「箱舟の聖母」バックナンバー
2004年10月31日号No.227

 マリア様を喜ばせましょう。マリア様はあなたの小さな奉仕にも大きな恵みで報いて下さいます。あなたが愛する人の救いのために「箱舟の聖母」を役立ててください。「箱舟の聖母」は宣教誌です。購読しコピーし身近な人にわたすなら、あとはマリア様ご自身が働いて下さいます。そしてあなたの購読料はマリア様の事業を支えます。あなたのマリア様に対する奉仕を神様は永遠に忘れません。

 お申し込みはEメール版は3千円、郵送版は一万円を目安に一年分のご寄付をお願いします(商契約ではありません)。こうするのは、読者の皆さんにも「受けるだけの人」のままでいるのではなく、自発的な献金と、友人知人にコピーをわたす伝道を通して「よろこんで与える人」となり、神様の祝福をもっと得ていただきたいからです。「よろこんで与える者を神は愛される」、これが私たちの宣教事業の基本理念です。

◆マテオによる聖福音10章27節
「私がやみの中で言うことを、あなたたちは明るみで言え。耳をあてて聞くことを、屋根の上から知らせよ」

◆マテオによる聖福音10章42節
「この小さい者の一人に、弟子として冷や水の一杯でも与える人があったなら、まことに私は言う。その人は報いを失わぬ」


ご注意
■ お申し込みは下記住所宛にEメール版は3千円、郵送版は一万円を目安に一年分のご寄付をお願いします(商行為でも契約でもありません)。  〒540−0004 大阪市中央区玉造1−4−14 箱舟の聖母社
■ トラブルを避けるために、必ずご本人様でお申し込み下さい。いかなる理由でも、ご送金後の返金はできません。お申し込みから登録まで2週間程度かかりますので、あしからずご了承下さい。
■ 本誌読者=「聖シャーベル修道会会員」ではありません。どのような立場の方でも歓迎いたします。
■ これを用いてマリア様の事業を攻撃する人には送付を打ち切ります。また災害・戦争など、やむを得ない事情の際も送付いたしませんが、ご了承ください。


%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%1%%

        「 箱 舟 の 聖 母 」

       2004年10月31日号 No.227

   毎週1回発行:Eメール版 年間3,000円(ご寄付)
          郵送版  年間10,000円(ご寄付)
  http://homepage1.nifty.com/charbeljapan/index.htm
      E-mail : charbeljapan@nifty.ne.jp
       ( 等幅フォントでご覧下さい!)
%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%0%%
----------------------------------------------------------------
    箱舟の聖母、
       我らが御母聖マリア、
         キリスト信者の扶(たす)け
----------------------------------------------------------------
 マリア様を喜ばせましょう。マリア様はあなたの小さな奉仕にも大きな恵
みで報いて下さいます。あなたが愛する人の救いのために「箱舟の聖母」を
役立ててください。「箱舟の聖母」は宣教誌です。購読しコピーし身近な人
にわたすなら、あとはマリア様ご自身が働いて下さいます。そしてあなたの
ご寄付はマリア様の事業を支えます。あなたのマリア様に対する奉仕を神様
は永遠に忘れません。
----------------------------------------------------------------

◆今週号の目次

 1.聖シャーベル修道会ニュース
 2.153本の聖ヨゼフの百合
 3.ローズ・オブ・ホーリー・イノセンスに与えられたメッセージ
 4.反キリスト、ロード・マイトレイヤについての警告
 5.お知らせ



----------------------------------------------------------------
1.聖シャーベル修道会ニュース
----------------------------------------------------------------
◆ ジャン・マリー助祭は、10月28日に、オーストラリア・ナウラで
 司祭に叙階されました。洗礼を希望する方は申し出てください。ローマ・
 カトリック使徒教会の昔からの教えを全て固く信じ、現代主義の異端を
 決して受け入れないこと。他の宗教の教えをことごとく捨て去ること。
 この固い決心があるなら、準備が不十分でも洗礼を授けます。

◆ 12月12日、名古屋近辺において、聖シャーベル修道会の2人のシス
 ターであり幻視者でもある、マザー・シャーリーとシスター・ルースによ
 る講演会が行なわれます。その場でご出現があり、天のメッセージを伝え
 るそうです。どちらもオープンで、誰でも参加できる集会にしたいと考え
 ています。皆さんのご協力をお願いいたします。ボランティアスタッフが
 必要です。



----------------------------------------------------------------
2. 153本の聖ヨゼフの百合
----------------------------------------------------------------
【 第87章 】

 「内的生活」をつくるために、情報の遮断が役に立ちます。一日中ラジオ
を聴いている人、一日中テレビを見ている人、毎日、新聞を隅から隅まで読
む人などは、たくさんの情報を受け身で受け取っています。ある期間、この
情報を受け取らないようにすると、神に意識を向けるのがたやすくなるはず
です。

 聖ヨゼフのナザレトの村での生活は、今の私たちと情報量がずいぶん違い
ました。私たちは情報の洪水の中に沈んでいます。それが普通のこととなっ
ているのですが、本当にそれは普通のことなのかどうか考えたことはありま
すか? 

 情報は他人が考えたことで、他人が生み出したものです。あなたは受け身
になることでそれをもらっています。あなたが自分で生み出すことが、心の
働きとして全くなくとも、こうして一日は過ぎていきます。これが情報の
洪水の中にいる人の一般的な状態です。情報の洪水の中にいない人は自分で
考えます。空想すること、思いめぐらすこと、探求することなど、心の働き
は、自分で生み出すことが基本となっています。心の働きにおいて、受動的
か能動的か正反対の人間が、情報の洪水の中にいるかいないかでつくられて
いるのです。本来はどちらが人間の普通の姿ですか? 今皆さんは、人の心
の痛みを全く考えることができない子、人の身になって考えることが決して
ない子、自分の行動の結果を思いめぐらすことを少しもしようとしない子た
ちが育ってきているのを目にしているではありませんか? あなたもその
一人だと自覚しているかもしれません。今の日本人が本来の人間の姿でない
ことは明らかです。ところで、本来の人間の姿に立ち戻った方が、神に意識
を向けやすいのですよ。神に意識を向けるのは能動的な心の働きなのですか
ら。

 老人から幼児に至るまで、今の情報の多量さに自分をさらしている人は、
もうすでに心の能動性をなくしてしまっています。ただしこれは外的な積極
性とは全く別なので混同しないでください。物静かで控えめな人の心が非常
に能動的で、反対に活動的で独力で道を切り開き世を渡っている人の心が
完全に受動的で、受け売りの知識のみに富み、受けた情報を最大限に利用し
ているだけであるというのは普通にあることです。心の能動性と外的積極性
は無関係です。

 自分の心に能動性を取り戻すためには、情報の一定期間の遮断しか他に
方法はありません。あなたにとって必要でしたらそうしてくださいね。



----------------------------------------------------------------
3.ゲッセマニ共同体の神秘家ローズ・オブ・ホーリー・イノセンツに
  与えられた聖母のメッセージ − 2004年7月11日 日曜日 −
  住所: 161B Koloona Drive, Cambewarra 2540 N.S.W., Australia
----------------------------------------------------------------
--------------------------------
高価な真珠の信心
イエズスの尊い御血とマリアの御涙の滴の兄弟会
(Precious Drops of Blood of Jesus and Tears of Mary Fraternity)
--------------------------------
 イエズスは受難の際に28,430の血の滴を流され、マリアは同じ数の涙の滴
を流された。救い主イエズス・キリストと共贖者である聖なる母に対する
返礼として愛の祈りを捧げるために、それらの血と涙を尊ぶことによって、
また、この愛の一滴を受け入れることによって、世界がこれらの愛の滴に
浸ることを望みます。

 この小さな信心において一致することを望む人は、その名前を記録します。
尊い御血の象徴として赤い珠を、マリア様の御涙の象徴として白い珠をロザ
リオにつけます。赤い珠のところで栄唱(Glory Be)を一回、白い珠で天使
祝詞(Hail Mary)を一回祈ります。どれほど私たちがイエズスとマリアを
愛し、またイエズスとマリアの愛に対して感謝しているかを一緒に伝えま
しょう。

--------------------------------

リトル・ペブル:
 聖なる母よ、私は、再びあなたとその聖なる息子であるイエズスのもとに
来ました。あなたの聖なる息子イエズスの貴重な御血と、あなたが私たちの
ために流された汚れなき御涙に対するこの小さな信心のために、あなたの
祝福と賜物を求めて。

 お母様、イエズスが流された御血の滴の数と、あなたが流された御涙の数
に関しては、ある秘密がありますね。私にそれを教えていただけないでしょ
うか。ありがとう、お母様。あなたの小さき「ホワイト・ロック」。

ローズ・オブ・ホーリー・イノセンツ:
 主とマリア様の一つとなった聖心を慰めるため、眠りに着く前に、ロザリ
オを捧げました。そして、私はリトル・ペブルの質問をマリア様の御前に置
きました。マリア様がそれを御心の奥深くに置いてくださるように。

 祈っていると、マリア様が枕元にご出現なされました。マリア様は「悲し
みの母」の名の下に来られ、その悲しみに満ちた御心がさらされました。
八本の剣がマリア様の御心を貫いているのが見えます。マリア様の御首の
周りには、スミレを絡ませたダイヤモンドの涙の滴があり、また、紫色の
水晶の珠で作られたロザリオを御手にお持ちです。

 マリア様の横には、主、マグダラのマリアと聖ヨハネがおられます。主
がお見えになったとき、その御傷は開いており、全身は鞭打たれて血が流れ
ています。主の御頭の上に茨の冠が見えます。頭上には、白い鳩の形をした
聖霊が見えます。

 主は、マリア様の首の周りにあるダイヤモンドの涙の滴に御手を置かれま
した。主の御傷から流れ出た御血が、ダイヤモンドの涙の滴を覆います。主
がそのダイヤモンドに接吻なさると、白い光の束が数多く、涙の滴から回転
しながら発してきて、涙の滴の周りに白いレンガの防御壁を形作ります。
レンガの壁は、その全部が白レンガでできているというわけではなく、戸口
を作っているレンガのいくつかは、金色でアルファとオメガの形をしていま
す。ダイヤモンドの涙の滴の内部には、新しい聖なる時代(New Holy Era)
が見えます。そして天のすべてが、その新しい聖なる時代を取り囲んでいま
す。聖なる三位一体の王座が、すべての物の上に浮かんでいます。

 その王座に座しておられるのは永遠なる御父であり、その御心の傷を守っ
ているのは聖アムール・デイです。その傷の中には、主の至聖なる聖心、マ
リア様の汚れなき御心、聖霊の聖心、聖ヨゼフの純潔なる御心、「リトル・
アブラハム」の心があり、あとは「リトル・アブラハム」の心の両側にある
二つの小さき心です。心の一つは144,000の心で一杯であり、もう片方の
小さき心は、主の尊い御血の滴とマリア様の愛の涙で一杯です。永遠なる
聖心の残りの部分は、天使が堕ちてしまったことによって、あざになり傷で
覆われているのです。

 マリア様の御心から白の水晶の珠が、主の聖心からは赤の水晶の珠が現れ
ました。聖アムール・デイが飛び降りてきて、この二つの珠をマリア様が
御手に持っているロザリオに結び付けるのが見えます。赤の珠の内部には主
の十字架が見えます。そして、白の珠の内部には、マリア様とマグダラの
マリアが跪き、主が鞭打ちのあとで流された御血をタオルで拭っています。


聖母:
 あなたに挨拶します、「ローズ・オブ・ホーリー・イノセンツ」。一つと
なった我が汚れなき御心と聖なる息子イエズスの至聖なる聖心にとって、最
も貴重な者よ。私の小さき「十字架のマリア(Maria of the Cross)」よ、
私の小さな「ホワイト・ロック」に対する愛の言葉をもって来ました。

 私たちの一つとなった聖心に最も貴重な私の小さな「ホワイト・ロック」
よ。私たちのすべての愛をもって、あなたに挨拶します。わが愛する浄配よ、
あなたの無条件の愛と、私たちの聖心の傷を慰めるためにあなたが捧げてく
れたすべてに感謝します。私たちの聖心にとって最も貴重なあなたと、多く
のわが子らがしようとしているこの愛の行いは、私たちの一つとなった心を
満たし、愛の涙が零れ落ちます。

 私の聖なる子が受難の時に流した尊い血の滴と、わが子の苦しみと一致し
私が流した涙とは、聖なる御父の聖心の傷を癒すために、私たちが捧げたも
のなのです。この涙は、ルシフェルが堕落した時の小さな穴傷で、満たされ
ぬままに残っていた場所を埋めるため、御父の永遠なる聖心に置かれました。
なぜなら、私の聖なる息子の受難、そして十字架における死と復活によって、
天国の門が開かれたからです。もう片方の小さな心は、永遠の御父の手で
摘まれ、かつ最後の最後まで忠実に残るであろう144,000の心によって満た
されるでしょう。

 わが息子の血と私の流した涙はすべて数えられ、そして、私の「リトル・
アブラハム」の側に立っている今日の選ばれし犠牲の霊魂たちの愛が新たに
その代わりをするでしょう。この小さき心は、反キリストとその手下たち
との間の最終戦争がまさに終わるまで、満されることはないでしょう。これ
らの霊魂たちは自らの生活を捧げ、苦しみの十字架を担うことで、天の御父
をたたえ、その聖心を慰めるのです。

 そうです、わが小さな「ホワイト・ロック」よ。わが聖なる子イエズスの
血の滴と私の流した純粋なる愛の涙については、それらの数に深く関係する
美しい秘密があります。永遠なる御父の聖心の一部である犠牲の霊魂たちの
すべてが、自分たちに委託されたことのすべてを成し遂げ、御父のさらなる
光栄を実現するまで、この秘密は、完全に明かされることはないでしょう。
なぜなら、この秘密の一部は、犠牲の霊魂たちの心の中にあるからです。私
の小さな「ホワイト・ロック」、聖アムール・デイが、この秘密を開く助け
となるでしょう。彼はわたしたちの一つとなったみ心の守り手だからです。

 神のいとも完全な御旨を行うために自分たちの生活を捧げ、時の始まり
からの真実と神の言葉を擁護するために、自らのフィアットを捧げた聖人と
聖なる男女のすべてが、神の永遠なる聖心に大きな慰めをもたらし、その
聖心を苦しめる多くの傷を癒しています。しかし開いた傷と、なお毎日、神
の聖心を刺し続ける傷が数多くあるのです。

 この兄弟会、祈りと愛の一部となった私の子らは、永遠なる御父の聖心を
刺し通す傷を癒すでしょう。この子らは、信仰と愛と永遠なる御父のために
自らの生活を捨て、その前を歩いたすべての聖人といっしょになるのです。
地獄の深淵に失われた霊魂たちの存在が、御父の永遠の聖心を苦しめる多く
の傷を刺し貫いています。霊魂の救いこそが、御父の傷ついた聖心を癒す
バルサムであり、その永遠なる聖心を守る防御壁なのです。

 これらの小さな愛の珠をもって祈り、これらの愛の滴に自らを深く浸す
霊魂の一人ひとりに対して、この地上に生きる選ばれた七つの霊魂が救われ、
また、既に亡くなり、煉獄の第七の段階よりも上で苦しんでいる選ばれた
霊魂が天国の門に入ります。そして、煉獄の深いところにいて、選ばれてい
なかった七つの霊魂が、その段階を上げられます。これらの恩寵が与えられ
るためには、二つの小さな珠についての祈りとともに、ロザリオを13日間
連続で祈らねばなりません。

 私の小さな「ホワイト・ロック」よ、聖アムール・デイがあなたに、これ
らの小さな珠の祈りによって与えられる他の三つの恩寵を明かすでしょう。
その与えられる恩寵は、特に忠実な選ばれた者のためのものです。

 私の小さな「ホワイト・ロック」よ、あなたを愛しています。私たちの
一つとなった聖心の愛をもって、あなたを祝福します。この祝福を、私の
小さな「ローズ・オブ・ホーリー・イノセンツ」と、私たちの聖心にとって
尊いすべてのわが子らにも与えます。父と子と聖霊との御名によって。
アーメン。

--------------------------------

与えられる三つの恩寵: 信望愛においての英雄的な徳

珠と上の住所における記録については、事務所に手紙をください
(気付: Mrs. Janice Williams)。証明書の費用と、あなたのもとへと
送るための送料にあてたいと思いますので、少額のご寄付を頂ければ幸い
です。

悲しみの受難のチャプレット(Chaplet of the Dolorous Passion)と、
幻視者ローズ・オブ・ホーリー・イノセンツからのメッセージ
(2004年7月6日)をご参照なさってください。

--------------------------------



----------------------------------------------------------------
4.反キリスト、ロード・マイトレイヤについての警告
----------------------------------------------------------------
マリア様からの警告 1995年12月31日 No.221

 今、形成されつつある修道会(複数)は世界からの、それにもまして聖に
して母なる教会からの大迫害の下で成長するでしょう。邪悪な者が自らペト
ロの座に着き、神である私の息子の真の教会、地上における神秘的な教会を
迫害するからです。しかし、甘美なる子供たちよ、その時、神の御憐れみを
求めて祈らなければなりません。たとえキリストの代理者、真の代理者が
しばらくの間、低く置かれても、恐れてはなりません。神が真の代理者を
養われますから。時が来れば、真の代理者は教会を治めるために再び戻り、
教会内のすべての誤りを非難するでしょう。しかし甘美なる子供たちよ、
これらの試練の間、あなたたちにリトル・ペトロを遣わします。

 リトル・ペトロは、大警告後となるヨハネ・パウロ2世の殉教後、神から
の全ての力、全権威、そして聖にして母なる教会の権威をもって教会を統治
するでしょう。しかし甘美なる子供たちよ、その前に、リトル・ペトロは
地上における神秘的な教会を霊のうちに、力のうちに統治し、教会に希望と
勇気を与えるでしょう。リトル・ペトロはリトル・ヨハネとリトル・バルト
ロメオに助けられるでしょう。そして使徒たちは一致し、強められ、全世界
に行って、キリスト、メシア、神である私の息子がまもなく戻ってこられる
ことを宣べ伝えるでしょう。



----------------------------------------------------------------
5.お知らせ
----------------------------------------------------------------
◆ 私たちはリトル・ペブルさんの本、「THE LITTLE PEBBLE - THE LAST
 POPE」日本語版について、2001年11月17日に翻訳と出版の権利を
 リトル・ペブルさんからいただきました。しかし、この重要な本を世に送
 り出すための出版費用が私たちには全くありません。そこで、皆さまに
 お願いです。どうか皆さまのご寄付によって、このマリア様のお仕事を
 支えていただけないでしょうか。利益の10%はリトル・ペブルさんに
 もどり、彼のミッションを支えます。ご寄付は、「「最後の教皇」出版の
 ための寄付」と明記して、現金書留か郵便振替にて下記までお願いします。

  〒540−0004
  大阪市中央区玉造1−4−14
  箱舟の聖母社
  郵便振替 00840−3−132438

◆ ジャン・マリー助祭は、10月28日に、オーストラリア・ナウラで
 司祭に叙階されました。洗礼を希望する方は申し出てください。ローマ・
 カトリック使徒教会の昔からの教えを全て固く信じ、現代主義の異端を
 決して受け入れないこと。他の宗教の教えをことごとく捨て去ること。
 この固い決心があるなら、準備が不十分でも洗礼を授けます。

◆ 12月12日、名古屋近辺において、聖シャーベル修道会の2人のシス
 ターであり幻視者でもある、マザー・シャーリーとシスター・ルースによ
 る講演会が行なわれます。その場でご出現があり、天のメッセージを伝え
 るそうです。どちらもオープンで、誰でも参加できる集会にしたいと考え
 ています。皆さんのご協力をお願いいたします。ボランティアスタッフが
 必要です。

◆「天からのメッセージ」に版権はありません。天はできるだけ多くの人々
がメッセージを読むことをお望みです。どうぞ友人知人に「天からのメッ
セージ」を伝えて下さい。コピーして配布して下さい。

◆ 編集室では、メッセージの翻訳ボランティアを募集しています。できる
なら、カトリック信者で専門用語に強い方を希望しています。

◆ 皆様からのご質問、ご感想をお待ちしております。関連情報をお持ちで
したらお寄せ下さい。
 
◆ 次回「箱舟の聖母」は11月7日頃、発行を予定しています。



----------------------------------------------------------------
編集・発行:聖シャーベル修道会
スタッフ :Deacon Jean-Marie of the Risen Son of God(復活された
      神の子のジャン・マリー助祭)  Kolbe-Marie
----------------------------------------------------------------
お申込み、ご質問、ご感想は下記までお願いします。

  〒540−0004
   大阪市中央区玉造1−4−14
   聖シャーベル修道会

  E-mail : charbeljapan@nifty.ne.jp

 お申し込みはEメール版は3千円、郵送版は一万円を目安に、一年分のご
寄付をお願いします(商契約ではありません)。こうするのは、読者の皆さ
んにも「受けるだけの人」のままでいるのではなく、自発的な献金と、友人
知人にコピーをわたす伝道を通して「よろこんで与える人」となり、神様の
祝福をもっと得ていただきたいからです。「よろこんで与える者を神は愛さ
れる」、これが私たちの宣教事業の基本理念です。
----------------------------------------------------------------
%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%3%%

(C)日本における「聖シャーベル修道会の共同体」
      設立の促進と援助のための事務所
 http://homepage1.nifty.com/charbeljapan/index.htm
    E-mail : charbeljapan@nifty.ne.jp

%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%1%%




[HOME] [戻る]