「箱舟の聖母」バックナンバー
2004年9月5号No.219

 マリア様を喜ばせましょう。マリア様はあなたの小さな奉仕にも大きな恵みで報いて下さいます。あなたが愛する人の救いのために「箱舟の聖母」を役立ててください。「箱舟の聖母」は宣教誌です。購読しコピーし身近な人にわたすなら、あとはマリア様ご自身が働いて下さいます。そしてあなたの購読料はマリア様の事業を支えます。あなたのマリア様に対する奉仕を神様は永遠に忘れません。

 お申し込みはEメール版は3千円、郵送版は一万円を目安に一年分のご寄付をお願いします(商契約ではありません)。こうするのは、読者の皆さんにも「受けるだけの人」のままでいるのではなく、自発的な献金と、友人知人にコピーをわたす伝道を通して「よろこんで与える人」となり、神様の祝福をもっと得ていただきたいからです。「よろこんで与える者を神は愛される」、これが私たちの宣教事業の基本理念です。

◆マテオによる聖福音10章27節
「私がやみの中で言うことを、あなたたちは明るみで言え。耳をあてて聞くことを、屋根の上から知らせよ」

◆マテオによる聖福音10章42節
「この小さい者の一人に、弟子として冷や水の一杯でも与える人があったなら、まことに私は言う。その人は報いを失わぬ」


ご注意
■ お申し込みは下記住所宛にEメール版は3千円、郵送版は一万円を目安に一年分のご寄付をお願いします(商行為でも契約でもありません)。  〒540−0004 大阪市中央区玉造1−4−14 箱舟の聖母社
■ トラブルを避けるために、必ずご本人様でお申し込み下さい。いかなる理由でも、ご送金後の返金はできません。お申し込みから登録まで2週間程度かかりますので、あしからずご了承下さい。
■ 本誌読者=「聖シャーベル修道会会員」ではありません。どのような立場の方でも歓迎いたします。
■ これを用いてマリア様の事業を攻撃する人には送付を打ち切ります。また災害・戦争など、やむを得ない事情の際も送付いたしませんが、ご了承ください。


%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%0%%

        「 箱 舟 の 聖 母 」

       2004年9月5日号 No.219

   毎週1回発行:Eメール版 年間3,000円(ご寄付)
          郵送版  年間10,000円(ご寄付)
  http://homepage1.nifty.com/charbeljapan/index.htm
      E-mail : charbeljapan@nifty.ne.jp
       ( 等幅フォントでご覧下さい!)
%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%9%%
----------------------------------------------------------------
    箱舟の聖母、
       我らが御母聖マリア、
         キリスト信者の扶(たす)け
----------------------------------------------------------------
 マリア様を喜ばせましょう。マリア様はあなたの小さな奉仕にも大きな恵
みで報いて下さいます。あなたが愛する人の救いのために「箱舟の聖母」を
役立ててください。「箱舟の聖母」は宣教誌です。購読しコピーし身近な人
にわたすなら、あとはマリア様ご自身が働いて下さいます。そしてあなたの
ご寄付はマリア様の事業を支えます。あなたのマリア様に対する奉仕を神様
は永遠に忘れません。
----------------------------------------------------------------

◆今週号の目次

 1.153本の聖ヨゼフの百合
 2.リトル・ペブルに与えられたメッセージ
 3.反キリスト、ロード・マイトレイヤについての警告
 4.編集後記




----------------------------------------------------------------
1. 153本の聖ヨゼフの百合
----------------------------------------------------------------
【 第79章 】

 マリア様は聖霊の花嫁です。聖霊はマリア様の中に住んでいらっしゃいま
す。聖霊を隠れた神と言ったりしますが、マリア様を愛するとき、聖霊も
愛しているのです。マリア様を通して、マリア様とともにいつも必ず聖霊は
働きますから、マリア様を愛し、マリア様に近づいた度合が、ある霊魂の中
での聖霊の働きの度合です。聖ヨゼフほどマリア様を愛し、マリア様に近づ
いた人はこの世に誰もいません。マリア様への愛も一致も聖ヨゼフは「完全」
だったのです。ですから聖ヨゼフほど聖霊を愛した人もまたいないのです。
そのため聖ヨゼフの中で聖霊は非常に活発に、自由自在に働きました。もち
ろん今も聖霊は他のいかなる聖人よりもはるかに聖ヨゼフを通して活発に
働き続けています。

 神の愛である聖霊は聖ヨゼフのいと清き御心の愛に、聖霊に似た性質を
与えています。聖霊は聖ヨゼフのいと清き御心から燃えたつ愛の炎となって、
私たちを神の方に、神に近づくようにと押し上げるのです。それは聖霊が、
神を愛させる神であり、御父と御子の交わりに私たちをも入れる神だからで
す。この聖霊の働きと一致した聖ヨゼフの愛の炎の働きは、聖ヨゼフのいと
清き御心の愛の奥義のひとつです。知られぬままになっているからです。
私たちが御父を愛したい、御子を愛したい、マリア様を愛したいと、愛す
べき方に向かうとき、聖ヨゼフは、いわば、私たちの背中を押して近寄らせ
てくださるのです。こんな素晴らしい助け手が知られず、こんな力強い助け
が、積極的に求められていないのは悲しいことです。聖ヨゼフを愛し、彼に
お願いし、助けてもらうだけで、どれほど私たちは愛する方にもっと近寄れ
るかしれません。

 聖ヨゼフは私たちを限りなく愛してくださっています。そしてご自分の
いと清き御心を私たちに与え、私たちの貧しい心とご自分の御心を交換する
ことを望んでいらっしゃいます。そうすれば私たちが、この世でもう一人の
聖ヨゼフになって働けるからです。もう一人の聖ヨゼフとなった人は、神を
愛することだけでは満足できなくなるのですよ。人々に神を愛させたいとい
う、聖ヨゼフと同じ望みに燃え始めてしまうのです。「私がもっと神を愛し、
神を愛させることができるようにと祈ってください」と手紙に書いた、聖ヨ
ゼフと同じ霊性に生きた誰かさんのように。そうです。もう一人の聖ヨゼフ
ともいうべき幼きイエズスの聖テレジアのことです。お二人の御心で聖霊は
自由自在に働いたのですね。そしてお二人をセラフィムのように愛で灼熱さ
せ、人々を神の方に押し上げるために、人々の足の下に身を踏み台のように
置かせたのですね。私たちも本当にそうなってみたいものですね。



----------------------------------------------------------------
2.私たちの主と私たちの聖母によって、「リトル・ペブル」とナウラの
 ゲッセマネ共同体の神秘家「ローズ・オブ・ホーリー・イノセント」に
 与えられたメッセージ
− No.627 2004年8月15日 聖母の被昇天の祝日 その(2)−
----------------------------------------------------------------

 …… 前号の続き ……

ローズ・オブ・ホーリー・イノセント:
 リトル・ペブルに私たちの主がお話しになっている間、聖母が私をご覧に
なっているのを私は見ていました。聖母の汚れなき心はあらわになっており、
その中から地球が出現しました。聖母は微笑んでいらっしゃいました。また
私は金色の弓を持っている聖アモール・デイを見ました。彼は聖母の手から
弓を取り、矢を地球の方に向けました。そして私は矢が地球の回りを回るの
を見ました。多くの光を放射しながら。その時、数多くの人々が光の上に
現れ始めました。そして世界をめぐる光の上を歩きました。

 それから私は聖ミカエルが降りて来られるのを目にしました。聖ミカエル
は剣を投げられて、それは世界を突き刺しました。そして世界は震え始めま
した。そして雷、稲妻、自然災害、竜巻、洪水が出現しました。泣き声、す
すり泣き、叫び声が聞こえました。しかし、光の上にいる霊魂たちは平和で
した。彼らは光に沿って歩み続けながら祈っていました。

 私の関心は、聖母が持っていらっしゃる箱舟に引き寄せられました。その
扉は開きました。扉のところにはリトル・ペブルがいました。彼は手に二つ
の鍵を持っていました。そして光の上にいるすべての人々は彼に彼の前に
ひざまづきました。リトル・ペブルは彼らを祝福し、扉を開け、そして人々
を箱舟の中に導きました。世界は消失し、聖母は箱舟を持ったまま残られま
した。そしてそれを彼女の心の近くに引き寄せられました。聖母は泣き始め
られ、聖母の涙は箱舟の中に消えていきました。

 聖母は箱舟を置かれました。そして聖母、聖人たち、天使たちはひざまづ
かれました。そして主は白い十字架から出現してこられる永遠の御父の現存
をお知らせになりました。御父は、私たちの主と全く同様のお召し物でした。
御父の微笑は愛に満ちています。そして御父のケープは後ろに続いています。
永遠の御父も、ダイヤモンドでできた美しいを冠をかぶっていらっしゃいま
す。御父は進み出てこられ、私は御父がリトル・ペブルの前にお立ちになっ
たのを見ることができます。御父はリトル・ペブルに接吻なさいます。額に。
そして三回、彼の頭の十字架の印をたどられました。

 永遠の御父の心から、「光の玉」が出現します。それは純白の光であり、
そしてリトル・ペブルの心の中に消えていきます。その時私は彼の体が完全
にこの光の中に浸されるのを見ました。私たちの主人の傷の五つの箇所は、
リトル・ペブルの上に複製されました。そしてそのそれぞれにルビーの宝石
が現れました。それぞれの宝石の中には開かれていない巻物が見えます。

 永遠の御父はリトル・ペブルに微笑まれます。そしてここにいる人々皆を
ご覧になります。永遠の御父は投げキスをなさり、そして投げキスの中に、
私はいくつもの小さな宝箱を見ることができます。そしてそれらのそれぞれ
は、チャペルの中の霊魂の頭上にとどまります。宝箱のいくつかは、その下
の霊魂たちの心の中に消えていきます。彼らの頭上の上にとどまったままに
なっている宝箱もあります。いくつかの宝箱は閉じられたままです。開いて
いる箱もあります。それぞれの霊魂たちの横に天使が現れます。そして宝箱
が閉じられているところでは、天使が鍵を持っているのを私は見ることがで
きます。永遠の御父は皆を祝福なさいます。そして彼の神なる息子イエズス
の隣に来られました。

 聖母は私の方に進み出て来られ、十字架の印をなさいます。

聖母:
 私はあなたに挨拶します、わが娘、わが小さきローズ・オブ・ホーリ・イ
ノセント、そしてわが汚れなき心の中の「宝」! 私は我が小さな「白い岩」、
わが「リトル・アブラハム」、わが小さな「ペトロ二世」に挨拶します。私
はまたわがブロサード司教、「リトル・ヨハネ」、我が司祭なる息子たち、
ここにそして世界中にいるすべてのわが子供たちに挨拶します。

 わが甘美なる子供たちよ、私はこの特別な祝日に、わが心の中の喜びと
ともに来ました。今日起こったすべてのことは、愛の涙に満ちたわが心を
満ち溢れさせました。今日は新しい始まりです。今日叙階されたわが司祭な
る息子たちのみならず、わが「リトル・アブラハム」にとって、聖シャーベ
ル修道会にとって、ここにそして世界中にいるわが忠実な選ばれた者たち
全てにとって。今日、私たちの一致した心の勝利に向けての彼らの旅が始ま
ります。多くの悲しみ、多くの苦悶、多くの裏切りが、ここにいるわが子供
たちの心に投げ込まれてきました。しかし今やこの重みを持ち上げて、わが
子供たちが彼らの十字架を取り、私たちの心の勝利の光へと向けて前進する
時です。

 私はわが子供たちのすべてに、世界平和のためのみならず、わが忠実な選
ばれた者たちすべての心の中の平和のために祈るように求めます。なぜなら、
世界中のわがさまよえる子供たちのすべてのために、光の「灯台」となるで
あろう者たちは彼らだからです。まもなく我がリトル・アブラハムは彼の
世界旅行を始めるでしょう。わが迷える羊たちの全てを集めながら。彼は
これらの霊魂たちをわが心のもとに連れ戻すでしょう。この母院に。わが
忠実な者たちが強いときにのみ、彼らの心の内にすべての愛をもって彼らが
十字架を担う時にのみ、彼は彼らを連れ戻すことができるでしょう。なぜな
ら、彼らはわがリトル・アブラハムの傍らで多くのことを成し遂げなければ
ならないからです。

 わがリトル・アブラハムが彼の旅行を始めるときには、彼は一人で行くこ
とにはならないでしょう。なぜならわが司祭なる息子たちもまた、わが息子
の羊たちを集めながら同様の世界旅行をするであろうからです。懲罰が地上
を打つ前に、彼らを群れの中に連れ戻しながら。なぜなら間もなく永遠の
御父は、人類に「正義の剣」を下されるであろうからです。わが忠実な子供
たち皆を強く保つものは、祈り、希望、信仰そして愛のみです。私は彼らに、
一致しつづけるように、わがリトル・アブラハムと一致しつづけるように、
そしてあなたがたの兄弟たち、そして姉妹たちと一致し続けるように求めま
す。なぜなら彼らは彼の「碇(いかり)」だからです。

 間もなく数多くの懲罰がもたらされるでしょう。しかしそれらと共に数多
くの奇跡も起こるでしょう。それらの奇跡はリトル・アブラハム、わが心の
わが配偶者が、神の選ばれた預言者であるということを世界に示すために
もたらされるでしょう。私は我がすべての子供たちに、これらの驚くべき
出来事を目撃することを望みます。彼らは、真理を証しせねばなりません。
その真理とは、わが配偶者です。私はすべてのわが子供たちを愛しています。
そして私は彼らに、わが汚れなき心からの祝福を送ります。父と子と聖霊の
御名によって、アーメン。

ローズ・オブ・ホーリ・イノセント:
 私は、神聖なる愛のリトル・ペブルの配偶者である聖母の像を聖アモール・
デイが指さしているのを見ることができます。彼は微笑んでいます。そして
全ての天使たち、永遠の御父、聖母と主が像をご覧になっています。皆様が
それをご覧になる時、聖母の栄光の冠が現れます。そして、聖母の御胸に、
結婚写真が見えます。聖母とリトル・アブラハムが聖母の御胸に見えます。
そして聖母の頭上には栄光の冠の上には、虹と光の星があります。

リトル・ペブル:
 聖母は今私たちの主のそばに帰って行かれました。そして永遠の御父は
去って行かれました。御父がチャペルの中にお入りになり、そしてローズ・
オブ・ホーリ・イノセントが、見えたものを描写していたとき、私は御父の
非常に長い青のケープに、非常に小さな赤ん坊たちが座り、あるいは遊んで
いるのを見ました。実際のところ、私はほとんど笑い出しそうになりました。
しかしそのようなことをしていれば気を散らすことになったことでしょう。
彼らは皆無垢な子供たちであり、ケープの上で遊んでいました。

 聖母は微笑んでおられます。私たちの主も。イエズス様は、ブロサード
司教、そして全ての司祭たちに今、十字架の印をするようにお求めになりま
す。イエズス様が司祭たちを通して私たち皆を祝福なさることができるよう
に。

ブロサード司教と司祭たち:
 全能の神がみなさんを祝福なさいますように。父と子と聖霊。アーメン。

リトル・ペブル:
 イエズス様は純白の子羊を祭壇の上に置かれました。そして聖母はそこに
美しいバラを置かれました。バラは横たわってはいません。それは子羊の前
に立っています。そしていかなる根もなしに育っているように見えます。そ
れは今中に浮きそして回転します。バラは回転しつつ、その花びらは飛び
散り、このチャペルの中にいる霊魂たちの上に漂ってきます。イエズス様と
マリア様が私たちを今祝福なさいます。

イエズスとマリア:
 父と子と聖霊の御名によって、アーメン。

リトル・ペブル:
 今、お二人はお帰りになります。お二人は振り返られるのではなく、後方
へと滑って行かれます。それはカメラのズームレンズの効果のようです。十
字架へとお二人が帰って行かれるとき、聖人たち、天使たちがそれに続きま
す。いくつかの非常に特別な写真が今日撮られるであろうと私は信じていま
す。

 ロザリオの最後の一連を唱えることにしましょう。そして聖母の被昇天を
たたえて聖歌を歌いましょう。

 …… 次号に続く ……



----------------------------------------------------------------
4.反キリスト、ロード・マイトレイヤについての警告
----------------------------------------------------------------
マリア様からの警告 1995年11月4日 No.214

 反キリストの天使は今、地上を歩き回り、霊魂に獣のしるしをつけていま
す。ですから、祈りなさい。あなたたちの家に準秘跡を置かないなどという
危険を犯してはなりません。



----------------------------------------------------------------
5.編集後記
----------------------------------------------------------------
 時期は未定ですが、名古屋近辺において2つの講演会が予定されていま
す。一つはリトル・ペブルさんの講演会「時の終りと新しい黄金時代」(The
End of Time and the New Golden Age)です。もう一つは聖シャー
ベル修道会の2人のシスターであり幻視者でもある、マザー・シャーリーと
シスター・ルースによる講演会で、その場でご出現があり、天のメッセージ
を伝えるそうです。

 どちらもオープンで、誰でも参加できる集会にしたいと考えています。
皆さんのご協力をお願いいたします。ボランティアスタッフが必要です。

「天からのメッセージ」に版権はありません。天はできるだけ多くの人々が
メッセージを読むことをお望みです。どうぞ友人知人に「天からのメッセー
ジ」を伝えて下さい。コピーして配布して下さい。

 編集室では、メッセージの翻訳ボランティアを募集しています。できるな
ら、カトリック信者で専門用語に強い方を希望しています。

 また皆様からのご質問、ご感想をお待ちしております。関連情報をお持ち
でしたらお寄せ下さい。
 
 次回「箱舟の聖母」は9月12日頃、発行を予定しています。

----------------------------------------------------------------
編集・発行:聖シャーベル修道会
スタッフ :Deacon Jean-Marie of the Risen Son of God(復活された
      神の子のジャン・マリー助祭)  Kolbe-Marie
----------------------------------------------------------------
お申込み、ご質問、ご感想は下記までお願いします。

  〒540−0004
   大阪市中央区玉造1−4−14
   聖シャーベル修道会

  E-mail : charbeljapan@nifty.ne.jp

 お申し込みはEメール版は3千円、郵送版は一万円を目安に、一年分のご
寄付をお願いします(商契約ではありません)。こうするのは、読者の皆さ
んにも「受けるだけの人」のままでいるのではなく、自発的な献金と、友人
知人にコピーをわたす伝道を通して「よろこんで与える人」となり、神様の
祝福をもっと得ていただきたいからです。「よろこんで与える者を神は愛さ
れる」、これが私たちの宣教事業の基本理念です。
----------------------------------------------------------------
%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%0%%

(C)日本における「聖シャーベル修道会の共同体」
      設立の促進と援助のための事務所
 http://homepage1.nifty.com/charbeljapan/index.htm
    E-mail : charbeljapan@nifty.ne.jp

%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%5%%




[HOME] [戻る]