「箱舟の聖母」バックナンバー
2004年9月12号No.220

 マリア様を喜ばせましょう。マリア様はあなたの小さな奉仕にも大きな恵みで報いて下さいます。あなたが愛する人の救いのために「箱舟の聖母」を役立ててください。「箱舟の聖母」は宣教誌です。購読しコピーし身近な人にわたすなら、あとはマリア様ご自身が働いて下さいます。そしてあなたの購読料はマリア様の事業を支えます。あなたのマリア様に対する奉仕を神様は永遠に忘れません。

 お申し込みはEメール版は3千円、郵送版は一万円を目安に一年分のご寄付をお願いします(商契約ではありません)。こうするのは、読者の皆さんにも「受けるだけの人」のままでいるのではなく、自発的な献金と、友人知人にコピーをわたす伝道を通して「よろこんで与える人」となり、神様の祝福をもっと得ていただきたいからです。「よろこんで与える者を神は愛される」、これが私たちの宣教事業の基本理念です。

◆マテオによる聖福音10章27節
「私がやみの中で言うことを、あなたたちは明るみで言え。耳をあてて聞くことを、屋根の上から知らせよ」

◆マテオによる聖福音10章42節
「この小さい者の一人に、弟子として冷や水の一杯でも与える人があったなら、まことに私は言う。その人は報いを失わぬ」


ご注意
■ お申し込みは下記住所宛にEメール版は3千円、郵送版は一万円を目安に一年分のご寄付をお願いします(商行為でも契約でもありません)。  〒540−0004 大阪市中央区玉造1−4−14 箱舟の聖母社
■ トラブルを避けるために、必ずご本人様でお申し込み下さい。いかなる理由でも、ご送金後の返金はできません。お申し込みから登録まで2週間程度かかりますので、あしからずご了承下さい。
■ 本誌読者=「聖シャーベル修道会会員」ではありません。どのような立場の方でも歓迎いたします。
■ これを用いてマリア様の事業を攻撃する人には送付を打ち切ります。また災害・戦争など、やむを得ない事情の際も送付いたしませんが、ご了承ください。


%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%0%%

        「 箱 舟 の 聖 母 」

       2004年9月12日号 No.220

   毎週1回発行:Eメール版 年間3,000円(ご寄付)
          郵送版  年間10,000円(ご寄付)
  http://homepage1.nifty.com/charbeljapan/index.htm
      E-mail : charbeljapan@nifty.ne.jp
       ( 等幅フォントでご覧下さい!)
%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%9%%
----------------------------------------------------------------
    箱舟の聖母、
       我らが御母聖マリア、
         キリスト信者の扶(たす)け
----------------------------------------------------------------
 マリア様を喜ばせましょう。マリア様はあなたの小さな奉仕にも大きな恵
みで報いて下さいます。あなたが愛する人の救いのために「箱舟の聖母」を
役立ててください。「箱舟の聖母」は宣教誌です。購読しコピーし身近な人
にわたすなら、あとはマリア様ご自身が働いて下さいます。そしてあなたの
ご寄付はマリア様の事業を支えます。あなたのマリア様に対する奉仕を神様
は永遠に忘れません。
----------------------------------------------------------------

◆今週号の目次

 1.153本の聖ヨゼフの百合
 2.リトル・ペブルに与えられたメッセージ
 3.反キリスト、ロード・マイトレイヤについての警告
 4.編集後記




----------------------------------------------------------------
1. 153本の聖ヨゼフの百合
----------------------------------------------------------------
【 第80章 】

 聖ヨゼフのいと清き御心には百合がシンボルとして咲いています。純潔の
徳の象徴ですが、だからといって聖ヨゼフの徳は純潔だけだと勘違いしては
いけませんよ。ちょうどマリア様の御心にはバラがシンボルとして咲いてい
て、それは愛徳の象徴ですが、マリア様の御心にはこの世のありとあらゆる
徳が備わっており、それを表わすには広い広い面積を使って花々を描くかな
ければならないので、バラをシンボルとするのと同じことで、実は聖ヨゼフ
の御心にも、このようなありとあらゆる徳が備わっており、百合は代表とし
て彼の御心のシンボルなのです。聖ヨゼフのいと清き御心にありとあらゆる
徳が備わっていることは知られていませんし、それを人々は考えもしません。
不可能だと思っているからでしょう。原罪をもって生まれた人間にそれは
あり得ないと。すべての徳は、マリア様にはもともと備わっていました。
聖ヨゼフは戦って獲得しました。マリア様はそのために聖ヨゼフの聖徳は
私よりも高く輝いているとおっしゃるのです。しかし聖ヨゼフがありとあら
ゆる徳をその御心に集め、しかもそれを完全にすることができたのは、ひと
えにマリア様との結びつきのおかげなのです。その結びつきをズバリ言えば
「結婚の絆」です。イエズスが説明してくださるのを聞いてください。

「……ヨゼフは自分のさまざまな不便、不自由の主なる原因となったマリア
 を咎めず、マリアの方も、生活をもう少し楽にすることさえもできない
 ヨゼフに愚痴をこぼさない。"二人は清く相愛している" これが全てであ
 る。そのために、彼らの心配は自分の安楽ではなく、配偶者のことだけを
 考える。真の愛は利己心を知らない。そして、真の愛は、あの二人の選ば
 れた配偶者のように完全でなくても、いつも清いものである。その清さが
 愛と一緒になっているなら、必ず他のいろいろな徳の富を集め、清く相愛
 している夫婦を完全な夫婦にする。私の母とヨゼフとの愛は完全だった。
 そして、そのために、その愛は、他のすべての徳のもとであった。……」
 (1)

 マリア様を完全な愛で愛した聖ヨゼフのその愛は、彼をマリア様に完全に
一致させ、もちろん徳においてもマリア様の徳をすべて自分のものとしたの
です。教会の歴史上、ごくわずかの聖人が、「神秘的結婚」を体験していま
す。シンボルとして彼らは結婚指輪をイエズスからはめていただいたり、マ
リア様からはめていただいたりしています。現代ではリトル・ペブルさんが
マリア様から結婚指輪をはめていただき、「神秘的結婚」のきずなでマリア
様と結びつけられています。これらの出来事はイエズスから、また、マリア
様からの諸徳の移入が行なわれたと受け止めることができます。あらゆる徳
を持っていらっしゃる聖ヨゼフも、私たちの心に彼の諸徳を移入することが
できます。

 聖ヨゼフのことを忘れられた聖人と昔からいっています。現代、聖ヨゼフ
を愛する人は以前よりさらに少なくなりました。ほんのわずかな人が彼を
愛していますが、それは主に男性です。少し時代は遡りますが、カナダの
ケベック州のモントリオールに今、聖ヨゼフのオラトリオと呼ぶ大巡礼聖堂
があります。これはブラザーアンドレイという謙遜な、門番で一生を通した
修道士さんの聖ヨゼフに対する愛と信心が、皆の信心を燃えたたせ、大事業
を始めさせ、完成させたのです。また、コルベ神父様に、入会後すぐにその
場で台所に送られ、ついに一生台所で謙遜に働き通したカシアノ修道士さん
は、聖ヨゼフの信心を広める素晴らしい本を2冊も書きました。また、リト
ル・ペブルさんを日本人に紹介し、そのための迫害にも耐え抜き、最後には
聖シャーベル修道会の司祭会員に正式になって亡くなったスタインバック
神父様には、かつて聖ヨゼフが目に見える姿となって、街頭に立つ神父様の
福祉事業のための募金箱に手づからお金を入れてくださったのです。神父様
のご自分への愛と信心に感謝するために。

 謙遜に仕える男性たちに聖ヨゼフの熱愛者がいるのですね。彼らの聖ヨゼ
フに対する愛の熱烈さと、聖ヨゼフの助けに対する確信の強烈さは、彼らに
聖ヨゼフのことを書かせ、語らせ、人々に聖ヨゼフを知らせるために身を
ささげて仕えさせました。こういう人が女性にいないのは残念でなりません。
聖ヨゼフの名をいただいた修道会も、シスターの修道会の中にいくつもあり
ます。しかし現代では聖ヨゼフのことを、上に挙げた人たちのように力を
尽くして知らせようとするほどの人はいません。イエズスの指輪をシスター
としていただくことにあこがれる女性はまだいるようです。シスターである
なしは関係なく、私は誰か聖ヨゼフから「神秘的結婚」の指輪をはめていた
だけるほどに、彼を配偶者として熱愛し、献身し、仕える女性が日本にたっ
た一人でもいてくれればいいなと思います。少なくともそれにあこがれる人
がたった一人でもいてくれたら……と思うのです。そうすればその人は聖ヨ
ゼフの御心から咲き誇る諸徳を移し入れてもらえるでしょうに!

(1)「聖母マリアの詩(上)」あかし書房 マリア・ワルトルタ著
   P269、270




----------------------------------------------------------------
2.私たちの主と私たちの聖母によって、「リトル・ペブル」とナウラの
 ゲッセマネ共同体の神秘家「ローズ・オブ・ホーリー・イノセント」に
 与えられたメッセージ
− No.627 2004年8月15日 聖母の被昇天の祝日 その(3)−
----------------------------------------------------------------

 …… 前号の続き ……

ローズ・オブ・ホーリ・イノセント:
 以下は、今日の午後、御出現の間に私に示されたものです。

 地球を取り巻く光の道をすべての人々が歩いているのを私が見ていたとき
に、私は聖母の涙が次の国々の上に降りかかるのを見ました。イラク、イラ
ン、イングランド、フランス、スペイン、メキシコ、ニュージーランド、
南アフリカ、カナダです。聖母の涙はそれぞれの国に消えていきました。私
は光のピラミッドのそばに立っておられた聖人たちの何名かが、これらの
国々に、明かりを手にして消えて行かれたのを目にしました。とりわけ私は、
聖イザベルがスペインの中に消えていかれたのに気づきました。彼女もまた
ランタンを手に持っていらっしゃいました。そしてもう一方の手には、スペ
インの王家の紋章の刺繍がなされたリネンの布を持っていらっしゃるのを私
は目にしました。私はまた、聖トマス・モア、聖人トマス・アクィナス、聖
トマス・ア・ベケットが、イングランドに消えて行かれるのを目にしました。
聖トマス・アクィナスと聖トマス・モアはイギリス議会議事堂の外に、聖ト
マス・ア・ベケットはバッキンガム宮殿の外にお立ちになったのを見ました。

 永遠の御父の御心からは二つの柱が現れました。一つには、ダビデの王家
の花が巻きついていました。そしてもうひとつには、王家の司祭職の花が巻
きついていました。最初の柱には二つの鍵の模様が彫刻されていました。そ
して第二の柱には開かれた本の頁の上に乗っている一羽の鷲の姿が彫られて
いました。最初の柱の上には銀色の薔薇がありました。そして第二の柱の上
には金色の百合がありました。そしてこれらの二つの花は、アザミの花の鎖
によって結び付けられていました。

 私は最初の柱がリトル・ペブルの中に、そして第二の柱がブロウサード
司教の心の中に消えていくのを見ました。

 皆様が白い十字架の中に消えて行かれる前に、永遠の御父がチャペルの白
い壁の十字架上の主の隣に来られるのを見ました。永遠の御父は、製作中の
像のような御姿で出現なさいました。私は永遠の御父の隣に聖アモール・デ
イが来られるのを見ました。私はまた聖母の隣に聖ミカエルが来られたのを
見ました。そして天使の全軍は白い壁の上に来られました。チャペルの前面
は、近い将来においてそれが現れるように現れました。

 聖母と私たちの主が去って行かれるとき、聖母は投げキスをなさいました。
そして投げキスはチャペルを通り、私はチャペルが変化するのを見ました。
そしてそれは最後の改装の後でそう見えるであろうような姿で現れました。
チャペルは非常に美しく、すべての出現のチャペルの外には、共同体全体に
満ちる数多くの巡礼たちが立っていました。


--------------------------------
聖母によって、ゲッセマネ共同体の神秘家
「ローズリリー」に与えられたメッセージ
--------------------------------
ローズリリー:
 三時の御出現の間、私はまだ台所の仕事をしていました。そしていくつか
の物品を返すために修道院に歩いていくとき、聖母がオリーブの枝を手にし
て出現されました。聖母はチャペルに行くようにと私を招かれました。そし
て私はやりかけていた仕事を終えるために急いで行き、そしてチャペルに
向かいました。リトル・ペブルの語ることに耳を傾けながら、席に座ってい
ると、祭壇の上に、ホスチアが明るく輝いて、美しい光をチャペルの中の
人々に向けて放射しているのを私は見ました。この美しい光を通して、聖母
が被昇天の時の御姿で出現されました。聖母は青と白のお召し物でした。
そして聖母のお召し物はそよ風にたなびいていました。聖母は微笑んでおら
れました。聖母のマントはたなびき、そしてそのとき私はマントの下に単純
な白い服を着た霊魂がいるのを見ました。それは私の兄弟デビッドでした。
私は一瞬の間だけ彼を見ました。そして聖母のマントが彼を再び覆いました。

 聖母は私の方に向かって来られました。数多くの天使たちが聖母を取り囲
んでいました。私は聖母の下に世界を見ることができました。そして聖母は
地球を見下ろしていらっしゃいました。懲罰が地球に降りかかっていました。
洪水、火事、隕石。地球は震え、波が陸地に向かって進んでいました。聖母
は手を私の方にあげられて、その時光の筋が私の方に来ました。そして私の
胸に入りました。そして私は彼女の光の中に私が包まれるのを見ました。
そして私は聖母の隣に立って世界を見下ろしました。

 私は闇が地上を覆うのを見ました。そしてバチカンは十字架にくぎ付けら
れていました。バチカンから流れ出る血の川を見ました。それは世界に注い
でいました。私は清い子羊がバチカンの上に座っているのを見ました。その
美しい青い目は光を放っていました。私はリトル・ペブルがシャーベル会の
司祭たちを引き連れてバチカンに入るのを見ました。私はまた世界中のさま
ざまな修道会の司祭たちがバチカンにやってくるのを見ました。カトリック
信仰の主流から離れ去ってしまった人々もバチカンにやってきました。聖母
の胸からの美しい光が地球に降り注ぎました。そしてこの光のほかは、地球
は暗いままでした。私は光の筋の中に「子羊」を見ることができました。
聖母の光が司祭たちを包み、彼らが神の母のマントの下で一つの共通の主張
のために戦い、カトリック信仰のうちに一致するのを見ました。司祭たちの
後にはシャーベル会の修道女たち、「小さな道」の姉妹たち、そして神の
子供たちが大群となって続きました。

 聖母は私の方をご覧になって、私は聖母の前にひざまづきました。そして
聖母は私に小さな木を見せられました。そしてその木のそばにはリトル・ア
ブラハムが灰色の服を着て立っていました。木は若く、葉がなく、しおれて
いるように見えました。しかし私はその根が光りはじめたのを見ました。
そして木はまっすぐに立ち始めました。私は再びリトル・アブラハムを見ま
した。そして彼の灰色の服は、司祭の服に変化しました。それから木はさら
に強くなり、葉は光を放ち始めました。今やリトル・アブラハムの服装は
司教の服装になり、木が育つにつれて、リトル・アブラハムの様子も変化し
ていきました。彼がペトロ二世となるに至るまで。そして木は完全に成長し
ました。それはもはや地上的な木ではなく、光り輝く光の木であり、そして
その上方には聖なる三位一体が出現されました。

 私はもう一度聖母を見上げました。聖母は黒い本を手にしておられました。
そしてその表紙には金色の十字架がありました。ブロサード司教が進み出て
来られて、私の隣にひざまづかれました。聖母は司教に接吻なさるために
かがまれて、美しい水晶の涙を流されました。その涙の中には、イエズス様
の貴い御血のしずくがありました。そして涙は司教に降りそそぎました。そ
のとき私は新しく叙階された司祭たちが聖母の後方に進み出てこられたのを
見ました。そして聖母が出てこられた光を通って、私たちの主が出現されま
した。そして主は聖母の隣に立たれました。そして新しく叙階された司祭た
ち各人は主の前にひざまづきました。各人は祝福され、各人の上に白い鳩が
出現しました。

 それから私は私たちの主の聖なる心を見ました。そして聖なる心には二つ
の小さな白い翼がありました。イエズスの心はリトル・ペブルの方に飛んで
いかれました。そしてイエズスの貴い御血が彼の上に滴り落ちました。リト
ル・ペブルは光の中に包まれ、彼はさらに強くなりました。私はゲッセマネ
共同体に降ってくる赤い薔薇を見ました。そしてこの薔薇の中に私はバチカ
ンを見ました。そして赤いバラから、小さな白い翼を持つ心が落ちてきまし
た。そしてこれらの心は共同体に雪のように降ってきました。

 私たちの主と私たちの聖母は今私の前にお立ちになりました。そして私の
額に接吻なさいました。主は去って行かれました。私は聖母を見上げました。
そして聖母は話し始められました。

聖母:
 わが汚れなき心のわが甘美なるローズリリー。私は今日あなたに挨拶しま
す! 私はわが真理そして正義の「小さな岩」に挨拶します。私は我が従順
な子、そして司祭なる息子、ブロサード司教に、そしてわが聖シャーベル会
の司祭たちに挨拶します。また私は「小さな道」の我がシャーベル会の修道
女たちに、そして出席しているすべてのわが子供たちにも挨拶します。

 わが息子、愛のリトル・ペブルにゆだねられたミッションの中で、多くの
変化が起こりつつあります。これらの変化は、神の神聖なる計画が成就され
るためにのみ必要とされているのです。あなたがたの多くは、多くの心の痛
み、精神の痛み、肉体の痛みを耐えてきました。何年にもわたって。しかし
すべてのことは、あなたがたの信仰と信頼の強さを通して、神のより大いな
る栄光へ向けてあなたがた各人を準備するために許容されてきたのです。

 現在、リトル・ペブルが直面している戦いは、すみやかな勝利に至るで
しょう。これが神の神聖なる意志だからです。この勝利を通して、リトル・
ペブルの為に新たな道が開かれるでしょう。そして人類のためにこの息子に
ゆだねられたミッションのために。聖シャーベル修道会の司祭職と修道女は
神の子どもたちの多くを力づけるでしょう。そして彼らの心の中に希望を
もたらすでしょう。

 このミッションの中、この共同体の中における変化は続くでしょう。成就
されなければならない大変多くのことがあり、時間は非常に短いのです。
共同体生活は、未来における地上の生活のエッセンスです。これは全人類の
ためのものです。地上における懲罰は続くでしょう。そして世界中の数多く
の地域で増大していくでしょう。わが子供たちが彼らの神に立ち返ることに
よってのみ、これらの災害の多くは緩和され、あるいはいくつかの場合にお
いては回避されるでしょう。これは祈りの力です。祈りの家の力、世界中の
償いの家、共同体の力、祈りを償いと平和と和解の生活の力なのです。

 私はあなたがたを愛しています、わが光の子供たち、わが汚れなき心の
忠実な子供たち、なぜならあなたがたは私の涙の慰めであり、わが神なる
息子の痛みを和らげるバルサムであるからです。あなたがたの愛の十字架を
担い続けなさい。イエズス・キリストの再臨に向けて準備するために日々を
生きなさい。常にあなたがたの生活を捧げなさい、人類の救いのために。
試練と困難の時には私のもとに来なさい。そうすれば私はあなたがたの痛む
心を慰めるでしょう。

 私は今あなた方皆を祝福します、我が司祭たち、そして修道女たち、そし
てここにいる我がすべての子供たちを、あなたがた各人をやさしく包む、わ
が母性的な心からの愛の祝福によって。父と子と聖霊の御名によって、
アーメン。

 甘美なるローズリリー、甘美なる子よ、私の呼びかけに応えてくれたこと
を感謝します。私はあなたを愛し、あなたを祝福し、あなたが愛する者たち
を祝福します。私は私の心のわが配偶者、わが愛のリトル・ペブルに甘美な
る接吻を贈ります。そしてわが小さな子供「ローズ・オブ・ホーリ・イノセ
ント」に虹の薔薇を贈ります。父と子と聖霊の御名によって、アーメン。



----------------------------------------------------------------
4.反キリスト、ロード・マイトレイヤについての警告
----------------------------------------------------------------
マリア様からの警告 1995年11月13日 No.215

マリア、「すべての恵みの仲介者」、神の勇気の母:
 ヨハネ・パウロ2世はしるしを待っています。祈っています。私は徐々に、
私たちの選んだ道具の一人ひとりをヨハネ・パウロ2世に遣わし、会うよう
にさせます。ですから、最後には、神である私の息子の神秘的な教会に真の
一致が再建されるでしょう。このことが起こったなら、反キリストと戦うた
めに、汚れなき御心の私の軍隊が創設されるでしょう。甘美なる子供たちよ、
その時までに、心と霊魂を強めなさい。多くのことが、あなたたちに求めら
れますから。そのために、あなたたちは勇気を出さなければなりません。



----------------------------------------------------------------
5.編集後記
----------------------------------------------------------------
 時期は未定ですが、名古屋近辺において2つの講演会が予定されていま
す。一つはリトル・ペブルさんの講演会「時の終りと新しい黄金時代」(The
End of Time and the New Golden Age)です。もう一つは聖シャー
ベル修道会の2人のシスターであり幻視者でもある、マザー・シャーリーと
シスター・ルースによる講演会で、その場でご出現があり、天のメッセージ
を伝えるそうです。

 どちらもオープンで、誰でも参加できる集会にしたいと考えています。
皆さんのご協力をお願いいたします。ボランティアスタッフが必要です。

「天からのメッセージ」に版権はありません。天はできるだけ多くの人々が
メッセージを読むことをお望みです。どうぞ友人知人に「天からのメッセー
ジ」を伝えて下さい。コピーして配布して下さい。

 編集室では、メッセージの翻訳ボランティアを募集しています。できるな
ら、カトリック信者で専門用語に強い方を希望しています。

 また皆様からのご質問、ご感想をお待ちしております。関連情報をお持ち
でしたらお寄せ下さい。
 
 次回「箱舟の聖母」は9月19日頃、発行を予定しています。

----------------------------------------------------------------
編集・発行:聖シャーベル修道会
スタッフ :Deacon Jean-Marie of the Risen Son of God(復活された
      神の子のジャン・マリー助祭)  Kolbe-Marie
----------------------------------------------------------------
お申込み、ご質問、ご感想は下記までお願いします。

  〒540−0004
   大阪市中央区玉造1−4−14
   聖シャーベル修道会

  E-mail : charbeljapan@nifty.ne.jp

 お申し込みはEメール版は3千円、郵送版は一万円を目安に、一年分のご
寄付をお願いします(商契約ではありません)。こうするのは、読者の皆さ
んにも「受けるだけの人」のままでいるのではなく、自発的な献金と、友人
知人にコピーをわたす伝道を通して「よろこんで与える人」となり、神様の
祝福をもっと得ていただきたいからです。「よろこんで与える者を神は愛さ
れる」、これが私たちの宣教事業の基本理念です。
----------------------------------------------------------------
%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%1%%

(C)日本における「聖シャーベル修道会の共同体」
      設立の促進と援助のための事務所
 http://homepage1.nifty.com/charbeljapan/index.htm
    E-mail : charbeljapan@nifty.ne.jp

%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%2%%




[HOME] [戻る]