「箱舟の聖母」バックナンバー
2005年4月10日号No.248

 マリア様を喜ばせましょう。マリア様はあなたの小さな奉仕にも大きな恵みで報いて下さいます。あなたが愛する人の救いのために「箱舟の聖母」を役立ててください。「箱舟の聖母」は宣教誌です。購読しコピーし身近な人にわたすなら、あとはマリア様ご自身が働いて下さいます。そしてあなたの購読料はマリア様の事業を支えます。あなたのマリア様に対する奉仕を神様は永遠に忘れません。

 お申し込みはEメール版は3千円、郵送版は一万円を目安に一年分のご寄付をお願いします(商契約ではありません)。こうするのは、読者の皆さんにも「受けるだけの人」のままでいるのではなく、自発的な献金と、友人知人にコピーをわたす伝道を通して「よろこんで与える人」となり、神様の祝福をもっと得ていただきたいからです。「よろこんで与える者を神は愛される」、これが私たちの宣教事業の基本理念です。

◆マテオによる聖福音10章27節
「私がやみの中で言うことを、あなたたちは明るみで言え。耳をあてて聞くことを、屋根の上から知らせよ」

◆マテオによる聖福音10章42節
「この小さい者の一人に、弟子として冷や水の一杯でも与える人があったなら、まことに私は言う。その人は報いを失わぬ」


ご注意
■ お申し込みは下記住所宛にEメール版は3千円、郵送版は一万円を目安に一年分のご寄付をお願いします(商行為でも契約でもありません)。  〒540−0004 大阪市中央区玉造1−4−14 箱舟の聖母社
■ トラブルを避けるために、必ずご本人様でお申し込み下さい。いかなる理由でも、ご送金後の返金はできません。お申し込みから登録まで2週間程度かかりますので、あしからずご了承下さい。
■ 本誌読者=「聖シャーベル修道会会員」ではありません。どのような立場の方でも歓迎いたします。
■ これを用いてマリア様の事業を攻撃する人には送付を打ち切ります。また災害・戦争など、やむを得ない事情の際も送付いたしませんが、ご了承ください。


%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%0%%

        「 箱 舟 の 聖 母 」

       2005年4月10日号 No.248

   毎週1回発行:Eメール版 年間3,000円(ご寄付)
          郵送版  年間10,000円(ご寄付)
  http://homepage1.nifty.com/charbeljapan/index.htm
      E-mail : charbeljapan@nifty.ne.jp
       ( 等幅フォントでご覧下さい!)
%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%4%%
----------------------------------------------------------------
    箱舟の聖母、
       我らが御母聖マリア、
         キリスト信者の扶(たす)け
----------------------------------------------------------------
 マリア様を喜ばせましょう。マリア様はあなたの小さな奉仕にも大きな恵
みで報いて下さいます。あなたが愛する人の救いのために「箱舟の聖母」を
役立ててください。「箱舟の聖母」は宣教誌です。購読しコピーし身近な人
にわたすなら、あとは マリア様ご自身が働いて下さいます。そしてあなたの
ご寄付はマリア様の事業を支えます。あなたのマリア様に対する奉仕を神様
は永遠に忘れません。
----------------------------------------------------------------

◆今週号の目次

 1.リトル・ペブルからの声明
 2.153本の聖ヨゼフの百合
 3.反キリスト、ロード・マイトレイヤについての警告
 4.お知らせ



----------------------------------------------------------------
1.リトル・ペブルからの声明
  − 教皇ヨハネ・パウロ二世の死に関して −
----------------------------------------------------------------
2005年4月6日。すべての神の子供たちへ。

 復活された主イエズス・キリストの御名において、皆さんに平和と祝福が
ありますように。

 親愛なる霊魂たちよ、私は皆さんが教皇ヨハネ・パウロ二世の死について
困惑しているということを知っています。多くの人々が、さまざまな幻視者
たちや恵みを受けた霊魂たちから対立する報告を受け取っています。ある
人々は、教皇は偽教皇・詐欺師であったと言っており、真の教皇はローマを
逃亡しており、そして大警告は近いと言っています。またある人々は、教皇
は他の国にいて病院で危篤状態にあると言っています。

 どうか心を騒がせないでください。なぜなら時として真実は、表面に見え
るままではないからです。天の啓示された計画に信頼してください。これは
決して変わってはいないからです。ただ方法だけです。それを私たち人間は
私たちの理解に従って干渉しますが、それは皆にとってよくあることなので
す。しかしながら、皆さんの心に平穏をもたらすために、皆さんは以下のこ
とを知らなければなりません。

◆ 教皇は亡くなったのではありません。たとえ外面的にはそのように見よ
 うとも。

◆ 教皇は深い眠りのうちにあります。

◆ 教皇の肉体が埋葬されると、天使たちはその肉体を取り、遠く離れた
 土地にそれを隠すでしょう。そこで彼は目覚めるでしょう。そして再び
 立てられるでしょう。新しい超自然的な(プリターナチュラル)身体を
 持って。

◆ 教皇の棺は、遺体を掘り出すために何年か後に開けられることになるで
 しょう。彼の列聖調査が、彼の身体の検査を要求するでしょうから。しか
 し彼らはそれを見いださないでしょう。

◆ しかるべき時に、教皇はローマへと帰るでしょう。歴史に残る反教皇と
 なるであろう、ペトロの座において支配している教皇を非難するために。
 皆さんは次の教皇のために祈り、神に信頼しなければなりません。

◆ 反教皇が公然と非難されるとき、教皇ヨハネ・パウロ二世は、聖にして
 母なる教会の最後の教皇となる、聖ペトロの真の継承者を公表するでしょ
 う。

 1970年代から、80年代、90年代、2000年代にわたる、世界中のあらゆる
幻視者からの教皇ヨハネ・パウロ二世に関する予言は真実のままです。

「恵みの仲介者」の教義は宣言されるでしょう。なぜならそれはヨハネ・パ
ウロ二世の書かれた要求の一つであるからです。教会が意識している他の
多くの事項についても同様です。

 その言動によってあなたがたは反教皇を識別するでしょう。そしてあなた
がたはだれが真の教皇であるかを認識するでしょう。

 真理の印として、神は大いなる奇跡をポーランドにおいて行われるでしょ
う。神の民に、真の教皇がどこにいるかを示すために。皆さんへの私の言葉
を確証するために、世界中の数多くの幻視者たちに与えられたメッセージの
いくつかを以下に抜粋します。

 教皇の長寿を祈ります。そして神が教会を照らしてくださるように祈りま
しょう。私を人生から取り除こうとしている私の敵たちに私が打ち勝つこと
ができるように、どうか私のために祈ってください。今や彼らの牧者を失っ
た多くの羊たちを私が導くことができるように祈ってください。

私は神の従順な下僕であり続けます。


リトル・ペトロ・アブラハム二世
リトル・ペブル


--------------------------------
2005年3月27日 リトル・ペブルへのイエズスのメッセージ
--------------------------------
イエズス:「そしてあなた、わが息子よ、間もなくあなたは地上における
わが家の闇の時代において、わが群れを導くであろう。私が鍵を与えたのは
あなたである。ヨハネ・パウロ二世を呼ぶために私が来るのは間もなくであ
る。」

--------------------------------
2005年4月1日 カナダのイエロー・リリーへのメッセージ
--------------------------------
イエズス:「教皇は死のうとしているのではない。わが天使たちは、彼が
再び立てられ、そして世界に彼の後継者を公表する時まで、彼を運び去る
予定である。ヨハネ・パウロ二世は死んでいない。彼は眠っているだけであ
る。マリアの教義はすでに書かれている。」

--------------------------------
2005年4月2日午後8時45分聖母からリトル・ペブルへ。
--------------------------------
聖母:「教皇は死なないでしょう。しかし眠りの内に入ります。世界にとっ
ては彼は死んだように見えるでしょう。彼は天使たちによってある場所に
連れていかれるでしょう。そしてしかるべき時に反教皇を公然と非難するた
めに戻ってくるでしょう。それから彼、そしてあなたは、崩れ落ち燃えあが
るローマを逃れるでしょう。。そして大警告が起こるでしょう。
(およそ7−10年後。)

 教皇は多くのことを書いています。そして全てのことはしかるべき時に
公表されるでしょう。今や奇跡の時が訪れています。」

--------------------------------
2005年4月3日早朝
ローズ・オブ・ホーリー・イノセンツへの聖母のメッセージ
--------------------------------
(彼女は、リトル・ペブルが2005年2日夕刻に受け取ったものと同じメッ
 セージを受け取った。)

--------------------------------
2005年4月2日 イエズスからロサンゼルスのヨランディタに。
--------------------------------
イエズス:「わが愛する息子ヨハネ・パウロ二世が戻ってきたことを天は
喜んでいる。わが選ばれし者たちの全ては、リトル・ペブルのもとに行き
堅固に立たなくてはならない。彼は間もなく我が代理者となるであろう。」

--------------------------------
2005年4月3日 聖母からローズリリーへ。
--------------------------------
聖母:「ヨハネ・パウロ二世が去ることに関して、これは新しい意味を帯び
ています。」

ローズリリー「リトル・ペブルは白い服を着ています。ミトラ(司教冠)が
彼の頭上に置かれています。そして彼は牧者の杖を持っています。」

--------------------------------
2005年3月27日 ライラック・フラワーへのビジョン。
--------------------------------
ライラック・フラワー「私は教皇がセプターをリトル・ペブルに渡されたの
に気づきました。」

--------------------------------
2005年3月27日 ゴールデン・ロッドへ。
--------------------------------
主:「あなたがたの指導者、神秘的教皇に従いなさい、あなたがたを導くで
あろう私の代理者に!」

--------------------------------
2005年3月27日 エンジェル・ローズへ。
--------------------------------
聖母:「苦しみは大きなものとなるでしょう。「岩」の側においてのみ、あ
なたは支えられるでしょう。」

--------------------------------
2005年4月4日 カナダの幻視者サンフラワーへの聖母のメッセージ。
--------------------------------
聖母:「教皇ヨハネ・パウロ二世はラザロのように眠っています。わがペト
ロ二世に告げなさい。すべては永遠の御父が計画されている通りになるであ
ろう、と。」

--------------------------------
2005年4月3日 レユニオン島の幻視者ジュリアーノへ。
--------------------------------
聖母:「父と子と聖霊の御名によって、アーメン。私はあなたに挨拶します、
わが愛する配偶者、愛と真理のわがリトル・ペブル、わが悲しめる汚れなき
御心のわがリトル・アブラハム。私はあなたがたに挨拶します、私にとって
非常に愛しい世界中のわが子供たちよ。

 時は非常に困難になっています。なぜなら闇が全地球を次第に覆いつつあ
るからです。あなたがたは心をかたくなにしたり、罪の重荷によってあなた
がたの心を重くしたりしてはなりません。そうではなく、あなたがたは真理
へと至る道を、あなたがたを天国へと導くであろう光の道を、歩まなければ
ならないのです。

 あなたがたは砦を失いました。聖なる教会を支えていた砦、我が愛する
息子、教皇ヨハネ・パウロ二世を。彼が去るべき時が来たのです。泣いては
なりません。うめくのをやめなさい。なぜなら教皇は本当に生きているから
です。彼は母としてのわが心の深奥に隠されています。マリアの悲しめる
汚れなき御心に。私、あなたがたの天の母、償いの聖母は、彼が本当に生き
ているということをあなたがたに保証します。彼は秘密のうちに隠されてい
ます。しかし間もなく彼は隠された場所から出てきて、あなたがたのそばに
戻るでしょう。

 あなたがたは、あなたがたの目の前で繰り広げられている見せ物にしがみ
ついていてはなりません。全く逆に、あなたがたは「時の印」を読み取らな
ければならないのです。なぜならそれらは成就しつつある預言だからです。

 地上に、そして教会に、最も暗い日々が訪れようとしています。大きな雲、
深い闇が、ペトロの座を覆うでしょう。そしてローマは分裂によっておぼれ
ながら信仰を失うでしょう。わが子供たちの多くが我が母の心から歩み去る
でしょう。しかしあなたがた、この言葉を読んでいる者たちよ、あなたがた
は警告を受けているのです。それゆえあなたがたは、あなたがたを腐敗させ
ようと望んでいる反教皇の網にとらえられてはなりません。反教皇に従って
はなりません。彼に聞き従ってはなりません。教皇ヨハネ・パウロ二世に
よって残された秘跡と教えに忠実であり続けなさい。彼は現在安全です。わ
が御心の最深奥の非常に安全な場所において、天使たちの軍勢によって守ら
れています。わが小さきジュリアーノ、私はわが配偶者「リトル・ペブル」
に一つの甘美なメッセージを告げたいと思います。

 父と子と聖霊の御名によって。アーメン。わが小さな「白い岩」よ。私は
あなたの懸念とあなたの悲しみの深さを知っています。しかし私、あなたの
誠実な配偶者は、最終的な勝利が近づいているということをあなたに告げに
来ました。あなたはあなたの敵に打ち勝つでしょう。大いなる愛によって
彼らを祝福しなさい。そしてわが神なる息子イエズスの神聖なる憐れみが
彼らの上に注がれるように祈り求めなさい。私はあなたを愛しています、
親愛なる愛の小さな天使よ。わが悲しめる汚れなき御心の強さに信頼し続け
なさい。強くありなさい、わが「小さな戦士!」、わが「白い殉教者」、
教皇ヨハネ・パウロ二世は最後には戻って来るでしょう。預言されてきた
通りに、あなたを教皇として、世界の指導者として聖別するために。その時
は非常に近いのです。時は尽きつつあります。そしてあなたはわが子供たち
に希望と信仰をもたらし続けなければなりません。

 聖なる教会は深い眠りのうちに沈みつつあります。多くの霊魂たちが信仰
を失うでしょう。聖なる教会は牧者が撃たれたがゆえに迷い、そして群れは
散らされはじめるでしょう。あなたがわが生存者たちを非常に特別な仕方で
助ける時が来たのです。私はあなたを助けます。そしてあなたの手を導くた
めに常にあなたのそばにいるでしょう。あなたは永遠にわたって天によって
計画された最後の教皇です。あなたは人類を真の信仰へ導くことができる
ただ一人の者です。あなたの使命は果たされるでしょう。あなたの大いなる
勝利の後に、あなたは世界中を旅行し始めるでしょう。あなたがどこに行こ
うとも、あなたの目的はすべての心のうちに真理を再び確立することになる
でしょう。裏切りの槍がそこかしこであなたの心を貫くことが続くことにな
ろうとも、あなたの苦しみは私のものであり、そしてあなたの悲しみはより
軽いものになっていくであろうということを知りなさい。私はあなたを我が
愛情で包みます、わがリトル・ペトロ、この地上の最後の教皇よ。私はあな
たに、甘美なる永続的な祝福の芳しい花束を贈ります。わが完全なるそして
真の助祭よ。父と子と聖霊の御名によって、アーメン。

 わが親愛なる子供たちよ、我がマントのもとにとどまりなさい。あなた
がたはそこで守られるでしょう。メッセージに耳を傾けなさい。そして介入
を快く迎えなさい。なぜなら私は憐れみに満ちた者であるからです。私は
あなたがたに優しく接吻し、あなたがたに印の展開を追跡することを求めま
す。それはあなたがたを大警告へと導いていくでしょう。

 わが親愛なる息子、わが小さきジュリアーノ、わが司祭なる石よ。私は
このメッセージを緊急にわが「リトル・ペブル」に伝えることをあなたに
求めます。彼がそれを世界中に伝えることができるように。マリアの御心、
償いの聖母の御心が勝利する時が来たのです。そしてまたこの勝利は、わが
選ばれし三重の契約の預言者ともつながっているのです。私はあなたを祝福
します、わが親愛なる小さな道具よ。そして地上のすべての子供たちよ。あ
らゆる罪人たちの避難所であるわが悲しめる汚れなき御心の愛と力によって。
父と子と聖霊の御名によって。アーメン。

--------------------------------
2005年4月3日 ローズ・オブ・ホーリー・イノセンツへ。
--------------------------------
聖母:「私はあなたに挨拶します。わが小さき「ローズ・オブ・ホーリー・
イノセンツ!」。わが小さな者よ。私は私の愛の言葉を確証するために、そ
してわがリトル・ペトロ・アブラハム二世のためにあなたが私の御心に差し
出した質問に答えるためにここに来ました。

 私はあなたに挨拶します、わが小さな「リトル・ペトロ・アブラハム二世」
わが汚れなき御心のわが小さな天使的牧者、そして三重の契約の預言者よ。
わが甘美なる配偶者よ、進行しているすべてのことによってあなたの心を
煩わせてはなりません。神がすべてを支配なさっていることを思い出しなさ
い。そして神の言葉は変わってはいません。預言されてきたことすべては
成就するでしょう。神の道は人の道とは異なるのです。そして神の最も完全
な計画の理解は常に神秘に取り囲まれているのです。あなたは三重の契約の
預言者であり、神の無限の計画の断片はあなたの手のうちに置かれています。
日々が過ぎていくごとにあなたは、永遠の御父があなたに与えられた美しい
贈り物、三重の契約の贈り物の成就へと近づいているのです。

 わが小さな教皇、ヨハネ・パウロ二世は死なないでしょう。しかし深い
眠りのうちに入るでしょう。教会と世界の目には彼は死んだように見えるで
しょうけれども。永遠の御父の聖心の天使たちが教皇を隠れ家へと連れてい
くでしょう。反教皇を公然と非難し、あなたを教皇として戴冠させる時が来
るまで、彼はそこにとどまるでしょう。この場所は静謐の土地であり、私た
ちの一致したみ心の愛に満ちています。天使たちが彼に付き添うでしょう。
天使たちのみならず数多くの聖人たち、聖なる男女も。聖なるボブは教皇の
そばにいるであろう霊魂たちのうちの一人です。

 わが小さな教皇がいなくなることは、わが子供たちに大いなる不安定をひ
きおこすでしょう。混乱、分裂、疑いが聖にして母なる教会に広がるでしょ
う。そして群れは散らされるでしょう。わが小さな天使的牧者よ、あなたが
この重い十字架を担い、わが信仰深き者たちの心に平和をとりもどさなけれ
ばならないのはこのためなのです。聖ペトロの鍵は今やあなたの手の内にあ
ります。わが小さな天使的牧者よ、なぜなら今やあなたは地上におけるわが
教会を導いていくからです。教皇はあなたが知っているよりもさらにあなた
の近くにいることになるでしょう。彼はあなたを導き続けるでしょう。そし
て次に選出される教皇の支配によって展開されるであろうことに向けてあな
たを準備させるでしょう。

 教皇ヨハネ・パウロ二世に関するすべての預言と啓示は成就され、すべて
のことは起こるでしょう。彼によって現時点において成し遂げられることが
必要とされていたすべてのことは成就されています。私の教義、聖シャーベ
ル修道会の認可、そしてあなたの叙階と聖別の指示はすでに書かれています。
私はわが小さな教皇に、これらの出来事が起こるべき時について指示を与え
ています。信頼し、わが汚れなき御心の愛につかまり続けなさい。

 これは大いなる試練の時となるでしょう。とりわけ、わが恵みの霊魂たち
にとって。わが小さき霊魂たちは今やあなたの側に場所をとらなければなり
ません。私は私があなた、わが小さなペトロ・アブラハム二世、そしてわが
ローズ・オブ・ホーリー・イノセンツ、そして数多くの我が恵みを受けた
霊魂たちに啓示してきたすべてのことを確証するでしょう。疑いと傲慢が
心に入ることを許し、今反応しない者たちは試練を通り抜けることはないで
しょう。そして失われるでしょう。それは彼らが自由になすであろう選択で
す。わが恵みを受けた霊魂たちの多くはあなたから離反しました。そして
彼らへの呼びかけから走り去りました。しかし時は今や訪れたと私は言いま
す。彼らは、神の正義の御手を逃れることはできないでしょう。

 覚えておきなさい、あなたがたは今は奇跡の時に入りつつあります。そし
て多くの印と奇跡が、あなたが三重の契約の預言者であるということを神の
子供たちに対して確証するために与えられるでしょう。次の教皇の支配を
通して、聖にして母なる教会には暗黒の時代がもたらされるでしょう。しか
し神は神の愛と憐れみをあなたを通して照らし下されるでしょう。わが愛す
る配偶者、そしてわが汚れなき心の信仰者よ。

 天はすでに、わが神なる息子の傷を開くことを準備しています。なぜなら
あなたがすでに運んでいる受難は強くなり、あなたはさらに深く苦しむこと
になるでしょうから。わが息子、聖なるグラント・ダフィーの復活は間近に
迫っています。多くの奇跡が、わがローズ・オブ・ホーリー・イノセンツを
通して起こるでしょう。なぜなら彼女はあなたのそばにいてあなたを支え、
三重の契約の贈り物を守るであろうからです。間もなく聖痕を受けた司祭と
修道女が、あなたに連絡を取るでしょう。わが汚れなき心のその他の多くの
恵みを受けた子供たちが、あなたを神の預言者として確認し支持するために、
あなたの道に置かれるでしょう。

--------------------------------
聖トマス・アクィナスの教え。
「対異教徒大全」第3巻154章11節および12節
--------------------------------
「神秘的な啓示によって、預言的恩寵を通して得られる将来の出来事に関す
る予知は全く確実なものである。神の予知が全く確実なものであるように。
実際、神はそれらの原因におけるばかりではなく、それら自体における未来
の出来事も誤ることなく予知していらっしゃるのである。それ故、未来の
出来事について与えられる預言的予知も、同様の完全な確実性をともなって
与えられるのである。またこの確実性が未来の出来事の偶然性と対立するも
のではないということは、神の予知がそれに対立しないのと全く同様である。

 しかしながら、いくつかの将来の出来事は時として、預言者に対してそれ
ら自体における限りにおいてではなくそれらの原因に於ける限りにおいて
啓示されることがある。その場合においては、もしこれらの原因がそれらの
結果を引き起こすことを阻止されたならば、予告された予言が修正されるこ
とを妨げるものは何もない。かくしてイザヤはエゼキヤに「あなたの家を
整えよ。なぜならあなたは死に、そして生きないであろうから」と予言した。
(イザヤ38:1)しかし彼は健康を取り戻した。そして預言者ヨナは
「四十日後、ニネヴェは滅ぼされるであろう」と予言した。(ヨナ3:4)
しかしそれは実現しなかったのである。

 なぜなら、預言的啓示は時として与えられた原因に基づいて結果へと成就
するのであるが、また同時にあるいは後になって、同じ預言者に対して、
未来の出来事についてそれがどのように修正されるかということに関する
啓示がなされることもある。例えば、エゼキヤの回復はイザヤに啓示された。
(38:5)そしてニネヴェの救いもヨナに啓示された(ヨナ4:5)。」


(サイン)

 リトル・ペトロ・アブラハム二世
 リトル・ペブル



----------------------------------------------------------------
2. 153本の聖ヨゼフの百合
----------------------------------------------------------------
【 第108章 】

 「潜心」というローマ・カトリックの専門用語があります。潜心するとい
うことは心を落ち着け、集中しやすい、または集中した状態に保つことを
いいます。心の集中の反対は心の散漫です。「内的生活」をつくり、深める
ためには、心の散漫を避け、潜心と心の落ち着きを大切にするのが役に立ち
ます。人間は霊魂と肉体は影響しあっていますから、心の落ち着きを保つに
は、動作も落ち着いていなければなりません。コルベ神父様は修道士たちに、
階段を駆け上がったり、2段ずつ昇ったりしてはいけないと教えていました。
それは修道士にふさわしくないと言っていました。なぜならコルベ神父様は
「内的生活」を大切にしており、修道士たちを「内的生活」を深めるように
導いていたからです。

 「潜心」は「心の落ち着き」よりもさらに強い集中を伴っている状態です。
まなざしは完全に心に、つまり内側に向かっています。外の世界に意識がほ
とんど向いていないので、目は開けて見ており、耳も聞こえていますが、目
に映るもの、耳に聞こえるものなど五感を通して入ってくる情報には気がつ
きにくくなっています。皆さんが深く考え込んでいるときの状態に似ていま
す。人に何度か呼ばれてから、ハッと気がつくというような時の状態にです。

 「潜心」というのは訓練してできるようにするものなのです。外からは
不活発な人、または不活発な状態に見えますが、逆に「潜心」というものは
心を能動的に働かせることができるようになればなるほどできるようになる
のです。ですから間違って座禅のような「考えない」訓練をしてはいけませ
んよ。また、オカルト的なもの、ロウソクを見つめるとか、ゆれる振り子を
使うとか、脳のなんとか波を測定するとか、自律神経の訓練とかは絶対にし
てはいけません。もし今やっている人がいれば、ただちにやめてください。
これらはますます洗脳されやすい受身な心の働き方に陥らせるのですから、
悪魔のえじきになることうけあいです。そうではなく心に愛の思いを満たし
つつ、神に関することを思い巡らす黙想や、外的な動作や話し方、態度の
落ち着きの実行で、しだいにできるようにするものなのです。素晴らしいこ
とですが、しかしこれは手段です。目的にしてはいけません。「内的生活」
をつくり、深めるための手段のうちのひとつであり、どうしても不可欠なも
のではありません。あなたが自分の助けになると思うのなら、どうぞ役立て
てください。



----------------------------------------------------------------
3.反キリスト、ロード・マイトレイヤについての警告
----------------------------------------------------------------
イエズス様からの警告 1996年6月1日 No.242

 祈れ、罪なくして自分の命をささげねばならない者たち、自分の血を流さ
なければならない者たちのために祈れ。ポーランドのために。私の甘美な
子らよ。なぜなら、もう一度、この国にロシアが入っていくのだから。祈れ、
韓国と北朝鮮のために。なぜなら、南は北によって、あっという間の一撃で
侵略されるのだから。祈れ、カナダのために。私の甘美な子らよ。なぜなら、
今は平和があるように見えても、この平和の基礎をなすものは裏切られ、
分裂が起こり、たくさんの血が流れるだろうから。

 私が、私のいとも聖なる母とともに今晩やってきたのは、これがためなの
だ。世界が危機におちいっているからであり、反キリストの時が来たからな
のだ!

 反キリストの支配は3段階がある。私の甘美な子らよ、一つは霊の段階で、
すでに始まっており、今がそうだ。もう一つは肉体の段階で、それが始まっ
た。そしてもう一つがにせの復活の段階で、やがて来る。おまえたちには
近いうちにこの神秘がわかるだろう。なぜなら反キリストは多くの人をだま
し、彼の支持者の上に彼の印をつけるだろうから。しかし、ひとたび私が、
私はの真理の光とともにやってくると、反キリストは一時のあいだ殺される
であろう。



----------------------------------------------------------------
4.お知らせ
----------------------------------------------------------------

◆ 東京方面に住んでおられるリトル・ペブルさんの支持者の皆さん。東京
 方面で定期的に、ジャン・マリー神父をお招きしてミサを行っています。
 東京方面にお住まいの方で、参加を希望される方は下記までご連絡下さい。

  聖シャーベル修道会
  「秋田・天草そして全ての日本の殉教者共同体」

  〒467-0014
  名古屋市瑞穂区白羽根町2-33-3
  tel: 052-851-8584

  〒448-0846
  刈谷市寺横町2-82-3
  tel: 0566-29-2805


◆ マリア !

 単純、素朴、でも神秘的な音楽にロマンチックにひたってみませんか?
 中世ヨーロッパ音楽の華、グレゴリオ聖歌での荘厳なミサと茶話会。

  マリア様が好きな人
  音楽が好きな人
  おやつが好きな人
  おしゃべりが好きな人  集まろう!
  飲み物、おやつ、弁当、持ち込みOK (^_^)v

 学校では味わえない事も味わえるかも。
 新しい友だちもいっぱいできるよ。友だちとさそいあって来てね。

 日曜日は会場周辺の食堂、コンビニ、お店はやってないので気をつけてね。


  会の名称 : グレゴリオ聖歌研究会
  日 時  : 5月8日 日曜日 10:00 〜 16:30
  場 所  : 大阪市立 中央区民センター 第3会議室(3階)


◆ 名古屋の共同体、「秋田、天草、そして全ての日本の殉教者たちの聖母」
 共同体(OUR LADY OF AKITA AND AMAKUSA AND THE MARTYRS OF JAPAN )
 において、トリエント典礼ミサがたっています。あずかりたい方は下記ま
 で連絡してください。

   〒467-0014 
   名古屋市瑞穂区白羽根町2-33-3
   Rongin-Marie馬場勝吉
   tel 052-851-8584


◆ 洗礼を希望する方は申し出てください。ローマ・ カトリック使徒教会
 の昔からの教えを全て固く信じ、現代主義の異端を決して受け入れないこ
 と。他の宗教の教えをことごとく捨て去ること。この固い決心があるなら、
 準備が不十分でも洗礼を授けます。

 準備としては、私たちの4冊の本と、マリア・ワルトルタ著の十巻の本
 を全て読んでください。受洗後に読む場合、読む約束をしてください。

 「153本のマリアさまのバラ」「153本の聖ヨゼフの百合」
 「聖シャーベル修道会の会則会憲」「メッセージ集」

   ■箱舟の聖母社
    〒540-0004
    大阪市中央区玉造1-4-14
    郵便振替 00840-3-132438

 マリア・ワルトルタ著、フェデリコ・バルバロ訳編の「マグダラのマリア」
 「聖母マリアの詩(上)(下)」「イエズスの受難」「イエズスに出会っ
 た人々(一)(二)(三)」「イエズス − たそがれの日々」「受難の
 前日」「復活」の10冊、それぞれ3000円前後です。

   ■あかし書房
    〒166
    東京都杉並区成田西3-9-22
    電話:03-3313-4014 FAX:03-3311-9359
    郵便振替:00110-6-111231


◆ 私たちはリトル・ペブルさんの本、「THE LITTLE PEBBLE - THE LAST
 POPE」日本語版について、2001年11月17日に翻訳と出版の権利を
 リトル・ペブルさんからいただきました。すでに第3巻までの翻訳はでき
 ています。しかし、この重要な本を世に送り出すための出版費用が私たち
 には全くありません。そこで、皆さまにお願いです。どうか皆様のご寄付
 によって、このマリア様のお仕事を支えていただけないでしょうか。利益
 の10%はリトル・ペブルさんにもどり、彼のミッションを支えます。
 ご寄付は、「「最後の教皇」出版のための寄付」と明記して、現金書留か
 郵便振替にて下記までお願いします。

  〒540−0004
  大阪市中央区玉造1−4−14
  箱舟の聖母社
  郵便振替 00840−3−132438


◆「天からのメッセージ」に版権はありません。天はできるだけ多くの人々
 がメッセージを読むことをお望みです。どうぞ友人知人に「天からのメッ
 セージ」を伝えて下さい。コピーして配布して下さい。

◆ 皆様からのご質問、ご感想をお待ちしております。関連情報をお持ちで
 したらお寄せ下さい。
 
◆ 次回「箱舟の聖母」は4月17日頃、発行を予定しています。



----------------------------------------------------------------
編集・発行:聖シャーベル修道会
スタッフ :Father Jean-Marie of the Risen Son of God(復活された
      神の子のジャン・マリー司祭)  Kolbe-Marie阿部哲朗
      Rongin-Marie馬場勝吉 Francois-Marie丸山幸一
----------------------------------------------------------------
お申込み、ご質問、ご感想は下記までお願いします。

  〒540−0004
   大阪市中央区玉造1−4−14
   聖シャーベル修道会

  E-mail : charbeljapan@nifty.ne.jp

 お申し込みはEメール版は3千円、郵送版は一万円を目安に、一年分のご
寄付をお願いします(商契約ではありません)。こうするのは、読者の皆さ
んにも「受けるだけの人」のままでいるのではなく、自発的な献金と、友人
知人にコピーをわたす伝道を通して「よろこんで与える人」となり、神様の
祝福をもっと得ていただきたいからです。「よろこんで与える者を神は愛さ
れる」、これが私たちの宣教事業の基本理念です。
----------------------------------------------------------------
%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%1%%

(C)日本における「聖シャーベル修道会の共同体」
      設立の促進と援助のための事務所
 http://homepage1.nifty.com/charbeljapan/index.htm
    E-mail : charbeljapan@nifty.ne.jp

%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%0%%




[HOME] [戻る]