「箱舟の聖母」バックナンバー
2004年8月29号No.218

 マリア様を喜ばせましょう。マリア様はあなたの小さな奉仕にも大きな恵みで報いて下さいます。あなたが愛する人の救いのために「箱舟の聖母」を役立ててください。「箱舟の聖母」は宣教誌です。購読しコピーし身近な人にわたすなら、あとはマリア様ご自身が働いて下さいます。そしてあなたの購読料はマリア様の事業を支えます。あなたのマリア様に対する奉仕を神様は永遠に忘れません。

 お申し込みはEメール版は3千円、郵送版は一万円を目安に一年分のご寄付をお願いします(商契約ではありません)。こうするのは、読者の皆さんにも「受けるだけの人」のままでいるのではなく、自発的な献金と、友人知人にコピーをわたす伝道を通して「よろこんで与える人」となり、神様の祝福をもっと得ていただきたいからです。「よろこんで与える者を神は愛される」、これが私たちの宣教事業の基本理念です。

◆マテオによる聖福音10章27節
「私がやみの中で言うことを、あなたたちは明るみで言え。耳をあてて聞くことを、屋根の上から知らせよ」

◆マテオによる聖福音10章42節
「この小さい者の一人に、弟子として冷や水の一杯でも与える人があったなら、まことに私は言う。その人は報いを失わぬ」


ご注意
■ お申し込みは下記住所宛にEメール版は3千円、郵送版は一万円を目安に一年分のご寄付をお願いします(商行為でも契約でもありません)。  〒540−0004 大阪市中央区玉造1−4−14 箱舟の聖母社
■ トラブルを避けるために、必ずご本人様でお申し込み下さい。いかなる理由でも、ご送金後の返金はできません。お申し込みから登録まで2週間程度かかりますので、あしからずご了承下さい。
■ 本誌読者=「聖シャーベル修道会会員」ではありません。どのような立場の方でも歓迎いたします。
■ これを用いてマリア様の事業を攻撃する人には送付を打ち切ります。また災害・戦争など、やむを得ない事情の際も送付いたしませんが、ご了承ください。


%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%0%%

        「 箱 舟 の 聖 母 」

       2004年8月29日号 No.218

   毎週1回発行:Eメール版 年間3,000円(ご寄付)
          郵送版  年間10,000円(ご寄付)
  http://homepage1.nifty.com/charbeljapan/index.htm
      E-mail : charbeljapan@nifty.ne.jp
       ( 等幅フォントでご覧下さい!)
%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%8%%
----------------------------------------------------------------
    箱舟の聖母、
       我らが御母聖マリア、
         キリスト信者の扶(たす)け
----------------------------------------------------------------
 マリア様を喜ばせましょう。マリア様はあなたの小さな奉仕にも大きな恵
みで報いて下さいます。あなたが愛する人の救いのために「箱舟の聖母」を
役立ててください。「箱舟の聖母」は宣教誌です。購読しコピーし身近な人
にわたすなら、あとはマリア様ご自身が働いて下さいます。そしてあなたの
ご寄付はマリア様の事業を支えます。あなたのマリア様に対する奉仕を神様
は永遠に忘れません。
----------------------------------------------------------------

◆今週号の目次

 1.153本の聖ヨゼフの百合
 2.リトル・ペブルに与えられたメッセージ
 3.反キリスト、ロード・マイトレイヤについての警告
 4.編集後記




----------------------------------------------------------------
1. 153本の聖ヨゼフの百合
----------------------------------------------------------------
【 第78章 】

イエズスの次の言葉を聞いてください。

「……二人には、一つしか心配がなかった。聖なる者、神から来た私にとっ
 て、今の土地ができるだけ住みづらくないようにすることであった。これ
 は親、また信仰者の愛で、その愛とは、余分な仕事をして得た収入で買っ
 た小山羊、木くずにきざんだ小さなおもちゃ、自分たちの口には入れずに、
 私のためだけに手にする何がしかの果物にまでに至る、思いやりであった。
 地上の、私の愛する養父、あなたは神にどんなに愛されたことか。天の
 いと高きところにいます父なる神、この世で救い主となった子である神に、
 どんなに愛されたことか。……」(1)

「……幼子であったので世間を知らなかった間、私は天国さえも懐かしく思
 わなかった。父なる神と霊なる神とは、私のそばに現存していたし、マリ
 アは、神に満ち溢れていたからである。天使たちも、そこに住んでいた。
 なぜなら、その家から離れさせることは何もなかったからである。その上
 に天使の一人は、ヨゼフにおいて肉体となったと言いたいくらいであった。
 なぜなら、肉体の荷から解放されたかの人は、神と、その子とに仕える
 ことだけに専念して、セラフィムたちが愛するように、神を愛すること
 だけを何よりも気にかけていたからである。おお、ヨゼフのまなざし!
 それは地上の、この世の邪欲を知らない星のように、いつも穏やかで清い
 ものであった。ヨゼフは私たちの安らぎ、私たちの力であった。…」(2)

 あなたは幼いころの記憶はいつから始まりますか? 幼いころ、毎日どれ
ほど父から愛情を注がれても、私たちは残念なことに、ある時までは全く
記憶に残らず、その後もわずかに記憶しているに過ぎません。しかし、イエ
ズスは違います。聖ヨゼフが与えてくれたすべてを憶えています。一生にわ
たって絶え間なく激しく燃えた、聖ヨゼフのいと清き御心の御子に対する愛
をすべて知っておられ、今もすべて憶えていらっしゃるのです。そしてイエ
ズスは、彼へのご恩返しを、聖ヨゼフを愛し、聖ヨゼフを通してご自分に願
う人の祈りに応えることで果たしたいと強く望んでいらっしゃいます。それ
で聖ヨゼフのイエズスへの愛は、私たちのためにすべてを可能にしてくれる
のです。これが聖ヨゼフのいと清き御心の御子への燃え盛る愛が持つ力の
奥義のひとつです。ご自分を愛してくれた聖ヨゼフを、ご自分もどんなに愛
しているかを人々に知らせたい。ご自分の愛する聖ヨゼフを人々にも愛させ
たい。これがイエズスの強い願いなのです。

 聖ヨゼフにとってイエズスはすべてでした。何の誇張もなく、偽りもなく
そうなのです。イエズスは原罪をもって生まれた人々の中で、聖ヨゼフから
の愛ほど純粋で、大きな、強い、熱い、深い、広い愛をだれからも受けてい
ません。イエズスも人間の言葉で彼の愛を表現できないほどです。ただ私た
ちは天国に至ったとき、言葉という限られた媒体なしに直接に彼の愛を見、
理解するしかないのです。それまでは聖ヨゼフのいと清き御心のイエズスに
対する愛は奥義でとどまります。「愛する」という言葉の限界を人間はどう
しようもありません。

 イエズスへの愛が持つ力の奥義を、聖ヨゼフそっくりの霊魂が、びっくり
するような表現で言いあらわしました。そう。彼女です。幼きイエズスの
聖テレジア! 「私に愛を与えてください。そうすれば私は愛で地球を持ち
上げましょう!」といったのです。(もともとこれは「てこ」の原理に関す
る言葉でした)

 私たちには貧しい、弱い、小さな、不純な愛しかイエズスにささげられま
せん。でもこの私たちの愛を、聖ヨゼフのいと清き御心のイエズスへの愛に
載せましょう。私たちの火の粉のようにちっぽけな愛は、天国まで吹きあげ
られ、イエズスの玉座に運ばれます。そしてイエズスの愛は私たちに必要な
すべてを与えて、すべてを可能にしてくださるのです。

 聖ヨゼフのいと清き御心の御子に対する愛を称えましょう。彼が幼いイエ
ズスに、そして死ぬまでイエズスに尽くした愛のすべてが、永遠の炎となっ
て燃えさかっています。私たちはもっと聖ヨゼフのいと清き御心に信心を持
ちましょう。

(1)「聖母マリアの詩(上)」あかし書房 マリア・ワルトルタ著
   P269
(2) 同本 P275、276



----------------------------------------------------------------
2.私たちの主と私たちの聖母によって、「リトル・ペブル」とナウラの
 ゲッセマネ共同体の神秘家「ローズ・オブ・ホーリー・イノセント」に
 与えられたメッセージ
− No.627 2004年8月15日 聖母の被昇天の祝日 その(1)−
----------------------------------------------------------------
リトル・ペブル:
 ロザリオの始まり以来、白い十字架が非常に明るく輝き続けて、その光を
空深くまで放射しています。それは数多くのピラミッドで作られた道あるい
はトンネルの一部のピラミッドの内部に位置しています。そして、それを通
して十字架が見えます。それぞれの場所の先端には、天使がいらっしゃいま
す。聖ミカエルが一番上にいらっしゃいます。彼は非常に大きな声で「だれ
が神に等しいものか?」と叫び続けていらっしゃいます。チャペルまで続く
トンネルを形作っているピラミッドのそれぞれの先端には、聖人がお立ちに
なっています。彼らの中に私は聖シャーベル、聖ベネディクト、聖フランシ
スコ、聖ピオ神父、聖テレジア、聖ヒルデガルト、聖大グレゴリウス、パウ
ロ六世、ピオ十二世、ヨハネス二十三世、聖クレア、聖ドミニコ、聖アル
フォンソ、聖トマス・アクィナス、聖トマス・ア・ベケット、聖トマス・モ
ア、聖イザベラを見ることができます。しかしこれらの方々は、いらっしゃ
るたくさんの方々のうちのごく一部にすぎません。白い十字架から、この
トンネルを通って、もの凄い光が射してきます。私はそれをうまく説明でき
ません。

 聖ミカエルは声の限り叫び続けておられます。私はまた他の六位の大天使
を見ることができます。聖バラキエル、聖ウリエル、聖シールティエル、聖
ガブリエル、聖ラファエル、聖ジェフディエルです。これらの方々は三位
づつ聖ミカエルの両側にいらっしゃいます。そして彼らは、聖ミカエルとと
もに、神の全能を宣言なさっています。

 白い十字架が開くと、その中から、美しい光線がチャペルの中に射してき
ました。それは内部全体を照らします。そして金色と銀色の粒子の雲が建物
に、そして私たちに降りかかってきます。白い十字架の扉を通して、私は
イエズス様が王として、美しい金色と銀色の雲に乗って滑って来られるのを
見ることができます。群青色の豪華なベルベットのケープを羽織られて、王
としての威厳に非常に満ちたお姿です。そして七つの突起がある王冠をか
ぶっていらっしゃいます。主はまた白いチュニックをお召しになっています。
腰には金色の帯を締めていらっしゃいます。まことに美しいお姿です。主は
微笑んでいらっしゃいます。主の背後には、さまざまな大き、さまざまな
色、さまざまな服装、さまざまな大きさの翼を持った、数多くの天使たちが
いらっしゃいます。彼らは天の全軍を代表しており、非常に素早くイエズス
様について行かれます。

 今、私たちの主はチャペルにお入りになりました。そして聖櫃の上に立っ
ていらっしゃいます。右手には二つの鍵を持っていらっしゃいます。左手に
は光の杖をお持ちです。右手からは赤い光線が、左手からは水色の光線が出
ました。その両方は私の霊魂を貫きます。イエズス様は微笑み続けていらっ
しゃいます。天使は共同体の回りにドームを形成されました。そして聖人た
ちは、ピラミッドから降りて来られてチャペルの上に浮かんでいらっしゃい
ます。

 今、聖母が白い十字架から出てこられるのが見えます。聖母もまた、栄光
あるお召しもので、冠をかぶられています。そして私たちの主のものと同様
に、それには七つの突起があります。そしてドームのような形の光が上部に
付け加えられています。聖母のお召し物は私たちの主のお召し物に非常に
よく似ています。しかし聖母の青いケープは光の縁取りを施されています。
聖母は白い雲に乗ってこられます。そして非常に素早く来られます。聖母が
十字架から私たちの方に来られるとき、バラの花びらが聖母の外套から落ち
ます。そしてそれらは聖母の背後で「道」を形成します。これらの花びらを
服の中に集めながら聖母につき従う天使たちがいらっしゃいます。それは
私にグアダルーペのことを思い出させます。そこでは幻視者が彼のエプロン
の中にバラを集めたのでした。

 私は聖母が透き通ったベールを被られていることに気づきました。右手に
は箱舟を持っていらっしゃいます。そして注目すべきことに、左手には弓を
持っていらっしゃいます。弓をお持ちの聖母を見たことはこれまでにありま
せん。

 私たちの主の冠の後ろから、私はこれまで見ることができませんでしたが、
小さな聖アモール・デイが出てこられます。彼はとても隠れるのが得意です。
彼は出てきて私たちの主の右肩に座りました。彼はとても小さな天使です。
30センチメートルほどの背丈しかありません。彼もまた頭に小さな冠を
かぶっています。そしてほほえんでおり、金色の弓を持っています。イエズ
ス様とマリア様は微笑んでいらっしゃいます。そしてものすごい量のエネル
ギーが、お二人からこちらに来ます。箱舟、弓、そして矢はそれぞれ特徴的
な光を放っています。そしてそれらはこちらに向かいながら一つの光線とな
り、私の霊魂を貫きます。私はこのことの意味が分かりません。聖シャーベ
ルは今降りて来られて、神の母の隣にお立ちになりました。右側です。イエ
ズス様は聖シャーベルに鍵をお渡しになりました。そして右手を上げられま
した。

私たちの主:
 父と子と聖霊の御名によって、アーメン。私はあなたに挨拶する、わが愛
する息子、「終わりの時」のためのわが父の預言者、私たちの小さな「白い
岩」、「リトル・アブラハム」、「リトル・ペトロ」よ。私は我が「リトル・
ヨハネ」、わが心の司教に、そしてここにいる我がすべての司祭なる息子た
ち、そして我が恵みの子供たち、我が最も聖なる母の子供たちに挨拶する。
私は、わが心の玉座から、そしてわが最も聖なる母の玉座から、世界中にい
るあなた方皆に挨拶する!

 今日は特別な日である。なぜならそれは、わが言葉を証しするであろう
わが子供たちの多くにとって、転換点だからである。わが司祭なる息子たち
のミッションは、世界中でさまよっている羊たちを集めることになるだろう。
さらに多くの息子たちが、あなたがたの足跡に従うように呼ばれるだろう。
なぜなら世界は、わが聖なる人間性から湧き出る生きた水である御言葉を
渇き求める砂漠のようなものだからである。

 世界は、わが親愛なる子供たちよ、大いなる試練のうちにある。しかしそ
れは悲しみの始まりにすぎない。なぜなら人類は、彼ら自身の意志に従うこ
とを望んでいるからである。多くの者たちがわが言葉を見捨てた。多くの者
たちが我が招きを拒んできた。わが心の残りの者の教会はどうか。その構成
員たちは数少ない。私が地上を歩いた時と変わらない。多くの者たちが呼ば
れた。多くの者たちが私の言葉を聞いた。しかしほとんどの者が、私の側を
離れたのだ。現代もそれと変わらない。何世紀も前に私が語った言葉は今、
世界中に響いている。「私が戻るとき、私は信仰を見いだすであろうか。」

 ペトロの上に私が建てた教会は弱くなってしまった。基礎は堅固であるが。
なぜなら私が基礎だからである。しかしながら、多くの者たちが落ち、真理
のために立ち上がる牧者たちはほとんどいない。信仰の背教はここにある。
そして非常に間もなくその絶頂に達するであろう。ヨハネ・パウロ二世が
去るとき、地上における我が家のうちに闇が入り込むだろう。預言されてき
たすべての言葉が成就し、地上におけるわが家が再生されるように。

 懲罰は続いており、そして人類がひざまづき、胸を打ちながら、神に赦し
を請うまで続くだろう。その時まで、わが親愛なる子供たちよ、あなたたち
は皆、あなたたちの十字架を運び続けなければならない。くじけてはならな
い。たじろいではならない。多く与えられた者たち全ては、多くを期待され
るであろう。自らに対する神の神聖な意志を知っているすべての者たちは、
文字通りそれに従わなければならない。希望のうちにそれに従いなさい、信
頼のうちにそれに従いなさい、そして確信のうちに。すべてのことは成就す
るであろうから。なぜなら、神と我が最も聖なる母が私的にも公にも人類に
啓示してこられたことは、文字通り成就されるであろうから。

 しかし、あなたがた、わが聖なる心の甘美なる選ばれた者たちよ。あなた
がたは今、あなたがたの十字架を取らなければならない。そして落胆しては
ならない。あなたがたは信じなければならない、そして信仰を持たなければ
ならない。あなたがたの十字架をわきに置いてはならない。なぜなら、あな
たがたはそれを再び取り上げるための恩寵を持つことはないかもしれないか
ら。そしてあなたがたの生涯について証言をなすために神の玉座の前に呼ば
れるかもしれないから。

 砂時計の中の砂は今や空になった。最後の一粒は落ちた。永遠の父は、世
界に審判を下されるであろう。そして非常に間もなく、あなたがたは父の
怒りが下されるのを見るだろう。それ故、わが甘美なる子供たちよ、あなた
がたの「愛の珠」を取りなさい。わが最も聖なる母とをあなたがた自身を
一致させなさい。そして祈りなさい。犠牲を捧げ、あなたがたの罪を償いな
さい。

 あなた、我が愛する息子、わが父の預言者よ。父の言葉を述べ伝え続けな
さい。なぜならあなたの勝利は近いからである。偉大なる出来事が準備され
ている。あなたのために、この聖なる修道会のために、そして神の意志のた
めに生きているすべてのわが子供たちのために。勇気を出しなさい、そして
我が羊たちを導きながら前進し続けなさい。

 私はあなたを今、わが父と私たちの霊から祝福する。わが最も祝されし母
とともに。父と子と聖霊の御名によって、アーメン。

リトル・ペブル:
 イエズス様は今、聖母をご覧になっています。聖母は前に進み出て来られ、
私たちの2メートルほど前のところにいらっしゃいます。聖母の光はローズ
・オブ・ホーリー・イノセントの上に輝いています。そういうわけで私は今
静かにしていることにしましょう。

 …… 次号に続く ……



----------------------------------------------------------------
4.反キリスト、ロード・マイトレイヤについての警告
----------------------------------------------------------------
マリア様からの警告 1995年9月2日 No.213

 甘美なる子供たちよ、終わりは近いのです。試練は増えてくるでしょう。
試練が増えれば増えるほど、あなたたちは互いに結束しなければなりません。
反キリストと悪魔の力はすべての男性、女性、子供の生き方に及んでいます。



----------------------------------------------------------------
5.編集後記
----------------------------------------------------------------
 時期は未定ですが、名古屋近辺において2つの講演会が予定されていま
す。一つはリトル・ペブルさんの講演会「時の終りと新しい黄金時代」(The
End of Time and the New Golden Age)です。もう一つは聖シャー
ベル修道会の2人のシスターであり幻視者でもある、マザー・シャーリーと
シスター・ルースによる講演会で、その場でご出現があり、天のメッセージ
を伝えるそうです。

 どちらもオープンで、誰でも参加できる集会にしたいと考えています。
皆さんのご協力をお願いいたします。ボランティアスタッフが必要です。

「天からのメッセージ」に版権はありません。天はできるだけ多くの人々が
メッセージを読むことをお望みです。どうぞ友人知人に「天からのメッセー
ジ」を伝えて下さい。コピーして配布して下さい。

 編集室では、メッセージの翻訳ボランティアを募集しています。できるな
ら、カトリック信者で専門用語に強い方を希望しています。

 また皆様からのご質問、ご感想をお待ちしております。関連情報をお持ち
でしたらお寄せ下さい。
 
 次回「箱舟の聖母」は9月5日頃、発行を予定しています。

----------------------------------------------------------------
編集・発行:聖シャーベル修道会
スタッフ :Deacon Jean-Marie of the Risen Son of God(復活された
      神の子のジャン・マリー助祭)  Kolbe-Marie
----------------------------------------------------------------
お申込み、ご質問、ご感想は下記までお願いします。

  〒540−0004
   大阪市中央区玉造1−4−14
   聖シャーベル修道会

  E-mail : charbeljapan@nifty.ne.jp

 お申し込みはEメール版は3千円、郵送版は一万円を目安に、一年分のご
寄付をお願いします(商契約ではありません)。こうするのは、読者の皆さ
んにも「受けるだけの人」のままでいるのではなく、自発的な献金と、友人
知人にコピーをわたす伝道を通して「よろこんで与える人」となり、神様の
祝福をもっと得ていただきたいからです。「よろこんで与える者を神は愛さ
れる」、これが私たちの宣教事業の基本理念です。
----------------------------------------------------------------
%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%2%%

(C)日本における「聖シャーベル修道会の共同体」
      設立の促進と援助のための事務所
 http://homepage1.nifty.com/charbeljapan/index.htm
    E-mail : charbeljapan@nifty.ne.jp

%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%9%%




[HOME] [戻る]