「箱舟の聖母」バックナンバー
2005年5月1日号No.251

 マリア様を喜ばせましょう。マリア様はあなたの小さな奉仕にも大きな恵みで報いて下さいます。あなたが愛する人の救いのために「箱舟の聖母」を役立ててください。「箱舟の聖母」は宣教誌です。購読しコピーし身近な人にわたすなら、あとはマリア様ご自身が働いて下さいます。そしてあなたの購読料はマリア様の事業を支えます。あなたのマリア様に対する奉仕を神様は永遠に忘れません。

 お申し込みはEメール版は3千円、郵送版は一万円を目安に一年分のご寄付をお願いします(商契約ではありません)。こうするのは、読者の皆さんにも「受けるだけの人」のままでいるのではなく、自発的な献金と、友人知人にコピーをわたす伝道を通して「よろこんで与える人」となり、神様の祝福をもっと得ていただきたいからです。「よろこんで与える者を神は愛される」、これが私たちの宣教事業の基本理念です。

◆マテオによる聖福音10章27節
「私がやみの中で言うことを、あなたたちは明るみで言え。耳をあてて聞くことを、屋根の上から知らせよ」

◆マテオによる聖福音10章42節
「この小さい者の一人に、弟子として冷や水の一杯でも与える人があったなら、まことに私は言う。その人は報いを失わぬ」


ご注意
■ お申し込みは下記住所宛にEメール版は3千円、郵送版は一万円を目安に一年分のご寄付をお願いします(商行為でも契約でもありません)。  〒540−0004 大阪市中央区玉造1−4−14 箱舟の聖母社
■ トラブルを避けるために、必ずご本人様でお申し込み下さい。いかなる理由でも、ご送金後の返金はできません。お申し込みから登録まで2週間程度かかりますので、あしからずご了承下さい。
■ 本誌読者=「聖シャーベル修道会会員」ではありません。どのような立場の方でも歓迎いたします。
■ これを用いてマリア様の事業を攻撃する人には送付を打ち切ります。また災害・戦争など、やむを得ない事情の際も送付いたしませんが、ご了承ください。


%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%0%%

        「 箱 舟 の 聖 母 」

       2005年5月1日号 No.251

   毎週1回発行:Eメール版 年間3,000円(ご寄付)
          郵送版  年間10,000円(ご寄付)
  http://homepage1.nifty.com/charbeljapan/index.htm
      E-mail : charbeljapan@nifty.ne.jp
       ( 等幅フォントでご覧下さい!)
%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%5%%
----------------------------------------------------------------
    箱舟の聖母、
       我らが御母聖マリア、
         キリスト信者の扶(たす)け
----------------------------------------------------------------
 マリア様を喜ばせましょう。マリア様はあなたの小さな奉仕にも大きな恵
みで報いて下さいます。あなたが愛する人の救いのために「箱舟の聖母」を
役立ててください。「箱舟の聖母」は宣教誌です。購読しコピーし身近な人
にわたすなら、あとは マリア様ご自身が働いて下さいます。そしてあなたの
ご寄付はマリア様の事業を支えます。あなたのマリア様に対する奉仕を神様
は永遠に忘れません。
----------------------------------------------------------------

◆今週号の目次

 1.153本の聖ヨゼフの百合
 2.リトル・ペブルに与えられたメッセージ
 3.反キリスト、ロード・マイトレイヤについての警告
 4.お知らせ



----------------------------------------------------------------
1. 153本の聖ヨゼフの百合
----------------------------------------------------------------
【 第111章 】

 現代の人は皆、強烈な刺激に慣れっこになっています。映像や音楽や、
ニュースにしても恐ろしいほど強烈です。白黒テレビからカラーテレビにな
り、初めてその映像を見た時、その映像の刺激にドギマギするほどでした。
同じ内容でも刺激の強さがはるかに大きくなって与えられはじめました。
今はそのカラー映像でショッキングなもの、露骨なものを流す傾向はエスカ
レートしていくばかりです。ラジオや新聞でもニュースの内容はショッキン
グなものばかりです。現代の人はその強い刺激にすぐに慣れてしまってつま
らなくなり、さらに強い刺激を求めて自分から探しまわるようになってし
まっています。刺激を求めることと、よっぽど強烈な刺激でないともう感じ
ないという状態は、実は「内的生活」をつくり、深めるためには最悪なので
す。

 神が与えてくださるインスピレーションはひそやかなものです。霊魂の
デリケートさがそれを受け取るためには必要です。この霊魂のデリケートさ
は、外的な強い刺激を避けるようにすることで養われるのです。今、皆さん
は強い刺激を求める人になっています。強い刺激を受けないように細心の
注意を払うことは、まったく正反対の生き方への転換を意味します。「それ
では感動のない生活になってしまう」と言うのですか? いつも感動を求め
てより強い刺激を求め、それに慣れっこになっては、もっと強烈な刺激を
求め、そんなイタチごっこをしてたくさんの感動に出会う毎日が送れると
思っているのですね。霊魂のデリケートさをどんどん失う生き方では、たく
さんの感動に出会う毎日は決して来ませんよ。逆に霊魂のデリケートさを
取り戻すことによって、ほんの小さなことにも、かすかな神からのインスピ
レーションにも感動し、心が震え、胸が熱くなり、涙があふれるようになる
のです。その時こそ毎日がたくさんの感動に出会う日々となるのです。

 「内的生活」はたびたび神に意識を向けることによってつくり、深めてい
きます。その時あなたは神に語りかけますよね。でもそれだけでなく神も
また、あなたの心の最も奥深くにご自分の声を響かせていらっしゃるのです。
この神からの働きかけを受け止めるということも「内的生活」をつくり、
深める重要な手段なのです。この能力を霊魂に取り戻すために、強い刺激を
注意深く避けていくという方法を用いるのです。「内的生活」をまだ霊魂に
つくっていない今の時点でさえ、皆さんは強烈な刺激を受けると、その映像
なり音なりが頭の中に何度もよみがえり、意識を占領してしまうので、祈れ
なくなってしまうでしょう? ただよく祈るためだけにでも強い刺激は邪魔
になりますね。ですからなおさら「内的生活」をつくり、深めるには、強い
刺激は破滅的な害を及ぼすと推し量ることができるでしょう? あなたに
とってこの大きな生き方の転換はぜひとも必要ですから、聖ヨゼフに祈り、
聖ヨゼフに信頼しつつ、始めてくださいね。



----------------------------------------------------------------
2.リトル・ペブルに聖母によって与えられたメッセージ
   償いの日、全御出現聖堂にて
 − No.628 2004年12月8日 無原罪の聖母の祝日 その(3)−
----------------------------------------------------------------

 …… No.239からの続き ……

--------------------------------
公的な御出現が全御出現聖堂の中で進行中であった間、
ローズ・オブ・ホーリー・イノセンツに、彼女の家で
聖母によって与えられたメッセージ
2004年12月8日
--------------------------------
ローズ・オブ・ホーリー・イノセンツ:

 私は気分が悪く、ダフィー司教の叙階式、また御出現の間に出席している
ことができませんでした。私にご聖体を与えるために、司教が到着する前に、
私が私の祈りを捧げていた間に、聖母は「ルルドの聖母」というタイトルで
私の前に現れました。彼女の御心は愛情でいっぱいでした。彼女は私を祝福
し、私に、平和にいるように命じました。私が担っているすべては、後で
明らかにされるでしょうが、今はすべてを愛をもって聖三位一体の一致した
聖心を慰めるためにささげ続けます。

 聖母は、御出現の間に、彼女が、彼女の愛されている配偶者 『神の愛の
リトル・ペブル』と私のところに来ると話されました。聖母は、私に、休む
ように命じて、彼女は私に息を吹きかけキスし、消えました。ご聖体を拝領
した後に、聖母が来られることの準備をするために、私は私の感謝の祈りと
祈願を捧げました。

 3時に、私はロザリオをささげ、自身を聖堂のそれらの出席者と一致しま
した。以下が、私が祈っていた間、私に示されたものです。

 私はトンボが出現するのを見ました。それは注視してしまうほど美しく、
そして私に向かって飛んできました。その翼は優美で、色は柔らかいピンク
色であり、純粋な白色光の光線を発していました。トンボの上を取り巻くよ
うに、私はファティマの3羽の小さい白い鳩を見ました。私に向かってトン
ボが近づくと、私はトンボのの羽根のそれぞれにハートの形をしたピンク色
のダイヤモンド原石が散りばめられていることに気がつきました。

 トンボの後ろでついて行くと、私は聖母を見ました。彼女の側に「神の愛
のリトル・ペブル」がいました。彼らは手を握っていて、彼らは二人とも私
にむかって滑り降りてきました。彼らの後ろで、私は聖ヨアキムと聖アンナ
を見ました。 聖母のご両親、彼らは輝いていて、彼らのみ心は愛にあふれ、
彼らの目は幸福のうちに輝いていました。

 トンボは一度私を一周し、3羽の白い鳩は私の側にとどまっていました。
それから、私は美しいトンボが聖母に向かって飛んで行き、彼女の肩にとま
るのを見ました。聖母は優しく微笑んでトンボを見渡し、そして私は、トン
ボが羽根を弓形に曲げ、聖母に敬意を表すために、その片方の翼を少し下げ
ます。

 聖母は私の心臓にキスし、リトル・ペブルは私の額の上に十字架の印をし
て、私を祝福しました。聖母は彼女の頭を向け、私が見上げると、永遠の
御父が彼の玉座に座っているのが見えました。彼の聖心の前には、すべて
戦いのための装いの小さい天使聖アムール・デイが浮いていました。聖母の
汚れなき御心があらわれて、私は彼女の御心から涙があふれるのを見ました。
聖母は永遠の御父を見上げ、そして私は永遠の御父がうなずき、彼が微笑み、
十字架の印をするのが見えました。永遠の御父は彼の両腕をひろげ、彼の
聖心から何千何万もの鳥たちが飛びだしました。それらはすべて違うサイズ
と色で、ワシたち、鳩たち、スズメたち、カナリアたち、これまでに創造さ
れたすべての鳥を私は見ました。各々の鳥はくちばしに巻物をくわえており、
各々の巻物には名札が付いていました。私は、すべての鳥たちが散らばって
いき、彼らが所属している霊魂に向かって飛んで行くのを見ました。

 永遠の御父の玉座の足元で、私はダヴィド王家の花々がからみついた柱を
見ました。柱は3つの部分に分かれていて、からませられた花とともに結合
されていました。柱は壊れていませんでした。しかし、それは3つの部分で
あるけれども、他の2本の柱なしでは成立しないものでした。私は、柱のま
わりでひざまずいている、三重の契約の3人の小さな保護者を見ました。
彼らは各々、彼らの手の中に宝石の原石に形作られた彼らの心臓をもってい
ました。永遠の御父は、彼の聖心に対するエメラルドの心臓を持っていまし
た。そして彼の聖心から聖アメジウス − 「小さきアブラハム」の勝利の
宣言を告げ知らせる天使があらわれました。小さい天使は永遠の御父の手の
ひらの上に立っていて、彼の手に金のトランペットと、また、ダイヤモンド
でできたピラミッドを持っていました。ダイヤモンドのピラミッドのまわり
にからみついていたのは、小さな金色の心臓でした。ダイヤのピラミッドの
中で、私は美しいバラを見ました。それは純粋な白であり、その花びらは
ダイヤモンドから作られており、各々の花びらはハートのかたちをしていま
した。美しいバラは輝き、このバラの内部に新しい聖なる時代の宝石の原石
でできた小さなドアが埋め込まれているのを私は見ました。私はこのダイヤ
モンドのピラミッドがリトル・ペブルの心臓の中に消えるのを見ました。

 聖母は両腕を広げ、私の方へ向かって滑空してきました。彼女の御心から
美しい百合が現れました。宝石用原石は百合には宝石の原石が埋め込まれて
おり、この宝石の原石には聖母の涙のひとしずくと主の最も尊い御血のひと
しずくを含む真珠の涙のしずくが付着していました。この百合は虹色の光に
包まれていました。聖母は微笑んでおり、彼女の御心からは非常にたくさん
の愛と優しさがあふれ出ていました。私は、この美しい百合が誰のものであ
るかを知っていたので、私は聖母に微笑みました − 天がまたリトル・ペ
ブルの側にあるように立てた「パール・オブ・グレート・プライス、イエズ
スの最も尊い御血の配偶者」です。

 聖アンナは進み出て、聖母から百合を持つために取りました。この百合に
続いて、私は聖母の汚れなき御心からバラが現れるのを見ました。バラは
ピンク色でしたが、花びらのいくつかは白と黄色の渦巻きになっていました。
聖母は、バラの花びらのひとつの上にある赤い十字架をつけたままにしてい
るバラにキスしました。私は、赤い十字架の中央に埋め込まれてる、エーデ
ルワイスの花を見ました。聖母は私に、このバラが彼女の娘「エーデルワイ
ス」を、今この時に、特に強めるためですとおっしゃいました。聖ヨアキム
は進み出て、ピンク色のバラを聖母から取りました。ピンク色のバラに続い
て、私は長い茎の二つのバラを見ました。その茎は小さな百合がいっしょに
からみついていました。バラの一本はライラックの紫色であり、他のは明る
い青色でした。ライラック色のバラの各々の上にはアメジストの涙の滴があ
り、このバラに埋め込まれていたのは金色に輝く指輪でした。この指輪には
金色の文字で「リリー・ローズ − 謙遜のバラ」と彫り込まれているのが
見えました。青色のバラの光を通して、私は青色の光のダイヤモンドの心臓
を見ました。このバラの中央に埋め込まれているのは白い綿毛の雲でした。

 これらの2本のバラの後ろに続いて美しい白い貝殻があらわれました。こ
の貝殻には2枚の綿毛の白い天使の翼が付いているのが見えました。この
貝殻の中央にはシロツメグサが埋め込まれているのが見えました。シロツメ
グサの中央には、彼女の小さな司教「天使のジェームズ」への贈り物である、
聖母の涙の一つを見ました。この貝殻に続いて、私は白いバラの冠を見まし
た。オパールの原石はこの冠を通して組み合わせられました − 彼女の
貴重な娘フランシスのための贈り物です。

 聖母は、投げキスをし始めました。それらはハート型をした泡のように形
をとり、現れました。彼女のキスの中に、私はジェームズとフランシスの
子供たちと孫たちを見ました。そして彼らの各々のそばに、私は聖母の聖歌
隊からの天使を見ました。私は聖母を見上げました。彼女の顔はとても優し
く、愛情深かったです。彼女は大変幸福であるように見え、彼女の目は愛情
の涙によってきらめいていました。聖母の御心の外から百合があらわれまし
た。それは透明で、彼女の涙から作られていました。この百合の中央には
聖母のマニフィカトの12の徳をあらわしている12の青いダイヤモンドの
心臓がありました。聖母は彼女の手を私の心臓に置き、私の心臓の中深く、
この美しい百合を置きました。

聖母:
 私はあなた、私の「小さなローズ・オブ・ザ・ホーリー・イノセンツ」、
私の「神の愛のリトル・ペブル」、私の汚れなき御心にとってとても貴重な
2人の司教 − ブロサード司教とダフィー司教、そしてここと世界中の
すべての私の子供たちにあいさつします。

 私の甘美な「小さな涙の天使」よ。私は来ました、私の小さいものよ、こ
の美しい日に。この日は愛にあふれる涙によって私達の一致したみ心を慰め
ました。私の息子の叙階から来た恵みと多くの贈り物は、ダイヤモンドの山
にたとえられます。私が、私の汚れなき御心の中に深く彼らのそれぞれを
秘蔵するので、私の子供たちはすべての言葉を越えてたくさんの恵みを授与
されています。戦いの用意ができている一握りだけの私の選ばれた者がいま
す。私の愛されている子供たちが、彼らの絶え間のない祈り、愛を持って
彼らの十字架を担うことにおいて、信仰の飛躍がなされたこと、そして彼ら
の「なれかし(フィアット)」の継続的な更新は、千倍に報いられることで
しょう。特に、私の御心にとても貴重な修道会とこのミッションが多くの
試練と困難を受けているこの時において、我が愛されし配偶者への信頼、
忠実、愛、そして神の最も完全な御旨への愛は、我が御心を慰めます。私の
信者は、愛をもって戦い、戦い続けて、彼らが永遠の御父の約束の上にしが
みつくので、彼らの心にある希望は決して彼らをあきらめさせません。彼ら
は私達の一致したみ心の勝利を分かち合うであろうし、私の配偶者の勝利の
ためにはこの方法しかありません。私の愛する息子、ダフィー司教の叙階を
持つ今日は、私の配偶者の約束された勝利を形成する多くの部分の実現を
開始します。彼らの十字架の重みの下で苦闘しているわが子供たち、彼らの
心を満たすことを許された疑念と挌闘しているわが子供たち、そして今なお
神の御旨を損なっているわが子供たちよ、私はあなたたち全てを我が御心で
愛しています。私はあなたたちが理解している以上にあなたたちを愛してい
ます。それゆえ、私は今日、あなたたちの愛を求めているのです。この信仰
の跳躍をし、私が永遠にあなたたちのそばにいると知りなさい。私の手を
握りしめ、決して離してはいけません。

 我が子供たちよ。あなたたちの天の父からの愛の贈り物 − 自由意志の
賜物があなたたちの各々に授けられたので、この決定をすることができるの
はあなたたちだけなのです。私は決してあなたたちを見捨てません。それは
私があなたたちを愛しているからであり、この愛は永遠だからです。今、
行ってしまわないでください。それは、砂時計の中の砂粒が迅速に過ぎ去っ
ているからです。

 私の共同体にいるすべての私の子供たちへ: あなたたちは、この様式の
奉献生活を生きることを選びました。あなたたち皆がここにいます、私への
あなたたちの愛のゆえに、我が神なる息子イエズス、神の預言者、私の愛す
る配偶者、私の「愛のリトル・ペブル」への信頼、信仰、そしてまた神に
栄光を帰するために。あなたたち皆がした誓約と誓願を抱擁し、心からそれ
らを保持してください。私は今一度、一致と、我が子供たちの心の中に愛を
開花させることを求めます。それは私が目にする全ては分裂、嫉妬、意見の
相違、悪口、現世への愛着、および秘蹟の無視だからです。これは、家族を
形成するものではありません。家族は一緒に祈り、愛において一致し、一緒
にいるものです。あなたたちは皆、私たちの一致したみ心を防御し、保護す
るために呼ばれた一つの家族です。あなたたちは、私の愛する配偶者「終わ
り時」の預言者、我が汚れなき御心の天使のような牧者の後に続いて、一致
した共同戦線として一緒に立つべきです。

 永遠の御父は、私が私の子供のために流す涙をご覧になります。それが、
今日、彼が、私の小さい娘に示された鳥たちをあなたたちに皆に贈った理由
です。鳥たちが象徴していることは、あなたたち皆が熱望しなければならな
いこと − あなたたちの霊魂が天に向かって飛翔できるように、そして
成聖のより高いところに到達できるように、鳥たちのように自由になること
です。鳥たちは、あなたたちの永遠の報いに到達するために歩かなければな
らない道へと我が子供たち一人一人を導くために、、道を見失った我が子供
たちを導くために、そして私たちのみ心にとどまっている子供たちを力づけ
るために、永遠の御父から送られた小さなメッセンジャーです。我が子供た
ちの各々は、彼らの心のうちに神の声を聞くでしょう − 愛、激励、照ら
し、助言の言葉を。

 私はすべての私の小さい子供たちに、彼らの目、耳を、そして最も重要な
のは彼らの心をひらくように頼みます。それは、全ての我が忠実な選ばれた
者たちが、私たちのみ心の勝利において分かち合ってほしいからです。私の
配偶者の勝利は来るであろうし、また、彼らのものである勝利において、
自分自身の道を歩き続け、自分自身のことに心を浪費させ続ける人々は喜び
を分かちあうことはないでしょう。私は、十字架が重く、試練が無限であっ
たと知っていますが、彼らの信頼と信仰がどこにあろうとも、それが今彼ら
をどこに連れて行っていようとも、我が子供たちは我が汚れなき御心の希望
と愛にすがりつかなければなりません。我が子供たちは今、彼らの土台を
固めなければなりません。それは彼らが、我が神なる息子イエズスが来るで
あろう日、または時間を知らないからです。彼らの灯火は明るく燃えていな
ければならず、彼らの心と家は彼らの主であり王である方を迎える準備がで
きてなくてはなりません。

 私は、我が愛の言葉をしばしば繰り返します。それは彼らが耳を傾けな
かったからです。私が約束したすべて、私の配偶者の勝利について展開して
きているすべて − それらの出来事は大警告を引き起こします − は
実現するためにすべてやって来るでしょう。私の子供たちは神の御言葉と
約束に疑問をもったり疑ったりしてはなりません。特に神ご自身によって
選ばれた預言者たちは。彼とその修道会とその使命について言われたすべて
は無視されることはありません。我が子供たちが闇においてなしたすべては
明るみの中に持ち出されるでしょう。私の選ばれた者のふるいわけがまだ
完全でないので、我が子供たちの罪の結果としてすばやく倒れるでしょう。
私は、我が子供たちが彼らの十字架をとり、彼らの償いの道行きを開始する
ことを待っています。背負わなければならない十字架をもたない我が子供な
ど一人もいないからです。クリスマスに向けてのこの時を、熟考の時、罪の
真の痛悔の時としなさい。そして神の愛の光のうちに、そして神の完全な
御旨と一致して前進するために、心を愛でみたしなさい。

 あなたたちは私達の一致したみ心の大勝利の年、奇跡の時に入ろうとして
います。お互いを抱擁しなさい。そして物事の最も小さなことでさえ、当然
のことと見なさないでください。なぜなら生活は、あなたたちが知っている
とおり、決して今と同じものにはならないからです。懲罰は降り続け、戦争
はすべての国で勃発し、反キリストが人々の心に大破壊をもって支配し、そ
して聖書において予告されたすべては現実になります。多くは、すでに実現
するためにやって来たけれども、私の子供たちはまだ神を脇へ置き、彼らが
求めるものだけを満たす空しい生活を送り続けてます。

 これらの最も暗い時の間に光を照らすであろうのはあなた、私を信じる者
です。心と霊魂を準備し、寝入らないでください。眠っている者たちは、あ
なたたちの眠りから今、目覚めなさい。それは時が、あなたたちも知ってい
るようにすばやく過ぎ去っているからです。

 さようなら、我が子供たちよ、あなたたちのそれぞれの心にキスします。
私の愛のキスを受け取ってください。特にこのクリスマスのシーズンに、あ
なたたちの心が平和と喜びにみたされますように。私はあなたたち皆に我が
愛と祝福を送ります。特に我が愛されし「愛のリトル・ペブル」、我が小さ
きブロサード司教、ダフィー司教、フランシス、そして彼らの愛する全ての
者たち、特にこの重大な機会に:父と子と聖霊との御名によりて。アーメン。

 私はまたあなた、我が「小さきローズ・オブ・ホーリー・イノセンツ」を
祝福し、我が汚れなき御心の愛によってあなたを抱擁します。我が配偶者の
そばで、あなたがする多くの仕事があるので、我が小さき娘よ、あなたの心
を私のみ心のうえで休ませなさい。

 知っておきなさい、我が甘美なる娘よ、我が「愛のリトル・ペブル」は
新しい年になる前に心暖まるニュースを受け取るであろう事を。彼の約束さ
れた勝利の一部は完成するでしょうし、それは彼の心における希望を新たに
するでしょう。父と子と聖霊との御名によりて。アーメン。

〔サイン〕
リトル・ペブル



----------------------------------------------------------------
3.反キリスト、ロード・マイトレイヤについての警告
----------------------------------------------------------------
マリア様からの警告 1996年7月13日 No.245

 甘美なる子供たちよ、あなたたちが知っているように、人類にとって地上
の時は残り少なくなっています。このため、私と天の宮廷は、この世が清め
られ、新たにされる前に、この地上の最後の時に備えて子供たちを準備する
ため地上に来ています。

 懲罰は人類の上に降っていますが、この懲罰のうちにあっても人類はまだ、
神の御手を認識していません。この世におけるすべての悪に対して神を責め、
冒涜し続けています。人類は神の祝福を安易に忘れ去り、神をおろそかにし、
神がお与えになるすべてのことを当然のこととしています! 光の子よ、神
の御言葉に忠実たらんと心に留めておきなさい。

 時の中の時はあなたたちの上にあるのです。甘美なる子供たちよ、私の
言葉によく耳を傾けなさい。恐れずに私の手にしっかりとつかまりなさい。
安全な港のうちに、神である私の息子へと導いていきますから。

 反キリスト、すなわちマイトレーヤは地上を歩き、霊魂の荒廃と破壊を
もたらしています。だますためにルチフェルが使うすべてのトリックを知り
なさい。ルチフェルはだますために多くの顔を持っているからです。聖ミカ
エルに祈りなさい。そうすれば、だまされることはないでしょう。

 甘美なる子供たちよ、マイトレーヤは今、ペトロの座に座ることを望んで
います。選ばれた者さえもだますために、様々な方法と手段が用いられるで
しょう。目覚めているために、あなたたちの周囲、特に聖にして母なる教会
内で起きていること、展開していることに目を開け、耳を開きなさい。祈り
のうちに絶えず目覚めていなさい。忠実と真理の子供として、忠実でありな
さい。そうすれば、知らずにいることはないでしょう。

 霊魂にとって、時は今、とても重要なのです。今、作られつつある共同体
の生活に、人類のために新しい形の奉献生活に入るようにと、再度、世界に、
すべての子供たちに呼びかけます。



----------------------------------------------------------------
4.お知らせ
----------------------------------------------------------------
◆ 東京方面に住んでおられるリトル・ペブルさんの支持者の皆さん。東京
 方面で定期的に、ジャン・マリー神父をお招きしてミサを行っています。
 東京方面にお住まいの方で、参加を希望される方は下記までご連絡下さい。

  聖シャーベル修道会
  「秋田・天草そして全ての日本の殉教者共同体」

  〒467-0014
  名古屋市瑞穂区白羽根町2-33-3
  tel: 052-851-8584

  〒448-0846
  刈谷市寺横町2-82-3
  tel: 0566-29-2805


◆ マリア !

 単純、素朴、でも神秘的な音楽にロマンチックにひたってみませんか?
 中世ヨーロッパ音楽の華、グレゴリオ聖歌での荘厳なミサと茶話会。

  マリア様が好きな人
  音楽が好きな人
  おやつが好きな人
  おしゃべりが好きな人  集まろう!
  飲み物、おやつ、弁当、持ち込みOK (^_^)v

 学校では味わえない事も味わえるかも。
 新しい友だちもいっぱいできるよ。友だちとさそいあって来てね。

 日曜日は会場周辺の食堂、コンビニ、お店はやってないので気をつけてね。


  会の名称 : グレゴリオ聖歌研究会
  日 時  : 5月8日 日曜日 10:00 〜 16:30
  場 所  : 大阪市立 中央区民センター 第2会議室(3階)


◆ 名古屋の共同体、「秋田、天草、そして全ての日本の殉教者たちの聖母」
 共同体(OUR LADY OF AKITA AND AMAKUSA AND THE MARTYRS OF JAPAN )
 において、トリエント典礼ミサがたっています。あずかりたい方は下記ま
 で連絡してください。

   〒467-0014 
   名古屋市瑞穂区白羽根町2-33-3
   Rongin-Marie馬場勝吉
   tel 052-851-8584


◆ 洗礼を希望する方は申し出てください。ローマ・カトリック使徒教会
 の昔からの教えを全て固く信じ、現代主義の異端を決して受け入れないこ
 と。他の宗教の教えをことごとく捨て去ること。この固い決心があるなら、
 準備が不十分でも洗礼を授けます。

 準備としては、私たちの4冊の本と、マリア・ワルトルタ著の十巻の本
 を全て読んでください。受洗後に読む場合、読む約束をしてください。

 「153本のマリアさまのバラ」「153本の聖ヨゼフの百合」
 「聖シャーベル修道会の会則会憲」「メッセージ集」

   ■箱舟の聖母社
    〒540-0004
    大阪市中央区玉造1-4-14
    郵便振替 00840-3-132438

 マリア・ワルトルタ著、フェデリコ・バルバロ訳編の「マグダラのマリア」
 「聖母マリアの詩(上)(下)」「イエズスの受難」「イエズスに出会っ
 た人々(一)(二)(三)」「イエズス − たそがれの日々」「受難の
 前日」「復活」の10冊、それぞれ3000円前後です。

   ■あかし書房
    〒166
    東京都杉並区成田西3-9-22
    電話:03-3313-4014 FAX:03-3311-9359
    郵便振替:00110-6-111231


◆ 私たちはリトル・ペブルさんの本、「THE LITTLE PEBBLE - THE LAST
 POPE」日本語版について、2001年11月17日に翻訳と出版の権利を
 リトル・ペブルさんからいただきました。すでに第3巻までの翻訳はでき
 ています。しかし、この重要な本を世に送り出すための出版費用が私たち
 には全くありません。そこで、皆さまにお願いです。どうか皆様のご寄付
 によって、このマリア様のお仕事を支えていただけないでしょうか。利益
 の10%はリトル・ペブルさんにもどり、彼のミッションを支えます。
 ご寄付は、「「最後の教皇」出版のための寄付」と明記して、現金書留か
 郵便振替にて下記までお願いします。

  〒540−0004
  大阪市中央区玉造1−4−14
  箱舟の聖母社
  郵便振替 00840−3−132438


◆「天からのメッセージ」に版権はありません。天はできるだけ多くの人々
 がメッセージを読むことをお望みです。どうぞ友人知人に「天からのメッ
 セージ」を伝えて下さい。コピーして配布して下さい。

◆ 皆様からのご質問、ご感想をお待ちしております。関連情報をお持ちで
 したらお寄せ下さい。
 
◆ 次回「箱舟の聖母」は5月8日頃、発行を予定しています。



----------------------------------------------------------------
編集・発行:聖シャーベル修道会
スタッフ :Father Jean-Marie of the Risen Son of God(復活された
      神の子のジャン・マリー司祭)  Kolbe-Marie阿部哲朗
      Rongin-Marie馬場勝吉 Francois-Marie丸山幸一
----------------------------------------------------------------
お申込み、ご質問、ご感想は下記までお願いします。

  〒540−0004
   大阪市中央区玉造1−4−14
   聖シャーベル修道会

  E-mail : charbeljapan@nifty.ne.jp

 お申し込みはEメール版は3千円、郵送版は一万円を目安に、一年分のご
寄付をお願いします(商契約ではありません)。こうするのは、読者の皆さ
んにも「受けるだけの人」のままでいるのではなく、自発的な献金と、友人
知人にコピーをわたす伝道を通して「よろこんで与える人」となり、神様の
祝福をもっと得ていただきたいからです。「よろこんで与える者を神は愛さ
れる」、これが私たちの宣教事業の基本理念です。
----------------------------------------------------------------
%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%0%%

(C)日本における「聖シャーベル修道会の共同体」
      設立の促進と援助のための事務所
 http://homepage1.nifty.com/charbeljapan/index.htm
    E-mail : charbeljapan@nifty.ne.jp

%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%1%%




[HOME] [戻る]