「箱舟の聖母」バックナンバー
2005年3月13日号No.244

 マリア様を喜ばせましょう。マリア様はあなたの小さな奉仕にも大きな恵みで報いて下さいます。あなたが愛する人の救いのために「箱舟の聖母」を役立ててください。「箱舟の聖母」は宣教誌です。購読しコピーし身近な人にわたすなら、あとはマリア様ご自身が働いて下さいます。そしてあなたの購読料はマリア様の事業を支えます。あなたのマリア様に対する奉仕を神様は永遠に忘れません。

 お申し込みはEメール版は3千円、郵送版は一万円を目安に一年分のご寄付をお願いします(商契約ではありません)。こうするのは、読者の皆さんにも「受けるだけの人」のままでいるのではなく、自発的な献金と、友人知人にコピーをわたす伝道を通して「よろこんで与える人」となり、神様の祝福をもっと得ていただきたいからです。「よろこんで与える者を神は愛される」、これが私たちの宣教事業の基本理念です。

◆マテオによる聖福音10章27節
「私がやみの中で言うことを、あなたたちは明るみで言え。耳をあてて聞くことを、屋根の上から知らせよ」

◆マテオによる聖福音10章42節
「この小さい者の一人に、弟子として冷や水の一杯でも与える人があったなら、まことに私は言う。その人は報いを失わぬ」


ご注意
■ お申し込みは下記住所宛にEメール版は3千円、郵送版は一万円を目安に一年分のご寄付をお願いします(商行為でも契約でもありません)。  〒540−0004 大阪市中央区玉造1−4−14 箱舟の聖母社
■ トラブルを避けるために、必ずご本人様でお申し込み下さい。いかなる理由でも、ご送金後の返金はできません。お申し込みから登録まで2週間程度かかりますので、あしからずご了承下さい。
■ 本誌読者=「聖シャーベル修道会会員」ではありません。どのような立場の方でも歓迎いたします。
■ これを用いてマリア様の事業を攻撃する人には送付を打ち切ります。また災害・戦争など、やむを得ない事情の際も送付いたしませんが、ご了承ください。


%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%0%%

        「 箱 舟 の 聖 母 」

       2005年3月13日号 No.244

   毎週1回発行:Eメール版 年間3,000円(ご寄付)
          郵送版  年間10,000円(ご寄付)
  http://homepage1.nifty.com/charbeljapan/index.htm
      E-mail : charbeljapan@nifty.ne.jp
       ( 等幅フォントでご覧下さい!)
%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%3%%
----------------------------------------------------------------
    箱舟の聖母、
       我らが御母聖マリア、
         キリスト信者の扶(たす)け
----------------------------------------------------------------
 マリア様を喜ばせましょう。マリア様はあなたの小さな奉仕にも大きな恵
みで報いて下さいます。あなたが愛する人の救いのために「箱舟の聖母」を
役立ててください。「箱舟の聖母」は宣教誌です。購読しコピーし身近な人
にわたすなら、あとは マリア様ご自身が働いて下さいます。そしてあなたの
ご寄付はマリア様の事業を支えます。あなたのマリア様に対する奉仕を神様
は永遠に忘れません。
----------------------------------------------------------------

◆今週号の目次

 1.153本の聖ヨゼフの百合
 2.反キリスト、ロード・マイトレイヤについての警告
 3.お知らせ


----------------------------------------------------------------
1. 153本の聖ヨゼフの百合
----------------------------------------------------------------
【 第104章 】

 「内的生活」をつくり、深めるのに「つつしみ」が役に立ちます。さて、
みなさんは今、どんな意味にこの「つつしみ」という言葉をとりましたか?
控えめな態度とか、しとやかな服装とかでしょうか? 「つつしみ」という
言葉はローマ・カトリックで用いる場合、世間一般での意味と少し異なり、
抑制することを言います。「五感をつつしむ」と用いれば、見ること、聞く
こと、味わうこと、嗅ぐこと、感触を楽しむことにおいて、それぞれにブ
レーキをかけ、自分に満喫させないことを意味します。あらゆることにこの
「つつしみ」を実行すると、その人の生き方は中庸なものになります。これ
は聖徳のひとつです。

 「つつしむ」ことの反対は、もし極端に全くつつしまないなら、「ふける」
ことです。小さいときから何らかの「つつしみ」を、つまり抑制の訓練をし
ない人は、実際大人になると、いろんなことに「ふける」ことになりやすい
のです。有名な例としては聖アウグスティヌスの母、聖モニカの話しがあり
ます。小さいころ聖モニカは水を飲みたいだけ飲むことを少し我慢するよう
に指導されましたが、実行しませんでした。「つつしみ」の訓練をしなかっ
た彼女は、大人になってお嫁に行ってから、ぶどう酒にふけってしまったの
です。隠れて飲んでいたのですが、結局お手伝いさんたちが皆、陰であざ
笑っているのを知ったとき、不名誉に耐えられず、やっとこの悪習から抜け
出すことができました。そして小さいころに「つつしみ」を実行しなかった
ことを悔やみました。この例でわかるように「つつしみ」の実行は、霊魂を
鍛えて、強くします。強い霊魂は誘惑をはねのけます。

 「内的生活」を作り、深めることは、すなわち意識をこの世に向けっぱな
しにさせようとする誘惑をはねのけ続けることですから、この点で「つつし
み」は「内的生活」に役立つのです。しかしそれだけではありません。あら
ゆることを「つつしむ」ことで、霊魂はこの世のことに巻き込まれずにすみ
ます。例えば好奇心そのものをつつしむ。口をつつしみ、口出しを控える。
目をつつしんで悪いもの、刺激的なものを見ないなどなど、「つつしみ」は
「内的生活」を邪魔する多くのことから直接霊魂を守ってくれます。

 子供のころ、親からは「我慢しなさい」としょっちゅう言われました。
神父様からは「犠牲にしなさい」とよく言われました。若い皆さんはその
ようには育っておらず、「つつしみ」の実行を子供のころにしていません。
ですから今から始めましょう。遅すぎることはありません。聖モニカはあの
不名誉な出来事のあとから「つつしみ」の実行をはじめ、自分は聖人になり、
息子も大聖人にしてしまったのですから。



----------------------------------------------------------------
2.反キリスト、ロード・マイトレイヤについての警告
----------------------------------------------------------------
聖メノロウティスからの警告 1996年5月30日 No.238

リトル・ペブル:
 今朝、ソーンブッシュのメッセージと、反キリストに関して、その誕生日
が6.6.66であることについて私が尋ねた質問についてソーンブッシュ
を通して受け取った答え(聖母が確認なさいました)を読んだ後で、私の
守護の天使、聖メノロウティスが私に語り、とても多くのことを啓示してく
れました。御聖体の前で朝の祈りをしている間に、イエズス様が私に話しか
けられ、啓示されたすべてのことを確認してくださいました。イエズス様は、
もし私が望むなら、聖なる御母に次回会うとき、御母に質問ができるとおっ
しゃいました。以下は私の守護の天使が啓示したことです。

聖メノロウティス:
 反キリストが1966年6月6日に生まれ、今年30歳になることは本当
です。このため、イエズス様とマリア様は1995年末に、1996年は
獣の年であり、イエズス様が30歳になったとき公生活を始められたよう
に反キリストも今年1996年6月に公の使命を始めること、実際に3年半
に及ぶ反キリストの肉体をもった公生活は1996年6月6日に始まり、
1999年12月28日の大警告をもって終わることを話されたのです。
それゆえ、2000年という年は預言としては書かれていません。

 大警告後、真理を信じるために、すべての人に光が見られるでしょう。
そして肉体をもった反キリストは、警告の時から、第2の聖霊降臨となる
大奇跡の時まで、死に渡されます。その後、イエズス様が栄光の体に復活な
さったように、反キリストも肉体をもって再び目に見えるようになり、キリ
スト信者の迫害を開始し、世界を統治します。これは、新しい時で測って
40年続きます。この新しい時の40年は今の時の40年とは違っていて、
キリストが昇天なさる前に地上を歩いておられた40日に相当します。この
期間の終わり。イエズス様の第2の来臨の前、世界の大懲罰の前に、反キリ
スト・マイトレーヤはイエズス様と同じように、天に昇ろうとするでしょう。
ガラパンダルの大奇跡の間、2人の偉大な預言者、エノクとエリアが地上に
来るでしょう。

--------------------------------

「私、リトル・ペブルが教皇として支配し、聖なるニューエラに入るのは、
反キリストの40年の間です。この40年は約束の地に入る前の砂漠におけ
るモーゼの「象徴的」な年です。警告は、紅海のような、光の洗礼なのです」

リトル・ペブル



----------------------------------------------------------------
3.お知らせ
----------------------------------------------------------------
◆ 東京方面に住んでおられるリトル・ペブルさんの支持者の皆さん。東京
 方面で定期的に、ジャン・マリー神父をお招きしてミサを行っています。
 東京方面にお住まいの方で、参加を希望される方は下記までご連絡下さい。

  聖シャーベル修道会
  「秋田・天草そして全ての日本の殉教者共同体」

  〒467-0014
  名古屋市瑞穂区白羽根町2-33-3
  tel: 052-851-8584

  〒448-0846
  刈谷市寺横町2-82-3
  tel: 0566-29-2805


◆ マリア !
  神様からの大きな励ましがありましたよ。とうとう教皇ヨハネ・パウロ
 2世がリトル・ペブルさんと11人に会いに来るようにとお求めになりま
 した。近々、リトル・ペブルさんは彼らを連れて教皇様のもとに行きます。

 いよいよ新しい段階に入ります。さあ、元気をだしましょう!

  マリア様が好きな人
  音楽が好きな人
  おやつが好きな人
  おしゃべりが好きな人  集まろう!
  飲み物、おやつ、弁当、持ち込みOK (^_^)v

 単純、素朴、でも神秘的な音楽にロマンチックにひたってみませんか?
 中世ヨーロッパ音楽の華、グレゴリオ聖歌での荘厳なミサと茶話会。

 学校では味わえない事も味わえるかも。
 新しい友だちもいっぱいできるよ。友だちとさそいあって来てね。

 日曜日は会場周辺の食堂、コンビニ、お店はやってないので気をつけてね。


  会の名称 : グレゴリオ聖歌研究会
  日 時  : 4月3日 日曜日 10:00 〜 16:30
  場 所  : 大阪市立 中央区民センター 第3会議室(3階)


◆ 名古屋の共同体、「秋田、天草、そして全ての日本の殉教者たちの聖母」
 共同体(OUR LADY OF AKITA AND AMAKUSA AND THE MARTYRS OF JAPAN )
 において、トリエント典礼ミサがたっています。あずかりたい方は下記ま
 で連絡してください。

   〒467-0014 
   名古屋市瑞穂区白羽根町2-33-3
   Rongin-Marie馬場勝吉
   tel 052-851-8584


◆ 洗礼を希望する方は申し出てください。ローマ・ カトリック使徒教会
 の昔からの教えを全て固く信じ、現代主義の異端を決して受け入れないこ
 と。他の宗教の教えをことごとく捨て去ること。この固い決心があるなら、
 準備が不十分でも洗礼を授けます。

 準備としては、私たちの4冊の本と、マリア・ワルトルタ著の十巻の本
 を全て読んでください。受洗後に読む場合、読む約束をしてください。

 「153本のマリアさまのバラ」「153本の聖ヨゼフの百合」
 「聖シャーベル修道会の会則会憲」「メッセージ集」

   ■箱舟の聖母社
    〒540-0004
    大阪市中央区玉造1-4-14
    郵便振替 00840-3-132438

 マリア・ワルトルタ著、フェデリコ・バルバロ訳編の「マグダラのマリア」
 「聖母マリアの詩(上)(下)」「イエズスの受難」「イエズスに出会っ
 た人々(一)(二)(三)」「イエズス − たそがれの日々」「受難の
 前日」「復活」の10冊、それぞれ3000円前後です。

   ■あかし書房
    〒166
    東京都杉並区成田西3-9-22
    電話:03-3313-4014 FAX:03-3311-9359
    郵便振替:00110-6-111231


◆ 私たちはリトル・ペブルさんの本、「THE LITTLE PEBBLE - THE LAST
 POPE」日本語版について、2001年11月17日に翻訳と出版の権利を
 リトル・ペブルさんからいただきました。すでに第3巻までの翻訳はでき
 ています。しかし、この重要な本を世に送り出すための出版費用が私たち
 には全くありません。そこで、皆さまにお願いです。どうか皆様のご寄付
 によって、このマリア様のお仕事を支えていただけないでしょうか。利益
 の10%はリトル・ペブルさんにもどり、彼のミッションを支えます。
 ご寄付は、「「最後の教皇」出版のための寄付」と明記して、現金書留か
 郵便振替にて下記までお願いします。

  〒540−0004
  大阪市中央区玉造1−4−14
  箱舟の聖母社
  郵便振替 00840−3−132438


◆「天からのメッセージ」に版権はありません。天はできるだけ多くの人々
 がメッセージを読むことをお望みです。どうぞ友人知人に「天からのメッ
 セージ」を伝えて下さい。コピーして配布して下さい。

◆ 編集室では、メッセージの翻訳ボランティアを募集しています。できる
 なら、カトリック信者で専門用語に強い方を希望しています。

◆ 皆様からのご質問、ご感想をお待ちしております。関連情報をお持ちで
 したらお寄せ下さい。
 
◆ 次回「箱舟の聖母」は3月20日頃、発行を予定しています。



----------------------------------------------------------------
編集・発行:聖シャーベル修道会
スタッフ :Father Jean-Marie of the Risen Son of God(復活された
      神の子のジャン・マリー司祭)  Kolbe-Marie阿部哲朗
      Rongin-Marie馬場勝吉 Francois-Marie丸山幸一
----------------------------------------------------------------
お申込み、ご質問、ご感想は下記までお願いします。

  〒540−0004
   大阪市中央区玉造1−4−14
   聖シャーベル修道会

  E-mail : charbeljapan@nifty.ne.jp

 お申し込みはEメール版は3千円、郵送版は一万円を目安に、一年分のご
寄付をお願いします(商契約ではありません)。こうするのは、読者の皆さ
んにも「受けるだけの人」のままでいるのではなく、自発的な献金と、友人
知人にコピーをわたす伝道を通して「よろこんで与える人」となり、神様の
祝福をもっと得ていただきたいからです。「よろこんで与える者を神は愛さ
れる」、これが私たちの宣教事業の基本理念です。
----------------------------------------------------------------
%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%1%%

(C)日本における「聖シャーベル修道会の共同体」
      設立の促進と援助のための事務所
 http://homepage1.nifty.com/charbeljapan/index.htm
    E-mail : charbeljapan@nifty.ne.jp

%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%3%%




[HOME] [戻る]