「箱舟の聖母」バックナンバー
2005年1月23日号No.238

 マリア様を喜ばせましょう。マリア様はあなたの小さな奉仕にも大きな恵みで報いて下さいます。あなたが愛する人の救いのために「箱舟の聖母」を役立ててください。「箱舟の聖母」は宣教誌です。購読しコピーし身近な人にわたすなら、あとはマリア様ご自身が働いて下さいます。そしてあなたの購読料はマリア様の事業を支えます。あなたのマリア様に対する奉仕を神様は永遠に忘れません。

 お申し込みはEメール版は3千円、郵送版は一万円を目安に一年分のご寄付をお願いします(商契約ではありません)。こうするのは、読者の皆さんにも「受けるだけの人」のままでいるのではなく、自発的な献金と、友人知人にコピーをわたす伝道を通して「よろこんで与える人」となり、神様の祝福をもっと得ていただきたいからです。「よろこんで与える者を神は愛される」、これが私たちの宣教事業の基本理念です。

◆マテオによる聖福音10章27節
「私がやみの中で言うことを、あなたたちは明るみで言え。耳をあてて聞くことを、屋根の上から知らせよ」

◆マテオによる聖福音10章42節
「この小さい者の一人に、弟子として冷や水の一杯でも与える人があったなら、まことに私は言う。その人は報いを失わぬ」


ご注意
■ お申し込みは下記住所宛にEメール版は3千円、郵送版は一万円を目安に一年分のご寄付をお願いします(商行為でも契約でもありません)。  〒540−0004 大阪市中央区玉造1−4−14 箱舟の聖母社
■ トラブルを避けるために、必ずご本人様でお申し込み下さい。いかなる理由でも、ご送金後の返金はできません。お申し込みから登録まで2週間程度かかりますので、あしからずご了承下さい。
■ 本誌読者=「聖シャーベル修道会会員」ではありません。どのような立場の方でも歓迎いたします。
■ これを用いてマリア様の事業を攻撃する人には送付を打ち切ります。また災害・戦争など、やむを得ない事情の際も送付いたしませんが、ご了承ください。


%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%0%%

        「 箱 舟 の 聖 母 」

       2005年1月23日号 No.238

   毎週1回発行:Eメール版 年間3,000円(ご寄付)
          郵送版  年間10,000円(ご寄付)
  http://homepage1.nifty.com/charbeljapan/index.htm
      E-mail : charbeljapan@nifty.ne.jp
       ( 等幅フォントでご覧下さい!)
%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%1%%
----------------------------------------------------------------
    箱舟の聖母、
       我らが御母聖マリア、
         キリスト信者の扶(たす)け
----------------------------------------------------------------
 マリア様を喜ばせましょう。マリア様はあなたの小さな奉仕にも大きな恵
みで報いて下さいます。あなたが愛する人の救いのために「箱舟の聖母」を
役立ててください。「箱舟の聖母」は宣教誌です。購読しコピーし身近な人
にわたすなら、あとは マリア様ご自身が働いて下さいます。そしてあなたの
ご寄付はマリア様の事業を支えます。あなたのマリア様に対する奉仕を神様
は永遠に忘れません。
----------------------------------------------------------------

◆今週号の目次

 1.聖シャーベル修道会ニュース
 2.153本の聖ヨゼフの百合
 3.リトル・ペブルからの手紙
 4.マリー・マドレーヌに与えられた幻視
 5.反キリスト、ロード・マイトレイヤについての警告
 6.お知らせ
 7.編集後記



----------------------------------------------------------------
1. 聖シャーベル修道会ニュース
----------------------------------------------------------------
◆ 聖シャーベル修道会名古屋共同体(「秋田、天草、そして全ての日本
 の殉教者たちの聖母」共同体(OUR LADY OF AKITA AND AMAKUSA AND
 THE MARTYRS OF JAPAN ))のホームページが立ち上がりました。

  http://martyrs.jpn.ph/index.html

  共同体の日常を写した「写真」「行事予定」「メッセージ」……、の
 他に「おまけ」のコーナーもあります。いちどのぞいてみてくださいね。



----------------------------------------------------------------
2. 153本の聖ヨゼフの百合
----------------------------------------------------------------
【 第98章 】

 肉体的な苦しみと痛みも、神に意識を向け続けるのに利用できます。一日
中苦しいとか、一日中痛みがあるとか、ある病気の人はそういう状態です。
普通は苦しさや痛みは祈りを妨げるものですが、これを逆に祈りそのものに
結び付けて「内的生活」に役立てる方法です。苦しみとか痛みを「償いとし
てささげます」という意向と、心の中での射祷「ささげます」とともにそれ
を意識するのです。神秘的にイエズスのご受難の苦しみを体験する神秘家た
ちは、たとえば毎週金曜日は一日中とか、長時間肉体的にも精神的にも苦
しんだりします。その上、苦しみや痛みから気をそらせることはできず、
かえって苦しみや痛みの中に没入して深く味わうのです。そのことを考える
と、自然的な病気やけがからくる苦しみ、痛みをこうして「内的生活」をつ
くり、高めるのに役立てるために意識することも、それと同じことだといえ
ます。あまり辛いと「ささげます」と心の中で言うこと以外、何もできない、
何も考えられないものですが、これで十分どころか、このささげものは他の
祈りより、祈りと苦しみがあわさっていますから、ずっと大きく、神の御前
にはるかに大きな価値があります。価値があるからこそ神秘家たちは超自然
的にその状態をささげさせられるのです。

あなたが病気で、この長時間続く肉体的苦しみや痛みを持っている人なら、
どうかこの方法用いてみてください。また、今、元気な人も病気になった時
、けがをしたとき、この方法を思い出してやってみてください。

 このほかに肉体的なものへの意識を利用して「内的生活」をつくり、高め
る手段として「呼吸の祈り」と呼ばれるものがあります。「吸う」「吐く」
を意識して、そこに射祷を当てはめて絶え間なく神に心を向けるという方法
です。「イエ・ズス」とか「愛し・ます」とか、吐くときだけ「マリア」と
か、吸うときだけ何かとか、あなたの自由なアイデアで行なえばよいのです。
この方法が向いている人も皆さんの中にいるかもしれませんね。


----------------------------------------------------------------
3.リトル・ペブルからの手紙
----------------------------------------------------------------
--------------------------------
2005年1月18日
--------------------------------
親愛なるジャン・マリー神父、
あなたに平和がありますように。

私は、日本における問題に関して、全員の間に一致をもたらすように、公的
書簡を書いているところです。

あなたは、東京で集会を開くための私の許可をもっています。

私はあなたのためにすべての成功を祈ります。

神の祝福を。

〔サイン〕
ザ・リトル・ペブル


--------------------------------
日本の人々へ − 不一致について −
 − 2005年1月19日 −
--------------------------------
日本の善意の人々へ。

 多くの年月にわたって、今もなお、聖母のミッションの幻視者たち、プロ
モーターたち、および働き手たちの間に大きな不一致が日本にありました 
− また、聖シャーベル修道会に関連しているそれにおいてさえも。

 聖シャーベル修道会は、私の地域の司教 − 最も敬愛すべきペーター・
インガム司教閣下 − から私に対してされた命令による日本の司教たちの
迫害のため、その折々に慎重に働く必要がありました。

 しかしながら、このことは決して修道会の、そして天からのミッションの
発展を妨げませんでした。

 今こそひとつの心、ひとつの目的をもって一致する時です。そしてそれは
日本を救うために、そして日本において聖シャーベル修道会を設立するため
です。

 私は、また、はっきりと申し上げます。聖シャーベル修道会がどこで形成
されることができるかについて、誰も他の人々の上に権限をもつということ
はありません。全ての人々は神の仕事をなすことにおいて、自由に彼らの
信念を述べることができます。

 私たちは皆、神、救い主イエズスの弟子として、ある幻視者、またある
プロモーターが他の者より偉大であるということはありません。

 それゆえ私は、■■■■(プロモーター)、■■■■(幻視者)
聖シャーベル修道会のジャン・マリー杉浦神父、■■■■、■■■■、
そして修道会のためにとても一生懸命に働いている多くの他の人々を
サポートします。私は皆さん全てにとても感謝しています。

 私は皆さん全ての上に神の祝福を祈ります。

[サイン]

ウィリアム・カム(モデレータ)
ザ・リトル・ペブル



----------------------------------------------------------------
4.マリー・マドレーヌに与えられた幻視
----------------------------------------------------------------
 聖シャーベル修道会名古屋共同体所属の第3部門修練者、マリー・マド
レーヌは今、「神秘家」「幻視者」として立てられつつあります。
このことは、リトル・ペブルさんに確認してもらいました。また、第3世代
の多くの若者たちが、特別な使命に召し出され、立てられつつあります。

 皆さんに「幻視者」「神秘家」のための祈りをひとつ紹介します。どうぞ
彼女たちが、この困難な使命を担っていけるようにお祈り下さい。


--------------------------------
【聖ヨゼフの百合 第138章より抜粋】

 ……幻視者・神秘家本人はもちろん、皆さんも彼らのためにどうか唱えて
あげてください。皆さんが聖ベルナデッタを表面的なものによってではなく、
彼女が幻視者として示した徳、考え方、態度の完全さ、高潔性、英雄性の
ゆえに愛し、模範とし、若い幻視者・神秘家たちを助けたいという愛の動機
でこれを祈るなら、そうする人、つまりあなたの傍らに聖ベルナデッタが
いつも保護者として付き添っていてくれます。また、ローマ・カトリックの
信者には全しょく有も与えられます。

 聖ベルナデッタ
 すべての若き幻視者・神秘家の保護者への祈り

 愛する聖ベルナデッタ、最も若く従順な幻視者よ、
 この終わりの時における世界中の若き幻視者と神秘家を
 導き照らしてください。
 彼らが天から与えられた使命を受け入れ、
 そして真理を求める 世界中のすべての若者のもとにいたるよう、
 彼らに勇気、決意、敬虔さ、謙遜を与えてください。
 私たちはこれを無原罪の御宿り(おんやどり)を通して
 いと至聖なる三位一体に懇願します。


聖母が1993年7月13日にリトル・ペブルに語られた。「私はこの祈り
を祝福します。そしてこの祈りを真の信心を持って唱える者に対して、この
祈りにミサ聖祭100回にあたる全しょく有を与えます。聖ベルナデッタが
彼ら(この祈りを唱える人)の傍らにいるでしょう」



--------------------------------
マリー・マドレーヌに与えられた幻視
2005年1月7日 初金曜日 PM12:30
--------------------------------
2つの輝く指輪が見えました。そのひとつは次第にクローズアップされて
きました。(彼女には結婚指輪のように思えたそうです)


--------------------------------
リトル・ペブルさんからの確認
2005年1月12日
--------------------------------
親愛なるジャン・マリー神父、

平和と祝福がこの新しい年にありますように。

ヴィジョンは、キリストの花嫁として、イエズスとの神秘的婚姻をする
ということにちがいありません。

また、(名古屋講演会の時に)洗礼を受けた若い女性は、ダビド王家に
呼ばれています。

あなたは、マリー・マドレーヌに、ヴィジョンの中でイエズスに尋ねる
ように言うべきです。

神の祝福を

ザ・リトル・ペブル


--------------------------------
リトル・ペブルさんからの確認
2005年1月14日
--------------------------------
親愛なるジャン・マリー神父、

平和があなたとともにありますように。

ダビド王家に呼ばれているのは全盲の少女(マリー・マドレーヌのこと)の
ほうではありません。彼女は恵みの霊魂で、幻視者に立てられるでしょう。

シスター・ルースが私に言ったのは、(講演会で)洗礼を受けた若い女性の
ことです。


神の祝福を

ザ・リトル・ペブル



----------------------------------------------------------------
5.反キリスト、ロード・マイトレイヤについての警告
----------------------------------------------------------------
マリア様からの警告 1996年2月13日 No.232

聖母:
 ルチフェルはとても強力です。彼は知性も力も失いませんでした。ルチ
フェルはマリアの子供たちを誘惑しようとしています。ですから、信仰に
堅く留まりなさい。そして、決して恐れてはなりません。恐れは邪悪な者の
「道具」なのです。

 すべてを犠牲として捧げなさい! 躊躇してはなりません! 躊躇は弱さ
です。神である私の息子の兵士として真の信仰のうちに前進しなさい。あな
たたち皆は聖なるニューエルサレムに入るように呼ばれています。それは
あなたたち次第です。それはあなたたちの犠牲次第です。

 神の選ばれた霊魂のことで妬んだり、うらやんではなりません。各々の
霊魂は神の聖心のうちで特別の場所を占めています。神が選ぶのです。人間
ではありません。神は与え、取り上げます。それは神の選択です。神は創造
者なのです。

リトル・ペブル:
 イエズスから皆の上に、そして祭壇の上に御血が滴り落ちるのが見えます。
祭壇の上に世界地図があり、御血はある国々の上に落ちています。中東が
見えます。中東は血のように変わっていきます。クロアチア、セルビア、グ
ルジア、ロシア、シベリア、中国の国境近辺もです。ラオス、タイ、ベトナ
ムが見えます。香港と台湾も見えます。アラビアの刀のような形の黄色い
光線があります。その光線は中国から来て、台湾と香港に向かいます。南ア
フリカと、そこに隣接する国にも血が落ちたのが見えます。それは、何と
言う国だったか……スワジランドです! ここの近くの、インドネシア、チ
モール、ジャワが見えます。血は(カナダの)ケベック州、カナダ、グァテ
マラとハイチ、プエルトリコの小さな島、メキシコ湾にも落ちました。ハワ
イ、アルゼンチン、バヌアツ、フランス、アイルランド、スウェーデンにも
落ちるのが見えます。



----------------------------------------------------------------
6.お知らせ
----------------------------------------------------------------
◆ 東京方面に住んでおられるリトル・ペブルさんの支持者の皆さん。東京
 方面でも定期的に今後、ジャン・マリー神父をお招きしてミサを行う予定
 です。東京方面にお住まいの方で、参加を希望される方は下記までご連絡
 ください。

  また、関西方面に住んでおられるリトル・ペブルさんの支持者の皆さん。
 これから集会を開いて、共に励ましあい、交友を深めましょう。聖シャー
 ベル修道会第4部門の会員、奈良県在住の■■■■さんが世話役になって
 くださることになりました。スタッフになってマリア様のために奉仕した
 い方、参加したい方、どうぞこちらまでご連絡ください。

 聖シャーベル修道会
 「秋田・天草そして全ての日本の殉教者共同体」

 〒467-0014
 名古屋市瑞穂区白羽根町2-33-3
 tel: 052-851-8584

 〒448-0846
 刈谷市寺横町2-82-3
 tel: 0566-29-2805



◆ 名古屋の共同体、「秋田、天草、そして全ての日本の殉教者たちの聖母」
 共同体(OUR LADY OF AKITA AND AMAKUSA AND THE MARTYRS OF JAPAN )
 において、トリエント典礼ミサがたっています。あずかりたい方は下記ま
 で連絡してください。

   〒467-0014 
   名古屋市瑞穂区白羽根町2-33-3
   Rongin-Marie馬場勝吉
   tel 052-851-8584


◆ 洗礼を希望する方は申し出てください。ローマ・ カトリック使徒教会
 の昔からの教えを全て固く信じ、現代主義の異端を決して受け入れないこ
 と。他の宗教の教えをことごとく捨て去ること。この固い決心があるなら、
 準備が不十分でも洗礼を授けます。

 準備としては、私たちの3冊の本と、マリア・ワルトルタ著の十巻の本
 を全て読んでください。受洗後に読む場合、読む約束をしてください。

 「153本のマリアさまのバラ」「聖シャーベル修道会の会則会憲」
 「メッセージ集」

   ■箱舟の聖母社
    〒540-0004
    大阪市中央区玉造1-4-14
    郵便振替 00840-3-132438

 マリア・ワルトルタ著、フェデリコ・バルバロ訳編の「マグダラのマリア」
 「聖母マリアの詩(上)(下)」「イエズスの受難」「イエズスに出会っ
 た人々(一)(二)(三)」「イエズス − たそがれの日々」「受難の
 前日」「復活」の10冊、それぞれ3000円前後です。

   ■あかし書房
    〒166
    東京都杉並区成田西3-9-22
    電話:03-3313-4014 FAX:03-3311-9359
    郵便振替:00110-6-111231


◆ 私たちはリトル・ペブルさんの本、「THE LITTLE PEBBLE - THE LAST
 POPE」日本語版について、2001年11月17日に翻訳と出版の権利を
 リトル・ペブルさんからいただきました。すでに第3巻までの翻訳はでき
 ています。しかし、この重要な本を世に送り出すための出版費用が私たち
 には全くありません。そこで、皆さまにお願いです。どうか皆様のご寄付
 によって、このマリア様のお仕事を支えていただけないでしょうか。利益
 の10%はリトル・ペブルさんにもどり、彼のミッションを支えます。
 ご寄付は、「「最後の教皇」出版のための寄付」と明記して、現金書留か
 郵便振替にて下記までお願いします。

  〒540−0004
  大阪市中央区玉造1−4−14
  箱舟の聖母社
  郵便振替 00840−3−132438


◆「天からのメッセージ」に版権はありません。天はできるだけ多くの人々
 がメッセージを読むことをお望みです。どうぞ友人知人に「天からのメッ
 セージ」を伝えて下さい。コピーして配布して下さい。

◆ 編集室では、メッセージの翻訳ボランティアを募集しています。できる
 なら、カトリック信者で専門用語に強い方を希望しています。

◆ 皆様からのご質問、ご感想をお待ちしております。関連情報をお持ちで
 したらお寄せ下さい。
 
◆ 次回「箱舟の聖母」は1月30日頃、発行を予定しています。



----------------------------------------------------------------
7.編集後記
----------------------------------------------------------------
 1月16日に、東京方面で初めての集会が開かれました。皆の自己紹介、
ジャン・マリー神父の講話とトリエント・ミサ、そして交歓がおこなわれ、
お互いの友情を深めました。

 ジャン・マリー神父は「ドア・トゥ・ドアの宣教」「茶話会の宣教」と
いうことを強調しました。つまり、あなたの友達に、あなたが一番大切に
しているはずの「マリア様の愛」を伝えること。そして友達はその友達
に……。この形で日本全国に「マリア様の愛の輪」が広がっていくという
ヴィジョンです。これは、プロテスタントの兄弟姉妹たちには当たり前の
ことですよね。実はこれは私たちのオリジナルではなく、戦前、プロテス
タントの伝道者、中田重治さんが始め、日本だけでなく世界中に広がって
大成功をおさめたのだそうです。この中田重治さんは、日本とニュージー
ランドの宣教の保護者として、偉大な聖人として私たちを助けてくださっ
ているそうです。

 そして、もうひとつ、ジャン・マリー神父は皆さんに「箱舟の聖母の
メダイ」を肌身離さずつけること、ロザリオの一連だけをマリア様への
深い愛をもって唱えること、このたった一日5分か10分でできる信心業
だけでいいんだということを強調しました。信心業は増やせば増やすほど
その質が落ちます。このミッションの多くの人々は、一日に数え切れない
ほどの信心業を行い、疲れ果て、自己満足に陥り、知らないうちにファリ
サイ主義者のようになってしまっています。そうではなく、ロザリオを
たった一連だけでいいから、心をこめて唱え、生き生きとした愛を持ち、
その愛を友人に伝えることに一日のエネルギーを集中してほしい、とジャ
ン・マリー神父は訴えました。

 東京方面の集会は、毎月定期的に開かれます。参加なさりたい方は、
ご連絡ください。

(Kolbe-Marie 記)



----------------------------------------------------------------
編集・発行:聖シャーベル修道会
スタッフ :Father Jean-Marie of the Risen Son of God(復活された
      神の子のジャン・マリー司祭)  Kolbe-Marie阿部哲朗
      Rongin-Marie馬場勝吉 Francois-Marie丸山幸一
----------------------------------------------------------------
お申込み、ご質問、ご感想は下記までお願いします。

  〒540−0004
   大阪市中央区玉造1−4−14
   聖シャーベル修道会

  E-mail : charbeljapan@nifty.ne.jp

 お申し込みはEメール版は3千円、郵送版は一万円を目安に、一年分のご
寄付をお願いします(商契約ではありません)。こうするのは、読者の皆さ
んにも「受けるだけの人」のままでいるのではなく、自発的な献金と、友人
知人にコピーをわたす伝道を通して「よろこんで与える人」となり、神様の
祝福をもっと得ていただきたいからです。「よろこんで与える者を神は愛さ
れる」、これが私たちの宣教事業の基本理念です。
----------------------------------------------------------------
%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%2%%

(C)日本における「聖シャーベル修道会の共同体」
      設立の促進と援助のための事務所
 http://homepage1.nifty.com/charbeljapan/index.htm
    E-mail : charbeljapan@nifty.ne.jp

%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%3%%




[HOME] [戻る]