「箱舟の聖母」バックナンバー
2004年10月24日号No.226

 マリア様を喜ばせましょう。マリア様はあなたの小さな奉仕にも大きな恵みで報いて下さいます。あなたが愛する人の救いのために「箱舟の聖母」を役立ててください。「箱舟の聖母」は宣教誌です。購読しコピーし身近な人にわたすなら、あとはマリア様ご自身が働いて下さいます。そしてあなたの購読料はマリア様の事業を支えます。あなたのマリア様に対する奉仕を神様は永遠に忘れません。

 お申し込みはEメール版は3千円、郵送版は一万円を目安に一年分のご寄付をお願いします(商契約ではありません)。こうするのは、読者の皆さんにも「受けるだけの人」のままでいるのではなく、自発的な献金と、友人知人にコピーをわたす伝道を通して「よろこんで与える人」となり、神様の祝福をもっと得ていただきたいからです。「よろこんで与える者を神は愛される」、これが私たちの宣教事業の基本理念です。

◆マテオによる聖福音10章27節
「私がやみの中で言うことを、あなたたちは明るみで言え。耳をあてて聞くことを、屋根の上から知らせよ」

◆マテオによる聖福音10章42節
「この小さい者の一人に、弟子として冷や水の一杯でも与える人があったなら、まことに私は言う。その人は報いを失わぬ」


ご注意
■ お申し込みは下記住所宛にEメール版は3千円、郵送版は一万円を目安に一年分のご寄付をお願いします(商行為でも契約でもありません)。  〒540−0004 大阪市中央区玉造1−4−14 箱舟の聖母社
■ トラブルを避けるために、必ずご本人様でお申し込み下さい。いかなる理由でも、ご送金後の返金はできません。お申し込みから登録まで2週間程度かかりますので、あしからずご了承下さい。
■ 本誌読者=「聖シャーベル修道会会員」ではありません。どのような立場の方でも歓迎いたします。
■ これを用いてマリア様の事業を攻撃する人には送付を打ち切ります。また災害・戦争など、やむを得ない事情の際も送付いたしませんが、ご了承ください。


%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%1%%

        「 箱 舟 の 聖 母 」

       2004年10月24日号 No.226

   毎週1回発行:Eメール版 年間3,000円(ご寄付)
          郵送版  年間10,000円(ご寄付)
  http://homepage1.nifty.com/charbeljapan/index.htm
      E-mail : charbeljapan@nifty.ne.jp
       ( 等幅フォントでご覧下さい!)
%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%0%%
----------------------------------------------------------------
    箱舟の聖母、
       我らが御母聖マリア、
         キリスト信者の扶(たす)け
----------------------------------------------------------------
 マリア様を喜ばせましょう。マリア様はあなたの小さな奉仕にも大きな恵
みで報いて下さいます。あなたが愛する人の救いのために「箱舟の聖母」を
役立ててください。「箱舟の聖母」は宣教誌です。購読しコピーし身近な人
にわたすなら、あとはマリア様ご自身が働いて下さいます。そしてあなたの
ご寄付はマリア様の事業を支えます。あなたのマリア様に対する奉仕を神様
は永遠に忘れません。
----------------------------------------------------------------

◆今週号の目次

 1.聖シャーベル修道会ニュース
 2.153本の聖ヨゼフの百合
 3.お知らせ



----------------------------------------------------------------
1.聖シャーベル修道会ニュース
----------------------------------------------------------------
◆ 先日10月14日、共同体評議員会は名古屋教区の野村司教様に、この
 地区で聖シャーベル修道会の共同体の創立を開始したことを報告しました。
 10月16日、野村司教様から手紙で返事をいただきました。聖シャーベ
 ル修道会を認めない、それがローマ・カトリックの修道会であるなら、
 それを示す文書を示せという内容でした。

  共同体評議会は10月21日に、野村司教様あてに下記の返事を送りま
 した。この経緯について、後ほど詳しくまとめてお伝えしたいと思います。


--------------------------------
共同体評議員会
〒467-0014
名古屋市瑞穂区白羽根町2-33-3
tel 052-851-8584
〒448-0846
刈谷市寺横町2-82-3
tel 0566-29-2805
--------------------------------
2004年10月21日
--------------------------------
アウグスチノ・野村純一司教様
〒461-0004
名古屋市東区葵2丁目6-37
--------------------------------

マリア!

敬愛する野村司教様、

「OUR LADY OF AKITA AND AMAKUSA AND THE MARTYRS OF JAPAN
COMMUNITY」の設立は、日本における聖シャーベル修道会の共同体設立の
最初のものにすぎません。復活された神の子のジャン・マリー助祭が、今月
28日にオーストラリアの母院で、マルコム・ブロサード司教から司祭に
叙階されると、その後、日本中をくまなく回り、多数の共同体を各地に、そ
の地元の人々に設立させます。刈谷の「聖パウロ三木と同志殉教者のハウス
チャーチ」もまた、今後、共同体の数の何倍も設立されるハウスチャーチの
最初のものにすぎません。また、遠からずブラザーとシスターの養成も始ま
ります。日本のみならず、世界165ヶ国での多くの洗礼志願者と召命に
応える多数の人々は、聖シャーベル修道会が「良い木」であることを証明す
る「実り」です。

 今、野村司教様がなさるべきことは、教皇ヨハネ・パウロ2世ご自身に、
その周囲の高位聖職者の誰かにではなく、そのうちの誰かを通してでもなく、
それらの人々に干渉されない場で、ご自身で「リトル・ペブルは正しいの
でしょうか。そしてリトル・ペブルはあなたの後継者となるのでしょうか。
教皇様」と、お聞きになることです。そうする人には、教皇様は常に「はい。
そうです」と答えていらっしゃり、しかも「トランペッター」として知られ
ているウィンゲート神父のようにリトル・ペブルに公けに反対している人に
対しても、同じように答えていらっしゃいます。上記のようになさるなら、
聖シャーベル修道会とリトル・ペブルは、神と聖母と教皇ヨハネ・パウロ
2世に支持されていることをお知りになるでしょう。

 イエズス・キリストの御名によって、救霊のためのぶどう畑で共に苦労し
ている兄弟姉妹を不当に裁き、その名誉を傷つける危険を犯したいのでした
ら、そうなさる前に、私たちに何かを要求するのではなく、ご自分で上記の
方法で真偽を確認なさるのが筋というものですし、正義と愛を守ることです。
しかも、野村司教様には地位、能力、経済力の点でそれが可能なお立場であ
ることを指摘しておきたいと思います。「よく調べもせずに裁いてはいけな
い」という神の御言葉をどうぞ思い出してください。



キリストにおける あなたの忠実な僕、

共同体評議員会
復活された神の子のジャン・マリー助祭
コルベ・マリー阿部哲朗
マキシミリアノ・マリア・コルベ馬場勝吉
■■■■
フランシスコ丸山幸一
マリア・レベッカ



----------------------------------------------------------------
2. 153本の聖ヨゼフの百合
----------------------------------------------------------------
【 第86章 】

 チマッチ神父様は「私の頭は2階建てになっていて、1階で忙しく働いて
いても、2階では神と一致している」と言いました。「内的生活」を「神の
現存の体験」と呼ぶ人もいます。「内的生活」は人それぞれにかなり違う
体験であるに違いありません。一人の人の中ででも、時が経過し、「内的生
活」が深まるにつれ、体験が変化していくのですから、どれほど多様なこと
でしょう。それに体験という言葉の他に感覚とか、意識とか、状態とか、絶
え間ない祈りとか、自分の「内的生活」を表現するのに、さまざまな言葉が
使われるのも、「内的生活」が千差万別なのを物語ります。聖パウロが「生
きているのは私ではなくキリストだ」と言ったのも、幼きイエズスの聖テレ
ジアが「私の中でイエズスが愛していらっしゃる」と言ったのもそうですし、
逆にイエズスご自身が「絶え間ない愛の祈り」と名付け、その特定の「内的
生活」に導いてゆかれたシスターコンソラータの例のようなケースもありま
す。「内的生活」を説明しようにも、私には他人の「内的生活」は分からな
いのです。今の自分のことしか説明できないのです。それがどんなに幼稚な
ものを紹介することであっても、それ以外のことを皆さんにしてあげること
はできないのです。

 私にとって「内的生活」は、私の意識が引き寄せられる神の引力です。
絶えず私の意識に作用している神の引力です。それでこの世のことに集中す
るのをやめると、私の意識は神の方に引き戻されてしまいます。私がゼロか
ら「内的生活」をスタートしたときは全くこの逆でした。この世の引力だけ
が絶えず作用していたので、神の方に意識を向ける努力をしている最中だけ、
ほんの短い間、この世のことから神に意識が向きましたが、その短い間さえ、
強力に引き戻そうとするこの世の引力との戦いでした。神の引力は全くあり
ませんでした。この世からだけ引かれていたので、自然にしていれば、常に
この世のことのみに意識が向かったままでした。私は18歳のとき、ゼロか
らの「内的生活」のスタートを切りました。皆さんと同じくらいの年でしょ
う? 聖人たちの生涯によくあるような特別なことは何もなく、24年以上、
地道に努力してきました。幼きイエズスの聖テレジアのご生涯は24年間で
したから、私は始めるのも遅いし、進むのも遅いし、才能もないし、何らか
の良い結果を出したわけでもありません。けれども神の御目には、結果より
もプロセスの方に価値があるのです。24年以上「内的生活」が最も大切な
ことだという考えを、私は変えることがありませんでした。そうして私が
ささげたちっぽけな努力のひとつひとつに神の御目は注がれて、そのちっぽ
けな努力のひとつひとつは永遠に失われることなく、天国で貧しい私の霊魂
のわずかな飾りとなるのです。「内的生活」自体、結果ではなく、プロセス
そのものというべきでしょう。あなたがゼロからスタートし、プロセスが
始まったその日から、「内的生活」はあなたの霊魂に存在し始めるのです。
ですから単純に始めましょうね。始めることが到達することでもあるのです
から。聖ヨゼフのいと清き御心に祈りつつですよ。助けて下さるのは聖ヨゼ
フなのですから。



----------------------------------------------------------------
3.お知らせ
----------------------------------------------------------------
◆ 私たちはリトル・ペブルさんの本、「THE LITTLE PEBBLE - THE LAST
 POPE」日本語版について、2001年11月17日に翻訳と出版の権利を
 リトル・ペブルさんからいただきました。しかし、この重要な本を世に送
 り出すための出版費用が私たちには全くありません。そこで、皆さまに
 お願いです。どうか皆さまのご寄付によって、このマリア様のお仕事を
 支えていただけないでしょうか。利益の10%はリトル・ペブルさんに
 もどり、彼のミッションを支えます。ご寄付は、「「最後の教皇」出版の
 ための寄付」と明記して、現金書留か郵便振替にて下記までお願いします。

  〒540−0004
  大阪市中央区玉造1−4−14
  箱舟の聖母社
  郵便振替 00840−3−132438

◆ ジャン・マリー助祭は、10月28日に、オーストラリア・ナウラで
 司祭に叙階されます。洗礼を希望する方は申し出てください。ローマ・カ
 トリック使徒教会の昔からの教えを全て固く信じ、現代主義の異端を決し
 て受け入れないこと。他の宗教の教えをことごとく捨て去ること。この
 固い決心があるなら、準備が不十分でも洗礼を授けます。

◆時期は未定ですが、名古屋近辺において2つの講演会が予定されていま
す。一つはリトル・ペブルさんの講演会「時の終りと新しい黄金時代」(The
End of Time and the New Golden Age)です。もう一つは聖シャー
ベル修道会の2人のシスターであり幻視者でもある、マザー・シャーリーと
シスター・ルースによる講演会で、その場でご出現があり、天のメッセージ
を伝えるそうです。どちらもオープンで、誰でも参加できる集会にしたいと
考えています。皆さんのご協力をお願いいたします。ボランティアスタッフ
が必要です。

◆「天からのメッセージ」に版権はありません。天はできるだけ多くの人々
がメッセージを読むことをお望みです。どうぞ友人知人に「天からのメッ
セージ」を伝えて下さい。コピーして配布して下さい。

◆ 編集室では、メッセージの翻訳ボランティアを募集しています。できる
なら、カトリック信者で専門用語に強い方を希望しています。

◆ 皆様からのご質問、ご感想をお待ちしております。関連情報をお持ちで
したらお寄せ下さい。
 
◆ 次回「箱舟の聖母」は10月31日頃、発行を予定しています。



----------------------------------------------------------------
編集・発行:聖シャーベル修道会
スタッフ :Deacon Jean-Marie of the Risen Son of God(復活された
      神の子のジャン・マリー助祭)  Kolbe-Marie
----------------------------------------------------------------
お申込み、ご質問、ご感想は下記までお願いします。

  〒540−0004
   大阪市中央区玉造1−4−14
   聖シャーベル修道会

  E-mail : charbeljapan@nifty.ne.jp

 お申し込みはEメール版は3千円、郵送版は一万円を目安に、一年分のご
寄付をお願いします(商契約ではありません)。こうするのは、読者の皆さ
んにも「受けるだけの人」のままでいるのではなく、自発的な献金と、友人
知人にコピーをわたす伝道を通して「よろこんで与える人」となり、神様の
祝福をもっと得ていただきたいからです。「よろこんで与える者を神は愛さ
れる」、これが私たちの宣教事業の基本理念です。
----------------------------------------------------------------
%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%2%%

(C)日本における「聖シャーベル修道会の共同体」
      設立の促進と援助のための事務所
 http://homepage1.nifty.com/charbeljapan/index.htm
    E-mail : charbeljapan@nifty.ne.jp

%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%4%%




[HOME] [戻る]