「箱舟の聖母」バックナンバー
2005年1月30日号No.239

 マリア様を喜ばせましょう。マリア様はあなたの小さな奉仕にも大きな恵みで報いて下さいます。あなたが愛する人の救いのために「箱舟の聖母」を役立ててください。「箱舟の聖母」は宣教誌です。購読しコピーし身近な人にわたすなら、あとはマリア様ご自身が働いて下さいます。そしてあなたの購読料はマリア様の事業を支えます。あなたのマリア様に対する奉仕を神様は永遠に忘れません。

 お申し込みはEメール版は3千円、郵送版は一万円を目安に一年分のご寄付をお願いします(商契約ではありません)。こうするのは、読者の皆さんにも「受けるだけの人」のままでいるのではなく、自発的な献金と、友人知人にコピーをわたす伝道を通して「よろこんで与える人」となり、神様の祝福をもっと得ていただきたいからです。「よろこんで与える者を神は愛される」、これが私たちの宣教事業の基本理念です。

◆マテオによる聖福音10章27節
「私がやみの中で言うことを、あなたたちは明るみで言え。耳をあてて聞くことを、屋根の上から知らせよ」

◆マテオによる聖福音10章42節
「この小さい者の一人に、弟子として冷や水の一杯でも与える人があったなら、まことに私は言う。その人は報いを失わぬ」


ご注意
■ お申し込みは下記住所宛にEメール版は3千円、郵送版は一万円を目安に一年分のご寄付をお願いします(商行為でも契約でもありません)。  〒540−0004 大阪市中央区玉造1−4−14 箱舟の聖母社
■ トラブルを避けるために、必ずご本人様でお申し込み下さい。いかなる理由でも、ご送金後の返金はできません。お申し込みから登録まで2週間程度かかりますので、あしからずご了承下さい。
■ 本誌読者=「聖シャーベル修道会会員」ではありません。どのような立場の方でも歓迎いたします。
■ これを用いてマリア様の事業を攻撃する人には送付を打ち切ります。また災害・戦争など、やむを得ない事情の際も送付いたしませんが、ご了承ください。


%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%0%%

        「 箱 舟 の 聖 母 」

       2005年1月30日号 No.239

   毎週1回発行:Eメール版 年間3,000円(ご寄付)
          郵送版  年間10,000円(ご寄付)
  http://homepage1.nifty.com/charbeljapan/index.htm
      E-mail : charbeljapan@nifty.ne.jp
       ( 等幅フォントでご覧下さい!)
%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%1%%
----------------------------------------------------------------
    箱舟の聖母、
       我らが御母聖マリア、
         キリスト信者の扶(たす)け
----------------------------------------------------------------
 マリア様を喜ばせましょう。マリア様はあなたの小さな奉仕にも大きな恵
みで報いて下さいます。あなたが愛する人の救いのために「箱舟の聖母」を
役立ててください。「箱舟の聖母」は宣教誌です。購読しコピーし身近な人
にわたすなら、あとは マリア様ご自身が働いて下さいます。そしてあなたの
ご寄付はマリア様の事業を支えます。あなたのマリア様に対する奉仕を神様
は永遠に忘れません。
----------------------------------------------------------------

◆今週号の目次

 1.153本の聖ヨゼフの百合
 2.リトル・ペブルに与えられたメッセージ
 3.反キリスト、ロード・マイトレイヤについての警告
 4.お知らせ



----------------------------------------------------------------
1. 153本の聖ヨゼフの百合
----------------------------------------------------------------
【 第99章 】

 神に意識をむけるのを妨げるものは、あなたを神から引き離すものです。
それはあなたの霊魂にとって非常に大きな損害になっています。コンピュー
ターゲームが最も今、皆さんを長時間神から引き離すものですね。例えば
コンピューターゲームをした人は、その間はもちろん神から引き離されて
いたわけですが、他の時間にもこのゲームのことを考え、空想しています。
そうやってゲームのことが心を占領している間も、やはり神から引き離され
ているのです。こういった心を占領するくだらない考えや空想をやめること
は、「内的生活」をつくり、深めるために役立ちます。

 「内的生活」は神に意識を向けることが、時々から頻繁に。頻繁にから
絶え間なくなるようにと深まってゆきます。絶え間ない愛、絶え間ない望み
を神様は私たちに求めていらっしゃるからです。イエズスは「内的生活」の
指導を神秘家たちになさる場合は、心を占領するくだらない考えや空想を
やめ、好奇心までも捨てるようにと厳しい要求をなさいます。そうすれば
その分だけ神に意識が向く時間が増えるわけです。しかしそれだけではあり
ません。くだらない考えや空想を放置していると、神に意識を向けている
最中も、意識の片隅にそれが居座って、純粋であるべき神への愛や望みを
濁らせるからなのです。神は澄んだ清水を私たちから飲ませてほしいと願っ
ていらっしゃいますが、それによって私たちは神にくさい泥水を飲ませる
ことになってしまうのです。神のご要求に従い、くだらない考えや空想を
やめれば、神へ向ける意識にこもる愛と望みの純粋さも強さもまします。

 皆さんは自分の意識がくだらない考えや空想にとどまっているのに気が
ついたら、その考えや空想を直ちに打ち切り、かわりに神に意識をすぐに
向けるという自分自身との戦いをどうか始めてください。もちろんあなたは、
あなたのくだらない考えや空想を養うものを断たなければ、この戦いに勝つ
ことはできません。あなたは自分の「記憶の水がめ」から取り出した記憶を
もとに考え、空想するのですが、今はあなたの「記憶の水がめ」には、この
世のことが全体の99%を占めていたとしても、その供給源を断ち、かわり
に神のこと、聖なることを供給していけば、どんなに時間がかかっても少し
ずつ比率は変えてゆくことができます。あなたが例えばコンピューターゲー
ムをすることは直接体験です。ゲームのことを考え空想することは頭での
追体験です。両方ともが「記憶の水がめ」に入る、この世の水です。この世
の水がいっぱい入いった水がめから、人はまた考えと空想の材料として、こ
の世のことを取りだして味わい、追体験し、それがまた「記憶のみずがめ」
に入いっていくというふうに、直接体験も頭での追体験も放棄しなければ
供給源は断てません。また、この世の水がいっぱい入った水がめから考えと
空想の材料として神のこと、聖なることである清い水を取り出すことは困難
なことだということも知っておいてください。それは霊的読書で補なわなけ
ればなりません。

 聖ホセ・マリア・エクスリバー神父は神のことしか話さない方でした。そ
こまでになるほどに「記憶の水がめ」を神のこと、聖なることのみにする
ことを目標にしましょう。まずあなたの心を占領するのがどんな考えや空想
なのかをチェックするのです。そしてそれを追い出す戦いにうつり、その
供給源も断つのです。さっそく始めてみましょうね。



----------------------------------------------------------------
2.リトル・ペブルに聖母によって与えられたメッセージ
   償いの日、全御出現聖堂にて
 − No.628 2004年12月8日 無原罪の聖母の祝日 その(2)−
----------------------------------------------------------------

 …… No.237からの続き ……

聖母:
 勇気を出しなさい、かわいい子供たちよ、なぜなら私、あなたたちの天の
母は、あなたたちの上に私のマントをかけたからです。特に、私により頼む
子供たちに対して。

 あなたたちは私の子供たちです。たとえ道に迷いさまよっていても、そし
てあなた自身の道に従っているとしても。十字架からのキリストの召し出し
は、毎日、あなたたちの人生を更新し、神があなたたちの各々と皆に要求
したすべてを果たすと決心することです。

 暗雲はローマの上に大きく不気味に現れています、我が甘美なる子供たち
よ。たいへんすぐに私の小さな代理者、ヨハネ・パウロ2世は取り去られる
でしょう。そして混乱が教会を襲うでしょう。牧者が打たれると、羊は散ら
されるでしょう − 今この時においてさえ。

 過去のメッセージを読み返しなさい、我が甘美なる子供たちよ、そして
私の言葉について黙想してください。そうすれば、どのくらい黙示録のペー
ジに移り変わったかを理解するでしょう。人類が神を見捨てて、自分自身に
身を任せたので、すぐに人類は本当に神の憤りの力を知るでしょう。私の
「愛の珠」を取り、多くの祈りをささげ続けてください − 愛している
人々のためにだけではなく、敵のためにさえも。神のあわれみが彼らの心に
届くように祈ってください。

 あなたたちを愛しています、我が甘美なる子供たちよ、我が母なる御心
からのキスを与えます。そして私がいつもあなたたちとともにいることを
知ってください。

リトル・ペブル:
 聖母は今、合図なさいます。彼女が私の霊魂を、今日は聖堂にいない小さ
い「ローズ・オブ・ザ・ホーリー・イノセンツ」のところに、瞬間的につれ
ていこうとして。聖母は、同時に複数の場所にいることができます。それは
外自然の状態にある人々が受けた賜物だからです。聖母は美しい色のバラを
彼女のベールの後ろから取り出します。花びらはシロツメクサの形でである
けれども、すべて違う色で、彼女はこのバラを取り、それをジェームズ司教
に与えることを聖パトリックに身振りで合図します。

聖母:
 この、私の貴重な息子「天使たちのジェームズ」は、天使たちからあなた
への贈り物です。

リトル・ペブル:
 聖母は微笑み、多くの、多くの鳥たち − あなたは私達が鳥小屋にいた
と思うでしょう − がいて、天使たちは鳥たちに、私達のすべてに来るよ
うに命じました。ここと他の場所の各人はこれらの鳥の一羽を受け取りまし
た。私には鳥たちの意味はわかりません、私はただ天使たちの意味を知って
います。

 この背景にある目的があるいくらかの理由について、私は知りません。
聖母は微笑んでいて、彼女は、私に話したくないようです。ですので、私は、
再び多くの質問をする必要があります。聖母は微笑み、おっしゃいます。

聖母:
 祈り続けなさい、甘美なる子供たちよ、私があなたに約束した通らねばな
らない来るべき全てのことに対してささげ続けなさい。特にあなた、我が
聖なる息子、我が汚れなき御心の小さな天使的牧者よ。多くの出来事がまも
なく展開し、あなたは驚くことでしょう、愛する子よ。

リトル・ペブル:
 聖ヨアキムと聖アンナはまた別の贈り物を持っています。中に石を持って
いる美しい百合。天国の花は、非常に、私達がここに持っているものと違い
ます。聖母は彼女の両親にうなずき、おっしゃいます。

聖母:
 これは私の娘「パール・オブ・グレート・プライス」への贈り物です。

リトル・ペブル:
 これは非常にまもなく立てられるであろう霊魂です。聖母は微笑み、おっ
しゃいます。

聖母:
 さあ、祈り続けてください、愛する子供たちよ。

リトル・ペブル:
 2人の司教と司祭は今、人々を祝福するでしょう。

司教と司祭:
 父と子と聖霊の御名によりて。アーメン。

リトル・ペブル:
 聖母は今。ゆっくりと聖なる天使たちとともに白い十字架の方へ滑り戻っ
ていかれます。、私は、シスターたちが最後の1連を唱えるように頼みます。

 …… 続く ……



----------------------------------------------------------------
3.反キリスト、ロード・マイトレイヤについての警告
----------------------------------------------------------------
イエズス様からの警告 1996年3月13日 No.233

 地上の私の教会は荒廃してしまった。教会は至聖なる御母を放り出してし
まった。にもかかわらず、至聖なる母は小羊たちを養っておられる。

 これは艱難のほんの始まりに過ぎない。私の体と血、そして告解の秘蹟に
よって自分自身を強め、天の御母によって、天の御母と共に、あなたたちの
命を天の御父に捧げなさい。ハルマゲドンの戦いは極めて近づいている。

 地上の子供たちの間に大いなる混乱を、教会内ではそれ以上の大混乱をあ
なたたちは見ている。サタン自身が混乱しているからである。邪悪な者と
堕天使の精神が世界を、教会を、人類を包み込んでしまった。

 信仰を隠してはならない。至聖なる御母の聖徳を生活の中で実践しなさい。
聖徳を実践するとき、心にはもう楽園がある。

 時は極めて残り少ない。しかし、世にとってこの最期の時にさえ、なお私
はあなたたちに時を与える。私は全ての者の救いを望んでいる。懲罰は速や
かに下っているけれども、今なお人類を救う時である。

 地上の私の家の内、聖にして母なる公教会を再建するという、御父が人類
に対して抱いておられるお望みの成就のために、御父を助けなさい。

 邪悪な者はミサイルを使って国々を破壊すべく働いている。子供たちが
祈らないなら、多くの破壊がもたらされるであろう。



----------------------------------------------------------------
4.お知らせ
----------------------------------------------------------------
◆ 東京方面に住んでおられるリトル・ペブルさんの支持者の皆さん。東京
 方面でも定期的に今後、ジャン・マリー神父をお招きしてミサを行う予定
 です。東京方面にお住まいの方で、参加を希望される方は下記までご連絡
 ください。

  また、関西方面に住んでおられるリトル・ペブルさんの支持者の皆さん。
 これから集会を開いて、共に励ましあい、交友を深めましょう。聖シャー
 ベル修道会第4部門の会員、奈良県在住の■■■■さんが世話役になって
 くださることになりました。スタッフになってマリア様のために奉仕した
 い方、参加したい方、どうぞこちらまでご連絡ください。

 聖シャーベル修道会
 「秋田・天草そして全ての日本の殉教者共同体」

 〒467-0014
 名古屋市瑞穂区白羽根町2-33-3
 tel: 052-851-8584

 〒448-0846
 刈谷市寺横町2-82-3
 tel: 0566-29-2805



◆ 名古屋の共同体、「秋田、天草、そして全ての日本の殉教者たちの聖母」
 共同体(OUR LADY OF AKITA AND AMAKUSA AND THE MARTYRS OF JAPAN )
 において、トリエント典礼ミサがたっています。あずかりたい方は下記ま
 で連絡してください。

   〒467-0014 
   名古屋市瑞穂区白羽根町2-33-3
   Rongin-Marie馬場勝吉
   tel 052-851-8584


◆ 洗礼を希望する方は申し出てください。ローマ・ カトリック使徒教会
 の昔からの教えを全て固く信じ、現代主義の異端を決して受け入れないこ
 と。他の宗教の教えをことごとく捨て去ること。この固い決心があるなら、
 準備が不十分でも洗礼を授けます。

 準備としては、私たちの3冊の本と、マリア・ワルトルタ著の十巻の本
 を全て読んでください。受洗後に読む場合、読む約束をしてください。

 「153本のマリアさまのバラ」「聖シャーベル修道会の会則会憲」
 「メッセージ集」

   ■箱舟の聖母社
    〒540-0004
    大阪市中央区玉造1-4-14
    郵便振替 00840-3-132438

 マリア・ワルトルタ著、フェデリコ・バルバロ訳編の「マグダラのマリア」
 「聖母マリアの詩(上)(下)」「イエズスの受難」「イエズスに出会っ
 た人々(一)(二)(三)」「イエズス − たそがれの日々」「受難の
 前日」「復活」の10冊、それぞれ3000円前後です。

   ■あかし書房
    〒166
    東京都杉並区成田西3-9-22
    電話:03-3313-4014 FAX:03-3311-9359
    郵便振替:00110-6-111231


◆ 私たちはリトル・ペブルさんの本、「THE LITTLE PEBBLE - THE LAST
 POPE」日本語版について、2001年11月17日に翻訳と出版の権利を
 リトル・ペブルさんからいただきました。すでに第3巻までの翻訳はでき
 ています。しかし、この重要な本を世に送り出すための出版費用が私たち
 には全くありません。そこで、皆さまにお願いです。どうか皆様のご寄付
 によって、このマリア様のお仕事を支えていただけないでしょうか。利益
 の10%はリトル・ペブルさんにもどり、彼のミッションを支えます。
 ご寄付は、「「最後の教皇」出版のための寄付」と明記して、現金書留か
 郵便振替にて下記までお願いします。

  〒540−0004
  大阪市中央区玉造1−4−14
  箱舟の聖母社
  郵便振替 00840−3−132438


◆「天からのメッセージ」に版権はありません。天はできるだけ多くの人々
 がメッセージを読むことをお望みです。どうぞ友人知人に「天からのメッ
 セージ」を伝えて下さい。コピーして配布して下さい。

◆ 編集室では、メッセージの翻訳ボランティアを募集しています。できる
 なら、カトリック信者で専門用語に強い方を希望しています。

◆ 皆様からのご質問、ご感想をお待ちしております。関連情報をお持ちで
 したらお寄せ下さい。
 
◆ 次回「箱舟の聖母」は2月6日頃、発行を予定しています。



----------------------------------------------------------------
編集・発行:聖シャーベル修道会
スタッフ :Father Jean-Marie of the Risen Son of God(復活された
      神の子のジャン・マリー司祭)  Kolbe-Marie阿部哲朗
      Rongin-Marie馬場勝吉 Francois-Marie丸山幸一
----------------------------------------------------------------
お申込み、ご質問、ご感想は下記までお願いします。

  〒540−0004
   大阪市中央区玉造1−4−14
   聖シャーベル修道会

  E-mail : charbeljapan@nifty.ne.jp

 お申し込みはEメール版は3千円、郵送版は一万円を目安に、一年分のご
寄付をお願いします(商契約ではありません)。こうするのは、読者の皆さ
んにも「受けるだけの人」のままでいるのではなく、自発的な献金と、友人
知人にコピーをわたす伝道を通して「よろこんで与える人」となり、神様の
祝福をもっと得ていただきたいからです。「よろこんで与える者を神は愛さ
れる」、これが私たちの宣教事業の基本理念です。
----------------------------------------------------------------
%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%3%%

(C)日本における「聖シャーベル修道会の共同体」
      設立の促進と援助のための事務所
 http://homepage1.nifty.com/charbeljapan/index.htm
    E-mail : charbeljapan@nifty.ne.jp

%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%0%%




[HOME] [戻る]