「箱舟の聖母」バックナンバー
2004年8月22号No.217

 マリア様を喜ばせましょう。マリア様はあなたの小さな奉仕にも大きな恵みで報いて下さいます。あなたが愛する人の救いのために「箱舟の聖母」を役立ててください。「箱舟の聖母」は宣教誌です。購読しコピーし身近な人にわたすなら、あとはマリア様ご自身が働いて下さいます。そしてあなたの購読料はマリア様の事業を支えます。あなたのマリア様に対する奉仕を神様は永遠に忘れません。

 お申し込みはEメール版は3千円、郵送版は一万円を目安に一年分のご寄付をお願いします(商契約ではありません)。こうするのは、読者の皆さんにも「受けるだけの人」のままでいるのではなく、自発的な献金と、友人知人にコピーをわたす伝道を通して「よろこんで与える人」となり、神様の祝福をもっと得ていただきたいからです。「よろこんで与える者を神は愛される」、これが私たちの宣教事業の基本理念です。

◆マテオによる聖福音10章27節
「私がやみの中で言うことを、あなたたちは明るみで言え。耳をあてて聞くことを、屋根の上から知らせよ」

◆マテオによる聖福音10章42節
「この小さい者の一人に、弟子として冷や水の一杯でも与える人があったなら、まことに私は言う。その人は報いを失わぬ」


ご注意
■ お申し込みは下記住所宛にEメール版は3千円、郵送版は一万円を目安に一年分のご寄付をお願いします(商行為でも契約でもありません)。  〒540−0004 大阪市中央区玉造1−4−14 箱舟の聖母社
■ トラブルを避けるために、必ずご本人様でお申し込み下さい。いかなる理由でも、ご送金後の返金はできません。お申し込みから登録まで2週間程度かかりますので、あしからずご了承下さい。
■ 本誌読者=「聖シャーベル修道会会員」ではありません。どのような立場の方でも歓迎いたします。
■ これを用いてマリア様の事業を攻撃する人には送付を打ち切ります。また災害・戦争など、やむを得ない事情の際も送付いたしませんが、ご了承ください。


%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%0%%

        「 箱 舟 の 聖 母 」

       2004年8月22日号 No.217

   毎週1回発行:Eメール版 年間3,000円(ご寄付)
          郵送版  年間10,000円(ご寄付)
  http://homepage1.nifty.com/charbeljapan/index.htm
      E-mail : charbeljapan@nifty.ne.jp
       ( 等幅フォントでご覧下さい!)
%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%8%%
----------------------------------------------------------------
    箱舟の聖母、
       我らが御母聖マリア、
         キリスト信者の扶(たす)け
----------------------------------------------------------------
 マリア様を喜ばせましょう。マリア様はあなたの小さな奉仕にも大きな恵
みで報いて下さいます。あなたが愛する人の救いのために「箱舟の聖母」を
役立ててください。「箱舟の聖母」は宣教誌です。購読しコピーし身近な人
にわたすなら、あとはマリア様ご自身が働いて下さいます。そしてあなたの
ご寄付はマリア様の事業を支えます。あなたのマリア様に対する奉仕を神様
は永遠に忘れません。
----------------------------------------------------------------

◆今週号の目次

 1.153本の聖ヨゼフの百合
 2.マリー・マドレーヌに与えられた神秘的体験
 3.反キリスト、ロード・マイトレイヤについての警告
 4.編集後記




----------------------------------------------------------------
1. 153本の聖ヨゼフの百合
----------------------------------------------------------------
【 第77章 】

 神様はマリア・ワルトルタへの啓示によって、聖ヨゼフのいと清き御心の
愛の奥義を私たちに教えてくださっています。聖ヨゼフの愛は利己心を知ら
ない愛、完全な愛だったとおっしゃるのです。そして彼は自然的には肉体と
心に苦しいものであったその時々の神の御旨をいつも祝福し、感謝の讃美を
たやさなかったとおっしゃるのです。そのうえ、「あってもよい物質的な
恵みをくれない神に対して、なおさら何の不満もなかった」(1)ともおっ
しゃいます。

 これらが、どれほどのことかを説明しましょう。イエズスは、人々が
「祈りの場合でも、利己心を避けるのは相当まれである」(2)とおっしゃっ
ています。それほど人の心とは利己心に満ちているのです。あなたは、たと
え利己心を避けるよう気をつけていても、無意識に近い思いで「もう少し楽
になりたいなあ」と漠然と考えることはあるでしょう? 自分をいたわり、
かわいがりたいという欲求は利己心です。これがない、しかもまったくない
という霊魂を想像できますか? あなたは「そんな人、いるわけがない! 
いたらもう人間ではない。天使です」と言ってしまうはずです。さらに御旨
をいつも祝福し、何の不満もないとはどういうことか考えてみて下さい。
あなたも神に不満を持つことはないと思っているかもしれませんが、「神様
はなんでこうしてくださないのだろう」と無意識に近い思いで漠然と考える
ことはあるでしょう? これが不満というものです。この考えすら全然起こ
らない霊魂を想像できますか? 御旨を祝福し、賛美し、感謝することしか
知らない霊魂を。「それは天使だけでしょう!」 あなたはそう言ってしま
うはずです。以上の説明で分かったと思いますが、想像を絶するという言葉
がありますよね。まさにこのことは、聖ヨゼフのいと清き御心に、大げさで
はなく、文字通り当てはまります。

 聖ヨゼフのいと清き御心の、特に御父に向かう愛には、まだ特別な奥義が
あります。私たちは主の祈りでこう言います。「天にましますわれらの父よ、
願わくは御名のとうとまれんことを。御国の来たらんことを。御旨の天に
行なわるるごとく、地にも行なわれんことを」と。私たちが「御旨が行なわ
れんことを」と言うとき、「御旨」と言っても、本当は自分の利己心から
思い描いている御旨が、今はまだ行なわれていないので、どうか行なってく
ださいと、先ほど説明した「不満」を心に持ちつつ祈っています。ところが、
心に何の不満もない聖ヨゼフは、御旨に関してのとらえ方が私たちと全く
違います。つまり、聖ヨゼフにとって、御旨とは今行なわれていることその
ものなのです。聖ヨゼフとは、まるで双子のような、同じ霊性、同じ聖徳を
持つ幼きイエズスの聖テレジアがこれを分かりやすく説明してくれます。
彼女は「イエズスがなさることはすべて好きです」と言ったのです。自分の
身に起こることすべてが好き! とは、なんと聖ヨゼフとそっくりなので
しょう! 不満の全くない、ただただ御旨を祝福する彼女もまた、「御旨」
を今、行なわれていることそのものと、とらえているでしょう? 

 ね。二人は特別です! 本当にこの二人にならいたいものですね! この
聖ヨゼフのいと清き御心の御旨への愛は、「み摂理の御父」への愛です。
この世で御父をこのように愛した方は他にいません。御父から聖ヨゼフほど
愛された方も他にいません。私たちは御父への愛に燃え盛る聖ヨゼフのいと
清き御心をもっと愛し、もっとたたえましょう。

(1)「聖母マリアの詩(上)」あかし書房 マリア・ワルトルタ著
    P269
(2) 同本 P268




----------------------------------------------------------------
2.マリー・マドレーヌに与えられた神秘的体験
----------------------------------------------------------------
 皆さんに「幻視者」「神秘家」のための祈りをひとつ紹介します。どうぞ
彼女が、この困難な使命を担っていけるようにお祈り下さい。


--------------------------------
【聖ヨゼフの百合 第138章より抜粋】

 ……幻視者・神秘家本人はもちろん、皆さんも彼らのためにどうか唱えて
あげてください。皆さんが聖ベルナデッタを表面的なものによってではなく、
彼女が幻視者として示した徳、考え方、態度の完全さ、高潔性、英雄性の
ゆえに愛し、模範とし、若い幻視者・神秘家たちを助けたいという愛の動機
でこれを祈るなら、そうする人、つまりあなたの傍らに聖ベルナデッタが
いつも保護者として付き添っていてくれます。また、ローマ・カトリックの
信者には全しょく有も与えられます。

 聖ベルナデッタ
 すべての若き幻視者・神秘家の保護者への祈り

 愛する聖ベルナデッタ、最も若く従順な幻視者よ、
 この終わりの時における世界中の若き幻視者と神秘家を
 導き照らしてください。
 彼らが天から与えられた使命を受け入れ、
 そして真理を求める 世界中のすべての若者のもとにいたるよう、
 彼らに勇気、決意、敬虔さ、謙遜を与えてください。
 私たちはこれを無原罪の御宿り(おんやどり)を通して
 いと至聖なる三位一体に懇願します。


聖母が1993年7月13日にリトル・ペブルに語られた。「私はこの祈り
を祝福します。そしてこの祈りを真の信心を持って唱える者に対して、この
祈りにミサ聖祭100回にあたる全しょく有を与えます。聖ベルナデッタが
彼ら(この祈りを唱える人)の傍らにいるでしょう」



--------------------------------
2004年8月13日
--------------------------------
この痛みについて記します。

印を求めていますがもういただいているのでしょうか、不安があって祈りま
したらやはり痛みがあるので記します。

2時間ほど寝てしまったあとから夕方5時半過ぎだと思います。

右の後ろの腰からまっすぐ前へつまり、お腹までですが、痛みを感じました。

息がすえない状態で何かと思い、この苦痛が主の御旨であるならばおささげ
しますと祈りました。

毎日の痛みの中で「イエズス様の十字架の痛みは比べ物にならないほどなの
だ」と思わされています。

実際、家族といるときも痛みが着て、午前中など暑さと痛みで汗がでます。

今の体の状態です。

ご報告します。

私の体を主に捧げます。

無知で、無学で、無能な罪人である私を捧げます。


[サイン]
ザ・リトル・ペブル



----------------------------------------------------------------
4.反キリスト、ロード・マイトレイヤについての警告
----------------------------------------------------------------
マリア様からの警告 1995年8月15日

 選ばれた戦士よ、あなたのミッションはこれから発展するでしょう。あな
たは多くのことを求められるでしょう。そして多くのことは、あなたの理解
力や甘美なる子らの理解を越えているでしょう。恐れてはなりません、永遠
の御父はあなたと終わりの時の選ばれた使徒たち皆を見守っておられるので
すから。あなたたちは皆、黙示録の子らであり、わが神なる息子の愛された
聖ヨハネが黙示録の啓示を受けた時、あなたたちは皆まさしくその時にいた
のです。汚れなき御心によって彼は未来を見るための多くの光を与えられた
からです。

 この光は「リトル・ヨハネ」にも与えられました。今まさにこの時におい
て大いなる識別が必要とされています。なぜなら、反キリストと反使徒、
反弟子たちが甘美なる子らを迷わせ、誤り導くために必死になっているから
です。愛する息子たちよ、選ばれた使徒たち、弟子たちよ、あなたたちに
よって多くのことが与えられるでしょう。そして、あなたたちには多くの
ことが求められるでしょう。汚れなき御心があなたたちの避難所であること
を常に覚えておきなさい。

 あなたたちが担っている十字架は真の教会の十字架です。それはまた今
現在存在している教会の内部において行われている犯罪を償うための十字架
でもあります。わが神なる息子は鞭打たれているからです。そして、汚れな
き御心は刺し貫かれているからです。かくも多くの欺瞞がわが神なる息子の
教会に侵入したのを目にして。唯一の聖なるローマ・カトリックの使徒継承
の教会しか存在しえないのです。存在している他の諸教会は当座の間だけの
ものです。時が来れば、大警告が来れば、大いなる浄めが起こるでしょうか
ら。この浄めは「太陽をまとった婦人」からもたらされます。私のマンティ
ラは永遠の御父、天に在しますわれらの父の御旨によって、この地上に、地
を浄めの炎で包むためにもたらされるでしょう。この炎は地上に存在するだ
けではなく、小さき子らの霊魂の内深くにも存在することになるでしょう。
そして彼らはそれを感じるでしょう。彼らは自らの罪をことごとく知るよう
になるでしょう。そして神を畏れるでしょう。正しい者は小羊に従い、正し
くない者は獣に従うでしょう。

 よく聞きなさい、小さき子らよ、私の言葉は全て実現するでしょう。それ
は私のものであるばかりでなく、私を遣わされた一なる三位のものであるか
らです。汚れなき御心の内に住まわれる聖霊は、私たちと分離されてはいな
いのです。私のマンティラ、すなわち太陽は、正義、神の真の正義を表わす
のです。

 心を開きなさい、小さき子らよ。恐れてはなりません。そして、あなたた
ちが呼ばれる所へ行きなさい。最後には汚れなき御心は勝利し、蛇は踏み砕
かれるでしょう。私はあなたたちを必要としています、私のものよ、真の
信仰のわが戦士たちよ。私はあなたたちに、強く堅固で真実であることを
求めます。私はあなたたちの祈り、犠牲、そして霊魂を強めるために、あな
たたちが献げる全てを必要としています。今かつてないほどに激しく、邪悪
な者はあなたたちを弱めようとしているからです。神の御旨に従いなさい。
聞き従うことを恐れてはなりません。



----------------------------------------------------------------
5.編集後記
----------------------------------------------------------------
 時期は未定ですが、名古屋近辺において2つの講演会が予定されていま
す。一つはリトル・ペブルさんの講演会「時の終りと新しい黄金時代」(The
End of Time and the New Golden Age)です。もう一つは聖シャー
ベル修道会の2人のシスターであり幻視者でもある、マザー・シャーリーと
シスター・ルースによる講演会で、その場でご出現があり、天のメッセージ
を伝えるそうです。

 どちらもオープンで、誰でも参加できる集会にしたいと考えています。
皆さんのご協力をお願いいたします。ボランティアスタッフが必要です。

「天からのメッセージ」に版権はありません。天はできるだけ多くの人々が
メッセージを読むことをお望みです。どうぞ友人知人に「天からのメッセー
ジ」を伝えて下さい。コピーして配布して下さい。

 編集室では、メッセージの翻訳ボランティアを募集しています。できるな
ら、カトリック信者で専門用語に強い方を希望しています。

 また皆様からのご質問、ご感想をお待ちしております。関連情報をお持ち
でしたらお寄せ下さい。
 
 次回「箱舟の聖母」は8月29日頃、発行を予定しています。

----------------------------------------------------------------
編集・発行:聖シャーベル修道会
スタッフ :Deacon Jean-Marie of the Risen Son of God(復活された
      神の子のジャン・マリー助祭)  Kolbe-Marie
----------------------------------------------------------------
お申込み、ご質問、ご感想は下記までお願いします。

  〒540−0004
   大阪市中央区玉造1−4−14
   聖シャーベル修道会

  E-mail : charbeljapan@nifty.ne.jp

 お申し込みはEメール版は3千円、郵送版は一万円を目安に、一年分のご
寄付をお願いします(商契約ではありません)。こうするのは、読者の皆さ
んにも「受けるだけの人」のままでいるのではなく、自発的な献金と、友人
知人にコピーをわたす伝道を通して「よろこんで与える人」となり、神様の
祝福をもっと得ていただきたいからです。「よろこんで与える者を神は愛さ
れる」、これが私たちの宣教事業の基本理念です。
----------------------------------------------------------------
%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%2%%

(C)日本における「聖シャーベル修道会の共同体」
      設立の促進と援助のための事務所
 http://homepage1.nifty.com/charbeljapan/index.htm
    E-mail : charbeljapan@nifty.ne.jp

%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%2%%




[HOME] [戻る]