「箱舟の聖母」バックナンバー
2005年1月2日号No.235

 マリア様を喜ばせましょう。マリア様はあなたの小さな奉仕にも大きな恵みで報いて下さいます。あなたが愛する人の救いのために「箱舟の聖母」を役立ててください。「箱舟の聖母」は宣教誌です。購読しコピーし身近な人にわたすなら、あとはマリア様ご自身が働いて下さいます。そしてあなたの購読料はマリア様の事業を支えます。あなたのマリア様に対する奉仕を神様は永遠に忘れません。

 お申し込みはEメール版は3千円、郵送版は一万円を目安に一年分のご寄付をお願いします(商契約ではありません)。こうするのは、読者の皆さんにも「受けるだけの人」のままでいるのではなく、自発的な献金と、友人知人にコピーをわたす伝道を通して「よろこんで与える人」となり、神様の祝福をもっと得ていただきたいからです。「よろこんで与える者を神は愛される」、これが私たちの宣教事業の基本理念です。

◆マテオによる聖福音10章27節
「私がやみの中で言うことを、あなたたちは明るみで言え。耳をあてて聞くことを、屋根の上から知らせよ」

◆マテオによる聖福音10章42節
「この小さい者の一人に、弟子として冷や水の一杯でも与える人があったなら、まことに私は言う。その人は報いを失わぬ」


ご注意
■ お申し込みは下記住所宛にEメール版は3千円、郵送版は一万円を目安に一年分のご寄付をお願いします(商行為でも契約でもありません)。  〒540−0004 大阪市中央区玉造1−4−14 箱舟の聖母社
■ トラブルを避けるために、必ずご本人様でお申し込み下さい。いかなる理由でも、ご送金後の返金はできません。お申し込みから登録まで2週間程度かかりますので、あしからずご了承下さい。
■ 本誌読者=「聖シャーベル修道会会員」ではありません。どのような立場の方でも歓迎いたします。
■ これを用いてマリア様の事業を攻撃する人には送付を打ち切ります。また災害・戦争など、やむを得ない事情の際も送付いたしませんが、ご了承ください。


%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%0%%

        「 箱 舟 の 聖 母 」

       2005年1月2日号 No.235

   毎週1回発行:Eメール版 年間3,000円(ご寄付)
          郵送版  年間10,000円(ご寄付)
  http://homepage1.nifty.com/charbeljapan/index.htm
      E-mail : charbeljapan@nifty.ne.jp
       ( 等幅フォントでご覧下さい!)
%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%1%%
----------------------------------------------------------------
    箱舟の聖母、
       我らが御母聖マリア、
         キリスト信者の扶(たす)け
----------------------------------------------------------------
 マリア様を喜ばせましょう。マリア様はあなたの小さな奉仕にも大きな恵
みで報いて下さいます。あなたが愛する人の救いのために「箱舟の聖母」を
役立ててください。「箱舟の聖母」は宣教誌です。購読しコピーし身近な人
にわたすなら、あとは マリア様ご自身が働いて下さいます。そしてあなたの
ご寄付はマリア様の事業を支えます。あなたのマリア様に対する奉仕を神様
は永遠に忘れません。
----------------------------------------------------------------

◆今週号の目次

 1.新年のご挨拶
 2、聖シャーベル修道会ニュース
 3.153本の聖ヨゼフの百合
 4.マザー・シャーリー、シスター・ルースによる講演会
 5.反キリスト、ロード・マイトレイヤについての警告
 6.お知らせ
 7.編集後記



----------------------------------------------------------------
1.新年のご挨拶
----------------------------------------------------------------
 2005年、新しい年が希望に満ちて始まりました。リトル・ペブルさん
からは名古屋の共同体の全メンバーに聖シャーベル修道会のために成し遂げ
た素晴らしい働きに感謝するという手紙を頂きました。

 ブロサード司教様からも名古屋でのマザー・シャーリー(ゴールデン・
ロッド)、シスター・ルース(ライラック・フラワー)のオープンの集会を
開いたことで、共同体の全メンバーが幾重にも祝福されたと確信しています
という御手紙を頂きました。

 じつは天が啓示して下さったのですが、もうじき、日本で数十人単位で
幻視者、神秘家を天が与えます。すでに天は、養成を始めているはずですの
で、神秘的体験の始まっている人(始まっている子)、また知人にそういう
方がいる人はジャン・マリー神父に連絡して下さい。正しいケアーが必要
ですから。

 同じく、啓示によると、もうじき、日本に共同体が多くできます。司教・
司祭の中からリトル・ペブルさんを支持する人が名乗りを上げ、私たちに
力強い支援を与えます。

 また今年はリトル・ペブルさんが来日し、再び名古屋でオープンの集会を
開きます。それによってミッションの進展が、なお一層加速します。すでに
各地で若い人が積極的に動き始めています。皆さんも組織作りとか定期的
集会とか、ぜひ自分の地域で始めて下さい。今がその時です。そして、あな
たの地域でリトル・ペブルさんの来日講演を開きましょう。

 お互いに知り合い、励まし合い、一致すれば伝道の勇気も困難の時の慰め
も十二分に受けることができます。

 司祭になりたい、ブラザーになりたい、シスターになりたいという御手紙
をよく頂きますが、ブロサード司教様が天から依頼されて、近々神学校を
ナウラの母院で始めます。ジャン・マリー神父もブラザー、シスターの養成
が日本国内で出来るようにします。希望を持って、召し出しに寛大に応えて
下さい。

 天からの強烈な追い風を今、受けていますから、一歩踏み出す時ですよ。

 ジャン・マリー神父は関東方面、関西方面それぞれに代理人をたてて、
集会と組織作りにあたらせますので、その方々からの連絡がきたらよろしく
お願いいたします。

 さて、日本に先行してキリスト教国に神様は幻視者を再び数多く与え始め
ました。アメリカでは彼らがインターネットで活発に活動して天の声を多く
の人々に届けています。カトリック教会が弾圧されている共産国ウクライナ
ではリトル・ペブルさんを支持する御出現が起こっており、多くの巡礼者が
押しかけており、ウクライナのメジュゴリエといわれるようになっています。
これはリトル・ペブルさんとの一致を拒んだメジュゴリエの子供たちに変え
て、天が新たに起こした幻視者たちとご出現です。

 オーストラリアでは、共同体の子供たちの多くが、ビジョンとローキュー
ションを受けており、特別な使命に召されています。これらの動きは世界に
おいてはこのように始まっていますので、日本においても、もう始まってい
てもおかしくはないのです。年若い子供たちが多く選ばれることでしょう。
聖シャーベル修道会は去年20名を超える司祭が叙階されました。第1部門
の独身司祭は日本、オーストラリア、アイルランドにいます。第3部門の
既婚司祭は日本、オーストラリア、アイルランド、カナダ、アメリカにいま
す。アメリカからは聖シャーベル修道会の既婚司祭になりたいという希望者
が、ぞくぞく出てきています。ニュージーランド人の若い既婚の方の一人が、
叙階の準備をしています。

 また、聖シャーベル修道会との連合関係にある隠遁のフランシスコ会の
バーソロミュー・シュナイダー司教様のもとには52人の修道司祭がおり、
司教様は全世界の共同体に司祭を派遣して下さるそうです。

 2005年も希望にあふれて前進しましょう! マリア様のやさしい愛が、
皆さんとご家族をつつみますように!



----------------------------------------------------------------
2.聖シャーベル修道会ニュース
----------------------------------------------------------------
◆ 聖シャーベル修道会の全世界の第3部門の長である既婚司祭(東方典礼
 の教会と同様)のヴィト・ナポレターノ神父は、ローマで教皇ヨハネ・パ
 ウロ2世にあたたかく迎えられ、パパ様から特別な祝福をいただき、さら
 に、再びパパ様に会いに来るようにと、お招きまで受けました。
  同じく、第3部門の既婚司祭、ジェームズ・ダフィー神父(ナウラ・
 ゲッセマニ共同体所属)は、12月8日、ブロサード司教によって司教に
 叙階されました。

◆ 東京方面に住んでおられるリトル・ペブルさんの支持者の皆さん。東京
 方面でも定期的に今後、ジャン・マリー神父をお招きしてミサを行う予定
 です。東京方面にお住まいの方で、参加を希望される方は下記までご連絡
 ください。

 聖シャーベル修道会
 「秋田・天草そして全ての日本の殉教者共同体」

 〒467-0014
 名古屋市瑞穂区白羽根町2-33-3
 tel: 052-851-8584

 〒448-0846
 刈谷市寺横町2-82-3
 tel: 0566-29-2805


◆関西方面に住んでおられるリトル・ペブルさんの支持者の皆さん。これか
ら集会を開いて、共に励ましあい、交友を深めましょう。聖シャーベル修道
会第4部門の会員、奈良県在住の■■■■さんが世話役になってくださるこ
とになりました。スタッフになってマリア様のために奉仕したい方、参加し
たい方、どうぞこちらまでご連絡ください。

 聖シャーベル修道会
 「秋田・天草そして全ての日本の殉教者共同体」

 〒467-0014
 名古屋市瑞穂区白羽根町2-33-3
 tel: 052-851-8584

 〒448-0846
 刈谷市寺横町2-82-3
 tel: 0566-29-2805



----------------------------------------------------------------
3. 153本の聖ヨゼフの百合
----------------------------------------------------------------
【 第95章 】

 「内的生活」を作るのに射祷が有効です。「射祷」もローマ・カトリック
の専門用語ですから、皆さんは何のことだろうと思うでしょう。「しゃとう」
と読みます。そして「射」は弓で矢を射ることをあらわしています。そのよ
うにごく短く、神に意識をサッと向ける祈りです。「イエズス愛します!」
とか「マリア様助けてね!」とか「お願い聖ヨゼフ!」とかの非常に強い
祈りです。静かに燃え続けるろうそくのようではなく、フラッシュのような
感じですね。この世のことに向いている意識を神にグッと向けるのにこれを
用いるのです。仕事や勉強の間でも、フッと息を抜くことができた瞬間や、
ちょっと頭がひまになったとき、また、自分がこの世のことに長く意識を向
け続けていると気がついたとき、この世に意識が向いた状態を断ち切って、
神のもとに飛んでゆくのは、まるで2〜3歳の子が少し遊んでは母親の方に
戻ってきて、安心してはまた遊びに戻り、少したったらまた母親の所に戻っ
てきて安心するのを繰り返すのに似ていますね。こうして自分の発進基地が
この世ではなく、神になってゆきます。この世の子ではなく、神の胸であた
ためられる神の子になります。まだほとんどこの世に意識はとどまっている
にしても、神に意識を向けているのは時間的には合計してもわずかに過ぎな
くとも、射祷を一日の間、度々用いることによって、このように大きな転換
が起こるのです。何とうれしいことでしょう!

 用いる祈りは自分で自分なりのを作れば良いのですよ。その時その時で
ぴったりするものに変えていった方がいいです。あなたがずっとこれだと決
めてしまうと、神が導く余地がなくなってしまいますから。私のおすすめは、
希望の徳を強め、超楽観主義者になるための射祷、「すべてうまくいってい
ます」「すべてうまくゆきます」「悪いことは何一つ起こりません」の3つ
を、あなたのものと混ぜて用いることです。聖ヨゼフの霊性を「内的生活」
の基礎とすることは、日本人である皆さんには特に必要なことなのですから。
この3つの射祷は、神に対する信頼の思いに満ちたものです。さっきの例の
子どものように、神様から安心を汲みとってはまた、遊びに戻ってゆく、そ
んな霊魂は何て神様と生き生きしたつながりを持っていることでしょう! 
この方法を実行してみてください。



----------------------------------------------------------------
4.マザー・シャーリー、シスター・ルースによる講演会
  − 2004年12月12日 名古屋 その(2) −
----------------------------------------------------------------

 …… 前号からの続き ……

マザー・シャーリー:
 どんな罪、どの罪でも、悪いことをすることは全部、神様を傷つけます。
100か所以上、マリア様はいつも泣き、血の涙を流しています。子供たち
のためにマリア様は、いつも苦しんでいます。マリア様は私たちが正しい道
を歩いているか、いないかをよく知っています。なぜなら、私たちが正しい
道を歩いていなければ、結局、地獄に行き、天国には行かれません。

 私たちが死んでから行く、4つの場所があります。それは、天国、煉獄、
リンボ(古聖所)、地獄。マリア様が何を希望しているかは、みんなが天国
へマリア様と一緒に行って、そこで一生、永久にイエズス様の誉れを讃えな
がら暮らすことです。

 しかし、完全に天国に入るには、完全な人間にならなければなりません。
少しでも汚れていれば天国には入れません。煉獄は私たちの犯した罪を償う
所です。そこで私たちはずーと生きている間に犯した罪を償って心をきれい
にする所です。私たちは天国に完全に自分達の犯した罪の償いをしなければ
入ることができないのです。だから煉獄は苦しむ所なのです。

 リンボは洗礼を受けていなかった赤ちゃんの行くところなんです。私たち
は生まれた時に一つだけ罪(原罪)を持って生まれているのです。そのため
に洗礼を受けずに死んだ赤ちゃんはその罪のために行くところがリンボです。
赤ちゃんは洗礼を受けるとその一つの罪が消えるのです。だから、天国へ行
くことはどうしても罪の償いをしなければ入れないのです。

 永久に苦しむ場所は地獄です。だからマリア様は毎日、愛と、悲しみの涙
を流してみえるのです。なぜなら、多くの世界の人達は地獄への道を歩んで
いるからです。だから、どのお母さん、私たち人間のお母さんと同じように、
マリア様は自分の子供たちが正しい道に来るのを祈っています。子供が病気
だったら母親は心配します。子供がなかなかいうことを聞かなかったり悪い
ことをすると、お母さんは泣きます。マリア様は世界中の子供たちのことを
心配し、また子供たちのことを気にしています。だから今はマリア様が、世
界中へマリア様のこと、神様のことを伝えるようにメッセージを送っている
のです。

 なぜなら、祈ってあげる人がいないので、たくさんの霊魂が地獄に行きま
す。マリア様はメッセージで「祈って」「祈って」「祈って」下さいと頼ん
でいるのです。そして、マリア様は皆さんに私の子供たちみんなを、地獄に
堕ちるのを防ぐのを助けるために私に手伝って下さいと、頼んでいるのです。

 マリア様の愛は完全です。完全なだけにマリア様はたいへんな悲しみで
苦しまれます。

 イエズス様に近づくためにはイエズス様とお話をしなければなりません。
マリア様に近づくのにもマリア様とお話をしなければなりません。あなたた
ちは自分の母親にどのように話をしますか。私たちは天国にいる母、自分の
子供として愛して下さるマリア様に、自分の母親に話すように話してみま
しょう。いつもマリア様は私たちの言う、どんなことにも耳をかしてらっ
しゃいます。

 マリア様は私たちに一番希望していることは、自分の御子イエズス様を愛
することです。なぜなら、マリア様は清く、私たちを救うために、自分の
御子が十字架につけられることを許されたからです。マリア様はあなたたち
をすごく愛しています。御父もイエズス様を私たちに下さったのは私たちを
愛しているからです。

 どこのお父さん、お母さんが自分の子供を十字架につけることを許すで
しょうか。完全な父親、完全な母親しかそういうことはしません。だから、
イエズス様が世界中の人々の霊魂をどれほど愛しておられるか、値段をつけ
ることができません。

 この世の中にいる人、みんな一人一人の個人です。だから自分に似た人は
一人もいません。なぜなら私たちは天の御父の懐から生まれてきたからです。
イエズス様の愛からできたものです。そして、この世界にたった一人しか人
がいなくても、その人のためにイエズス様は自分の御父に十字架につけられ
るように頼んだでしょう。

 天国の門は私たちの初めて犯した罪で閉じられています。そして天国の閉
じられた門のかぎを開いたのは、十字架につけられたイエズス様です。十字
架につけられたイエズス様しか天国のかぎを開けることができませんでした。

 マリア様のくださったメッセージを読んだら、どれほどマリア様が私たち
を愛していることが分かります。神様はこう希望していました。みんな自分
の霊魂を助けるためにまた、人の霊魂を助けることを希望しています。だか
ら、人を助けるために御父の代わりになる神父を、神父様になる人を希望し
ています。なぜなら、神父様はイエズス様の身代わりだからです。

 カトリックでは十字架につけられ亡くなられたイエズス様を神に献げる
ミサという式があります。このミサで償いをします。私たちの宗教には多く
の不思議なことがたくさんあります。私たちには理解できないことが多いか
ら、神に任せなければしようがありません。イエズス様を信じて、イエズス
様に何もかもまかせることです。聖書の中にカトリックの教え、イエズス・
キリストの教えが書いてあります。それはイエズス様から私たちに送る言葉、
また私たちへの神様の言葉です。今の時代、非常にことが悪化しているし、
それでちょっとのことでは私たちは目覚めないから、ご自分のお母さんを
送って、みんなに“目覚めなさい”といってイエズス様はお母さんを世に
送ってみえます。

 この世の中にはイエズス様に対する罪、大きな罪、悪があります。性行為
や同性愛を描写した悪い映画、TV、私たちはいろいろなものを見て、いっ
ぱい罪を犯しているのです。また、特に堕胎です。おなかにいる赤ちゃんを
殺すことです。いったん子供ができたら(妊娠)、その子は一人の生きた
人間です。神は私たちを愛をもってお創りになったのです。また、胎内にい
る子供も愛からできたのです。堕胎ということは神の創られた子供を殺す
ことです。それは世界中で毎日、毎日、何百人の子供が堕胎されています。
ここ日本でも。この子供たちはマリア様の子供です。だから、マリア様は
自分の子供が殺されていくのを悔やんで、泣いて、悲しんでいるのです。

 マリア様は自分の子供を大変愛しています。あなたたちみんな一人づつ
生まれた時に、お恵みをもらって生まれてきています。生まれた時に天使を
もらっています。その天使は、私たちを守ってくださるのです。私たちに
この天使を送ってくださる御父は本当に優しいと思いませんか? この天使
は私たちに悪いことに対して注意をしてくれたり、安全な道に導いてくれて
います。あなたは隣人に何かいいことをしてあげたいと思ったりしますで
しょう。それは、あなたの天使がしているのです。もし、私たちが静かに
天使の言葉を聞いていればいいことに導いてくれます。天使は良いことしか
知らないから。

 また、悪い霊魂もいます。この悪の霊魂は私たちを悪い方へ導いています。
これは悪と善の戦いです。善は神、良い方へ導き、悪は悪魔、悪い方へ導い
ていきます。

 私たちの母マリアは、私たちが、もしマリア様に祈っていれば、私たちの
手を取って、正しい道へ連れて行ってくれます。時々、あなたたちはお母さ
んにほしいものをねだる時は、頼んで、頼んで、頼み続けるでしょう。マリ
ア様は聞いてくださいます。あなたたちの霊魂のために良いことはすぐかな
えてくださいます。繰り返し頼まないと聞いてくださらない時もあります。
イエズス様とマリア様は、良いことしか与えて下さいません。私たちは子供
だから、いつも親に、マリア様にお願いの祈りをしなければ駄目です。私た
ちはマリア様を喜ばせることができます。いい子でいるとマリア様に喜ばれ
ます。私たちはマリア様の涙をぬぐうこともできます。手伝うこともできま
す。マリア様の愛を輝かしながら。どこの親でも、子供が悪いことをして、
気がついてもどってきたときにはとても喜びます。マリア様は私たちの母親
です。だから、私たちもマリア様にいいことをしたら、マリア様を喜ばすこ
とができます。

 …… 次号に続く ……




----------------------------------------------------------------
5.反キリスト、ロード・マイトレイヤについての警告
----------------------------------------------------------------
「レバノンの白きバラ」と「リトル・グレイン」の幻視
 1996年1月2日 No.229

テレーズ「レバノンの白きバラ」と、
シスター・マリー・テレーズ「リトル・グレイン」:
 私たちは地下牢に入れられる教皇を見ました。彼の護衛官は毒を盛り、
教皇は眠らされ、引きずられていかれました。彼らは何らかの化学物質を
使用しました。それからシスター・テレーズは教皇の十字架が挙げられるの
を見ました。聖母は教皇をマンティラの下に置かれました。教皇の霊魂は
一時的に去りました。教皇は御自身の保護のために深く眠らされたのです。
私たちは教皇について幾つかの新しいニュースをまもなく知ることになるで
しょう。彼らは教皇は死んだと言うつもりです。三日の後に教皇は回復なさ
るでしょうが、なお閉じ込められたままになるでしょう。

 この前に、シスター・テレーズは丸い高い建物(ピサの斜塔)に立ってい
る人々を見ました。そして塔は倒れ始めました。叫び声があがりました。そ
れから私は半円のような建物の高いブロックが燃えているのを見ました。
(私は聖ペトロ大聖堂のドームのことを考えました)。私はまた教皇が連れ
て行かれる場所を見ました。教皇は謁見が行われる建物の下に連れ去られる
だろうとテレーズは言いました†。

リトル・グレイン・オブ・ダスト
 時は速まったとテレーズは告げられてきています。このことは、後1ヵ月
は起こらないと思われます。教皇が連れ去られる前に、私たちはローマの
荒廃を見るでしょう。(それは非常に近く、遠い先のことではありません)。
反キリストは苛立っています。それ故に、より多くの災害が起こるでしょう。
神は子らを保護なさろうとしておられます。



----------------------------------------------------------------
6.お知らせ
----------------------------------------------------------------
◆ 名古屋の共同体、「秋田、天草、そして全ての日本の殉教者たちの聖母」
 共同体(OUR LADY OF AKITA AND AMAKUSA AND THE MARTYRS OF JAPAN )
 において、トリエント典礼ミサがたっています。あずかりたい方は下記ま
 で連絡してください。

   〒467-0014 
   名古屋市瑞穂区白羽根町2-33-3
   マキシミリアノ・マリア・コルベ馬場勝吉
   tel 052-851-8584


◆ 洗礼を希望する方は申し出てください。ローマ・ カトリック使徒教会
 の昔からの教えを全て固く信じ、現代主義の異端を決して受け入れないこ
 と。他の宗教の教えをことごとく捨て去ること。この固い決心があるなら、
 準備が不十分でも洗礼を授けます。

 準備としては、私たちの3冊の本と、マリア・ワルトルタ著の十巻の本
 を全て読んでください。受洗後に読む場合、読む約束をしてください。

 「153本のマリアさまのバラ」「聖シャーベル修道会の会則会憲」
 「メッセージ集」

   ■箱舟の聖母社
    〒540-0004
    大阪市中央区玉造1-4-14
    郵便振替 00840-3-132438

 マリア・ワルトルタ著、フェデリコ・バルバロ訳編の「マグダラのマリア」
 「聖母マリアの詩(上)(下)」「イエズスの受難」「イエズスに出会っ
 た人々(一)(二)(三)」「イエズス − たそがれの日々」「受難の
 前日」「復活」の10冊、それぞれ3000円前後です。

   ■あかし書房
    〒166
    東京都杉並区成田西3-9-22
    電話:03-3313-4014 FAX:03-3311-9359
    郵便振替:00110-6-111231


◆ 私たちはリトル・ペブルさんの本、「THE LITTLE PEBBLE - THE LAST
 POPE」日本語版について、2001年11月17日に翻訳と出版の権利を
 リトル・ペブルさんからいただきました。すでに第3巻までの翻訳はでき
 ています。しかし、この重要な本を世に送り出すための出版費用が私たち
 には全くありません。そこで、皆さまにお願いです。どうか皆様のご寄付
 によって、このマリア様のお仕事を支えていただけないでしょうか。利益
 の10%はリトル・ペブルさんにもどり、彼のミッションを支えます。
 ご寄付は、「「最後の教皇」出版のための寄付」と明記して、現金書留か
 郵便振替にて下記までお願いします。

  〒540−0004
  大阪市中央区玉造1−4−14
  箱舟の聖母社
  郵便振替 00840−3−132438


◆「天からのメッセージ」に版権はありません。天はできるだけ多くの人々
 がメッセージを読むことをお望みです。どうぞ友人知人に「天からのメッ
 セージ」を伝えて下さい。コピーして配布して下さい。

◆ 編集室では、メッセージの翻訳ボランティアを募集しています。できる
 なら、カトリック信者で専門用語に強い方を希望しています。

◆ 皆様からのご質問、ご感想をお待ちしております。関連情報をお持ちで
 したらお寄せ下さい。
 
◆ 次回「箱舟の聖母」は1月9日頃、発行を予定しています。



----------------------------------------------------------------
7.編集後記
----------------------------------------------------------------
 新年、おめでとうございます。クリマスカード、年賀状を頂いた皆様に
この場にて感謝とお礼を申し上げます。さて、昨年私たちはカトリック情報
誌「サビオ」と一致宣言をし、新年の本号から「箱舟の聖母」を共同で編集・
発行することになりました。新しいスタッフ、マキシミリアノ・マリア・コルベ馬場勝吉、
A・フランシスコ丸山幸一の両名を加え、ますますマリア様のために頑張っていこう
とはりきっています。名古屋共同体のホームページも準備中で、近日公開の
予定です。どうぞお楽しみに! (Kolbe-Marie 阿部哲朗)



----------------------------------------------------------------
編集・発行:聖シャーベル修道会
スタッフ :Father Jean-Marie of the Risen Son of God(復活された
      神の子のジャン・マリー司祭)  Kolbe-Marie阿部哲朗
      マキシミリアノ・マリア・コルベ馬場勝吉 A・フランシスコ丸山幸一
----------------------------------------------------------------
お申込み、ご質問、ご感想は下記までお願いします。

  〒540−0004
   大阪市中央区玉造1−4−14
   聖シャーベル修道会

  E-mail : charbeljapan@nifty.ne.jp

 お申し込みはEメール版は3千円、郵送版は一万円を目安に、一年分のご
寄付をお願いします(商契約ではありません)。こうするのは、読者の皆さ
んにも「受けるだけの人」のままでいるのではなく、自発的な献金と、友人
知人にコピーをわたす伝道を通して「よろこんで与える人」となり、神様の
祝福をもっと得ていただきたいからです。「よろこんで与える者を神は愛さ
れる」、これが私たちの宣教事業の基本理念です。
----------------------------------------------------------------
%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%0%%

(C)日本における「聖シャーベル修道会の共同体」
      設立の促進と援助のための事務所
 http://homepage1.nifty.com/charbeljapan/index.htm
    E-mail : charbeljapan@nifty.ne.jp

%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%2%%




[HOME] [戻る]