「箱舟の聖母」バックナンバー
2005年4月17日号No.249

 マリア様を喜ばせましょう。マリア様はあなたの小さな奉仕にも大きな恵みで報いて下さいます。あなたが愛する人の救いのために「箱舟の聖母」を役立ててください。「箱舟の聖母」は宣教誌です。購読しコピーし身近な人にわたすなら、あとはマリア様ご自身が働いて下さいます。そしてあなたの購読料はマリア様の事業を支えます。あなたのマリア様に対する奉仕を神様は永遠に忘れません。

 お申し込みはEメール版は3千円、郵送版は一万円を目安に一年分のご寄付をお願いします(商契約ではありません)。こうするのは、読者の皆さんにも「受けるだけの人」のままでいるのではなく、自発的な献金と、友人知人にコピーをわたす伝道を通して「よろこんで与える人」となり、神様の祝福をもっと得ていただきたいからです。「よろこんで与える者を神は愛される」、これが私たちの宣教事業の基本理念です。

◆マテオによる聖福音10章27節
「私がやみの中で言うことを、あなたたちは明るみで言え。耳をあてて聞くことを、屋根の上から知らせよ」

◆マテオによる聖福音10章42節
「この小さい者の一人に、弟子として冷や水の一杯でも与える人があったなら、まことに私は言う。その人は報いを失わぬ」


ご注意
■ お申し込みは下記住所宛にEメール版は3千円、郵送版は一万円を目安に一年分のご寄付をお願いします(商行為でも契約でもありません)。  〒540−0004 大阪市中央区玉造1−4−14 箱舟の聖母社
■ トラブルを避けるために、必ずご本人様でお申し込み下さい。いかなる理由でも、ご送金後の返金はできません。お申し込みから登録まで2週間程度かかりますので、あしからずご了承下さい。
■ 本誌読者=「聖シャーベル修道会会員」ではありません。どのような立場の方でも歓迎いたします。
■ これを用いてマリア様の事業を攻撃する人には送付を打ち切ります。また災害・戦争など、やむを得ない事情の際も送付いたしませんが、ご了承ください。


%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%0%%

        「 箱 舟 の 聖 母 」

       2005年4月17日号 No.249

   毎週1回発行:Eメール版 年間3,000円(ご寄付)
          郵送版  年間10,000円(ご寄付)
  http://homepage1.nifty.com/charbeljapan/index.htm
      E-mail : charbeljapan@nifty.ne.jp
       ( 等幅フォントでご覧下さい!)
%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%4%%
----------------------------------------------------------------
    箱舟の聖母、
       我らが御母聖マリア、
         キリスト信者の扶(たす)け
----------------------------------------------------------------
 マリア様を喜ばせましょう。マリア様はあなたの小さな奉仕にも大きな恵
みで報いて下さいます。あなたが愛する人の救いのために「箱舟の聖母」を
役立ててください。「箱舟の聖母」は宣教誌です。購読しコピーし身近な人
にわたすなら、あとは マリア様ご自身が働いて下さいます。そしてあなたの
ご寄付はマリア様の事業を支えます。あなたのマリア様に対する奉仕を神様
は永遠に忘れません。
----------------------------------------------------------------

◆今週号の目次

 1.153本の聖ヨゼフの百合
 2.リトル・ペブルに与えられたメッセージ
 3.反キリスト、ロード・マイトレイヤについての警告
 4.お知らせ



----------------------------------------------------------------
1. 153本の聖ヨゼフの百合
----------------------------------------------------------------
【 第109章 】

 皆さんは修道士を見たことがありませんね。なにしろ日本では数が少ない
し、人前に出ない立場の人が大半ですから。修道士たちはとても明るいです。
私も修道士の志願者になったとき、最初に教わったのは、「ふたつ返事で
機嫌よく!」でした。何を言われても上機嫌でハイハイと従いなさいと。
日本ではハイは一回でいいとか、ふたつ返事は相手を馬鹿にしているとか
言うようですが、それは日本だけのことです。とにかく修道士たちは上機嫌
を保って生活する人たちです。「何を言われても」というのは、世間では
言われないほどの厳しい「ためなおし」の指摘を受けるからです。なお、年
をとれば年下の若い神父から受けることになりますが、それでも上機嫌を
保ちます。世間では不機嫌さや怒りを、人を従わせる手段に使う人が大勢
います。子供がすねたり、泣き叫んだり、ふてくされたり、不機嫌さと怒り
で親を従わせてしまうのと同じことを、一生、老人になっても続ける人たち
ですね。もちろんこれは悪徳ですよ。どんなことであっても機嫌を悪くする
ということはすべて、その霊魂の何らかの欠点が表面化したのです。たとえ
ばプライドや我の強さです。とにかく自分に打ち勝っていないことのしるし
です。こういう人を修道会ではしょっぱなからためなおすわけですね。そし
て上機嫌を一生懸命保てば、逆に不機嫌の本当の原因である自分の霊魂の
欠陥がためなおされてゆき、その罪から解放されてゆきます。

 サレジオ会の会員たちは特に快活さを大切にします。聖ドンボスコの精神
で、彼は、快活であれば罪を犯さないと言いました。これは本当に言えてい
ます。聖ヨゼフの霊性も希望の徳による超楽観主義者となることが基本なの
で、不機嫌さの入り込む余地はなく、快活でいることになりますね。悪魔的
悲観主義を持っている間は、当然そうはいきません。不機嫌や怒りを現す人
は、こういったよくない土台を持っている人ですから、逆にたくさんの罪を
犯し続けます。

 コルベ神父様もまた、ジョークの上手な、人を笑わせる明るい方でした。
特にコルベ神父様は常にほほえんでいました。ウェイターとかサービスマン
は仕事中だけはほほえみを保ちます。しかしコルベ神父様はいつもほほえみ
を保っていました。

 これらの快活さを保つこと、ほほえみを保つことを「内的生活」をつくり、
深めるために利用することができます。「えっ? 誰もいないところでも
ほほえみ続けるの?」と思うでしょうね。でも神様に向かってほほえみ続け
るのですよ。上機嫌であり続けることも大きな戦いです。自分を踏みにじっ
て、自然的感情に打ち勝って、気分という継続的なものをコントロールして
持続させるものですから。愛のほほえみ、喜びの快活さを絶え間なく外的に
あらわすことで、霊魂の中にも絶え間なく愛のほほえみと喜びの快活さを
抱き続けるのです。これによって絶えず神を意識し、神に一致していられる
ようになるのです。

 この方法は副産物として、その人の精神的ストレスと共同体全体の精神的
ストレスを減らします。個人としては内的幸福感が生じるからです。その
幸せそうな人を見る共同体の隣人も幸福感に伝染し、共同体全体の精神的
ストレスが減るのです。そして愛徳を実践したいという気持ちを起こさせま
す。また、ほほえみも、快活さも人を引きつけます。これは大きな証しと
宣教の力となります。共同体全員でやりたい方法ですね。



----------------------------------------------------------------
2.聖母によってリトル・ペブルに与えられたメッセージ
  償いの日 すべての御出現の聖堂
  − No.629 2005年3月27日 復活祭 −
----------------------------------------------------------------
リトル・ペブル:
 ロザリオの始まり以来、空中に白い十字架が輝いています。またその時か
ら、聖ミカエルが十字架像の右側にいらっしゃいます。しかし今彼は白い
十字架の上の虹の上に立っていらっしゃいます。他の六位の大天使も虹の上
に立っています。三位ずつ、聖ミカエルの両側に。聖櫃からV字の形をした
ピンク色の光の扇型が出ています。そしてそれは空高くにある白い十字架の
横木の中心へと続く聖櫃からの道を形成しています。

 天使祝詞の祈りの間に、バラの花びらがチャペルに落ちてきました。そし
てまだ落ち続けています。聖ガブリエルが十字架の印をするために来られま
した。出現の前に彼がいつもそうされるように。彼は手に白い十字架をお持
ちです。そして私が求める印を私に与えられました。聖ガブリエルは今聖ミ
カエルの隣に立たれます。七位の大天使について私が説明したときにそこに
いらっしゃったように。

 聖アモール・デイはロザリオの間、十字架像の周りを飛んでいました。彼
は小さな天使です。そして彼は白い十字架の方に行ってしまいました。白い
十字架の中心にはドアがあります。純白です。それは全くの光です。彼は彼
の服の下から鍵を取り出し、そしてその鍵を白い十字架の中に置きました。
そしてドアが開かれました。光の筋が出てきて露のようなものを形成します。
輝くような白です。十字架から聖櫃へと達するV字の光の扇の中心に。

 今私は、さまざまな階級の数多くの天使たちが白い十字架から出て来ら
れるのを見ることができます。最初の一群の天使たちはみな白い服を着てい
らっしゃいます。そして彼らは「メシア」を歌っていらっしゃいます。この
V型の光の中に浮かびながら。ご存じの通り、私が何度も説明してきたよう
に彼らは歩いているのではなく滑っています。さまざまな大きさの無数の
天使たちがいます。そして彼らはチャペルに向かいながら護衛隊を形成しま
す。彼らの何位かは棕櫚の葉を持っています。また花を持っている方もいま
す。天の全体がこれらのバラの花びらを放出しているかのようです。それら
はまるで雪のように地面に、そしてこのコミュニティーに降り注いでいます。

 今私はイエズス様が白い十字架から威厳に満ちて出て来られるのを見るこ
とができます。主は挨拶するように御腕を伸ばしていらっしゃいます。私は
主の御傷を見ることができます。そして御傷から光が出てくるのを見ること
ができます。しかし御傷は御血を流してはいません。光だけです。イエズス
様の後ろに私はさらに多くの天使たちを見ることができます。また神の御母
も見えます。聖母もまたすべて白いお召し物です。私はまた聖母の中の、主
の見えない御傷を見ることができます。光のように輝いています。そして
聖母の後方にも数多くの天使たちがやってきます。それは私たちに向かって
進行してくる行列のようです。今、使徒たちと多くの聖人たちがついて来ら
れるのを見ることができます。

 イエズス様は今チャペルにお入りになりました。そして聖櫃の上にお立ち
になりました。主は私のすこし右側にお立ちになり、神の母をお待ちになり
ます。私たちの聖母はイエズス様の隣にお立ちになりました。お二人は互い
に抱擁をなさいます。そしてものすごい量の光がありました。天使たちに
よって、お二人の背後に半円が形成されました。そして今、使徒たちと聖人
たちも半円の一部を形成しました。一つの合唱隊のように。天使たちはまだ
白い十字架から出てこられています。そしてまた数多くの聖人たちも。あた
かも天の全体が地上の領域に入って来られているかのようです。今バラの
花びらは降り止みました。

 私はイエズス様の御胸に聖心を見ることができます。御服の外側に。そし
て私は同じようにマリア様の汚れなき御心を見ることができます。私はまた
聖霊を見ることができます。聖霊はたったいまイエズス様とマリア様の頭上
の中程に出現なさいました。聖霊は鳩のお姿です。そして御胸から七つの
極めて明るく輝く光の線を放射していらっしゃいます。それは本当に美しい。
イエズス様とマリア様は微笑んでいらっしゃいます。そしてお二人はここに
いる私たちを眺めることに専念していらっしゃるようです。イエズス様は
手をあげられました。

主:
 父と子と聖霊の御名によって、アーメン。私はあなたに挨拶する、わが
聖なる息子、わが父とわが甘美なる御母の祝福された者よ、わがリトル・ペ
トロ・アブラハム、終末の時のための永遠の御父の預言者よ。私は我が司祭
である息子たち、そして配偶者たちに挨拶する。そしてわが愛する子供たち
に。わが父によって恵みと賜物を与えられた者たち、そしてすべてのわが
愛しい子どもたち、私とわが最も聖なる御母、そして私たちの前、ここに
集まったものたち、そして世界中にいる者たちに。

 親愛なる子供たちよ、あなたがたは今日私の勝利を祝った。この同じ勝利
は間もなくあなたがたのものとなるであろう。私自身と同じ仕方においてで
はなく、あなたがたが私のために成した仕事において。あなたがたも知って
いるように、世界はわが子供たちにとっての深淵へと向けて突進し続けてい
る。彼らの多くは私の言葉を脇において、私の犠牲を当たり前のものだと考
えている。それは悲しい現実である。

 しかしながら、わが復活はいつも人々の心の中に生き続けるだろう。邪悪
な者とその軍勢はわが光によって打ち砕かれるであろう。なぜなら天におい
てと同様に地上における我が王国においても真理と正義が支配するであろう
から。

 恐れてはならない、甘美なる子供たちよ。堅固であり、忠実であり続けよ。
人類にとって時は尽きつつある。なぜなら私の再臨は近いからである。私の
最初の来臨において私は赤子として世に来た。再臨においてはそうはならな
いであろう。なぜなら私は勝利のうちに、わが最も聖なる御母を伴って、
天使たち聖人たちとともに、私の相続財産を求めるために来るであろうから。

 勇気を出せ、親愛なる子供たちよ、わが天の父によってあなたがたのため
に許容されているすべての試練と苦しみの後で、わが言葉に忠実であり続け
た者たちのために喜びと復活があるのだということを、わが復活によって
思い出せ。

 あなたがたの生活においてわが言葉を広め続けよ。すべての者たちが私を
遣わしたわが父を信じるようになるために。信頼と希望を持て。なぜなら、
現時点の世界の邪悪さにもかかわらず、すべてが失われたわけではないから
だ。甘美なる子供たちよ。何世紀も前に、私は問わなかったであろうか、私
が再び来るときに私は地上に信仰を見いだすであろうか、と。甘美なる子供
たちよ、私が見いだすであろう信仰は、世界中に散らばった、小さなものだ
ろう。数としてはごく少ないだろう。私が十字架につけられた時と違いはな
い。その時もごくわずかの者しか私の側に残らなかった。

 そしてあなた、わが息子、わが父の特別な恵みを与えられた息子よ。あな
たの勝利は近い。わが最も聖なる母によってあなたに約束されたように。わ
が光の内を歩み続けよ。そしてわが子供たちの牧者となれ。なぜなら間もな
くあなたは地上におけるわが家の最も暗い時期においてわが群れを導くであ
ろうから。私が鍵を与えたのはあなたに対してである。あなたの兄弟、地上
におけるわが家の最初の教皇、ペトロに私がそうしたように。この時は非常
にすみやかにあなたと世界に訪れるであろう。なぜなら私がヨハネ・パウロ
二世、わが忠実な息子を呼ぶために来るのは間もなくだからである。

 皆の者よ、祈りと多くの犠牲を続けよ。多くの霊魂たちがうたた寝から
目覚めるように。なぜなら人類は、彼ら自身の道を求めるために私から離れ
去っているからだ。わが甘美なる子供たちよ、雌鳥がその雛を集めるように、
あなたがた皆を集めることをどれほど私は望んでいることか。

 わが復活は、天のわが父そしてあなたがたの父が、どれほどあなたがたを
愛しているかということのしるしである。落胆してはならない、信仰を持ち
なさい。

 私はあなたがたに、わが父そしてあなたがたの父、そして私たちの霊との
一致のうちに、父性的祝福を送る。父と子と聖霊の御名によって、アーメン。

 わが御母が、わが娘ローズ・オブ・ザ・ホーリー・イノセンツに話すであ
ろう。

ローズ・オブ・ザ・ホーリー・イノセンツ:
 手を広げていらっしゃる聖母が見えます。聖母の見えない傷は輝いていま
す。聖母の傷からの光は私を通過し、ここにいるすべての人々の心に触れま
す。聖母の汚れなき御心に一つのバラが見えます。紫色のバラです。そして
花びらはビロードのようです。そのバラは花開き始めました。そしてバラの
中に私は白いバラを見ることができます。純白のバラです。そのバラから
小さな箱舟が出現しました。聖母は箱舟に接吻なさり、そして私は箱舟がと
ても大きくなるのを見ることができます。チャペルが箱舟になったかのよう
です。聖堂の座席の一つ一つは船の座席のようであり、櫂のための十字がつ
いています。彼女の子供たちの各人に十字架があるのだと聖母はおっしゃい
ました。

 聖母は微笑んでいらっしゃいます。そして聖母は御手を開かれました。そ
の中に私は教皇様が立っていらっしゃるのを見ることができます。教皇様の
前に三人の枢機卿がひざまづいています。そして彼らの頭上には一つずつ
バラがあります。金色と白と赤のバラです。教皇様は微笑んでいらっしゃい
ます。そして彼の手に小さな白い岩を握っていらっしゃいます。聖アモール・
デイが降りて来られ、小さな白い岩を取り、そして小さな天使はリトル・ペ
ブルの方に飛んで行き、白い石を彼の心の中に置きました。白い石が彼の
貴重な苦しみの心の中に消えていくときに、私はそれが開かれ、白い石の中
に二つの鍵があるのを見ました。一つの鍵には杏色のバラが巻きついていま
した。そしてもうひとつの鍵には白いバラが巻きついていました。聖母は
微笑まれて、教皇に接吻なさり、そして皆様は消えて行かれました。

 聖母のもう一方の手に聖母は本をお持ちです。聖母は傍らに聖アモール・
デイを呼び寄せられ、そしてこの小さな天使は本の中に書き込み始めました。
そして全てのページは埋め尽くされました。小さな天使は本を閉じ、聖母は
それを接吻によって封印なさいました。

 箱舟のように見えるチャペルの回りに、水があります。そして箱舟は持ち
上がり、水の上に浮かんでいます。水は嵐のようになりました。しかし聖母
はただ微笑まれています。箱舟を取り巻く水の中に私は多くのものを見るこ
とができます。大警告へと導いていくであろう、これから起こるであろう
数多くの出来事を。私は大量破壊兵器や、自由の女神像、エッフェル塔を
見ることができます。金のドームも見えます。私はまた数多くのヨーロッパ
の国々の中に多くの暴動を見ることができます。英国の旗が見えます。そし
てその旗の中には王家を表す王冠があります。王冠の回りには棘が見えます。
私はまたデンマークの王家の紋章を見ることができます。そして紋章の下に、
白い枕の上に置かれている二つの指輪を見ることができます。二つの指輪は
組み合わされており、そしてその二つの指輪からピンク色のバラが巻きつい
た小さな白い十字架が現れます。大聖堂の前に、福者アンナ・カタリナ・エ
ンメリックが立っているのが見えます。手を差し出しながら。そして傷が血
を流しているのが見えます。

 他にも多くの出来事を私は見ることができます。そしてそれは箱舟の回り
の出来事の渦巻きのようです。聖母は微笑み続けていらっしゃいます。しか
し聖母は三つの涙を流されました。そしてそれらは祭壇の中へと消えて行き
ました。聖母は私の前に来られ、私の額に接吻なさいました。

聖母:
 父と子と聖霊の御名によって、アーメン。

 私はあなたに挨拶します、わが小さな娘、ローズ・オブ・ホーリー・イノ
センツ。私はあなたの愛する配偶者、わが汚れなき御心の天使的牧者、わが
小さなペトロ・アブラハムに挨拶します。私は我が二人の小さな司教達、
ブロサード司教とダフィー司教に、そしてすべてのわが司祭なる息子たち、
今日ここにいる、そして世界中にいるすべてのわが子供たちに挨拶します。

 わが小さな者よ、私は愛の言葉とともに来ました。すべてのわが子供たち
の心の中に私が置くことを望んでいる愛の言葉とともに。なぜなら今日は
素晴らしい日だからです。聖なる金曜日。また私の告知の祝日。そして奇跡
の時が始まります。多くの苦しみが担われてきました。そしてわが汚れなき
御心の勝利に至るまで担われ続けるでしょう。しかしこの苦しみを通して、
わが忠実な者たちの心を挙げる平和と喜びがもたらされるでしょう。代わり
に私が求めるものすべては、彼らの信仰、希望、信頼です。私とわが神なる
息子に対する信頼のみならず、わが御心の配偶者に対する信頼も。なぜなら
彼は神秘的教会の指導者だからです。彼はすべてのわが忠実な者たちを約束
された土地へ導くであろう神の預言者です。

 展開されるであろう数多くの出来事があります。わが子供たちの全てが
その出来事を理解するわけではないでしょう。しかし彼らはわが言葉につか
まっていなければなりません。なぜならそれは真実だからです。彼らはわが
愛から離れ去ってはなりません。彼らの心に疑いを容れてはなりません。な
ぜなら私は彼らの十字架が重いということを知っているからです。

 約束された奇跡の多くが起こり始めるでしょう。この共同体に対する奇跡。
聖シャーベル修道会に対する奇跡。そして世界中のわが子供たちに対する
奇跡。

 私はあなたがたを愛しています、わが子供たちよ、落胆してはなりません。
あなたがたの十字架を取り、一つの霊のうちに一致しなさい。なぜなら私は
あなた方皆を非常に愛しているからです。

ローズ・オブ・ホーリー・イノセンツ:
 聖母は微笑まれて、天使たちにうなずかれます。そして天使たちは外套の
下から卵を取り出します。それは宝石で飾られた復活卵のようです。そして
復活卵の上には小さな蝶が留まっています。聖母の合図とともに、私はすべ
ての天使たちがそれぞれの霊魂の方に行くのを見ます。ここにいる、そして
世界中にいる霊魂たちのところに。そしてこの贈り物を彼ら全ての心の中に
置きます。聖母は微笑まれて私たちを祝福なさいます。父と子と聖霊の御名
によって、アーメン。

リトル・ペブル:
 私はしばらく黙っていることにしましょう。なぜなら私たちの共同体には
数多くの特別な恵みを与えられた霊魂たちがいるからです。そして私は本当
に、いつイエズス様あるいはマリア様が、お二人の「道具」をお使いになる
のか、知らないのです。しかしイエズス様は御手の中に聖母のロザリオを
もち上げていらっしゃいます。そしてそれを非常に強く見つめていらっしゃ
います。主は私にうなづかれて、ささやかれます。「より多くの者たちが
ロザリオを祈らなければならない。とりわけこの時に、わが最も聖なる御母
のロザリオを。」 主は上方を見上げられてから私たち皆をご覧になります。
イエズス様の後方には今非常に威厳に満ちた仕方で空全体を覆いながら永遠
の御父がいらっしゃいます。御父は腕を差し伸べられています。永遠の御父
は美しい冠をかぶっていらっしゃいます。三重冠です。そしてただ微笑んで
いらっしゃいます。

 多くの人々が永遠の御父を老人であるかのように描いていますが、御父は
イエズス様と全く同じ御年齢でいらっしゃるように見えます。唯一の違いは、
永遠の御父は長い白い髪と麗しい長いあごひげをしていらっしゃるというこ
とです。永遠の御父の御目は、神なる御子と神の御母の目に似ています。
純粋な青、深い青です。その中で泳げそうなほどです。御父はただ微笑まれ
ます。そして永遠の御父の御目から星が飛び出してきます。それらは御父の
御目から出てきて爆発します。花火を見ているようです。きわめて美しい光
です。そして永遠の御父の外套から天使たちが出現します。彼らがそこに
隠れていたかのように。彼らの額にはアルファとオメガの印があります。こ
れらの天使たちはおよそ六あるいは七フィートの背丈です。そして彼らは
金色の翼を持っています。永遠の御父はただ微笑まれます。そしてこれらの
天使たちは神の子供たちに対する神からの指示を持っていらっしゃるようで
す。私はこれらの天使たちが非常に素早く滑空し、このチャペルにいる人々
や他の場所にいる人々の背後に立つのを見ます。

 聖母ご自身が祈りのうちに手に美しいロザリオを持っていらっしゃいます。
それは純白の数珠で、主の祈りの珠は金色です。そして金色の十字架像がつ
いています。十字架上の体は私にはいつも生きていらっしゃるように見えま
す。聖母はただ微笑まれます。そして聖母はイエズス様と同様にロザリオを
もち上げられます。ロザリオの年! そして「教義」という言葉が、今私た
ちの聖母の後光の回りに金色で記されます。

司教達、司祭達:
 全能の神の祝福が皆さんの上にありますように。父と子と聖霊の名によっ
て。アーメン。(訳注:ラテン語)



----------------------------------------------------------------
3.反キリスト、ロード・マイトレイヤについての警告
----------------------------------------------------------------
イエズス様からの警告 1996年6月1日 No.243

 反キリストの時は既に来ている。邪悪の力は今、突出している。子供たち
に対する神の保護はある程度、取り除かれているからである。

 まもなく、ある警告が世に送られる。それは人類がどれほど私から、自分
たちの神から遠ざかっているかを示すべく人類を照らすために許される。こ
のしるしはすべての者が見るであろう。甘美なる子供たちよ、それは大警告
ではなく、より小規模のものである。子供たちは皆、真理を理解するであろ
う。ある者はそれを至高なる御者から来るものとして受け入れるが、大半の
者は自然現象として理解するであろう。

 まもなくパレスティナで、ある大物が暗殺によって取り去られる。イスラ
エルとパレスティナは戦争になるであろう。より大きな諸勢力がこの抗争に
引き込まれる。ロシアはボーランドに侵入し、韓国は北朝鮮の侵略をうける。
カナダには分裂、裏切り、流血がある。

 反キリストの支配には3つの段階がある。精神、肉、偽りの復活である。

 私は子供たちを修道会に招いている。全世界に広がるこれらの共同体は
あなたたちの拠り所、希望となるであろう。あなたたちの召命を通して、神
のためだけに生きなさい。この世の一部分となる誘惑に負けてはならない。
この世のものとならずに、この世に生きなさい。

 私の代理者、ヨハネ・パウロ2世のために祈りなさい。今は多くのことが
代理者に求められている。代理者の書いたものを読みなさい。代理者の書き
物は私から来るのである。

 まもなく、この時代の偉大な指導者と聖人たちが立ち上がり、真理を擁護
する。あなたたちは慰められるであろう。勇気を出し、至聖なる御母の手に
つかまっていなさい。



----------------------------------------------------------------
4.お知らせ
----------------------------------------------------------------
◆ 東京方面に住んでおられるリトル・ペブルさんの支持者の皆さん。東京
 方面で定期的に、ジャン・マリー神父をお招きしてミサを行っています。
 東京方面にお住まいの方で、参加を希望される方は下記までご連絡下さい。

  聖シャーベル修道会
  「秋田・天草そして全ての日本の殉教者共同体」

  〒467-0014
  名古屋市瑞穂区白羽根町2-33-3
  tel: 052-851-8584

  〒448-0846
  刈谷市寺横町2-82-3
  tel: 0566-29-2805


◆ マリア !

 単純、素朴、でも神秘的な音楽にロマンチックにひたってみませんか?
 中世ヨーロッパ音楽の華、グレゴリオ聖歌での荘厳なミサと茶話会。

  マリア様が好きな人
  音楽が好きな人
  おやつが好きな人
  おしゃべりが好きな人  集まろう!
  飲み物、おやつ、弁当、持ち込みOK (^_^)v

 学校では味わえない事も味わえるかも。
 新しい友だちもいっぱいできるよ。友だちとさそいあって来てね。

 日曜日は会場周辺の食堂、コンビニ、お店はやってないので気をつけてね。


  会の名称 : グレゴリオ聖歌研究会
  日 時  : 5月8日 日曜日 10:00 〜 16:30
  場 所  : 大阪市立 中央区民センター 第3会議室(3階)


◆ 名古屋の共同体、「秋田、天草、そして全ての日本の殉教者たちの聖母」
 共同体(OUR LADY OF AKITA AND AMAKUSA AND THE MARTYRS OF JAPAN )
 において、トリエント典礼ミサがたっています。あずかりたい方は下記ま
 で連絡してください。

   〒467-0014 
   名古屋市瑞穂区白羽根町2-33-3
   Rongin-Marie馬場勝吉
   tel 052-851-8584


◆ 洗礼を希望する方は申し出てください。ローマ・カトリック使徒教会
 の昔からの教えを全て固く信じ、現代主義の異端を決して受け入れないこ
 と。他の宗教の教えをことごとく捨て去ること。この固い決心があるなら、
 準備が不十分でも洗礼を授けます。

 準備としては、私たちの4冊の本と、マリア・ワルトルタ著の十巻の本
 を全て読んでください。受洗後に読む場合、読む約束をしてください。

 「153本のマリアさまのバラ」「153本の聖ヨゼフの百合」
 「聖シャーベル修道会の会則会憲」「メッセージ集」

   ■箱舟の聖母社
    〒540-0004
    大阪市中央区玉造1-4-14
    郵便振替 00840-3-132438

 マリア・ワルトルタ著、フェデリコ・バルバロ訳編の「マグダラのマリア」
 「聖母マリアの詩(上)(下)」「イエズスの受難」「イエズスに出会っ
 た人々(一)(二)(三)」「イエズス − たそがれの日々」「受難の
 前日」「復活」の10冊、それぞれ3000円前後です。

   ■あかし書房
    〒166
    東京都杉並区成田西3-9-22
    電話:03-3313-4014 FAX:03-3311-9359
    郵便振替:00110-6-111231


◆ 私たちはリトル・ペブルさんの本、「THE LITTLE PEBBLE - THE LAST
 POPE」日本語版について、2001年11月17日に翻訳と出版の権利を
 リトル・ペブルさんからいただきました。すでに第3巻までの翻訳はでき
 ています。しかし、この重要な本を世に送り出すための出版費用が私たち
 には全くありません。そこで、皆さまにお願いです。どうか皆様のご寄付
 によって、このマリア様のお仕事を支えていただけないでしょうか。利益
 の10%はリトル・ペブルさんにもどり、彼のミッションを支えます。
 ご寄付は、「「最後の教皇」出版のための寄付」と明記して、現金書留か
 郵便振替にて下記までお願いします。

  〒540−0004
  大阪市中央区玉造1−4−14
  箱舟の聖母社
  郵便振替 00840−3−132438


◆「天からのメッセージ」に版権はありません。天はできるだけ多くの人々
 がメッセージを読むことをお望みです。どうぞ友人知人に「天からのメッ
 セージ」を伝えて下さい。コピーして配布して下さい。

◆ 皆様からのご質問、ご感想をお待ちしております。関連情報をお持ちで
 したらお寄せ下さい。
 
◆ 次回「箱舟の聖母」は4月24日頃、発行を予定しています。



----------------------------------------------------------------
編集・発行:聖シャーベル修道会
スタッフ :Father Jean-Marie of the Risen Son of God(復活された
      神の子のジャン・マリー司祭)  Kolbe-Marie阿部哲朗
      Rongin-Marie馬場勝吉 Francois-Marie丸山幸一
----------------------------------------------------------------
お申込み、ご質問、ご感想は下記までお願いします。

  〒540−0004
   大阪市中央区玉造1−4−14
   聖シャーベル修道会

  E-mail : charbeljapan@nifty.ne.jp

 お申し込みはEメール版は3千円、郵送版は一万円を目安に、一年分のご
寄付をお願いします(商契約ではありません)。こうするのは、読者の皆さ
んにも「受けるだけの人」のままでいるのではなく、自発的な献金と、友人
知人にコピーをわたす伝道を通して「よろこんで与える人」となり、神様の
祝福をもっと得ていただきたいからです。「よろこんで与える者を神は愛さ
れる」、これが私たちの宣教事業の基本理念です。
----------------------------------------------------------------
%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%1%%

(C)日本における「聖シャーベル修道会の共同体」
      設立の促進と援助のための事務所
 http://homepage1.nifty.com/charbeljapan/index.htm
    E-mail : charbeljapan@nifty.ne.jp

%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%7%%




[HOME] [戻る]