「箱舟の聖母」バックナンバー
2004年11月21日号No.230

 マリア様を喜ばせましょう。マリア様はあなたの小さな奉仕にも大きな恵みで報いて下さいます。あなたが愛する人の救いのために「箱舟の聖母」を役立ててください。「箱舟の聖母」は宣教誌です。購読しコピーし身近な人にわたすなら、あとはマリア様ご自身が働いて下さいます。そしてあなたの購読料はマリア様の事業を支えます。あなたのマリア様に対する奉仕を神様は永遠に忘れません。

 お申し込みはEメール版は3千円、郵送版は一万円を目安に一年分のご寄付をお願いします(商契約ではありません)。こうするのは、読者の皆さんにも「受けるだけの人」のままでいるのではなく、自発的な献金と、友人知人にコピーをわたす伝道を通して「よろこんで与える人」となり、神様の祝福をもっと得ていただきたいからです。「よろこんで与える者を神は愛される」、これが私たちの宣教事業の基本理念です。

◆マテオによる聖福音10章27節
「私がやみの中で言うことを、あなたたちは明るみで言え。耳をあてて聞くことを、屋根の上から知らせよ」

◆マテオによる聖福音10章42節
「この小さい者の一人に、弟子として冷や水の一杯でも与える人があったなら、まことに私は言う。その人は報いを失わぬ」


ご注意
■ お申し込みは下記住所宛にEメール版は3千円、郵送版は一万円を目安に一年分のご寄付をお願いします(商行為でも契約でもありません)。  〒540−0004 大阪市中央区玉造1−4−14 箱舟の聖母社
■ トラブルを避けるために、必ずご本人様でお申し込み下さい。いかなる理由でも、ご送金後の返金はできません。お申し込みから登録まで2週間程度かかりますので、あしからずご了承下さい。
■ 本誌読者=「聖シャーベル修道会会員」ではありません。どのような立場の方でも歓迎いたします。
■ これを用いてマリア様の事業を攻撃する人には送付を打ち切ります。また災害・戦争など、やむを得ない事情の際も送付いたしませんが、ご了承ください。


%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%1%%

        「 箱 舟 の 聖 母 」

       2004年11月21日号 No.230

   毎週1回発行:Eメール版 年間3,000円(ご寄付)
          郵送版  年間10,000円(ご寄付)
  http://homepage1.nifty.com/charbeljapan/index.htm
      E-mail : charbeljapan@nifty.ne.jp
       ( 等幅フォントでご覧下さい!)
%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%1%%
----------------------------------------------------------------
    箱舟の聖母、
       我らが御母聖マリア、
         キリスト信者の扶(たす)け
----------------------------------------------------------------
 マリア様を喜ばせましょう。マリア様はあなたの小さな奉仕にも大きな恵
みで報いて下さいます。あなたが愛する人の救いのために「箱舟の聖母」を
役立ててください。「箱舟の聖母」は宣教誌です。購読しコピーし身近な人
にわたすなら、あとは マリア様ご自身が働いて下さいます。そしてあなたの
ご寄付はマリア様の事業を支えます。あなたのマリア様に対する奉仕を神様
は永遠に忘れません。
----------------------------------------------------------------

◆今週号の目次

 1.聖シャーベル修道会ニュース
 2.153本の聖ヨゼフの百合
 3.リトル・ペブルに与えられたメッセージ
 4.反キリスト、ロード・マイトレイヤについての警告
 5.お知らせ



----------------------------------------------------------------
1.聖シャーベル修道会ニュース
----------------------------------------------------------------
◆ 12月12日夕方、名古屋において、聖シャーベル修道会の2人のシス
 ターであり幻視者でもある、マザー・シャーリーとシスター・ルースによ
 る講演会が行なわれます。会場と予定は次のとおりです。

  会場:「レセプションハウス名古屋逓信会館」1階チャペル
      URL :http://www.teishin.co.jp/index.html
      ご案内 :http://www.teishin.co.jp/main/M3.html
      Eメール:info@teishin.co.jp
      電話  :052-551-5111

  日時:12月12日(日曜日)
     午後4:30 正面玄関にて受付開始
     午後5:00 講演会
     午後6:30 洗礼・堅信式
            第4部門会員受け入れ式
            トリエント典礼ミサ
     午後8:00 閉会

  講演会の場でご出現があり、天のメッセージを伝えるそうです。定員は
 ありません。オープンで、誰でも参加できます。録音・写真・ビデオ撮影
 もOKです。入場無料ですが、正面玄関の受付にて献金をお願いします。
 シスターたちの旅費・会場使用料etc、かなりの負担がありますので、
 目安として1000円以上の献金をしていただければ幸いです。




----------------------------------------------------------------
2. 153本の聖ヨゼフの百合
----------------------------------------------------------------
【 第90章 】

 「黙想」とは何でしょうか。「思いめぐらすこと」ですね。「内的生活」
をつくるのに「黙想」をどう役に立てればいいのでしょう。マリア様は、
12歳のイエズスをエルサレムで見失い、3日後に神殿で見つけたとき、
イエズスから「私が父の家にいると知らなかったのですか」と言われました。
マリア様はこの言葉を心に留めてずっと思いめぐらしました。黙想のやり方
はいろいろありますが、中でも短いひと言を用いるこの方法が「内的生活」
をつくるのに向いています。思い出し、味わい、探求する、これには短い
言葉の方がよいのです。長い言葉は意味の完結したまとまりですね。ですか
ら思い出すだけで止まってしまうことが多く、そこから心が能動的に働いて
はいかず、ただ受動的に意味を受け取るだけになりがちです。短い言葉は、
そこに自分なりの世界をつくる俳句のように、その言葉をもとに自由に
連想すること、自分独自の思いを巡らすことを行ないやすいものです。本当
ですよ。「父の家」、この言葉から自由にさまざまな連想をしてくださいと
私が課題を出したとして、皆さんは難しくはないでしょう? でももっと
長いフレーズの「どうして私を探したのですか。私が父の家にいると知らな
かったのですか」という文から自由にさまざまな連想をしてくださいという
課題だと、さまざまになど連想できませんよね。逆に皆さんにとってもっと
やさしくするには、「父の家」を「父」だけ、または「家」だけにしたらよ
いのです。そんなに短くして本当にいいの? と心配になるのですね。心に
神を愛する思いをもって思いめぐらせば、それで本当にいいのです。心に神
を愛する思いをもってということを忘れないでください。

 朝のうちに短い言葉を選ぶことを勧めます。新約聖書の聖福音からが選び
やすいですよ。少し読んだら、その中から心が一番何かを感じたところを
選べばいいのです。選んだ文をその場で覚えて、そしてその後は、一日の間、
たびたび思い出すのです。「何だったっけ?」「あ、そうだ! 父の家だっ
た」と。そして神を愛する思いを起こしつつ、自由に連想するのです。その
日一日、その短い言葉を使えばよいのです。こうすれば楽しいものですよ。
神に意識を向けることもちゃんとできています。試してみてはいかがですか?



----------------------------------------------------------------
3.諸聖人の祝日にリトル・ペブル与えられたメッセージ
  − No.171 1987年11月1日 日曜日 −
----------------------------------------------------------------
リトル・ペブル:
 どうぞ「サルヴェ・レジナ」を歌ってください。天使達が悪魔祓いの祈り
の始めから、すでにここに来ておられるからです。天使達は参詣所の上方、
空のとても高いところに立っておられます。三位の大きな天使もおられます。
聖ミカエルと聖ガブリエルと聖ラファエルの大天使達です。私たちが天の
元后をおまちしている間、私たちのお祈りと歌を待っておられたのです。ど
うぞ聖歌「サルヴェ・レジナ」を始めてくださいませんか?

(聖歌「サルヴェ・レジナ」が歌われる)

(…ちがう聖歌が歌われる…)

 天使達は、まだそこに立っておられます。彼らは聖母を待っておられるの
です。いま、聖ペトロと聖パウロが見えます。お二方は「皆に歌ってみるよ
うに伝えなさい」とおっしゃっておられます。ラテン語の聖歌「サルヴェ・
レジナ」のことです。

(聖歌「サルヴェ・レジナ」が歌われる)

 聖ペトロと聖パウロは、お二人とも、ラテン語で歌われたので、とても
嬉しそうにしておられ、楽しそうです。今、聖ペトロと聖パウロが非常に
遠くから来られます。お二人とも、とても遠いところに立っておられます。
しかし遠くに見えるのは光輝くもの、白い十字架の輝きが見えます。それは
この聖地の上に、いつも今頃、現れるようです。十字架の下には列がありま
す。人が二列に並んでいるのですが、十字架の両側に一列ずつ見えます。
その人達が「天のいと高きところにホザンナ、神に栄光。」と歌っているの
が聞こえます。全く素晴らしい光景です。それというのもラテン語で歌われ
ているからで、大いなる力が働いているからです。それから全ての天使達は
今、三位の大きな天使達の背後に、非常にたくさんの天使達、何千もの天使
達がおります。皆それぞれ違った服装で色もさまざまです。その美しさは
たとえようもありません。天使達の翼は広げられ、その翼から、きらめく光
のようなものか出ています。諸天使、諸聖人は「天のいと高きところにホザ
ンナ。」と歌っています。(私はラテン語がわからないのですが……)でも、
どのようにしてかはわかりませんが、彼らが言っていることや心から歌って
いることがわかるのです。彼らは十字架の下から二列になって出て来ます。
皆、しゅろの葉を持っておられます。なぜしゅろの葉を持っているのかは
わかりませんが、私の右側で天使たちがとても大きなしゅろの葉を持ってお
り、左側ではオリーブの枝、小さいオリーブの枝を持っています。今、十字
架の中心に、美しく輝く光が見えます。ホスチアのようです。そのホスチア
の真中に「鳩(聖霊)」がおり、その鳩から美しい赤い炎か流れてきていま
す。その炎は私達の方に来ているのです。諸天使、諸聖人方は堂々と歌って
おられます。皆様方は、非常に楽しそうにしておられます。いま、聖霊が
十字架の上空、空高く飛んでおられます。

 今、イエズス様が十字架を通ってこられます。どの様にしてかはわかりま
せんが、十字架の中から出て来られ、何もないところに踏み出されておられ
ます。イエズス様は、前へ進んでおられます。とても威厳のある衣服をお召
しです。イエスス様は私の左側、十字架の脇の方へ踏み出されます。いま、
お美しい元后マリア様が見えます。聖母もまたその美しい光を通って来られ
ます。聖母は、美しい白のお召し物でいらっしゃいます。何か、そうですね、
それを私はどのように説明したら良いのかわかりませんが……、御前まで
おおう、長いヴェールの様なものをつけておられるのです。それが何という
ものであるかはわかりませんが、ブルーでとても美しいものです。何か絹の
ようですが、きらきら輝いているのです。また、聖母の御頭の周りには小さ
な火のようなものがあります。12個あります。それが御頭の周りにあって、
とても、とても明るく輝いています。聖母は十字架を通って来られ、主の
左側にお立ちになりました。聖母は御頭に美しい冠をかぶっておられます。
その冠には三つの尖った先端があって、それは美しい宝石で飾られています。
美しい金の冠です。イエズス様とマリア様は、とても、とても、近くまで
来られます。お二人は諸天使、諸聖人方と一緒に私達の方へ来られます。天
の方々は、皆まだ歌っておられます。そして聖母の後ろで歩いておられます。
実際は歩いておられるのではなく、皆滑るように進んでおられるのです。
二列になっておられるようですが、空のはるか彼方に昇って行かれるのです。
説明するのはとても難しいです。今、空高く、剣を持った聖ミカエルが見え
ます。聖ミカエルは、空に何か書いておられます。『神の御子に栄光』と
書いておられるのです。それから私の右側に同じように書いておられますが、
それは『童貞なる元后に栄光』です。そこで起こっている光景は、とても
美しいです。皆様も皆、自分で経験なさって見ることかできれば、どれほど
素晴らしいかと思います。イエズス様が今、参詣所の上、ほんの6メートル
ぐらいのところに立っておられます。ピンクがかった白い雲の上に立ってお
られます。

主:
 かわいい子、我が愛のリトル・ペブルよ、我が愛するバラよ、この聖地に
いる子らよ、そして全世界の子らよ、この聖地にいる子らよ、そして全世界
の子らよ、あなた方を祝福する。父と子と聖霊との御名によりて。アーメン。

 我が子よ、そして愛する子らよ、わたしはきょう、我が聖心より喜びにみ
ちあふれてやって来た。それはきょうが地上における我が公教会で祝われる
大祝日、つまり「諸聖人」の祝日であるからだ。聖人というのは、御父と私
と愛なる聖霊が人類に与えた信仰のために戦い、多くが死んだ『我が栄えあ
る戦士たち』だからである。これらの偉大な男女 − 霊はその『信仰』を
守るために戦った。そのことは、天にいる我々にとっての地上の《わたしの
家》、つまり我が公教会においても大いに貴ぶべきものである。

 我が愛する子らよ、信仰の賜は人類に対する神からの大いなる贈物である。
あなた方はあなた方の心に置かれたこの信仰を大切にしなければならない。
かわいい子らよ、この信仰の報酬は、無上の至福の内に我が御父の王国、天
の王国において永遠に生きるということである。地上のかわいい子らよ、あ
なた方はわたし達が公教会に与えたこの大いなる信仰を守るべきだとは思わ
ないか? この信仰はそのために戦い、そのために立ち上がり、守る値打ち
がないものだろうか? おお神の存在を否定する世の子らよ、目を覚ましな
さい! あなた方は、生ける神の御子イエズス・キリストが地上に来て、死
に、死者のうちから復活したことを聞いたことがなかったのか。我が聖心の
御言葉は全ての人間が真理、つまり真の神である御父と御子と生命なる聖霊
を知るように、世界中に行きわたったはずである。真理は人類に明かされた。
我が諸聖人はこの真理の証人である。あなた方はそれでも人類の前で我が
存在を否定するのか。そうだ。わたしは2000年前に、大いなる「力」と
「威厳」と「権威」を持って戻って来ると言っておいた。おお、人類よ、そ
れでもなお、あなた方はわたしを否定するつもりか。わたしはアブラハム、
イザク、ヤコブの神、モーゼの神である。わたしは、それによってあなた方
が生きる、十戒を与えたものである。わたしは在りて在る者、イエズス・キ
リスト、贖い主、救世主である。わたしはあなた方にその他にも二つの掟を
与えた。おお、信仰薄き者よ、それを覚えているのか? わたしはあなた方
に数百年にわたって言ってきた。わたしが雲に乗ってこの世に来るのはもう
間もないと言ってきた! あなた方は神を信じるために回心するのに、ほと
んどもう時間が残されていないのだ。あなた方のこの世における時間を浪費
するな。この世は、自らの全滅へ向かって足早に突進しているのだ。我が
子らが、我々があなた方につかわした預言者たち、つまり世界中の我々の
代弁者を通して我々の声を聞くことを拒否しているからだ。おお、子らよ、
おお、子らよ、あなた方は神に仕えるために生まれたのであって、人間に
仕えるために生まれたのではないのだ。あなた方は愛から、あなた方を愛の
ために創造された我が御父から生まれたのだ。それなのにあなた方は、自分
自身をどの様に扱っているのか。あなた方の身体と霊魂は我が聖霊の神殿で
なければならない。あなた方はこの神殿をどの様に扱っているのか。あなた
方はそれを汚した。あなた方はそれを、あなた方の罪によって全滅させた。
『神の憐れみ』は人間のすべての理解を超越している。しかしながら、『神
の裁き』もまた、大きくて恐ろしい。そして裁きのための時はもう間もなく
やって来るだろう! なぜ、おお、この世の子らよ、なぜあなた方は人類の
前でわたしを否定したのか? 人類に対してわたしへの愛を公然と宣言する
者は大いなる報いを受けるであろう。

 かわいい子らよ、あなた方の神としての人類に対する我が愛と、我が憐れ
みの『至福八端』を読みなさい。わたしはナザレトのイエズス、何千年も前
に、この地上を歩いた、同じイエズスである。わたしは我が公教会を見捨て
てはいない! わたしは、2000年前に弟子達と一緒にいたときに小舟の
中で眠っていたように見えるかもしれないが、いまあなた方の誰に対しても
しっかり目を覚ましている。わたしはあなた方の心、あなた方の精神、あな
た方の意志、あなた方の罪、あなた方の善良さを知っている。わたしはあな
た方の神ではないのか? それとも、あなた方は物質的な快楽から、あなた
方の肉から、金銭的な利益から、権力からあなた方の神を作り上げたのか?
これらすべてのものは、あなた方の神の前では無である。ただ愛だけがすべ
ての力のなかで最大のものである。かわいい子らよ、愛だけがあらゆる権力
にまさるものである。愛は悪魔を破滅させる。愛は罪と堕落を無くす。あな
た方の生活を至聖なる我が聖心の証人たらしめなさい。世間にあなた方がわ
たしを愛していること、あなた方がわたしの弟子であることを知らしめなさ
い。人類すべてが、わたしが御父によって遣わされたということを信じるよ
うになるのは、あなた方の愛によってである。かわいい子らよ、あなた方は
平和を求めるか? この不正の世界において、あなた方はどの様にして平和
を持つことができるのか? どこに平和があるのか? 神の国はどこにある
のか? かわいい子らよ、わたしはあなた方に言わなかったか? 神の国は
あなた方の心の内にある、と。しかし神の国は、あなた方が憎しみ、高慢、
妬み、嫉妬を持っているならば、そこにはない。愛はあなた方の心の中にな
ければならない。その時、あなた方はこの世において平和を持つだろう。あ
なた方の兄弟姉妹を、彼らにあなた方を愛させたいのと同じように愛しなさ
い! 世はゆっくりと時の終わり、つまり終末に近づいている。それはもう
すぐである。懲罰が人類の上に下されるので、そこには大いなる歯がみがあ
るだろう。なせなら、子らは我が至聖なる聖心と最も祝福された聖なる我が
御母、無原罪のマリアの御心の言うことを聞こうとしないからだ。我が子ら
よ、目を覚ましなさい! 変わるのは今である。あなた方の心を変えなさい。
今すぐに! あなた方の罪に満ちた生き方を悔い改めなさい。そして、あな
た方を待っておられる我が御父のところへ来なさい。地上であなた方の教会
の聖櫃の中にとどまっている私のところへ来なさい。そして、我が御母のと
ころへ来なさい。聖母はあなた方を待っておられるのだから。聖母はあなた
方を愛しておられる。かわいい子らよ、我が愛すべき聖母は、「死神」がく
る前に羊の群れを集めるために、いま地球上の多くの場所へ旅行なさってお
られる。死神が来るときに、「時の時」が到来するであろうからだ。かわい
い子らよ、我が生き残るべき者たちよ、あなた方を愛している。わたしは、
我が御父から、愛の聖霊において、我が至聖なる聖心を通して、いとも祝さ
れた御母の御心において、あなた方を愛する。我が至聖なる聖心へ来なさい。
なぜなら、それはあなた方の魂にとって憩いの泉となるからである。我が愛
する息子よ、我らの愛の天の小石よ、わたしがメシアであり、世界の救い主
であることを、人類がまもなく信じるように、世界中に我が御言葉を広める
ために、わたしと我が至聖なる御母が与えた光の中を前進し続けなさい。我
が息子よ、そして全世界のかわいい子らよ、わたしはあなた方を祝福する。
父と子と聖霊との御名によりて。アーメン。

 かわいい子らよ、行って、我が御母の愛を人類に宣べ伝え、彼らに我が
至聖なる御母があなた方、各々すべての人に抱いておられる愛を告げ知らせ
なさい。

リトル・ペブル:
 イエズス様はいま少し遠くの方へ戻られました。イエズス様は聖母のとな
りに立たれます。聖母は − 本当に美しい元后として大変荘厳に、また
大変美しく見えます − は今もっと近くに来られます。聖ラファエルと
聖ガブリエルがいま見えます。彼らは非常に遠いところから来られ、聖母の
両側に立たれます。彼らは両手に一つの美しい冠を捧げ持っています。そし
て彼らはそれを神の御母、マリア様の頭の上方に掲げます。マリア様は天の
非常に高いところを眺められます。マリア様は祈りのうちに両手を組まれま
した。いま、天使達は再び歌い始められます。彼らは『めでたし天の元后』
という聖歌を歌っています。そして今、イエズス様が見えます。イエズス様
はマリア様のちょうど背後に足を踏み出されています。そしていま二位の
天使達と一緒に、マリア様の頭の上方で冠を掲げられます。いま鳩の形をし
た聖霊が見えます。聖霊は聖母の冠の上方から来られます。今また、その少
し上の方に、イエズス様の御父、神なる御父がおられます。御父は美しい
黄金の玉座に座しておられます。御父の背後は、全体が輝かしい色彩で彩ら
れています。それは本当に、聖母の戴冠式のようです。実に美しい。天使達
は心をこめて歌っています。諸天使、諸聖人が歌っているのです。今、聖母
が何かいつもと全く違う光景を見せて下さっています。しかしそれは、主と
聖母が立っておられる下の方からです。主と聖母は私に一つの穴をお示しに
なります。それはある区域への入口です。少なくともその上部が見えます…
…そこにいるのは全部霊魂です……彼らは赤く燃えており、皆祈っています。
彼らを通り抜け、また彼らの周りを巡って立ちのぼる火があります。聖母は
「息子よ、これは煉獄です。」とおっしゃいます。私はわかりませんが、そ
こには数千の霊魂がいます。しかし、彼らはすべて聖母とイエズス様に嘆願
しています。彼らは皆が一致しているように思えるので素晴らしいことです。
いま私の左に一つの教会が見えます。それはローマの聖ペトロ大聖堂です。
聖ペトロ大聖堂の中に教皇様がいらっしゃるのが見えます。その教会は満員
です。また広場の外もそうです。そして誰もが一緒に祈っているように見え
ます。

聖母:
 我が子よ、これは地上の「戦う教会」です。そしてこれが「諸聖人の通功」
と呼ばれる理由です。

リトル・ペブル:
 誰も祈っているように見えます − すべてが一致して − それはまっ
たく美しい。天使達と聖人達はまだ歌っておられます。そこには多くの活動
があるように見えます。いま、聖ミカエルが皆に静かにするように告げまし
た。そしていま聖母は頭を垂れて、前の方に非常に近くまで来られます。い
ま参詣所からほんの3メートルぐらいのところにおられます。輝く白い雲の
上に立っておられます。〔……テープの声が聞き取れない……〕 十字架も
また黄金です。聖母はいま十字架の上のイエズス様を取り上げて主に接吻な
さいます。

聖母:
 かわいい子、私達の愛のリトル・ペブル、そして我が甘美なるバラ − 
愛する子らよ、私はあなた方を祝福します。父と子と聖霊との御名によりて。
アーメン。

 かわいい子よ、私はこの聖地においてあなたを歓迎します。あなたの世界
旅行は、多くの霊魂を天国への道に連れ戻しました。ですからわが子よ、私
達はあなたと同伴した者達に大変な苦しみを与えたのです。子らが救われる
のは十字架を通してだからです。かわいい子よ、あなたに感謝します。

 地上のかわいい子らよ、我が聖なる息子が我が子らによく話されたので、
私はそんなに長く話すつもりはありません。しかし世界の我が子らに、私達
があなた方に送った代弁者の声に耳を傾けるように願うため、御子のメッ
セージに付け加えようと思います。世界中のすべての代弁者は、まもなく
公的なメッセージを受けなくなるからです。かわいい子らよ、この事をよく
知っておきなさい。世界中の御出現地においてメッセージが止まった時、
「神の御怒り」が人類の上にふりかかる時が来たのだと知りなさい。私達の
み心にとって、子らのほんの僅かの者だけしか私達が求めていることに留意
しないのを見ることは、とても悲しいことです。しかしながら、かわいい
子らよ、あなた方の兄弟や姉妹のために祈ることを決して止めてはいけませ
ん。彼らもまた我が聖なる息子イエズス・キリストの光にあずかるように、
また彼らがこの地上での自分達の罪深い状態に気が付くようになり、その
結果、彼らの生命が救われた者のうちに教えられることができるようになる
ためなのです。かわいい子らよ、大洪水が世界の上に来る前に、そしてこれ
までに預言されてきた多くの懲罰の前に、多くの霊魂がなお回心するのは、
あなた方の祈りと、多くの犠牲を通してなのです。覚えておきなさい、私は
あなた方の母であり、我が聖なる息子イエズス・キリストの母なのです。私
はあなた方のひとりひとりをイエズス・キリストの聖心へと呼び集めます。
かわいい子らよ、イエズス・キリストを忘れないでください。イエズス・キ
リストは地上にいるひとりひとりの人間、将来生まれてくるひとりひとりの
人間、そして亡くなったすべての人間のために、十字架上でお亡くなりに
なったということを忘れないてください。イエズス・キリストが人類に与え
てくださったこの大いなる不思議のみわざ、大いなる恩寵のゆえに、生ける
神を賛美しましょう。あなた方かわいい子らすべてを、御父とそして生命と
愛なる聖霊のうちにおられる我が聖なる息子の聖心から、祝福します。父と
子と聖霊との御名によりて。アーメン。

リトル・ペブル:
 聖母は、御自分のロザリオをお見せになって、次のようにおっしゃいます。

聖母:
 この愛のロザリオを覚えておきなさい。この強力な武器、どんな原子爆弾
よりはるかに威力のある武器、これこそが重要なのです。かわいい子らよ、
祈りはすべてのものを変えることができます。ただ私達が頼んでいることだ
けに耳を傾けてください。

リトル・ペブル:
 いま聖母の目は私から移っていかれ、テレサを眺めていらっしゃいます。
聖母がテレサとお話になりたいかどうかわかりませんが、私は待とうと思い
ます。聖母が皆の前でテレサに話すことをお望みになったとは思えません。
彼女はもうすでにメッセージを受けました。聖ヨゼフと聖シャーベルがど
こに隠れておられたのか不思議に思います。彼らを見なかったからです。し
かし、いま彼らは聖母とイエズス様の近くに来られました。聖ヨゼフと聖
シャーベルと聖なるピオ神父も一緒です。彼らはきっとあそこの上の方、諸
天使、諸聖人方の中にいらっしゃったと思います。そこには私にも分かる
非常に多くの聖人達……、聖テレジア、アッシジの聖フランシスコ、そして
他の多くの聖人がたがおられます。そこには数百人の聖人がいらっしゃるよ
うです。彼らはみんな幸福です。

聖母:
 愛する子、そして子らよ、天国における私達の輝かしい諸聖人に栄光を
帰するために今日ここにきてくれたことを感謝します。地上のかわいい子ら
よ、あなた方は時の終わりのための『終末の聖人』です。『黙示録』を読み
なさい。そうすれば私があなた方を『終末の聖人』と呼ぶことが何を意味し
ているかわかるでしょう。全能の神、父と子と聖霊の祝福が、あなた方の上
にありますように。アーメン。栄光と称賛と栄誉と崇拝が救い主、贖い主、
メシアなるイエズス・キリストにありますように。アーメン。

リトル・ペブル:
 イエズス様とマリア様はいま空の中へと帰っていかれます。諸天使、諸聖
人は『グロリア イン エクセルシス デオ(いと高きところには神に栄光)」
を歌い始めておられます。いま彼らは歌いながら遠くの空の彼方へと行かれ
ます。あちらの上の方では、とてつもなく大きなボリュームの交響楽的な
音楽が鳴り響いています。天上にオーケストラがあるのかどうか知りません
が、そのように響いています。それは本当に美しい響きです。彼らは空中高
く戻って行かれます。十字架はまだかかっています。もう、十字架を除いて
あらゆるものが消えてしまいました。聖心を称えて聖歌を歌うことにしま
しょう。

 (聖歌「救い主の魂」がいま歌われる……)




----------------------------------------------------------------
4.反キリスト、ロード・マイトレイヤについての警告
----------------------------------------------------------------
マリア様からの警告 1995年12月31日 No.224

 いとしい息子たち、終末の時のいとしい使徒たちよ、恐れずに話しなさい。
あなたたちは真であるすべてのことを擁護しなければなりません。一旦、
あなたたちの一致ができたなら、あなたたちには大迫害が来るでしょう。
しかし、今は神である私の息子の第2の来臨について話す時です。反教皇が
ペトロの座に君臨する時、あなたたちは公然と反教皇を非難し、真の教皇ヨ
ハネ・パウロ2世を擁護しなければなりません。恐れてはなりません。あな
たたちには、どのような害も及ばないでしょう。時が来ればすべてを理解す
るでしょう。



----------------------------------------------------------------
5.お知らせ
----------------------------------------------------------------
◆ 12月12日夕方、名古屋において、聖シャーベル修道会の2人のシス
 ターであり幻視者でもある、マザー・シャーリーとシスター・ルースによ
 る講演会が行なわれます。会場と予定は次のとおりです。

  会場:「レセプションハウス名古屋逓信会館」1階チャペル
      URL :http://www.teishin.co.jp/index.html
      ご案内 :http://www.teishin.co.jp/main/M3.html
      Eメール:info@teishin.co.jp
      電話  :052-551-5111

  日時:12月12日(日曜日)
     午後4:30 正面玄関にて受付開始
     午後5:00 講演会
     午後6:30 洗礼・堅信式
            第4部門会員受け入れ式
            トリエント典礼ミサ
     午後8:00 閉会

  講演会の場でご出現があり、天のメッセージを伝えるそうです。定員は
 ありません。オープンで、誰でも参加できます。録音・写真・ビデオ撮影
 もOKです。入場無料ですが、正面玄関の受付にて献金をお願いします。
 シスターたちの旅費・会場使用料etc、かなりの負担がありますので、
 目安として1000円以上の献金をしていただければ幸いです。


◆ 名古屋の共同体、「秋田、天草、そして全ての日本の殉教者たちの聖母」
 共同体(OUR LADY OF AKITA AND AMAKUSA AND THE MARTYRS OF JAPAN )
 において、トリエント典礼ミサがたっています。あずかりたい方は下記ま
 で連絡してください。

   〒467-0014
   名古屋市瑞穂区白羽根町2-33-3
   マキシミリアノ・マリア・コルベ馬場勝吉
   tel 052-851-8584


◆ ジャン・マリー助祭は、10月28日に、オーストラリア・ナウラで
 司祭に叙階されました。洗礼を希望する方は申し出てください。ローマ・
 カトリック使徒教会の昔からの教えを全て固く信じ、現代主義の異端を
 決して受け入れないこと。他の宗教の教えをことごとく捨て去ること。
 この固い決心があるなら、準備が不十分でも洗礼を授けます。

 準備としては、私たちの3冊の本と、マリア・ワルトルタ著の十巻の本
 を全て読んでください。受洗後に読む場合、読む約束をしてください。

 「153本のマリアさまのバラ」「聖シャーベル修道会の会則会憲」
 「メッセージ集」

   ■箱舟の聖母社
    〒540-0004
    大阪市中央区玉造1-4-14
    郵便振替 00840-3-132438

 マリア・ワルトルタ著、フェデリコ・バルバロ訳編の「マグダラのマリア」
 「聖母マリアの詩(上)(下)」「イエズスの受難」「イエズスに出会っ
 た人々(一)(二)(三)」「イエズス − たそがれの日々」「受難の
 前日」「復活」の10冊、それぞれ3000円前後です。

   ■あかし書房
    〒166
    東京都杉並区成田西3-9-22
    電話:03-3313-4014 FAX:03-3311-9359
    郵便振替:00110-6-111231


◆ 私たちはリトル・ペブルさんの本、「THE LITTLE PEBBLE - THE LAST
 POPE」日本語版について、2001年11月17日に翻訳と出版の権利を
 リトル・ペブルさんからいただきました。すでに第3巻までの翻訳はでき
 ています。しかし、この重要な本を世に送り出すための出版費用が私たち
 には全くありません。そこで、皆さまにお願いです。どうか皆様のご寄付
 によって、このマリア様のお仕事を支えていただけないでしょうか。利益
 の10%はリトル・ペブルさんにもどり、彼のミッションを支えます。
 ご寄付は、「「最後の教皇」出版のための寄付」と明記して、現金書留か
 郵便振替にて下記までお願いします。

  〒540−0004
  大阪市中央区玉造1−4−14
  箱舟の聖母社
  郵便振替 00840−3−132438


◆「天からのメッセージ」に版権はありません。天はできるだけ多くの人々
 がメッセージを読むことをお望みです。どうぞ友人知人に「天からのメッ
 セージ」を伝えて下さい。コピーして配布して下さい。

◆ 編集室では、メッセージの翻訳ボランティアを募集しています。できる
 なら、カトリック信者で専門用語に強い方を希望しています。

◆ 皆様からのご質問、ご感想をお待ちしております。関連情報をお持ちで
 したらお寄せ下さい。
 
◆ 次回「箱舟の聖母」は11月28日頃、発行を予定しています。



----------------------------------------------------------------
編集・発行:聖シャーベル修道会
スタッフ :Father Jean-Marie of the Risen Son of God(復活された
      神の子のジャン・マリー司祭)  Kolbe-Marie
----------------------------------------------------------------
お申込み、ご質問、ご感想は下記までお願いします。

  〒540−0004
   大阪市中央区玉造1−4−14
   聖シャーベル修道会

  E-mail : charbeljapan@nifty.ne.jp

 お申し込みはEメール版は3千円、郵送版は一万円を目安に、一年分のご
寄付をお願いします(商契約ではありません)。こうするのは、読者の皆さ
んにも「受けるだけの人」のままでいるのではなく、自発的な献金と、友人
知人にコピーをわたす伝道を通して「よろこんで与える人」となり、神様の
祝福をもっと得ていただきたいからです。「よろこんで与える者を神は愛さ
れる」、これが私たちの宣教事業の基本理念です。
----------------------------------------------------------------
%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%2%%

(C)日本における「聖シャーベル修道会の共同体」
      設立の促進と援助のための事務所
 http://homepage1.nifty.com/charbeljapan/index.htm
    E-mail : charbeljapan@nifty.ne.jp

%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%1%%




[HOME] [戻る]