘れてはならない。あなたは小さく、そしてこの小ささを、あなたは
私に与えたので、私はあなたを愛している。あなたは改心することと自分
自身を放棄するために、専心しなければならないことを理解した。この理由
のために、あなたは地上の我が子供たちを教育しなければならない。あなた
の使命を通して、誰もが我が現存を感じるだろう。私はあなたに勝利の旗印
を与える。あなたを告訴する者たちについては、信頼し続けなさい。私は
いつもあなたを助ける。あなたは訴訟に勝って出て来るだろう。あなたは
我が特権の霊魂であり、もちろん無実である。私はあなたに大いなる祝福を
送り、あなたの小さな教皇の心に白い百合、あなたの勝利のしるしを置く。
父と子と聖霊との御名によりて。アーメン。

 我が親愛なる子供たちよ、あなたたちの人生の中心がイエズスであるよう
に。私はあなたたちにメッセージを送り続ける。私はあなたたちの愛と希望
の反応を待っている。レユニオン島への私の訪問の秘密は、愛と一致である。
我が小さきジュリアーノよ、私はあなたの心にキスし、我が神なる息子イエ
ズスの貴重な涙とともに、小さな白い百合を置く。我が御旨に従ってとどま
りなさい。私は、我がシャーベル会の全ての子供たち、地上の全ての子供た
ちとともに、あなたを豊かに祝福する。父と子と聖霊との御名によりて。
アーメン。



----------------------------------------------------------------
4.反キリスト、ロード・マイトレイヤについての警告
----------------------------------------------------------------
マリア様からの警告 1996年8月13日 No.247

 今日、私は神である私の息子イエズスからの、聖にして母なる教会と世界
のためのメッセージを持って来ました。私は後日、明らかにされる特別な
称号の下に来ています。なぜなら、この称号は地上における戦闘の教会と、
戦闘の教会が今日、世界に対してもつ使命に関係しているからです。神であ
る私の息子イエズスは今、反キリストであるマイトレーヤおよび、その大勢
の配下の者たちと戦う戦闘の教会を準備しておられます。すべての真理の
兵士のように子供たちは準備され、真理の武具で武装する必要があります。
それは、いにしえのダビドのようになる小さな子供たち、現代のゴリアテと
戦わなければならない小さな子供たちにとっては重要なことなのです。

 地上における戦闘の教会は勝利するでしょう。いにしえの預言者や新しい
聖人たちが勝利したように。サタンの動きを理解することを学びなさい。
甘美なる子供たちよ、あなたたちは、神の聖なる御言葉と、過去の聖なる
男性、女性の生き方を通して理解するでしょう。これらの言葉を研究しなさ
い。これらの御言葉は、神の武具すなわち秘跡、準秘跡、神の聖なる御言葉
を用いて、どのように自分自身を守ったらよいのか、あなたたちを照すで
しょう。

 甘美なる子供たちよ、徳を生きなさい。徳が守りなのですから。徳は戦略
の一部です。霊魂の鎧の板なのです! 地上におけるイエズスの軍隊は、い
にしえのダビドのように、ジャンヌダルクや、その他の多くの人々のように、
小さな霊魂から成っています。甘美なる子供たちよ、邪悪な者と堕天使、お
よび堕ちた霊魂との、この大いなる戦いは単に肉の戦いではなく、霊と知性
の戦いであることをよく心に留めておきなさい。

 このため、永遠の御父は、神の子供たちを終わりの時の善と悪との大いな
る戦いに備えて準備させるべく、娘、無原罪のマリアを世界に遣わされたの
です。あなたたちは既に、戦いの結果を知っています。しかし、霊の大いな
る戦いで甘美なる子供たちが死傷することを私たちは望みません。ですから、
私の言葉を聞き、注意深く耳を傾けなさい。



----------------------------------------------------------------
5.お知らせ
----------------------------------------------------------------
◆「東京から日本を変える! トリエントミサ」実施のお知らせ

マリア !

ついにジャン・マリー神父が首都圏ミサを東京の中心で来る5月22日より
完全オープンで実行します!

その名も『東京から日本を変える!トリエントミサ』

 仲間を作ろう! 友情を育てよう! コミュニケーションしよう!
参加自由! メアド交換自由! 飛び入りの人歓迎! 学生さん歓迎!

 伝統的なラテン語のトリエントミサにひと時ひたって、荘厳なミサが
終わったらおやつ食べ放題の茶話会。

 そしてこの中から将来の日本と世界を救うために立ち上がる”光の子供”
たち、”終末の戦士”、”終末の大聖人”、”幻視者”、”神秘家”が
ぞくぞくと誕生することになります。それはイザヤの預言やヨエルの預言で
語られてきた、預言の成就なのです。

 ”あなたたちの息子や娘は預言し
  老人は夢を見、若者は幻を見る。”(ヨエル書3章)

 今、名古屋で東京で関西で秋田で多くの共同体設立の準備が始まりました。
世界の救いはまず日本の改心から始まります。日本はアジアと世界の光と
模範となるように予定された国なのです。

リトルペブルさんは間もなく日本で数多くの聖シャーベル修道会の共同体が
設立され、かつてない聖性と恩寵において抜きん出た幻視者、神秘家が数多
く立てられると言っています。日本の未来に希望を持ちましょう!

 会の名称 : カトリック典礼研究会
 日 時  :  5月22日(日)1F教室13:00〜18:00
         6月26日(日)4F教室13:00〜18:00
         7月17日(日)1F教室13:00〜18:00
         8月は夏休み!
        *上記の時間からの入室となります。 


 場 所  : 貸し会議室「内海」
         〒101-0061東京都千代田区三崎町3−6−15
         JR水道橋駅西口出口徒歩1分
         (地図)
           http://www.kaigishitsu.co.jp/



◆ マリア !

 単純、素朴、でも神秘的な音楽にロマンチックにひたってみませんか?
 中世ヨーロッパ音楽の華、グレゴリオ聖歌での荘厳なミサと茶話会。

  マリア様が好きな人
  音楽が好きな人
  おやつが好きな人
  おしゃべりが好きな人  集まろう!
  飲み物、おやつ、弁当、持ち込みOK (^_^)v

 学校では味わえない事も味わえるかも。
 新しい友だちもいっぱいできるよ。友だちとさそいあって来てね。

 日曜日は会場周辺の食堂、コンビニ、お店はやってないので気をつけてね。

  会の名称 : グレゴリオ聖歌研究会
  日 時  : 6月5日(日) 10:00〜16:30
  場 所  : 大阪市立 中央区民センター 第2会議室(3階)


◆ 名古屋の共同体、「秋田、天草、そして全ての日本の殉教者たちの聖母」
 共同体(OUR LADY OF AKITA AND AMAKUSA AND THE MARTYRS OF JAPAN )
 において、トリエント典礼ミサがたっています。あずかりたい方は下記ま
 で連絡してください。

   〒467-0014 
   名古屋市瑞穂区白羽根町2-33-3
   Rongin-Marie馬場勝吉
   tel 052-851-8584


◆ 洗礼を希望する方は申し出てください。ローマ・カトリック使徒教会
 の昔からの教えを全て固く信じ、現代主義の異端を決して受け入れないこ
 と。他の宗教の教えをことごとく捨て去ること。この固い決心があるなら、
 準備が不十分でも洗礼を授けます。

 準備としては、私たちの4冊の本と、マリア・ワルトルタ著の十巻の本
 を全て読んでください。受洗後に読む場合、読む約束をしてください。

 「153本のマリアさまのバラ」「153本の聖ヨゼフの百合」
 「聖シャーベル修道会の会則会憲」「メッセージ集」

   ■箱舟の聖母社
    〒540-0004
    大阪市中央区玉造1-4-14
    郵便振替 00840-3-132438

 マリア・ワルトルタ著、フェデリコ・バルバロ訳編の「マグダラのマリア」
 「聖母マリアの詩(上)(下)」「イエズスの受難」「イエズスに出会っ
 た人々(一)(二)(三)」「イエズス − たそがれの日々」「受難の
 前日」「復活」の10冊、それぞれ3000円前後です。

   ■あかし書房
    〒166
    東京都杉並区成田西3-9-22
    電話:03-3313-4014 FAX:03-3311-9359
    郵便振替:00110-6-111231


◆ 私たちはリトル・ペブルさんの本、「THE LITTLE PEBBLE - THE LAST
 POPE」日本語版について、2001年11月17日に翻訳と出版の権利を
 リトル・ペブルさんからいただきました。すでに第3巻までの翻訳はでき
 ています。しかし、この重要な本を世に送り出すための出版費用が私たち
 には全くありません。そこで、皆さまにお願いです。どうか皆様のご寄付
 によって、このマリア様のお仕事を支えていただけないでしょうか。利益
 の10%はリトル・ペブルさんにもどり、彼のミッションを支えます。
 ご寄付は、「「最後の教皇」出版のための寄付」と明記して、現金書留か
 郵便振替にて下記までお願いします。

  〒540−0004
  大阪市中央区玉造1−4−14
  箱舟の聖母社
  郵便振替 00840−3−132438


◆「天からのメッセージ」に版権はありません。天はできるだけ多くの人々
 がメッセージを読むことをお望みです。どうぞ友人知人に「天からのメッ
 セージ」を伝えて下さい。コピーして配布して下さい。

◆ 皆様からのご質問、ご感想をお待ちしております。関連情報をお持ちで
 したらお寄せ下さい。
 
◆ 次回「箱舟の聖母」は5月22日頃、発行を予定しています。



----------------------------------------------------------------
編集・発行:聖シャーベル修道会
スタッフ :Father Jean-Marie of the Risen Son of God(復活された
      神の子のジャン・マリー司祭)  Kolbe-Marie阿部哲朗
      Rongin-Marie馬場勝吉 Francois-Marie丸山幸一
----------------------------------------------------------------
お申込み、ご質問、ご感想は下記までお願いします。

  〒540−0004
   大阪市中央区玉造1−4−14
   聖シャーベル修道会

  E-mail : charbeljapan@nifty.ne.jp

 お申し込みはEメール版は3千円、郵送版は一万円を目安に、一年分のご
寄付をお願いします(商契約ではありません)。こうするのは、読者の皆さ
んにも「受けるだけの人」のままでいるのではなく、自発的な献金と、友人
知人にコピーをわたす伝道を通して「よろこんで与える人」となり、神様の
祝福をもっと得ていただきたいからです。「よろこんで与える者を神は愛さ
れる」、これが私たちの宣教事業の基本理念です。
----------------------------------------------------------------
%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%1%%

(C)日本における「聖シャーベル修道会の共同体」
      設立の促進と援助のための事務所
 http://homepage1.nifty.com/charbeljapan/index.htm
    E-mail : charbeljapan@nifty.ne.jp

%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%5%%




[HOME] [戻る]