「箱舟の聖母」バックナンバー
2004年11月14日号No.229

 マリア様を喜ばせましょう。マリア様はあなたの小さな奉仕にも大きな恵みで報いて下さいます。あなたが愛する人の救いのために「箱舟の聖母」を役立ててください。「箱舟の聖母」は宣教誌です。購読しコピーし身近な人にわたすなら、あとはマリア様ご自身が働いて下さいます。そしてあなたの購読料はマリア様の事業を支えます。あなたのマリア様に対する奉仕を神様は永遠に忘れません。

 お申し込みはEメール版は3千円、郵送版は一万円を目安に一年分のご寄付をお願いします(商契約ではありません)。こうするのは、読者の皆さんにも「受けるだけの人」のままでいるのではなく、自発的な献金と、友人知人にコピーをわたす伝道を通して「よろこんで与える人」となり、神様の祝福をもっと得ていただきたいからです。「よろこんで与える者を神は愛される」、これが私たちの宣教事業の基本理念です。

◆マテオによる聖福音10章27節
「私がやみの中で言うことを、あなたたちは明るみで言え。耳をあてて聞くことを、屋根の上から知らせよ」

◆マテオによる聖福音10章42節
「この小さい者の一人に、弟子として冷や水の一杯でも与える人があったなら、まことに私は言う。その人は報いを失わぬ」


ご注意
■ お申し込みは下記住所宛にEメール版は3千円、郵送版は一万円を目安に一年分のご寄付をお願いします(商行為でも契約でもありません)。  〒540−0004 大阪市中央区玉造1−4−14 箱舟の聖母社
■ トラブルを避けるために、必ずご本人様でお申し込み下さい。いかなる理由でも、ご送金後の返金はできません。お申し込みから登録まで2週間程度かかりますので、あしからずご了承下さい。
■ 本誌読者=「聖シャーベル修道会会員」ではありません。どのような立場の方でも歓迎いたします。
■ これを用いてマリア様の事業を攻撃する人には送付を打ち切ります。また災害・戦争など、やむを得ない事情の際も送付いたしませんが、ご了承ください。


%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%1%%

        「 箱 舟 の 聖 母 」

       2004年11月14日号 No.229

   毎週1回発行:Eメール版 年間3,000円(ご寄付)
          郵送版  年間10,000円(ご寄付)
  http://homepage1.nifty.com/charbeljapan/index.htm
      E-mail : charbeljapan@nifty.ne.jp
       ( 等幅フォントでご覧下さい!)
%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%1%%
----------------------------------------------------------------
    箱舟の聖母、
       我らが御母聖マリア、
         キリスト信者の扶(たす)け
----------------------------------------------------------------
 マリア様を喜ばせましょう。マリア様はあなたの小さな奉仕にも大きな恵
みで報いて下さいます。あなたが愛する人の救いのために「箱舟の聖母」を
役立ててください。「箱舟の聖母」は宣教誌です。購読しコピーし身近な人
にわたすなら、あとはマリア様ご自身が働いて下さいます。そしてあなたの
ご寄付はマリア様の事業を支えます。あなたのマリア様に対する奉仕を神様
は永遠に忘れません。
----------------------------------------------------------------

◆今週号の目次

 1.聖シャーベル修道会ニュース
 2.153本の聖ヨゼフの百合
 3.リトル・ペブルに与えられたメッセージ
 4.反キリスト、ロード・マイトレイヤについての警告
 5.お知らせ



----------------------------------------------------------------
1.聖シャーベル修道会ニュース
----------------------------------------------------------------
◆ 12月12日夕方、名古屋において、聖シャーベル修道会の2人のシス
 ターであり幻視者でもある、マザー・シャーリーとシスター・ルースによ
 る講演会が行なわれます。会場と予定は次のとおりです。

  会場:「レセプションハウス名古屋逓信会館」1階チャペル
      URL :http://www.teishin.co.jp/index.html
      ご案内 :http://www.teishin.co.jp/main/M3.html
      Eメール:info@teishin.co.jp
      電話  :052-551-5111

  日時:12月12日(日曜日)
     午後4:30 正面玄関にて受付開始
     午後5:00 講演会
     午後6:30 洗礼・堅信式
            第4部門会員受け入れ式
            トリエント典礼ミサ
     午後8:00 閉会

  講演会の場でご出現があり、天のメッセージを伝えるそうです。定員は
 ありません。オープンで、誰でも参加できます。録音・写真・ビデオ撮影
 もOKです。入場無料ですが、正面玄関の受付にて献金をお願いします。
 シスターたちの旅費・会場使用料etc、かなりの負担がありますので、
 目安として1000円以上の献金をしていただければ幸いです。

◆ トリエント典礼ミサがたっています。土日、名古屋、あずかりたい方は
 連絡してください。





----------------------------------------------------------------
2. 153本の聖ヨゼフの百合
----------------------------------------------------------------
【 第89章 】

 札幌オリンピックの歌を歌ったトワ・エ・モアの歌に「ある日突然二人
黙るの。あんなにお喋りしていたけれど。……」という歌があります。
「沈黙」という言葉を聞くと、私はいつもこの歌を思い出します。「内的
生活」には沈黙がとても役に立ちます。あなたはおしゃべり好きですか? 
おしゃべりは判断の連続です。心の一番上層の部分の働きです。「あれは、
こうだよ」「いや、そうではなくてああだよ」と、ある対象についての
言葉のキャッチボールは続きますが、それは判断し、伝える。判断し、伝
える。その繰り返しです。

 ある対象に心を向け、「判断する」のではなく、もっと深い層の心の働き
である「愛する」ことを始めるとき、言葉は消えます。突然、沈黙がやって
きます。愛は沈黙を連れてくるのですね。おしゃべりは愛を連れてはきませ
ん。沈黙は「愛」といわば手を携えているのです。「内的生活」は神を対象
に心を向け、「愛する」心の働きです。ですから、おしゃべりと両立はしま
せん。「内的生活」を心につくりたい人は、それで、沈黙を一日のある時間
取り入れたり、ある一定の期間、例えば週のうちのある一日、月のうちのあ
る一日、年のうちのある数日実行するなら、あなたの心の働いている部分が、
判断する上層の部分から、愛するもっと深い部分へと切り替わるきっかけを
つかむことができます。

 ところで外的に発声しないという沈黙をあなたは実行するとします。しか
し心の上層部の働きを何ら制限することなく、声にはしなくとも「あれは
こうだ」「それはああだ」とやっていたのでは、ほとんど沈黙の意味はあり
ません。発声しないことを外的沈黙と言いますが、それとは別に内的沈黙と
いうものがあり、それは心の上層部の働きを制限し、少なくすることです。
こちらの方が本物の沈黙であり、「内的生活」をつくるのにより役に立つ
沈黙です。人に違和感や不便を感じさせることのない程度の話しをしながら
も、内的沈黙を十分に実行できるのが、より深くなった「内的生活」の段階
です。けれども初めのうちは、それは無理ですから、外的沈黙を強力な助け
として、内的沈黙ができるようになるよう努力すればよいのですよ。



----------------------------------------------------------------
3.ナウラ・ゲッセマニ共同体の神秘家、
  ローズ・オブ・ホーリー・イノセンツに与えられた
  永遠の御父のメッセージ
  − 2004年6月30日・水曜日 −
----------------------------------------------------------------
リトル・ペブル:(3月20日からの質問)
 私の甘美な永遠の御父と聖霊よ、私たちはみな、あなたの聖なる御子イエ
ズスの受難の時にイエズス、マリアその他の聖人の方々がどのようにお感じ
になられていたかを知っています。しかし、御父はイエズスの中におられな
がら、父および聖霊として、どのようにお感じだったのですか。単なる人間
にすぎない私たちが、御父や聖霊に対して償いができるものなのでしょうか。
天国、煉獄、リンボ、その他の場所のすべてが、私たちの主イエズスの受難
を見ていたのでしょうか。

 わたしはあなたをこの腕に抱きしめ、慰めたい。でも私は無、単なるちり
以外の何物でもありません。私はあなたの小さき僕であり、全地があなたに
値する愛を示すことを願っています。私の生ける神よ、約束します。私が
あなたの代理人になったら、力の限り、礼拝があなたの恩寵の御手によって
行われるようにします。教会では今、そのようになされていないとしても。
あなたの小さき「ホワイト・ロック」。

リトル・ペブル:(3月10日の質問)
 親愛なるお母様。ごくたまにぶどう酒を飲むと、そのときはいつも、イエ
ズスのものとして私の負っている傷がひどく痛みます。それはなぜでしょう
か。

ローズ・オブ・ホーリー・イノセンツ:
 就寝の祈りを捧げている間、私も「リトル・ペブル」の質問を永遠の御父
の王座の足もとに置いて頂けるよう、マリア様の御前に置きました。

 ロザリオを祈っていると、私の前に白い雲が現れました。白い雲は左右、
上下に動いています。白い雲の中を飛んでいると、虹色をした光の玉が現れ
ました。光の玉には尾がついていて、彗星のように見えます。この雲と虹色
の光は私の方に近づいてきて、手を伸ばせば光の玉を手に取れるほどの所に
来ました。

 私の目は、白い雲と飛んでいる小さな彗星に釘付けになりました。私が
ロザリオの祈りを続けていると、その時に全身がもち上がるのを感じ、ぐい
と押されて私の身体は壁に打ち付けられました。私はベッドの上に倒れ、
恐ろしくはありませんでしたが、全身が痛みます。身体の骨がすべて砕かれ
たかのようで、全身があざになりました。私が祈りを続けると、白い雲と
虹色の玉は消えて見えなくなりました。

 ロザリオの祈りが終わると、私の前に光の形をした心が現れるのが見えま
す。また、光の心の中心には、アルファとオメガが見えました。光の心が
開くと、その心の中に、永遠の御父が王座に座しておられます。御父は白の
装いで、ダイヤモンドの茨の冠を被っていられます。ダイヤモンドの茨の
周りには、小さな白いユリが絡ませてあります。永遠の御父の御頭にある
茨の冠の中で、聖アムール・デイが眠っていました。聖アムール・デイの
手の中には、ダイヤモンドの鍵があります。聖なる三位一体の一つとなった
聖心が鍵のうえに彫刻されています。

 永遠の御父の聖心の御前に、聖霊が鳩の形をして浮かんでいるのが見えま
す。ダイヤモンドの茨の冠が鳩の頭上に見えますが、冠には白のロゼット
が絡ませてあります。永遠の御父の横にお立ちなのは、悲しみの聖母です。
マリア様の横には、聖ヨハネ、聖ペテロ、三人のマリア、聖ロンギノス、聖
ヴェロニカ、聖キレネのシモン、ポンテオ・ピラトとその妻クラウディア、
聖ヨゼフがおられます。

 永遠の御父は御手に木製の十字架をお持ちです。十字架上の主は生きて
おられるように見えます。全身が鞭打たれ、すべての御傷が開き、血が流れ
ています。主の御傷が、永遠の御父と聖霊との上にも見ることができます。
ただ、その御傷からは血ではなく、純白の光線が発しています。

 永遠の御父は、愛と慈悲と正義に満ちた御涙を流していられます。その
御涙が落ちると、聖アムール・デイは持っていた鍵を落とし、それは涙の滴
の中に消えていきました。鍵が涙の滴を貫くと、一つとなった聖心がその鍵
といっしょになり、聖心が開かれました。そして、天国の門が開き始めるの
が見えます。

 霊魂のいる他の多くの場所が、永遠の御父の御涙の中にある鍵を取り囲ん
でいました。煉獄、地獄の深みとリンボが見えます。そこにいる霊魂は皆、
懇願しています。主が十字架に付けられるのを見て、多くの霊魂の顔に涙が
流れています。しかし、霊魂たちの心は、平和と神の王国に入れるという
希望で一杯でした。ルシフェルと他のすべての堕天使、地獄に投げ入れられ
ることを選んだ霊魂のすべてが叫んでいます。そして、神の勝利と、その愛
と犠牲の大なる行いを見なければならないため、すべての者が、怒りで震え
ていました。

 すると、鍵が永遠の御父の御手の中に落ちていきます。御父はそれに接吻
し、一つとなった聖心のうちに「リトル・アブラハム」の顔が見えました。
永遠の御父は鍵を聖アムール・デイに返され、アムール・デイはそれをマリ
ア様に贈ります。マリア様はその鍵を御心の近くに置かれました。

永遠の御父:
 あなたに挨拶する。「リトル・ローズ・オブ・ホーリー・イノセンツ」、
一つとなった聖心の小さな女王よ。わが小さき涙の天使(エンジェル・オブ・
ティアーズ)よ、わが愛する息子と聖心の預言者に対する愛の言葉を持って
きた。

「リトル・ホワイト・ロック」よ、あなたに挨拶し、わが愛のすべてであな
たを抱擁しよう。わが息子よ、あなたのために甘美な娘が私の聖心に差し出
した質問、それに答えるために来た。「リトル・ホワイト・ロック」よ、あ
なたは、私と私たちの聖心の霊が、磔刑に至るわが聖なる息子の受難をどの
ように感じ、忍耐していたかを尋ねた。

 私のリトル・ロックよ、理解しなさい。わが息子が耐えた苦痛のすべて、
あらゆる一撃、殴打、むち打ち、茨の冠、浴びせられたあらゆる侮辱、その
身体を貫いた釘のすべてを、私と私たちの霊もまた耐え忍んだのである。な
ぜなら、私たちは聖なる三位一体のうちに、三位が一つのうちにあるからで
ある。

 私は父として、聖霊は一つとなった聖心の霊として、わが息子の苦痛を感
じていたが、わが聖心の苦痛は言葉にはできないほどであった。私は父であ
り、わが息子の苦痛を見届けなければならなかったからである。それは痛ま
しい受難と、わが娘マリアの悲しみを見届けるというだけでなく、わが聖心
の愛から離れ去ることを自由意志によって選択するすべてのわが子らの苦痛
を感じることでもあったのだ。

 わが聖なる息子の磔刑の時にどこにいたとしても、それが地上であれ、リ
ンボや煉獄であっても、すべての霊魂が、わが息子の受難を目の当たりにし
なければならなかった。それを自らの目で見たか、または、私たちの一つと
なった聖心の苦痛と悲しみを心と霊魂で感じたかの違いはあるにしても。
ルシフェルさえも、わが神なる息子の愛の大なる行いと犠牲を目撃しなけれ
ばならなかった。なぜなら、私は愛する父、慈悲に満ちた父であるが、同時
に正義の父でもあるから。

 ルシフェルが誘惑に負けたことは、わが聖心に傷を残した。この傷がさら
に深くなったのは、アダムとエヴァが誘惑に負け、その罪が連鎖的なさざ波
となって、私が愛から創造した地が罪に浸されてしまったときである。

 傷が癒され始めたのは、わが娘マリアが受胎し、フィアットを捧げ、わが
神なる息子が地上での苦しみをすべて耐え忍んだときからである。イエズス
が受胎し、生まれ、子供となり、青年となって、伝道を始め、磔刑に至るま
での時からなのだ。彼はすべてを耐え忍び、そのためすべてが正とされた。

 わが愛する「リトル・ロック」も、そのフィアットと愛で、わが聖心の傷
を満たす。あなたもわが神なる息子の足跡に従い、またこれからも従い続け、
そのためすべてが正とされるだろう。わが「リトル・ホワイト・ロック」よ、
私はあなたに三つの約束という賜物を与えたが、さらに大きな任務を与えて
きた。

 あなたのすることはすべて、私、すなわち天の父のためにすることである。
あなたは大きな苦痛、悲嘆、裏切り、侮辱と迫害に苦しんだ。そして、すべ
てを耐え、これからの道のりがさらに障害と深い穴に満ちていることを心の
うちに知っている。しかし、なお、あなたは私の傷つき、苦しむ聖心を慰め
続けている。私の「リトル・ホワイト・ロック」よ、あなたが戴冠した教皇
となり私の光栄ためにしてくれるすべてのことのために、私はあなたに、わ
が聖心の愛のすべてをもって感謝する。わが息子であるあなたは、灰や単な
る無ではなく、私の一部であり、いつも永遠に私の聖心のうちにある。あな
たがフィアットを捧げたとき、その心は私たちの一つとなった聖心のうちに
置かれ、あなたは三位一体を取り巻く美しい神秘の一部となった。

 わが息子よ、あなたは、私の傷ついた聖心を癒すために、子らができるこ
とは何かと尋ねた。そのできることとは、心と魂とから来る愛で互いを愛し、
私の神なる御旨に従うということである。あなたたちは皆、ミサ聖祭で毎日、
わが神なる息子の磔刑を見る。多くのわが子らが、この賜物を当然のことの
ように思っている。多くの者が自分はミサに出席するのにふさわしくないと
感じ、聖体拝領を受けている。だが、私の愛に浸るためには、自我に打ち勝
つ必要がある。わが神なる息子は、すべての霊魂の救いのために、自分自身
を捧げたのである。

 私の子らが私から離れ、自分自身の意志と望みに従っているのを見るとき、
私の聖心は刺し貫かれる。子らは自分が私の聖心を鞭打ち、霊魂の喪失が
磔刑の苦しみを再び私に与えるということを分かっていない。わが子らが
天の父である私にとってどれほど貴重なものであるか、そのことを子らは
分かっていない。なぜなら、私は子らの皆を愛のうちに創造したのだから。
私は子らが私の愛を感じ、兄弟とともにこの愛を心の中で共有することを
望んでいる。しかし、そうはせずに、真実について妥協し、自分自身の願望
と欲望を満たすために、この愛を踏みつけ、濫用し、投げ捨ててしまう。
私が子らに望んでいるのは、子らを永遠の幸福に呼ぶことだけであるのを
分かっていない。私は人の自由意志に干渉できない。私ができるのは、祈り、
希望し、子らを愛することだけである。

 私の「リトル・ホワイト・ロック」よ、あなたを愛している。私の聖心を
満たす愛と希望で、あなたを祝福する。そして、この祝福を、わが「リトル・
ローズ・オブ・ホーリー・イノセンツ」と、わが聖心にとって非常に尊い
すべてのわが子らにも与える。父と子と聖霊との御名によって。アーメン。

ローズ・オブ・ホーリー・イノセンツ:
 永遠の御父の祝福が終わると、悲しみの聖母と聖アムール・デイを除き、
すべてが見えなくなりました。マリア様が前に進まれ、小さな天使はマリア
様の御手の中で眠っています。マリア様の御心の中から、金色のカリスが
現れました。カリスの上には、聖なる三位一体の一つとなった聖心が彫刻さ
れています。8つの剣がマリア様の御心を刺し貫いています。そして、この
8つの剣がマリア様の御心から出てきて、一つとなった聖心を貫きます。
カリスの底には、「我に全てを与え給え、しからば我全てを受け入れん
(Give all, receive all)」という聖シャーベル修道会の標語が見えます。

聖母:
 あなたに挨拶します、私の「リトル・ローズ・オブ・ホーリー・イノセン
ツ」。私の小さき娘よ、私の愛する浄配である「神なる愛のリトル・ペブル」
のために、あなたが私の御心に捧げた質問の答えを持って来ました。

 私の甘美な浄配よ、心を煩わせてはいけません。食事の時にぶどう酒を
飲むのは悪いことではありません。とくに赤ワインは、適度に飲んだ場合、
心臓と身体の血液循環に良いのです。このような時に、ワインが受難の苦痛
を高めるため、あなたはその神なる息子の傷を強く感じるのです。これは、
あなたがその時に一緒にいた霊魂が多くの祈りを必要としていて、その償い
のために稀に起こるのです。受難の苦痛にはまだ多くの神秘がありますが、
すべては正しい時に明らかになります。

 私の愛する浄配よ、あなたを愛しています。そして、あなたの傷ついた心
に接吻しましょう。私の御心の祝福をもって、あなたを祝福します。父と子
と聖霊との御名によって。アーメン。

 あなたも祝福します、私の「リトル・ローズ・オブ・ホーリー・イノセン
ツ」。愛の接吻を私の御心から送ります。父と子と聖霊との御名によって。
アーメン。



----------------------------------------------------------------
4.反キリスト、ロード・マイトレイヤについての警告
----------------------------------------------------------------
マリア様からの警告 1995年12月31日 No.223

 将来の代理者、黙示録の小さなホワイト・ロック(白き岩)、大いなる
暗黒の時、聖にして母なる教会を統治するために来る天使的な牧者のために
祈りなさい。ホワイト・ロックはヨハネ・パウロ2世と一致し、キリストの
代理者と同じように、神である私の息子の受難を担っています。甘美なる
子供たちよ、信じなさい。私が話したすべてのことは、あなたたちの救いの
ために永遠の御父から遣わされた至聖なる御母からのものであることを示す
しるしが、まもなく与えられるからです。

 いにしえの聖人のように証しするようにと選ばれたすべての人々のために
祈りなさい。あなたたちの多くは殉教者となり、罪人の贖いとして血を流し、
神である私の息子にあなたたちの霊を捧げるように呼ばれるでしょう。真の
平和が来るように国々のために祈りなさい。人類は生ける神の子、イエズス、
真のメシアを認めなければなりません。甘美なる子供たちよ、注意していな
さい。偽りのメシアも来て、時が来れば自ら宣言し、教会に残った者さえも
誤りに導くでしょう。甘美なる子供たち、特に、聖にして母なる教会の救い
と保護のために今、建設されている修道会に入るように呼ばれている子供た
ちは、十字架を取り、互いに忍耐強く担い、徳を生きなさい。まだ時があり
ますから。多くのことが、為されるからです。

 甘美なる子供たちよ、真の「はい」を与えることを恐れてはなりません。
神である私の息子に対する真の従順の信仰と愛を宣言することを、大いなる
しるしが来るときまで待っていてはなりません。その時では遅すぎるから
です! ここにいる者さえ、真の「はい」を言ったことがない者もいます。
それ故、信仰、希望、信頼、神の御言葉への従順のうちに、真理の道に従う
ようにと励ますために、あなたたちに小さな息子リトル・ロックを遣わした
のです。しかし、あなたたちのうちには躊躇し疑う者もいます。



----------------------------------------------------------------
5.お知らせ
----------------------------------------------------------------
◆ 12月12日夕方、名古屋において、聖シャーベル修道会の2人のシス
 ターであり幻視者でもある、マザー・シャーリーとシスター・ルースによ
 る講演会が行なわれます。会場と予定は次のとおりです。

  会場:「レセプションハウス名古屋逓信会館」1階チャペル
      URL :http://www.teishin.co.jp/index.html
      ご案内 :http://www.teishin.co.jp/main/M3.html
      Eメール:info@teishin.co.jp
      電話  :052-551-5111

  日時:12月12日(日曜日)
     午後4:30 正面玄関にて受付開始
     午後5:00 講演会
     午後6:30 洗礼・堅信式
            第4部門会員受け入れ式
            トリエント典礼ミサ
     午後8:00 閉会

  講演会の場でご出現があり、天のメッセージを伝えるそうです。定員は
 ありません。オープンで、誰でも参加できます。録音・写真・ビデオ撮影
 もOKです。入場無料ですが、正面玄関の受付にて献金をお願いします。
 シスターたちの旅費・会場使用料etc、かなりの負担がありますので、
 目安として1000円以上の献金をしていただければ幸いです。


◆ ジャン・マリー助祭は、10月28日に、オーストラリア・ナウラで
 司祭に叙階されました。洗礼を希望する方は申し出てください。ローマ・
 カトリック使徒教会の昔からの教えを全て固く信じ、現代主義の異端を
 決して受け入れないこと。他の宗教の教えをことごとく捨て去ること。
 この固い決心があるなら、準備が不十分でも洗礼を授けます。

 準備としては、私たちの3冊の本と、マリア・ワルトルタ著の十巻の本
 を全て読んでください。受洗後に読む場合、読む約束をしてください。

 「153本のマリアさまのバラ」「聖シャーベル修道会の会則会憲」
 「メッセージ集」

   ■箱舟の聖母社
    〒540-0004
    大阪市中央区玉造1-4-14
    郵便振替 00840-3-132438

 マリア・ワルトルタ著、フェデリコ・バルバロ訳編の「マグダラのマリア」
 「聖母マリアの詩(上)(下)」「イエズスの受難」「イエズスに出会っ
 た人々(一)(二)(三)」「イエズス − たそがれの日々」「受難の
 前日」「復活」の10冊、それぞれ3000円前後です。

   ■あかし書房
    〒166
    東京都杉並区成田西3-9-22
    電話:03-3313-4014 FAX:03-3311-9359
    郵便振替:00110-6-111231


◆ 私たちはリトル・ペブルさんの本、「THE LITTLE PEBBLE - THE LAST
 POPE」日本語版について、2001年11月17日に翻訳と出版の権利を
 リトル・ペブルさんからいただきました。すでに第3巻までの翻訳はでき
 ています。しかし、この重要な本を世に送り出すための出版費用が私たち
 には全くありません。そこで、皆さまにお願いです。どうか皆様のご寄付
 によって、このマリア様のお仕事を支えていただけないでしょうか。利益
 の10%はリトル・ペブルさんにもどり、彼のミッションを支えます。
 ご寄付は、「「最後の教皇」出版のための寄付」と明記して、現金書留か
 郵便振替にて下記までお願いします。

  〒540−0004
  大阪市中央区玉造1−4−14
  箱舟の聖母社
  郵便振替 00840−3−132438


◆「天からのメッセージ」に版権はありません。天はできるだけ多くの人々
 がメッセージを読むことをお望みです。どうぞ友人知人に「天からのメッ
 セージ」を伝えて下さい。コピーして配布して下さい。

◆ 編集室では、メッセージの翻訳ボランティアを募集しています。できる
 なら、カトリック信者で専門用語に強い方を希望しています。

◆ 皆様からのご質問、ご感想をお待ちしております。関連情報をお持ちで
 したらお寄せ下さい。
 
◆ 次回「箱舟の聖母」は11月21日頃、発行を予定しています。



----------------------------------------------------------------
編集・発行:聖シャーベル修道会
スタッフ :Father Jean-Marie of the Risen Son of God(復活された
      神の子のジャン・マリー司祭)  Kolbe-Marie
----------------------------------------------------------------
お申込み、ご質問、ご感想は下記までお願いします。

  〒540−0004
   大阪市中央区玉造1−4−14
   聖シャーベル修道会

  E-mail : charbeljapan@nifty.ne.jp

 お申し込みはEメール版は3千円、郵送版は一万円を目安に、一年分のご
寄付をお願いします(商契約ではありません)。こうするのは、読者の皆さ
んにも「受けるだけの人」のままでいるのではなく、自発的な献金と、友人
知人にコピーをわたす伝道を通して「よろこんで与える人」となり、神様の
祝福をもっと得ていただきたいからです。「よろこんで与える者を神は愛さ
れる」、これが私たちの宣教事業の基本理念です。
----------------------------------------------------------------
%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%1%%

(C)日本における「聖シャーベル修道会の共同体」
      設立の促進と援助のための事務所
 http://homepage1.nifty.com/charbeljapan/index.htm
    E-mail : charbeljapan@nifty.ne.jp

%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%4%%




[HOME] [戻る]