「箱舟の聖母」バックナンバー
2005年2月6日号No.240

 マリア様を喜ばせましょう。マリア様はあなたの小さな奉仕にも大きな恵みで報いて下さいます。あなたが愛する人の救いのために「箱舟の聖母」を役立ててください。「箱舟の聖母」は宣教誌です。購読しコピーし身近な人にわたすなら、あとはマリア様ご自身が働いて下さいます。そしてあなたの購読料はマリア様の事業を支えます。あなたのマリア様に対する奉仕を神様は永遠に忘れません。

 お申し込みはEメール版は3千円、郵送版は一万円を目安に一年分のご寄付をお願いします(商契約ではありません)。こうするのは、読者の皆さんにも「受けるだけの人」のままでいるのではなく、自発的な献金と、友人知人にコピーをわたす伝道を通して「よろこんで与える人」となり、神様の祝福をもっと得ていただきたいからです。「よろこんで与える者を神は愛される」、これが私たちの宣教事業の基本理念です。

◆マテオによる聖福音10章27節
「私がやみの中で言うことを、あなたたちは明るみで言え。耳をあてて聞くことを、屋根の上から知らせよ」

◆マテオによる聖福音10章42節
「この小さい者の一人に、弟子として冷や水の一杯でも与える人があったなら、まことに私は言う。その人は報いを失わぬ」


ご注意
■ お申し込みは下記住所宛にEメール版は3千円、郵送版は一万円を目安に一年分のご寄付をお願いします(商行為でも契約でもありません)。  〒540−0004 大阪市中央区玉造1−4−14 箱舟の聖母社
■ トラブルを避けるために、必ずご本人様でお申し込み下さい。いかなる理由でも、ご送金後の返金はできません。お申し込みから登録まで2週間程度かかりますので、あしからずご了承下さい。
■ 本誌読者=「聖シャーベル修道会会員」ではありません。どのような立場の方でも歓迎いたします。
■ これを用いてマリア様の事業を攻撃する人には送付を打ち切ります。また災害・戦争など、やむを得ない事情の際も送付いたしませんが、ご了承ください。


%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%0%%

        「 箱 舟 の 聖 母 」

       2005年2月6日号 No.240

   毎週1回発行:Eメール版 年間3,000円(ご寄付)
          郵送版  年間10,000円(ご寄付)
  http://homepage1.nifty.com/charbeljapan/index.htm
      E-mail : charbeljapan@nifty.ne.jp
       ( 等幅フォントでご覧下さい!)
%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%2%%
----------------------------------------------------------------
    箱舟の聖母、
       我らが御母聖マリア、
         キリスト信者の扶(たす)け
----------------------------------------------------------------
 マリア様を喜ばせましょう。マリア様はあなたの小さな奉仕にも大きな恵
みで報いて下さいます。あなたが愛する人の救いのために「箱舟の聖母」を
役立ててください。「箱舟の聖母」は宣教誌です。購読しコピーし身近な人
にわたすなら、あとは マリア様ご自身が働いて下さいます。そしてあなたの
ご寄付はマリア様の事業を支えます。あなたのマリア様に対する奉仕を神様
は永遠に忘れません。
----------------------------------------------------------------

◆今週号の目次

 1.聖シャーベル修道会ニュース
 2.153本の聖ヨゼフの百合
 3.反キリスト、ロード・マイトレイヤについての警告
 4.お知らせ
 5.編集後記



----------------------------------------------------------------
1.聖シャーベル修道会ニュース
----------------------------------------------------------------
◆ リトル・ペブルさんがご自分の意見を表明なさいましたので、さっそく、
 皆さんに紹介致します。

「…… たとえ司教たちが、皆さんに対して反対者になるとしても、皆さん
 は今、隠れ、閉じこもっていてはいけません。レオ・スタインバック神父
 様が指導なさっていた時からずっとこのかた、日本の司教たちが私たちに
 反対して出す声明はいつも同じでした。たとえ皆さん全員を司教たちが
 破門したとしても、ただそれだけの理由でリトル・ペブルを支持する人々
 の群れが追い散らされてきた状況がこれ以上悪化することはありません。
 なぜなら、このことは、もうすでにずっと起こり続けてきたのですから。

 今は皆さんが、立上がるべき時、そして偉大なる日本の戦士、聖天草四郎
 のようなものの一人になるべき時です。

 日本の人々はあなたたちを助けるためにいるジャン・マリー神父という
 良い司祭が日本にいることを知らなければなりません。

 皆さんが、今はその時ではないと信じているということを私は知っていま
 すが、それは間違いです。なぜなら、皆さんが教会からの認可を待ち続け
 るなら、もう何もできないほどに手遅れになってしまうのですから。

  司教たちがあなたたち全員を破門したいなら、破門させておきなさい。
 知っておいてほしいのですが、ちょうど私たちがここオーストラリアで
 訴訟を起こす準備をしているように、私たちは日本の司教たちに対しても
 同様に法的手段をとる準備をしています。

 勇気を出しなさい。弱気になってはいけません。なぜなら、今こそ皆さん
 が現代主義の教会と戦う時だからです。……」


◆ 販売中止となっていた「153本の聖ヨゼフの百合」の出版許可を、
 2005年2月1日、リトル・ペブルさんからいただきました。

 http://homepage1.nifty.com/charbeljapan/
 lp_letter_153_lilies_japan.pdf

「親愛なるミカエル、ジャン・マリー神父、

  私は「153本の聖ヨゼフの百合」の出版の許可を与えます。この本が、
 主と、彼の祝された御母、聖ヨゼフの愛へと、多くの霊魂を導きますよう
 に。

 神の祝福を。

 〔 サイン 〕

 ザ・リトル・ペブル
 聖シャーベル修道会のモデレーター
 ウィリアム・カム 」



----------------------------------------------------------------
2. 153本の聖ヨゼフの百合
----------------------------------------------------------------
【 第100章 】

 自分の義務としての勉学や勤めのために頭を働かすときは別として、神に
関すること以外のことは考えないという「内的生活」をつくり、深める方法
があります。これは思考活動を用いる方法です。思考活動といっても、神に
関することを考えれば、心の愛の思いも、救霊や償いや苦しみに対する望み
も同時に働きます。けれども思考によって導かれて働くのですから、主導的
なのはやはり思考なのがこの方法です。

 今、私はこの本を書いています。毎日、ほぼ一日中、この本の内容を生み
出すために神に関することを考えています。食事中も旅行中も、何をしてい
てもという状態です。とても不思議で奇跡としか言いようのない「内的生活」
の状態です。私は思考活動を用いた「内的生活」があることを、著作活動を
始めるまでは知らなかったのです。これは必要に迫られてのことです。私は
思考する力が強い人間ではありません。100%神の恵みです。主はたたえ
られますように! 神に感謝!

 もしあなたが思考する力が強い人、思索的な人であれば、この方法を用い
てはいかがでしょうか? 「神のみ」、この標語は十字架の聖ヨハネのもの
です。十字架の聖ヨハネという聖人は「絶対の博士」というあだ名がある
ぐらいに「神のみ」に徹した方です。そして神秘神学の最高峰といわれる本
を何冊も書きました。中でも「カルメル山登はん」は地下牢に閉じ込められ、
牢番からひどい虐待を受けている境遇にある時に書いたものです。神に関す
ることを考えるのは楽しいことですよ。皆さんはまだその経験はしていない
と思います。十字架の聖ヨハネは「暗夜」という神様からの慰めが全くない
霊魂の状態についての本を書きました。私も感覚的な慰めを神様からいただ
かないという特徴を持った霊魂の一人です。何十年も、ずっと「暗夜」だけ
が続いています。その中で神に関することを考えることは、感覚的な楽しみ
とは違いますが、唯一の喜びです。ですから「神のみ」のいかにも無味乾燥
といったふうに見える「神に関すること以外のことを考えない」という方法
での「内的生活」に召されていると感じる人は、勇気を出して歩み始めてく
ださい。



----------------------------------------------------------------
3.反キリスト、ロード・マイトレイヤについての警告
----------------------------------------------------------------
マリア様からの警告 1996年4月13日 No.234

 邪悪な者は世界に行き、自分の言葉を受け入れるようにそそのかして、
悪徳のうちに人類を沈めています。人類は感覚、および肉と知性の誘惑に
よって、自らの愚かさのうちに盲目となっています。

 この世は奈落へと向かい続けています。教会の心の深みには既に棄教が
あります。子供たちの信仰は眠ってしまい、神の善に対する反応は弱まって
しまいました。



----------------------------------------------------------------
4.お知らせ
----------------------------------------------------------------
◆ 東京方面に住んでおられるリトル・ペブルさんの支持者の皆さん。東京
 方面で定期的に、ジャン・マリー神父をお招きしてミサを行っています。
 東京方面にお住まいの方で、参加を希望される方は下記までご連絡下さい。

  また、関西方面に住んでおられるリトル・ペブルさんの支持者の皆さん。
 これから集会を開いて、共に励ましあい、交友を深めましょう。聖シャー
 ベル修道会第4部門の会員、奈良県在住の■■■■さんが世話役になって
 くださることになりました。スタッフになってマリア様のために奉仕した
 い方、参加したい方、どうぞこちらまでご連絡ください。

 聖シャーベル修道会
 「秋田・天草そして全ての日本の殉教者共同体」

 〒467-0014
 名古屋市瑞穂区白羽根町2-33-3
 tel: 052-851-8584

 〒448-0846
 刈谷市寺横町2-82-3
 tel: 0566-29-2805



◆ 名古屋の共同体、「秋田、天草、そして全ての日本の殉教者たちの聖母」
 共同体(OUR LADY OF AKITA AND AMAKUSA AND THE MARTYRS OF JAPAN )
 において、トリエント典礼ミサがたっています。あずかりたい方は下記ま
 で連絡してください。

   〒467-0014 
   名古屋市瑞穂区白羽根町2-33-3
   Rongin-Marie馬場勝吉
   tel 052-851-8584


◆ 洗礼を希望する方は申し出てください。ローマ・ カトリック使徒教会
 の昔からの教えを全て固く信じ、現代主義の異端を決して受け入れないこ
 と。他の宗教の教えをことごとく捨て去ること。この固い決心があるなら、
 準備が不十分でも洗礼を授けます。

 準備としては、私たちの3冊の本と、マリア・ワルトルタ著の十巻の本
 を全て読んでください。受洗後に読む場合、読む約束をしてください。

 「153本のマリアさまのバラ」「153本の聖ヨゼフの百合」
 「聖シャーベル修道会の会則会憲」「メッセージ集」

   ■箱舟の聖母社
    〒540-0004
    大阪市中央区玉造1-4-14
    郵便振替 00840-3-132438

 マリア・ワルトルタ著、フェデリコ・バルバロ訳編の「マグダラのマリア」
 「聖母マリアの詩(上)(下)」「イエズスの受難」「イエズスに出会っ
 た人々(一)(二)(三)」「イエズス − たそがれの日々」「受難の
 前日」「復活」の10冊、それぞれ3000円前後です。

   ■あかし書房
    〒166
    東京都杉並区成田西3-9-22
    電話:03-3313-4014 FAX:03-3311-9359
    郵便振替:00110-6-111231


◆ 私たちはリトル・ペブルさんの本、「THE LITTLE PEBBLE - THE LAST
 POPE」日本語版について、2001年11月17日に翻訳と出版の権利を
 リトル・ペブルさんからいただきました。すでに第3巻までの翻訳はでき
 ています。しかし、この重要な本を世に送り出すための出版費用が私たち
 には全くありません。そこで、皆さまにお願いです。どうか皆様のご寄付
 によって、このマリア様のお仕事を支えていただけないでしょうか。利益
 の10%はリトル・ペブルさんにもどり、彼のミッションを支えます。
 ご寄付は、「「最後の教皇」出版のための寄付」と明記して、現金書留か
 郵便振替にて下記までお願いします。

  〒540−0004
  大阪市中央区玉造1−4−14
  箱舟の聖母社
  郵便振替 00840−3−132438


◆「天からのメッセージ」に版権はありません。天はできるだけ多くの人々
 がメッセージを読むことをお望みです。どうぞ友人知人に「天からのメッ
 セージ」を伝えて下さい。コピーして配布して下さい。

◆ 編集室では、メッセージの翻訳ボランティアを募集しています。できる
 なら、カトリック信者で専門用語に強い方を希望しています。

◆ 皆様からのご質問、ご感想をお待ちしております。関連情報をお持ちで
 したらお寄せ下さい。
 
◆ 次回「箱舟の聖母」は2月13日頃、発行を予定しています。



----------------------------------------------------------------
5.編集後記
----------------------------------------------------------------
 皆さんは「御父の時代、御子の時代、聖霊の時代」と言う言葉を聞いた
ことがあるでしょうか? 御父の時代とは旧約聖書の時代、御子の時代と
は新約聖書の時代、そして聖霊の時代とは今のこと、つまり初代教会の時代
をはるかに上回る聖霊の働きによって、かつてなかったほど教会が清められ
刷新される今の時代のことを示しています。

 さて、聖霊は、その花嫁であるマリア様を通して働かれます。あなたが
信じようと信じまいと、すべての恵みはマリア様を通して注がれるのです。
イエズス様の最初の来臨のとき、マリア様を通してお生まれになったように、
この終わりの時代、イエズス様はマリア様を通して再臨されるのです。そし
て聖霊はマリア様を通して働かれるのです。

 何気なく使われる「マリア様によりすがる」ということが、どんなに偉大
で素晴らしい恵みであるかおわかりになるでしょうか? 幼子のようにマリ
ア様に信頼し、よりすがることは、世の人々には理解できない偉大な秘訣
なのです。 (Kolbe-Marie 記)



----------------------------------------------------------------
編集・発行:聖シャーベル修道会
スタッフ :Father Jean-Marie of the Risen Son of God(復活された
      神の子のジャン・マリー司祭)  Kolbe-Marie阿部哲朗
      Rongin-Marie馬場勝吉 Francois-Marie丸山幸一
----------------------------------------------------------------
お申込み、ご質問、ご感想は下記までお願いします。

  〒540−0004
   大阪市中央区玉造1−4−14
   聖シャーベル修道会

  E-mail : charbeljapan@nifty.ne.jp

 お申し込みはEメール版は3千円、郵送版は一万円を目安に、一年分のご
寄付をお願いします(商契約ではありません)。こうするのは、読者の皆さ
んにも「受けるだけの人」のままでいるのではなく、自発的な献金と、友人
知人にコピーをわたす伝道を通して「よろこんで与える人」となり、神様の
祝福をもっと得ていただきたいからです。「よろこんで与える者を神は愛さ
れる」、これが私たちの宣教事業の基本理念です。
----------------------------------------------------------------
%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%0%%

(C)日本における「聖シャーベル修道会の共同体」
      設立の促進と援助のための事務所
 http://homepage1.nifty.com/charbeljapan/index.htm
    E-mail : charbeljapan@nifty.ne.jp

%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%6%%




[HOME] [戻る]