「箱舟の聖母」バックナンバー
2004年10月10号No.224

 マリア様を喜ばせましょう。マリア様はあなたの小さな奉仕にも大きな恵みで報いて下さいます。あなたが愛する人の救いのために「箱舟の聖母」を役立ててください。「箱舟の聖母」は宣教誌です。購読しコピーし身近な人にわたすなら、あとはマリア様ご自身が働いて下さいます。そしてあなたの購読料はマリア様の事業を支えます。あなたのマリア様に対する奉仕を神様は永遠に忘れません。

 お申し込みはEメール版は3千円、郵送版は一万円を目安に一年分のご寄付をお願いします(商契約ではありません)。こうするのは、読者の皆さんにも「受けるだけの人」のままでいるのではなく、自発的な献金と、友人知人にコピーをわたす伝道を通して「よろこんで与える人」となり、神様の祝福をもっと得ていただきたいからです。「よろこんで与える者を神は愛される」、これが私たちの宣教事業の基本理念です。

◆マテオによる聖福音10章27節
「私がやみの中で言うことを、あなたたちは明るみで言え。耳をあてて聞くことを、屋根の上から知らせよ」

◆マテオによる聖福音10章42節
「この小さい者の一人に、弟子として冷や水の一杯でも与える人があったなら、まことに私は言う。その人は報いを失わぬ」


ご注意
■ お申し込みは下記住所宛にEメール版は3千円、郵送版は一万円を目安に一年分のご寄付をお願いします(商行為でも契約でもありません)。  〒540−0004 大阪市中央区玉造1−4−14 箱舟の聖母社
■ トラブルを避けるために、必ずご本人様でお申し込み下さい。いかなる理由でも、ご送金後の返金はできません。お申し込みから登録まで2週間程度かかりますので、あしからずご了承下さい。
■ 本誌読者=「聖シャーベル修道会会員」ではありません。どのような立場の方でも歓迎いたします。
■ これを用いてマリア様の事業を攻撃する人には送付を打ち切ります。また災害・戦争など、やむを得ない事情の際も送付いたしませんが、ご了承ください。


%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%1%%

        「 箱 舟 の 聖 母 」

       2004年10月10日号 No.224

   毎週1回発行:Eメール版 年間3,000円(ご寄付)
          郵送版  年間10,000円(ご寄付)
  http://homepage1.nifty.com/charbeljapan/index.htm
      E-mail : charbeljapan@nifty.ne.jp
       ( 等幅フォントでご覧下さい!)
%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%0%%
----------------------------------------------------------------
    箱舟の聖母、
       我らが御母聖マリア、
         キリスト信者の扶(たす)け
----------------------------------------------------------------
 マリア様を喜ばせましょう。マリア様はあなたの小さな奉仕にも大きな恵
みで報いて下さいます。あなたが愛する人の救いのために「箱舟の聖母」を
役立ててください。「箱舟の聖母」は宣教誌です。購読しコピーし身近な人
にわたすなら、あとはマリア様ご自身が働いて下さいます。そしてあなたの
ご寄付はマリア様の事業を支えます。あなたのマリア様に対する奉仕を神様
は永遠に忘れません。
----------------------------------------------------------------

◆今週号の目次

 1.153本の聖ヨゼフの百合
 2.リトル・ペブルに与えられたメッセージ
 3.反キリスト、ロード・マイトレイヤについての警告
 4.お知らせ
 5.編集後記



----------------------------------------------------------------
1. 153本の聖ヨゼフの百合
----------------------------------------------------------------
【 第84章 】

 「内的生活」は大切です。その大切さを分かってもらわなければなりませ
んね。聖ヨゼフは「内的生活」の最高の模範です。つまり、原罪をもって
生まれた人の中で、聖ヨゼフは最も深い、最も活発な「内的生活」を送った
方で、彼に並ぶ人は誰もいないのです。それと同時に聖ヨゼフほど外見にそ
の偉大な成聖があらわれることのない、外見と本当の姿とに大きなギャップ
がある人もいないと言えるでしょう。

 皆さんは聖人伝を読んだことがないか、あってもわずかでしょうから、日
本的な例を用いますが、山伏や雲水のような人間離れした厳しい修行をする
人の姿が、聖徳のイメージとして、キリスト教世界においても持たれている
のです。それが人間共通の感じ方なのでしょうね。しかし、最も偉大な聖人
の聖ヨゼフの生活は、厳しい修行の全くない生活でした。貧しいどこにでも
いる大工さんで、父親で、村の誰とも変わらない生活でしたし、変わっては
いけなかったのです。イエズスとマリア様の奥義をだれも、悪魔さえも気づ
かぬように神がおぼしめしたからです。従って聖ヨゼフの、神様とすべての
天使たちをこの世で誰よりも喜ばせたところとは、聖ヨゼフの「内的生活」
なのです。人には何ら価値あるものと気づかれないところなのです。

 マリア様のこのミッションでは、現代主義の教会から無視され、投げ捨て
られた伝統の復興がゆだねられているため、断食とか、信心業とか、信心の
ための祈りや、準秘蹟についてメッセージで語られることが確かに多いです。
それで日本人の間では、カトリックの伝統がないので読み違え、取り違え、
マリア様のお望みが外的な償いの修行的な業にあるという共通の理解ができ
てしまっています。これは間違いですよ。私たちは日本人として、伝統的カ
トリック国の国民が持っているセンスがないので、言葉に注目すると、必ず
取り違えますが、模範とお姿に目を注げば、間違いに気づくこともできる
はずです。神様とマリア様のお望みは、私たちが聖ヨゼフとマリア様とイエ
ズスの「内的生活」を30年の聖家族のご生活から学び、まね、自分のもの
とすることが第一です。マリア様のミッションに参加している日本人には、
強迫観念みたいなものができてしまっていて、厳しい修行に類することを
自分にも、仲間にも強いることをしています。厳しくすればするほど神様は
喜んでくださるのだから、もっと厳しくしなければ、限界まで厳しくしなけ
ればという強迫観念です。それはそうしない仲間へのファリサイ人的な裁き
の行動となって、罪のない人を裁きに裁くという結果を生んでいます。いっ
たいマリア様は、「裁くな!」と教えてくださったイエズスに反して、「裁
け!」とメッセージでおっしゃったのでしょうか? もしも私たちの間に
聖ヨゼフが私たちのような姿をとってまぎれ込むなら、マリア様のメッセー
ジを盾に聖ヨゼフを裁く人がたくさん出るに違いありません。今の状態では
必ずそうなります。

 皆さんの固定観念はカトリックのものではありません。例えばアシジの聖
フランシスコが教皇様に最初に認可していただいた会則に従って生きている
フランシスコ会の派があります。アシジの聖フランシスコ当時の大修道院制
で、当時の生活で生きています。10時と3時ごろにおやつがあり、必要
ならシエスタ(昼寝)をします。生活の穏やかさにつまずきを感じますか?
つまずきを感じることは、すでに彼らを裁いているのですよ。それでお願い
します。固定観念を捨ててください。メッセージにこう書いてあるじゃない
かと言うのもやめてください。あなたは「『内的生活』の大切さは言うまで
もなく」という、メッセージの文章になっていない大前提を知らないのです
から。

 それでは「内的生活」の大切さを一言でいましょう。それは「神との一致」
をもたらすものです。神に何かをささげるのではなく、「神との一致」が起
こるのです。あなたに「神との一致」が大切であることが分かれば、「内的
生活」が大切であることがわかります。とても単純なことでしたね。



----------------------------------------------------------------
2.リトル・ペブルに与えられたメッセージ
  − No.166、No.167 −
----------------------------------------------------------------
--------------------------------
No.166 1986年5月12日
ポルトガルのファチマでリトル・ペブルに与えられたメッセージ
--------------------------------
聖母:
 我が愛のリトル・ペブルと、かわいい子供たちよ、そして最愛の息子ブラ
ザー・ジョゼフ・フランシスよ、あなた達を我が汚れなき御心より祝福しま
す。父と子と聖霊との御名によりて。アーメン。

 私に敬意を表するために来てくれたかわいい子供たちよ、感謝します。あ
なた達をとても愛している我が汚れなき御心をご覧なさい。子供たちよ、私
は我が汚れなき御心を差し出しています。なぜなら私は愛と憐れみの母だか
らです。私は、人類のための愛と憐れみの我がメッセージの証を与えるため
に、あなた達をファチマに呼びました。愛しい子供たちよ、我が汚れなき
御心をどうか愛して下さい。なぜなら、人類の愛をこの御心は求めてやまな
いからです。あなた達の母の汚れなき御心を守るための力と勇気を与えるた
めに、あなた達を祝福しましよう。父と子と聖霊との御名によりて。
アーメン。

 かわいい子供たちよ、あなた達が自分の国へ帰った時、汚れなきマリア、
ファチマの聖母である私がこの世界に平和のため、つまり人類に平和をもた
らすために来ていることを世の子供たちに告げなさい。なぜなら神なる御父
と御子と聖霊は人類を愛しており、それゆえ三位一体の神は神の聖なる母を、
人類を救うためにお遣わしになったからです。世界中に、聖マリアの汚れな
き御心が世界中の子供たちを愛しており、祈りを乞い願っていることを告げ
なさい。私は地上の全ての子供たちに、我がマントを広げています。いらっ
しゃい、かわいい子供たちよ。あなた達を愛している母のところにいらっ
しゃい。ここに居る我が愛する子供たちよ、私はあなた達を祝福します。
行って、世界中に我が愛のメッセージを伝え、広めなさい。私はあなた達皆
を祝福します。父と子と聖霊との御名によりて。アーメン。

 愛する息子、愛のリトル・ペブルよ、我が愛の息子、プラザー・ジョゼフ・
フランシスよ、あなた達は人類の救いのための我が汚れなき御心の錨です。
あなた達の心は互いに一致しています。なぜなら、あなた達は我が汚れなき
御心の愛を持っているからです。我が御心を愛してくれる故に、私はあなた
達に感謝し、あなた達を愛しております。我が聖なる御子、イエズスの愛の
中に行きなさい。そして、誤っている子供たちを救うために、世界中にこの
愛を伝えなさい。あなた達の使命は、聖にして母なる公教会の救いのために
日毎に増して行くでしょう。私はあなた達二人を祝福します。父と子と聖霊
との御名によりて。アーメン。

 ありがとう、かわいい子供たちよ。私は明日、永遠の御父と御子と聖霊か
らの偉大な愛の恩寵をもたらすために再び参りましょう。では、どうか愛の
ロザリオで、私を慰めて下さい。


--------------------------------
No.167 1986年5月13日
ポルトガルのファチマで夜に与えられたメッセージ
--------------------------------
リトル・ペブル:
 空中約10フィート(約3m)の所に三位一体の神がおられます。祝福さ
れた御母が、三位一体の真ん中に立っておられます。聖三位一体は、祝福さ
れた御母の頭上でいとも栄誉ある王冠を持っておられます。聖母はファチマ
の聖母のお姿で、御胸には非常に美しい御心があります。聖母は微笑んでお
られ、うれしそうにあたりを見回しておられます。

聖母:
 我が子、我が愛のリトル・ペブルよ、そしてかわいい子らよ、あなた達を
祝福します。父と子と聖霊との御名によりて。アーメン。

 愛する子よ、そしてかわいい子らよ、私がきょう我が汚れなき御心の大祝
日に来たのは、人類に対する御子イエズスの聖心の愛をこの世に公言するた
めです。ああ、かわいい子らよ、御子はどれほどあなた達を愛しておられる
ことでしょう。御子は誰一人として滅びたり、失われたりしないようにと望
んでおられます。御子は全ての子らの救霊を望んでおられるのです。けれど
も、どれぐらいの子らが御子の愛と慈しみの御言葉を聞いているでしょうか。
来なさい、かわいい子らよ、いかなる理解力にもまさって人類を愛している
聖心に。我が汚れなき御心は、今夜喜びにみちあふれています。何故なら愛
の子らに取り囲まれているからです。全ての子らを集めて、愛の御父の許へ
導くために私はマントを広げています。しばしばあなた達の愛と慈しみの
祈りをもって御聖体のうちにおられる御子イエズスの許へ立ち返りなさい。
かわいい子らよ、ここにいるあなた達と世界中いたる所にいる全ての子らへ
愛の光を与えている我が汚れなき御心より、あなた達皆を祝福します。父と
子と聖霊との御名によりて。アーメン。

 地上の愛する子らよ、世界中の私達の代弁者達の言葉に耳を傾けるよう
嘆願している母の言葉に耳を傾けなさい。それは私が何年も前にここファチ
マで与えた同じメッセージ、つまり人類への愛と慈しみのメッセージを彼ら
が伝えているからです。ですが、多くの子らはそれらを脇へ捨てています。
愛する子らよ、私は、手遅れになる前に祈り、悔い改め、犠牲を捧げるよう
あなた方に請い求めるため、人類の最後の時にこの世に来ているのです。今
この時は、ここにあなた方といるので、私は大きな喜びを抱いています。け
れどもたいていは大きな悲しみの中に来ています。何故なら、子らは私の言
うことに耳を傾けようとしないからです。もう何度も代弁者達を通して人類
に同じ言葉を操り返してきましたが、あなた達は聞こうとはしませんでした。
私は御子の腕を支えることが出来ないので、その腕は今まさに罰を与えるた
め、人類の上に降り下ろされようとしています。何故なら、あなた達が私の
言葉を聴くのを拒んでいるからです。ああ、かわいい子らよ、私は、もう
一度ここファチマで私の言葉に耳を傾けるよう懇願します。私はあなた達を
愛しているのですから。私の腕は、全ての子らのために大きく広げられてい
ます。どうか私の言葉に耳を傾けてください。

リトル・ペブル:
 汚れなき御心が見えます。御心から血が滴り落ちています。

聖母:
 かわいい子らよ、もう何度も子らのために私は悲しんでいます。ですから、
あなた達の祈りと犠牲を捧げることで世界中の兄弟姉妹達を助けてくれるよ
う懇願するために、私は再び来ました。聖なるロザリオを唱えなさい。それ
は私がもう何年もの間頼んできた祈りです。子らよ、この祈りは三位一体の
神の御前にとても力があります。私はあなた達をとても愛しています。そし
て今、あなた達を汚れなき御心から祝福します。父と子と聖霊との御名によ
りて。アーメン。

 最愛の息子、ブラザー・ジョゼフ・フランシスよ、あなたを祝福します。
あなたの心は私の御心をとても慰めてくれるからです。またあなたと似た心
を持つあなたの兄弟、愛のリトル・ペブルと一致しているからです。それゆ
え、あなたは私の御心の内にあり、私の御心は慰められるのです。愛の子ら
よ、もっと度々来なさい。そして御子イエズスを慰めてください。私の子、
愛のリトル・ペブルよ、そして私の愛する息子、ブラザー・ジョゼフ・フラ
ンシスよ、あなた達を祝福します。あなた達は、まことに永遠の御父が私に
くださった王冠にはめ込まれた2つの宝石なのですから。あなた方二人を
祝福し、私の御心を与えます。父と子と聖霊との御名によりて。アーメン。

リトル・ペブル:
 永遠の御父と御子と聖霊が、今まさに皆さんを祝福しようとしておられま
す。私は聖霊を見ることが出来ます。永遠の御父とイエズス様が、皆さんを
祝福するために手をあげられます。父と子と聖霊との御名によりて。アーメ
ン。

 特別な素晴らしい光が三位一体の神から来て、その光は、皆さんを祝福す
る時に汚れなき御心を突き通しました。この祝福は、これからの数日間のた
めです。何故なら聖母は全ての人のために、とても特別な恩寵を持っておら
れるからです。

聖母:
 かわいい子よ、ファチマに来てくれたことに、そして私の嘆願を聴いてく
れたことに感謝します。愛する子よ、あなたのミッションは日ごとに増えて
いくでしょう。何故なら息子よ、あなたを通じて聖なる公教会は救われる
からです。それは、あなたの進む道を助けてくれる最愛の息子、ブラザー・
ジョセフ・フランシスがあなたのそばにいるからです。では、愛する子らよ、
あなた達に愛と力を与えるため、そしてここに来てくれたことに感謝して、
あなた達を祝福します。父と子と聖霊との御名によりて。アーメン。

 さあ、かわいい子らよ、祈りを続けてください。今夜、多くの霊魂を救い、
三位一体の神の玉座に連れて行きたいと願っているからです。

  …… ロザリオが唱えられる。 ……

リトル・ペブル:
 聖母は、私達を愛しており、きょうの私達の祈りによって1000もの
霊魂が破滅から救われたことを皆さんに伝えるようにとおっしゃいました。
それらの霊魂は地獄行きの筈でした。聖母は、私にファチマの言葉について、
皆さんに告げるようおっしゃいました。聖母は、世の人々が地獄に堕ちるの
は、誰も彼らのために祈らないからだとおっしゃいます。地獄に堕ちようと
していた1000もの霊魂が救われたのです。皆さんの祈りによって、今ま
さに救われたのです。



----------------------------------------------------------------
3.反キリスト、ロード・マイトレイヤについての警告
----------------------------------------------------------------
マリア様からの警告 1995年12月28日 No.219

 教皇の病は悪化し、枢機卿たちはペトロの座を退位させようとするでしょ
う。教皇は強い鎮静剤を打たれ、厳しい監視の下で病院に拘束されます。
反キリストのメディアは、病院で苦しんでいる教皇の映像を多く流すでしょ
う。しかし、反教皇がペトロの座に座る前に、ヨハネ・パウロ2世は多くの
重要な出来事と宣言を発します。ヨハネ・パウロ2世がペトロの座から追わ
れると、教皇のいない「ペトロなき」期間がしばらくあり、その後、偽りの
教皇が就任します。

 反教皇がしばらく支配した後、ヨハネ・パウロ2世は力を取り戻し、ロー
マに帰ってきます。すべての誤ったことは正され、反教皇は退位させられる
でしょう。反教皇の短い在位の間に最大の変化が教会にもたらされます。
ミサと典礼は変えられます。すべての祭日と聖なる儀式も変えられます。



----------------------------------------------------------------
4.お知らせ
----------------------------------------------------------------
◆ ジャン・マリー助祭は、10月28日に、オーストラリア・ナウラで
 司祭に叙階されます。 

◆時期は未定ですが、名古屋近辺において2つの講演会が予定されていま
す。一つはリトル・ペブルさんの講演会「時の終りと新しい黄金時代」(The
End of Time and the New Golden Age)です。もう一つは聖シャー
ベル修道会の2人のシスターであり幻視者でもある、マザー・シャーリーと
シスター・ルースによる講演会で、その場でご出現があり、天のメッセージ
を伝えるそうです。どちらもオープンで、誰でも参加できる集会にしたいと
考えています。皆さんのご協力をお願いいたします。ボランティアスタッフ
が必要です。

◆「天からのメッセージ」に版権はありません。天はできるだけ多くの人々
がメッセージを読むことをお望みです。どうぞ友人知人に「天からのメッ
セージ」を伝えて下さい。コピーして配布して下さい。

◆ 編集室では、メッセージの翻訳ボランティアを募集しています。できる
なら、カトリック信者で専門用語に強い方を希望しています。

◆ 皆様からのご質問、ご感想をお待ちしております。関連情報をお持ちで
したらお寄せ下さい。
 
◆ 次回「箱舟の聖母」は10月17日頃、発行を予定しています。


----------------------------------------------------------------
5.編集後記
----------------------------------------------------------------
 先日、名古屋の共同体の創立メンバーは、「誓約書」「遺言書」などの
法的拘束力のある書類を送りました。ナウラのリトル・ペブルさんから、
10月5日に「書類、受け取りました。素晴らしいです」との返事をいた
だきました。

 さて、修道者は誰からも強制されることなく、自分の自由意志で奉献生活
に入ることを望まなくてはなりません。そして、「私はこれこれ、こういう
理由で修道会に入ることを熱望します」と、自分の意志表明をしなければな
りません。そして修道会は、その人の意志と意向の純粋さを吟味し、その人
が本当に神様から召し出されているのか、その人自身が本当に望んでいるの
かを確かめ、修練に入るかどうか決めます。つまり、修道会に入りたいのな
ら、待っていてはダメなのです。熱望し、ドアをどんどんたたいて、探し求
める、積極的な姿勢が必要なのです。

 聖シャーベル修道会からは、歴史上かつてなかったほどの大聖人が生まれ
ると天はおっしゃっています。と同時に、全てのキリスト信者がこの新しい
奉献生活に招かれているのも真実です。ゴールは完徳の最高峰ですが、入り
口は誰にでも開かれているのです。要は本人の意志の問題です。私たちは
「修道者」というと、すぐ独身の司祭・ブラザー・シスターのことを考え
がちですが、聖シャーベル修道会は、特に平信徒の聖化のために、天が与え
てくださった修道会であると言えます。 (Kolbe-Marie記)



----------------------------------------------------------------
編集・発行:聖シャーベル修道会
スタッフ :Deacon Jean-Marie of the Risen Son of God(復活された
      神の子のジャン・マリー助祭)  Kolbe-Marie
----------------------------------------------------------------
お申込み、ご質問、ご感想は下記までお願いします。

  〒540−0004
   大阪市中央区玉造1−4−14
   聖シャーベル修道会

  E-mail : charbeljapan@nifty.ne.jp

 お申し込みはEメール版は3千円、郵送版は一万円を目安に、一年分のご
寄付をお願いします(商契約ではありません)。こうするのは、読者の皆さ
んにも「受けるだけの人」のままでいるのではなく、自発的な献金と、友人
知人にコピーをわたす伝道を通して「よろこんで与える人」となり、神様の
祝福をもっと得ていただきたいからです。「よろこんで与える者を神は愛さ
れる」、これが私たちの宣教事業の基本理念です。
----------------------------------------------------------------
%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%1%%

(C)日本における「聖シャーベル修道会の共同体」
      設立の促進と援助のための事務所
 http://homepage1.nifty.com/charbeljapan/index.htm
    E-mail : charbeljapan@nifty.ne.jp

%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%0%%




[HOME] [戻る]