「箱舟の聖母」バックナンバー
2004年7月11日号No.212

 マリア様を喜ばせましょう。マリア様はあなたの小さな奉仕にも大きな恵みで報いて下さいます。あなたが愛する人の救いのために「箱舟の聖母」を役立ててください。「箱舟の聖母」は宣教誌です。購読しコピーし身近な人にわたすなら、あとはマリア様ご自身が働いて下さいます。そしてあなたの購読料はマリア様の事業を支えます。あなたのマリア様に対する奉仕を神様は永遠に忘れません。

 お申し込みはEメール版は3千円、郵送版は一万円を目安に一年分のご寄付をお願いします(商契約ではありません)。こうするのは、読者の皆さんにも「受けるだけの人」のままでいるのではなく、自発的な献金と、友人知人にコピーをわたす伝道を通して「よろこんで与える人」となり、神様の祝福をもっと得ていただきたいからです。「よろこんで与える者を神は愛される」、これが私たちの宣教事業の基本理念です。

◆マテオによる聖福音10章27節
「私がやみの中で言うことを、あなたたちは明るみで言え。耳をあてて聞くことを、屋根の上から知らせよ」

◆マテオによる聖福音10章42節
「この小さい者の一人に、弟子として冷や水の一杯でも与える人があったなら、まことに私は言う。その人は報いを失わぬ」


ご注意
■ お申し込みは下記住所宛にEメール版は3千円、郵送版は一万円を目安に一年分のご寄付をお願いします(商行為でも契約でもありません)。  〒540−0004 大阪市中央区玉造1−4−14 箱舟の聖母社
■ トラブルを避けるために、必ずご本人様でお申し込み下さい。いかなる理由でも、ご送金後の返金はできません。お申し込みから登録まで2週間程度かかりますので、あしからずご了承下さい。
■ 本誌読者=「聖シャーベル修道会会員」ではありません。どのような立場の方でも歓迎いたします。
■ これを用いてマリア様の事業を攻撃する人には送付を打ち切ります。また災害・戦争など、やむを得ない事情の際も送付いたしませんが、ご了承ください。


%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%0%%

        「 箱 舟 の 聖 母 」

       2004年7月11日号 No.212

   毎週1回発行:Eメール版 年間3,000円(ご寄付)
          郵送版  年間10,000円(ご寄付)
  http://homepage1.nifty.com/charbeljapan/index.htm
      E-mail : charbeljapan@nifty.ne.jp
       ( 等幅フォントでご覧下さい!)
%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%7%%
----------------------------------------------------------------
    箱舟の聖母、
       我らが御母聖マリア、
         キリスト信者の扶(たす)け
----------------------------------------------------------------
 マリア様を喜ばせましょう。マリア様はあなたの小さな奉仕にも大きな恵
みで報いて下さいます。あなたが愛する人の救いのために「箱舟の聖母」を
役立ててください。「箱舟の聖母」は宣教誌です。購読しコピーし身近な人
にわたすなら、あとはマリア様ご自身が働いて下さいます。そしてあなたの
ご寄付はマリア様の事業を支えます。あなたのマリア様に対する奉仕を神様
は永遠に忘れません。
----------------------------------------------------------------

◆今週号の目次

 1.153本の聖ヨゼフの百合
 2.リトル・ペブルに与えられたメッセージ
 3.反キリスト、ロード・マイトレイヤについての警告
 4.編集後記


----------------------------------------------------------------
1. 153本の聖ヨゼフの百合
----------------------------------------------------------------
【 第72章 】

 共同体の中に住む家族にとって、子供の教育は重要な問題です。子供は
学校に行きますが、そこでは無神論の教育がされています。教会へ行きます
が、誤謬だらけの信仰教育が、司祭や要理教育者から授けられます。家庭
では心ない叔父、叔母、祖父、祖母など外部の親族が、両親の信仰を批判し
たりすることもあります。しかし家庭と学校と教会が一致協力して、子供を
真理だけで教育することが、本当は何よりも大切なことなのです。年上の人
の影響は子供にとって大きいので、一人でも無神論や信仰上の誤謬を吹き込
む人がいたら、子供は簡単に混乱し、迷ってしまうからです。

 共同体は、家庭と学校と教会の真理における一致協力という理想に向けて、
できるだけのことをすべきです。実はマリア様は共同体に私立学校をつくる
よう望んでいらっしゃいます。教員免許を持った人が家族会員や修道者の中
にいる共同体では実現の可能性が出てきますね。地域の教育委員会と連携し
ながら進めていけるようなら、そうしてください。

 今のところできることは、両親が子供が学校や教区の教会で何を教わって
いるかを聞き、植え付けられた誤りを取り除くことです。そのためには子供
と話し、耳を傾けることが必要ですし、まず両親が自分の信仰を正さなくて
はなりません。すでに両親が子供の時代から、教会ではおおっぴらに誤謬が
教えられていました。また、カトリック作家と呼ばれる人たちの本によって
も、おおっぴらに誤謬が広められました。誤謬が正統とされた時代の教会で
教育されたなら、影響を受けていないはずがありません。アダムとエバの
創造に関することを疑っていませんか。進化論を信じていませんか。「中世
の暗黒時代」という歴史家の言うことを信じていませんか。天は世界中で
私的啓示を与えて、広まっている誤りに対して本当のことを教えてくださっ
ています。共同体では、それらの私的啓示を協力して集めて、親たちが子供
の教育に用いることができるように準備するようにしてください。

 親たちは特に、聖ヨゼフが無学な大工でありながら、立派な教育をイエズ
スに与えることができたことを考えてください。親がたとえ知識に富んでい
なくても、聖ヨゼフのように、わずかでも知っているよいことを愛をもって
語り、尊敬をもって扱い、徳の実行を持って生活に生かすなら、聖なる雰囲
気が家に漂います。頭の中に知識がいくら入っていても、親であっても、そ
れだけでは子供に伝わりません。信仰は正確な知識の面と情緒の面の両方で
子供に伝わらなければなりません。聖なる雰囲気の家族では、子供に生き生
きとした信仰が伝わります。この影響力を親たちが持てるように、共同体
全体で聖ヨゼフの助けを願いましょう。

 最後に今書いたことの具体的な例を挙げておきましょう。ある神父様は、
母親がご聖体を指さして、「神様だよ!神様だよ!」と言ったことを、幼い
ころの最初の記憶として持っていて、その時からご聖体における主の現存を
80年以上、一回も疑ったことがありません。母親が一大事のように「神様
だよ!神様だよ!」と言ったのは、幼児にも見事に伝わりました。棒読みの
ような説明で、「ご聖体に主は現存しておられます」と言って幼児に伝わる
でしょうか? この同じ神父は、かなり長い間、アシジの聖フランシスコを、
母親のお兄さんのひとりだと思い込んでいました。母親がアシジの聖フラン
シスコのことを彼への大きな愛をもって親しげに語り聞かせてくれていたか
らです。母が愛を示すものを子供も愛するようになるものです。この神父様
が後にアシジの聖フランシスコの息子の一人となったのは言うまでもあり
ません。また、司祭が「ご聖体はイエズスです」と正しく教えたとしても、
ミサの聖体奉挙の後、聖体布の上にご聖体をまるでゴミを投げ捨てるように
ポンと放るなら、見ている子供に何が伝わりますか? 敬神の徳が行ないに
あらわれ、本当に神である赤ちゃんを御父に差し上げるようにうやうやしく
かかげ、そして馬ぶねに寝かせるように聖体布の上にお置きするのを見るな
ら、子供に何が伝わりますか? これが情緒の面で伝えるということなので
す。



----------------------------------------------------------------
2.聖地にてリトル・ペブルに与えられたメッセージ
 − No.159 1987年8月13日 −
----------------------------------------------------------------
リトル・ペブル:
 三位の大きな天使達は、まだそこにおられます。聖母マリア様を待ってお
られるのです。聖母は、きょうは少し遅れていらっしゃいます。しかし、そ
れはただ私の到着が遅れてしまったからなのです。私達は、この聖地の為に
選んだ聖歌「オ・サンクティシマ」(「きよけし…」)を聖母の御出現を
お待ちして歌います。

 (その聖歌が歌われました。また「ファチマの聖歌」も歌われました。)

 聖歌の初めから、とても高い空の上に美しく光り輝く白い十字架が立って
いました。大天使聖ミカエルが剣を手にし、十字架の上に立っています。こ
の剣は(戦いの用意が出来ているかのように)今にもふりおろされるかのよ
うに見えます。彼は金色の鎧兜を着ています。それは、王宮仕えのためで、
又他の二位の大天使は各々一位ずつ十字架の両側に立っています。そして今、
私は聖母が十字架の内から出る光線、つまりその十字架の光線の上に乗って
(その光線は真中から放たれています)来られるのが見えます。そして聖母
は、この美しい光線の上に乗って滑るように動かれています。

 聖母は純白のドレスを召されています。美しい白いケープとマントを羽織っ
ておられますが、マントは御頭からまっすぐ地面に届いています。聖母のド
レスはとても明るい青で、水色のようです。本当に、本当に美しい。そして
聖母のケープの縁も見えますが、その縁にはたくさん星がついており、聖母
の額の上の方には美しい一つの星があり、御頭の上にあるのは美しい小さな
十字架ですが、その十字架は宙に浮いています。ただ空中に浮いているので
す。聖母は腕を広げられました。そして御手から、美しい光が光線のように
なって放たれています。聖母は、きょうは冠はかぶっておられません。マン
トのてっぺんに、この星があるだけなのです。この美しい星があって、その
星の上に小さな十字架があるのですが、全部宙に浮いています。

 聖母はとても美しいです。そしてあたりを見回していらっしゃいます。聖
母の回りに小さな天使達が見えます。彼らはケルビムです。この小さい小さ
い赤ちゃんの天使達は、おそらく130はいるに違いありません。そして
彼らは皆、聖母の回りを走り回っています。ケルビム達は皆、いろいろな色
です。聖ミカエルの立っている大きな十字架の後ろには、美しい虹が見えま
す。それは壮大な虹です。その虹の上にノアの箱舟が見えます。箱舟が虹の
上にあるのです。

 空のとても高い所に今、救世主キリストがおられますが、天の御父のよう
な御様子です。イエズス様は全部美しい白の御召し物で、金色の玉座の上に
座っておられます。全く素晴らしいです。金の縁取りのある、美しい純白の
衣を召されています。そして手を上げられました。右の手です。父と子と
聖霊との御名によりて。アーメン。

 そして今、神の玉座から光がやって来るのが見えます。それは例の十字架
を突き通っています。その光線は、それから聖母の御心を突き抜けて通って
行き、私達皆の上に霧のように降りかかっています。それは本当に特別な
光景です。大変美しい。

 今、聖ヨゼフが聖母の右に来られるのが見えます。そして聖シャーベルも
いらっしゃいました。彼は聖母の左側におられます。聖シャーベルも聖ヨゼ
フも、聖シャーベル会の修道服を御召しになっておられます。聖ヨゼフが聖
シャーベル会の修道服を着ておられるのを見るのは初めてです。

 聖母は今、珠のロザリオを脇のベルトから外されました。それはベルトの
ようなものです。そしてロザリオの珠を握っておられます。ロザリオの珠は
白で、大珠は金です。聖母は十字架を取り上げてイエズス様に接吻なさいま
した。

聖母:
 かわいい子、我が愛のリトル・ペブルよ、私の小さきバラよ、あなた方を
祝福します。そして、遠くから来てくれたかわいい日本の子供達、愛する
オーストリアとオランダの子供達、トンガという島の子供達、そして今ここ
にいる全ての子供達に挨拶を贈り、生ける神、イエズス・キリストの御名に
よって祝福いたします。父と子と聖霊との御名によりて。アーメン。

 かわいい我が子よ、そして愛する子供達よ。私はきょう、助言を与えるた
めにやって参りました。それはあなた方の魂の高揚にとって大変大切な助言
なのです。愛する子らよ、私は少し前「我が小さきバラ」を通して、あなた
方に祈りの重要さをお話しました。私はロザリオの祈りの大切さを示す為に、
いつものようにロザリオを持って参りました。

 愛する子供達よ、ロザリオをどこへ行く時にも、いつも持っていなさい。
この強力な準秘跡は、霊的にも肉体的にもあなた方の保護となるからです。
愛する子供達よ、何故ならあなた方は、世界と公教会にとって大いなる悲し
みと苦しみの時代に入りつつあるからです。「キリストの神秘体(公教会)」
にとっての受難の時は、すぐそこに来ています。かわいい子らよ。そして
この「愛の殉教」を生き抜く唯一の道こそは、我が神なる御子、主なる神、
イエズス・キリストと、あなた方の天の母の汚れなき御心への信心によって
なのです。ロザリオは、あなた方の保護の保障となるでしょう。これをその
ように呼びたいのであれば、です。

 愛する子供達よ、しばしば愛の珠なるロザリオを祈らなければなりません。
そして更にもっと、あなた方はしばしば御聖体にましますイエズスを拝領し
なければなりません。それにより、来る苦難と試練に対する力が与えられる
からです。私と最愛の御子イエズスが何年にもわたって何回も与えてきた、
沢山のこれらの御言葉をないがしろにしてはいけません。これらの御言葉は、
無駄な雑談ではないのです。これらは私達の愛する子供達に対する、真剣な
愛の警告なのです。

 公教会に対する試練は、もう間もなく始まります。それは、聖なる教皇ヨ
ハネ・パウロ2世の暗殺未遂から始まります。そして愛する子供達よ、その
後間もなく公教会の「大分裂」が起こります。我が息子の地上における家
(公教会)の完全な分裂です。それは、私達が全世界に遣わしている代弁者
達のメッセージを、人類が受け入れないからです。来る12ヶ月のうちに、
私の最愛の御子イエズスと私自身、そして聖人、天使達は、人類に最後の
警告を与える為に世界の多くの場所へ訪れるでしょう。もしこれを心に留め
なければ、第三次世界大戦が始まり、10億以上の人々がこの地球上から取
り去られてしまいます。愛する子供達よ、これがあなた方の求めているもの
ですか?

 私は、全世界で血の涙を流して泣いています。それでもまだ我が汚れなき
御心が泣くのを見た時、ほんのわずかの人々しか憐れんでくれません。私の
子供達よ、一体どうしてしまったのですか? 心がないのですか! おお、
私と我が息子の与えている御言葉を信じる光の子達よ、あなた方は世界へ出
てゆき、これらのメッセージを全ての人々へ伝えなければなりません。そう
すれば、それが全世界に起こる悲しみの時代の前に、全ての人への警告とな
るでしょう。

 最後の三年半にわたる苦難は、来年の暮れから始まります。それらをよく
覚えておきなさい。かわいい子供達よ、あなた方はこの意味、つまり反キリ
ストの完全なる統治について知らされています。そしてたくさんの私の子供
達は、大変苦しむことになるのです。何故なら、彼らは私達の希望と愛と憐
れみのメッセージに、耳を傾けなかったからです。

 かわいい子供達よ。母だけが出来るようにあなた方を愛しています。たく
さんの子供達が、私達のメッセージを投げ捨てるのを見、またあまりにもた
くさんの子僕達が邪悪な快楽の生活にふけっているのを見るにつけ、私の心
は傷ついております。

 かわいい子らよ、あなた方は聖なる正しい生活を送る為に、この世に生命
を受けたのです。それは、いつの日か天にまします永遠の御父の御国に来る
ことが出来るためです。あなた方は罪を犯す為にこの世へ送られたのではあ
りません。

 愛する子供達よ。神や天の母の声を聞き入れない、この堕落した世界は何
と悲しいことでしょう。しかし愛する子供達よ、私と私の最愛の御子はあな
た方を愛しています。私達のみ心を、あなた方に開いているのです。おいで
なさい。そうすればあなた方を助けます。あなた方の多くは、真に神の愛の
賜物で祝福されているからです。愛する子供達よ、あなた方を祝福します。
そして、世界の子供達と世界の平和の為に祈る為、ここに集った子供達に
感謝します。あなた方全員を祝福します。父と子と聖霊との御名によりて。
アーメン。

リトル・ペブル:
 今、聖母はテレサの方を見ていらっしゃいます。彼女を通して話されたい
のかどうかは、わかりません。今、聖母の後ろの、美しい大きな輝かしい白
い十字架上のイエズス様が見えます。そしてイエズス様は白い十字架の上に
釘付けにされていらっしゃいます。イエズス様は苦しみ悶えていらっしゃい
ます。十字架の上で生きていらっしゃいます。御頭と五つの御傷から血が流
されているのが見えます。そして今、十字架の下で御血をカリスで受け止め
ている、何位かの天使が見えます。けれどもカリスは、非常に早く御血で満
たされてしまい、今、それは溢れ出しています。今一つの球が見えます。そ
の球は、地球を表しているのがわかります。いろいろな国々が見えます。そ
してイタリアが見えます。カリスから血がイタリアの上にしたたり落ちてい
ます。そして今、イタリアが揺れているのが見えます。とてもとてもひどく、
まるで地震のようです。主が話されます。

主:
 愛する子供達よ、彼らがわたしに何をなしたかを見なさい。これは彼らの
罪にたいする懲罰である。

リトル・ぺブル:
 それは、大変大規模な地震です。そして十字架の上に「まもなく」の文字
が見えます。今、再び世界が動いていきます。急回転しています。南アメリ
カが見えます。そして「チリ」という文字が見えます。そしてイエズス様の
御手の御血が、カリスからこの国の上に流れ落ちています。チリは揺れてい
ます。

主:
 愛する子供たちよ、この国もそうである。この国を始め、多くの世界の
国々に災難が起こるのだ。なぜなら愛する子供達は、彼らが罰せられるまで
聞こうとしないからである。

リトル・ペブル:
 今、主の御顔を見ています。主はひどく苦しんでいらっしゃいます。出来
ることならお慰めしたいのですが。今、主の聖心が見えます。それは十字架
上の御胸の上にあります。そして、聖心には剣が刺さっているのが見えます。

主:
 愛する子よ、あなたは人類の為の我々の犠牲の魂である。間もなく大試練
の最中、地上の我が教会を導くために、偉大な権威と力があなたに与えられ
るであろう。世界中のわたしの子供達が今、わたし達の愛のリトル・ペブル
の為と、我等の代理者、教皇ヨハネ・パウロ2世の為に祈らなければならな
い。しかも、絶えず祈りなさい。彼らは、我がいと聖き御母のメッセージを
伝える為、全世界を旅行しなければならないのだから。語られてきた天の
言葉を聴きなさい。そしてそれに従いなさい。

リトル・ペブル:
 そして今、主の右手が十字架よりおりるのが見えます。

主:
 我が子よ、我が「小さきバラ」よ、そして全ての子供達よ。あなた方を
祝福しよう。父と子と聖霊との御名によりて。アーメン。

リトル・ペブル:
 今、イエズス様は行ってしまわれました。十字架も消えました。しかし
聖母はまだそこに立っておられます。

聖母:
 愛する子よ、そして子供達よ、以上がきょう、私の与えるべき全ての助言
です。愛する子供達よ、私があなた方の祈りと願いを聞いたことを確信しな
さい。そしてこれらを、永遠の御父の玉座へ持って参ります。あなた方の祈
りと信心を続けて下さい。そして、私と私の最愛の御子は、いつもあなた方
と共にいるということを覚えておいて下さい。今、私達はあなた方を祝福い
たします。父と子と聖霊との御名によりて。アーメン。

リトル・ペブル:
 聖母は今、空の彼方へと戻られます。永遠の御父も、玉座と共に消えてし
まわれました。けれども虹と箱舟は、まだそこにあります。そして聖母は、
空へ戻られながら、優しく言われます。

聖母:
 息子よ、まもなく彼らは、いくつもの国の国境の山の上に箱舟を見つける
でしょう。

 ……「サルベ・レジナ」が歌われる……

リトル・ペブル:
 聖ミカエルが日本の人達に、聖母を讃えて聖歌を歌うよう、願っておられ
ます。

 ……日本の人達が、聖マリアの栄光の聖歌を歌う……

リトル・ペブル:
 きょう、イエズス様と聖母に栄光を帰し、全世界の為に祈るようにいらし
て下さった、全ての人に感謝します。間もなく一日の最後のお祈りである
十字架の道行のロザリオをいたしましょう。特に、いろいろな国や国内の州
から来て下さった全ての人々に、そしてこの為にバスを準備して下さった
人々に感謝します。イエズス様と聖母が、皆様方の信仰を伴った努力に報い
て下さいますように。

 御存知の通り、次の償いの日は土曜日の8月15日です。その後、8月
22日と続き、再び9月13日です。イエズス様と聖母が祝福して下さいま
すように。父と子と聖霊との御名によりて。アーメン。


--------------------------------
【 神の聖なる御名 】

 神の本性が、人間の頭で充分に理解することが不可能のごとく、従って、
完全に相当する神の御名を表現することは不可能である。公教会は、聖書で
用いられている多くの御名が、神の本性よりもその働きの方を表していると
教えている。(『Fundamntal of Catholic Dogma』Chs.1.2.3参照 )これ
らのうちには、エロヒム(Elohim)、アドナイ(Adonai)、エルジョン
(Eljon)、カドッシュ(Kadosch)がある。これらは、それぞれ『完全な
力を持つ者』、『主(または指揮者)』、『いと高き者』、『聖なる者』を
意味するのである。この他に旧約聖書では、もう一つの適当、かつ欠くこと
の出来ない御名が記されている。それがヤーウェ(JAWEH)であり、『在る
者』として最も良く知られている御名である。ダマスコの聖ヨハネは、かつ
て全ての神の御名において、この御名が最もふさわしいものであると語った。
(De fide orth 1.9)

 旧約聖書では、三位一体の奥義のしるしのみを扱っているので、ユダヤ人
は聖三位の認識がなかった。例えば創世の書1章26節で、神は、『我らに
かたどって、似せて、人間を作ろう。』と御自身を複数で語っておられる。
聖三位の理解は、福音史家の証言により、キリスト教の到来と共に始まった。
例えばマテオ第3章16−17節では、『イエズスは洗礼を受けて、すぐ水
からおあがりになった。すると見よ、天が開け、神の霊が鳩の形で下り、彼
の上に来るのをご覧になった。そして見よ、天から「これは、わたしが喜び
とする愛子(いとしご)である」という声がした。』 さらにヨハネ第15
章26節では、『わたしが父からあなた達に贈る弁護者、父から出る真理の
霊が来る時……』とある。

 公教会では世代制により、御子は御父の知性より出で給うたと教えている。
御父が御自分を完全、かつ無限に御存知であるように、御自分を熟考するこ
とが可能であり、御自身の似姿を眺められ、その似姿のうちにご覧になるの
が御子である。聖三位の第三のペルソナは、御父と御子の互いの愛より出で
給う。言いかえれば、神は愛にてましますが故に、御父と御子の互いより流
れ出づる愛が、聖三位の第三のペルソナなのである。

 聖三位の第二のペルソナの御名を「御子」と言うが、それは聖三位の第一
のペルソナより永遠に生まれ給うた故である。そして御子を出でさせたペル
ソナに与えられた御名が「御父」である。ところが、第三のペルソナの出生
には適当な名が何もないが、『発生』あるいは『息吹き』と呼ばれる。この
第三のペルソナにつけられて一般的に常用されてきた御名は二つある。それ
は『Holy Ghost』と『Holy Spirit』である。教会博士、聖トマス・アクィ
ナスは、聖三位の第三のペルソナに公教会が与えた適当な御名は、『Holy 
Ghost』であると説いた。しかし彼は、これら二つの言葉は一語として、共
に使用されるということで、『Holy Spirit』の使用に賛同した。
(S.Th.1a.36.1) しかしながら、トリエント公会議の公共要理では『Holy
Spirit』という言葉は、御父も御子も共に霊であり、共に聖であられるが故、
信者が不明瞭になり得ると、取り決められてきた。また、この御名は天使や
聖人にも適応する。それ故、教理では『Holy Ghost』を使用すべきであると
説いている。(Pt.l Art.8参照)

 聖母御出現の際、通常聖母は『Holy Ghost』という言葉をお使いになって
おられることは興味深いところである。事実、マイケルという幻視者を通じ
て、最近聖母は「たくさんの聖なる霊がありますが、Holy Ghostは唯お一方
だけです」とおっしゃった。



----------------------------------------------------------------
3.反キリスト、ロード・マイトレイヤについての警告
----------------------------------------------------------------
マリア様からの警告 1995年11月1日

 まもなく地は震えるでしょう。そして多くの命が失われるでしょう! こ
れは地上に近づいている小さな警告にすぎません。それ故、神の御言葉に
注意しなさい。「カエデの葉」、カナダであなたたちが見たことは、来るこ
との小さな兆候にすぎません。この不穏な状況は路上で争いが見られるよう
になるまで続くでしょう。邪悪な者が無秩序状態と死、そして恐怖を私たち
の子らにもたらそうとしているからです。祈りなさい、甘美なる子らよ。世
界は戦争、病気、悲しみと苦い涙に満ち溢れるでしょう。私たちの子らが目
覚め、真の信仰と謙遜をもって従わないかぎり、世界は至る所で死体の墓場
と化すでしょう。

 私の子供たちが今生きている時代の深刻さを理解するために、まもなく
一つの「しるし」が与えられます。わが子らが、私たちの子供たち全てが神
の真理の道を歩むようになるように、教会も聖なる教皇を通して「しるし」
を受け取るでしょう。

 祈りなさい、子らよ、祈りなさい。この最も悲しい年の終わりの前に災害
が世を打つことのないように。聖なる教皇のために祈りなさい。来年には彼
を待ちうけている大いなる試練は頂点に達するでしょう。枢機卿、司教、司
祭、修道者のために祈りなさい。大いなる試練と苦しみの来年には、大きな
決断が彼らに求められるでしょう。聖にして母なる教会の全ての子供たちの
ために祈りなさい、信仰は危機的で、彼らもまた決断しなければならないの
です。

 未来の教皇、小さきペトロ2世、神的愛の「リトル・ペブル」のために祈
りなさい。彼もまた極度の反対という非常に重い十字架を担っているからで
す。来年、彼の十字架は増し加わるでしょう。けれども、彼は多くの者に
とって「真理と希望」のしるしとなるでしょう。未来の使徒、弟子、クイー
ン、プリンセス、教会の神秘家たちのために祈りなさい。彼らもまた霊魂に
とって甚大な艱難の年となる来年には、多くを求められるからです。世界の
指導者たちのために祈りなさい。世界の諸問題に対する答えが戦争にならな
いように。世界の全ての子らのために祈りなさい。邪悪なことをする者たち
によって彼らが誤って導かれることのないように。一致のために祈り、祈り
なさい、愛する子らよ。新しい創設のために祈りなさい。世界と教会のため
の新しい修道会のためにです。それらが来年、花開くように。私は全ての
大切な子らに、汚れなき御心の呼びかけに注意を払い、来て私に従うように
呼びかけています。私は黙示録の婦人です。私はあなたたちを、生ける水で
ある神なる息子イエズスの緑の牧場へと、真理の聖なるニューエラヘと導く
でしょう!



----------------------------------------------------------------
4.編集後記
----------------------------------------------------------------
 時期は未定ですが、名古屋近辺において2つの講演会が予定されていま
す。一つはリトル・ペブルさんの講演会「時の終りと新しい黄金時代」(The
End of Time and the New Golden Age)です。もう一つは聖シャー
ベル修道会の2人のシスターであり幻視者でもある、マザー・シャーリーと
シスター・ルースによる講演会で、その場でご出現があり、天のメッセージ
を伝えるそうです。

 どちらもオープンで、誰でも参加できる集会にしたいと考えています。
皆さんのご協力をお願いいたします。ボランティアスタッフが必要です。

「天からのメッセージ」に版権はありません。天はできるだけ多くの人々が
メッセージを読むことをお望みです。どうぞ友人知人に「天からのメッセー
ジ」を伝えて下さい。コピーして配布して下さい。

 編集室では、メッセージの翻訳ボランティアを募集しています。できるな
ら、カトリック信者で専門用語に強い方を希望しています。

 また皆様からのご質問、ご感想をお待ちしております。関連情報をお持ち
でしたらお寄せ下さい。
 
 次回「箱舟の聖母」は7月18日頃、発行を予定しています。

----------------------------------------------------------------
編集・発行:聖シャーベル修道会
スタッフ :Deacon Jean-Marie of the Risen Son of God(復活された
      神の子のジャン・マリー助祭)  Kolbe-Marie
----------------------------------------------------------------
お申込み、ご質問、ご感想は下記までお願いします。

  〒540−0004
   大阪市中央区玉造1−4−14
   聖シャーベル修道会

  E-mail : charbeljapan@nifty.ne.jp

 お申し込みはEメール版は3千円、郵送版は一万円を目安に、一年分のご
寄付をお願いします(商契約ではありません)。こうするのは、読者の皆さ
んにも「受けるだけの人」のままでいるのではなく、自発的な献金と、友人
知人にコピーをわたす伝道を通して「よろこんで与える人」となり、神様の
祝福をもっと得ていただきたいからです。「よろこんで与える者を神は愛さ
れる」、これが私たちの宣教事業の基本理念です。
----------------------------------------------------------------
%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%1%%

(C)日本における「聖シャーベル修道会の共同体」
      設立の促進と援助のための事務所
 http://homepage1.nifty.com/charbeljapan/index.htm
    E-mail : charbeljapan@nifty.ne.jp

%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%1%%




[HOME] [戻る]