「箱舟の聖母」バックナンバー
2004年7月18日号No.213

 マリア様を喜ばせましょう。マリア様はあなたの小さな奉仕にも大きな恵みで報いて下さいます。あなたが愛する人の救いのために「箱舟の聖母」を役立ててください。「箱舟の聖母」は宣教誌です。購読しコピーし身近な人にわたすなら、あとはマリア様ご自身が働いて下さいます。そしてあなたの購読料はマリア様の事業を支えます。あなたのマリア様に対する奉仕を神様は永遠に忘れません。

 お申し込みはEメール版は3千円、郵送版は一万円を目安に一年分のご寄付をお願いします(商契約ではありません)。こうするのは、読者の皆さんにも「受けるだけの人」のままでいるのではなく、自発的な献金と、友人知人にコピーをわたす伝道を通して「よろこんで与える人」となり、神様の祝福をもっと得ていただきたいからです。「よろこんで与える者を神は愛される」、これが私たちの宣教事業の基本理念です。

◆マテオによる聖福音10章27節
「私がやみの中で言うことを、あなたたちは明るみで言え。耳をあてて聞くことを、屋根の上から知らせよ」

◆マテオによる聖福音10章42節
「この小さい者の一人に、弟子として冷や水の一杯でも与える人があったなら、まことに私は言う。その人は報いを失わぬ」


ご注意
■ お申し込みは下記住所宛にEメール版は3千円、郵送版は一万円を目安に一年分のご寄付をお願いします(商行為でも契約でもありません)。  〒540−0004 大阪市中央区玉造1−4−14 箱舟の聖母社
■ トラブルを避けるために、必ずご本人様でお申し込み下さい。いかなる理由でも、ご送金後の返金はできません。お申し込みから登録まで2週間程度かかりますので、あしからずご了承下さい。
■ 本誌読者=「聖シャーベル修道会会員」ではありません。どのような立場の方でも歓迎いたします。
■ これを用いてマリア様の事業を攻撃する人には送付を打ち切ります。また災害・戦争など、やむを得ない事情の際も送付いたしませんが、ご了承ください。


%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%0%%

        「 箱 舟 の 聖 母 」

       2004年7月18日号 No.213

   毎週1回発行:Eメール版 年間3,000円(ご寄付)
          郵送版  年間10,000円(ご寄付)
  http://homepage1.nifty.com/charbeljapan/index.htm
      E-mail : charbeljapan@nifty.ne.jp
       ( 等幅フォントでご覧下さい!)
%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%7%%
----------------------------------------------------------------
    箱舟の聖母、
       我らが御母聖マリア、
         キリスト信者の扶(たす)け
----------------------------------------------------------------
 マリア様を喜ばせましょう。マリア様はあなたの小さな奉仕にも大きな恵
みで報いて下さいます。あなたが愛する人の救いのために「箱舟の聖母」を
役立ててください。「箱舟の聖母」は宣教誌です。購読しコピーし身近な人
にわたすなら、あとはマリア様ご自身が働いて下さいます。そしてあなたの
ご寄付はマリア様の事業を支えます。あなたのマリア様に対する奉仕を神様
は永遠に忘れません。
----------------------------------------------------------------

◆今週号の目次

 1.153本の聖ヨゼフの百合
 2.リトル・ペブルに与えられたメッセージ
 3.反キリスト、ロード・マイトレイヤについての警告
 4.編集後記


----------------------------------------------------------------
1. 153本の聖ヨゼフの百合
----------------------------------------------------------------
【 第73章 】

 現代のマスコミが流す家庭の場面で、あまりにも多すぎるのは、父親を
笑いものにするところです。とうとう家族の中で父の座は一番下になった
のですね。これは神のお望みなのでしょうか? 聖家族ではどうだったので
しょう? マリア・ワルトルタに天が与えた啓示の中から少し書き抜いてみ
ます。

「……"その家では、超自然的、精神的、物質的な順位が尊敬されている" 
 神は最高の頭で、神に崇敬と礼拝と愛とが与えられる。これは精神的な
 順位である。……」(1)

「……ヨゼフは家長であった。家庭内の権力は異論のないもので、神の母も
 それを深く尊敬し、神の子も服従していたのであった。ヨゼフがしてよい
 と決めたことは、どんな議論も反対もなく、どんな意固地もなく承諾され
 ていた。彼の言葉は、私たちにとって小さい法律であった。……」(2)

 これが神の望まれる家庭の秩序と父の権威です。共同体の中に生きる家族
は、この神の望みに沿うように努めなければなりません。父の権威の失墜は、
共同体の中のほとんどの家族に内在する問題です。父の権威の失墜、および
低下は、どういう影響をもたらすか知っていますか? 動物の家族では、父
の権威が強い家族は結束力が強く、子供たちは親を勝手に離れないので生き
残れる確率が高く、逆に父の権威が弱い家族は団結心が弱く、子供は早くか
らバラバラになります。親から勝手に離れ、敵に襲われるので生き残れる
率が低いのです。この敵を悪魔に置き換えて、人間の家族に当てはめると、
現代の子供たち、若者たちに起こっていることをなるほどと思えますね。
「彼の言葉は小さい法律であった」というイエズスの言葉に示されている通
り、善悪の判断を子供に確立させるのが父の役割です。何が良いことか、何
が悪いことかを父は教えます。良いことは自分の損になっても行なわなけれ
ばならない。悪いことは自分の利益になるとしても行なってはいけない。こ
れも父が教えることです。「正義」が父の教えの分野です。人が見ていなけ
れば、罰せられなければ悪いことをやる人間が、父の権威の低下とともに
社会に増えます。これも今の子供たちと若者たちの道徳感のなさをちゃんと
説明します。

 さて権威とは、人に従われてこそはじめて権威です。父の権威を高めるの
は、父に従う人たちだということに気をつけてください。妻や、もう理解力
のある子供たちは、自分で自分を変えることができますね。だからそうして
ください。幼児の場合、妻や、兄、姉たちの協力がとても必要です。「お父
さんには決してイヤと言ってはいけません」 この言葉が彼らの最も有効な
道具となります。「お父さんには必ずハイと言いなさい」 これも同じです
ね。そして実際に、妻、兄、姉が模範になってください。すでにわがままに
なった子、何でもイヤという自我の芽生えの時期にちょうどなった子には、
それが父だけには決してやってはいけないし、やっても通用しないことを
体験的に学ばせてください。つまり親が一歩も譲歩しないのです。交換条件
の提示もなしですよ。お菓子をあげるから、ご褒美をあげるから、これを
日本の親たちが、いかに多用し、連発するか気がついていますか? これに
よって子供は、直ちに従わずにだだをこねた方が得をすると親から教えられ
ているのですよ。

 もう一つ日本の親たちに気がついてほしいのは、父の権威を子供に示す
時期が間違っているということです。物心がつかないうちに子供に対して
父の権威を強力に確立させておいて、そこから年とともに少しずつ自由にさ
せていくのです。日本ではもうすでに手遅れの時期になってから父の権威を
示そうとしはじめます。そして逆に年と共に自由を奪おうと厳しくしていく
のです。これではもうめちゃくちゃです。かわいいからと猫かわいがりに
された子供は、もうすでに父をなめているというのに、頭ごなしに命令し、
無理やりに従わせれば、結果は何が起こると思いますか? 断絶か反抗、心
の二重性と屈折、行動は従っているとしても心の中に憎しみ、恨み、軽蔑を
抱くことです。父の権威を教わらずに幼児期を終えてしまった子には、父は、
その子と目と目を合わせ、話しをしてその子にわからせることです。妻、兄、
姉たちも協力してください。共同体からの助け、つまり、親以外の大人も
その子への父の働きかけを助けるようお願いします。

 父親は動物の家族からも学んでください。あなたを中心に家族が団結心を
持って結束するのがあるべき姿なのだと。もちろん聖ヨゼフが一番の先生で
す。マリア・ワルトルタへの啓示を繰り返し読んで、聖ヨゼフの家庭での姿
を頭にたたき込んで、自分の家庭で聖ヨゼフのように振る舞ってください。
自分の役割を果たせるよう聖ヨゼフに祈ってください。彼は父親たちの本当
に偉大な助け手なのですから。

(1)「聖母マリアの詩(上)」あかし書房 マリア・ワルトルタ著
    P271
(2) 同本 P275



----------------------------------------------------------------
2.聖母マリアの被昇天の祝日にナウラの聖地で
  リトル・ペブルに与えられたメッセージ
 − No.161 1987年8月15日 −
----------------------------------------------------------------
リトル・ペブル:
 私たちの唱えている悪魔払いの祈りの初めから七位の大きな天使たちが
参詣所の上に立っていらっしゃいます。そして、聖母のおいでになるのを
待っておられます。聖母がおいでになるまで歌い続けましょう。アヴェ・マ
リアの聖歌、つまりファティマの聖歌を、特に聖母マリア様の被昇天の栄光
に帰して捧げます。そしてまたこの聖歌を煉獄の聖なる霊魂、特に2,3日
前に亡くなった若いベトナム人の男性のために捧げます。……

 聖母が空の遥か彼方に立っていらっしゃいます。大天使聖ミカエルが聖母
の後ろに立っていらっしゃいます。聖母はロイヤル・ブルーのとても美しい
お召しの物を着ていらっしゃいます。聖母はただそこに立っていらっしゃる
だけで何もおっしゃっておられません。しかし、聖母の御足の下に三日月が
見えます。聖母は月の上に立っていらっしゃり、月のすぐ下には沢山の天使
がおられ、聖母を空中にかかえています。聖母の上には12の星があり、と
ても、とても輝いています。そしてわたしたち皆の上に光を投げかけていま
す。聖母が着ておられる青いマントとロイヤル・ブルーのお召し物の上に、
たくさんの星と銀色がかった小さな十字架があります。

 聖母は御頭に金色の冠をかぶっておられます。そしてそれは、司教様が
かぶられる帽子に似ていますが、まったく同じではなく、丸くててっぺんの
先端は尖っています。冠のてっぺんには美しく大きい十字架上のイエズス様
がついています。それは金で、沢山の宝石で飾られ、そして、冠の内側にビ
ロードのかすかな光が見えます。それは美しいロイヤル・ブルーです。今、
聖母の両側に三位づついらっしゃる別の6位の天使が見えます。そして聖ミ
カエルが見えます。彼は美しくて大きな、金文字が美しく光る金色の旗を
持っておられます。言い表すのは難しいのですが、旗には「汚れなき御宿り
の聖マリア、神の御母に賛美と栄光」と書かれています。

 聖母は祈っておられ、御目は天のほうを見上げておられます。今、聖母が
かなり近づいていらっしゃり、天使も共にいらっしゃいました。聖母は本当
に美しく、身に付けていらっしゃる大きなマントの下にヴェールが見えます。
全部真っ白のヴェールで、とても美しく薄いヴェールです。そしてヴェール
が聖母の胸の所まできています。聖母の髪の一部が胸にたれています。美し
い金色をおびた明るい茶色です。聖母は、まだ祈っておられますが、6位の
天使が聖母を、ずっとずっと近くにお連れしました。今、聖母はちょうど
その木の近くにおられます。天使たちは今、聖母の側でひざまづいています。
聖ミカエルが旗を押しやり、美しい銀色の剣を取り上げて、次のように言い
ます。

聖ミカエル:
 神と等しき者、聖母マリアと等しき者がおられようか? 私は兵士であり、
神と無原罪の御宿りの守護者である。この地上において、誰も決して我らの
神を、その至福なる聖なる御母、汚れなきマリアの御名を傷つけさせないよ
うにせよ。全ての者にイエズスとマリアの御名を、いつも守らせよ。

リトル・ペブル:
 そして今、聖母が手を開き、腕を開いていらっしゃるのが見えます。聖母
がお召しになっている服の青は銀色がかったかすかな光を放ち、本当に美し
いです。そして、聖母がマントを広げられた時、聖母のお召し物の前に美し
い白い十字架が見えました。その十字架は絹のようで本当に美しいです。
聖母のマントのすぐ下に、帯のまわりから……聖母の帯であるのか……何な
のか判りませんが、聖母は今、美しいロザリオを取り出されました。それは
青いロザリオで、珠が美しい青色の宝石です。十字架は金色です。聖母は
十字架を取り上げ、お口にもっていってイエズス様に口づけされました。そ
して今、聖母は聖地を見回しておられます。天使達は今、立っておられます。

聖母:
 我が愛する子、愛のリトル・ペブルと、此処に集まった愛する子ども達、
そして世界中の子ども達よ、私はあなた方を祝福いたします。父と子と聖霊
との御名によりて。アーメン。

 我が愛する子ども達よ、今日、あなた方は、私の汚れなき御心の偉大なる
祝日、つまり、我が身体と霊魂が永遠の御父と御子と聖霊の懐の内にある
永遠の愛の王国へと上げられた被昇天の祝日を祝っております。この被昇天
とは、永遠の御父が私にお与えになった大いなる特別な恩恵でした。これは
世界中の子ども達のための救いの計画において、偉大なる知恵を持つ永遠の
御父、神様に対して、大いなる栄光と名誉を帰することでもあります。それ
は、神が人間に対して、御言葉である御独り子イエズス・キリストをこの世
にお遣わしになるため、卑しい婢をお選びになったということです。愛する
子ども達よ、我が御父であり、あなた方の御父の王国に住まうことを望むあ
なた方は、みな、我が汚れなき御心を通じて『キリストの霊』の内に生まれ
なければなりません。聖なるローマ・カトリックの使徒継承たる信仰を信じ
ようと信じまいと、このことが世界中の全ての子ども達に対する必要条件で
す。なぜならば、永遠の御父に選ばれた私は、神の御独り子である我が聖な
る息子、イエズス・キリストと共に人類の仲介者であり、共贖者なのですか
ら。

 あなた方が御子を通らずには御父の所に行けないように、この母を通らず
に御子の所に行くことが出来ないのです。愛する子ども達よ、このことは
『神の真実』なのです。これらの真実を私達の子ども達は学び、理解しなけ
ればなりません。あなた方に示したこのようなことは、私自身が言っている
ことではなく、『生命と愛の霊』を通して御子の内においでになる永遠の
御父からのものです。私は真に主の婢であり、私の愛のマントの下に全ての
神の子ども達を来させようと望んでいるからです。それは、私があなた方を
我が聖なる息子の所へ連れて参り、イエズスは次々にあなた方を天の王国に
おいでになる御父の所へ連れて行って下さるためなのです。

 世の終りには、全ての人類に肉身のよみがえりが約束されています。しか
しながら、全ての人間が幸福と真実の生命に復活するのではなく、むしろ、
多くは終りの日に、地獄に堕ちてよみがえるでしょう。あなた方の天の母で
ある私は、今日、再び子ども達を祈りの生活に呼び戻すため、やって参りま
した。愛する子ども達よ、私は自ら何度も何度も同じことを繰り返している
のは、分かっています。しかし、母親は子ども達を愛していないのなら、懲
らしめたりはしないのです。戒めるために、子ども達に自ら絶えず繰り返さ
ない母親がありましょうか? 私が我がマントの下に子ども達を集めにくる
のは、我が聖なる息子イエズスに対する愛からです。地上の子ども達に永遠
の御父の御国へと続く道を与えたいと願うのは、ひとえに愛と希望からなの
です。そして、愛する子ども達よ、この道は、十字架を通して、また、あな
た方の祈りや苦行や犠牲を通してのみ与えられるのです。

 愛する子ども達よ、少なくとも今は、この世での幸福をあなた方に与える
ことはできません。しかしながら心と魂の平和、また、満足と希望を与える
ことは出来ます。その希望とは、救いであり、我が聖なる息子、イエズス・
キリストが、この世に戻って来られる時、『平和の時代』に生きるための
恵みの希望なのです。愛する子ども達よ、母親だけができるようにあなた方
を愛しています。私の心をあなた方に差し出します。私の所に来るのを恐れ
ないで下さい。私はあなた方を捨てたりはしませんし、我が聖なる息子イエ
ズスも聖人達も天使たちもいたしません。私達は天国への道を歩む子ども達
を助けるために、永遠の御父から、この地上へ遣わされているからです。私
はあなた方をとても愛している私の汚れなき御心から、あなた方愛する子ど
も達みなを祝福いたします。父と子と聖霊との御名によりて。アーメン。

 愛する子ども達よ、自分の十字架をとり、永遠の報いに向かって我が聖な
る息子に従って下さい。永遠の御父に、この国を初め、世界の国々の人々の
救いのために祈りを捧げるため、ここに集まって下さったことを感謝いたし
ます。遠くから来てくれた子供たち皆を祝福いたします。また、祝別するべ
く差し出された準秘蹟も、全部祝福いたします。これらの準秘蹟をもって
行って下さい。この中の沢山の物が、癒しと回心の力をもたらしますから。
では祝福いたします。父と子と聖霊との御名によりて。アーメン。

 愛する子供たちよ、生ける神、イエズス・キリストの聖心のうちにあなた
方に平和がありますように。父と子と聖霊との御名によりて。アーメン。

 さあ子供たちよ、続けてください。そして聖にして母なる公教会のために
大試練を経ておられる我らの聖なる代理者、ヨハネ・パウロ2世のために
祈りとしてロザリオを一連唱えましょう。

リトル・ペブル:
 『聖母の被昇天』の玄義を捧げましょう。



----------------------------------------------------------------
3.反キリスト、ロード・マイトレイヤについての警告
----------------------------------------------------------------
イエズス様からの警告 1995年7月1日

 甘美なる子供たちよ、教会が勝利するのは、最も清らかで汚れなき御母を
通してのみだということを思い起こしなさい。私はあなたたちをみなし児に
はしないのだから、恐れてはならない! 到来する最大の試練の最中にも
見捨てはしない。代理者が地上から取り去られたら、私が戻ってくるまでの
時は極めて短いと悟りなさい! リトル・ペブル、救いのホワイト・ロック
を通して、私はあなたたちに新しい教皇を与える。私の息で滅ぼされるまで
のしばらくの間支配する反キリストの時、彼が群れを牧する羊飼いである!

 私は今、いと聖なる代理者ヨハネ・パウロ2世を通して、教会内に今ある
多くの乱用を正す準備をしている。私が取り去る前に、ヨハネ・パウロ2世
はすべてを正さなければならない! そうなのだ、甘美なる子供たちよ、私
と至聖なる御母が約束したように、このミッションに、そして天からの全世
界のミッションに勝利がもたらされるであろう。最初の勝利は、至聖なる
御母がリトル・ロックを通して創立した、この聖シャーベル修道会であろう。
これはあなたたちのほとんどが信じているよりも、はるかに早く来るであろ
う。このことはルチフェルの心に剣を置くこととなろう。なぜならルチフェ
ルはリトル・ロックとリトル・ヨハネによって創立された新しい礎、全世界
の多くの修道会における天の業を破壊しようと日夜働いているからである。

 甘美なる子供たちよ、あなたたちの救いのための霊戦は続いている。甘美
なる子供たちよ、あなたたちは物理的な戦いを戦っているのではなく、堕天
使……地獄の軍勢と超自然の戦いを戦っている! しかし、私が約束したよ
うに、彼らは地上の私の教会に勝つことはない。甘美なる子供たちよ、心を
騒がせてはならない。私はあなたたちの神、すべてを知り、あなたたちの
必要のすべてを知る神ではないだろうか。そうだ、あなたたちは多くの国々
に戦争を見、戦争を耳にする。至聖なる御母がファティマで預言されたよう
に、多くの国が消滅するであろう。ロシアは今なお教会と世界に誤りをもた
らしている。それゆえロシアの改心のために祈りなさい。甘美なる子供たち
よ、ロシアはまだ改心していない。多くの戦争が続くであろう。注視し、耳
を傾けなさい。そうすれば、あなたたちはまさに時の終わりに生きているこ
とを理解するであろう。黙示録の言葉は今、解かれている。それほど遠くな
いうちに、聖ミカエルの力によって第6の封印が解かれるであろう。

 しかし、このことが来る前に修道会の認可が下り、至聖なる代理者によっ
てこのミッションが認められるであろう。そして、多くの変化が聖にして母
なる教会と全世界に来るであろう。甘美なる子供たちよ、このこと、すなわ
ちロシアはすぐにも他国に侵入する構えであることを知りなさい。中国も他
の国々を呑み込むために腕を伸ばすであろう。いとしい子供たちよ、このこ
とを知りなさい。すなわち、あなたたちがこのことを見るとき、多くの苦難
が世界に、そして聖なる代理者のために、ローマにも来るのだ。



----------------------------------------------------------------
4.編集後記
----------------------------------------------------------------
 時期は未定ですが、名古屋近辺において2つの講演会が予定されていま
す。一つはリトル・ペブルさんの講演会「時の終りと新しい黄金時代」(The
End of Time and the New Golden Age)です。もう一つは聖シャー
ベル修道会の2人のシスターであり幻視者でもある、マザー・シャーリーと
シスター・ルースによる講演会で、その場でご出現があり、天のメッセージ
を伝えるそうです。

 どちらもオープンで、誰でも参加できる集会にしたいと考えています。
皆さんのご協力をお願いいたします。ボランティアスタッフが必要です。

「天からのメッセージ」に版権はありません。天はできるだけ多くの人々が
メッセージを読むことをお望みです。どうぞ友人知人に「天からのメッセー
ジ」を伝えて下さい。コピーして配布して下さい。

 編集室では、メッセージの翻訳ボランティアを募集しています。できるな
ら、カトリック信者で専門用語に強い方を希望しています。

 また皆様からのご質問、ご感想をお待ちしております。関連情報をお持ち
でしたらお寄せ下さい。
 
 次回「箱舟の聖母」は7月25日頃、発行を予定しています。

----------------------------------------------------------------
編集・発行:聖シャーベル修道会
スタッフ :Deacon Jean-Marie of the Risen Son of God(復活された
      神の子のジャン・マリー助祭)  Kolbe-Marie
----------------------------------------------------------------
お申込み、ご質問、ご感想は下記までお願いします。

  〒540−0004
   大阪市中央区玉造1−4−14
   聖シャーベル修道会

  E-mail : charbeljapan@nifty.ne.jp

 お申し込みはEメール版は3千円、郵送版は一万円を目安に、一年分のご
寄付をお願いします(商契約ではありません)。こうするのは、読者の皆さ
んにも「受けるだけの人」のままでいるのではなく、自発的な献金と、友人
知人にコピーをわたす伝道を通して「よろこんで与える人」となり、神様の
祝福をもっと得ていただきたいからです。「よろこんで与える者を神は愛さ
れる」、これが私たちの宣教事業の基本理念です。
----------------------------------------------------------------
%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%1%%

(C)日本における「聖シャーベル修道会の共同体」
      設立の促進と援助のための事務所
 http://homepage1.nifty.com/charbeljapan/index.htm
    E-mail : charbeljapan@nifty.ne.jp

%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%8%%




[HOME] [戻る]