「箱舟の聖母」バックナンバー
2004年8月1号No.215

 マリア様を喜ばせましょう。マリア様はあなたの小さな奉仕にも大きな恵みで報いて下さいます。あなたが愛する人の救いのために「箱舟の聖母」を役立ててください。「箱舟の聖母」は宣教誌です。購読しコピーし身近な人にわたすなら、あとはマリア様ご自身が働いて下さいます。そしてあなたの購読料はマリア様の事業を支えます。あなたのマリア様に対する奉仕を神様は永遠に忘れません。

 お申し込みはEメール版は3千円、郵送版は一万円を目安に一年分のご寄付をお願いします(商契約ではありません)。こうするのは、読者の皆さんにも「受けるだけの人」のままでいるのではなく、自発的な献金と、友人知人にコピーをわたす伝道を通して「よろこんで与える人」となり、神様の祝福をもっと得ていただきたいからです。「よろこんで与える者を神は愛される」、これが私たちの宣教事業の基本理念です。

◆マテオによる聖福音10章27節
「私がやみの中で言うことを、あなたたちは明るみで言え。耳をあてて聞くことを、屋根の上から知らせよ」

◆マテオによる聖福音10章42節
「この小さい者の一人に、弟子として冷や水の一杯でも与える人があったなら、まことに私は言う。その人は報いを失わぬ」


ご注意
■ お申し込みは下記住所宛にEメール版は3千円、郵送版は一万円を目安に一年分のご寄付をお願いします(商行為でも契約でもありません)。  〒540−0004 大阪市中央区玉造1−4−14 箱舟の聖母社
■ トラブルを避けるために、必ずご本人様でお申し込み下さい。いかなる理由でも、ご送金後の返金はできません。お申し込みから登録まで2週間程度かかりますので、あしからずご了承下さい。
■ 本誌読者=「聖シャーベル修道会会員」ではありません。どのような立場の方でも歓迎いたします。
■ これを用いてマリア様の事業を攻撃する人には送付を打ち切ります。また災害・戦争など、やむを得ない事情の際も送付いたしませんが、ご了承ください。


%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%0%%

        「 箱 舟 の 聖 母 」

       2004年8月1日号 No.215

   毎週1回発行:Eメール版 年間3,000円(ご寄付)
          郵送版  年間10,000円(ご寄付)
  http://homepage1.nifty.com/charbeljapan/index.htm
      E-mail : charbeljapan@nifty.ne.jp
       ( 等幅フォントでご覧下さい!)
%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%8%%
----------------------------------------------------------------
    箱舟の聖母、
       我らが御母聖マリア、
         キリスト信者の扶(たす)け
----------------------------------------------------------------
 マリア様を喜ばせましょう。マリア様はあなたの小さな奉仕にも大きな恵
みで報いて下さいます。あなたが愛する人の救いのために「箱舟の聖母」を
役立ててください。「箱舟の聖母」は宣教誌です。購読しコピーし身近な人
にわたすなら、あとはマリア様ご自身が働いて下さいます。そしてあなたの
ご寄付はマリア様の事業を支えます。あなたのマリア様に対する奉仕を神様
は永遠に忘れません。
----------------------------------------------------------------

◆今週号の目次

 1.153本の聖ヨゼフの百合
 2.リトル・ペブルに与えられたメッセージ
 3.反キリスト、ロード・マイトレイヤについての警告
 4.編集後記

【お知らせ】
 次回「箱舟の聖母」は8月15日頃、発行を予定しています。8月7日は
 都合により、お休みさせていただきます。



----------------------------------------------------------------
1. 153本の聖ヨゼフの百合
----------------------------------------------------------------
【 第75章 】

 共同体の中に生活する子供のいる家族には、やがて恋愛という問題がやっ
てきます。司祭、修道士、修道女の召命を感じる子もいるでしょうが、その
子たちも心に秘めたかたちで終わっても、恋愛を一度は体験するでしょう。
共同体の中でおつきあいが始まったら、二人とも清く交際してください。
テレビ、映画、漫画などで恋人がしていることはみな、夫婦になって初めて
許されることだと考えて間違いありません。恋人にとっては罪になります。
清い愛情表現と、自分または相手に性的刺激を引き起こす愛情表現とはっき
りと区別してください。後者はだめですよ。交際中、二人だけの回りに壁を
作らないでください。今まで通りに回りの人々と接しながら交際してくださ
い。愛と情熱は一緒くたにしないでください。若い情熱は表現力豊かです。
回りから見ても強く愛しているように見えますが、本人たちも、回りの人も
知っておいてください。尊敬深い愛、奉仕する愛、忍耐深い愛という特徴が
見て取れないなら、その愛は情熱だけにすぎず、続かないということを。
本人たちは相手の愛をこれで識別してください。親は二人のそれぞれの愛を
識別してください。そして婚約まで進んでいいか、情熱ぬきに識別するよう
導いてあげてください。結婚まもなく相手に離婚を迫るのは女性側ですが、
マリア様の注意に耳を傾けて下さい。マリア・ワルトルタに天が与えられた
啓示からです。

「……妻たちに注意を促したいことが一つあります。あまりにも多くの婚姻
 の絆が、いつのまにか不和、分裂に至ることです。この多くは、夫に対し
 ての思いやり、同情、慰めなどとなる愛を知らない妻たちの責任です。男
 には、女にのしかかっている物理的な苦労はあまりありませんが、多くの
 精神的な苦労に圧倒されることがあります。仕事のこと、さまざまの決断、
 世間、または家族に対する責任……。おお、どれほどのことが男にのしか
 かっているか! 彼も慰めを、どれほど必要とするか! それなのに、疲
 れきって幻滅を感じている。あるいは、落胆して心労に打ちのめされてい
 る夫に向かって、妻は無駄な、時として正しくない愚痴や、不平の重荷を
 加えるのです。以上のことすべては、女が自己中心のエゴイストで、愛し
 ていないからです。愛するとは、感情、または利益に自己満足を探すこと
 ではありません。愛するとは、感情と利益を超えて、愛する相手に満足を
 与え、希望と平和に生きるために必要な助けを与えることなのです。……」(1)

 また、聖アンナと聖ヨアキムの模範から、結構相手の選び方を学んでくだ
さい。イエズスの言葉です。

「……“私が若いときから愛し、求めたのは知恵だった。私は、それを配偶
 者にしようと努め、その美しいものの愛人となった” アロン家のアンナ
 は私たちの先祖が語っている、かの強い女であった。そして、ダビド王家
 の子孫のヨアキムは、美しさの魅力と富よりも徳を探したのである。アン
 ナは、“大きな”徳を持つ人であった。さまざまの花を集めた香り高い
 花束のように、美しいもの"徳"を作るすべての長所を持っていた。神の座
 の前に立つにふさわしい実際の徳を。ヨアキムは上智を娶った。“女より
 もこれを愛して”正しい女の心にある神の上智を娶った。アロン家のアン
 ナは、自分の一生涯を真っ直ぐな正しい男の生活に一致させて結ぼうとし
 た。正しさには、家族の喜びがあると知っていたからである。……二人は
 どんな事件も起こさなかった真実で、継続する徳の持ち主となるべきだっ
 た。信仰の徳、愛の徳、希望の徳、貞節の徳。夫婦の貞節。二人はこれを
 守っていた。なぜなら貞節であるには、童貞であることの必要はないから
 である。貞節な床は、天使たちに守られて、そこから、良い子供、親の徳
 を自分の一生の基準とする、よい子が生まれるのである。しかし今は、そ
 ういう夫婦はどこにいるのか? 今は、子供たちが望まれていないが、貞
 節も望まれていない。そのために私は、愛と床は汚されていると言うので
 ある」(2)

 外見の美しさ、自分の性的満足、この二つは決して選択基準にしてはいけ
ません。なぜならこれらは本質的には自分のためを第一にする功利主義であ
り、愛ではないからです。相手は徳にみちていますか? また、あなたの徳
を強めてくれる相手ですか? あなたは相手の徳を強めてあげられるでしょ
うか? 互いに弱い徳を補い合えるでしょうか? これらによって相手を神
に近付けることを望む、言い換えれば、相手に神を望んであげていますか?
配偶者への愛で最も純粋で崇高なのはこれです。相手に善を望むのが愛です
が、人は神以上の善を相手に望んであげることはできないからです。神が
最高の善だからです。共同体での恋愛が結婚として実るとき、二人ともどう
かこの最高の愛をお互いに持つようにお願いします。本人たちもよく黙想し、
親などの回りの人も教え導いてあげてください。

 さて、良い結婚相手を与えてくださいというお願いは、聖ヨゼフにするも
のなのですよ。恋愛を経験し始める年頃の子供に、親はこの意向で毎日聖ヨ
ゼフに小さいお祈りをするよう教えてあげてください。それを子供が続けて
いるかも時々聞いてあげてくださいね。

(1)「聖母マリアの詩(上)」あかし書房 マリア・ワルトルタ著
    P186、187
(2) 同本 P22−24



----------------------------------------------------------------
2.リトル・ペブルのメジュゴルイェ訪問
 − No.164 1987年9月22日 −
----------------------------------------------------------------
 私は4人の仲間と夜11時頃にイタリアを出て、メジュゴルイェへ向けて
9月21日に出発しました。9月22日に私たちはスプリット(Split)
に到着しました。そして、車に乗ってメジュゴルイェの小さな村に向かいま
した。1981年から数人の小さな子供たちに、驚くべき聖母出現が起きて
いることで今や有名になっているその村に私たちがやって来た時、村の教会
の上に聖母が立っておられるのが見えました。

 その御出現地に私たちがやって来た時、道いっぱいに御出現に関する聖具
類を売っている店を目にしました。教会内の実際の御出現地に私たちが入っ
た時、聖母は私に挨拶をなさいました。すいぶん前の1986年に、メジュ
ゴルイェを訪れるようにと招待してくださったトミスラフ・ウラジク神父様
が歓迎してくださるものと私は思っていました。この招待は、ある司祭と私
の友人を通してなされたのです。ところがその神父様はそこにはおられず、
引退なさったということを私たちは知りました。

 正午頃に私たちは教会に入りました。およそ五百人位の人々が御ミサにあ
ずかっていました。主任神父様が、フランス語で御出現のことを話されてい
ました。私たちはその後に幻視者たちに会いに行くことを決めました。何人
かの幻視者たちと顔見知りである一人の私の仲間が、彼らのうちの一人に話
しかけて私が到着したことを告げました。その彼女が、ヴィッカは巡礼者達
につき添うために家に居ると言いました。私たちがヴィッカの家に近づいた
時、さっきの主任神父様がその場に居られました。それから、その神父様は
急いでその場を立ち去りました。その後すぐにヴィッカは私と仲間を家の中
へ招き入れました。ほとんど午後三時になろうとしていました。

 通訳を通して私はヴィッカにしばらくの間話しかけました。そして、聖母
は間もなくいらっしゃると彼女に言いました。以下の文は私が受けた聖母か
らのメッセージです。

--------------------------------
1987年10月22日
メジュゴルイェの御出現地の幻視者ヴィツカの家で
リトル・ペブルが受けた聖母からのメッセージ
--------------------------------
リトル・ペブル:
 空中に十字架が立っているのが見えます。聖ミカエルもそこに先ほどから
立っておられます。そして今、美しい白い雲が見えます。聖母がこちらに近
づいて来られるのが見えます。聖母は淡いグレーの服をお召しです。付けて
おられるヴェールはとても薄いものです。ヴェールが透けて見えます。右手
に美しいロザリオをお持ちです。今、ヴィッカに目を移され、再び私たちの
方を見つめておられます。聖母はロザリオをお取りになり、イエズス様に
接吻なさいました。

聖母:
 我が子よ、あなたを祝福します。父と子と聖霊との御名によりて。アーメ
ン。

 我が子、愛のリトル・ペブルよ、そして私が現れているメジュゴルイェの
聖地の愛しい子供たちよ、あなた達を祝福します。我が子よ、あなたの周り
であらゆる議論、特に私があなたに現れていないと思っている人々の間で
議論があるとしても、私はあなたをここへ遣わしました。そのような論争が
あろうとも、ここの子供たちとあなたへの証人となるために、今日私はやっ
て来ました。メジュゴルイェの聖地で私の姿を見ている子供たちは、今日の
私の出現を確証するでしょう。そして、私は「平和の母」であり、「愛の母」
であり、「一致の母」であることが世界中に知れ渡るのです。愛しい子よ、
我が世界中の御出現地にあなたを遣わしているのは、私が「愛の母」「真理
の母」であることをあらゆる人々が知ることが出来るためなのです。メジュ
ゴルイェの幻視者たちに授けてきたメッセージを信じるようにと子供たちに
伝えるために、私はこの国にやって来ました。世界の人々は私がここで与え
ているこの大いなるメッセージを信じなければなりません。私はあなた達の
母です。愛に満ちたあなた達の天の母です。私の汚れなき御心であなた達を
祝福します。あなた達に平安を授けます。父と子と聖霊との御名によりて。
アーメン。

 キリストの平和のうちに行きなさい。キリストは唯一の道であり、唯一の
真理であり、唯一の希望であられるからです。

リトル・ペブル:
 ありがとうございます、お母様。

聖母:
 我が子よ、光の子らを世界中に存在する悪、特に無神論という悪に対抗す
るために強くなるようにと一致させるために、あなたのヨーロッパの旅を
今後も続けて行きなさい。

リトル・ペブル:
 今、聖母は振り向かれてヴィッカの方を見ておられます。そして微笑んで、
おっしゃいます。『小さき子よ、あなたを祝福します。あなたの道は非常に
険しく、あなたが担っている十字架は非常に重いことを私は知っているから
です。あなたを愛しています。あなたを祝福しましょう。父と子と聖霊との
御名によりて。アーメン。』

 聖母は今、トランペッターを見ておられます。

聖母:
 息子よ、全世界に対する愛のメッセージを伝えている平和の地であるこの
聖地に、あなたを喜んで迎えます。すべての愛しい子らよ、あなた達を祝福
します。父と子と聖霊との御名によりて。アーメン。

リトル・ペブル:
 今、聖母は空に向かって更に遠くへ戻って行かれます。聖ミカエルも聖母
と一緒に戻って行かれます。聖母は去り、十字架は消えました。

--------------------------------

 メッセージが授けられている間、ヴィッカには聖母のお姿が見えませんで
した。しかしメジュゴルイェの幻視者たちにこのメッセージを確信させるた
めに、また後程お姿を見せると聖母はおっしゃいました。子供たちとの出会
いとメッセージは、比較的短いものでした。この出会いの後に、私たちは
ヴィッカの家の隣にある御出現地の丘に行きました。私たちは祈り、再び
教会に向かって出発しました。私たちは礼儀としてそこの主任神父様に会い
に行くことに決めました。しかし私たちが到着した時、神父様は御出現に関
する仕事で非常にお忙しかったのです。私たちはその夜にイタリアに戻る船
を見つけなければなりませんでしたので、この場にこれ以上いることはでき
ませんでした。従って、メジュゴルイェヘの私の小旅行はこれで終わりまし
た。

 私たちは次の日にイタリアに戻り、アスコリの幻視者で神秘家であるマリ
エッタと会いました。マリエッタは、ヴィッカの家で前の日に私が受けた
メッセージの証人になれるように、聖母がバイロケーションで自分をメジュ
ゴルイェヘお遣わしになったのだと私たちに言いました。彼女はまた、聖母
がヴィッカに授けられたメッセージの証人となるように、聖母が後程再び
その日の夜に彼女をお遣わしになったと言いました。聖母がリトル・ペブル
のメッセージに関することをヴィッカとマリエッタにお話しになったのは、
このメッセージが授けられている間のことでした。10月19日に私たちが
オーストラリアに戻った時、私はメジュゴルイェが私のことに関する声明を
発表し、その声明は世界中に流布していると伝えられました。

 幻視者マリエッタを通して、このことに関して聖母に質問しました。以下
はそのメッセージです。

--------------------------------
10月28日午後9時30分
聖母がマリエッタにお授けになったヴィジョン
--------------------------------
マリエッタ:
 白い服をまとい、白いバラの花束を持っておられる聖母のお姿が見えます。
メジュゴルイェが見えます。そして、私の兄弟リトル・ペブルのもとに聖母
が1987年9月22日に御出現になった部屋(ヴィッカの部屋)が見えま
す。

聖母:
 子供たちに私が姿を現しているこのメジュゴルイェで、その子達が私の
存在を否定しているのです。そのようなことをしてはなりません。あの子た
ちは間違っています。私が言った言葉を信じませんでした。私の存在を否定
しました。私は天の女王なのです。私の言いつけには従わなければなりませ
ん。リトル・ペブルに関することを私は確かに述べたからです。あの子たち
は私の存在を疑い、否定しました。私の息子を極悪で野蛮な者とみなしてい
るのです。リトル・ペブルよ、かわいそうな私の息子、何とかわいそうなの
でしょう。汚れなき聖母マリア、童貞マリア、平和の元后である私はこの
大いなる苦しみの間、常にリトル・ペブルのそばにおりましょう。


 その後まだ脱魂状態中に、聖母に質問がありました。それは、9月22日
に幻視者たちのうちの一人が聖母を見たことで、その子どもに聖母はリトル・
ペブルに関することをお話しなさっていたのでした。

聖母:
 ヴィッキー(ヴィッカ)は私の存在を否定しました。それ故に彼女は罰を
受けるでしょう。司祭は去って行き、リトル・ペブルは強制的に彼女の家に
入ったというようなことはしませんでした。子供たちは天使のように私の小
さな家(ヴィッキーの部屋)に入ったのです。その部屋で私は(ヴィッキー
や他の人達が否定していることではありますが)、リトル・ペブルの前に姿
を現しました。


 聖母は9月22日、リトル・ペブルとアメリカの幻視者であるトランペッ
ターとリトル・ペブルの仲間の3人がヴィッカに会いに行った時、録音した
ことに関してお話になりました。

聖母:
 リトル・ペブルは招待されたのです。リトル・ペブルと彼の仲間はヴィッ
カの部屋に入りました。彼らは悪魔のようにふるまったのではなく、神の子
のようにふるまったのです。しかし、彼ら(ヴィッカと司祭のことを指して
おられる)は私の存在を否定しました。彼らは罰を受けるでしょう。そう
彼らに伝えなさい。

 リトル・ペブルに敵対することを書いている司祭は、そのようなことを
止めなければなりません。彼らのために祈りなさい。彼らは深い穴に落ちて
います。彼らは私の出現を否定しました。私は確かに姿を現したのであり、
私が姿を見せなかったことはないのです。私は姿を現しました。そしてリト
ル・ペブルに関することをヴィッカに話しました。

マリエッタ:
 私にはまだヴィジョンが見えます。しかし、リトル・ペプルには他の国の
言葉で話しておられるので私にはその意味が理解できません。

 マリエッタは叫びました。ああ、お母様! 聖母は、まばゆいばかりの
白色の服をお召しです。聖母は微笑んでおられます。お母様が私にお授けに
なったこのメッセージは世界中に広がります。

聖母:
 それによってあなたが傷つくことはありません。なぜなら私はあなたと
一緒にいるからです。あなたは真理を話しています。そして、真理はあなた
を傷つけることはありません。真理は、広がることを望むところへはどこで
あっても広がります。話しているのは汚れなきマリア、神とあらゆる人々の
母である童貞マリアである私なのです。マリエッタ、あなたとリトル・ペブ
ルに私の聖なる祝福を授けます。父と子と聖霊との御名によりて。アーメン。

 私の子供たちよ、祈りなさい。本当に、ひどく残酷な苦しみを受けている
私の息子リトル・ペブルのために祈りなさい。愛しい娘マリエッタよ、リト
ル・ペブルのために祈りなさい。あなたがリトル・ペブルのために祈ってい
るのを私は知っています。しかし、もっと祈りなさい。メジュゴルイェの
人々は、彼をぼろ切れのように弱らせています。しかし、彼を見守っている
私がここにいるのです。彼は全世界のために尽くす人となるのですから。
メジュゴルイェで人々が書いたリトル・ペブルに対する間違った文書があり
ます。その人達は悔い改めなければなりません。その文書を取り消さなけれ
ばなりません。私はずっとこのことを言い続けてきました。それで、充分な
はずです。

 私は無原罪の御宿り、至聖なる童貞マリア、神と全人類の母です。あなた
方を祝福します。父と子と聖霊との御名によりて。アーメン。私は女王で
あり、あなた方はしもべです。真実を述べなさい。あなた方を祝福します。
父と子と聖霊との御名によりて。アーメン。

--------------------------------

 以上に加えて私はグアテマラのシスター・グァダルーぺを通して何をすべ
きかを主に尋ねました。以下がその返事です。

『メジュゴルイェに関することだが、もし彼らが10月31日までに(あな
たと)一致しなければ、彼らは堕ちる。この事は、世界中のすべての幻視者
に当てはまる。その印として、これ以上メッセージも出現もそのような幻視
者たちには与えられなくなるのだ。このような堕ちた幻視者たちは取り残さ
れ、すべての人々は橋の一部分を形成している幻視者たちのもとへ行く。リ
トル・ペブルと一致しているそのような幻視者たちは輝き始め、人々はメッ
セージを聞くために彼らのもとへ集まるのだ。

 メジュゴルイェをそのまま放って置きなさい。心配することはない。彼ら
に答えたり、争ってはならない。なぜならあなたは「天使の牧者」であり、
全世界に対して良き模範とならねばならないからである。彼らがあなたから
十字架を取り除いたことを喜びなさい。彼らをそっとして置きなさい。あな
たが教皇になった時、彼らは自分達が行ったことを理解するであろう。心配
することはない。あなたが達成するよう与えられてきたあらゆる仕事に集中
していなさい。』

 以上の御言葉を考えてお互いに祈り合いましょう。そうすれば、真実はど
うなのかということを時が自ずと告げるはずです。私はメジュゴルイェを
全面的に支援します。そして幻視者達のために祈ります。

リトル・ペブル



----------------------------------------------------------------
3.反キリスト、ロード・マイトレイヤについての警告
----------------------------------------------------------------
マリア様からの警告 1995年7月9日

 甘美なる子らよ、あなたがたも知っているように、私は世界中を旅する時
どこでも至聖なるロザリオを持っています。それは今地上にいる私たちの
戦士のための真理の武器です。あなたがたはルシファーや堕天使と戦うため
に、聖性を得て浄められるために、そして永遠の御父によってあなたがたの
ために準備された御国に入る準備をするためにここに置かれたのです。しか
し甘美なる子らよ、単に祈るだけでは十分ではないということを知らなけれ
ばなりません。なぜなら、わが神なる息子の戦士として、あなたがたは最内
奥の自己において内面化しなければならないからです。戦士が戦いに赴く前
− 敵と戦う前 − 彼は自分自身を準備します。これがあなたがたのなさ
ねばならないことなのです、甘美なる子らよ。告解の秘蹟と聖体における神
なる息子イエズスの秘蹟によってあなたがたの霊魂を養いなさい。神の御言
葉の聖なる読書によって霊魂を養いなさい。そしてまた、神が多くの世代を
通じて与えてこられた啓示を読むことによって。それから甘美なる子らよ、
あなたがたは汚れなき御心の聖徳を実践し、それを生きなければなりません。
そうすれば、あなたがたは私の戦士 − 闇の権威や力、霊的世界と戦う
神なる息子イエズスの戦士となります。

 甘美なる子らよ、永遠の御父が共同体が形成されることをお望みなのは
このためなのです。子らが神の神的現存のうちに養われるように。神なる
息子イエズスは世界中の共同体において生き、呼吸しておられるからです。
あなたがた皆が聖なる者となるように、聖化され神の真理を証しするように
呼ばれているからです。



----------------------------------------------------------------
4.編集後記
----------------------------------------------------------------
 時期は未定ですが、名古屋近辺において2つの講演会が予定されていま
す。一つはリトル・ペブルさんの講演会「時の終りと新しい黄金時代」(The
End of Time and the New Golden Age)です。もう一つは聖シャー
ベル修道会の2人のシスターであり幻視者でもある、マザー・シャーリーと
シスター・ルースによる講演会で、その場でご出現があり、天のメッセージ
を伝えるそうです。

 どちらもオープンで、誰でも参加できる集会にしたいと考えています。
皆さんのご協力をお願いいたします。ボランティアスタッフが必要です。

「天からのメッセージ」に版権はありません。天はできるだけ多くの人々が
メッセージを読むことをお望みです。どうぞ友人知人に「天からのメッセー
ジ」を伝えて下さい。コピーして配布して下さい。

 編集室では、メッセージの翻訳ボランティアを募集しています。できるな
ら、カトリック信者で専門用語に強い方を希望しています。

 また皆様からのご質問、ご感想をお待ちしております。関連情報をお持ち
でしたらお寄せ下さい。
 
 次回「箱舟の聖母」は8月15日頃、発行を予定しています。8月7日は
都合により、お休みさせていただきます。

----------------------------------------------------------------
編集・発行:聖シャーベル修道会
スタッフ :Deacon Jean-Marie of the Risen Son of God(復活された
      神の子のジャン・マリー助祭)  Kolbe-Marie
----------------------------------------------------------------
お申込み、ご質問、ご感想は下記までお願いします。

  〒540−0004
   大阪市中央区玉造1−4−14
   聖シャーベル修道会

  E-mail : charbeljapan@nifty.ne.jp

 お申し込みはEメール版は3千円、郵送版は一万円を目安に、一年分のご
寄付をお願いします(商契約ではありません)。こうするのは、読者の皆さ
んにも「受けるだけの人」のままでいるのではなく、自発的な献金と、友人
知人にコピーをわたす伝道を通して「よろこんで与える人」となり、神様の
祝福をもっと得ていただきたいからです。「よろこんで与える者を神は愛さ
れる」、これが私たちの宣教事業の基本理念です。
----------------------------------------------------------------
%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%0%%

(C)日本における「聖シャーベル修道会の共同体」
      設立の促進と援助のための事務所
 http://homepage1.nifty.com/charbeljapan/index.htm
    E-mail : charbeljapan@nifty.ne.jp

%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%1%%




[HOME] [戻る]