「箱舟の聖母」バックナンバー
2004年11月7日号No.228

 マリア様を喜ばせましょう。マリア様はあなたの小さな奉仕にも大きな恵みで報いて下さいます。あなたが愛する人の救いのために「箱舟の聖母」を役立ててください。「箱舟の聖母」は宣教誌です。購読しコピーし身近な人にわたすなら、あとはマリア様ご自身が働いて下さいます。そしてあなたの購読料はマリア様の事業を支えます。あなたのマリア様に対する奉仕を神様は永遠に忘れません。

 お申し込みはEメール版は3千円、郵送版は一万円を目安に一年分のご寄付をお願いします(商契約ではありません)。こうするのは、読者の皆さんにも「受けるだけの人」のままでいるのではなく、自発的な献金と、友人知人にコピーをわたす伝道を通して「よろこんで与える人」となり、神様の祝福をもっと得ていただきたいからです。「よろこんで与える者を神は愛される」、これが私たちの宣教事業の基本理念です。

◆マテオによる聖福音10章27節
「私がやみの中で言うことを、あなたたちは明るみで言え。耳をあてて聞くことを、屋根の上から知らせよ」

◆マテオによる聖福音10章42節
「この小さい者の一人に、弟子として冷や水の一杯でも与える人があったなら、まことに私は言う。その人は報いを失わぬ」


ご注意
■ お申し込みは下記住所宛にEメール版は3千円、郵送版は一万円を目安に一年分のご寄付をお願いします(商行為でも契約でもありません)。  〒540−0004 大阪市中央区玉造1−4−14 箱舟の聖母社
■ トラブルを避けるために、必ずご本人様でお申し込み下さい。いかなる理由でも、ご送金後の返金はできません。お申し込みから登録まで2週間程度かかりますので、あしからずご了承下さい。
■ 本誌読者=「聖シャーベル修道会会員」ではありません。どのような立場の方でも歓迎いたします。
■ これを用いてマリア様の事業を攻撃する人には送付を打ち切ります。また災害・戦争など、やむを得ない事情の際も送付いたしませんが、ご了承ください。


%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%1%%

        「 箱 舟 の 聖 母 」

       2004年11月7日号 No.228

   毎週1回発行:Eメール版 年間3,000円(ご寄付)
          郵送版  年間10,000円(ご寄付)
  http://homepage1.nifty.com/charbeljapan/index.htm
      E-mail : charbeljapan@nifty.ne.jp
       ( 等幅フォントでご覧下さい!)
%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%1%%
----------------------------------------------------------------
    箱舟の聖母、
       我らが御母聖マリア、
         キリスト信者の扶(たす)け
----------------------------------------------------------------
 マリア様を喜ばせましょう。マリア様はあなたの小さな奉仕にも大きな恵
みで報いて下さいます。あなたが愛する人の救いのために「箱舟の聖母」を
役立ててください。「箱舟の聖母」は宣教誌です。購読しコピーし身近な人
にわたすなら、あとはマリア様ご自身が働いて下さいます。そしてあなたの
ご寄付はマリア様の事業を支えます。あなたのマリア様に対する奉仕を神様
は永遠に忘れません。
----------------------------------------------------------------

◆今週号の目次

 1.聖シャーベル修道会ニュース
 2.153本の聖ヨゼフの百合
 3.リトル・ペブルに与えられたメッセージ
 4.反キリスト、ロード・マイトレイヤについての警告
 5.お知らせ



----------------------------------------------------------------
1.聖シャーベル修道会ニュース
----------------------------------------------------------------
◆ 12月12日夕方、JR名古屋駅前において、聖シャーベル修道会の
 2人のシスターであり幻視者でもある、マザー・シャーリーとシスター・
 ルースによる講演会が行なわれます。会場と予定は次のとおりです。

  会場:「レセプションハウス名古屋逓信会館」1階チャペル
      URL :http://www.teishin.co.jp/index.html
      Eメール:info@teishin.co.jp
      電話  :052-551-5111
     〔所在地・交通は下記で確認してください〕
      ご案内 :http://www.teishin.co.jp/main/M3.html

  日時:12月12日(日曜日)
     午後4:30 正面玄関にて受付開始
     午後5:00 講演会
     午後6:30 洗礼・堅信式
            第4部門会員受け入れ式
            トリエント典礼ミサ
     午後8:00 閉会

  講演会の場でご出現があり、天のメッセージを伝えるそうです。定員は
 ありません。オープンで、誰でも参加できます。録音・写真・ビデオ撮影
 もOKです。入場無料ですが、キリスト教の集会は来場者の献金で運営さ
 れるものです。正面玄関の受付にて献金をお願いします。シスターたちの
 旅費・会場使用料etc、かなりの負担がありますので、目安として
 1000円以上の献金をしていただければ幸いです。

  また、ご来場者には「箱舟の聖母のメダイ」、本「マリアさまのバラ」
 「メッセージ集」「会則会憲」、そしてまだお持ちでない方にはロザリオ
 をプレゼントします。



----------------------------------------------------------------
2. 153本の聖ヨゼフの百合
----------------------------------------------------------------
【 第88章 】

 あなたがロザリオをマリア様におささげするとき、回りは静かでしょうか?
うやうやしく愛をこめて唱えようとすると、そのためには静かさが必要だと
感じるでしょう? 同様に「内的生活」を作るためにも静かさはとても役に
立つます。神に意識を向けるのが、よりたやすくできるからです。

 自分の心の意識を神に向けようと努力し始めると、すぐに気がつくのは
「意識はじっとしていない」ということです。まるで、友達とはしゃぎまわ
る小さな子供のようです。この状態の子は「静かにしなさい」といくら言わ
れても静かになんかできませんよね。隣の子が気になって、どちらかがすぐ
にまた、ちょっかいをかけてしまうでしょう? そんなとき、大人はどうし
ますか? その子を友達から引き離して、その子が落ち着いてくるのを待つ
しかありませんね。私たちも意識を落ち着かせ、神に向かわせるのには同じ
ことをすればよいのです。あなたに、まわりから自分の意識にちょっかいを
かけられない、そしてまた、自分からまわりの者に意識を向けることの少な
い時間や場所はありますか? そこで心の落ち着き、平和、静かさを味わう
ようにしてみてください。たとえ静かな環境があっても、そこで心を静かに
させようとしないなら無意味ですよ。あちらこちらへ飛びまわる意識を自由
にさせないで、コントロールをきかせる努力を始めてみましょう。意識は
絶えず何かを求めて飛びまわっていますが、神を見つけることは、そうして
いる間はできません。静かさの中にあなたの意識は神を見つけることができ
るのです。

 あなたの心を深い湖として考えてみてください。水面をいくらぐるぐると
ミズスマシのようにせわしなく動き回っていても、探し求めるものが湖の底
の一番深いところにあるなら、絶対に見つけることはできません。見つける
ためにはぐるぐる水面を動き回らず、一点に止まって、それから湖の底を
水を透かして見るのです。これはイメージとしての話しですが、探し求める
神をかすかに認めるでしょう。これが「内的生活」の最初の段階で行なわれ
ることです。実際あなたの霊魂の底の底、中心の中心に神は現存なさってい
るのですよ。これこそ驚くべき恵み! 感謝しつくせない現実ですね。自分
の霊魂の最も奥に現存しておられる神に出会うため、深く、さらに深く心の
底におりてゆく、それを可能にしてくれるのがまわりの静かさと、あなたの
心の静かさなのです。



----------------------------------------------------------------
3.ポルトガルのファチマにて聖母戴冠式の後に
  リトル・ペブルに与えられたメッセージ
  − No.168 1986年5月14日 −
----------------------------------------------------------------
リトル・ペブル:
 聖母マリア様は、ご像の上よりそれほど高い所にはおられません。とても
美しいお姿です。本当に美しい。天使たちはマリア様のケープを持ち上げて
います。マリア様の周りにはとてもたくさんの天使たちがいるのです。マリ
ア様はファチマの冠をかぶっておられます。とてもとても美しい光景です。
マリア様は美しいロザリオをお持ちです。微笑んでおられ、大きな愛をもっ
て皆様を見ておられます。マリア様の汚れなき御心は大きな愛で鼓動してい
ます。その愛が波のように私たち皆に降り注いでいます。『おかあさま、あ
なたは本当にお美しいです。」マリア様は微笑んで「ありがとう。」とおっ
しゃいました。さて、祝された御母の上に再び、聖三位一体が来られました。
御母は地面に頭を垂れておられます。今、至聖三位一体の後ろから大勢の
聖人方が来られました。聖シャーベル、ピオ神父様、聖フランシスコ、そし
て私たちが敬愛しているたくさんの保護の聖人方です。聖人方は天の元后の
戴冠のために私たち皆と一緒におられたのです。

聖母:
 我が子よ、そして愛のかわいい子らよ、あなたたちを祝福します。父と子
と聖霊との御名によりて。アーメン。

 かわいい子、我が愛のリトル・ペブルよ、そしてここにいるかわいい子ら
よ、私は今夜、愛と憐れみと勇気の御恵みを与えるために来ました。私は
ファチマの聖母です。世に平安をもたらすために来ています。全世界の人々
がしなければならないことは、ただ私の言葉を聴いてそれに従うこと − 
ロザリオを取って唱えることもその一つです。

リトル・ペブル:
 今、聖母はこのように行かれ、私にロザリオを見せ、皆に愛を込めてロザ
リオの祈りを唱えるように頼んでおられます。

聖母:
 そうです、かわいい子供たちよ、あなたたちは今、ロザリオを取らなけれ
ばなりません。人類のための時は、もう残りわずかだからです。愛する子ら
よ、あなたたちを深く愛しています。私はこの数日間、あなた達と共におり
ました。あなたたちのしている事を見るために、またあなたたちが行う全て
の事において共にいるために一日に何回も来ていました。私は愛の母、憐れ
みの母であることをわかって下さい。あなたたちのする全ての事に私は関心
を持っています。ですから私を無視しないで下さい。あなたたちの心に住め
るように私を招き入れて下さい。おお、地上の子供たちよ! あなたたちを
本当に深く愛しています! 愛する子らよ、私の許へいらっしゃい。そうす
れば助けてあげましょう。私はとてもたくさんの涙を流して泣いています。
とてもたくさん……

リトル・ペブル:
 御母は今、涙を流して泣いておられます。御目からとてもたくさんの涙が
こぼれています。今、イエズス様が来られます。イエズス様は御母の所へい
らっしゃって、慰めようと御腕を御母の周りに回されました。さて、御母は
ブラザー・ジョゼフ・フランシスを見ておられ、微笑んでおられます。今度
は御頭を私の方へ向けられました。微笑んで次のようにおっしゃいます。

聖母:
 愛する息子よ、あなたは私の御心をとてもよく慰めてくれました − 感
謝します! 人類をこよなく愛しているこの御心の中にすべての子らを招き
入れます。世界に平安をもたらすため、あなたたち皆を我が汚れなき御心よ
り祝福します。父と子と聖霊との御名によりて。アーメン。

リトル・ペブル:
 さて、イエズス様は行ってしまわれました。しかし御母の上方、とても高
いところに十字架上のイエズス様が見えます。五つの御傷からは……御血が
たくさん流れており……御血は今、マリア様の汚れなき御心の上にしたたり
落ちています。マリア様は今度は……御心からも血の涙を流されています。
イエズス様とマリア様のみ心が一致しているということなのです。

聖母:
 そうです、子よ。世はこの二つのみ心の愛を悟らねばなりません。御子イ
エズスの聖心と聖マリアの汚れなき御心は一つなのです。世界中の子供たち
はこの二つのみ心を、ひとつのものとして崇めるべきです。

リトル・ペブル:
 今、二つのみ心が見えます。どの様にしてか、その二つのみ心の間に……
そしてそれらのすぐ上に聖霊が……鳩の形でおられます。大きなロザリオが
天をめがけて放たれ、ちょうど今、(そのロザリオがバラとなって)私たち
の上に降って来ています。たくさんの御恵みが与えられたのです。

聖母:
 そうです、かわいい子よ、そして子供たちよ、この御恵みは私たちを愛し
てくれている子らに、人類を襲う苦難に対する勇気と力を与える、全世界の
ためのものです。ですから愛する子らよ、勇気を出しなさい。あなたたちに
分かっているように世界が破壊されようとも恐れることはありません。私と
御子イエズスがあなたたちと共にいます。かわいい子らよ、私たちに信頼し
ていなさい。そして私たちがあなたたちを愛していることを分かって下さい。
ここファチマで与えられた預言の成就は、今や行われるのです。今後世界に
たくさんの懲罰が下るでしょう。かわいい子らよ、あなたたちは今、祈り、
償いを果たさなければなりません。私や御子イエズスが世に与えて来た預言
は実現するからです。しかし恐れることはありません − 永遠の御父なる
神様が人類に与え給う警告は、堕ちて現在滅びへの途上にある人々に対して
のみ当てはまることだからです。あなたたち、この私たちのみ心を愛してく
れている者たちよ − あなたたちは兄弟姉妹を慰め、御子イエズスが彼ら
を愛し、御憐れみと救いを差し出しておられることを彼らに伝えて下さい。

リトル・ペブル:
 聖母は今、御腕……このように私たち皆をマントの下に寄せ集められるか
のように……伸ばされました。

聖母:
 かわいい子らよ、いらっしゃい! あなたたちを愛している母のもとへ
いらっしゃい! 私はあなたたち皆を、我が御心のマントの下で愛撫しよう
と望んでいるのですから。かわいい子らよ、今年再びファチマに来てくれた
ことを感謝します。強くあって下さい。そして私があなたたちと共にいる
ことを分かって下さい。では近いうちにあなたたちが帰国の途につくので、
至聖三位一体からの力強い祝福を与えましょう。そしてこの祝福をすべての
愛の我が子たちに持って行き、御子イエズスと無原罪のマリアなる聖母は
世の救いのためにすべての人間が祈り、償いを果たすよう懇願していると
伝えて下さい。あなたたち皆を祝福します。父と子と聖霊との御名によりて。
アーメン。

リトル・ペブル:
 もう、例の十字架はそこにありません。イエズス様が今、いらっしゃいま
した。大祭司は祭服を召され、御頭には「聖ペトロの冠」をかぶっておられ
ます。その三重の冠は、とても美しい。本当に美しいものです! 今度は
聖ペトロが来られました。彼の左側にヨハネ・パウロ2世教皇様がおられま
す。教皇様はもっと近づいて来られました。教皇様はブラザー・ジョゼフ・
フランシスをご覧になっておられます。それから、私をご覧になりました。
教皇様は微笑まれ、祝福をくださいます。父と子と聖霊との御名によりて。
アーメン。

聖母:
 愛する子、我が愛のリトル・ペブルよ、「御子の教会」におけるキリスト
の代理者、愛する息子、教父ヨハネ・パウロ2世教皇様からのこの祝福の
意味はまもなく分かるでしょう。かわいい子らよ、救霊のため、また世に
平安をもたらすために私が三位一体の神のところへお持ちできるように、あ
なたたちの愛のお祈りを続けてください。かわいい子供たちよ、戴冠して
くれたことに感謝します。これがこの聖堂で行われた時、天においてそれは
二倍のすばらしさになりました。かわいい子供たちよ、あなたたちは皆を
我が御心 − 人類に差し出している我が汚れなき御心 − で祝福します。
父と子と聖霊との御名によりて。アーメン。

 ありがとう子らよ、あなたたちを愛しています!

リトル・ペブル:
 聖母は、私たちがロザリオを唱え終わるまで一緒にいて、その後、天に
お戻りになるとおっしゃいました。愛の小さなしずくがマリア様の汚れなき
御心の中に入って行きます。御心はだんだん大きくなって深みを増し、もっ
とたくさんの愛が御心から放たれています。私たちが「めでたし」を唱える
ごとに、聖母はとてもとても喜んでおられるようです。この一連の間、御母
の後ろに聖ミカエルが現れたことに気が付きました。聖ミカエルはたいへん
大きく空の半分ほどもあります。とても巨大です。彼は聖母の保護者なので
す。皆様方の準秘跡は全部、至聖三位一体と聖母の現存により、すでに祝別
済みです。

 ここに非常に大勢の聖人がおられます。聖人方は、皆ひざまずいておられ
ます。それは聖母が元后であられるからです。……〔栄えの第三玄義が続い
て唱えられる〕……聖母と使徒たちへの聖霊降臨の玄義のうちに、聖霊が
聖母の上にすばらしい輝きを放ってお降りになるのが見えました。他にも
たくさんの光景を見ました。

聖母:
 かわいい我が子、息子ブラザー・ジョゼフ・フランシスよ、あなたは終末
の時代のまことに我が愛する息子です。あなたのミッションを通して、世界
と公教会は救われるでしょう。世は、私がファチマで与えたメッセージ、そ
して私が今、愛のリトル・ペブルとその兄弟ジョゼフ・フランシスの二人の
愛する息子たちを通して与えているメッセージの重要性を知らねばなりませ
ん。この三つの出現には驚くべき奥義があるのです。愛する子らよ、世は
私が今話したミッションによって救われることを知りなさい。かわいい子ら
よ、ではイエズスの聖心よりあなたたち皆を祝福します。父と子と聖霊との
御名によりて。アーメン。

 ありがとうかわいい子らよ! あなたたちを愛しています!


リトル・ペブル:
 栄えの第四玄義の間、聖母被昇天の玄義が現れました。聖母が天使たち
よって上げられておられる間、御母の汚れなき御心から二筋の光が放たれま
した。そのうちの一つがブラザー・ジョゼフの心臓を射、もう一つは私の
心臓を射しました。聖母は私たち二人の心臓をお取りになり、接吻して、ま
た元の所に戻されました。さて私の前には、宇宙の、地上の、そして二つの
み心の王と女王として玉座に座っておられるイエズス様とマリア様がいらっ
しゃいます。第五玄義は天地の元后としての聖母の戴冠です……(第五玄義
の終わった後)……イエズス様とマリア様の二つの玉座の後ろに小さな方舟
が見えます。ノアの方舟のようです。ノアの方舟の後ろには虹があり、その
虹の上に非常に輝く白い十字架があります。聖母が、これらの三つの象徴は
先程言った三つのミッションの一致を表しているのですとおっしゃいました。
父と子と聖霊との御名によりて。アーメン。

 聖母は、今まで私たちが歌っていた聖歌を歌ってほしいとお望みです。そ
の後、天に戻られるからです。……〔聖歌が歌われる〕……聖母は天に行っ
てしまわれました。聖母は皆様を愛しておられます。そして、皆様がここ
ファチマにいる間に行ったすべての事に対して感謝しておられます。父と子
と聖霊との御名によりて。アーメン。



----------------------------------------------------------------
4.反キリスト、ロード・マイトレイヤについての警告
----------------------------------------------------------------
マリア様からの警告 1995年12月31日 No.222

 ですから、甘美なる子供たちよ、祈り、償いをしなさい。今、世界の上に
は大懲罰が降っているからです。反キリストは邪悪の力と支配力によって、
光の子供達に大いなる猛攻撃を準備しています。甘美なる子供たちよ、邪悪
の力を見くびってはなりません。反キリストは既に教会、他の信仰、政府の
高い権威にある者を含む多くの子供たちの心を支配しています。このため、
世界は「平和」と叫んでいます。しかし、元后として、あなたたちの母とし
て言います。人が神を否定し、真理を否定している間は平和はありえません。
ルチフェルがかつてそうであり、今もそうであるように、人間もそのように
あり続けているからです。人間は真理と救いの三位一体の神に仕えようとし
ないのです。

 ですから甘美なる子供たちよ、聖なる代理者のために祈りなさい。聖なる
代理者はバチカンと聖にして母なる教会の真の殉教者です。甘美なる子供た
ちよ、まもなく、とても悲しい知らせを聞くでしょう。ですから、心を準備
し、私の言葉に忠実でありなさい。今、立ち上がり、「光の子供」として
数えられるように、光の子供たちを呼んでいます。甘美なる子供達よ、残存
教会(レムナント・チャーチ)に対する迫害は、あなたたちが理解できる
以上に、厳しいでしょう。しかし、何も恐れることはありません。私の約束
は常に守られますし、私は自らの言葉に忠実だからです。ロザリオを祈りな
さい。ロザリオは真理の武器なのですから。



----------------------------------------------------------------
5.お知らせ
----------------------------------------------------------------
◆ 私たちはリトル・ペブルさんの本、「THE LITTLE PEBBLE - THE LAST
 POPE」日本語版について、2001年11月17日に翻訳と出版の権利を
 リトル・ペブルさんからいただきました。すでに3巻全部の翻訳はでき
 ています。しかし、この重要な本を世に送り出すための出版費用が私たち
 には全くありません。そこで、皆さまにお願いです。どうか皆様のご寄付
 によって、このマリア様のお仕事を支えていただけないでしょうか。利益
 の10%はリトル・ペブルさんにもどり、彼のミッションを支えます。
 ご寄付は、「「最後の教皇」出版のための寄付」と明記して、現金書留か
 郵便振替にて下記までお願いします。

  〒540−0004
  大阪市中央区玉造1−4−14
  箱舟の聖母社
  郵便振替 00840−3−132438

◆ ジャン・マリー助祭は、10月28日に、オーストラリア・ナウラで
 司祭に叙階されました。洗礼を希望する方は申し出てください。ローマ・
 カトリック使徒教会の昔からの教えを全て固く信じ、現代主義の異端を
 決して受け入れないこと。他の宗教の教えをことごとく捨て去ること。
 この固い決心があるなら、準備が不十分でも洗礼を授けます。

◆「天からのメッセージ」に版権はありません。天はできるだけ多くの人々
 がメッセージを読むことをお望みです。どうぞ友人知人に「天からのメッ
 セージ」を伝えて下さい。コピーして配布して下さい。

◆ 編集室では、メッセージの翻訳ボランティアを募集しています。できる
 なら、カトリック信者で専門用語に強い方を希望しています。

◆ 皆様からのご質問、ご感想をお待ちしております。関連情報をお持ちで
 したらお寄せ下さい。
 
◆ 次回「箱舟の聖母」は11月14日頃、発行を予定しています。



----------------------------------------------------------------
編集・発行:聖シャーベル修道会
スタッフ :Father Jean-Marie of the Risen Son of God(復活された
      神の子のジャン・マリー司祭)  Kolbe-Marie
----------------------------------------------------------------
お申込み、ご質問、ご感想は下記までお願いします。

  〒540−0004
   大阪市中央区玉造1−4−14
   聖シャーベル修道会

  E-mail : charbeljapan@nifty.ne.jp

 お申し込みはEメール版は3千円、郵送版は一万円を目安に、一年分のご
寄付をお願いします(商契約ではありません)。こうするのは、読者の皆さ
んにも「受けるだけの人」のままでいるのではなく、自発的な献金と、友人
知人にコピーをわたす伝道を通して「よろこんで与える人」となり、神様の
祝福をもっと得ていただきたいからです。「よろこんで与える者を神は愛さ
れる」、これが私たちの宣教事業の基本理念です。
----------------------------------------------------------------
%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%0%%

(C)日本における「聖シャーベル修道会の共同体」
      設立の促進と援助のための事務所
 http://homepage1.nifty.com/charbeljapan/index.htm
    E-mail : charbeljapan@nifty.ne.jp

%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%7%%




[HOME] [戻る]