「箱舟の聖母」バックナンバー
2004年12月26日号No.234

 マリア様を喜ばせましょう。マリア様はあなたの小さな奉仕にも大きな恵みで報いて下さいます。あなたが愛する人の救いのために「箱舟の聖母」を役立ててください。「箱舟の聖母」は宣教誌です。購読しコピーし身近な人にわたすなら、あとはマリア様ご自身が働いて下さいます。そしてあなたの購読料はマリア様の事業を支えます。あなたのマリア様に対する奉仕を神様は永遠に忘れません。

 お申し込みはEメール版は3千円、郵送版は一万円を目安に一年分のご寄付をお願いします(商契約ではありません)。こうするのは、読者の皆さんにも「受けるだけの人」のままでいるのではなく、自発的な献金と、友人知人にコピーをわたす伝道を通して「よろこんで与える人」となり、神様の祝福をもっと得ていただきたいからです。「よろこんで与える者を神は愛される」、これが私たちの宣教事業の基本理念です。

◆マテオによる聖福音10章27節
「私がやみの中で言うことを、あなたたちは明るみで言え。耳をあてて聞くことを、屋根の上から知らせよ」

◆マテオによる聖福音10章42節
「この小さい者の一人に、弟子として冷や水の一杯でも与える人があったなら、まことに私は言う。その人は報いを失わぬ」


ご注意
■ お申し込みは下記住所宛にEメール版は3千円、郵送版は一万円を目安に一年分のご寄付をお願いします(商行為でも契約でもありません)。  〒540−0004 大阪市中央区玉造1−4−14 箱舟の聖母社
■ トラブルを避けるために、必ずご本人様でお申し込み下さい。いかなる理由でも、ご送金後の返金はできません。お申し込みから登録まで2週間程度かかりますので、あしからずご了承下さい。
■ 本誌読者=「聖シャーベル修道会会員」ではありません。どのような立場の方でも歓迎いたします。
■ これを用いてマリア様の事業を攻撃する人には送付を打ち切ります。また災害・戦争など、やむを得ない事情の際も送付いたしませんが、ご了承ください。


%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%1%%

        「 箱 舟 の 聖 母 」

       2004年12月26日号 No.234

   毎週1回発行:Eメール版 年間3,000円(ご寄付)
          郵送版  年間10,000円(ご寄付)
  http://homepage1.nifty.com/charbeljapan/index.htm
      E-mail : charbeljapan@nifty.ne.jp
       ( 等幅フォントでご覧下さい!)
%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%2%%
----------------------------------------------------------------
    箱舟の聖母、
       我らが御母聖マリア、
         キリスト信者の扶(たす)け
----------------------------------------------------------------
 マリア様を喜ばせましょう。マリア様はあなたの小さな奉仕にも大きな恵
みで報いて下さいます。あなたが愛する人の救いのために「箱舟の聖母」を
役立ててください。「箱舟の聖母」は宣教誌です。購読しコピーし身近な人
にわたすなら、あとは マリア様ご自身が働いて下さいます。そしてあなたの
ご寄付はマリア様の事業を支えます。あなたのマリア様に対する奉仕を神様
は永遠に忘れません。
----------------------------------------------------------------

◆今週号の目次

 1.聖シャーベル修道会ニュース
 2.153本の聖ヨゼフの百合
 3.マザー・シャーリー、シスター・ルースによる講演会
 4.反キリスト、ロード・マイトレイヤについての警告
 5.お知らせ
 6.編集後記


----------------------------------------------------------------
1.聖シャーベル修道会ニュース
----------------------------------------------------------------
 関西方面に住んでおられるリトル・ペブルさんの支持者の皆さん。これか
ら集会を開いて、共に励ましあい、交友を深めましょう。聖シャーベル修道
会第4部門の会員、奈良県在住の■■■■さんが世話役になってくださるこ
とになりました。スタッフになってマリア様のために奉仕したい方、参加し
たい方、どうぞこちらまでご連絡ください。

 聖シャーベル修道会
 「秋田・天草そして全ての日本の殉教者共同体」

 〒467-0014
 名古屋市瑞穂区白羽根町2-33-3
 tel: 052-851-8584

 〒448-0846
 刈谷市寺横町2-82-3
 tel: 0566-29-2805



----------------------------------------------------------------
2. 153本の聖ヨゼフの百合
----------------------------------------------------------------
【 第94章 】

 コルベ神父様は「内的生活」を非常に大切にした方です。修道士たちを
育てるのも、「内的生活」に重点を置きました。コルベ神父様は各部屋ごと
にマリア様のご像を、だいたい目の高さに、つまり口づけできる高さに置き、
そのすぐ真上にイエズスのご絵を置きました。マリア様を通してイエズス様
に至るということを皆の心にしみとおらせるためでした。そして修道士たち
に度々、マリア様のご像とイエズス様のご絵に目を向けるように指導して
いました。そうです。目を向けるたびにマリア様に、イエズスに、御父に、
(なぜならマリア様を通してイエズスに至り、イエズスを通して御父に至る
というのが、特にコルベ神父様の教えていたことですから)意識を向けるこ
とができ、「内的生活」を深めてゆけるからです。すばらしい方法でしょう?

 簡単で確実な方法ですよね。これは忙しい人に特にすすめたい方法です。
コルベ神父様自身も山のような仕事にいつもかこまれていたし、修道士たち
も同様でした。コルベ神父様の宣教事業の中心である印刷の仕事は、注意を
集中させていないとすぐ数百枚や数千枚の紙を無駄にしてしまうような仕事
です。その仕事中でもチラッと目をご像、ご絵に注ぐことはできます。そう
してたびたびマリア様への愛を深め、マリア様への奉献を新たにし、マリア
様へ、今の仕事を祈りとしてささげ、一日中をマリア様への継続的な祈りに
することが、そんなに忙しく、集中を必要とする仕事をしている修道士にさ
え、この方法で可能だったのです。言葉さえ必要ありません。愛をもって
見るだけで、愛をこめたまなざしを送るだけで、「内的生活」を深めていけ
るのです。

 これをあなたなりに応用してみてはいかがですか。愛は発明家です。聖ヨ
ゼフもまた、あなたに独創的なアイデアを思いつかせてくださるでしょう。
なにしろ聖ヨゼフは労働者の保護者なのですから、忙しいあなたにも「内的
生活」をつくることができるように必ず助けて下さいますよ。



----------------------------------------------------------------
3.マザー・シャーリー、シスター・ルースによる講演会
  − 2004年12月12日 名古屋 その(1) −
----------------------------------------------------------------
マザー・シャーリー、シスター・ルース:
 父と子と聖霊との御名によりて。アーメン。

シスター・ルース:
 イエズス様とマリア様の御名で皆さんにご挨拶をさせて頂きます。私が
今日ここにまいりましたのは、皆さんにイエズス様とマリア様のあなた達に
対しての愛の話をしにまいりました。御父の私たちに対しての愛のこと、ま
たマリア様の皆さんに対しての愛のこと、御子イエズス様の皆さんに対して
の愛の話をしにまいりました。

 もし皆さんがマリア様からのメッセージを信じられれば、信じられるとい
うこと、とっても、皆さんは心から心にマリア様の言葉を信じているという
いい傾向です。これからマリア様の皆さんに対しての愛を語るならば、それ
はイエズス様の皆さんに対しての愛を語るのも一緒です。イエズス様、マリ
ア様の最も尊い息子、御子があなた達に対しての愛を語れば、どれ程偉大な
愛か分かります。

 これから話を進める前に、天が自分達の身分をどういう者か、どういう訳
で今日ここへ来たのかということを皆さんにお知らせするようにマリア様に
いわれてまいりました。私はシスター・ルースといいます。生まれた時から
信者になりました。私は今日までマリア様に仕えています。私はこの世界中
を回って、マリア様のことをお話ししたり、知らせることをずーと、何年間
もずーとしております。今日、皆さんにお話しすることは、今まで私たちが
話して歩いたこととは全く違います。だけど、私たちはできるだけ、皆さん
がこれからお話しすることを理解できるように頑張ってみます。今、マザー・
シャーリーとマイクを代わります。マザー・シャーリーが自分を皆さんに
紹介できるために。


マザー・シャーリー:
 こんばんは。私はマザー・シャーリーという名前です。私は修道女です。
その意味は一生を神に捧げたということです。マリア様はここ5年間ほど
ずーと、私にずーと、お話をしていらっしゃいます。私はマリア様を見るこ
とはできません。見たことがないんです。けれどマリア様の語ることはみん
な心の中へ聞こえてきます。

 この頃、世界中を見ると非常に困難なことが、また、いろんなたいへんな
トラブルがあります。マリア様はご自分の子供のためにいつも泣いていらっ
しゃいます。大勢の人があんまりいい暮らしをしていらっしゃらないです。
皆さんの犯している罪は、マリア様のイエズス様を非常に傷つけています。
だから、マリア様が私たちを皆さんの所へ送り出しているのは、イエズス様
に対して罪を犯すことをおやめなさいということを頼みに行くために、マリ
ア様は私たちをここへ送っています。

 この世の中にいる一人一人みんなマリア様の子です。この母は一番子供の
ために幸せなことを願っています。マリア様が希望しているのは、その一人
一人の子供が危険なことから振り返って正しい道に、自分の懐に帰ってくる
ことを願ってらっしゃいます。これはどこの母でも自分のどの子、一人一人
の子供を愛したいという気持ちです。きょう私たちがここへまいりましたの
は、多少少しでも皆さんが、これからあなたたちに対してのマリア様の愛が
分かっていただければと思って、語ります。


シスター・ルース:
 私はこの仕事を10年間ほどしています。そしてマリア様から色々と語ら
れたり、見たりしています。だから、私は皆さんに言えることは、どれほど
マリア様があなたたちを愛しているか、ということです。私たちの罪のため
にマリア様は血の涙を流されました。それで私たちを助けるためにマリア様
はすごく苦しまれました。

 マリア様は私たち一人一人に呼び掛けていらっしゃいます。神のもとへも
どるように。あなたたちがこうやって振り返ってみると、非常に悪い世の中
に暮らしています。その悪魔は勝利を得ています。一つの例を挙げたら、
離婚、堕胎、同性愛。教会に色々な現代的な余りよくないことを持ち込もう
としていること。人間が創った宗教。(テレビ、ラジオ、ニュース、)
メディアに気が付く悪がたくさんあります。私はたびたびマリア様が、どれ
ほどこういったことで苦しんでみえるかを見ました。それで私たちが助かる
ためにマリア様は一生懸命に祈って下さっています。

 マリア様の尊い息子(イエズス)が悲しんでいること、苦しんでいること。
イエズス様は私たちを助けるために、自分の命を捧げて下さいました。イエ
ズス様が十字架の上でなくなられた時にマリア様は、非常に悲しまれ、悲し
まれました。あなたたちは「パッション」という映画をご覧になられたと思
いますが、あれが、イエズス様が苦しんだことを幾らか表しています。
(完全ではありませんが)

 この頃、身の回りに何があるといったら、あまりたいした必要のないこと
ばかり、本当に必要なことは神に対しての愛です。イエズス様が亡くなられ
た時は、彼は私たちに対しての愛、私たちを愛して下さったから命を落とさ
れたのです。だから、私たちは一生懸命にイエズス様を慰めて、愛のために
よくならなければなりません。

 私たちの身の回りにはたくさんのお金持ちがいます。この人達は誇りを
持っていますけれど、心の中は決して豊かではないし、楽しくもない。なぜ
なら、神様のことを自分達は心の中で愛していないからです。神は愛です。

 神が私たちを愛して下さっているからこそ、自分の御子、イエズス様をく
ださったのです。だから、イエズス様が地上にいた時には、イエズス様は
一つの宗教を下さったのです。この宗教はカトリックの教会です。これが
たった一つの宗教、イエズス様のくださったもの、それ以外の宗教はイエズ
ス様から出ていません。

 イエズス様は私たちに教会をくださいました。その教会は愛。それもロー
マ・カトリック、法王のもとに、ローマ・カトリックができた時に一番先、
指示する、一番上に立つ人がローマ法王です。ずーと現代のパパ様、ヨハネ・
パウロ2世まで一度も欠けたことはなく、ずーと続いています。今たくさん、
人が作った宗教がありまして、その宗教は決してローマ・カトリックの教会
から来たものではなく、みんなが個人個人の人間が創った宗教です。

 ローマ法王は世界のたった一つの教会の代表です。イエズス様が十字架に
架けられた時に、足下にはマリア様とヨハネがいました。そして、イエズス
様はマリア様にヨハネを自分の息子にしなさいと「母よ、これがあなたの子
です」とおっしゃった時に、この言葉でマリア様はこういう意味を持って
らっしゃいました。全ての人、人間がマリア様の子ですよと、そしてヨハネ
にはこのマリア様を指して「これがあなたの母です。」お母さんですよと、
おっしゃったんです。だから、みんなマリア様を、イエズス様の母を自分達
の母として認めなければいけません。マリア様はイエズス様から無原罪(罪
が全くない、何の罪も持っていない)で創られた訳です。完全な人です。マ
リア様は本当の純粋の愛をもっていらっしゃいます。いいことについても、
何事にも完全です。聖なることにしてもマリア様は何にも申し分がない、
マリア様は世の中にいる全ての者の見本です。だから、みんな一人一人マリ
ア様の聖なる暮らしを見本にし、真似しなければなりません。

 マリア様はあなたたちに完全な愛をもっています。あなたたちを愛してい
ます。どこの母よりもマリア様の私たちに対しての愛は偉大です。

 マリア様は100か所以上の所、世界中で現われています。100人以上
の幻視者にも現われています。世界中に現われて同じメッセージを皆さんに
送っています。罪から離れてイエズス様を愛しなさい、神を愛しなさい、と。

 …… 次号に続く ……



----------------------------------------------------------------
4.反キリスト、ロード・マイトレイヤについての警告
----------------------------------------------------------------
マリア様からの警告 1995年12月28日 No.228

(ソーンブッシュを通して)あなたに挨拶します、甘美なる「神的愛の天使」
よ。私はこれらの質問について既に多くのことをあなたに明かしました。
従順な子よ。あなたは次のことを知らなければなりません。大いなる試練は
教会内部の分裂によって起こるでしょう。それはマリア信心と私の神なる
息子の再臨に関するものです。また、反教皇は、愛する巡礼の教皇を追い出
そうとしている司教たちとともに、非常に懸命に活動しています。

 私が信仰の試練について語ったとき、愛する小さき「白き岩」よ、私が
語ったのはこのことなのです。私は従順な選ばれた道具たちにより多くのこ
とを啓示し続けるでしょう。あなたを祝福します、甘美なる「黙示録の白き
岩」よ†。私は優しき「受難の花」にして「バラ」、ソーンブッシュを祝福
します。†。



----------------------------------------------------------------
5.お知らせ
----------------------------------------------------------------
◆ 名古屋の共同体、「秋田、天草、そして全ての日本の殉教者たちの聖母」
 共同体(OUR LADY OF AKITA AND AMAKUSA AND THE MARTYRS OF JAPAN )
 において、トリエント典礼ミサがたっています。あずかりたい方は下記ま
 で連絡してください。

   〒467-0014 
   名古屋市瑞穂区白羽根町2-33-3
   マキシミリアノ・マリア・コルベ馬場勝吉
   tel 052-851-8584


◆ 洗礼を希望する方は申し出てください。ローマ・ カトリック使徒教会
 の昔からの教えを全て固く信じ、現代主義の異端を決して受け入れないこ
 と。他の宗教の教えをことごとく捨て去ること。この固い決心があるなら、
 準備が不十分でも洗礼を授けます。

 準備としては、私たちの3冊の本と、マリア・ワルトルタ著の十巻の本
 を全て読んでください。受洗後に読む場合、読む約束をしてください。

 「153本のマリアさまのバラ」「聖シャーベル修道会の会則会憲」
 「メッセージ集」

   ■箱舟の聖母社
    〒540-0004
    大阪市中央区玉造1-4-14
    郵便振替 00840-3-132438

 マリア・ワルトルタ著、フェデリコ・バルバロ訳編の「マグダラのマリア」
 「聖母マリアの詩(上)(下)」「イエズスの受難」「イエズスに出会っ
 た人々(一)(二)(三)」「イエズス − たそがれの日々」「受難の
 前日」「復活」の10冊、それぞれ3000円前後です。

   ■あかし書房
    〒166
    東京都杉並区成田西3-9-22
    電話:03-3313-4014 FAX:03-3311-9359
    郵便振替:00110-6-111231


◆ 私たちはリトル・ペブルさんの本、「THE LITTLE PEBBLE - THE LAST
 POPE」日本語版について、2001年11月17日に翻訳と出版の権利を
 リトル・ペブルさんからいただきました。すでに第3巻までの翻訳はでき
 ています。しかし、この重要な本を世に送り出すための出版費用が私たち
 には全くありません。そこで、皆さまにお願いです。どうか皆様のご寄付
 によって、このマリア様のお仕事を支えていただけないでしょうか。利益
 の10%はリトル・ペブルさんにもどり、彼のミッションを支えます。
 ご寄付は、「「最後の教皇」出版のための寄付」と明記して、現金書留か
 郵便振替にて下記までお願いします。

  〒540−0004
  大阪市中央区玉造1−4−14
  箱舟の聖母社
  郵便振替 00840−3−132438


◆「天からのメッセージ」に版権はありません。天はできるだけ多くの人々
 がメッセージを読むことをお望みです。どうぞ友人知人に「天からのメッ
 セージ」を伝えて下さい。コピーして配布して下さい。

◆ 編集室では、メッセージの翻訳ボランティアを募集しています。できる
 なら、カトリック信者で専門用語に強い方を希望しています。

◆ 皆様からのご質問、ご感想をお待ちしております。関連情報をお持ちで
 したらお寄せ下さい。
 
◆ 次回「箱舟の聖母」は1月2日頃、発行を予定しています。



----------------------------------------------------------------
6.編集後記
----------------------------------------------------------------
 主のご降誕、おめでとうございます。今年は本当に目まぐるしい一年でし
た。ジャン・マリー神父の叙階、日本で初めての聖シャーベル修道会の共同
体の創立、そして私たちが初めて主催する講演会の開催……。私たちは全く
無価値な老兵、病兵、弱兵の集まりですが、マリア様はこのチリに等しい者
たちを愛し、用いてくださるのですね。本当に身に余る光栄で、感謝でいっ
ぱいの一年でした。
 来年は、ジャン・マリー神父が日本全国をまわり、皆さんのために集会を
開き、ミサをたて、洗礼を授け、共同体の創立をたすけます。すでに関東、
関西方面でその準備が進んでいます。新しい年も、まだ何も知らない、滅び
に瀕しているかわいそうな日本の兄弟姉妹たちのために、共に伝道し、祈り、
励ましあい、マリア様とともに前進しましょう! 皆さん、よいお年を!
(Kolbe-Marie 阿部哲朗)



----------------------------------------------------------------
編集・発行:聖シャーベル修道会
スタッフ :Father Jean-Marie of the Risen Son of God(復活された
      神の子のジャン・マリー司祭)  Kolbe-Marie
----------------------------------------------------------------
お申込み、ご質問、ご感想は下記までお願いします。

  〒540−0004
   大阪市中央区玉造1−4−14
   聖シャーベル修道会

  E-mail : charbeljapan@nifty.ne.jp

 お申し込みはEメール版は3千円、郵送版は一万円を目安に、一年分のご
寄付をお願いします(商契約ではありません)。こうするのは、読者の皆さ
んにも「受けるだけの人」のままでいるのではなく、自発的な献金と、友人
知人にコピーをわたす伝道を通して「よろこんで与える人」となり、神様の
祝福をもっと得ていただきたいからです。「よろこんで与える者を神は愛さ
れる」、これが私たちの宣教事業の基本理念です。
----------------------------------------------------------------
%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%2%%

(C)日本における「聖シャーベル修道会の共同体」
      設立の促進と援助のための事務所
 http://homepage1.nifty.com/charbeljapan/index.htm
    E-mail : charbeljapan@nifty.ne.jp

%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%6%%




[HOME] [戻る]