「箱舟の聖母」バックナンバー
2004年12月5日号No.232

 マリア様を喜ばせましょう。マリア様はあなたの小さな奉仕にも大きな恵みで報いて下さいます。あなたが愛する人の救いのために「箱舟の聖母」を役立ててください。「箱舟の聖母」は宣教誌です。購読しコピーし身近な人にわたすなら、あとはマリア様ご自身が働いて下さいます。そしてあなたの購読料はマリア様の事業を支えます。あなたのマリア様に対する奉仕を神様は永遠に忘れません。

 お申し込みはEメール版は3千円、郵送版は一万円を目安に一年分のご寄付をお願いします(商契約ではありません)。こうするのは、読者の皆さんにも「受けるだけの人」のままでいるのではなく、自発的な献金と、友人知人にコピーをわたす伝道を通して「よろこんで与える人」となり、神様の祝福をもっと得ていただきたいからです。「よろこんで与える者を神は愛される」、これが私たちの宣教事業の基本理念です。

◆マテオによる聖福音10章27節
「私がやみの中で言うことを、あなたたちは明るみで言え。耳をあてて聞くことを、屋根の上から知らせよ」

◆マテオによる聖福音10章42節
「この小さい者の一人に、弟子として冷や水の一杯でも与える人があったなら、まことに私は言う。その人は報いを失わぬ」


ご注意
■ お申し込みは下記住所宛にEメール版は3千円、郵送版は一万円を目安に一年分のご寄付をお願いします(商行為でも契約でもありません)。  〒540−0004 大阪市中央区玉造1−4−14 箱舟の聖母社
■ トラブルを避けるために、必ずご本人様でお申し込み下さい。いかなる理由でも、ご送金後の返金はできません。お申し込みから登録まで2週間程度かかりますので、あしからずご了承下さい。
■ 本誌読者=「聖シャーベル修道会会員」ではありません。どのような立場の方でも歓迎いたします。
■ これを用いてマリア様の事業を攻撃する人には送付を打ち切ります。また災害・戦争など、やむを得ない事情の際も送付いたしませんが、ご了承ください。


%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%1%%

        「 箱 舟 の 聖 母 」

       2004年12月5日号 No.232

   毎週1回発行:Eメール版 年間3,000円(ご寄付)
          郵送版  年間10,000円(ご寄付)
  http://homepage1.nifty.com/charbeljapan/index.htm
      E-mail : charbeljapan@nifty.ne.jp
       ( 等幅フォントでご覧下さい!)
%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%2%%
----------------------------------------------------------------
    箱舟の聖母、
       我らが御母聖マリア、
         キリスト信者の扶(たす)け
----------------------------------------------------------------
 マリア様を喜ばせましょう。マリア様はあなたの小さな奉仕にも大きな恵
みで報いて下さいます。あなたが愛する人の救いのために「箱舟の聖母」を
役立ててください。「箱舟の聖母」は宣教誌です。購読しコピーし身近な人
にわたすなら、あとは マリア様ご自身が働いて下さいます。そしてあなたの
ご寄付はマリア様の事業を支えます。あなたのマリア様に対する奉仕を神様
は永遠に忘れません。
----------------------------------------------------------------

◆今週号の目次

 1.聖シャーベル修道会ニュース
 2.153本の聖ヨゼフの百合
 3.リトル・ペブルからの手紙
 4.反キリスト、ロード・マイトレイヤについての警告
 5.お知らせ


----------------------------------------------------------------
1.聖シャーベル修道会ニュース
----------------------------------------------------------------
◆ 12月12日夕方、名古屋において、聖シャーベル修道会の2人のシス
 ターであり幻視者でもある、マザー・シャーリーとシスター・ルースによ
 る講演会が行なわれます。会場と予定は次のとおりです。

  会場:「レセプションハウス名古屋逓信会館」1階チャペル
      URL :http://www.teishin.co.jp/index.html
      ご案内 :http://www.teishin.co.jp/main/M3.html
      Eメール:info@teishin.co.jp
      電話  :052-551-5111

  日時:12月12日(日曜日)
     午後4:30 正面玄関にて受付開始
     午後5:00 講演会
     午後6:30 洗礼・堅信式
            第4部門会員受け入れ式
            トリエント典礼ミサ
     午後8:00 閉会

  講演会の場でご出現があり、天のメッセージを伝えるそうです。定員は
 ありません。オープンで、誰でも参加できます。録音・写真・ビデオ撮影
 もOKです。入場無料ですが、正面玄関の受付にて献金をお願いします。
 シスターたちの旅費・会場使用料etc、かなりの負担がありますので、
 目安として1000円以上の献金をしていただければ幸いです。




----------------------------------------------------------------
2. 153本の聖ヨゼフの百合
----------------------------------------------------------------
【 第92章 】

 これを読んでいるあなたが女性でしたら、初恋は小学生のときだったで
しょう? 男性だったら中学生の時だったでしょうね。男性の方がはるか
に強い影響をこうむりますから、その初恋の間はずっと相手のことが一日中
頭から離れることなく、何をやっていてもうわのそらになり、勉強なんか
全く手につかなかったのではありませんか。この経験は「内的生活」をつく
るのに利用できます。一日中相手のことが頭から離れない状態は、「内的
生活」が深まった人が神のことが頭から離れない状態になっているのに非常
に似ているからです。あなたが「内的生活」が深まった段階を想像するのに、
初恋のことを思い出し、相手を神様に置き換えたら、かなり近いものを想像
できるはずです。そしてそのイメージを目標に、自分の意識が常に神に向い
ているように努めるという方法も、一つの良い方法なのですよ。

 恋愛は心の働きですね。頭の働きではありません。神に意識を向けること
は、心に抱く神を愛する思いによって行なうことで、心の愛が大きければ
大きいほど、神に意識を向けるのはたやすくなります。これも自分の初恋を
思い出せばわかるでしょう? 相手のことを思わないようにしよう、忘れよ
うとしても、それができないほどに心の愛によって意識が相手に向かってい
たでしょう? 

 それで皆さんに一つ提案します。神様に、イエズスに、マリア様に、聖ヨ
ゼフに、あなたは魅力を感じるようにしてみてください。聖書やメッセージ
やマリア・ワルトルタへの啓示の本などの霊的読書の時、それを思い出し、
思いめぐらす黙想の時、その方々の絵を見るとき、歌を聴くとき、愛すべき
人として、魅力ある人として、自分を夢中にさせる人として、そして何より
も誰よりも自分に特別な思いと愛を寄せてくれている人、自分を魅力あるも
のとして見てくださっている人、自分を選んでくださった人、自分のために
は苦しみも死をもいとわない人として、心でその方を受け止めてみてくださ
い。今まで頭でその方々を理解しようと試みていた皆さんには、これは新し
いやり方でしょう? けれどもきっとあなたの「内的生活」をつくり、深め
るのに役立ちますよ。



----------------------------------------------------------------
3.リトル・ペブルからの手紙
  − 2004年11月22日 −
----------------------------------------------------------------
--------------------------------
天の母のミッションの世界中のすべての忠実な支持者たちへ。
 − メアリー・ジェーン・イーブンに関して −
--------------------------------

 アメリカ合衆国の幻視者メアリー・ジェーン・イーブン博士が、およそ
18年間にわたる私との一致の後に、私たちとの関係を断ち切ったことを
皆さんにお知らせすることは私にとって大いなる悲しみです。2004年
11月13日に、彼女は彼女が受け取ったと主張するメッセージに関して
公の声明をなしました。そして、それは彼女が日本にいる間に公表されま
した。

 メアリー・ジェーン・イーブンが私たちとの関係を断ったことは非常に
明確であり、彼女の最近のメッセージは、以下において明らかにされるよう
に、天からのものではないということが容易に見て取れます。


--------------------------------
2004年11月13日のイエズスからのメッセージと称するもの。
--------------------------------
私たちの主:
 わが甘美なる子供たちよ。私は今夜、天にとって重要ないくつかのことに
ついてあなたがたに話そうと思う。そしてあなたがたがそれを理解すること
は必要なことである。それは、リトル・ペブル、ブロウサード神父、フラン
ツ・カイラー、そして何年にもわたってこれらの幻視者たちを支持してきた
すべての者たちにかかわることである。

 リトル・ペブルは、あなたがたも知っているように、今苦境に陥っている。
そして彼は裁判にかかわってきている。私たちは非常に注意深く裁判の行方
を見守っている。そしてもし彼が有罪となるならば、私たちは彼の地位を
再考することになるだろう。そして、神秘的教会の指導においては変化が
生じるだろう。

 フランツ・カイラーは、次の教皇候補として天にとって常に最も望ましい
者でありつづけてきた。私達は、この裁判がリトル・ペブルにとってどのよ
うな結果になるのかを待っている。そしてその後に、彼の役目に対して天は
彼を受け容れるかどうかを決定するだろう。天はスキャンダルを受け容れる
ことはできない。

 ブロウサード神父は、バチカンにおいて決して司教候補者として言及され
たことはないということを私はあなたがたに告げる。そのことは、彼が司教
叙階されたと考える者たちは考え直さなければならないということを意味す
る。現在、このことに疑問を抱いている多くの人々がいる。天は、ブロウ
サード神父が司教として叙階されることに対して承認を与えたことは決して
ない。それゆえ、リトル・ペブルの地位や、ブロウサード神父の地位、そし
て彼が叙階したと主張する司祭たちの地位を人々が理解する仕方は変化する
だろう。

 さて今度はあなたがたのお金について話したい。親愛なる子供たちよ、大
警告の後には銀行は存在しないであろうということをあなたがたは理解しな
ければならない。教皇がバチカンを脱出するとき、世界の報道機関やメディ
アはあなたがたに告げるであろう。私たちは、銀行から預金を引き出すこと
を試みることができる期間を3カ月から6カ月持っている。すべてが起こら
なければならない時を天はあなたがたに告げるだろう。

 あなたがたにこれから発送されるメッセージの中で勧められていることだ
が、現在のところ、あなたがたは一度に少し引き出すようにするべきだとい
うことである。私たちには長い時間は残されていない。指折り数えて13か
ら14カ月、それがあなたがたが持っているすべてである。あなたがたの
考慮のために私たちがあなたがたに与えてきたすべてのことを再び注意深く
読み通しなさい。メッセージにおいてあなたがたに告げられることになって
いる多くのことが他にもまだある。そして私たちはそれらをできる限り……
届けよう。(訳注:原文欠落)

 私たちはこの黙想会のためにあなたがたとともにここにいることを喜んで
いる。私たちは黙想とあなたがたの霊的な奉仕のために、多くのアイデアを
あなたがたに与えてきたと思う。

 わが娘があなたがたに愛の贈り物を与えた後に、彼女は立ち上がってあな
たがたをその贈り物で祝福するであろう。

--------------------------------

 もし話しているのが本当にイエズスであるならば、彼はすでに私の裁判の
結果をご存じでしょう。(メアリー・ジェーン博士のメッセージは次のよう
に言います。)

「私たちは注意深く裁判の行方を見守っている。そしてもし彼が有罪となる
ならば、私たちは彼の地位を再考することになるだろう。そして神秘的教会
の指導には変化が生じるだろう。フランツ・カイラーは次の教皇候補として
常に天にとってもっと好ましい者であり続けてきた。」

 このメッセージは全く人間のつくりごとです。

 1997年、メアリー・ジェーンはフランツ・カイラーと同様に、リトル・
ペブルが最後の教皇になるであろうと公に支持しました。神は決定を変更あ
るいは放棄なさっていません。

 フランツは現在、死んで天国に行っています。

 メアリー・ジェーンのメッセージの後半にある、18カ月しか残っていない
ということ、そして預金を引き出す必要があるということもまた正確ではあり
ません。大警告にはまだ何年かありますし、その前にまず数多くの印が予期さ
れています。

 私はすべての支持者たちに、彼女のメッセージを無視し、あるいは非常に
注意深くそれらを識別するように告げます。

 神の祝福を皆さんの上に祈りつつ。

                                      
〔 署名 〕

リトル・ペブル



----------------------------------------------------------------
4.反キリスト、ロード・マイトレイヤについての警告
----------------------------------------------------------------
マリア様からの警告 1995年12月28日 No.226

 私の娘「小さ戦士」に対して私と神なる息子イエズスが示したこと、そし
て部分的には「ソーンブッシュ」と「トランペッター」やその他の者に示し
たことは真実です。なぜなら、教会はまもなく荒廃に向かうからです。ゲッ
セマネの園で使徒たちがしたようにです。牧者が打たれると使徒たちは散ら
されました。そして使徒たちのみならず、イエズスの弟子たち、従って来た
者たちも。皆は幻滅し、混乱し、当惑しました。人の子、神人である神なる
息子イエズスにそのような出来事が起こり得たということに。

 これが、私の神なる息子の代理者ヨハネ・パウロ2世にも起こるでしょう。
牧者は打たれ、羊は散らされるでしょう。愛する教皇 − 彼は今重い病気
になっています − は更に病状が重くなり、枢機卿たちは彼にペトロの座
を放棄して、ひどい病気と心の弱さのゆえに、自分はもはや地上における神
の家を統治することができないと教会に宣言するように強制するでしょう。
かくして邪悪な者の力が神の家を支配しているのが目の当たりにされること
でしょう。そして、邪悪な者は不法に選出された教皇によって自らをペトロ
の座に据えるでしょう。不法に選ばれた教皇は歴史的反教皇であり、彼は
神の都とその聖者たちを踏みにじるでしょう。そして聖の聖なる家において
大いなる荒廃が起こるでしょう。

 息子よ、このことは巧妙なやり方でなされます。なぜなら、神の家に大き
な変化がもたらされ、照らされた者たちと、偽りの従順のうちに盲目にされ
ることを選んだ者たちとの間に大きな分裂が起こるからです。この大いなる
試練は過去の多くの諸聖人によって予告されてきましたし、ラ・サレットで
の出現のとき以来、世界の多くの幻視者たちによっても予告されてきました。
真の教皇はこのとき隠れているのではありませんが、病院に収容されている
でしょう。そして時が来るまで厳重な監視と鎮静状態のもとに置かれるで
しょう。

 反キリストのメディアは、反キリストと反教皇の主張を強めるために、
病院で苦しんでいる教皇の映像を多く送り出すでしょう。しかし、反教皇が
ペトロの座に座る前に、ヨハネ・パウロ2世は多くの行事や声明を宣言する
でしょう。そして、あなたたちは一人の枢機卿を通して教皇からの特別な助
けを受けるでしょう。ヨハネ・パウロ2世が倒れている時、大きな制約の下
にですが、あなたは働くことができるでしょう。しかし天は常にあなたたち
を強めるために共にあります。ヨハネ・パウロ2世が教皇の座を追われると
「ペトロのいない」短い期間があるでしょう。それから偽りの教皇が立てら
れるでしょう。



----------------------------------------------------------------
5.お知らせ
----------------------------------------------------------------
◆ 12月12日夕方、名古屋において、聖シャーベル修道会の2人のシス
 ターであり幻視者でもある、マザー・シャーリーとシスター・ルースによ
 る講演会が行なわれます。会場と予定は次のとおりです。

  会場:「レセプションハウス名古屋逓信会館」1階チャペル
      URL :http://www.teishin.co.jp/index.html
      ご案内 :http://www.teishin.co.jp/main/M3.html
      Eメール:info@teishin.co.jp
      電話  :052-551-5111

  日時:12月12日(日曜日)
     午後4:30 正面玄関にて受付開始
     午後5:00 講演会
     午後6:30 洗礼・堅信式
            第4部門会員受け入れ式
            トリエント典礼ミサ
     午後8:00 閉会

  講演会の場でご出現があり、天のメッセージを伝えるそうです。定員は
 ありません。オープンで、誰でも参加できます。録音・写真・ビデオ撮影
 もOKです。入場無料ですが、正面玄関の受付にて献金をお願いします。
 シスターたちの旅費・会場使用料etc、かなりの負担がありますので、
 目安として1000円以上の献金をしていただければ幸いです。


◆ 名古屋の共同体、「秋田、天草、そして全ての日本の殉教者たちの聖母」
 共同体(OUR LADY OF AKITA AND AMAKUSA AND THE MARTYRS OF JAPAN )
 において、トリエント典礼ミサがたっています。あずかりたい方は下記ま
 で連絡してください。

   〒467-0014
   名古屋市瑞穂区白羽根町2-33-3
   マキシミリアノ・マリア・コルベ馬場勝吉
   tel 052-851-8584


◆ ジャン・マリー助祭は、10月28日に、オーストラリア・ナウラで
 司祭に叙階されました。洗礼を希望する方は申し出てください。ローマ・
 カトリック使徒教会の昔からの教えを全て固く信じ、現代主義の異端を
 決して受け入れないこと。他の宗教の教えをことごとく捨て去ること。
 この固い決心があるなら、準備が不十分でも洗礼を授けます。

 準備としては、私たちの3冊の本と、マリア・ワルトルタ著の十巻の本
 を全て読んでください。受洗後に読む場合、読む約束をしてください。

 「153本のマリアさまのバラ」「聖シャーベル修道会の会則会憲」
 「メッセージ集」

   ■箱舟の聖母社
    〒540-0004
    大阪市中央区玉造1-4-14
    郵便振替 00840-3-132438

 マリア・ワルトルタ著、フェデリコ・バルバロ訳編の「マグダラのマリア」
 「聖母マリアの詩(上)(下)」「イエズスの受難」「イエズスに出会っ
 た人々(一)(二)(三)」「イエズス − たそがれの日々」「受難の
 前日」「復活」の10冊、それぞれ3000円前後です。

   ■あかし書房
    〒166
    東京都杉並区成田西3-9-22
    電話:03-3313-4014 FAX:03-3311-9359
    郵便振替:00110-6-111231


◆ 私たちはリトル・ペブルさんの本、「THE LITTLE PEBBLE - THE LAST
 POPE」日本語版について、2001年11月17日に翻訳と出版の権利を
 リトル・ペブルさんからいただきました。すでに第3巻までの翻訳はでき
 ています。しかし、この重要な本を世に送り出すための出版費用が私たち
 には全くありません。そこで、皆さまにお願いです。どうか皆様のご寄付
 によって、このマリア様のお仕事を支えていただけないでしょうか。利益
 の10%はリトル・ペブルさんにもどり、彼のミッションを支えます。
 ご寄付は、「「最後の教皇」出版のための寄付」と明記して、現金書留か
 郵便振替にて下記までお願いします。

  〒540−0004
  大阪市中央区玉造1−4−14
  箱舟の聖母社
  郵便振替 00840−3−132438


◆「天からのメッセージ」に版権はありません。天はできるだけ多くの人々
 がメッセージを読むことをお望みです。どうぞ友人知人に「天からのメッ
 セージ」を伝えて下さい。コピーして配布して下さい。

◆ 編集室では、メッセージの翻訳ボランティアを募集しています。できる
 なら、カトリック信者で専門用語に強い方を希望しています。

◆ 皆様からのご質問、ご感想をお待ちしております。関連情報をお持ちで
 したらお寄せ下さい。
 
◆ 次回「箱舟の聖母」は12月19日頃、発行を予定しています。12月
 12日号は講演会開催のためお休みさせていただきます。



----------------------------------------------------------------
編集・発行:聖シャーベル修道会
スタッフ :Father Jean-Marie of the Risen Son of God(復活された
      神の子のジャン・マリー司祭)  Kolbe-Marie
----------------------------------------------------------------
お申込み、ご質問、ご感想は下記までお願いします。

  〒540−0004
   大阪市中央区玉造1−4−14
   聖シャーベル修道会

  E-mail : charbeljapan@nifty.ne.jp

 お申し込みはEメール版は3千円、郵送版は一万円を目安に、一年分のご
寄付をお願いします(商契約ではありません)。こうするのは、読者の皆さ
んにも「受けるだけの人」のままでいるのではなく、自発的な献金と、友人
知人にコピーをわたす伝道を通して「よろこんで与える人」となり、神様の
祝福をもっと得ていただきたいからです。「よろこんで与える者を神は愛さ
れる」、これが私たちの宣教事業の基本理念です。
----------------------------------------------------------------
%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%0%%

(C)日本における「聖シャーベル修道会の共同体」
      設立の促進と援助のための事務所
 http://homepage1.nifty.com/charbeljapan/index.htm
    E-mail : charbeljapan@nifty.ne.jp

%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%5%%




[HOME] [戻る]