「箱舟の聖母」バックナンバー
2004年8月15号No.216

 マリア様を喜ばせましょう。マリア様はあなたの小さな奉仕にも大きな恵みで報いて下さいます。あなたが愛する人の救いのために「箱舟の聖母」を役立ててください。「箱舟の聖母」は宣教誌です。購読しコピーし身近な人にわたすなら、あとはマリア様ご自身が働いて下さいます。そしてあなたの購読料はマリア様の事業を支えます。あなたのマリア様に対する奉仕を神様は永遠に忘れません。

 お申し込みはEメール版は3千円、郵送版は一万円を目安に一年分のご寄付をお願いします(商契約ではありません)。こうするのは、読者の皆さんにも「受けるだけの人」のままでいるのではなく、自発的な献金と、友人知人にコピーをわたす伝道を通して「よろこんで与える人」となり、神様の祝福をもっと得ていただきたいからです。「よろこんで与える者を神は愛される」、これが私たちの宣教事業の基本理念です。

◆マテオによる聖福音10章27節
「私がやみの中で言うことを、あなたたちは明るみで言え。耳をあてて聞くことを、屋根の上から知らせよ」

◆マテオによる聖福音10章42節
「この小さい者の一人に、弟子として冷や水の一杯でも与える人があったなら、まことに私は言う。その人は報いを失わぬ」


ご注意
■ お申し込みは下記住所宛にEメール版は3千円、郵送版は一万円を目安に一年分のご寄付をお願いします(商行為でも契約でもありません)。  〒540−0004 大阪市中央区玉造1−4−14 箱舟の聖母社
■ トラブルを避けるために、必ずご本人様でお申し込み下さい。いかなる理由でも、ご送金後の返金はできません。お申し込みから登録まで2週間程度かかりますので、あしからずご了承下さい。
■ 本誌読者=「聖シャーベル修道会会員」ではありません。どのような立場の方でも歓迎いたします。
■ これを用いてマリア様の事業を攻撃する人には送付を打ち切ります。また災害・戦争など、やむを得ない事情の際も送付いたしませんが、ご了承ください。


%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%0%%

        「 箱 舟 の 聖 母 」

       2004年8月15日号 No.216

   毎週1回発行:Eメール版 年間3,000円(ご寄付)
          郵送版  年間10,000円(ご寄付)
  http://homepage1.nifty.com/charbeljapan/index.htm
      E-mail : charbeljapan@nifty.ne.jp
       ( 等幅フォントでご覧下さい!)
%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%8%%
----------------------------------------------------------------
    箱舟の聖母、
       我らが御母聖マリア、
         キリスト信者の扶(たす)け
----------------------------------------------------------------
 マリア様を喜ばせましょう。マリア様はあなたの小さな奉仕にも大きな恵
みで報いて下さいます。あなたが愛する人の救いのために「箱舟の聖母」を
役立ててください。「箱舟の聖母」は宣教誌です。購読しコピーし身近な人
にわたすなら、あとはマリア様ご自身が働いて下さいます。そしてあなたの
ご寄付はマリア様の事業を支えます。あなたのマリア様に対する奉仕を神様
は永遠に忘れません。
----------------------------------------------------------------

◆今週号の目次

 1.153本の聖ヨゼフの百合
 2.報道機関への公式声明
 3.マリー・マドレーヌに与えられた神秘的体験
 4.反キリスト、ロード・マイトレイヤについての警告
 5.編集後記




----------------------------------------------------------------
1. 153本の聖ヨゼフの百合
----------------------------------------------------------------
【 第76章 】

 ロシアは共産主義の時代に家庭がすさまじい有り様になってしまった国
です。今はアルコール中毒、麻薬、黒魔術、売春等々、目を覆いたくなる
惨状です。家庭に関して言えば、共産主義者たちは男らしさ、女らしさを
否定しました。女性に男性と同じ役割を与えたのです。ここから家庭はだめ
になってゆきました。女性が女性らしくなくなったら、男性も男性らしく
なくなってゆきました。力があって荒々しいだけです。家庭の精神的柱で
指導者、家庭の経済の大黒柱である責任。こどもをしつけ、社会的訓練を
施す重大な責任を負わなくなりました。今のロシアの父親の多くは、一日中
ウォッカを飲んで、妻や子に暴力を振るうだけの存在です。これらが女性が
女性らしくなくなったところから始まったことに注目してください。自由
主義諸国でも同じことが進行中です。そして父親の役割を果たせない、男ら
しくない男性(もちろん力はあるし、荒々しいです)が若い人の間でほとん
どになってきました。家庭のあり方、子供の訓練、しつけのあり方は大きく
変わり、子どもはダメになってきています。小学校教師の何人もから聞きま
した。年々子供は悪くなっていますが、女の子の方がより悪くなっています
と。男の子より女の子を親がチヤホヤして養育するからだそうです。日本の
若い親たちは、子供をペット扱いにしかできなくなったようですね。しつけ、
訓練する男らしい父は、天然記念物か絶滅危惧種のようにめったに見ない
存在になりました。社会の論評では、男らしいとか女らしいとかは使っては
いけない語彙だそうです。しかし、神様はそんなことは言いませんよ。男ら
しさは男性の重要な徳です。女らしさは女性の重要な徳です。今は女の子の
方が悪いと現場の先生が言いますが、家庭で女の子の方が誰にも支配されず、
誰にも仕えなくていい立場にあるのです。女性らしさの徳は、献身的に仕え
るところにあります。聖パウロの教えですよ。この女の子たちがそのまま
大きくなるとどうなるのでしょうね。男性らしさの徳は、献身的に支配する
ところにあります。これも聖パウロの教えですよ。横暴に支配することの逆
です。しかし徳とは、繰り返し訓練してはじめて身につき、さらに訓練して
ますます磨いていかなければならないものです。今の日本には女の子たちに
献身的に仕える訓練の場が全くありません。男の子たちに献身的に支配する
訓練の場が全くありません。男が支配するのは、とにかく、どんな支配のあ
り方でも間違っていると社会と学校と、そして家庭までが教えているのです
から。

 男らしさの徳、女らしさの徳を家族の全メンバーがそれぞれ身につけるこ
とができるかどうかは、共同体の中に生きる家族の問題です。社会をそのま
ま家庭は持ち込んでくるのですから。そしてこのままではロシアの家庭の
二の舞いになってゆきます。共同体では幸い、共同の祈りの時、聖パウロが
教えているように祭壇に仕え、神への奉仕を受け持つ役割を、祈りのリード
から朗読に至るまで男性と男の子に受け持たせ、家庭での祈りの時、聖ヨゼ
フの模範にあるようにリードするのは男性と男の子に受け持たせ、献身的に
リードする実地訓練の場とすることができますね。家庭や共同体での仕事で
も、荒い、力のいる、よごれることを、そして段取りとリードを男性と男の
子に任せることで、献身的に支配する実地訓練の場とすることができますね。
また、男の子にはその能力が備わっているのですから、「君は全体を広く見
て、みんなのことも把握していなさい」とか「君は今やっていることだけで
なく、時間的に先々のことも常に考えていなさい」とか「君は何かが間違っ
ていると考えたなら、ものおじせずに意見を言いなさい」とか「君は自分な
りのものを生み出すようにいつもやってごらん」とか、ただ人に合わせてい
ればいいというような今の教育の反対をやってあげて欲しいです。会社に
入いってから初めてこのような指導するのは間違っています。男の子は最初
から男性なのですから。幼稚園、保育所、小学校の先生が、ほとんどみな
女性です。素直に従う子ばかりを女性はかわいく思い、子供にそれを期待す
るということも、男の子が男らしさの徳を身につけない大きな原因となって
います。共同体で私立学校や保育所を作るとき、これを忘れずに考慮してく
ださい。子供たちの遊びの集団が、同い年ばかりのグループなのも、男の子
が献身的に支配する実地訓練の場を失った非常に大きな原因です。年下の子
の安全を確保しながら、皆がその年なりに楽しめるようアレンジを加えつつ
遊び、遊ばせる。けんかの仲裁もあれば、弱い者いじめをした子のお仕置き
もする。本当に将来のリーダー、未来の父親の訓練が大きい子から小さい子
まで一緒の集団では実地でできます。共同体ではこれを復活させてください。

 そして最も大切なのは父親の模範です。男の子は父を見てまねをします。
聖ヨゼフが、この大切な努めにおいて父親たちを助けて下さるよう祈ってく
ださい。自分のためだけでなく、共同体全部の父親のために祈り、祈りあっ
てください。互いに祈りあうとき、各自が自分のためだけに祈るより、祈り
はずっとよく聞きいれていただけます。隣人愛の功徳が加わりますから。

 女の子のことは、チヤホヤ育ててはいけないと、それだけ厳重に言ってお
きます。



----------------------------------------------------------------
2.報道機関への公式声明
----------------------------------------------------------------
--------------------------------
「テロ攻撃に関する、イギリスのブレア首相への
 リトル・ペブルの手紙 − 2004年8月2日」
--------------------------------
http://www.shoal.net.au/~mwoa/documents/
letter_tony_blair_2august2004.html

 親愛なるブレア様

 私たちの主イエズス・キリストの御名において、あなたに挨拶します!

 自由主義諸国に対する「テロリストの攻撃」についての国家的・国際的
安全にかかわる、私が受けてきたいくつかの啓示もしくはヴィジョンについ
て、過去二年間にわたって私はあなたに手紙を書いてきました。私は「リト
ル・ペブル」として知られているカトリックの幻視者です。

 イエズスと祝されしおとめマリアは、テロリストたちがオリンピック会場
への攻撃を計画していることをあなたに知らせるために、あなたに手紙を書
くように私に求めてこられました。とりわけ、海洋客船への攻撃に関してで
す。王室のある御方が、おそらくその船で旅行していらっしゃいます。私は
「クィーン・メアリー2世号」がその地域に向かう予定であると信じていま
す。どうか、その中を調査してください。

 私は、多くの攻撃がアルカイーダによって計画されていることをよく知っ
ています。

 バッキンガム宮殿
 ワシントンDC
 自由の女神像
 複数の大型ダム
 シドニー・ハーバー・ブリッジ

 大量破壊兵器を求めてイラクのモスクの下を捜索することも忘れないでく
ださい。

 神の祝福を祈ります。

(署名)

ウィリアム・カム

「リトル・ペブル」として知られています。


--------------------------------
「緊急に差し迫ったテロ攻撃について
 − 2004年8月9日」
--------------------------------
http://www.shoal.net.au/~mwoa/press_releases/
press_release_9_august_2004.html

最近、神から、神の聖なる母マリアを通して、私に明かされてきている情報
に、世界中の全ての権威者の注意を向けさせたいと私は望んでいます。

 現在、テロリストたちは、いくつかの場所(下記)に対して、近い将来、
攻撃しようと準備しつつあります。

 ◆ バッキンガム宮殿
 ◆ 海洋客船「クイーン・メアリー2世号」
 ◆ シドニー・ハーバー・ブリッジ
 ◆ シドニーのある大きなスーパードーム
 ◆ アテネのある大きなスーパードーム

 私は全ての人 − 特に権威者たちに、警戒し、これらの災難に備えて
準備するように訴えます。

 神のおんあわれみを通して、これら全てが起こらないように、共に祈ろう
ではありませんか。

[サイン]

ザ・リトル・ペブル



----------------------------------------------------------------
3.マリー・マドレーヌに与えられた神秘的体験
----------------------------------------------------------------

 皆さんに「幻視者」「神秘家」のための祈りをひとつ紹介します。どうぞ
彼女が、この困難な使命を担っていけるようにお祈り下さい。


--------------------------------
【聖ヨゼフの百合 第138章より抜粋】

 ……幻視者・神秘家本人はもちろん、皆さんも彼らのためにどうか唱えて
あげてください。皆さんが聖ベルナデッタを表面的なものによってではなく、
彼女が幻視者として示した徳、考え方、態度の完全さ、高潔性、英雄性の
ゆえに愛し、模範とし、若い幻視者・神秘家たちを助けたいという愛の動機
でこれを祈るなら、そうする人、つまりあなたの傍らに聖ベルナデッタが
いつも保護者として付き添っていてくれます。また、ローマ・カトリックの
信者には全しょく有も与えられます。

 聖ベルナデッタ
 すべての若き幻視者・神秘家の保護者への祈り

 愛する聖ベルナデッタ、最も若く従順な幻視者よ、
 この終わりの時における世界中の若き幻視者と神秘家を
 導き照らしてください。
 彼らが天から与えられた使命を受け入れ、
 そして真理を求める 世界中のすべての若者のもとにいたるよう、
 彼らに勇気、決意、敬虔さ、謙遜を与えてください。
 私たちはこれを無原罪の御宿り(おんやどり)を通して
 いと至聖なる三位一体に懇願します。


聖母が1993年7月13日にリトル・ペブルに語られた。「私はこの祈り
を祝福します。そしてこの祈りを真の信心を持って唱える者に対して、この
祈りにミサ聖祭100回にあたる全しょく有を与えます。聖ベルナデッタが
彼ら(この祈りを唱える人)の傍らにいるでしょう」



--------------------------------
2004年7月30日
--------------------------------
 今日ですが私の肉体、特に右手の硬や腕のところ、左手の方に痛みが走り
ます。

祈っていますが、これは何なのでしょう、識別が大変必要です。
注意しないといけないのです。
繰り返し読みます。

時々痛みが走るので、思わず声を上げそうな状態です。

今日は金曜日でした。

イエズス様の受難を黙想して、肉を食べないようにしようと思っていました。

朝から間隔を置いてくるのでなにがあるかわかりません。

へりくだりたいですし、十字架の意味を感じさせられる状態です。

感覚に頼らないようにと祈るのですが、その瞬間に痛みが走ります。

このことは言ってはいけないことだったでしょうか。

本当に慎重に神さまに聞いています。

今の状態は私にとって祈りしかできません。

足にも火のようなものを感じました。

イエズスさまが打たれた傷がどこかロザリオを見ると判ると思います。
皆さんは見ておられます。
知っておられます。

私の思い込みではと思っていますが、痛みがきます。
なにが起きているか私の状態を慎重に祈っています。

昔も似たような経験があったのでよけいに慎重です。

このことをお伝えします。

一日を神さまに感謝いたします。


--------------------------------
2004年8月7日
--------------------------------
……マリア様に祈りました。
彼女の悩みが何か分からないから助けてくださいと。
印をくださいと祈りました。

電話して聞いたのですが、私は自分の弱さを話し、「送るものがあるから
読んでほしい」と話しました。電話中、「箱舟」と聞こえました。
胸の中でです。

メールマガジンで毎週送ってくださっているものだけに今頼るしかない
からです。

今までカトリック信者さんだけに送っていたのですが、未信者さんには
これが初めてです。……


--------------------------------
2004年8月8日 AM2:20
--------------------------------
今日の夜中2時過ぎから眼が覚めて眠れずにおりました。

静かにマリア様とお話していたのですが、皇室のことを思い巡らしていたら
皇后様や妃殿下になられた女性がカトリック教会の信者さん、あるいはミッ
ションスクールの方が多いことを知りました。

みちこ皇后様はじめ、秋篠宮妃殿下、皇太子妃様です。

この3人のお方についてのローキューションがありました。

確認の意味で印を求め、いただきました。

皇室のことで語られた時間は8月8日午前2時20分です。

みちこ皇后様がカトリックの修道院の方で祈られていたこと、
妃殿下のほうで双葉学園に行かれていた方がおられたことを示してください
ました。

カトリックとつながりを持つ方がいるのには何らかのご計画を神さまがお持
ちだとしか私には分かりません。

3人の方についての詳しくはっきりしたものではありませんが、ミッション
系と言うのが心に響いてきました。私に聴こえたのは「カトリック」「ミッ
ション系」これら二つの言葉でした。

以上です。


--------------------------------
2004年8月10日
--------------------------------
今日の朝ですが、平安を伴う夢を見ましてしるしを求め、すぐにマリア様に
お祈りいたしました。

希望をくださる夢であると後で知らされましたが、
こんな夢でした。

知り合いの方と話をしているのですが、シスターの話しになっておりました。

私はまだそのような立場ではありません。

学校の先生が出てきて、大学で一緒に学んでいたピアノの伴奏者が出てきた
のです。友人がシスターになるという私に何かを言っていたように感じまし
たが、言葉が分かりませんでした。


[サイン]
ザ・リトル・ペブル



----------------------------------------------------------------
4.反キリスト、ロード・マイトレイヤについての警告
----------------------------------------------------------------
マリア様からの警告 1995年8月15日

 今日、私は真理の兵士たちを世界に遣わしました。神である私の息子の
教えの真実が世界中で聞かれ、擁護されなければならないからです。キリス
トの代理者の磔刑、聖にして母なる教会の磔刑はまもなく到来します。です
から、司祭である息子たちは準備しなければなりません。終わりの時の使徒
たちは神からだけではなく、神の御独り子イエズスの地上における代理者で
あるヨハネ・パウロ2世からも勅令を受けるでしょう。このことは速やかに
教会に到来します。ですから、人類は真理を知り、神である私の息子の来臨
が近いことを学ぶでしょう。私が悪魔に対して、肉に対して、世に対して
勝ったように、使徒、弟子、真理の子供たちは勝利するでしょう。

 今日、私は神である私の息子とともに喜んでいます。粛正された多くの
司祭が解放され、地上の戦闘の教会に力を与えるでしょう。その司祭たちは
真理の兵士に加わり、世に光をもたらすでしょう。反キリストが人に見える
ようになるとき、この特別な司祭である息子たちは復活し、神である私の
息子イエズスの御名のうちに前進し、いにしえの多くの預言者のように反キ
リストと戦い、真理のために戦うでしょう。多くの聖人たちも地上に戻って
来て、サタンとその軍団と戦うでしょう!

 甘美なる子供たちよ、神である私の息子と私の汚れなき御心に、あなたた
ちが心から献げてくれた多くの贈り物と好意を感謝します。これらの宝物は、
あなたたちの聖化と救いのために大いなる功徳へと変わるでしょう。甘美な
る子供たちよ、あなたたちを愛しています。今日、三位一体の神から多くの
恵みをあなたたちに与え、あなたたちを祝福します。父と子と聖霊との御名
によりて。アーメン。



----------------------------------------------------------------
5.編集後記
----------------------------------------------------------------
 時期は未定ですが、名古屋近辺において2つの講演会が予定されていま
す。一つはリトル・ペブルさんの講演会「時の終りと新しい黄金時代」(The
End of Time and the New Golden Age)です。もう一つは聖シャー
ベル修道会の2人のシスターであり幻視者でもある、マザー・シャーリーと
シスター・ルースによる講演会で、その場でご出現があり、天のメッセージ
を伝えるそうです。

 どちらもオープンで、誰でも参加できる集会にしたいと考えています。
皆さんのご協力をお願いいたします。ボランティアスタッフが必要です。

「天からのメッセージ」に版権はありません。天はできるだけ多くの人々が
メッセージを読むことをお望みです。どうぞ友人知人に「天からのメッセー
ジ」を伝えて下さい。コピーして配布して下さい。

 編集室では、メッセージの翻訳ボランティアを募集しています。できるな
ら、カトリック信者で専門用語に強い方を希望しています。

 また皆様からのご質問、ご感想をお待ちしております。関連情報をお持ち
でしたらお寄せ下さい。
 
 次回「箱舟の聖母」は8月22日頃、発行を予定しています。

----------------------------------------------------------------
編集・発行:聖シャーベル修道会
スタッフ :Deacon Jean-Marie of the Risen Son of God(復活された
      神の子のジャン・マリー助祭)  Kolbe-Marie
----------------------------------------------------------------
お申込み、ご質問、ご感想は下記までお願いします。

  〒540−0004
   大阪市中央区玉造1−4−14
   聖シャーベル修道会

  E-mail : charbeljapan@nifty.ne.jp

 お申し込みはEメール版は3千円、郵送版は一万円を目安に、一年分のご
寄付をお願いします(商契約ではありません)。こうするのは、読者の皆さ
んにも「受けるだけの人」のままでいるのではなく、自発的な献金と、友人
知人にコピーをわたす伝道を通して「よろこんで与える人」となり、神様の
祝福をもっと得ていただきたいからです。「よろこんで与える者を神は愛さ
れる」、これが私たちの宣教事業の基本理念です。
----------------------------------------------------------------
%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%1%%

(C)日本における「聖シャーベル修道会の共同体」
      設立の促進と援助のための事務所
 http://homepage1.nifty.com/charbeljapan/index.htm
    E-mail : charbeljapan@nifty.ne.jp

%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%5%%




[HOME] [戻る]