「箱舟の聖母」バックナンバー
2004年10月17号No.225

 マリア様を喜ばせましょう。マリア様はあなたの小さな奉仕にも大きな恵みで報いて下さいます。あなたが愛する人の救いのために「箱舟の聖母」を役立ててください。「箱舟の聖母」は宣教誌です。購読しコピーし身近な人にわたすなら、あとはマリア様ご自身が働いて下さいます。そしてあなたの購読料はマリア様の事業を支えます。あなたのマリア様に対する奉仕を神様は永遠に忘れません。

 お申し込みはEメール版は3千円、郵送版は一万円を目安に一年分のご寄付をお願いします(商契約ではありません)。こうするのは、読者の皆さんにも「受けるだけの人」のままでいるのではなく、自発的な献金と、友人知人にコピーをわたす伝道を通して「よろこんで与える人」となり、神様の祝福をもっと得ていただきたいからです。「よろこんで与える者を神は愛される」、これが私たちの宣教事業の基本理念です。

◆マテオによる聖福音10章27節
「私がやみの中で言うことを、あなたたちは明るみで言え。耳をあてて聞くことを、屋根の上から知らせよ」

◆マテオによる聖福音10章42節
「この小さい者の一人に、弟子として冷や水の一杯でも与える人があったなら、まことに私は言う。その人は報いを失わぬ」


ご注意
■ お申し込みは下記住所宛にEメール版は3千円、郵送版は一万円を目安に一年分のご寄付をお願いします(商行為でも契約でもありません)。  〒540−0004 大阪市中央区玉造1−4−14 箱舟の聖母社
■ トラブルを避けるために、必ずご本人様でお申し込み下さい。いかなる理由でも、ご送金後の返金はできません。お申し込みから登録まで2週間程度かかりますので、あしからずご了承下さい。
■ 本誌読者=「聖シャーベル修道会会員」ではありません。どのような立場の方でも歓迎いたします。
■ これを用いてマリア様の事業を攻撃する人には送付を打ち切ります。また災害・戦争など、やむを得ない事情の際も送付いたしませんが、ご了承ください。


%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%1%%

        「 箱 舟 の 聖 母 」

       2004年10月17日号 No.225

   毎週1回発行:Eメール版 年間3,000円(ご寄付)
          郵送版  年間10,000円(ご寄付)
  http://homepage1.nifty.com/charbeljapan/index.htm
      E-mail : charbeljapan@nifty.ne.jp
       ( 等幅フォントでご覧下さい!)
%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%0%%
----------------------------------------------------------------
    箱舟の聖母、
       我らが御母聖マリア、
         キリスト信者の扶(たす)け
----------------------------------------------------------------
 マリア様を喜ばせましょう。マリア様はあなたの小さな奉仕にも大きな恵
みで報いて下さいます。あなたが愛する人の救いのために「箱舟の聖母」を
役立ててください。「箱舟の聖母」は宣教誌です。購読しコピーし身近な人
にわたすなら、あとはマリア様ご自身が働いて下さいます。そしてあなたの
ご寄付はマリア様の事業を支えます。あなたのマリア様に対する奉仕を神様
は永遠に忘れません。
----------------------------------------------------------------

◆今週号の目次

 1.聖シャーベル修道会ニュース
 2.153本の聖ヨゼフの百合
 3.ローズ・オブ・ホーリー・イノセンスに与えられたメッセージ
 4.反キリスト、ロード・マイトレイヤについての警告
 5.お知らせ
 6.編集後記



----------------------------------------------------------------
1.聖シャーベル修道会ニュース
----------------------------------------------------------------
◆ 10月13日、名古屋の共同体はリトル・ペブルさんから正式に創立の
 許可と祝福をいただきました。これから「秋田、天草、そして全ての日本
 の殉教者たちの聖母」共同体(OUR LADY OF AKITA AND AMAKUSA AND
 THE MARTYRS OF JAPAN )と呼ばれることになります。

  続く10月14日、共同体評議員会は名古屋教区の野村司教様に、この
 地区で共同体の創立を開始したことを報告しました。


--------------------------------
From: "mwoa" <mwoa@shoal.net.au>
To: "Webmaster Japan" <charbeljapan@nifty.ne.jp>
Sent: Wednesday, October 13, 2004 10:29 AM
Subject: Reply to your Fax
--------------------------------
Dear Deacon John Marie and all members of the Order of
Saint Charbel,

Peace and Blessings to you. Congratulations for the fine work
you are doing in Japan. I accept all applicants and the formation
of the Order of Saint Charbel.

The Community will be called:

OUR LADY OF AKITA AND AMAKUSA AND THE MARTYRS OF JAPAN

I wish you every success. The Constitutions of the Order are
now being re-written and you will be advised in the near future.

God Bless,

The Little Pebble

【 訳 】
親愛なるジャン・マリー助祭と聖シャーベル修道会の全てのメンバーの
皆さん、

平和と祝福が皆さんにありますように。日本であなたたちがしている
素晴らしい仕事におめでとうを言います。私は全ての入会申し込みと、
聖シャーベル修道会の創立を許可します。

共同体は次のようによばれるでしょう。

「秋田、天草、そして全ての日本の殉教者たちの聖母」共同体
OUR LADY OF AKITA AND AMAKUSA AND THE MARTYRS OF JAPAN

あなたたちの成功を祈ります。修道会の会憲は今、改定作業中です。
近い将来、アドバイスされるでしょう。

神の祝福を
リトル・ペブル


--------------------------------
共同体評議員会
〒467-0014
名古屋市瑞穂区白羽根町2-33-3
tel 052-851-8584
〒448-0846
刈谷市寺横町2-82-3
tel 0566-29-2805
10月13日、2004年
--------------------------------
アウグスチノ・野村純一司教様
〒461-0004
名古屋市東区葵2丁目6-37
--------------------------------

マリア!

敬愛する野村司教様、

 この地区に聖シャーベル修道会の共同体「OUR LADY OF AKITA AND
AMAKUSA AND THE MARTYRS OF JAPAN COMMUNITY」の創立を開始することを
お知らせいたします。

 聖シャーベル修道会は、新しい奉献生活の様式であり、最高権威として、
教皇ヨハネ・パウロ2世をあおぎます。会は、いかなる地方の直轄権を持つ
司教・大司教の管轄権の下にもなく、かえって会自体の統治組織を通じて
統治されます。創立に司教区の司教の許可は必要ありませんが、野村司教様
の地位への礼儀上、通知いたします。

キリストにおける あなたの忠実な僕、

共同体評議員会
復活された神の子のジャン・マリー助祭
コルベ・マリー阿部哲朗
マキシミリアノ・マリア・コルベ馬場勝吉
■■■■
フランシスコ丸山幸一
マリア・レベッカ



----------------------------------------------------------------
2. 153本の聖ヨゼフの百合
----------------------------------------------------------------
【 第85章 】

 マリア・ワルトルタへ天が与えた啓示の中で、マリア様は使徒のアルフェ
オのヤコボ(小ヤコボ)が聖ヨゼフに性格が似ているとおっしゃっています。
アルフェオの子、ヤコボとユダの2人の子供時代の姿が描かれたエピソード
があり、彼らは本当に子供らしい子供です。溌剌と遊ぶ腕白な子、学校の
聖書と律法の勉強は眠たくなってしまう、じっとしていない男の子です。今
でも修道士や司祭になるのは、子供時代「公教要理には興味なし」という
元気のありあまった子の方であることを考えると、聖ヨゼフの子供のころも
活発で、精気に満ちた子だったのでしょうね。でも男の子は思春期にガラリ
と全く変わってしまいます。内的な世界に目覚め、外にばかり向けていた
エネルギーを内的な方向へ多く用いるようになります。聖ヨゼフはちょうど
その年ごろに聖ヨアキムの聖なる模範の影響を強く受け、聖ヨアキムと聖ア
ンナに注文されてバラの彫り物を施したゆりかごを作り、そこに寝かされる
生まれたばかりのマリア様を見、3歳になるまでの天使のようなマリア様を
折々に見かけたわけですね。青年期の聖ヨゼフはきっとイエズスのように
清らかな愛の使徒聖ヨハネのようだったでしょうね。浮世離れしたところを
聖ペトロにからかわれる聖ヨハネのように、聖ヨゼフも兄のアルフェオや、
村の人たちから、「結婚生活には向いていない、浮世離れした変わり者」と
言われたことでしょう。

 聖ヨゼフが霊魂内に「内的生活」を作り始めたのはいつごろなのかはとも
かく、私たちと同じゼロからのスタートだったことははっきりしています。
これを読むあなたは今、何歳なのでしょうか。10代であろうが20代であ
ろうが、それ以上でも、ゼロから内的生活をつくり始めるのは皆同じです。
それでこれから、そのために役立つことを書いてゆきます。ただし最初に
皆さんに注意しておくことがあります。他の国の人にだったらこんな注意を
する必要はないのですが、皆さんは日本人なので間違えるはずですから言っ
ておかねばなりません。今から書くことを「みんな取り入れて実行する」と
いうことをやってはいけません。自分に合うものをいくつかだけやってみる
のです。そして「これ」と決めてしまってはいけません。「これを一生やっ
ていくんだ!」などと絶対に考えてはいけません。ある期間用いた方法も、
別の方法に変えてゆく方がよいのです。また、月がわり、週がわり、日がわ
りというやり方だってよいのです。人の顔は皆違いますが、霊魂の性格は
それ以上に人によって違っています。親子は顔が似ていますが、霊魂はそう
ではありません。それで、ある人にあうものが、他の人には全くあいません。
ある時期に役立ったものが、他の時期にはちっとも役に立ちません。その人、
その時々にあったものを用いていくべきです。そして今から書くことは、
「神との一致」という目的のための手段にすぎないということを強調してお
きます。手段にすぎないものを目的にしてしまうといった間違いを日本人は
犯す民族です。祈りにしろ、苦業にしろ、今から紹介する方法にしろ、愛に
よる神との一致という目的に達するための手段にすぎないのですから、これ
をしないとだめだと考え、あるいはこれさえ実行すればいいと思い、同じよ
うにやっていない人を裁くなら、それは手段を目的としてしまった過ちで、
結果として人を裁く罪を犯して、神との一致の逆の方向へ進むのです。手段
にすぎないものを目的としてしまうと、本来の目的が忘れ去られてしまうも
のなのです。私がこういうやり方がとても良いですよと書いても、常に手段
として紹介していることと、各自で選んで利用してほしい私の意図を忘れな
いでくださいね。



----------------------------------------------------------------
3.ナウラ・ゲッセマニ共同体の神秘家、
  ローズ・オブ・ホーリー・イノセンツに与えられた聖母のメッセージ
  − 2004年7月6日 聖マリア・ゴレッティの祝日 −
----------------------------------------------------------------
ローズ・オブ・ホーリー・イノセンツ:
 就寝のロザリオを祈り始める前に、私は一通の手紙をマリア様の御前に
置き、それを御心の奥深くに置いてくださるようにお願いをしました。

 ロザリオを祈り終わると、マリア様が「箱舟の聖母」の名において、私の
枕元にご出現なされました。マリア様は非常に美しく、大きな愛と暖かさ、
平和と希望を発しています。幼子イエズスの微笑は愛にあふれ、その小さき
聖心は喜びと興奮でいっぱいです。その上方には、白い鳩の形をした聖霊が
見えます。聖霊が舞い降りてきて、その手紙を拾い上げ、くちばしに手紙を
はさんで、マリア様が御手に持たれている箱舟の中に飛び込みました。聖霊
が箱舟から出てくると、小さな銀のロゼットを絡ませた手紙が見えます。
聖霊は、そのくちばしに手紙をはさみ、マリア様の汚れなき御心の中に消え
ていきました。聖霊が戻ると、くちばしに手紙はありませんが、翼の上に
木製の貴重品箱が見えます。箱の蓋には「アルファとオメガ」が刻まれてお
り、アルファとオメガの周りにはバラとユリが絡ませてあります。貴重品箱
の錠は箱舟の形をしており、その錠を開けた鍵は、小さき天使、聖アムール・
デイです。貴重品箱の前面には、ペトロ2世の教皇の紋章が刻まれているの
が見えます。別の面には城郭が、さらに別の面には聖シャーベルの御顔が、
そして第4の面には聖霊の羽が刻まれています。

 幼子イエズスは、御手にその貴重品箱を持っています。そして、聖アムー
ル・デイがその箱を開けると、「リトル・アブラハム」が新しい聖なる時代
に向けて忠実な選ばれし者を導いているのが見えます。「リトル・アブラハ
ム」はすでに外自然の状態にあります。彼らは光の道を歩いています。その
上には永遠なる御父の御姿が見えます。御父の永遠なる聖心が開かれ、そし
て、小さな金色の聖心が、永遠の幸福に向かう道を歩いている人々の上に
降り注ぎます。

 道沿いに光のドアが現れ、それらが次々に開き始めるのが見えます。これ
らのドアから多くの霊魂が出てきました。忠実な選ばれた者が、そのドアの
ところに行き、霊魂たちを抱きしめ、神の選ばれし預言者であるリトル・ア
ブラハムが導いている道に霊魂たちが戻るのを助けています。

 私はとりわけ、天使の翼の形をしたドアに向かって歩く霊魂を見ていまし
た。その霊魂は彼女の手を、一人の婦人の方に伸ばしています。しかし私は、
彼女が誰であるか知ることを許されませんでした。彼女は善良で親切な心の
持ち主であると感じました。その婦人はこの霊魂を抱擁し、そして彼女の
後ろには、多くの多くの霊魂がつき従っています。この霊魂がその婦人を導
き、手を「リトル・アブラハム」の心に置くのが見えます。「リトル・アブ
ラハム」はその婦人を祝福し、彼女は選ばれし者の中に席を占めました。

 マリア様は微笑みながら、その貴重品箱を閉じられました。私がその中を
見ることを許されたのは、これで全てでした。

 聖アムール・デイの箱の上にあるダイヤモンドの涙の滴から、私は傘が出
てくるのを見ました。その傘は透明で、その中心には聖シャーベルが見えま
す。聖シャーベルの周囲には、聖ヨゼフの学校、アクィナスの教育施設、リ
トル・ペブルが聖トマス・アクィナス、聖トマス・モア、聖トマス・ベケッ
トの指導の下に設立を望んでいるリーガル・エイド(Legal Aid)、クロス・
アンド・アーク・スティールワークス・コンストラクション(Cross and
Ark Steelworks Construction)、クロス・アンド・アーク・マンナ
(Cross and Ark Manna)や、聖シャーベル修道会のもとにある多くの部門
が見えます。

聖母:
 私の小さき「ローズ・オブ・ホーリー・イノセンツ」よ、一つとなった
私たちの聖心の愛をもって、あなたに挨拶します。私たちの神秘的聖心に
とって最も貴重なわが甘美なる子(名前は伏せられています)のために、愛
の言葉を持ってきました。私の小さき娘よ、知りなさい。あなたの喜びが
その心と魂からあふれていると私も感じていることを。わが愛する子らよ、
ギド神父とマリアが「グリコニュートリエント(Glyconutrients)」という
この製品を見つけたのは偶然ではありません。これは彼らのフィアットの
果実、および神の完全なる御旨に従うために捧げた犠牲の果実として、正し
い時に彼らの道に置かれたものなのです。

 私の甘美な娘よ、あなたの心の中に置かれた全てのことは真実です。これ
は、一つとなった私たちの聖心において最も貴重である子らに対する天から
の贈り物なのです。わが子よ、知りなさい。あなたは胆嚢の手術をする必要
はありません。わが子よ、あなたはこれを飲むことで、すでに癒しの恵みを
感じています。そして、あなたは、この贈り物の証をする多くの人の一人と
なることでしょう。わが子よ、知りなさい。あなたは依然苦しみを感じてい
ますが、それは身体的な苦しみではなく、私たちの神秘的聖心を慰めるため
に与えられた苦しみなのです。

 わが甘美なる娘よ、知りなさい。あなたはある会社を設立するために、私
の祝福を得ています。そして、あなたの心におかれたその名前は、天の御父
によりそこに置かれたのです。この会社は、聖シャーベル修道会の傘下に属
するものとなり、多くの実を結ぶでしょう。

 わが子よ、あなたの受けた霊感はすべて私の御心から来ていることを知り
なさい。けれど、いつも慎重と注意をもって進みなさい。私の御心が開かれ、
あなたが行うことのすべてによって改心がなされるでしょう。私の甘美な娘
よ、知りなさい。あなたが記すように霊感を受けた婦人は開かれた心で応え
るということも。この霊魂により、多くの者が私の「リトル・アブラハム」
のミッションに従うようになり、また、この婦人は、その足跡に従う霊魂の
ために多くのドアを開けるでしょう。

 あなたを愛しています、私の甘美なる子よ。三位一体の神から来る特別の
祝福をもって、あなたを祝福します。私の「三位一体の神の小さき騎士
(Little Knight of the Triune God)、わが甘美なる子ら、ギド神父と
マリアにも、この祝福を与えます。父と子と聖霊との御名によって。
アーメン。父と子と聖霊との御名によって。アーメン。

 私の小さな「ローズ・オブ・ホーリー・イノセンツ」、あなたを祝福し、
その小さき心に接吻します。私の御心の愛する浄配にも、この祝福を与えま
す。父と子と聖霊との御名によって。アーメン。

ローズ・オブ・ホーリー・イノセンツ:
 マリア様がお戻りになられる前に、ギド神父様とマリアの心に接吻してく
ださるよう、私はマリア様にお願いしました。私に与えてくれた彼らの贈り
物のために。



----------------------------------------------------------------
4.反キリスト、ロード・マイトレイヤについての警告
----------------------------------------------------------------
マリア様からの警告 1995年12月31日 No.220

 甘美なる子供たちよ、クリスマスに聖なる代理者がミサを立てることがで
きなかったのには理由があります。敵は聖なる代理者を引きずり落とし、聖
にして母なる教会から取り除いて、反キリストとその預言者が教会と世界と
を支配しようと試みたのです。このことを私は何年にもわたり話してきまし
た。しかし、多くの者は、すべての人々に平和、と叫ぶ世界ではこのような
ことが起きることはありえないと信じ、私の言葉を脇へ置いてきました。

 子供たちよ、私と神である私の息子が何年にもわたって与えてきた多くの
メッセージについて、その中で啓示されたことについて、今、よく考えなさ
い。黙示録の最後の日々に生きていることを忘れてはなりません。命と啓示
の書に書かれているすべてのことは文字通り成就するのですよ。

 甘美なる子供たちよ、今宵、私が話す言葉を恐れてはなりません。甘美な
る子供たちよ、1996年の意味を知らなければなりません。「6」という
数字の形についてよく考えなさい。そうすれば1996年が「獣」の年とな
ることが理解できるでしょう。

 反キリストは今や、世界で教会内で強く働いています。甘美なる子供たち
よ、反キリストは、自分の預言者である反教皇とともにキリストの代理者を
取り除くでしょう。キリストの代理者は殺されはしませんが、まもなく取り
去られ、全世界に、様々なミッションに従う全世界の人々にショックを与え
るでしょう。目前に繰り広げられている、そして速やかに繰り広げられるで
あろう多くの神秘について、過去数日、数ヵ月にわたり、リトル・ロックに
多くを示してきました。

 甘美なる子供たちよ、まもなく、聖にして母なる教会に大動乱、大惨事が
生じるでしょう。深く堅固な信仰を実践する必要があることを私は話してき
ました。甘美なる子供たちよ、あなたたちの信仰は試みられるのです。教会
は分裂し、滅んだように見えるでしょう! 神である私の息子は教会の聖櫃
から取り除かれるでしょう。甘美なる子供たちよ、私の言葉をよく理解しな
さい。しかし、勇気を出しなさい。神は御自分のものをお見捨てになること
はないのですから。

 まもなく、歴史に名を残す反教皇が代理者として着座するでしょう。ヨハ
ネ・パウロ2世は重い病のため、もはや教会を統治できないと教会が主張す
るからです。以前に私が話したことをよく考えなさい。試練は厳しいでしょ
う。司教は司教に、枢機卿は枢機卿に、司祭は司祭に対立します。教会は
大混乱に陥り、このため、永遠の御父からの罰として世界は苦しむでしょう。
天から与えられた多くのメッセージを信じなかったからです。



----------------------------------------------------------------
5.お知らせ
----------------------------------------------------------------
◆ 私たちはリトル・ペブルさんの本、「THE LITTLE PEBBLE - THE LAST
 POPE」日本語版について、2001年11月17日に翻訳と出版の権利を
 リトル・ペブルさんからいただきました。しかし、この重要な本を世に送
 り出すための出版費用が私たちには全くありません。そこで、皆さまに
 お願いです。どうか皆さまのご寄付によって、このマリア様のお仕事を
 支えていただけないでしょうか。利益の10%はリトル・ペブルさんに
 もどり、彼のミッションを支えます。ご寄付は、「「最後の教皇」出版の
 ための寄付」と明記して、現金書留か郵便振替にて下記までお願いします。

  〒540−0004
  大阪市中央区玉造1−4−14
  箱舟の聖母社
  郵便振替 00840−3−132438

◆ ジャン・マリー助祭は、10月28日に、オーストラリア・ナウラで
 司祭に叙階されます。洗礼を希望する方は申し出てください。ローマ・カ
 トリック使徒教会の昔からの教えを全て固く信じ、現代主義の異端を決し
 て受け入れないこと。他の宗教の教えをことごとく捨て去ること。この
 固い決心があるなら、準備が不十分でも洗礼を授けます。

◆時期は未定ですが、名古屋近辺において2つの講演会が予定されていま
す。一つはリトル・ペブルさんの講演会「時の終りと新しい黄金時代」(The
End of Time and the New Golden Age)です。もう一つは聖シャー
ベル修道会の2人のシスターであり幻視者でもある、マザー・シャーリーと
シスター・ルースによる講演会で、その場でご出現があり、天のメッセージ
を伝えるそうです。どちらもオープンで、誰でも参加できる集会にしたいと
考えています。皆さんのご協力をお願いいたします。ボランティアスタッフ
が必要です。

◆「天からのメッセージ」に版権はありません。天はできるだけ多くの人々
がメッセージを読むことをお望みです。どうぞ友人知人に「天からのメッ
セージ」を伝えて下さい。コピーして配布して下さい。

◆ 編集室では、メッセージの翻訳ボランティアを募集しています。できる
なら、カトリック信者で専門用語に強い方を希望しています。

◆ 皆様からのご質問、ご感想をお待ちしております。関連情報をお持ちで
したらお寄せ下さい。
 
◆ 次回「箱舟の聖母」は10月24日頃、発行を予定しています。


----------------------------------------------------------------
6.編集後記
----------------------------------------------------------------
 とうとう、この日を迎えることができました。日本に正式に聖シャーベル
修道会の共同体が出来ました。神に感謝です。(Kolbe-Marie記)



----------------------------------------------------------------
編集・発行:聖シャーベル修道会
スタッフ :Deacon Jean-Marie of the Risen Son of God(復活された
      神の子のジャン・マリー助祭)  Kolbe-Marie
----------------------------------------------------------------
お申込み、ご質問、ご感想は下記までお願いします。

  〒540−0004
   大阪市中央区玉造1−4−14
   聖シャーベル修道会

  E-mail : charbeljapan@nifty.ne.jp

 お申し込みはEメール版は3千円、郵送版は一万円を目安に、一年分のご
寄付をお願いします(商契約ではありません)。こうするのは、読者の皆さ
んにも「受けるだけの人」のままでいるのではなく、自発的な献金と、友人
知人にコピーをわたす伝道を通して「よろこんで与える人」となり、神様の
祝福をもっと得ていただきたいからです。「よろこんで与える者を神は愛さ
れる」、これが私たちの宣教事業の基本理念です。
----------------------------------------------------------------
%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%1%%

(C)日本における「聖シャーベル修道会の共同体」
      設立の促進と援助のための事務所
 http://homepage1.nifty.com/charbeljapan/index.htm
    E-mail : charbeljapan@nifty.ne.jp

%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%7%%




[HOME] [戻る]