「箱舟の聖母」バックナンバー
2004年12月19日号No.233

 マリア様を喜ばせましょう。マリア様はあなたの小さな奉仕にも大きな恵みで報いて下さいます。あなたが愛する人の救いのために「箱舟の聖母」を役立ててください。「箱舟の聖母」は宣教誌です。購読しコピーし身近な人にわたすなら、あとはマリア様ご自身が働いて下さいます。そしてあなたの購読料はマリア様の事業を支えます。あなたのマリア様に対する奉仕を神様は永遠に忘れません。

 お申し込みはEメール版は3千円、郵送版は一万円を目安に一年分のご寄付をお願いします(商契約ではありません)。こうするのは、読者の皆さんにも「受けるだけの人」のままでいるのではなく、自発的な献金と、友人知人にコピーをわたす伝道を通して「よろこんで与える人」となり、神様の祝福をもっと得ていただきたいからです。「よろこんで与える者を神は愛される」、これが私たちの宣教事業の基本理念です。

◆マテオによる聖福音10章27節
「私がやみの中で言うことを、あなたたちは明るみで言え。耳をあてて聞くことを、屋根の上から知らせよ」

◆マテオによる聖福音10章42節
「この小さい者の一人に、弟子として冷や水の一杯でも与える人があったなら、まことに私は言う。その人は報いを失わぬ」


ご注意
■ お申し込みは下記住所宛にEメール版は3千円、郵送版は一万円を目安に一年分のご寄付をお願いします(商行為でも契約でもありません)。  〒540−0004 大阪市中央区玉造1−4−14 箱舟の聖母社
■ トラブルを避けるために、必ずご本人様でお申し込み下さい。いかなる理由でも、ご送金後の返金はできません。お申し込みから登録まで2週間程度かかりますので、あしからずご了承下さい。
■ 本誌読者=「聖シャーベル修道会会員」ではありません。どのような立場の方でも歓迎いたします。
■ これを用いてマリア様の事業を攻撃する人には送付を打ち切ります。また災害・戦争など、やむを得ない事情の際も送付いたしませんが、ご了承ください。


%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%1%%

        「 箱 舟 の 聖 母 」

       2004年12月19日号 No.233

   毎週1回発行:Eメール版 年間3,000円(ご寄付)
          郵送版  年間10,000円(ご寄付)
  http://homepage1.nifty.com/charbeljapan/index.htm
      E-mail : charbeljapan@nifty.ne.jp
       ( 等幅フォントでご覧下さい!)
%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%2%%
----------------------------------------------------------------
    箱舟の聖母、
       我らが御母聖マリア、
         キリスト信者の扶(たす)け
----------------------------------------------------------------
 マリア様を喜ばせましょう。マリア様はあなたの小さな奉仕にも大きな恵
みで報いて下さいます。あなたが愛する人の救いのために「箱舟の聖母」を
役立ててください。「箱舟の聖母」は宣教誌です。購読しコピーし身近な人
にわたすなら、あとは マリア様ご自身が働いて下さいます。そしてあなたの
ご寄付はマリア様の事業を支えます。あなたのマリア様に対する奉仕を神様
は永遠に忘れません。
----------------------------------------------------------------

◆今週号の目次

 1.聖シャーベル修道会ニュース
 2.153本の聖ヨゼフの百合
 3.リトル・ペブルからの手紙
 4.反キリスト、ロード・マイトレイヤについての警告
 5.お知らせ


----------------------------------------------------------------
1.聖シャーベル修道会ニュース
----------------------------------------------------------------
◆ 12月12日夕方、名古屋において、聖シャーベル修道会の2人のシス
 ターであり幻視者でもある、マザー・シャーリー(ゴールデン・ロッド)
 とシスター・ルースによる講演会が行なわれました。

  講演会では、二度にわたり御出現がありました。写真にはもちろん写っ
 ていませんが、シスター・ルースによると最初は洗礼式の時で、イエズス
 ご自身が御出現になり、ジャン・マリー神父の中に入り、受洗者にご自身
 で洗礼をお授けになりました。二回目は第4部門入会式の時で、聖シャー
 ベルが御出現になり、ジャン・マリー神父の片側に立ち、リトル・ペブル
 さんがバイロケーションでやって来て、もう片方の側に立ち、お二人が
 直接、入会者たちを受け入れました。


  講演も式もミサも、愛の雰囲気に満ち溢れていました。シスター・ルー
 スによると、天からたくさんの恩寵が与えられた講演会だったということ
 です。



----------------------------------------------------------------
2. 153本の聖ヨゼフの百合
----------------------------------------------------------------
【 第93章 】

 これを読むあなたが子を持つ親なら、「内的生活」を理解してもらうのに、
子を気にかけている親の状態に似ていると言えば、きっと想像しやすいと
思います。四六時中、頭のどこかに子供のことが気になっているというより
も、子どもを心に住まわせているような状態に、親になったらなりますね。
イエズスは私たちのために赤ちゃんになってくださり、33歳までのすべて
の年齢をこの世で体験してくださいましたから、私たちはイエズスをどの
年齢のイエズスとして愛しても構わないのですよ。幼きイエズスとして、わ
が子として愛することももちろん、とても良いことなのです。あなたが、
神様が人間に備えてくださった父性愛、母性愛を働かせてイエズスを愛する
ことで、「内的生活」をつくるのも一つの善い手段です。子供がいなくても
母性愛を女性は早くから理解し、持つことができますから、若い女性にも
この方法は用いやすいはずです。あなたがいなければ何もできないイエズス
をイメージしてみてください。泣いてあなたを呼ぶしかできないイエズスで
すよ。お乳? おしめ? とにかくあなたが必要になったのです。イエズス
はイエズスですが、あなたの一部分です。あなたを離れては生きていけない
存在なのですから。どうですか? このイエズスのことを思い出すのは、そ
して意識を注ぎ続けるのはできそうに思いませんか? 食事の時、おやつの
時、お茶の時、お世話すべきイエズス、あなたの愛を飲みたいイエズスを
思い、同じようにいろいろあなたの生活の場面で、あなたの思いやりの服を
着せてほしいイエズス、あなたの愛の歌で眠りたいイエズス、あなたのキス
が欲しいイエズス、あなたに遊んでもらいたいイエズスを意識すればよいの
です。女性も男性もやってみてください。あなたは幼きイエズスに特別な愛
と信心を持つことになるでしょう。そしてあなたの「内的生活」はマリア様、
聖ヨゼフ、幼きイエズスの聖テレジアに似たものになるでしょう。



----------------------------------------------------------------
3.ナウラの聖地にてリトル・ペブルに与えられたメッセージ
  − No.173 1987年11月13日 −
----------------------------------------------------------------
リトル・ペブル:
 私たちは、「オ・サンクティシマ(きよけし…)」を歌って聖母がいらっ
しゃるための準備をしましよう。すでに三位の大天使が天のいと高きところ
におられます。そして大天使たちは聖母を待っておられます。天使達と共に
待っている間、私たちは「オ・サンクティシマ」を歌いましょう。その後で
ラテン語の「サルヴェ・レジナ」を歌いましょう。

 三位の天使と共に、今、この聖地の上に何度も現れている美しい光輝く
白い十字架が現れました。その十字架は、とてもとても大きく天全部を占め
るほどです。聖ミカエルがその十字架の後ろに立っていらっしゃいます。
また、他の二位の大天使がだんだん十字架に近づいて来られるのが見えます。
そして天使たちは十字架からの光線を受けています。すなわち、その十字架
は天使たちの腕の中へ、手の中へ光を注いでいるのです。説明するのはとて
もとても難しいのですが…。その十字架の前には、美しい箱舟が形を成して
いるのが見えます。美しい大きな箱舟です。それはよく絵でみるような箱舟
とそっくりです。茶色で清らかな美しい木でできていますが、薄い色でなく、
濃い色の木です。そしてこの箱舟はだんだん大きくなっているようで、今や
天の大部分を占め、十字架の前にあります。そして今、十字架の真中から 
− その十字架の光線から − 明るく輝く光が来るのが見えます。この光
のなかに聖母がおられます。聖母は今回、「箱舟の聖母、我らが御母聖マリ
ア、キリスト信者の扶(たす)け」としてのお召し物でいらっしゃいますが、
箱舟は持っておられません。幾分前へ進まれて、今私が見ているあの箱舟の
上でお休みになっていらっしゃいます。

 聖母は、いつものお召し物を着ていらっしゃいますが、それは箱舟の聖母
のご出現を表しているのです。小さな左腕のなかには、幼きイエズス様がお
られます。今回、イエズス様は青いお召し物を着ていらっしゃいます。とて
も淡い青色です。イエズス様は右手にロザリオ、左手にスカプラリオを持っ
ていらっしゃいます。スカプラリオは茶色のスカプラリオです。イエズス様
は聖母を見つめ、ロザリオをもちあげて聖母に差し上げていらっしゃいます。
今、聖母がどのようにしてか参詣所に近づいていらっしゃいます。箱舟は
静止しているようです。まるでそれはこの地上で休止しているようです。
箱舟は、言ってみれば少なくとも50階の高さで、ここの参詣所のちょうど
前にあります。そして、それは私の目の前いっぱいに見えています。聖母は
小さな雲に乗って前へやって来られました。そして今、イエズス様の御手か
らロザリオをお取りになり、ご自分の右手にお持ちになりました。十字架を
お取りになり、十字架上のイエズス様に接吻なさいました。それから聖母は
幼きイエズス様の額に口づけなさいました。幼きイエズス様は今、私たちの
上に十字架の印をなさいました。父と子と聖霊との御名によりて。アーメン。

 十字架の印をなさるときに、明るく輝く光が、イエズス様の右手から放た
れました。イエズス様はほほえんで、周りの私たち皆を見回していらっしゃ
います。イエズス様はきょうはとても楽しそうです。聖母もとても楽しそう
です。

聖母:
 かわいい子、愛のリトル・ペブルよ、私はあなたを祝福いたします。そし
て日本からの訪問者、愛するテレジア、そして我らが小さきバラなるテレサ
も、ここに集まった愛する子どもたちをも祝福いたします。父と子と聖霊と
の御名によりて。アーメン。

 愛する子らよ、そして子供たちよ、私はたいへん喜んでいます。こうやっ
て再びあなた方と共にいることができるのですから。特に司祭である息子た
ちが私に栄誉を与え、神に栄光を帰するために来てくれましたから。もっと
多くの司祭が、あなた方のようになってくれましたら良いでしょうに! 愛
する子らよ、なぜならあなた方は、オーストラリアのここの聖地における私
の出現を証言して下さったからです。地上の愛する子らよ、あなた方の天の
母である私は、あなた方のところへ来て、あなた方の愛を求めます。祈りを
求めます。回心を求めます。私はもう長年の間、世界中を周ってきました。
そして迷える羊たちを集めようと努めました。しかしながら子供たちからは
軽蔑され、嘲笑され、また憎まれさえしているのです。これが母親が実の
子供からうける扱いでしょうか。私の御心は、苦痛でいっぱいです。なぜな
ら、子供たちは私たちの牧者なるヨハネ・パウロ2世のもとへ羊たちを集め
るようにと世界に遣わしてきた者たちを拒み続けるからです。なぜ、ああ、
なぜでしょう。愛する子供たち、あなた方は私の与えるメッセージをなぜ
聴き入れないのでしょうか。私の言葉を聞いても子供たちは耳を傾けないで、
心をかたくなに閉ざしています。しかし、私はあなた方の母です。ここに来
て私の心はあなた方への愛で満ちています。なぜなら私はあなた方を罪の中
へ捨て去りたくはないからです。いいえ、むしろ私の聖なる息子イエズス・
キリストからの御慈悲、あわれみ、愛を与えたいのです。イエズスはあなた
方すべてのために十字架上で命を棄てられたのですから。我が愛する子供た
ちよ、イエズスの御血はあなた方のために流されたのです。私のこの御心を
ごらんなさい。

リトル・ペブル:
 いま、聖母の御胸の前に光の輸があります。そして御胸から出てくるのは
− 美しい御心 − 聖母の汚れなき御心です。しかしその周りには茨の冠
が見えます。そして7本の短剣が聖母の御心を貫いています。イエズス様…
…幼きイエズス様は聖母の御心を右手にお取りになり、自分の方へお寄せに
なりました。そしてその御心に接吻なさいます。

幼きイエズス:
 愛する子らよ、あなた方は今の時代…あなた方の知っているように、世界
にとって最後の時代の人間達のために涙を流しているこの悲しめる御心を
慰めてくれませんか。

リトル・ペブル:
 聖母は今うつ向かれ、頭を低くしていらっしゃいます。泣いておられるの
です。イエズス様……幼きイエズス様は右手を挙げていらっしゃいます。と
いうのは、聖母の御心が御胸に戻り、イエズス様が小さな御手を聖母の御目
の方へ差し出して御目をぬぐおうとなさるためです。幼きイエズス様は次の
ようにおっしゃいます。

幼きイエズス:
 私の愛する母を慰めてはくれないでしょうか。

 (聖母は今、再び顔を上げられました)

聖母:
 愛する子供たちよ、我が聖なる息子のところ……聖体に、聖櫃に、教会、
すなわち地上での家に在しますイエズスのところへ来なさい。イエズスのと
ころへ行き、霊魂をイエズスと一致させなさい。告解をし、我が聖なる息子
への奉献を新たにしなさい。愛する子らよ、それを実行し、この偉大なる
秘跡をしばしば受けなさい。なぜならこの償いの秘跡、つまり告解によって、
肉体は、誘惑の魔手と悪魔の攻撃に対して強くなり、そして清められるから
です。しばしば我が聖なる息子の御前に来てあなた方の罪深いことを告白し
なさい。

 たとえ、あなた方のうちの多くが私を知りたくなくても、あなた方は我が
愛する子供たちなのです。私はあなた方の母、罪人の拠り所なのです。私は、
あなた方の母としてどれほどあなた方を愛しているかを告げるため、そして、
我が聖なる息子の御胸へあなた方を連れて行くことができるように、あなた
方を私の御心に引き寄せるため、この地上に参りました。私はあなた方、か
わいい子供たちを愛し、そして我が汚れなき御心を捧げます。それは傷つい
ていますが、私はあなた方を愛します。あなた方、愛する子らを、この悲し
みの御心により祝福いたします。父と子と聖霊との御名によりて。アーメン。

 (聖母は今、日本のテレジアの方を向かれました)

聖母:
 我が愛する娘よ。テレジア、我が小さき花よ、あなたの使命は日本へ帰っ
たときには、たいへん大きなものとなるでしょう。それは日本の子供たちも
我が子であり、私は日本の国へも行くのですから。だから我が愛する子らに
告げなさい、私は彼らの御母、汚れなき聖母マリアであると。そして日本の
子らに話しかけるために、愛する娘であるあなたの所に来ているということ
を。私は我が神の子イエズスの至聖なる聖心によって我が子なるあなたを
祝福し、勇気と力とを与えます。なぜなら我が愛する子よ、あなたはこれか
ら私のために、そしてイエズスのために迫害を受けることになるでしょうか
ら。父と子と聖霊との御名によりて。アーメン。

リトル・ペブル:
 幼きイエズス様は、今、どのようにしてお持ちになったかはわかりません
が、2本のとても美しい赤いバラを受け取られていました。そしてイエズス
様の御母である聖母に手渡していらっしゃいます。天使が、聖母の後ろから
出てこられました。天使はどこから来られたのかはわかりませんが、聖母の
御前にいらっしゃいます。そして今、2本のバラを持って、こちらへ降りて
来られます。その天使のことですが、2人のテレジアに、そのバラを差し出
していらっしゃいます。

 その天使は私におっしゃいます。「あなたのためにも、重要なものがあり
ます。」 今、天使は聖母の御心のところへ行かれ、そして私にはよくわか
りませんが、どうにかして、聖母の御心から、いばらの冠を取り除かれまし
た。天使は、私の方へそれを持ってこられます。「我が子よ、これはあなた
のためです。」 聖母はテレサを見守っておいでです。

聖母:
 テレサよ、我が小さきバラよ。あなたの内にある我が聖なる息子の御苦難
と御苦しみは、まもなく大きくなるでしょう。なぜなら、もっと多くの霊魂
が救われなければならず、またもっと多くの贖罪が我が子らの罪の償いとし
て成されなければならないからです。我が子よ、あなたに力を与えるために
あなたを祝福します。父と子と聖霊との御名によりて。アーメン。

 愛する子よ、そして最愛の子らよ、祈りを続けなさい。特に我が聖なる
ロザリオの祈りを続けなさい。それは、この祈りが神の御前にたいへん力の
あるものだからです。そしてこの準秘跡を通して多くの恩寵が人々に与えら
れるからです。愛する子らよ、我が聖なる息子の光の中を、前へ進み続けな
さい。そうすればイエズスの御名の真実の証人となるでしょう。我が聖なる
息子を真心をこめて守ってくたさい。キリストの代理者、ヨハネ・パウロ
2世を守り、彼のために祈ってくたさい。なぜなら彼の道は、地上での来た
る何ヵ月かの間、たいへん険しいものとなるからです。私はあなた方かわい
い子供たちを愛しています。そしてあなた方の上に私のマントをかけます。
それはあなた方すべてを天の御国にいらっしゃる御父のところへ、いつか
連れて行きたいからです。あなた方皆を愛し、祝福いたします。父と子と
聖霊との御名によりて。アーメン。

リトル・ペブル:
 聖母は御目をテレサの方へおやりになります。聖母が何か公におっしゃ
りたいかどうかは分かりません。いま、聖シャーベルがどこからともなくい
らっしゃったのが見えます。(ちょうど今、来られるとは予期していません
でしたが。) 聖シャーベルは、今、聖母の右に来られます。とても速い動
きでちょうど参詣所の方へ近づいていらっしゃいます。聖シャーベルは私た
ちが組織した修道会の修道服と同じものを着ておられます。とても嬉しそう
で、私の後ろを見ていらっしゃるようです。

聖シャーベル:
 娘よ、天国の我々はあなたの意向を受け入れました。この修道会の意味す
るところを覚えておきなさい。そして人があなたに従うよう、模範とならね
ばならないということを覚えておきなさい。愛する娘よ、あなたを祝福しま
す。父と子と聖霊との御名によりて。アーメン。

リトル・ペブル:
 今、聖シャーベルはとても速く天へ帰って行かれました。もう見えません。
聖母は幼きイエズス様と共にゆっくりと天へ戻って行かれます。聖母は光輝
く白い十字架のまん中にたいへん近いところに立っていらっしゃいます。聖
ミカエルはまだそこに立っていらっしゃいます。他の天使たちもそうしてい
らっしゃいます。素晴らしい恩寵が天から満ちあふれ出ています。それが何
なのかは分かりませんが恩寵はきらきら輝く紙ふぶきのようです。そのよう
に見えるのです。聖母は今、さらに遠く天へと、すなわち十字架へと戻って
行かれました。私には理解できませんが、聖母は十字架の中へ入って行かれ
ました。聖母とイエズス様も見えなくなられました。

(サルヴェ・レジナか歌われる)

 すべては今、消えましたが、聖テレジアがいらっしゃいました。聖テレジ
アが、皆の行ってしまわれた後に来られることは大変まれなことです。しか
し聖テレジアアはそこにお立ちになって、腕いっぱいのたくさんのバラを
持っておられます。ちょうど、腕を広げようとなさいました。そしてバラを
全部お降らせになります。バラは私たちの上へ降ってきます。それは、それ
は、まことに美しい。

聖テレジア:
 我が子よ、私は天国で地上の子供たちのために働くと、約束しなかったで
しょうか?

リトル・ペブル:
 そして、今、聖テレジアも行ってしまわれました。私たちは「この日に
ああ美しき御母」を歌いましょう。



----------------------------------------------------------------
4.反キリスト、ロード・マイトレイヤについての警告
----------------------------------------------------------------
マリア様からの警告 1995年12月28日 No.227

 反教皇の支配がしばらく続いた後、ヨハネ・パウロ2世は力を取り戻し、
ローマへ帰還します。そして間違ってなされた全てのことは正されるでしょ
う。そして反教皇は告発されるでしょう。反教皇の短い支配の間、最も大き
な変化が教会の中にもたらされます。ミサ、典礼、全ての祝日と祭日は改変
されるでしょう。全ての宗派の全てのキリスト教徒が、特殊な同盟協約に
よってローマに一致するでしょう。教会は墓場のようになるでしょう。この
時に、この数年間沈黙していた聖にして母なる教会の選ばれた者たちが、真
の教会を守るために声をあげるでしょう。

 真理を守る多くの大聖人たちが形作られるでしょう。彼らは枢機卿、大司
教、司教、司祭、修道者です。また数多くの信徒からも、真理を見る世の
人々からも聖人が生まれるでしょう。あなたと幻視者たちが真実の者として
認められるのはこの時期です。そして全世界的な支援が来るでしょう。民を
包む重い試練に対抗するために、多くの印、奇跡、不思議が目撃されるで
しょう。

 世界に大きく懲罰が降りかかるでしょう。大きな自然災害です。これは罪
なき御方に人類が犯した罪に対する懲罰です。大きな戦争と多くの流血があ
るでしょう。口にすることもできない数多くの犯罪があるでしょう。数多く
の子供たちが恐怖と殺人によって死ぬでしょう。多くの人々が疫病や伝染病
にかかるでしょう。そうです、この全てのことと、更に多くのことが、ソー
ンブッシュに最近私が語った短い期間のうちにやって来るのです。

 これらが教会と世を襲う試練です。私が、私の子供たちでさえ、これに対
して準備ができていないと言ったのはこのためです。しかし、甘美なる息子
よ、恐れたり落胆したりすることはありません。なぜなら、天はあなたと
幻視者、子供たちに対して力強く自らを現し、彼らは、天は子らを見捨てて
はいないことを知るのですから。

 今後数カ月および来たる2年間、これら全ての出来事が展開するときに、
新しい修道会と神秘的教会の形成は大きく前進するでしょう。勇気を持ち、
力強い信仰と希望のうちに前進しなさい。驚くべき真理の勝利が、あなたと
全ての真理の戦士たちを待っているのですから。



----------------------------------------------------------------
5.お知らせ
----------------------------------------------------------------
◆ 名古屋の共同体、「秋田、天草、そして全ての日本の殉教者たちの聖母」
 共同体(OUR LADY OF AKITA AND AMAKUSA AND THE MARTYRS OF JAPAN )
 において、トリエント典礼ミサがたっています。あずかりたい方は下記ま
 で連絡してください。

   〒467-0014 
   名古屋市瑞穂区白羽根町2-33-3
   マキシミリアノ・マリア・コルベ馬場勝吉
   tel 052-851-8584


◆ 洗礼を希望する方は申し出てください。ローマ・ カトリック使徒教会
 の昔からの教えを全て固く信じ、現代主義の異端を決して受け入れないこ
 と。他の宗教の教えをことごとく捨て去ること。この固い決心があるなら、
 準備が不十分でも洗礼を授けます。

 準備としては、私たちの3冊の本と、マリア・ワルトルタ著の十巻の本
 を全て読んでください。受洗後に読む場合、読む約束をしてください。

 「153本のマリアさまのバラ」「聖シャーベル修道会の会則会憲」
 「メッセージ集」

   ■箱舟の聖母社
    〒540-0004
    大阪市中央区玉造1-4-14
    郵便振替 00840-3-132438

 マリア・ワルトルタ著、フェデリコ・バルバロ訳編の「マグダラのマリア」
 「聖母マリアの詩(上)(下)」「イエズスの受難」「イエズスに出会っ
 た人々(一)(二)(三)」「イエズス − たそがれの日々」「受難の
 前日」「復活」の10冊、それぞれ3000円前後です。

   ■あかし書房
    〒166
    東京都杉並区成田西3-9-22
    電話:03-3313-4014 FAX:03-3311-9359
    郵便振替:00110-6-111231


◆ 私たちはリトル・ペブルさんの本、「THE LITTLE PEBBLE - THE LAST
 POPE」日本語版について、2001年11月17日に翻訳と出版の権利を
 リトル・ペブルさんからいただきました。すでに第3巻までの翻訳はでき
 ています。しかし、この重要な本を世に送り出すための出版費用が私たち
 には全くありません。そこで、皆さまにお願いです。どうか皆様のご寄付
 によって、このマリア様のお仕事を支えていただけないでしょうか。利益
 の10%はリトル・ペブルさんにもどり、彼のミッションを支えます。
 ご寄付は、「「最後の教皇」出版のための寄付」と明記して、現金書留か
 郵便振替にて下記までお願いします。

  〒540−0004
  大阪市中央区玉造1−4−14
  箱舟の聖母社
  郵便振替 00840−3−132438


◆「天からのメッセージ」に版権はありません。天はできるだけ多くの人々
 がメッセージを読むことをお望みです。どうぞ友人知人に「天からのメッ
 セージ」を伝えて下さい。コピーして配布して下さい。

◆ 編集室では、メッセージの翻訳ボランティアを募集しています。できる
 なら、カトリック信者で専門用語に強い方を希望しています。

◆ 皆様からのご質問、ご感想をお待ちしております。関連情報をお持ちで
 したらお寄せ下さい。
 
◆ 次回「箱舟の聖母」は12月26日頃、発行を予定しています。



----------------------------------------------------------------
編集・発行:聖シャーベル修道会
スタッフ :Father Jean-Marie of the Risen Son of God(復活された
      神の子のジャン・マリー司祭)  Kolbe-Marie
----------------------------------------------------------------
お申込み、ご質問、ご感想は下記までお願いします。

  〒540−0004
   大阪市中央区玉造1−4−14
   聖シャーベル修道会

  E-mail : charbeljapan@nifty.ne.jp

 お申し込みはEメール版は3千円、郵送版は一万円を目安に、一年分のご
寄付をお願いします(商契約ではありません)。こうするのは、読者の皆さ
んにも「受けるだけの人」のままでいるのではなく、自発的な献金と、友人
知人にコピーをわたす伝道を通して「よろこんで与える人」となり、神様の
祝福をもっと得ていただきたいからです。「よろこんで与える者を神は愛さ
れる」、これが私たちの宣教事業の基本理念です。
----------------------------------------------------------------
%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%1%%

(C)日本における「聖シャーベル修道会の共同体」
      設立の促進と援助のための事務所
 http://homepage1.nifty.com/charbeljapan/index.htm
    E-mail : charbeljapan@nifty.ne.jp

%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%9%%




[HOME] [戻る]