「箱舟の聖母」バックナンバー
2005年5月8日号No.252

 マリア様を喜ばせましょう。マリア様はあなたの小さな奉仕にも大きな恵みで報いて下さいます。あなたが愛する人の救いのために「箱舟の聖母」を役立ててください。「箱舟の聖母」は宣教誌です。購読しコピーし身近な人にわたすなら、あとはマリア様ご自身が働いて下さいます。そしてあなたの購読料はマリア様の事業を支えます。あなたのマリア様に対する奉仕を神様は永遠に忘れません。

 お申し込みはEメール版は3千円、郵送版は一万円を目安に一年分のご寄付をお願いします(商契約ではありません)。こうするのは、読者の皆さんにも「受けるだけの人」のままでいるのではなく、自発的な献金と、友人知人にコピーをわたす伝道を通して「よろこんで与える人」となり、神様の祝福をもっと得ていただきたいからです。「よろこんで与える者を神は愛される」、これが私たちの宣教事業の基本理念です。

◆マテオによる聖福音10章27節
「私がやみの中で言うことを、あなたたちは明るみで言え。耳をあてて聞くことを、屋根の上から知らせよ」

◆マテオによる聖福音10章42節
「この小さい者の一人に、弟子として冷や水の一杯でも与える人があったなら、まことに私は言う。その人は報いを失わぬ」


ご注意
■ お申し込みは下記住所宛にEメール版は3千円、郵送版は一万円を目安に一年分のご寄付をお願いします(商行為でも契約でもありません)。  〒540−0004 大阪市中央区玉造1−4−14 箱舟の聖母社
■ トラブルを避けるために、必ずご本人様でお申し込み下さい。いかなる理由でも、ご送金後の返金はできません。お申し込みから登録まで2週間程度かかりますので、あしからずご了承下さい。
■ 本誌読者=「聖シャーベル修道会会員」ではありません。どのような立場の方でも歓迎いたします。
■ これを用いてマリア様の事業を攻撃する人には送付を打ち切ります。また災害・戦争など、やむを得ない事情の際も送付いたしませんが、ご了承ください。


%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%0%%

        「 箱 舟 の 聖 母 」

       2005年5月8日号 No.252

   毎週1回発行:Eメール版 年間3,000円(ご寄付)
          郵送版  年間10,000円(ご寄付)
  http://homepage1.nifty.com/charbeljapan/index.htm
      E-mail : charbeljapan@nifty.ne.jp
       ( 等幅フォントでご覧下さい!)
%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%5%%
----------------------------------------------------------------
    箱舟の聖母、
       我らが御母聖マリア、
         キリスト信者の扶(たす)け
----------------------------------------------------------------
 マリア様を喜ばせましょう。マリア様はあなたの小さな奉仕にも大きな恵
みで報いて下さいます。あなたが愛する人の救いのために「箱舟の聖母」を
役立ててください。「箱舟の聖母」は宣教誌です。購読しコピーし身近な人
にわたすなら、あとは マリア様ご自身が働いて下さいます。そしてあなたの
ご寄付はマリア様の事業を支えます。あなたのマリア様に対する奉仕を神様
は永遠に忘れません。
----------------------------------------------------------------

◆今週号の目次

 1.聖シャーベル修道会ニュース
 2.153本の聖ヨゼフの百合
 3.リトル・ペブルからの手紙
 4.反キリスト、ロード・マイトレイヤについての警告
 5.お知らせ



----------------------------------------------------------------
1.聖シャーベル修道会ニュース
----------------------------------------------------------------
【 ”東京から日本を変える!トリエントミサ”実施のお知らせ】

マリア !

ついにジャン・マリー神父が首都圏ミサを東京の中心で来る5月22日より
完全オープンで実行します!

その名も『東京から日本を変える!トリエントミサ』

 仲間を作ろう! 友情を育てよう! コミュニケーションしよう!
参加自由! メアド交換自由! 飛び入りの人歓迎! 学生さん歓迎!

 伝統的なラテン語のトリエントミサにひと時ひたって、荘厳なミサが
終わったらおやつ食べ放題の茶話会。

 そしてこの中から将来の日本と世界を救うために立ち上がる”光の子供”
たち、”終末の戦士”、”終末の大聖人”、”幻視者”、”神秘家”が
ぞくぞくと誕生することになります。それはイザヤの預言やヨエルの預言で
語られてきた、預言の成就なのです。

 ”あなたたちの息子や娘は預言し
  老人は夢を見、若者は幻を見る。”(ヨエル書3章)

 今、名古屋で東京で関西で秋田で多くの共同体設立の準備が始まりました。
世界の救いはまず日本の改心から始まります。日本はアジアと世界の光と
模範となるように予定された国なのです。

リトルペブルさんは間もなく日本で数多くの聖シャーベル修道会の共同体が
設立され、かつてない聖性と恩寵において抜きん出た幻視者、神秘家が数多
く立てられると言っています。日本の未来に希望を持ちましょう!

 会の名称 : カトリック典礼研究会
 日 時  :  5月22日(日)1F教室13:00〜18:00
         6月26日(日)4F教室13:00〜18:00
         7月17日(日)1F教室13:00〜18:00
         8月は夏休み!
        *上記の時間からの入室となります。 


 場 所  : 貸し会議室「内海」
         〒101-0061東京都千代田区三崎町3−6−15
         JR水道橋駅西口出口徒歩1分
         (地図)
           http://www.kaigishitsu.co.jp/
 




----------------------------------------------------------------
2. 153本の聖ヨゼフの百合
----------------------------------------------------------------
【 第112章 】

 新聞は朝、読むのが世間の常識ですね。早朝のテレビもニュース番組が
ほとんどです。ビジネスマンは会社の始業時間までに重大な義務のように
新聞の経済の記事に目を通します。ニュースを仕入れることは朝の国民的
行事となっています。しかし皆さんが「内的生活」をつくり、深めたいな
ら、これらすべてのことは、朝にはやらないでお昼以後にした方がいいの
です。

 霊魂は、濁った水たまりに例えることができます。いろいろな雑多なこと
でいつもかき回されていて、澄んだ状態であることはありません。しかし
ちょうど何時間も水が動かされず、水の中の不純物がすべて底に沈んでしま
うと、水たまりの泥水さえも透きとおるように、朝一番の私たちの霊魂の
状態は一日でその瞬間だけ透きとおっています。ここにこの世のニュース
が、情報が、映像が、音が入った瞬間、水は動き、泥がわき上がり、霊魂は
いつものように濁り切った不透明な状態にたちまち戻ってしまいます。

 「修道生活は朝が勝負だ!」と私は教わりました。朝、ろう下で鳴る鐘の
音で目が覚めたその瞬間に「主を祝します! 神に感謝! マリア!」と
第一番目の心の動きを神とマリア様にささげます。神への愛をその日の初も
のとしてささげ、愛を最初の瞬間から始動させるのです。その日一日が神に
意識を向けることによってスタートします。その後も神に意識を向けながら
身支度し、祈りに行きます。2時間ほど共同の祈りがありますが、朝ほど
祈りやすい時間はありません。神のことだけにたやすく集中できます。神
以外のものが入ってこないようにしているのですから。その後簡単な朝食が
ありますが、沈黙をたいていその間続けますから、皆それぞれに神のことに
思いをめぐらしています。朝食が終わって、今日の仕事を考えるまで、霊魂
は神のこと一色です。あとは山のような仕事に囲まれてしまうのですが、こ
の朝の祈りがあるので、神に意識を引きもどし、引きもどしやっていけます。
もし朝一番に新聞を読んだり、ラジオを聞いたり、テレビを見たりしたらと
考えると、考えただけで恐ろしくなります。もうそれは修道生活ではなくな
るに違いありません。「内的生活」には、計り知れないダメージになるのは
分かりきったことです。

 皆さんもこれらのことをヒントにして、朝の時間の祈りやすさを無駄にし
ないで、一日の「内的生活」に役立ててくださいね。



----------------------------------------------------------------
3.リトル・ペブルから神の子供たちへ
 − 2005年5月3日 −
----------------------------------------------------------------
神の子供たちへ

 私は、私たちの主にして救い主、イエズスの御名において、あなたたちに
あいさつします。

 過去の6週間かそこらの間に、世界は、教皇ヨハネ・パウロ2世のニュー
ス − 彼の続いた体の不調、そして死 − その後おこなわれた教皇ベネ
ディクト16世の選挙を知ることで呆然とさせられています。

 信仰深いレムナント・チャーチのような、世界中の幻視者たちは、また
私たちの最愛のパパ様が亡くなられたこと知ることに放心状態になるほどの
ショックを受けました。約30年の間に世界に広まっていた数千の私的啓示
− 天が明らかにした教皇ヨハネ・パウロ2世の使命についての大きな期待
とともに、そして天が彼を連れて行く前に遂行することを、彼らが望んだこ
とにによって、よりそうなりました。そして、一瞬にして、すべてはなくな
りました − 多くの者が驚いたように。そして、誰が教皇ヨハネ・パウロ
2世の後継者になるのかについて混乱が起こりました − (教皇ペトロ
2世としての)リトル・ペブルなのか、反教皇なのか。多くの預言は反教皇
がヨハネ・パウロ2世に続き、その間、教皇ペトロ2世という名の真実の
教皇が統治すると、記述しています。

 さて、私は預言に間違いがないことをあなたたちに説明することを望みま
す − しかし、それは神秘に囲まれています。第一に、多くの人々が死ん
だと信じていますが、教皇ヨハネ・パウロ2世は死んでいません。彼は神に
おいて眠っているのです。そして適切な時がきたら眠りからさめるのです。
教皇ベネディクト16世、彼は「オリーブの栄光」 − 最後から2番目の
教皇ですが、真実の教皇です。彼は教皇ヨハネ・パウロ2世の仕事を完遂す
るでしょう。ベネディクト16世が死ぬとき − そして反教皇は崇められ
るでしょう。そして教皇ヨハネ・パウロ2世は、反教皇を弾劾するために
戻るでしょう。

 覚えていなさい、反教皇が来るためには、ペトロの玉座の上にまた一人の
真実の教皇が来なければなりません。教皇ヨハネ・パウロ2世は戻るでしょ
う、そしていったん彼が去ったなら − 反教皇の治世の間に教皇ヨハネ・
パウロ2世の後で私がペトロの座に昇るという預言が果たされて、私は真実
の教皇の場所につくでしょう。

 私は信じます、教皇ベネディクト16世が、神が教皇ヨハネ・パウロ2世
に望まれた全てを果たすことを。すなわち、聖母のドグマ(教義)「全ての
恵みの仲介者、そして共贖者である聖母」において祝された乙女マリアの
戴冠をおこなうでしょう。新しい会議を召集するでしょう − 聖にして
母なる公教会の間違いを正すために。そして、可能ならば、ファティマの
聖母によって頼まれたロシアの奉献。そして最後に、私たちのミッションの
調査を命じて、聖シャーベル修道会を認可し、そして私を司祭に叙階するこ
とを。

 これは私たちの祈りであり、私はまたあなたたちにもお願いします。どう
ぞ、私がレムナント・チャーチを準備する神の仕事を続けることができるよ
うに、法廷での私の勝利が今来ることを祈ってください。

 私は神の下僕として、そしてマリア様の愛の奴隷としてとどまります。

ザ・リトル・ペブル
[ サイン ]
ペトロ・アブラハム2世



----------------------------------------------------------------
4.反キリスト、ロード・マイトレイヤについての警告
----------------------------------------------------------------
マリア様からの警告 1996年7月13日 No.246

 教会はさらに、さらにと暗闇の中へ入っていき、聖にして母なる教会の懐
に入り込んだ邪悪な者に道を準備しています。邪悪な者はまもなくペトロの
座を乗っ取り、教会に混乱と分裂をもたらすでしょう。ですから、この暗闇
の時に司祭である息子たちが照らされるように祈りなさい。

 電子高速通信は今、大衆を支配するために、多くの企業に導入されていま
す。これに、インターネットにかかわってはなりません。サタンはこの機構
のうちに自分のしるしを置いたからです。間もなく、子供たちは、このネッ
トワークとマイクロチップの力とを通して獣の印を押されるでしょう。

 甘美なる子供たちよ、まもなく、すべての貨幣がなくなるでしょう。電子
高速通信が、貨幣の不要な制度を作るからです。しかし、天は子供たちを
導きます。たとえ聖にして母なる教会にこの制度が導入されるとしても、そ
のときには反キリストの時が実際に来たことをあなたたちは悟るでしょう。
甘美なる子供たちよ、反キリストが人類を隷属化することを望んでいます。
それは、霊魂がわなにかけられる超自然の世界だけではなく、体、知性、
意志の力、所有物にまでも起こります。すべてはサタンによって支配される
のです。

 世界統一教会は、すぐそこまで近づいています。それは、教会世界協議会
に似ているでしょう。しかし、すべてはローマの下に、真の一致と解放とい
う見せかけの下に来るでしょう。しかし、これは神の御旨ではありません。
なぜなら、神である私の息子イエズスによって立てられた唯一の教会、聖に
して使徒継承のローマ・カトリック教会があるからです!

 まもなく、聖にして母なる教会に多くの変化がヨハネ・パウロ2世によっ
てもたらされるでしょう。甘美なる子供たちよ、恐れてはなりません。神は
あなたたちをお見捨てになりませんから。キリストの代理者はしばらくの間、
留まります。その後、あなたたちが知っているように人類にとって終わりが
来ます。ですから、人類は今、神が呼んでおられる間に、すべてを犠牲とし
て捧げなければならないことを子供たちが悟ることが重要なのです。

 甘美なる子供たちよ、教会の認可を待っていてはなりません。あなたたち
の神の善への信仰と信頼のうちに進みなさい。互いに祈り合いなさい。愛し
合いなさい。あなたたちは皆、聖となるように、あなたたちの神への奉仕の
うちに目覚めているように呼ばれています。



----------------------------------------------------------------
5.お知らせ
----------------------------------------------------------------
◆「東京から日本を変える! トリエントミサ」実施のお知らせ

マリア !

ついにジャン・マリー神父が首都圏ミサを東京の中心で来る5月22日より
完全オープンで実行します!

その名も『東京から日本を変える!トリエントミサ』

 仲間を作ろう! 友情を育てよう! コミュニケーションしよう!
参加自由! メアド交換自由! 飛び入りの人歓迎! 学生さん歓迎!

 伝統的なラテン語のトリエントミサにひと時ひたって、荘厳なミサが
終わったらおやつ食べ放題の茶話会。

 そしてこの中から将来の日本と世界を救うために立ち上がる”光の子供”
たち、”終末の戦士”、”終末の大聖人”、”幻視者”、”神秘家”が
ぞくぞくと誕生することになります。それはイザヤの預言やヨエルの預言で
語られてきた、預言の成就なのです。

 ”あなたたちの息子や娘は預言し
  老人は夢を見、若者は幻を見る。”(ヨエル書3章)

 今、名古屋で東京で関西で秋田で多くの共同体設立の準備が始まりました。
世界の救いはまず日本の改心から始まります。日本はアジアと世界の光と
模範となるように予定された国なのです。

リトルペブルさんは間もなく日本で数多くの聖シャーベル修道会の共同体が
設立され、かつてない聖性と恩寵において抜きん出た幻視者、神秘家が数多
く立てられると言っています。日本の未来に希望を持ちましょう!

 会の名称 : カトリック典礼研究会
 日 時  :  5月22日(日)1F教室13:00〜18:00
         6月26日(日)4F教室13:00〜18:00
         7月17日(日)1F教室13:00〜18:00
         8月は夏休み!
        *上記の時間からの入室となります。 


 場 所  : 貸し会議室「内海」
         〒101-0061東京都千代田区三崎町3−6−15
         JR水道橋駅西口出口徒歩1分
         (地図)
           http://www.kaigishitsu.co.jp/



◆ マリア !

 単純、素朴、でも神秘的な音楽にロマンチックにひたってみませんか?
 中世ヨーロッパ音楽の華、グレゴリオ聖歌での荘厳なミサと茶話会。

  マリア様が好きな人
  音楽が好きな人
  おやつが好きな人
  おしゃべりが好きな人  集まろう!
  飲み物、おやつ、弁当、持ち込みOK (^_^)v

 学校では味わえない事も味わえるかも。
 新しい友だちもいっぱいできるよ。友だちとさそいあって来てね。

 日曜日は会場周辺の食堂、コンビニ、お店はやってないので気をつけてね。

  会の名称 : グレゴリオ聖歌研究会
  日 時  : 5月8日(日)、6月5日(日) 10:00〜16:30
  場 所  : 大阪市立 中央区民センター 第2会議室(3階)


◆ 名古屋の共同体、「秋田、天草、そして全ての日本の殉教者たちの聖母」
 共同体(OUR LADY OF AKITA AND AMAKUSA AND THE MARTYRS OF JAPAN )
 において、トリエント典礼ミサがたっています。あずかりたい方は下記ま
 で連絡してください。

   〒467-0014 
   名古屋市瑞穂区白羽根町2-33-3
   Rongin-Marie馬場勝吉
   tel 052-851-8584


◆ 洗礼を希望する方は申し出てください。ローマ・カトリック使徒教会
 の昔からの教えを全て固く信じ、現代主義の異端を決して受け入れないこ
 と。他の宗教の教えをことごとく捨て去ること。この固い決心があるなら、
 準備が不十分でも洗礼を授けます。

 準備としては、私たちの4冊の本と、マリア・ワルトルタ著の十巻の本
 を全て読んでください。受洗後に読む場合、読む約束をしてください。

 「153本のマリアさまのバラ」「153本の聖ヨゼフの百合」
 「聖シャーベル修道会の会則会憲」「メッセージ集」

   ■箱舟の聖母社
    〒540-0004
    大阪市中央区玉造1-4-14
    郵便振替 00840-3-132438

 マリア・ワルトルタ著、フェデリコ・バルバロ訳編の「マグダラのマリア」
 「聖母マリアの詩(上)(下)」「イエズスの受難」「イエズスに出会っ
 た人々(一)(二)(三)」「イエズス − たそがれの日々」「受難の
 前日」「復活」の10冊、それぞれ3000円前後です。

   ■あかし書房
    〒166
    東京都杉並区成田西3-9-22
    電話:03-3313-4014 FAX:03-3311-9359
    郵便振替:00110-6-111231


◆ 私たちはリトル・ペブルさんの本、「THE LITTLE PEBBLE - THE LAST
 POPE」日本語版について、2001年11月17日に翻訳と出版の権利を
 リトル・ペブルさんからいただきました。すでに第3巻までの翻訳はでき
 ています。しかし、この重要な本を世に送り出すための出版費用が私たち
 には全くありません。そこで、皆さまにお願いです。どうか皆様のご寄付
 によって、このマリア様のお仕事を支えていただけないでしょうか。利益
 の10%はリトル・ペブルさんにもどり、彼のミッションを支えます。
 ご寄付は、「「最後の教皇」出版のための寄付」と明記して、現金書留か
 郵便振替にて下記までお願いします。

  〒540−0004
  大阪市中央区玉造1−4−14
  箱舟の聖母社
  郵便振替 00840−3−132438


◆「天からのメッセージ」に版権はありません。天はできるだけ多くの人々
 がメッセージを読むことをお望みです。どうぞ友人知人に「天からのメッ
 セージ」を伝えて下さい。コピーして配布して下さい。

◆ 皆様からのご質問、ご感想をお待ちしております。関連情報をお持ちで
 したらお寄せ下さい。
 
◆ 次回「箱舟の聖母」は5月15日頃、発行を予定しています。



----------------------------------------------------------------
編集・発行:聖シャーベル修道会
スタッフ :Father Jean-Marie of the Risen Son of God(復活された
      神の子のジャン・マリー司祭)  Kolbe-Marie阿部哲朗
      Rongin-Marie馬場勝吉 Francois-Marie丸山幸一
----------------------------------------------------------------
お申込み、ご質問、ご感想は下記までお願いします。

  〒540−0004
   大阪市中央区玉造1−4−14
   聖シャーベル修道会

  E-mail : charbeljapan@nifty.ne.jp

 お申し込みはEメール版は3千円、郵送版は一万円を目安に、一年分のご
寄付をお願いします(商契約ではありません)。こうするのは、読者の皆さ
んにも「受けるだけの人」のままでいるのではなく、自発的な献金と、友人
知人にコピーをわたす伝道を通して「よろこんで与える人」となり、神様の
祝福をもっと得ていただきたいからです。「よろこんで与える者を神は愛さ
れる」、これが私たちの宣教事業の基本理念です。
----------------------------------------------------------------
%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%0%%

(C)日本における「聖シャーベル修道会の共同体」
      設立の促進と援助のための事務所
 http://homepage1.nifty.com/charbeljapan/index.htm
    E-mail : charbeljapan@nifty.ne.jp

%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%8%%




[HOME] [戻る]