「箱舟の聖母」バックナンバー
2005年1月9日号No.236

 マリア様を喜ばせましょう。マリア様はあなたの小さな奉仕にも大きな恵みで報いて下さいます。あなたが愛する人の救いのために「箱舟の聖母」を役立ててください。「箱舟の聖母」は宣教誌です。購読しコピーし身近な人にわたすなら、あとはマリア様ご自身が働いて下さいます。そしてあなたの購読料はマリア様の事業を支えます。あなたのマリア様に対する奉仕を神様は永遠に忘れません。

 お申し込みはEメール版は3千円、郵送版は一万円を目安に一年分のご寄付をお願いします(商契約ではありません)。こうするのは、読者の皆さんにも「受けるだけの人」のままでいるのではなく、自発的な献金と、友人知人にコピーをわたす伝道を通して「よろこんで与える人」となり、神様の祝福をもっと得ていただきたいからです。「よろこんで与える者を神は愛される」、これが私たちの宣教事業の基本理念です。

◆マテオによる聖福音10章27節
「私がやみの中で言うことを、あなたたちは明るみで言え。耳をあてて聞くことを、屋根の上から知らせよ」

◆マテオによる聖福音10章42節
「この小さい者の一人に、弟子として冷や水の一杯でも与える人があったなら、まことに私は言う。その人は報いを失わぬ」


ご注意
■ お申し込みは下記住所宛にEメール版は3千円、郵送版は一万円を目安に一年分のご寄付をお願いします(商行為でも契約でもありません)。  〒540−0004 大阪市中央区玉造1−4−14 箱舟の聖母社
■ トラブルを避けるために、必ずご本人様でお申し込み下さい。いかなる理由でも、ご送金後の返金はできません。お申し込みから登録まで2週間程度かかりますので、あしからずご了承下さい。
■ 本誌読者=「聖シャーベル修道会会員」ではありません。どのような立場の方でも歓迎いたします。
■ これを用いてマリア様の事業を攻撃する人には送付を打ち切ります。また災害・戦争など、やむを得ない事情の際も送付いたしませんが、ご了承ください。


%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%0%%

        「 箱 舟 の 聖 母 」

       2005年1月9日号 No.236

   毎週1回発行:Eメール版 年間3,000円(ご寄付)
          郵送版  年間10,000円(ご寄付)
  http://homepage1.nifty.com/charbeljapan/index.htm
      E-mail : charbeljapan@nifty.ne.jp
       ( 等幅フォントでご覧下さい!)
%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%1%%
----------------------------------------------------------------
    箱舟の聖母、
       我らが御母聖マリア、
         キリスト信者の扶(たす)け
----------------------------------------------------------------
 マリア様を喜ばせましょう。マリア様はあなたの小さな奉仕にも大きな恵
みで報いて下さいます。あなたが愛する人の救いのために「箱舟の聖母」を
役立ててください。「箱舟の聖母」は宣教誌です。購読しコピーし身近な人
にわたすなら、あとは マリア様ご自身が働いて下さいます。そしてあなたの
ご寄付はマリア様の事業を支えます。あなたのマリア様に対する奉仕を神様
は永遠に忘れません。
----------------------------------------------------------------

◆今週号の目次

 1.聖シャーベル修道会ニュース
 2.153本の聖ヨゼフの百合
 3.マザー・シャーリー、シスター・ルースによる講演会
 4.反キリスト、ロード・マイトレイヤについての警告
 5.お知らせ



----------------------------------------------------------------
1.聖シャーベル修道会ニュース
----------------------------------------------------------------
◆ 東京方面に住んでおられるリトル・ペブルさんの支持者の皆さん。東京
 方面でも定期的に今後、ジャン・マリー神父をお招きしてミサを行う予定
 です。東京方面にお住まいの方で、参加を希望される方は下記までご連絡
 ください。

  また、関西方面に住んでおられるリトル・ペブルさんの支持者の皆さん。
 これから集会を開いて、共に励ましあい、交友を深めましょう。聖シャー
 ベル修道会第4部門の会員、奈良県在住の■■■■さんが世話役になって
 くださることになりました。スタッフになってマリア様のために奉仕した
 い方、参加したい方、どうぞこちらまでご連絡ください。

 聖シャーベル修道会
 「秋田・天草そして全ての日本の殉教者共同体」

 〒467-0014
 名古屋市瑞穂区白羽根町2-33-3
 tel: 052-851-8584

 〒448-0846
 刈谷市寺横町2-82-3
 tel: 0566-29-2805



----------------------------------------------------------------
2. 153本の聖ヨゼフの百合
----------------------------------------------------------------
【 第96章 】

 イエズスから与えられた射祷もあります。「イエズス、信頼します!」 
これはポーランドのシスターファウスチーナにイエズスがお与えになった
ものです。イタリアのシスターコンソラータには「イエズス、愛します!」
という射祷をイエズスはお与えになり、心の中でできるだけ度々唱えるよう
にご要求なさいました。イエズスはシスターコンソラータの「内的生活」が
深まるにつれ、できるだけ度々というご要求を、絶え間なくというご要求に
まで、じょじょに難しくしてゆかれました。また、祈りも「イエズス、愛し
ます!」を、「イエズス、マリア、愛します!」に。そして「イエズス、
マリア、愛します。霊魂(達)を救って!」というふうに、少しずつ長くし
てゆかれました。シスターコンソラータは心の努力の限りを尽くしました。
何年もの激しい努力の結果、彼女は、何をしていてもこの愛の祈りを止めず
に心の中で続けるというイエズスのご要求にそえるように本当になったので
す。「そんなの人間技ではない!」と皆さんも思うとおり、これこそまさに
神技です。神がお与えくださる恩寵のおかげで絶え間なくこの愛の祈りを
心の中で唱えることができるのです。シスターコンソラータは、彼女と同じ
方法で「内的生活」を生きる多くの人々の霊的母親になるためにイエズスか
ら選ばれたのです。彼女の模範と取り次ぎによって、彼女と同じように絶え
間ない愛の祈りを用いて「内的生活」を生きるようにと神がお呼びになって
いる人にも、イエズスはシスターコンソラータにお与えになったのと同じ
恩寵を与えてくださいます。皆さんの中にも絶え間ない愛の祈りに呼ばれて
いる人がいるかもしれませんね。マリア様のこのミッションでは、聖ヨゼフ
にも祈るようにと、イエズスは「イエズス、マリア、ヨゼフ、愛します! 
霊魂(達)を救って!」と、ヨゼフの名もまた、お加えになりました。この
リトル・ペブルさんのミッションのフランス語を話す人たちのために、マリ
ア様はフランス語のこの祈りに、歌うためのメロディーをつけてくださいま
した。残念ですけれど、フランス語のこの祈りはとても短く、日本語のこの
祈りには、そのメロディーは合わないので使えません。とにかくこれを台所
とかで働きながら、皆が静かに繰り返し歌ったり、自分ひとりで小声で静か
に繰り返し歌うことができるのです。これもできるだけ愛の祈りを絶え間な
く続けるのをやさしくするために、マリア様が与えてくださったのです。
射祷を使って絶え間なく愛するのが要点ですから、あなたのアイデアで、あ
なたなりの方法を生み出してもいいのですよ。



----------------------------------------------------------------
3.マザー・シャーリー、シスター・ルースによる講演会
  − 2004年12月12日 名古屋 その(3) −
----------------------------------------------------------------

 …… 前号からの続き ……

マザー・シャーリー:
 シスタールースと私はコミュニティー(共同体)に暮らしています。これ
はその人達が聖でいられるように特別な共同体です。神父さんがいます。
シスターがいます。家族がいます。子供たち、親がいます。私たちの生活は、
みんなイエズス様やマリア様にささげるために正しい生活をしています。な
ぜなら、私たちはマリア様の子供ですから。

 今、マリア様は世界中に共同体を作っています。今、マリア様はあちこち
で作っている共同体、また、これから作りたいと思う共同体の場所へ私たち
を送っています。その一番の意味は、みんな一人づつにマリア様の愛を知ら
せたい、マリア様の愛を運んでいきたいからです。共同体を回っている数は
少なくても、マリア様の愛は偉大です。全てに与えられています。

 今、マリア様は一人でも多くの人を救うために、あなたたちが信仰のこと
を知らなくても、マリア様は、みんな地上にいる母親よりもっとあなたたち
を愛しています。だから、マリア様の共同体を作り、マリア様の言葉を運ん
だりするのは、マリアさまに対しての愛です。

 私はただ、マリア様があなたたちを愛しているということしか言えません。

 私たちはあなたたちに分かってほしいのです。理解してほしいのは、マリ
ア様はあなたたちのお母さん、母です。決してあなたたちは独りぼっちでは
ありません。なぜなら、マリア様はあなたたちをイエズス様の所へ導いてく
ださいますから。

 シスター(修道女)になろうと思ったら、修行をしなければなりません。
10年、20年とする人がいます。そして、これで自分が本当に修道女にな
る、マリアさまに仕えたいといったら、結婚指輪をもらうんです。これは
自分達がイエズスさまに一生仕えるというしるしです。

 イエズス様のいる所には必ずマリア様がいらっしゃいます。いつでも二人
は一緒です。この方はマリア様の子でありながらイエズス様のお嫁さんです。

 シスター・ルースはマリア様、イエズス様、天使が見えます。今日、私た
ちはいろいろ聞いていて、イエズス様の答えがきたのです。お父さんが泣い
ている姿を見ています。このことはあなたたちにとって不思議なことですが、
一人はこんなに見えていて、一人は見えていないのです。私たちはイエズス
様の言葉を運ぶ一つのパイプ。私たちは結局、何の値打ちのない私たちが
 ……(テープ切れる)…… 遣わされているのです。

シスター・ルース:
 マリア様はおっしゃいました。御父は私たちに十戒というものを下さいま
した。十戒を守るのが善、守らないのが悪です。御父は私たちにお互いに
愛し合いなさい。もし、あなたたちが誰かに愛されたかったら、あなたは
隣人を愛しなさい。イエズス様は、もしあなた方が隣人を愛したら、私を
愛しているのであるとおっしゃいました。

 あなたたちは気がついたでしょうか? 会場の中で白い服を着た人が、
洗礼を受けるために呼ばれて後ろの方へいきました。洗礼を受けるその方の
頂く恩寵は素晴らしいものです。私たちは罪を持って生まれてきているので
す。洗礼は生まれたての赤ちゃんのように全然罪のない姿になるのです。だ
から、洗礼を受けるその方は今日、素晴らしい恩寵をたくさん頂いて、今ま
で犯した罪は全部消えてしまいます。

 サクラメント(秘跡)という不思議があるんです。私たちは生まれてカト
リックになったその洗礼も儀式の一つです。

 ここにジャン・マリー神父さんがいらっしゃいますね。イエズス様があの
方を神父になさった訳ですね。だから、これからあなたたちは、もしも助か
りたかったら、あの方に相談して、そして教えて頂きなさい。

 マザー・シャーリーがあなたたちがこの世にいる時にお祈りすることは
いいことです、と。イエズス様がたくさん良い祈りを作られました。その中
で良いお祈りは主の祈りです。このお祈りを本当に心を込めて祈ったら、そ
のお祈りだけでも十分助かるのです。赦しから全部。

【主の祈り(主祷文:しゅとうぶん)】
 天にましますわれらの父よ、
 願わくは御名(みな)の尊(とうと)まれんことを、
 御国(みくに)の来(きた)らんことを
 御旨(みむね)の天に行わるるごとく地にも行われんことを。
 われらの日用(にちよう)の糧(かて)を、今日われらに与え給え。
 われらが人に赦(ゆる)すごとく、われらの罪を赦し給え。
 われらが誘惑におちいるがままになし給わず、
 われらを全ての悪より救い給え。アーメン。


 これを毎日、一回しただけでも助けて下さいます。

 これはマリア様の御祈りです。

【 天使祝詞:てんししゅくし 】
 めでたし、聖寵(せいちょう)充満(みちみ)てるマリア、
 主、御身(おんみ)と共にまします。
 御身は女のうちにて祝(しゅく)せられ、
 御胎内(ごたいない)の御子(おんこ)イエズスも
 祝(しゅく)せられ給う。
 天主の御母(おんはは)聖マリア、
 罪人(つみびと)なるわれらのために、
 今も臨終の時も祈り給え。アーメン。


 ……ロザリオの説明(日本語の通訳なし)……


 ロザリオは喜び、苦しみ、栄え、そして教皇様の御作りになった「光の
玄義」があります。祈りは「天にまします……」「めでたし……」です。
ロザリオはマリア様の大切な祈り、だいじな祈りです。どうしてもしなけれ
ばいけないというものではありませんが、忙しい時は一連、また一つの祈り
だけ、特にマリア様、天使、私たち一人、一人についている天使を愛して
心から祈って下さい。

マザー・シャーリー:
 煉獄の話をします。煉獄は何のためにあるのでしょう。それは私たちの
犯した罪の償いをするところです。煉獄は13段階あります。罪が多く、深
い人が行く段階、少ない人が行く段階と13段階あるのです。1段階から
7段階の間までは自分が死んだ時に守護の天使がついて降ります。8段階か
ら13段階までは守護の天使はついていけません。そして13段階より下は
地獄です。

 1段階にいる人達は苦しみも痛みも感じないのです。ただ、イエズス様に
赦しをもらって天国へ昇るのを待っています。今、煉獄にいるということは
余り優しいことではありません。なぜなら、私は煉獄で苦しんでいる霊魂と
いっしょに苦しむために、神はそこへ行きなさいといわれたのです。


 そこはあまりいい所ではないですよ。だから、この世で罪を犯す機会が
あっても、できるだけさけるように。煉獄はあまりいい所ではないですよ。
行ったら苦しいですよ。煉獄のような所はないと思ったら大間違いです。私
はイエズス様に連れられて、1段階から13段階まで行ってきました。どん
なところか苦しみも味わってきました。とっても大変なところです。炭が
どんどん燃えているような感じです。だから皆さんに忠告しなさいと、同じ
苦しみを味わうなら、まだ地上で煉獄でする苦しみを味わった方がよい。
煉獄でその苦しみを味わうのと苦しさが違います。私は現実にイエズス様に
連れられたんです。1段階、2段階、……と苦しみを味わってきましたから。

 あなたたちの身内などが煉獄にいたら、あの人達は自分で自分を救うこと
ができないのです。あなたたちが良いことをするとか、御祈りするとかで
あの人達を救うことができるのです。たくさんの霊魂がそこにいるのです。
50年とか、何十年も長い間煉獄にいるのです。なぜかというと、家族が
全然祈ってあげないから、だから、私たちはいつも祈ってもらえない霊魂の
ために祈っています。そうでないといつまでもそこから出られないから。

 昔、カトリックの宗教を信じていた人達は迫害にあい、何千人という人が
殺されたことがあります。 イエズス様は12使徒を選び、その弟子たちは
世界のほうぼうへイエズス様の言葉を教えにいったのです。使徒たちは全部、
殉教したんです。信仰しているからみんな迫害されて殺されたんです。だけ
ど何千年とたっていても、まだカトリックの宗教は広がっています。みんな
信仰している人も多いし、あの日本にカトリックの信仰が来たのは随分昔の
ことです。その時に何千人という日本人が宗教のために亡くなったのです。
殺されたりして命を献げたのです。その人達は今、天国の聖人になっていま
す。なぜなら、その人達はイエズス様のために血を流したからです。

 日本はたくさんの聖人がいるんです。宗教のためにたくさん殺されて、
日本は聖なる国なのです。なぜなら、その人達が殺されたおかげでこの国は
強くなったのです。しかし、今の信者さんたちもたくさんの人はまだ、その
人達の苦しみを理解している人はほとんどいません。その殉教した聖人たち
はあなたたちのために祈って下さっています。その聖人たちは世界中の人の
ためにも祈っておられるし、ここにいらっしゃる現在の日本の人達のために
も救霊のために祈って下さっています。

 マリア様は日本の母、また日本人の母なのです。あなたたちは聖人たちが
命を投げ出したことに感謝し、またその人達に自分の信仰を強めてもらうよ
うにお祈りすると良いでしょう。みんな、あなたの兄弟、姉妹だから、彼ら
は必ず、あなたたちのために祈って下さる。日本ではたくさん、日本人は
マリア様のために命を投げ出した人達がたくさんいらっしゃるんです。明日、
東京でこの人達のために建てた聖なるところ、そういう方たちの葬られてい
るところをお参りします。

 マリア様が皆さんを愛しているし、あなたたち、一人、一人マリア様を
愛して下さい。

(講演終わり)

 引き続き、洗礼・堅信式、第4部門会員受け入れ式、トリエント典礼ミサ
が行なわれました。

 講演会では、二度にわたり御出現がありました。写真にはもちろん写って
いませんが、シスター・ルースによると最初は洗礼式のときで、イエズス
ご自身が御出現になり、ジャン・マリー神父の中に入り、受洗者にご自身で
洗礼をお授けになりました。二回目は第4部門入会式の時で、聖シャーベル
が御出現になり、ジャン・マリー神父の片側に立ち、リトル・ペブルさんが
バイロケーションでやって来て、もう片方の側に立ち、お二人が直接、入会
者たちを受け入れました。

 講演も式もミサも、愛の雰囲気に満ち溢れていました。シスター・ルース
によると、天からたくさんの恩寵が与えられた講演会だったということです。



----------------------------------------------------------------
4.反キリスト、ロード・マイトレイヤについての警告
----------------------------------------------------------------
リトル・グレインに与えられたマリア様からの警告
1996年1月6日 No.230

 今年、試練と迫害に備えて準備しなさい。この世のことは忘れ、あなたた
ちの霊魂、友人、隣人の霊魂の心配だけをするようになさい。

 神を第一に! このことを忘れてはなりません。

 まもなく、あなたたちはいくつかの重大なニュースを耳にするでしょう。
あなたたちがそれに備えて準備ができているとは思えません! 強くありな
さい。霊魂を準備しなさい。もし、来るべきことを知ったなら、あなたたち
はひざまずき、昼夜、祈るでしょう。

 あなたたちは、教皇を取り囲んでいる邪悪な者を理解したり把握すること
はできないでしょう。彼らはまもなく、教皇を取り除こうとするでしょう。
注意していなさい。このショックに備えて準備しなさい。多くのものがロー
マから来るでしょう。しかし、それは反教皇から来ることをあなたたちは
理解しなければなりません。



----------------------------------------------------------------
5.お知らせ
----------------------------------------------------------------
◆ 名古屋の共同体、「秋田、天草、そして全ての日本の殉教者たちの聖母」
 共同体(OUR LADY OF AKITA AND AMAKUSA AND THE MARTYRS OF JAPAN )
 において、トリエント典礼ミサがたっています。あずかりたい方は下記ま
 で連絡してください。

   〒467-0014 
   名古屋市瑞穂区白羽根町2-33-3
   マキシミリアノ・マリア・コルベ馬場勝吉
   tel 052-851-8584


◆ 洗礼を希望する方は申し出てください。ローマ・ カトリック使徒教会
 の昔からの教えを全て固く信じ、現代主義の異端を決して受け入れないこ
 と。他の宗教の教えをことごとく捨て去ること。この固い決心があるなら、
 準備が不十分でも洗礼を授けます。

 準備としては、私たちの3冊の本と、マリア・ワルトルタ著の十巻の本
 を全て読んでください。受洗後に読む場合、読む約束をしてください。

 「153本のマリアさまのバラ」「聖シャーベル修道会の会則会憲」
 「メッセージ集」

   ■箱舟の聖母社
    〒540-0004
    大阪市中央区玉造1-4-14
    郵便振替 00840-3-132438

 マリア・ワルトルタ著、フェデリコ・バルバロ訳編の「マグダラのマリア」
 「聖母マリアの詩(上)(下)」「イエズスの受難」「イエズスに出会っ
 た人々(一)(二)(三)」「イエズス − たそがれの日々」「受難の
 前日」「復活」の10冊、それぞれ3000円前後です。

   ■あかし書房
    〒166
    東京都杉並区成田西3-9-22
    電話:03-3313-4014 FAX:03-3311-9359
    郵便振替:00110-6-111231


◆ 私たちはリトル・ペブルさんの本、「THE LITTLE PEBBLE - THE LAST
 POPE」日本語版について、2001年11月17日に翻訳と出版の権利を
 リトル・ペブルさんからいただきました。すでに第3巻までの翻訳はでき
 ています。しかし、この重要な本を世に送り出すための出版費用が私たち
 には全くありません。そこで、皆さまにお願いです。どうか皆様のご寄付
 によって、このマリア様のお仕事を支えていただけないでしょうか。利益
 の10%はリトル・ペブルさんにもどり、彼のミッションを支えます。
 ご寄付は、「「最後の教皇」出版のための寄付」と明記して、現金書留か
 郵便振替にて下記までお願いします。

  〒540−0004
  大阪市中央区玉造1−4−14
  箱舟の聖母社
  郵便振替 00840−3−132438


◆「天からのメッセージ」に版権はありません。天はできるだけ多くの人々
 がメッセージを読むことをお望みです。どうぞ友人知人に「天からのメッ
 セージ」を伝えて下さい。コピーして配布して下さい。

◆ 編集室では、メッセージの翻訳ボランティアを募集しています。できる
 なら、カトリック信者で専門用語に強い方を希望しています。

◆ 皆様からのご質問、ご感想をお待ちしております。関連情報をお持ちで
 したらお寄せ下さい。
 
◆ 次回「箱舟の聖母」は1月16日頃、発行を予定しています。



----------------------------------------------------------------
編集・発行:聖シャーベル修道会
スタッフ :Father Jean-Marie of the Risen Son of God(復活された
      神の子のジャン・マリー司祭)  Kolbe-Marie阿部哲朗
      マキシミリアノ・マリア・コルベ馬場勝吉 A・フランシスコ丸山幸一
----------------------------------------------------------------
お申込み、ご質問、ご感想は下記までお願いします。

  〒540−0004
   大阪市中央区玉造1−4−14
   聖シャーベル修道会

  E-mail : charbeljapan@nifty.ne.jp

 お申し込みはEメール版は3千円、郵送版は一万円を目安に、一年分のご
寄付をお願いします(商契約ではありません)。こうするのは、読者の皆さ
んにも「受けるだけの人」のままでいるのではなく、自発的な献金と、友人
知人にコピーをわたす伝道を通して「よろこんで与える人」となり、神様の
祝福をもっと得ていただきたいからです。「よろこんで与える者を神は愛さ
れる」、これが私たちの宣教事業の基本理念です。
----------------------------------------------------------------
%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%0%%

(C)日本における「聖シャーベル修道会の共同体」
      設立の促進と援助のための事務所
 http://homepage1.nifty.com/charbeljapan/index.htm
    E-mail : charbeljapan@nifty.ne.jp

%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%9%%




[HOME] [戻る]