「箱舟の聖母」バックナンバー
2005年3月20日号No.245

 マリア様を喜ばせましょう。マリア様はあなたの小さな奉仕にも大きな恵みで報いて下さいます。あなたが愛する人の救いのために「箱舟の聖母」を役立ててください。「箱舟の聖母」は宣教誌です。購読しコピーし身近な人にわたすなら、あとはマリア様ご自身が働いて下さいます。そしてあなたの購読料はマリア様の事業を支えます。あなたのマリア様に対する奉仕を神様は永遠に忘れません。

 お申し込みはEメール版は3千円、郵送版は一万円を目安に一年分のご寄付をお願いします(商契約ではありません)。こうするのは、読者の皆さんにも「受けるだけの人」のままでいるのではなく、自発的な献金と、友人知人にコピーをわたす伝道を通して「よろこんで与える人」となり、神様の祝福をもっと得ていただきたいからです。「よろこんで与える者を神は愛される」、これが私たちの宣教事業の基本理念です。

◆マテオによる聖福音10章27節
「私がやみの中で言うことを、あなたたちは明るみで言え。耳をあてて聞くことを、屋根の上から知らせよ」

◆マテオによる聖福音10章42節
「この小さい者の一人に、弟子として冷や水の一杯でも与える人があったなら、まことに私は言う。その人は報いを失わぬ」


ご注意
■ お申し込みは下記住所宛にEメール版は3千円、郵送版は一万円を目安に一年分のご寄付をお願いします(商行為でも契約でもありません)。  〒540−0004 大阪市中央区玉造1−4−14 箱舟の聖母社
■ トラブルを避けるために、必ずご本人様でお申し込み下さい。いかなる理由でも、ご送金後の返金はできません。お申し込みから登録まで2週間程度かかりますので、あしからずご了承下さい。
■ 本誌読者=「聖シャーベル修道会会員」ではありません。どのような立場の方でも歓迎いたします。
■ これを用いてマリア様の事業を攻撃する人には送付を打ち切ります。また災害・戦争など、やむを得ない事情の際も送付いたしませんが、ご了承ください。


%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%0%%

        「 箱 舟 の 聖 母 」

       2005年3月20日号 No.245

   毎週1回発行:Eメール版 年間3,000円(ご寄付)
          郵送版  年間10,000円(ご寄付)
  http://homepage1.nifty.com/charbeljapan/index.htm
      E-mail : charbeljapan@nifty.ne.jp
       ( 等幅フォントでご覧下さい!)
%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%3%%
----------------------------------------------------------------
    箱舟の聖母、
       我らが御母聖マリア、
         キリスト信者の扶(たす)け
----------------------------------------------------------------
 マリア様を喜ばせましょう。マリア様はあなたの小さな奉仕にも大きな恵
みで報いて下さいます。あなたが愛する人の救いのために「箱舟の聖母」を
役立ててください。「箱舟の聖母」は宣教誌です。購読しコピーし身近な人
にわたすなら、あとは マリア様ご自身が働いて下さいます。そしてあなたの
ご寄付はマリア様の事業を支えます。あなたのマリア様に対する奉仕を神様
は永遠に忘れません。
----------------------------------------------------------------

◆今週号の目次

 2.153本の聖ヨゼフの百合
 3.反キリスト、ロード・マイトレイヤについての警告
 4.お知らせ



----------------------------------------------------------------
2. 153本の聖ヨゼフの百合
----------------------------------------------------------------
【 第105章 】

 世の中の高貴な人は自分の尊厳を示す手段として、庶民とは違う服装と
立居振舞を用います。ところで霊魂の尊厳は、神に愛され、イエズスの貴い
御血によって贖われていることに由来します。霊魂がそのことを絶えず忘れ
ないという、記憶を用いた方法で「内的生活」をつくり、深める人もいます。
この方法は、絶えず感謝の思いを神にささげることを可能にさせます。

 どれほどの価をイエズスが払って下さって、悪魔の奴隷になっていたあな
たを買い戻してくださったかを考えたことはありますか? あなたは一円た
りとも払っていないわけで、イエズスは全額を、それも無限の額を神の無限
の苦しみでもってあなたの代わりに御父に払ってくださったのです。それで
あなたの霊魂に支払われた価が、あなたの霊魂が持っている尊厳です。

 記憶という霊魂の能力を「内的生活」をつくり、深めるのに利用する人
には、服装と立居振舞が役に立ちます。服装と立居振舞を尊厳あるものにす
ることで、自分の霊魂の尊厳のもととなっている神の愛と贖いを思い出すこ
とができるからです。

 皆さんの普段着はジーンズにTシャツですね。トレーニングウエアですか?
とにかく動きやすいもののはずです。薄くなる。短くなる。身体に密着する
という流れで服装は変化してきましたね。着ているものはもう邪魔になるよ
うなことはありませんね。ところが修道服は厚く、ぶかぶかで長いものなの
です。おまけにカプチウム(フード)やヴェールが肩の回りにあるし、スカ
プラリオ(のぼりのような布)は前後に足元までたれているし、チングルム
(なわの帯)のたれとロザリオが左右に腰から長くたれているし、そでは
長く、そで口がばかに広いし、もう「じゃま」の塊のようなものなのです。
いすに座るのも、ひざまずくのも、階段を登るのも、降りるのも、手を伸ば
すのも、食卓のものをとるのも、何をするにもどこかが邪魔になって、押さ
えたり、つまんで引き上げたあり、脇によけたりと、その都度やらなければ
なりません。動きもゆっくりと落ち着いて動かなければなりません。それで
修道服を着ている間は普段と全く立居振舞が違っています。しかし、それは
まさに高貴な尊厳ある人のような立居振舞になっているのです。便利ではな
く不便の極みというべき服ですが、意外な効果を持った服です。

 マリア様が女性にはご自分のような服、いわば修道服のような服を着なさ
いとおっしゃっていますね。男性にも、透けない、ゆったりした長い服を着
るようにおっしゃっていますね。その服装と、その服装なりの立居振舞は、
それを意識的に自分の霊魂の尊厳のしるしとして着、行なうなら、ちょうど
修道者が神への自分の奉献を示し、また、絶えず意識するようにと修道服を
着るのですが、そのようにあなたの記憶が神に関することをしばしば思い出
すのを大いに助けてくれ、「内的生活」をつくり、深めるのに役立つのです。



----------------------------------------------------------------
3.反キリスト、ロード・マイトレイヤについての警告
----------------------------------------------------------------
マリア様からの警告 1996年5月30日 NO.239

 貴い息子、真理の小さな岩よ、汚れなき御心から、あなたに挨拶します。
神である私の息子イエズスと、あなたの守護の天使、聖メノロウティスを
通して今朝あなたが受けたことは真実であると知るように望んでいます。今
は、邪悪な者の力に関して多くのことが啓示され、邪悪な者がどのようにし
て人類を統制し、片意地な子供たちを奴隷状態に置くかについて啓示される
時です。

 啓示されるすべてのことは、私たちから離れてしまった子供たちさえも
警告され、準備するように、知らされなければなりません。今年はまさに、
反キリスト・マイトレーヤの力と影響の及ぶ始まりの年だからです。子供た
ちは、マジックのトリックという見せかけの下に大衆をばかにする魔術の力
を使う者たちについても知らなければなりません。甘美なる子供たちよ、こ
れは、肉体の目と精神にとっては単なる幻想ですが、実際には、サタンと、
その預言者の力によってすべてが為されているのです。

 甘美なる子供たちよ、用心しなさい。脇へそれてしまってはなりません。
サタンと反キリストは私たちの子供たちを、神の選ばれた者たちさえも欺こ
うとして、自分たちの終わりの時の使徒たちを世界に遣わしているからです。
ですから、準秘跡を身に付けることが、そしてデイビッド・カッパーフィー
ルド、シグフライド、サイババ、サン・オブ・サンダー、アロウ、アレキサ
ンドラなど魔術の力を使う者のライブショーに行って好奇心の虜にならない
ようにすることが、とても重要で大切なのです。それらは、トリックではな
く、その力はサタンから与えられているからです。

 甘美なる子供たちよ、心を煩わせないようにしなさい。神は聖なる天使を
通してあなたたちを守られるでしょう。子供たちよ、666が地上を歩いて
いること、それはサタンが人間として、反キリスト・マイトレーヤとして
受肉していることを意味しますが、そのことを今、理解しなければなりま
せん。リトル・ペトロよ、あなたは緊急に、この情報を世界に送らなければ
なりません。



----------------------------------------------------------------
4.お知らせ
----------------------------------------------------------------
◆ 東京方面に住んでおられるリトル・ペブルさんの支持者の皆さん。東京
 方面で定期的に、ジャン・マリー神父をお招きしてミサを行っています。
 東京方面にお住まいの方で、参加を希望される方は下記までご連絡下さい。

  聖シャーベル修道会
  「秋田・天草そして全ての日本の殉教者共同体」

  〒467-0014
  名古屋市瑞穂区白羽根町2-33-3
  tel: 052-851-8584

  〒448-0846
  刈谷市寺横町2-82-3
  tel: 0566-29-2805


◆ マリア !
  神様からの大きな励ましがありましたよ。とうとう教皇ヨハネ・パウロ
 2世がリトル・ペブルさんと11人に会いに来るようにとお求めになりま
 した。近々、リトル・ペブルさんは彼らを連れて教皇様のもとに行きます。

 いよいよ新しい段階に入ります。さあ、元気をだしましょう!

  マリア様が好きな人
  音楽が好きな人
  おやつが好きな人
  おしゃべりが好きな人  集まろう!
  飲み物、おやつ、弁当、持ち込みOK (^_^)v

 単純、素朴、でも神秘的な音楽にロマンチックにひたってみませんか?
 中世ヨーロッパ音楽の華、グレゴリオ聖歌での荘厳なミサと茶話会。

 学校では味わえない事も味わえるかも。
 新しい友だちもいっぱいできるよ。友だちとさそいあって来てね。

 日曜日は会場周辺の食堂、コンビニ、お店はやってないので気をつけてね。


  会の名称 : グレゴリオ聖歌研究会
  日 時  : 4月3日 日曜日 10:00 〜 16:30
  場 所  : 大阪市立 中央区民センター 第3会議室(3階)


◆ 名古屋の共同体、「秋田、天草、そして全ての日本の殉教者たちの聖母」
 共同体(OUR LADY OF AKITA AND AMAKUSA AND THE MARTYRS OF JAPAN )
 において、トリエント典礼ミサがたっています。あずかりたい方は下記ま
 で連絡してください。

   〒467-0014 
   名古屋市瑞穂区白羽根町2-33-3
   Rongin-Marie馬場勝吉
   tel 052-851-8584


◆ 洗礼を希望する方は申し出てください。ローマ・ カトリック使徒教会
 の昔からの教えを全て固く信じ、現代主義の異端を決して受け入れないこ
 と。他の宗教の教えをことごとく捨て去ること。この固い決心があるなら、
 準備が不十分でも洗礼を授けます。

 準備としては、私たちの4冊の本と、マリア・ワルトルタ著の十巻の本
 を全て読んでください。受洗後に読む場合、読む約束をしてください。

 「153本のマリアさまのバラ」「153本の聖ヨゼフの百合」
 「聖シャーベル修道会の会則会憲」「メッセージ集」

   ■箱舟の聖母社
    〒540-0004
    大阪市中央区玉造1-4-14
    郵便振替 00840-3-132438

 マリア・ワルトルタ著、フェデリコ・バルバロ訳編の「マグダラのマリア」
 「聖母マリアの詩(上)(下)」「イエズスの受難」「イエズスに出会っ
 た人々(一)(二)(三)」「イエズス − たそがれの日々」「受難の
 前日」「復活」の10冊、それぞれ3000円前後です。

   ■あかし書房
    〒166
    東京都杉並区成田西3-9-22
    電話:03-3313-4014 FAX:03-3311-9359
    郵便振替:00110-6-111231


◆ 私たちはリトル・ペブルさんの本、「THE LITTLE PEBBLE - THE LAST
 POPE」日本語版について、2001年11月17日に翻訳と出版の権利を
 リトル・ペブルさんからいただきました。すでに第3巻までの翻訳はでき
 ています。しかし、この重要な本を世に送り出すための出版費用が私たち
 には全くありません。そこで、皆さまにお願いです。どうか皆様のご寄付
 によって、このマリア様のお仕事を支えていただけないでしょうか。利益
 の10%はリトル・ペブルさんにもどり、彼のミッションを支えます。
 ご寄付は、「「最後の教皇」出版のための寄付」と明記して、現金書留か
 郵便振替にて下記までお願いします。

  〒540−0004
  大阪市中央区玉造1−4−14
  箱舟の聖母社
  郵便振替 00840−3−132438


◆「天からのメッセージ」に版権はありません。天はできるだけ多くの人々
 がメッセージを読むことをお望みです。どうぞ友人知人に「天からのメッ
 セージ」を伝えて下さい。コピーして配布して下さい。

◆ 編集室では、メッセージの翻訳ボランティアを募集しています。できる
 なら、カトリック信者で専門用語に強い方を希望しています。

◆ 皆様からのご質問、ご感想をお待ちしております。関連情報をお持ちで
 したらお寄せ下さい。
 
◆ 次回「箱舟の聖母」は3月27日頃、発行を予定しています。



----------------------------------------------------------------
編集・発行:聖シャーベル修道会
スタッフ :Father Jean-Marie of the Risen Son of God(復活された
      神の子のジャン・マリー司祭)  Kolbe-Marie阿部哲朗
      Rongin-Marie馬場勝吉 Francois-Marie丸山幸一
----------------------------------------------------------------
お申込み、ご質問、ご感想は下記までお願いします。

  〒540−0004
   大阪市中央区玉造1−4−14
   聖シャーベル修道会

  E-mail : charbeljapan@nifty.ne.jp

 お申し込みはEメール版は3千円、郵送版は一万円を目安に、一年分のご
寄付をお願いします(商契約ではありません)。こうするのは、読者の皆さ
んにも「受けるだけの人」のままでいるのではなく、自発的な献金と、友人
知人にコピーをわたす伝道を通して「よろこんで与える人」となり、神様の
祝福をもっと得ていただきたいからです。「よろこんで与える者を神は愛さ
れる」、これが私たちの宣教事業の基本理念です。
----------------------------------------------------------------
%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%2%%

(C)日本における「聖シャーベル修道会の共同体」
      設立の促進と援助のための事務所
 http://homepage1.nifty.com/charbeljapan/index.htm
    E-mail : charbeljapan@nifty.ne.jp

%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%0%%




[HOME] [戻る]