「箱舟の聖母」バックナンバー
2005年4月24日号No.250

 マリア様を喜ばせましょう。マリア様はあなたの小さな奉仕にも大きな恵みで報いて下さいます。あなたが愛する人の救いのために「箱舟の聖母」を役立ててください。「箱舟の聖母」は宣教誌です。購読しコピーし身近な人にわたすなら、あとはマリア様ご自身が働いて下さいます。そしてあなたの購読料はマリア様の事業を支えます。あなたのマリア様に対する奉仕を神様は永遠に忘れません。

 お申し込みはEメール版は3千円、郵送版は一万円を目安に一年分のご寄付をお願いします(商契約ではありません)。こうするのは、読者の皆さんにも「受けるだけの人」のままでいるのではなく、自発的な献金と、友人知人にコピーをわたす伝道を通して「よろこんで与える人」となり、神様の祝福をもっと得ていただきたいからです。「よろこんで与える者を神は愛される」、これが私たちの宣教事業の基本理念です。

◆マテオによる聖福音10章27節
「私がやみの中で言うことを、あなたたちは明るみで言え。耳をあてて聞くことを、屋根の上から知らせよ」

◆マテオによる聖福音10章42節
「この小さい者の一人に、弟子として冷や水の一杯でも与える人があったなら、まことに私は言う。その人は報いを失わぬ」


ご注意
■ お申し込みは下記住所宛にEメール版は3千円、郵送版は一万円を目安に一年分のご寄付をお願いします(商行為でも契約でもありません)。  〒540−0004 大阪市中央区玉造1−4−14 箱舟の聖母社
■ トラブルを避けるために、必ずご本人様でお申し込み下さい。いかなる理由でも、ご送金後の返金はできません。お申し込みから登録まで2週間程度かかりますので、あしからずご了承下さい。
■ 本誌読者=「聖シャーベル修道会会員」ではありません。どのような立場の方でも歓迎いたします。
■ これを用いてマリア様の事業を攻撃する人には送付を打ち切ります。また災害・戦争など、やむを得ない事情の際も送付いたしませんが、ご了承ください。


%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%0%%

        「 箱 舟 の 聖 母 」

       2005年4月24日号 No.250

   毎週1回発行:Eメール版 年間3,000円(ご寄付)
          郵送版  年間10,000円(ご寄付)
  http://homepage1.nifty.com/charbeljapan/index.htm
      E-mail : charbeljapan@nifty.ne.jp
       ( 等幅フォントでご覧下さい!)
%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%4%%
----------------------------------------------------------------
    箱舟の聖母、
       我らが御母聖マリア、
         キリスト信者の扶(たす)け
----------------------------------------------------------------
 マリア様を喜ばせましょう。マリア様はあなたの小さな奉仕にも大きな恵
みで報いて下さいます。あなたが愛する人の救いのために「箱舟の聖母」を
役立ててください。「箱舟の聖母」は宣教誌です。購読しコピーし身近な人
にわたすなら、あとは マリア様ご自身が働いて下さいます。そしてあなたの
ご寄付はマリア様の事業を支えます。あなたのマリア様に対する奉仕を神様
は永遠に忘れません。
----------------------------------------------------------------

◆今週号の目次

 1.リトル・ペブルからの手紙
 2.153本の聖ヨゼフの百合
 3.反キリスト、ロード・マイトレイヤについての警告
 4.お知らせ



----------------------------------------------------------------
1.リトル・ペブルからの手紙 − 2005年4月20日 −
----------------------------------------------------------------
神の民へ

平和と祝福が皆さんの上にありますように。
教皇ベネディクト16世万歳。
オリーブの栄光。

 愛する霊魂たちよ、ラッツィンガー枢機卿が教皇として選ばれたことに
関して、心をわずらわせたり、混乱しないでください。彼が教皇に、そして
教会の忠実な王子にふさわしい方であると確信しなさい。彼は反教皇では
ありません。彼は本当の教皇です。

 しかし、注意していてください。祈ってください。見ていてください。と
いうのは、彼はとどまるでしょうが、来るべき人物が教皇ベネディクト16
世の影のもとにやってくるまでの短い期間です。なぜなら、再度の選挙が
今からそう遠くない時期にあるでしょうから。

 私たちの聖なる御母が、ベイサイドの幻視者に、パウロ6世の治世の間に
与えたお言葉を思い出しなさい。ペトロの座に反教皇である3人の教皇(カ
ザローリ、ベネリ、ヴィロ)がいて、彼らがパウロ6世をあやつっています。
そして、マリア様は1人の反教皇がそのあとにでるはずだとおっしゃいまし
た。しかし、ヨハネ・パウロ1世とヨハネ・パウロ2世がでました。しかし、
彼らはよい教皇でした。

 思い出しなさい。聖マラキ司教(将来の教皇を全て預言しました)が「太
陽の労働(ヨハネ・パウロ2世)」のあとに2人の教皇を示しています。す
なわち「オリーブの栄光」と「ローマ人ペトロ」であり、反教皇たちは彼の
リストにありません。

 マリア様は1961〜63年、教皇パウロ6世の治下、ガラバンダルで
最後の教皇の前に、この教皇(パウロ6世)のあとに3人の教皇だけがでる
はずですとおっしゃいました。オリーブの栄光 − 教皇ベネディクト16
世 − (ベネディクトはオリーブの人々(訳注:古くからベネディクト会
の会員はこうよばれてきた)) − ですから、以前、私が皆さんに語った
ことを思い出してください。あなたたちは反教皇を彼の言葉によって見抜く
でしょう。

 これは信仰の偉大なテストです。さあ、勇気を出しなさい。

 神の祝福を

 リトル・ペトロ・アブラハム
 ザ・リトル・ペブル
 [ サイン ]

http://homepage1.nifty.com/charbeljapan/lpl050420.htm



----------------------------------------------------------------
2. 153本の聖ヨゼフの百合
----------------------------------------------------------------
【 第110章 】

 皆さんの朝の日常はこんなふうではありませんか? もう10分早く起き
れば余裕ができるのに、ぎりぎりの時間を計算して目覚まし時計を鳴らして
起きる。後は大慌てで仕度する。時間ばかり気にしながら。そしていつもの
ように駅まで走っていって、滑り込みセーフで電車に乗る。夜の日常はこん
なふうではありませんか? なんとなくテレビを見たり、夜食を食べたり、
いつまでも起きていて、睡眠不足になるなあと思いながらも眠くなるまでは
ベッドに入らない。人それぞれの生活でしょうが、修道院の生活とはずいぶ
ん違うところがあります。修道院は何をするにも決まった時間に行ないます。
それも落ち着いてこなしていけるように時間を決めています。老人、病人、
体の弱った人もついてこれるように時間を決めています。これを何百年、あ
るいは千何百年と繰り返している修道院もあるのです。このやり方は「内的
生活」をつくり、深めるのに非常に役に立ちます。やってみたい人は、朝、
落ち着いて、心の余裕を持てるように起きる時間を決めましょう。トイレ、
着替え、洗面、朝ご飯の用意、食べ始め、食べ終わり、片付け、出発、もち
ろんすべてに余裕を持たせて時間を固定するのです。手順も決めて固定しま
す。夜は十分な睡眠時間を計算して、明かりを消す時間を決め、バスタイム、
だんらん、勉強、ベッドに入る等々、やることと時間をやはり固定するので
す。話し込んでいても時間がきたら皿洗いをはじめ、皿を洗いながら話し続
ければよいし、どうしても見たい番組は生で見ずにビデオに録ればよいし、
とにかく決まった時間にお決まりのことをするのです。こうすれば行動は
オートマチックになり、意識を行動に向ける割合がぐっと減らせます。その
分だけ神に関することを思いめぐらしたり、いろいろなやり方で神に意識を
向けることができるようになります。修道院では、例えば100歳の修道士
さんは84年ほど毎日同じことを同じ時間にやっているので、もうずっと神
に意識を向けっぱなしで日常の行動ができるわけです。このやり方を何と
呼べばよいのでしょうね。私には「定刻主義者」というあだ名がありますか
ら、「定刻主義のやり方」としておきますが、どうぞやってみてください。
上にあげたような皆さんの生活では神に意識を向けることは本当に難しいの
ですよ。ただし、決めた時間を何かでみだされても心をみだしてはいけませ
んよ。起こることはすべて、あなたにとって最高最善のことだから、神様に
許されて起こっているのです。落ち着きを保ち、感謝して受け取りましょう。



----------------------------------------------------------------
3.反キリスト、ロード・マイトレイヤについての警告
----------------------------------------------------------------
マリア様からの警告 1996年6月1日 No.244

 聖職者を荒廃させる多くのスキャンダルによって、教会は反キリストから
の迫害を受けています。これはサタンからの攻撃なのです。

 悪魔は教会内にもいます。悪魔は地上の大多数を支配しており、精神を操
る巧妙な装置を用いて子供たちを支配しようと望んでいます。それは、催眠
術、テレパシーです。すべてはマインド・コントロールのためなのです。

 親たちよ、子供達が読み、聞き、見るものについてさらに注意し、チェッ
クしなさい。親は地上にいる間、子供の霊魂と幸福について責任があります。
子供たちを守るためにしっかりとしつけなさい。

 反キリストは心の清らかさと至高なる御者の御旨に従うことによって打ち
負かされるでしょう。



----------------------------------------------------------------
4.お知らせ
----------------------------------------------------------------
◆ 東京方面に住んでおられるリトル・ペブルさんの支持者の皆さん。東京
 方面で定期的に、ジャン・マリー神父をお招きしてミサを行っています。
 東京方面にお住まいの方で、参加を希望される方は下記までご連絡下さい。

  聖シャーベル修道会
  「秋田・天草そして全ての日本の殉教者共同体」

  〒467-0014
  名古屋市瑞穂区白羽根町2-33-3
  tel: 052-851-8584

  〒448-0846
  刈谷市寺横町2-82-3
  tel: 0566-29-2805


◆ マリア !

 単純、素朴、でも神秘的な音楽にロマンチックにひたってみませんか?
 中世ヨーロッパ音楽の華、グレゴリオ聖歌での荘厳なミサと茶話会。

  マリア様が好きな人
  音楽が好きな人
  おやつが好きな人
  おしゃべりが好きな人  集まろう!
  飲み物、おやつ、弁当、持ち込みOK (^_^)v

 学校では味わえない事も味わえるかも。
 新しい友だちもいっぱいできるよ。友だちとさそいあって来てね。

 日曜日は会場周辺の食堂、コンビニ、お店はやってないので気をつけてね。


  会の名称 : グレゴリオ聖歌研究会
  日 時  : 5月8日 日曜日 10:00 〜 16:30
  場 所  : 大阪市立 中央区民センター 第2会議室(3階)


◆ 名古屋の共同体、「秋田、天草、そして全ての日本の殉教者たちの聖母」
 共同体(OUR LADY OF AKITA AND AMAKUSA AND THE MARTYRS OF JAPAN )
 において、トリエント典礼ミサがたっています。あずかりたい方は下記ま
 で連絡してください。

   〒467-0014 
   名古屋市瑞穂区白羽根町2-33-3
   Rongin-Marie馬場勝吉
   tel 052-851-8584


◆ 洗礼を希望する方は申し出てください。ローマ・カトリック使徒教会
 の昔からの教えを全て固く信じ、現代主義の異端を決して受け入れないこ
 と。他の宗教の教えをことごとく捨て去ること。この固い決心があるなら、
 準備が不十分でも洗礼を授けます。

 準備としては、私たちの4冊の本と、マリア・ワルトルタ著の十巻の本
 を全て読んでください。受洗後に読む場合、読む約束をしてください。

 「153本のマリアさまのバラ」「153本の聖ヨゼフの百合」
 「聖シャーベル修道会の会則会憲」「メッセージ集」

   ■箱舟の聖母社
    〒540-0004
    大阪市中央区玉造1-4-14
    郵便振替 00840-3-132438

 マリア・ワルトルタ著、フェデリコ・バルバロ訳編の「マグダラのマリア」
 「聖母マリアの詩(上)(下)」「イエズスの受難」「イエズスに出会っ
 た人々(一)(二)(三)」「イエズス − たそがれの日々」「受難の
 前日」「復活」の10冊、それぞれ3000円前後です。

   ■あかし書房
    〒166
    東京都杉並区成田西3-9-22
    電話:03-3313-4014 FAX:03-3311-9359
    郵便振替:00110-6-111231


◆ 私たちはリトル・ペブルさんの本、「THE LITTLE PEBBLE - THE LAST
 POPE」日本語版について、2001年11月17日に翻訳と出版の権利を
 リトル・ペブルさんからいただきました。すでに第3巻までの翻訳はでき
 ています。しかし、この重要な本を世に送り出すための出版費用が私たち
 には全くありません。そこで、皆さまにお願いです。どうか皆様のご寄付
 によって、このマリア様のお仕事を支えていただけないでしょうか。利益
 の10%はリトル・ペブルさんにもどり、彼のミッションを支えます。
 ご寄付は、「「最後の教皇」出版のための寄付」と明記して、現金書留か
 郵便振替にて下記までお願いします。

  〒540−0004
  大阪市中央区玉造1−4−14
  箱舟の聖母社
  郵便振替 00840−3−132438


◆「天からのメッセージ」に版権はありません。天はできるだけ多くの人々
 がメッセージを読むことをお望みです。どうぞ友人知人に「天からのメッ
 セージ」を伝えて下さい。コピーして配布して下さい。

◆ 皆様からのご質問、ご感想をお待ちしております。関連情報をお持ちで
 したらお寄せ下さい。
 
◆ 次回「箱舟の聖母」は5月1日頃、発行を予定しています。



----------------------------------------------------------------
編集・発行:聖シャーベル修道会
スタッフ :Father Jean-Marie of the Risen Son of God(復活された
      神の子のジャン・マリー司祭)  Kolbe-Marie阿部哲朗
      Rongin-Marie馬場勝吉 Francois-Marie丸山幸一
----------------------------------------------------------------
お申込み、ご質問、ご感想は下記までお願いします。

  〒540−0004
   大阪市中央区玉造1−4−14
   聖シャーベル修道会

  E-mail : charbeljapan@nifty.ne.jp

 お申し込みはEメール版は3千円、郵送版は一万円を目安に、一年分のご
寄付をお願いします(商契約ではありません)。こうするのは、読者の皆さ
んにも「受けるだけの人」のままでいるのではなく、自発的な献金と、友人
知人にコピーをわたす伝道を通して「よろこんで与える人」となり、神様の
祝福をもっと得ていただきたいからです。「よろこんで与える者を神は愛さ
れる」、これが私たちの宣教事業の基本理念です。
----------------------------------------------------------------
%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%2%%

(C)日本における「聖シャーベル修道会の共同体」
      設立の促進と援助のための事務所
 http://homepage1.nifty.com/charbeljapan/index.htm
    E-mail : charbeljapan@nifty.ne.jp

%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%4%%




[HOME] [戻る]