「箱舟の聖母」バックナンバー
2005年1月16日号No.237

 マリア様を喜ばせましょう。マリア様はあなたの小さな奉仕にも大きな恵みで報いて下さいます。あなたが愛する人の救いのために「箱舟の聖母」を役立ててください。「箱舟の聖母」は宣教誌です。購読しコピーし身近な人にわたすなら、あとはマリア様ご自身が働いて下さいます。そしてあなたの購読料はマリア様の事業を支えます。あなたのマリア様に対する奉仕を神様は永遠に忘れません。

 お申し込みはEメール版は3千円、郵送版は一万円を目安に一年分のご寄付をお願いします(商契約ではありません)。こうするのは、読者の皆さんにも「受けるだけの人」のままでいるのではなく、自発的な献金と、友人知人にコピーをわたす伝道を通して「よろこんで与える人」となり、神様の祝福をもっと得ていただきたいからです。「よろこんで与える者を神は愛される」、これが私たちの宣教事業の基本理念です。

◆マテオによる聖福音10章27節
「私がやみの中で言うことを、あなたたちは明るみで言え。耳をあてて聞くことを、屋根の上から知らせよ」

◆マテオによる聖福音10章42節
「この小さい者の一人に、弟子として冷や水の一杯でも与える人があったなら、まことに私は言う。その人は報いを失わぬ」


ご注意
■ お申し込みは下記住所宛にEメール版は3千円、郵送版は一万円を目安に一年分のご寄付をお願いします(商行為でも契約でもありません)。  〒540−0004 大阪市中央区玉造1−4−14 箱舟の聖母社
■ トラブルを避けるために、必ずご本人様でお申し込み下さい。いかなる理由でも、ご送金後の返金はできません。お申し込みから登録まで2週間程度かかりますので、あしからずご了承下さい。
■ 本誌読者=「聖シャーベル修道会会員」ではありません。どのような立場の方でも歓迎いたします。
■ これを用いてマリア様の事業を攻撃する人には送付を打ち切ります。また災害・戦争など、やむを得ない事情の際も送付いたしませんが、ご了承ください。


%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%0%%

        「 箱 舟 の 聖 母 」

       2005年1月16日号 No.237

   毎週1回発行:Eメール版 年間3,000円(ご寄付)
          郵送版  年間10,000円(ご寄付)
  http://homepage1.nifty.com/charbeljapan/index.htm
      E-mail : charbeljapan@nifty.ne.jp
       ( 等幅フォントでご覧下さい!)
%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%1%%
----------------------------------------------------------------
    箱舟の聖母、
       我らが御母聖マリア、
         キリスト信者の扶(たす)け
----------------------------------------------------------------
 マリア様を喜ばせましょう。マリア様はあなたの小さな奉仕にも大きな恵
みで報いて下さいます。あなたが愛する人の救いのために「箱舟の聖母」を
役立ててください。「箱舟の聖母」は宣教誌です。購読しコピーし身近な人
にわたすなら、あとは マリア様ご自身が働いて下さいます。そしてあなたの
ご寄付はマリア様の事業を支えます。あなたのマリア様に対する奉仕を神様
は永遠に忘れません。
----------------------------------------------------------------

◆今週号の目次

 1.153本の聖ヨゼフの百合
 2.リトル・ペブルに与えられたメッセージ
 3.反キリスト、ロード・マイトレイヤについての警告
 4.お知らせ


----------------------------------------------------------------
1. 153本の聖ヨゼフの百合
----------------------------------------------------------------
【 第97章 】

 神に意識を絶えず向けるために、「愛」よりも「望み」の方がよりたやす
い人もいます。私たちの、神と隣人への愛と望みは、生きている間は無限に
大きくしてゆくことができるのです。「日本中のできるだけ多くの人を救い
たい」とか「世界中のできるだけ多くの人を救いたい」とか、この望みの
強さは人それぞれに無限の差があるのです。この望みが神の恵みによって
際立って強い人には、「愛」よりも「望み」の方が自分の心から多く出てい
るように感じられます。こういう人は、そのままこの「望み」を「内的生活」
をつくり、深めてゆくのに利用できます。また、今の時点ではまったくこの
望みを持っていなくとも、この世的なこと、例えば試験の合格とか、お金持
ちなることとか、立身出世とかを望むと、取りつかれたように一日中、頭の
中からその望みが離れなくなってしまう人は、神様に関することを望めば、
同じように一日中その望みが頭の中から離れないタイプかもしれませんよ。

 聖ヨゼフの霊性を説明したとき、完徳のレベルでの徳の土台は「あらゆる
苦しみを苦しみたい」という望みだということを書きました。つまり、他の
人を救うには、その人の代わりに償いをささげればいいのだから、苦しむこ
とにより償いをささげ、他の人を救うことができると理解できた霊魂は、他
の何ものにもまして「苦しみ」を望むようになるのです。「代わりに償って
あげたい」とか「もっと苦しみたい」とか「できるだけ多くの人を救いたい」
とか、あなたは一日中、何をしていても望み続けることができる人かもしれ
ません。その人はこの望みを強くすれば強くするほど神へと意識が強く、そ
して長く向きます。また、神を愛することも、神をお喜ばせしたいと望むこ
とを含んでいますから、神様を、イエズスを、マリア様を、聖ヨゼフを、ま
たは自分の守護の天使や保護の聖人をおよろこばせしたいと一日中望み続け
るのも、愛と望みの両方によって「内的生活」を深めるひとつの方法ですね。



----------------------------------------------------------------
2.リトル・ペブルに聖母によって与えられたメッセージ
   償いの日、全御出現聖堂にて
 − No.628 2004年12月8日 無原罪の聖母の祝日 その(1)−
----------------------------------------------------------------
リトル・ペブル:
 白い十字架はしばらくの間空に配置されていて、聖バラキエルは降りて来
て、印を示し、彼が持つ十字架によって、私を祝福しました。神が与えた
十字架のシンボルの中に、いつも印があります。

 聖ミカエルは十字架の左にいます。それは白い十字架の右にです。聖ミカ
エルが彼の剣を投げ降ろすと、それは祭壇を撃ち、電気的な効果 − それ
は祭壇自身から発する稲妻のようです。白い十字架は空の大部分を占め、
中央の梁の中で純粋な光 − 光線のようなものがチャペルの中のここの
聖櫃に向かって射しています。そして以前に何度もあったように光の「道」
を形作っています。ドアは十字架の中央部で開き、その向こうを見ることが
できます。

 私は大勢の天使たちと、天使たちによって持ち上げられている聖母を見る
ことができます。そして、この美しい純白の雲の上の光の「道」の上を天使
たちによって持ち上げられて滑空してきます。聖母の後ろに、行列を作って
いる多くの、多くの天使たちがいます。これらの天使たちは、聖母の様々な
タイトルを示している様々な旗印を高く掲げています。文字どおりに、数千
のそれらがあります。聖母は私たちの方へに迅速に滑空します。

 天使たちの後ろで、私は聖ヨアキムと聖アンナ、洗者聖ヨハネ、聖ペトロ、
および聖パウロを見ることができて、それらの聖人たちの後ろで、私は聖ヨ
ゼフと彼とともにいる別の一群の天使たちを見ます。彼らはチャペルに迅速
に滑空してきて、チャペルの壁はもうそこにありません。聖櫃から来るすさ
まじい光があり、聖櫃から祭壇が形成されます − 多くの枝があり、頂上
から切られている木のように形成されました − しかし、それの頂上は
祭壇です。

 聖ミカエルは今、より近くに来ますが、多くの人々は聖ミカエルの大きさ
を想像することができません。彼は私達の地球よりずっと大きく、彼の翼は
白い十字架の後ろにまで遠く伸ばされています。彼は第3天にまで届き、す
べてのそれらの存在を守っています。聖母とともにいる天使たちは緑色の
衣服を着ていて、彼らすべては白い翼ですが、2枚の翼です。私は、彼らが
大天使の歌隊に所属していると思います。聖ヨゼフの天使たちは4つの翼を
持っていて、彼らは金色の衣服を着ていて、それらの天使のそれぞれは違う
楽器 − オーケストラの楽器をもっています。それはこの瞬間、天におい
ての大いなる祭日のように見えます。

 聖母はチャペルの中に入り、祭壇の上の聖櫃の上に立ちます。彼女はいつ
ものように非常に美しい。彼女は美しい白いガウンを着ており、頭からつま
先まで届く紺色のマントをはおっています。

 聖母は胴のまわりに金色の飾り帯をつけていて、百合を持っていますが、
それは普通の百合ではありません − それは百合の中に3本の百合を持っ
ています。

 さて、私は、聖母の上に、多くの違う色の、多くの違う鳥がまさに突然
出現するのを見ることができます。青色の鳥 − フィンチと同じくらい
大きい − は鳥たちの間にいて、聖母が持っているこの百合の上にとまり、
メロディーを歌っています。

 天使たちと聖人たちは聖母のまわりで半円を作りました − 何重もの
奥行きにわたって。聖ヨゼフは右側の、天使たちの歌隊の先頭にいます。
聖母に歌う用意ができているかのようです。

 今、聖アンナと聖ヨアキムは聖母の右に、洗者聖ヨハネは左に、そして
またアイルランドの聖パトリック司教も左に来て、彼は洗者聖ヨハネの隣に
立ちます。聖母は微笑んでいて、彼女は今花を、聖パトリックに渡し、飾り
帯の脇から彼女のロザリオを取り出します。その珠は真珠のピンク色であり、
十字架像は金色です。聖母は十字架像を取り、イエズスにキスします。

聖母:
 父と子と聖霊の御名によりて。アーメン。

 私はあなた、私の愛する息子、「小さいペトロ アブラハム」にあいさつ
します! 私は私の司教なる息子たち「小さいヨハネ」および「小さいジェー
ムズ」にあいさつします。そして全ての私の司祭なる息子たち、私の前で
世界中で「選ばれた」子供たちにあいさつします。

 私の無原罪の御宿りのこの大祝日に、私は今日、クリスマスの季節のため
の、そして来るべき年のための天からの多くの贈り物をあなたたちにもたら
します。これらの贈り物は、子供たちのために永遠の御父から来ます。あな
たたちの聖なる守護の天使たちは、それらが何であるかを知ることを促すで
しょう。神があなたたちに与えた、神の愛について、そして彼の貴重な贈り
物について、あなたたちのすべてが学ぶために来た別の年が過ぎ去りました。
この年だけでなく、あなたたちの人生のすべての過ぎ去った年において。そ
れは熟慮の年であり、そこで我が子供たちのすべては永遠の御父に問われて
きました、彼らの心のうちで、神の御前に彼らはどこに立つのでしょうか?
すべての霊魂たちは、約束の地に入るために、海を渡ったいにしえの子供た
ちのように、信仰のうちに進む用意ができていますか?

 あなたたちの多くは、神があなたたちを呼んだ、彼の御言葉以外の印を
期待せずに、彼の御言葉に信頼させるための信仰の砂漠を歩いてきました。
これらの試練は私達の浄化のため、あなたたちの霊魂の教化と聖化のためで
した。
 
 多くの年月にわたって我が神なる息子イエズスと私、あなたたちの天の母
は、人類に対する私たちの嘆願についてあなたたちに話すために地上に来ま
した。あなたたち各々の人生における神の召し出しを − そしてあなたた
ちのために、黙示録を通して救い主の御言葉を説明し、我が神なる息子イエ
ズスが彼の相続 − 悪人を彼の足元に踏み砕き、地獄の深淵を閉じ、それ
ゆえ世界はもう一度平和と調和のうちに、堕落する前のアダムとイブのよう
に生きるでしょう − を要求するために再臨するだろうまさにその時のた
めに、救い主の御言葉があなたたちの人生の日々を満たしてきました。

 神の約束は永遠です。彼の口から発せられたすべての御言葉は果たされる
でしょう。私たちの子供たちはただ、祈り、忍耐し続ける必要があります。
世界は多くの懲罰、多くの悲しい出来事を見ました − 戦争、物質の面だ
けではなく永遠のために創造されたまさしくその霊魂の恐怖と破滅。

 私は繰り返し言います。時間は非常に短い。それが最後の日であるかのよ
うに、毎日を数え、あなたたちは自身と愛する人々の霊魂の救いのために、
神の栄光のうちにそれを最善に生きてください。各瞬間についてこのように
生きるべきです − このようにして神の現存はずっとあなたたちの前にあ
り、あなたたちは罪をおかさないでしょう。

 私は、甘美なる子供たちよ、私の神なる息子から離れてあなたを導く多く
の誘惑と多くの道があると知っています。けれども、あなたのために十字架
の上で死んだイエズスは、この地上においてだけでなく、間違いなく次の
生命において幸福に通じるであろう真実の道を開きました。

 世界は、すべてが果たされるまで懲らしめられ − 毎年、その前の年よ
り悪くなっています − 完成にいたります。そして新しい聖なる時代が
到来し、平和の統治が人々の心に入るでしょう。

 神を愛している人々のために。恐れる必要は全然ありません、むしろ単純
に希望し、神の全き良さを信頼してください。

 今年を、新らしい年が、あなたたちが望み、祈るすべての祝福をもたらす
ように、あなたたちの心におけるキリストの勝利をもって終わらせてくださ
い。福音を生きてください、我が甘美なる子供たちよ、そして十字架から私
の神なる息子イエズスの御言葉を伝えてください。互いをゆるし、互いを愛
し、互いを容認し、善に堅忍してください。


 …… 続く ……



----------------------------------------------------------------
3.反キリスト、ロード・マイトレイヤについての警告
----------------------------------------------------------------
マリア様からの警告 1996年1月13日 No.231

 特別なミッションのために私に選ばれた者は、聖となり清らかに正しく
生きるという重大な責任が神の御前にあります。その者たちは神の真理を
証ししなければならないからです。

 邪悪な者の力と、そのごまかしのために勇気を失ってはなりません。この
テストと試練によって、あなたたちは完全になり、清められ、聖なる者とな
るのですから。

 神は誰よりもこれほど寛大な方はいません。百倍だけではなく、千の千倍
も報いてくださるでしょう。

 この国から一人の偉大な預言者を立てます。それは、私の小さな息子、レ
インボウ・ワリア(虹の戦士)です。



----------------------------------------------------------------
4.お知らせ
----------------------------------------------------------------
◆ 東京方面に住んでおられるリトル・ペブルさんの支持者の皆さん。東京
 方面でも定期的に今後、ジャン・マリー神父をお招きしてミサを行う予定
 です。東京方面にお住まいの方で、参加を希望される方は下記までご連絡
 ください。

  また、関西方面に住んでおられるリトル・ペブルさんの支持者の皆さん。
 これから集会を開いて、共に励ましあい、交友を深めましょう。聖シャー
 ベル修道会第4部門の会員、奈良県在住の■■■■さんが世話役になって
 くださることになりました。スタッフになってマリア様のために奉仕した
 い方、参加したい方、どうぞこちらまでご連絡ください。

 聖シャーベル修道会
 「秋田・天草そして全ての日本の殉教者共同体」

 〒467-0014
 名古屋市瑞穂区白羽根町2-33-3
 tel: 052-851-8584

 〒448-0846
 刈谷市寺横町2-82-3
 tel: 0566-29-2805



◆ 名古屋の共同体、「秋田、天草、そして全ての日本の殉教者たちの聖母」
 共同体(OUR LADY OF AKITA AND AMAKUSA AND THE MARTYRS OF JAPAN )
 において、トリエント典礼ミサがたっています。あずかりたい方は下記ま
 で連絡してください。

   〒467-0014 
   名古屋市瑞穂区白羽根町2-33-3
   マキシミリアノ・マリア・コルベ馬場勝吉
   tel 052-851-8584


◆ 洗礼を希望する方は申し出てください。ローマ・ カトリック使徒教会
 の昔からの教えを全て固く信じ、現代主義の異端を決して受け入れないこ
 と。他の宗教の教えをことごとく捨て去ること。この固い決心があるなら、
 準備が不十分でも洗礼を授けます。

 準備としては、私たちの3冊の本と、マリア・ワルトルタ著の十巻の本
 を全て読んでください。受洗後に読む場合、読む約束をしてください。

 「153本のマリアさまのバラ」「聖シャーベル修道会の会則会憲」
 「メッセージ集」

   ■箱舟の聖母社
    〒540-0004
    大阪市中央区玉造1-4-14
    郵便振替 00840-3-132438

 マリア・ワルトルタ著、フェデリコ・バルバロ訳編の「マグダラのマリア」
 「聖母マリアの詩(上)(下)」「イエズスの受難」「イエズスに出会っ
 た人々(一)(二)(三)」「イエズス − たそがれの日々」「受難の
 前日」「復活」の10冊、それぞれ3000円前後です。

   ■あかし書房
    〒166
    東京都杉並区成田西3-9-22
    電話:03-3313-4014 FAX:03-3311-9359
    郵便振替:00110-6-111231


◆ 私たちはリトル・ペブルさんの本、「THE LITTLE PEBBLE - THE LAST
 POPE」日本語版について、2001年11月17日に翻訳と出版の権利を
 リトル・ペブルさんからいただきました。すでに第3巻までの翻訳はでき
 ています。しかし、この重要な本を世に送り出すための出版費用が私たち
 には全くありません。そこで、皆さまにお願いです。どうか皆様のご寄付
 によって、このマリア様のお仕事を支えていただけないでしょうか。利益
 の10%はリトル・ペブルさんにもどり、彼のミッションを支えます。
 ご寄付は、「「最後の教皇」出版のための寄付」と明記して、現金書留か
 郵便振替にて下記までお願いします。

  〒540−0004
  大阪市中央区玉造1−4−14
  箱舟の聖母社
  郵便振替 00840−3−132438


◆「天からのメッセージ」に版権はありません。天はできるだけ多くの人々
 がメッセージを読むことをお望みです。どうぞ友人知人に「天からのメッ
 セージ」を伝えて下さい。コピーして配布して下さい。

◆ 編集室では、メッセージの翻訳ボランティアを募集しています。できる
 なら、カトリック信者で専門用語に強い方を希望しています。

◆ 皆様からのご質問、ご感想をお待ちしております。関連情報をお持ちで
 したらお寄せ下さい。
 
◆ 次回「箱舟の聖母」は1月23日頃、発行を予定しています。



----------------------------------------------------------------
編集・発行:聖シャーベル修道会
スタッフ :Father Jean-Marie of the Risen Son of God(復活された
      神の子のジャン・マリー司祭)  Kolbe-Marie阿部哲朗
      マキシミリアノ・マリア・コルベ馬場勝吉 A・フランシスコ丸山幸一
----------------------------------------------------------------
お申込み、ご質問、ご感想は下記までお願いします。

  〒540−0004
   大阪市中央区玉造1−4−14
   聖シャーベル修道会

  E-mail : charbeljapan@nifty.ne.jp

 お申し込みはEメール版は3千円、郵送版は一万円を目安に、一年分のご
寄付をお願いします(商契約ではありません)。こうするのは、読者の皆さ
んにも「受けるだけの人」のままでいるのではなく、自発的な献金と、友人
知人にコピーをわたす伝道を通して「よろこんで与える人」となり、神様の
祝福をもっと得ていただきたいからです。「よろこんで与える者を神は愛さ
れる」、これが私たちの宣教事業の基本理念です。
----------------------------------------------------------------
%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%1%%

(C)日本における「聖シャーベル修道会の共同体」
      設立の促進と援助のための事務所
 http://homepage1.nifty.com/charbeljapan/index.htm
    E-mail : charbeljapan@nifty.ne.jp

%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%6%%




[HOME] [戻る]