「箱舟の聖母」バックナンバー
2004年10月3号No.223

 マリア様を喜ばせましょう。マリア様はあなたの小さな奉仕にも大きな恵みで報いて下さいます。あなたが愛する人の救いのために「箱舟の聖母」を役立ててください。「箱舟の聖母」は宣教誌です。購読しコピーし身近な人にわたすなら、あとはマリア様ご自身が働いて下さいます。そしてあなたの購読料はマリア様の事業を支えます。あなたのマリア様に対する奉仕を神様は永遠に忘れません。

 お申し込みはEメール版は3千円、郵送版は一万円を目安に一年分のご寄付をお願いします(商契約ではありません)。こうするのは、読者の皆さんにも「受けるだけの人」のままでいるのではなく、自発的な献金と、友人知人にコピーをわたす伝道を通して「よろこんで与える人」となり、神様の祝福をもっと得ていただきたいからです。「よろこんで与える者を神は愛される」、これが私たちの宣教事業の基本理念です。

◆マテオによる聖福音10章27節
「私がやみの中で言うことを、あなたたちは明るみで言え。耳をあてて聞くことを、屋根の上から知らせよ」

◆マテオによる聖福音10章42節
「この小さい者の一人に、弟子として冷や水の一杯でも与える人があったなら、まことに私は言う。その人は報いを失わぬ」


ご注意
■ お申し込みは下記住所宛にEメール版は3千円、郵送版は一万円を目安に一年分のご寄付をお願いします(商行為でも契約でもありません)。  〒540−0004 大阪市中央区玉造1−4−14 箱舟の聖母社
■ トラブルを避けるために、必ずご本人様でお申し込み下さい。いかなる理由でも、ご送金後の返金はできません。お申し込みから登録まで2週間程度かかりますので、あしからずご了承下さい。
■ 本誌読者=「聖シャーベル修道会会員」ではありません。どのような立場の方でも歓迎いたします。
■ これを用いてマリア様の事業を攻撃する人には送付を打ち切ります。また災害・戦争など、やむを得ない事情の際も送付いたしませんが、ご了承ください。


%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%1%%

        「 箱 舟 の 聖 母 」

       2004年10月3日号 No.223

   毎週1回発行:Eメール版 年間3,000円(ご寄付)
          郵送版  年間10,000円(ご寄付)
  http://homepage1.nifty.com/charbeljapan/index.htm
      E-mail : charbeljapan@nifty.ne.jp
       ( 等幅フォントでご覧下さい!)
%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%0%%
----------------------------------------------------------------
    箱舟の聖母、
       我らが御母聖マリア、
         キリスト信者の扶(たす)け
----------------------------------------------------------------
 マリア様を喜ばせましょう。マリア様はあなたの小さな奉仕にも大きな恵
みで報いて下さいます。あなたが愛する人の救いのために「箱舟の聖母」を
役立ててください。「箱舟の聖母」は宣教誌です。購読しコピーし身近な人
にわたすなら、あとはマリア様ご自身が働いて下さいます。そしてあなたの
ご寄付はマリア様の事業を支えます。あなたのマリア様に対する奉仕を神様
は永遠に忘れません。
----------------------------------------------------------------

◆今週号の目次

 1.153本の聖ヨゼフの百合
 2.リトル・ペブルに与えられたメッセージ
 3.反キリスト、ロード・マイトレイヤについての警告
 4.お知らせ
 5.編集後記



----------------------------------------------------------------
1. 153本の聖ヨゼフの百合
----------------------------------------------------------------
【 第83章 】

 「内的生活」が外的活動と同時進行だということに皆さんの疑問は集中す
るはずです。でも皆さんは毎日少なくとも一連はロザリオを唱えるでしょう?
ロザリオを毎日唱えるようになってどのくらいになりますか? まだ始めた
ばかりなら、唱えている言葉の意味を注意深く追っているでしょうが、もう
随分と長く続けている人は、ロザリオを唱えながら、もっと多くのことを
心の中でしているのではありませんか? マリア様のメッセージのお言葉を
思い出しているとか、ご出現の描写の通りに頭の中にイメージを浮かべてい
るとか。そうでしょう? この心の動きは時がたつにつれ、もっともっと
多くなりますよ。確かに指はロザリオの珠を繰り、唇を動かし、声を出して
いるのに、完全に自由な黙想に入いっているという段階に、時とともに近づ
いていくでしょう。「祈りを唱えながら黙想するなんてできない。一体どう
やればいいのですか」とみなさんは質問しますが、どうやるもこうやるも、
とにかく皆さんが続けていくしかないのです。「内的生活」が外的活動と
同時進行になり、しかも時と共に深く活発になるのは、ちょうどロザリオの
祈りの指と口の動きと、黙想が同時進行するようになり、黙想が時と共に
深く活発になって行くのと同じなのですよ。

 高いところから墜落して、死ぬはずだったのが奇跡的に死ななかったケー
スでは、落ちてゆく間のわずか数秒間に、一生の間の多くのいろいろな場面
を見た人が多いです。自分で見ようとして見たのではなく、明らかに見せら
れたのであり、見るだけでなく鮮明にその意味合いを認識し、後悔あるいは
感謝の念をそれとともに起こしています。人は皆、絶えず霊魂の働きかけを
受けていて、「良心」としてはっきりと認識してもいます。霊魂の能力は
最初から完成されていて、胎児からぼけてしまったお年寄りまで差はありま
せん。霊魂はまた、すべてを何一つ漏らさず記憶していて、特に死の時には、
がぜん活動をはじめます。それですべての人は死の時、自分の霊魂を見知り、
その声を聞くのです。大罪によって多くの人は自分の霊魂をあたかも絞め殺
された状態にして、良心の声さえあげられなくしていますが、そんな人たち
も、その時目覚める霊魂の働きで、自分の犯したすべての罪を認識させられ
ます。逆に自分の霊魂の働きかけに常に従い、協力する人にとっては、霊魂
の働きは一生涯の友のようなものです。そういう人には良心の声、インスピ
レーションによる示しも非常に強く心に響きます。また、寝ている間でさえ、
起きているときと同様に愛し続ける霊魂を意識しています。「私は眠ります
が、私の霊魂はその間も、主よ、あなたを愛し続けます」と。

 「内的生活」は異常なことでも心理学の領域でもなく、神の恩寵と、霊魂
の働き、そしてそれらに協力することでつくられていくものなのです。神を
信じ、霊魂の存在を信じるなら、当然あり得ることと受け入れられるはずの
ものですよ。



----------------------------------------------------------------
2.リトル・ペブルに与えられたメッセージ
  − No.165 1987年10月1日 −
----------------------------------------------------------------
--------------------------------
私の愛するポーランドの友達へ
--------------------------------
 滞在中、私と私の同伴の友達に下さいましたご親切への感謝を込めて、ま
た何とかしようと努力したのですが、皆さんと話し会えなかった説明をする
ためにこの短い手紙を書いています。

 あなた方の愛するポーランドヘの私の旅は大きな喜びであり、すばらしい
成果がありました。あなた方の愛は素晴らしいものでした。心から感謝いた
します。聖母は私に、「あなたはいつか、そう遠からずにポーランドに再び
帰るでしょう。その時あなたは皆と会って話す事が出来ます。」と言われま
した。

 今回皆さんと会うことが出来なかった理由は、第一に私の身の安全のため
の問題でした。私の回りでたくさんの安全に関する問題を引き起こそうと、
悪魔の働きが非常に強かったのです。私をお許し下さいと、私に会いたかっ
たたくさんの人々に伝えてください。会うことはとても難しかったのです。

 ポーランドでの二日半の間、オラワのドマンスキーと会え、ビエルナッキー
とも会うことが出来ました。ポーランドの幻視者たちは私と一致しました。
その中にはスペックやシチェチンの幻視者や、個人的な幻視者もいます。
以下はポーランドにいる時に私が受け取った3つのメッセージと、ドマンス
キーと二人でいた時に彼が受けたメッセージです。

 イエズスとマリアが皆さんを祝福なさいますように。いつも祈りの中に互
いに一致しましょう。愛するヨハネ・パウロ2世教皇様万歳! よいクリス
マスを。1988年が勝利の年となりますように。

リトル・ペブルより


--------------------------------
ドマンスキーの家でリトル・ペブルに与えられたメッセージ
--------------------------------
リトル・ペブル:
 空に十字架があります。あそこに三位の天使がいます。それは大天使たち
で、空におられます。十字架はとても大きくて非常に光り輝いています。
十字架を通って聖母が来られます。聖母がだんだんと、とても近くに近づい
て来られます。天井の上方、ほんの3メートルぐらいの所まで来られました。
聖母は美しい白い衣を着て、青い帯を締めておられます。今回は青いマント
を着ておられます。とても小さな青いマントです。ロザリオをお取りになり、
十字架上のイエズス様に接吻をなさいます。

聖母:
 父と子と聖霊との御名によりて。アーメン。かわいい子、愛のリトル・ペ
ブルよ、かわいい息子、我が汚れなき御心のドマンスキーよ、かわいい息子、
我が汚れなき御心のトランペッターよ、そしてテレサ、あなた達を祝福しま
す。

 ポーランドのかわいい子らよ、イエズスの聖心より挨拶します。特に息子
よ、私はこの国、我が御心の最愛の国であなたを歓迎します。私はポーラン
ドの人々を勇気づけ、力づけるため、またどれほど私がこの国の人々を愛し
ているかを告げるため、ここにあなたを遣わしたのです。

 恐れないで、愛する子よ、私はあなたのそばにいるからです。私はこれか
らもあなたに話しましょう。この国の最愛の子らにたくさん言うことがある
からです。ポーランドの人々よ、私は言いたいのです。忍耐を持って十字架
を担いなさい。そうすれば、まもなくこの国の圧力は取り除かれるでしょう。
ポーランドは私の国、我が汚れなき御心に奉献された国だからです。

 私たちの教皇ヨハネ・パウロ二世のために沢山祈りなさい。あなた達の
司教、司祭たちも早く私の息子、ドマンスキーへの我が汚れなき御心の出現
を信じるように、彼らのために祈りなさい。私はあなた達かわいい子どもた
ち皆に勇気と力を与えるために祝福をします。父と子と聖霊との御名により
て。アーメン。

 我が子よ、そしてかわいい子らよ、私は今日、あなた達とずっと一緒にい
るでしょう。あなた達はチェストホワ(Czestochowa)の参詣所
へ行くからです。私はそこであなた達に話しましょう。我が子よ、そしてか
わいい子らよ、あなた達を愛しています。

リトル・ペブル:
 聖母は、いま空に戻って行かれます。私は聖母がドマンスキーに話された
いのかどうかはわかりません。はっきりしません。聖母はたぶん私が帰った
後に話されるでしょう。


--------------------------------
1987年10月1日
ドマンスキーの家で彼に与えられたメッセージ
--------------------------------
ドマンスキー:
 オーストラリアからここに来られた皆様方 − リトル・ペブルを始め
皆様、聖母が皆様はご自分がお選びになった方々であり、オラワの聖母の
御出現を更に支援するためにここ、ポーランドへ来られたのだとおっしゃい
ました。

 聖母は『まもなくオラワとオーストラリアの聖母の出現が公認されるで
しょう。』とおっしゃって、今から教皇様が大変くるしまれるので、教皇様
のために祈るよう頼まれました。

 聖母は、公教会全体がロザリオの祈りを唱えるよう願われました。ああ
聖母、私たちはロザリオを唱え、私たちと私たちの家族みなの健康を願いま
す。

 聖母はオーストラリアから来たリル・ペブルと、ここに来た人々全てと
ワルシャワから来たシスターとすべての家族を祝福なさいます。父と子と
聖霊との御名によりて。アーメン。


--------------------------------
1987年10月1日
--------------------------------
 チェストホワに行く途中、私たちはカタリナ・シモン(Katarzyna
−Szymon)の墓に行きました。そこで数人の司祭と一般信者の方々に
会いました。そこで私たちが祈っていた時、彼女(カタリナ・シモン)が私
(リトル・ペブル)に現れ、彼女は私が墓に来たことに感謝し、私がポーラ
ンドに来たことは非常に重要ですと言いました。


--------------------------------
チェストホワの大聖堂の中
「チェストホワの聖母」参詣所の前でリトル・ペブルが受けたメッセージ
--------------------------------
メッセージは御ミサの前、顕示された御聖体の御前で与えられた。

リトル・ペブル:
 ちょうど御ミサの前、私は聖母の御絵の真上を見ていました。すると御絵
の上に立っていらっしゃる聖母に気づきました。様々の美しい色で描かれた
その御絵と、まったく同じ服を着ていらっしゃいました。しかし、この時、
聖母は左腕に赤ちゃんの幼きイエズス様を抱いておられませんでした。聖母
は微笑まれ、私たちに挨拶をし、私たちがここに来たことをご自分がどれほ
ど大喜びしておられるかを話されました。聖母がこのメッセージ中におっ
しゃった言葉を正確に繰り返したいと思います。

 聖母は徴笑まれ、私に挨拶をなさいました。そして「最愛の聖なる祝福さ
れた息子よ。」とおっしゃり、そして私のポーランド訪問とこの参詣所に
来たことはこの国に多くの恩寵をもたらし、ポーランドの人々を勇気づけ、
将来彼らを助けることになるとおっしゃいました。また、この国に大革命が
起りますが、その革命の後、大勝利となるとおっしゃり、それは聖母と御子
イエズス様が「終末の時代」において、信仰に関してすべての国の光となる
ように、この国を特別にお選びになったからだともおっしゃいました。そし
てまたポーランドによって、特にチェストホワの参詣所と、オラワの御出現
を通して公教会は勝利を得るでしょうとおっしゃいました。

 聖母はこの二つの参詣所はポーランドを救い、特に大いなる艱難の間、
公教会の光となるとおっしゃいました。それから非常に聖なる人で、暴君に
対してキリスト信者の軍隊を導くことになる、ポーランドにとって偉大な
指導者をお与えになりますが、それは革命の後の事ですとおっしゃいました。
聖母は、いつか私が再びポーランドに戻って来ますが、それは、聖母がご自
分のご像の頭に冠を載せるようにと、私に特別に依頼なさったためです。そ
れはポーランドの元后の聖母としての載冠をするためで、チェストホワで行
われるだろうとおっしゃいました。この参詣所は残るからです。聖母はまた、
公教会内の分裂が起きたとき、ポーランドの教会の90パーセントは、ペト
ロ2世に従うとおっしゃいました。艱難の間、ペトロ2世の周りに集結する
最初の信者はポーランドの信者でしょう。そしてポーランドはペトロ2世を
認める最初の国となるでしょうとおっしゃいました。

 聖母はお顔の傷をお見せになり、これらの傷は聖母がポーランドのために
お苦しみになった苦痛を表しているとおっしゃいました。聖母はポーランド
の人々にたくさんの祈りを要求なさいました。そして勇気を無くさないよう
におっしゃいます。なぜならポーランドの人々は聖母にとって非常に特別な
ので、ご自分の汚れなき御心の奥深くにポーランドを入れられたからです。
聖母は、いつかリトル・ペブルなる私がこれらの傷を癒してくれるとおっ
しゃいましたが、どのようにしてかはおっしゃいませんでした。

 聖母はそれから、どれほど私を愛してくださっているのかをおっしゃいま
した。またこの国に私が来たことは、ご自分にとっても大いなる誉れだと
おっしゃった時、私は大変驚きました。そして、将来の教皇様もまたチェス
トホワにやって来るので、この国の人々はいつか自分達の大いなる特権のこ
とを認識するでしょう、とおっしゃいました。

 聖母は、また、ドマソスキーを非常に愛しておられ、私たち二人は聖母に
とって特別であり、「チェストホワの聖母」として私たちの心に特別な愛を
注がれるとおっしゃいました。そして私たちはこのご像に特別な信心を持つ
べきであり、その事をいつも心に留めておくようにとおっしゃいました。

 聖母は、もう少しだけこの国の苦しみについてお話になりました。この国
を捕虜としている人々からの圧迫を受け続けるという苦しみは、まもなく
一掃されるでしょうと説明なさいました。この国は、圧迫者からの専制から
自由になるでしょう。聖母は再び、ポーランドの人々が勇気を持ってロザリ
オを唱えるようにとおっしゃいました。ロザリオが力になるからです。
……聖母は祝福をお与えくださり、行ってしまわれました。

 御ミサの後、私たちは再び、顕示された御聖体の所で祝福をいただきまし
た。御聖体が祭壇の上に置かれるとすぐ、主が御聖体の中にお現れになりま
した。主はすっかり成長された御姿で、両腕を広げておられました。聖心が
見えました。主は私たちをとれほど愛しているかということと、どの様に
すべての人々をご自分の聖心へと呼んでいらっしゃるかをおっしゃいました。
主はまた、どれほど私たちを愛しているかを繰り返されました。主は「小さ
き息子よ、おまえが特にこの旅で苦しんでいることを知っている。」とおっ
しゃいました。私の疲労についておっしゃったのです。また「この苦しみを
魂の救いのために望んだのである。」とおっしゃいました。それから、平安
の中にあるようにとおっしゃいました。その後、主は去って行かれました。



----------------------------------------------------------------
3.反キリスト、ロード・マイトレイヤについての警告
----------------------------------------------------------------
マリア様からの警告 1995年12月13日 No.218

 甘美なる子供たちよ、あなたたちが理解する以上に反キリストの力は、世
界、経済、政府、学校、あらゆる社会、そして悲しいことに聖にして母なる
教会のうちに、ゆるぎないものとなっています。邪悪な者にコントロールさ
れていない枢機卿、司教、司祭はほとんどいません。邪悪な者は多くの人々
に、キリストの再臨はないと信じこませてしまいました。ですから甘美なる
子供たちよ、教会位階のために祈りなさい。教会位階は昔と、キリストが
地上を歩いておられた時と本当に同じです。教会位階は真理を有し、真理を
知っていますが、キリストが裁かれたとき、サンヘドリン(ユダヤの最高会
議)がしたように真理を否定しています。あなたたち真理に従う者も、神で
ある私の息子が不正に裁かれたように裁かれています。このために、あなた
たちは聖ジャンヌ・ダルクのように「真理の戦士」として立ち上がらなけれ
ばなりません。

 甘美なる子供たちよ、真に言います。あなたたちは間もなく到来するもの
が何なのか理解していません。もし理解しているなら、神である私の息子と
私が住むこの場を去ることはないでしょう。人類のために神の御憐れみを
求めて1日に24時間祈るでしょう。ですから、甘美なる子供たちよ、自己
満足していてはいけません。少しばかりの痛みや、唱えるべきわずかな祈り、
要求されている犠牲のことで不満を言ってはなりません。むしろ、すべてを
与えられた神に進んでそれを献げなさい。

 感謝を知らない子供であってはなりません。旧約聖書に書かれているよう
に、ヘブライ人が紅海を渡った時に起こったこと、モーセとともに荒野を
40年間さまよった時に起こったことを思い起こしなさい。甘美なる子供た
ちよ、約束の地を見つけるまでに、なぜそれほどの長きに渡ってさまよった
のだ思いますか。それは、神が多くの偉大な奇跡としるしをもたらし、捕わ
れの身から連れ出してくださった後でさえ、ヘブライの人々が神の御前に
ぶつぶつと不平を言い、自分たちへの神の不公正について文句を言ったから
なのです。しかし、ヘブライ人を解放し、食べもの、飲みものを与え、神の
御言葉を与えたのは神なのです! これと同じことが、今の子供たちにも起
こるでしょう。多くのしるしが既に与えられました。さらに多くのしるしが、
モーセの時よりもさらに大きなしるしが来るでしょう。しかし、多くの人々
が神につぶやき、不平を言っています。昔と同じように、この子供たちは、
キリストが戻ってこられるとき、約束の地を見ることはないでしょう。



----------------------------------------------------------------
4.お知らせ
----------------------------------------------------------------
◆ ジャン・マリー助祭は、10月28日に、オーストラリア・ナウラで
 司祭に叙階されます。 

◆時期は未定ですが、名古屋近辺において2つの講演会が予定されていま
す。一つはリトル・ペブルさんの講演会「時の終りと新しい黄金時代」(The
End of Time and the New Golden Age)です。もう一つは聖シャー
ベル修道会の2人のシスターであり幻視者でもある、マザー・シャーリーと
シスター・ルースによる講演会で、その場でご出現があり、天のメッセージ
を伝えるそうです。どちらもオープンで、誰でも参加できる集会にしたいと
考えています。皆さんのご協力をお願いいたします。ボランティアスタッフ
が必要です。

◆「天からのメッセージ」に版権はありません。天はできるだけ多くの人々
がメッセージを読むことをお望みです。どうぞ友人知人に「天からのメッ
セージ」を伝えて下さい。コピーして配布して下さい。

◆ 編集室では、メッセージの翻訳ボランティアを募集しています。できる
なら、カトリック信者で専門用語に強い方を希望しています。

◆ 皆様からのご質問、ご感想をお待ちしております。関連情報をお持ちで
したらお寄せ下さい。
 
◆ 次回「箱舟の聖母」は10月10日頃、発行を予定しています。


----------------------------------------------------------------
5.編集後記
----------------------------------------------------------------
 名古屋の共同体は、ジャン・マリー助祭の指導のもと、名古屋市と刈谷市
にある2軒の家で創立されます。創立メンバーは、先週土曜日に、会則会憲
にもとづいて「誓約書」「遺言書」などの法的拘束力のある書類をそろえま
した。今、これをナウラのリトル・ペブルさんに送り、聖シャーベル修道会
の正式な共同体として認めてもらえるように申請しているところです。

 名古屋の共同体の創立については、すでに8月にリトル・ペブルさんから
許可をもらっていますが、それは、私たちの「共同体を創立したい」という
意向に対して「OKですよ」という意味です。上記のように、会則会憲に
したがって順々に法的手続きetcをしていかないと、「共同体」としては
正式に認めてもらえないのです。

 この次になされるべきステップは、メンバーの代表をナウラに送り、必要
な期間、ナウラで養成を受けることです。実は、オーストラリアのビザの
関係で、私たち日本人にはこの段階が大きな障害で、今まで誰も突破できな
い壁となっていました。しかし昨年、ジャン・マリーが修道士としての終生
誓願を立てることで、日本国内で会員を養成することが可能になりました。

 私たち名古屋の共同体は、ジャン・マリー助祭を暫定的な長とし、第3
部門会員3名、第4部門会員1名の、合計5名でスタートします。第3部門
会員の内わけは、独身の司祭志願者1名、シスター志願者1名、既婚者の
司祭志願者1名です。独身の司祭志願者とシスター志願者が第3部門から
始めるのは、第2部門が設置されるまでの暫定的な処置です。10月28日
にジャン・マリー助祭が司祭に叙階されれば、第1部門から第4部門まで
そろうことになりますね。
(Kolbe-Marie記)



----------------------------------------------------------------
編集・発行:聖シャーベル修道会
スタッフ :Deacon Jean-Marie of the Risen Son of God(復活された
      神の子のジャン・マリー助祭)  Kolbe-Marie
----------------------------------------------------------------
お申込み、ご質問、ご感想は下記までお願いします。

  〒540−0004
   大阪市中央区玉造1−4−14
   聖シャーベル修道会

  E-mail : charbeljapan@nifty.ne.jp

 お申し込みはEメール版は3千円、郵送版は一万円を目安に、一年分のご
寄付をお願いします(商契約ではありません)。こうするのは、読者の皆さ
んにも「受けるだけの人」のままでいるのではなく、自発的な献金と、友人
知人にコピーをわたす伝道を通して「よろこんで与える人」となり、神様の
祝福をもっと得ていただきたいからです。「よろこんで与える者を神は愛さ
れる」、これが私たちの宣教事業の基本理念です。
----------------------------------------------------------------
%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%0%%

(C)日本における「聖シャーベル修道会の共同体」
      設立の促進と援助のための事務所
 http://homepage1.nifty.com/charbeljapan/index.htm
    E-mail : charbeljapan@nifty.ne.jp

%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%3%%




[HOME] [戻る]