「箱舟の聖母」バックナンバー
2004年11月28日号No.231

 マリア様を喜ばせましょう。マリア様はあなたの小さな奉仕にも大きな恵みで報いて下さいます。あなたが愛する人の救いのために「箱舟の聖母」を役立ててください。「箱舟の聖母」は宣教誌です。購読しコピーし身近な人にわたすなら、あとはマリア様ご自身が働いて下さいます。そしてあなたの購読料はマリア様の事業を支えます。あなたのマリア様に対する奉仕を神様は永遠に忘れません。

 お申し込みはEメール版は3千円、郵送版は一万円を目安に一年分のご寄付をお願いします(商契約ではありません)。こうするのは、読者の皆さんにも「受けるだけの人」のままでいるのではなく、自発的な献金と、友人知人にコピーをわたす伝道を通して「よろこんで与える人」となり、神様の祝福をもっと得ていただきたいからです。「よろこんで与える者を神は愛される」、これが私たちの宣教事業の基本理念です。

◆マテオによる聖福音10章27節
「私がやみの中で言うことを、あなたたちは明るみで言え。耳をあてて聞くことを、屋根の上から知らせよ」

◆マテオによる聖福音10章42節
「この小さい者の一人に、弟子として冷や水の一杯でも与える人があったなら、まことに私は言う。その人は報いを失わぬ」


ご注意
■ お申し込みは下記住所宛にEメール版は3千円、郵送版は一万円を目安に一年分のご寄付をお願いします(商行為でも契約でもありません)。  〒540−0004 大阪市中央区玉造1−4−14 箱舟の聖母社
■ トラブルを避けるために、必ずご本人様でお申し込み下さい。いかなる理由でも、ご送金後の返金はできません。お申し込みから登録まで2週間程度かかりますので、あしからずご了承下さい。
■ 本誌読者=「聖シャーベル修道会会員」ではありません。どのような立場の方でも歓迎いたします。
■ これを用いてマリア様の事業を攻撃する人には送付を打ち切ります。また災害・戦争など、やむを得ない事情の際も送付いたしませんが、ご了承ください。


%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%1%%

        「 箱 舟 の 聖 母 」

       2004年11月28日号 No.231

   毎週1回発行:Eメール版 年間3,000円(ご寄付)
          郵送版  年間10,000円(ご寄付)
  http://homepage1.nifty.com/charbeljapan/index.htm
      E-mail : charbeljapan@nifty.ne.jp
       ( 等幅フォントでご覧下さい!)
%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%1%%
----------------------------------------------------------------
    箱舟の聖母、
       我らが御母聖マリア、
         キリスト信者の扶(たす)け
----------------------------------------------------------------
 マリア様を喜ばせましょう。マリア様はあなたの小さな奉仕にも大きな恵
みで報いて下さいます。あなたが愛する人の救いのために「箱舟の聖母」を
役立ててください。「箱舟の聖母」は宣教誌です。購読しコピーし身近な人
にわたすなら、あとは マリア様ご自身が働いて下さいます。そしてあなたの
ご寄付はマリア様の事業を支えます。あなたのマリア様に対する奉仕を神様
は永遠に忘れません。
----------------------------------------------------------------

◆今週号の目次

 1.聖シャーベル修道会ニュース
 2.153本の聖ヨゼフの百合
 3.リトル・ペブルに与えられたメッセージ
 4.反キリスト、ロード・マイトレイヤについての警告
 5.お知らせ


----------------------------------------------------------------
1.聖シャーベル修道会ニュース
----------------------------------------------------------------
◆ 12月12日夕方、名古屋において、聖シャーベル修道会の2人のシス
 ターであり幻視者でもある、マザー・シャーリーとシスター・ルースによ
 る講演会が行なわれます。会場と予定は次のとおりです。

  会場:「レセプションハウス名古屋逓信会館」1階チャペル
      URL :http://www.teishin.co.jp/index.html
      ご案内 :http://www.teishin.co.jp/main/M3.html
      Eメール:info@teishin.co.jp
      電話  :052-551-5111

  日時:12月12日(日曜日)
     午後4:30 正面玄関にて受付開始
     午後5:00 講演会
     午後6:30 洗礼・堅信式
            第4部門会員受け入れ式
            トリエント典礼ミサ
     午後8:00 閉会

  講演会の場でご出現があり、天のメッセージを伝えるそうです。定員は
 ありません。オープンで、誰でも参加できます。録音・写真・ビデオ撮影
 もOKです。入場無料ですが、正面玄関の受付にて献金をお願いします。
 シスターたちの旅費・会場使用料etc、かなりの負担がありますので、
 目安として1000円以上の献金をしていただければ幸いです。




----------------------------------------------------------------
2. 153本の聖ヨゼフの百合
----------------------------------------------------------------
【 第91章 】

 聖書はもちろん神様が私たちに読ませるために与えてくださった本です。
マリア様のメッセージも現在だけでも全世界で何千人もの人を通して与えら
れ、膨大な量になりますが、私たちに読ませるために与えてくださっている
のです。マリア・ワルトルタに第二次世界大戦中に神様が終わりの時に生き
る私たちに特に読ませるために与えてくださったものもそうです。私たちに
読ませるためにとは、私たちの霊魂が、読めば神に近づくことができるとい
うことです。それで、聖書もメッセージも、マリア・ワルトルタへの啓示の
本も「読みなさい!」と天がおっしゃるのです。「読みなさい!」と天が
非常に強く勧めているのですから、単純に従うべきです。読まない人はいろ
いろな自分なりの理由をあげます。「愛と謙遜の実践だけでいい。知識など
何にもならない」など、もっともらしい理由で、すばらしい考え方に聞こえ
ます。しかし「単純の徳」は、どんな素晴らしい自分の考えにも固執せず、
神様のお勧めに何の異議も唱えず、従うことにあります。聖ペトロは漁師頭
としての、専門家としての自分の意見に反するイエズスの勧めに単純に従っ
て、もう日が昇って魚が捕れない時間に漁場でない場所に網をおろし、生涯
中最高の水揚げを得ました。この種の「神秘的な豊漁」を得るためには、誰
でもそうしなければなりません。自分の素晴らしい考え、何十年もの経験に
裏打ちされた人間的には絶対間違いのない意見を、神のお望みの前に投げ捨
てない限り、「神秘的な豊漁」「超自然的な実り」を得ることはできないの
です。

 「内的生活」をつくり、深めるために、つまり神に近づき、神と一致する
ために霊的読書は必要です。(霊的読書という言葉はローマ・カトリックの
専門用語で、意味は「霊魂の栄養となる本を読む」ということです) 霊的
読書は黙想と一緒に合わせて用いるものです。それは黙想の材料を提供する
ものですが、単に知識のストックを増やすものというだけではなく、神に
対する霊魂の愛の火の燃料でもあり、神様やマリア様、天の方々からの愛の
語りかけと愛撫でもあります。つまり、黙想の際に心に抱く神への愛の思い
が強まり、その燃えあがった愛の火が、黙想後もしばらく持続するという
「内的生活」をつくることと、それが深まることを霊的読書はもたらしてく
れるのです。霊的読書を神が自分に愛の言葉を語りかけてくださることだと
理解するなら、愛する人の愛のささやきが持つ効果と同じ効果がそれによっ
て霊魂にもたらされることは、すぐ納得できますよね。それであなたは自分
からも、その言葉を学者のように頭だけで受け止め、研究するような受け取
り方をしないようにしてください。あなたは愛する人の言葉なら心を持って
受け取るでしょう? 味わうでしょう? 込められた深い意味を探るでしょ
う? そのように霊的読書を行なってくださいね。



----------------------------------------------------------------
3.死者の日に事務所でリトル・ペブルに与えられたメッセージ
  − No.172 1987年11月2日 −
----------------------------------------------------------------
リトル・ペブル:
 第五玄義はエルサレムの神殿で、少年イエズスを発見したことです。

(第五玄義が唱えられる)

 さて、聖ミカエルは私達にやめるようにとお命じになりました。その第五
玄義が始まってから、ずっと他の二位の天使が大きな白い十字架を捧げ持っ
て立っていらっしゃいます。そして聖ミカエルは今回は十字架の根元に立って
おられ、主は十字架上にはりつけられた御姿で、御傷からは御血がしたたっ
ています。聖ミカエルは主の方に向かってカリスを捧げ持っていらっしゃい
ます。そしてどのようにしてか私にはわかりませんが、御血はまっすぐには
したたっていません。ただ形となって真っすぐカリスに落ちています。主は
御苦難のうちにおられるので、二言三言だけおっしゃっておられます。その
言葉は「我渇く」です。

 さて右手の非常に空高くから至福に満ちた御母がやって来られるのが見え
ます。御母は玉座に座っておられます。玉座は全部黄金でできており、それ
をたくさんの天使達が運んでいます。天使達は十字架の前に降りて来ますが、
十字架よりほんのちょっと下の方へと降りて来ています。御母は、カルメル
山の聖母の御姿ですが、幼きイエズス様を抱いていらっしゃいません。主は
十字架上にいらっしゃるからです。今、聖母が見えます。カルメル山の聖母
の御姿をしていらっしゃいますのに、御胸の上にとても大きな茶色のスカプ
ラリオをかけていらっしゃるのが見えます。ちょうど私たちがつける茶色の
スカプラリオのようですが、とても大きいものです。それにはなんの絵も描
いてなく、ただの茶色の布地なのです。さて、聖母の御手、つまり右の御手
には私たちが身につけているような茶色のスカプラリオがあり、左の御手は
ロザリオを持っておられるのが見えます。小珠は茶色で大珠は赤色です。
十字架も木製で茶色です。今、カリスからしたたっている御血のしずくが見
えます。御血はふたつの準秘跡にふりそそがれています。聖母がおっしゃい
ます。「息子よ、これは恩寵です。人類の贖いのために流された御血のした
たりの中に、御子の犠牲による功徳で得られた恩寵です。それはイエズス・
キリストの尊き御血の功徳によってこの準秘跡に与えられている力なのです」

 聖ミカエルは杯、つまりカリスをかかげておられます。御血は流れてカリ
スの上にしたたり落ち、ふちを越えてあふれています。さらに御血は聖母の
玉座の側へと落ちて行くのが見えます。しかも、もっともっと下の方へと落
ちて行きます。地面にまで落ちて行くように見えます。

 さて地球が見えます。地面が大きく割れて、御血が地中にしたたりながら
注ぎ込まれています。地面から燃え上がっている火が見えます。そして海原
全体が見えます。私には人々の海のように見えます。聖母はその人々を見お
ろしていらっしゃいます。彼らはこの火に飲み込まれた人達なのです。人々
は聖母に救いを求めています。そしていくつかの霊魂は元后マリア様のおら
れるところへと登り始めています。そしてゆっくりと登るにつれて、その
霊魂が色を変えてゆきます。真っ赤から橙色へ、そして聖母のところへ着く
と白になるのです。そして聖母は、これは御子の尊き御血によってまた、
十字架上に注ぎ出された御功徳によって得られたのです、と言われます。つ
まりこの御血は煉獄にいる子らの上に注がれる御血の象徴であり、煉獄の
霊魂が救われ、浄められるのはこの『尊き御血』によってなのです、と
おっしゃいました。聖母は、まだロザリオと茶色のスカプラリオを持って
いらっしゃいます。

聖母:
 愛する子よ、あなたにこの幻を見せているのは、煉獄にいる尊い霊魂のた
めに祈ることの大切さを世界中に知らせてほしいからです。なぜなら煉獄の
霊魂はお祈りに渇いているからです。あなた方の祈りは苦痛に対する香油で
す。彼らはあなた方の祈りを渇望しています。この霊魂たちのために捧げら
るミサの尊い犠牲は、彼らにとって最も有益なのです。そしてたくさんの
霊魂が、私の神なる息子の多大なる犠牲によって煉獄から解放されるのです。
そしてまたかわいい子らよ、私が手に持っている準秘跡は本当に聖なるもの
であり、煉獄にいる子供達にとって本当に力があるものです。それは「我が
救いの衣」を身につけて煉獄へ行った、たくさんの霊魂は永遠なる神の御懐
に迎え入れられるために、すみやかに解放されるからです。

 地上にいるかわいい子らよ、私はあなた方の天の母として、私たちの子供
達が煉獄の霊魂のために祈ることが必要であることを示すために、また、こ
の地上でまだ生活しながら、涙と悲しみの谷を歩まなければならない自分達
と兄弟姉妹達のために祈ることが必要であることを示すため、この『死者の
日』、すなわち『煉獄で苦しむ霊魂の祝日』に参りました。人々はこの地上
の人生が十字架の道、苦しみの道であることを学ばねばなりません。そして
子供達が我が聖なる御子の掟をうけいれながら、もっと尊厳を持って、もっ
と忍耐を持って、もっと自由意志を持って苦しめば苦しむほど、この地上に
いる間は自分のためになります。そして自分自身も浄められることでしょう。
ですから地の奥底にある『浄めの谷(煉獄)』には入らないでしょう。

 かわいい子らよ、煉獄というところは、いつの日か霊魂が救われ、楽園の
『父の家』に行けるということが分かってはいても、楽しい所ではないので
すよ。かわいい子らよ、煉獄を避けるために、できるだけ力を尽くしなさい。
そこは霊魂が大いに苦しみ、浄められる場所であるからです。煉獄の霊魂は
自分では喜んでいますが、それは救われるということを知っているからです。
しかし地上にいる間に償っていない罪のために、いたく泣き叫んでいるので
す。その罪の故に神の御顔を見ることができないので、自ら浄めの場所へと
行くのです。かわいい子らよ、そのことを覚えておきなさい。苦しんでいる
これらすべての霊魂のために、特別な犠牲と祈りとを捧げなさい。そうすれ
ば彼らが一度、天国に入ったなら、あなた方のために祈ってくれるでしょう。
また、あなた方が煉獄に行くとすれば、その時間は縮められるでしょう。
それは、あなた方が彼らにあわれみを持ったからです。

 地上のかわいい子らよ、煉獄のすべての子供達、そして天にいる子供達よ、
私はあなた方を愛しています。私はあらゆる霊魂の元后であり、私の心は
世界中のすべての子供達の救いを切に願っています。あなた方が主と同じ道
を歩まねばならないために、『十字架上で苦しんでおられる御子』を、すべ
ての者の心に留めるようにさせなさい。我が子よ、我が愛する子らよ、あな
た方を祝福します。私が特に愛している煉獄の霊魂のために、私もあなた方
と一緒に祈りますので、あなた方もどうかお祈りを続けてください。父と子
と聖霊との御名によりて。アーメン。



----------------------------------------------------------------
4.反キリスト、ロード・マイトレイヤについての警告
----------------------------------------------------------------
1995年12月25日 No.225
クリスマスの日の「小さき戦士」の幻視

小さき戦士:
 窓越しに、私は天から聖母の像が降りて来られるのを目にしました。私は
大きな星の爆発を見ました。その後に三日間の暗闇が続きました。星から発
したガスが、大気圏と接触したさいに爆発するでしょう。ロシアとの間に
紛争が起ころうとしています。

 諸天が開かれ、新しいエルサレムがありました。それは大きな都です。
年老いた人が手に都を持ち、それを降ろしました。その後、私は新しい諸天
を見ました。それから私は、バチカンと教皇にトラブルが起ころうとしてい
ると告げられました。そのトラブルの時期に、神はいくらかの司祭の手から
聖変化を取り去られるでしょう。すなわち、真理に留まらず、教えにおいて
間違っている司祭の手から。主は一時的に、真理のうちにない教会のいくつ
かを閉じられるでしょう。主は、これらの教会の聖櫃のうちに生きられるの
をやめられるでしょう。

 窓越しに私は大きなドームを見ました。私は回転しているホスチアを見ま
した。神はそれらを集められ、天へと取り去られるでしょう。私は世界の中
に数多くの混乱を目にしました。私はまた、空にいる天使たちを見ました。
私はまた、聖ヨゼフの御頭の上にある冠を見ました。私はこれら将来の出来
事を見聞きしながら3時間を過ごしました。

 このトラブルの時期、教皇は病気になり、療養のために取り去られるで
しょう。そして、ある者が教皇に取って代わるでしょう。彼は反教皇です。
これは世界中における数多くの破滅を引き起こすでしょう。その後、真の
教皇は戻って来られ、全てを明らかにされるでしょう。バチカンについての
真実が語られ、いかに彼らが教皇に反対して働いてきたかが語られるでしょ
う。女性が司祭として叙階されることは主の望みに反すると主はおっしゃい
ました。



----------------------------------------------------------------
5.お知らせ
----------------------------------------------------------------
◆ 12月12日夕方、名古屋において、聖シャーベル修道会の2人のシス
 ターであり幻視者でもある、マザー・シャーリーとシスター・ルースによ
 る講演会が行なわれます。会場と予定は次のとおりです。

  会場:「レセプションハウス名古屋逓信会館」1階チャペル
      URL :http://www.teishin.co.jp/index.html
      ご案内 :http://www.teishin.co.jp/main/M3.html
      Eメール:info@teishin.co.jp
      電話  :052-551-5111

  日時:12月12日(日曜日)
     午後4:30 正面玄関にて受付開始
     午後5:00 講演会
     午後6:30 洗礼・堅信式
            第4部門会員受け入れ式
            トリエント典礼ミサ
     午後8:00 閉会

  講演会の場でご出現があり、天のメッセージを伝えるそうです。定員は
 ありません。オープンで、誰でも参加できます。録音・写真・ビデオ撮影
 もOKです。入場無料ですが、正面玄関の受付にて献金をお願いします。
 シスターたちの旅費・会場使用料etc、かなりの負担がありますので、
 目安として1000円以上の献金をしていただければ幸いです。


◆ 名古屋の共同体、「秋田、天草、そして全ての日本の殉教者たちの聖母」
 共同体(OUR LADY OF AKITA AND AMAKUSA AND THE MARTYRS OF JAPAN )
 において、トリエント典礼ミサがたっています。あずかりたい方は下記ま
 で連絡してください。

   〒467-0014
   名古屋市瑞穂区白羽根町2-33-3
   マキシミリアノ・マリア・コルベ馬場勝吉
   tel 052-851-8584


◆ ジャン・マリー助祭は、10月28日に、オーストラリア・ナウラで
 司祭に叙階されました。洗礼を希望する方は申し出てください。ローマ・
 カトリック使徒教会の昔からの教えを全て固く信じ、現代主義の異端を
 決して受け入れないこと。他の宗教の教えをことごとく捨て去ること。
 この固い決心があるなら、準備が不十分でも洗礼を授けます。

 準備としては、私たちの3冊の本と、マリア・ワルトルタ著の十巻の本
 を全て読んでください。受洗後に読む場合、読む約束をしてください。

 「153本のマリアさまのバラ」「聖シャーベル修道会の会則会憲」
 「メッセージ集」

   ■箱舟の聖母社
    〒540-0004
    大阪市中央区玉造1-4-14
    郵便振替 00840-3-132438

 マリア・ワルトルタ著、フェデリコ・バルバロ訳編の「マグダラのマリア」
 「聖母マリアの詩(上)(下)」「イエズスの受難」「イエズスに出会っ
 た人々(一)(二)(三)」「イエズス − たそがれの日々」「受難の
 前日」「復活」の10冊、それぞれ3000円前後です。

   ■あかし書房
    〒166
    東京都杉並区成田西3-9-22
    電話:03-3313-4014 FAX:03-3311-9359
    郵便振替:00110-6-111231


◆ 私たちはリトル・ペブルさんの本、「THE LITTLE PEBBLE - THE LAST
 POPE」日本語版について、2001年11月17日に翻訳と出版の権利を
 リトル・ペブルさんからいただきました。すでに第3巻までの翻訳はでき
 ています。しかし、この重要な本を世に送り出すための出版費用が私たち
 には全くありません。そこで、皆さまにお願いです。どうか皆様のご寄付
 によって、このマリア様のお仕事を支えていただけないでしょうか。利益
 の10%はリトル・ペブルさんにもどり、彼のミッションを支えます。
 ご寄付は、「「最後の教皇」出版のための寄付」と明記して、現金書留か
 郵便振替にて下記までお願いします。

  〒540−0004
  大阪市中央区玉造1−4−14
  箱舟の聖母社
  郵便振替 00840−3−132438


◆「天からのメッセージ」に版権はありません。天はできるだけ多くの人々
 がメッセージを読むことをお望みです。どうぞ友人知人に「天からのメッ
 セージ」を伝えて下さい。コピーして配布して下さい。

◆ 編集室では、メッセージの翻訳ボランティアを募集しています。できる
 なら、カトリック信者で専門用語に強い方を希望しています。

◆ 皆様からのご質問、ご感想をお待ちしております。関連情報をお持ちで
 したらお寄せ下さい。
 
◆ 次回「箱舟の聖母」は12月5日頃、発行を予定しています。なお、
 12月12日号は講演会開催のためお休みさせていただきます。



----------------------------------------------------------------
編集・発行:聖シャーベル修道会
スタッフ :Father Jean-Marie of the Risen Son of God(復活された
      神の子のジャン・マリー司祭)  Kolbe-Marie
----------------------------------------------------------------
お申込み、ご質問、ご感想は下記までお願いします。

  〒540−0004
   大阪市中央区玉造1−4−14
   聖シャーベル修道会

  E-mail : charbeljapan@nifty.ne.jp

 お申し込みはEメール版は3千円、郵送版は一万円を目安に、一年分のご
寄付をお願いします(商契約ではありません)。こうするのは、読者の皆さ
んにも「受けるだけの人」のままでいるのではなく、自発的な献金と、友人
知人にコピーをわたす伝道を通して「よろこんで与える人」となり、神様の
祝福をもっと得ていただきたいからです。「よろこんで与える者を神は愛さ
れる」、これが私たちの宣教事業の基本理念です。
----------------------------------------------------------------
%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%2%%

(C)日本における「聖シャーベル修道会の共同体」
      設立の促進と援助のための事務所
 http://homepage1.nifty.com/charbeljapan/index.htm
    E-mail : charbeljapan@nifty.ne.jp

%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%8%%




[HOME] [戻る]