「箱舟の聖母」バックナンバー
2004年7月4日号No.211

 マリア様を喜ばせましょう。マリア様はあなたの小さな奉仕にも大きな恵みで報いて下さいます。あなたが愛する人の救いのために「箱舟の聖母」を役立ててください。「箱舟の聖母」は宣教誌です。購読しコピーし身近な人にわたすなら、あとはマリア様ご自身が働いて下さいます。そしてあなたの購読料はマリア様の事業を支えます。あなたのマリア様に対する奉仕を神様は永遠に忘れません。

 お申し込みはEメール版は3千円、郵送版は一万円を目安に一年分のご寄付をお願いします(商契約ではありません)。こうするのは、読者の皆さんにも「受けるだけの人」のままでいるのではなく、自発的な献金と、友人知人にコピーをわたす伝道を通して「よろこんで与える人」となり、神様の祝福をもっと得ていただきたいからです。「よろこんで与える者を神は愛される」、これが私たちの宣教事業の基本理念です。

◆マテオによる聖福音10章27節
「私がやみの中で言うことを、あなたたちは明るみで言え。耳をあてて聞くことを、屋根の上から知らせよ」

◆マテオによる聖福音10章42節
「この小さい者の一人に、弟子として冷や水の一杯でも与える人があったなら、まことに私は言う。その人は報いを失わぬ」


ご注意
■ お申し込みは下記住所宛にEメール版は3千円、郵送版は一万円を目安に一年分のご寄付をお願いします(商行為でも契約でもありません)。  〒540−0004 大阪市中央区玉造1−4−14 箱舟の聖母社
■ トラブルを避けるために、必ずご本人様でお申し込み下さい。いかなる理由でも、ご送金後の返金はできません。お申し込みから登録まで2週間程度かかりますので、あしからずご了承下さい。
■ 本誌読者=「聖シャーベル修道会会員」ではありません。どのような立場の方でも歓迎いたします。
■ これを用いてマリア様の事業を攻撃する人には送付を打ち切ります。また災害・戦争など、やむを得ない事情の際も送付いたしませんが、ご了承ください。


%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%0%%

        「 箱 舟 の 聖 母 」

       2004年7月4日号 No.211

   毎週1回発行:Eメール版 年間3,000円(ご寄付)
          郵送版  年間10,000円(ご寄付)
  http://homepage1.nifty.com/charbeljapan/index.htm
      E-mail : charbeljapan@nifty.ne.jp
       ( 等幅フォントでご覧下さい!)
%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%7%%
----------------------------------------------------------------
    箱舟の聖母、
       我らが御母聖マリア、
         キリスト信者の扶(たす)け
----------------------------------------------------------------
 マリア様を喜ばせましょう。マリア様はあなたの小さな奉仕にも大きな恵
みで報いて下さいます。あなたが愛する人の救いのために「箱舟の聖母」を
役立ててください。「箱舟の聖母」は宣教誌です。購読しコピーし身近な人
にわたすなら、あとはマリア様ご自身が働いて下さいます。そしてあなたの
ご寄付はマリア様の事業を支えます。あなたのマリア様に対する奉仕を神様
は永遠に忘れません。
----------------------------------------------------------------

◆今週号の目次

 1.153本の聖ヨゼフの百合
 2.リトル・ペブルに与えられたメッセージ
 3.反キリスト、ロード・マイトレイヤについての警告
 4.編集後記


----------------------------------------------------------------
1. 153本の聖ヨゼフの百合
----------------------------------------------------------------
【 第71章 】

 聖シャーベル修道会は全世界に広まっていますから、会員はもちろん多国
籍です。共同体のひとつひとつはローカルなものではありますが、マリア様
は2カ国以上の人が混ざりあうことをお望みです。なぜでしょうか。それは
互いに学び合えるというメリットがあるからです。それだけではありません。
自分の中に多国籍という状況にならないかぎり、隠れている悪徳が表面化す
るので、それを認め、新たにへりくだることによって、より謙遜になれるか
らです。

 家族まるごとという単位で違う国籍の人が入ってくると、その国の文化を
そっくりと持ち込んでくれます。司祭、修道者は一人で入ってくるので、そ
ういったことはないのですが、共同体で生きる家族たちにとって、家族の移
住によって多国籍の共同体になった場合、乗り越えるべき問題が出てきます。

 日本の共同体の場合、他国の人との交流に慣れていない家族がほとんどで
す。まず取ってしまう態度は、距離を置いて、交流しないというタイプです。
つまり日本人家族間だけで交流するのです。他の国籍の家族のことは、彼ら
と交流する勇気があり、言葉ができるわずかの人にまかせて、自分たちは
かかわらないでおくのです。世界中どこへ行っても、これは日本人が示す
お決まりの行動で、日本人は必ず日本人だけで固まってしまいます。これで
はマリア様の意図はどうなるのでしょうか?

 次に生じることは差別と偏見です。これもまた、日本人の強烈な特徴です。
原因は、日本人の常識と彼らの常識が違うということによるのです。違うの
は当たり前なのですよ。しかし、日本人は違うということをいきなり悪と
決めつける文化を持っています。これを既存の修道会の中で、「愛徳」に力
を注ぎながら生きつつも、日本人会員たちがとってしまった行動の実例で
説明しましょう。第二次世界大戦に日本は負け、弾圧されていたカトリック
教会は息を吹き返し、短期間でしたが発展期を迎えました。その時、朝鮮
半島出身の日本人が多く修道会に入会しました。しかし彼らのほとんどが
修道生活を続けることができませんでした。修道会の中で日本人が彼らに
対して愛徳に欠けてしまったからでした。同様なことが、他の国籍の外国人
会員にもなされたこともありました。これらの原因は、違いを即、悪と感じ
てしまう日本人にあります。日本の修道会の中で被害者になるのは、より
ストレートな国民性を持つ人です。これは日本ではストレートな生き方、ス
トレートな感情表現、ストレートな話し方をしてはいけないとされているか
らに違いありません。まっすぐに生き、まっすぐに考え、まっすぐに行ない、
まっすぐに話す人は、日本では評価されず、かえって軽蔑されます。しかし
神様の目から見て、まっすぐさは徳であり、考えることと口にすることが
違うのは悪徳です。日本人が逆の立場で、外国の修道会で暮らす時、指摘さ
れ、どうしても直すように言われるのは「まっすぐでない」という欠点なの
ですよ。カトリック信者として徳に進歩するためには、「まっすぐさ」がど
うしても必要なのです。これもまた、学び合えるということですばらしい例
ではありませんか。多国籍のメリットです。

 共同体の中に生きる家族には、あらかじめ日本人としての欠点、つまり、
違うことに対する不寛容、閉鎖性、差別、偏見、傲慢を知り、いざそのとき
に間違いを犯さないでほしいのです。間違いを犯すということは、かわいそ
うな被害者の家族を出すことなのですから。また、他の国籍の人からたくさ
ん学ぶことがマリア様の御旨なのですから、カトリックの伝統を持たない
日本の人々には特に、交流を通して学ぼうという謙遜な心構えと意欲を持っ
てほしいのです。

 聖ヨゼフはガリラヤ人でした。ユダヤ人たちは、まっすぐで熱血漢のガリ
ラヤ人たちを、その当時、非常に嫌い、軽蔑していました。ユダヤ人たちは
自分たちを上品で洗練された文化人で、心の中をあらわさず、礼儀作法に
かなったふるまいができる、優れた人種だと誇っていました。まるで今の
日本人みたいですね。ですから、もし聖ヨゼフが聖家族をつれて、日本の
共同体に移住してきて、彼らが身元を明かさないで隠しているなら、日本人
の家族たちは、当時のユダヤ人たちと同じく、聖家族とは交流せず、遠巻き
にしながらも彼らを嫌い、軽蔑してしまうでしょう。こんなことになって
ほしくないですね。それで皆さんは、国籍の違う家族を迎え入れるときは、
聖家族を迎え入れるつもりで迎えてください。それが超自然の見方、考え方、
振る舞い方であり、共同体に根づいてほしい常識です。それができるため
自分を変えることができるよう聖ヨゼフに祈りましょう。聖マルチノのよう
に、乞食の姿で現れたイエズスに、それと知らずに愛徳を実行できるか、ま
たは乞食を嫌い軽蔑のまなざしを送るか、あなたを試すために、そんなテス
トがあるかもしれませんよ。



----------------------------------------------------------------
2.私たちの主によってハニー・サックル・オブ・ヘブンズ・デューに
  与えられたメッセージ
 − 2004年5月8日 土曜日 −
----------------------------------------------------------------
WICA(悪魔崇拝の教団)の女大祭司であったが、リトル・ペブルの
メッセージによってカトリックに改心した幻視者。

ハニー・サックル:
 昨夜イエズスは私に働くように呼びかけられました。そして以下は、教会
における改革を求める主の呼びかけにおいて表明されたものです。彼が言及
された問題は以下の通りです。

--------------------------------
教導権への従順
司祭職における一致
司祭たちと信徒たちのためのカウンセリング
改悛の儀式
ひざまずくこと
止められるべき現在の実践……手による聖体拝領
特別奉仕者
杯を分かち合うこと
ふさわしくない服装
異端
--------------------------------

【教導権への従順】

 まず第一に、私の聖職位階の者たちの間に意見の対立があるということを
私に指摘させてほしい! わが教皇は、病気によって苦しめられ、彼を取り
囲む教会内部の悪によって傷つけられ、今の時代と、これから来る時代につ
いて、霊魂のうちで思い悩んでいる。

 彼は私に従っている。そしてあまりにも多くの者たちは彼に従っていない。
ペトロの座にあるわが教皇からの指示や指導を無視することを選択したすべ
ての者たちに災い。おまえたちは、自分が何をしているか十分に理解してい
ないし、お前たちの服の裾を重たくしている流血にも気づいていない。私の
意志よりもむしろお前たちの意志がなされることがより重要になってしまっ
たかのように私には見える。

 教会の中において私がすべての者たちに対してなす最初のそして最も重要
な改革への呼びかけは、わが教皇への従順である。彼は私の意志に仕えてお
り、私の命令に従っている。

 この自己奉仕、自己満足、反抗の道は終わらなければならない。私に仕え
る者たちは従わなければならないということを、あなたがたの心において
知っておきなさい。


【司祭職における一致】

 神学生たちの教育における荒廃のために、彼らは素養を身につけていない
司祭として叙階されてきており、そしてわが教会の中には性的な醜聞の問題
ばかりでなく、未熟で、不適格、無能な司祭たちが存在している。このこと
はいくつかの点においてさらに悪化している。なぜならそれはカトリックの
信仰と真理についてよく知っていない教育者たちを生み出すからである。

 神学校におけるカリキュラムを再検討するようにとの教皇の命令に従うよ
うに私は司教たちに呼びかけている。ひとつの大きな問題は、神学校を運営
し将来の司祭たちを教育している司祭たちの間に不一致があることである。
教会の教えから離れ、そして神学生たちに虚偽を伝えている司祭たちの間に
平和を回復するために、より調和のとれた努力がなければならない。もし
彼らが教会の教えに従わないのであれば、彼らは取り除かれるべきである。
彼らの嘘と異端によって将来の司祭たちを毒するようなことは止めさせられ
るべきである。

 では何が答えなのか?

 近代主義の形をとって叛乱が起こる前には、ずっとより多くの召命があっ
た。それは、教会の教え、私の教えが固守されていたからである。

 現状はどうか?

 私が言っていることをあなたがたが理解するためには、これ以上考え続け
る必要はないということを私は信じる。それゆえ答えは簡単である。教会の
元の教えに立ち戻りなさい。そうすれば神の恩寵は、より容易に注がれるだ
ろう。

 自分自身に仕えるこの道を続けるならば、神の怒りが展開するであろう。
懲罰は続き、そして悪化するばかりだろう。そして痛みと苦しみが増大して
いくであろう。無垢な血が流されるであろう。殉教は慣例となり、そして私
は、私を覚えている者がほとんどいないであろう時に、私の子供たちを助け
るために戻ってくるであろう。そして真実にわたしを愛する残された者たち
だけが、カオスと混乱から救われるであろう。

 司祭たちは、彼ら自身とわが子供たちのために連帯しなければならない。
もし私の意志が従われないのであれば、啓示が明らかにされるであろう。
つまりそれは起ころうとしている。しかし私は人類の意志に呼び掛けている。
なぜならあなたがたはなお選択するための意志を持っているからだ。

 わが息子たち、わが司祭たちよ。あなたがたがなすように呼ばれてきたこ
とを思い出しなさい。一致しなさい。連帯しなさい。お互いに助け合いなさ
い。教会の真理において、お互いを再教育しなさい。強く立ちなさい、そし
て真理のために戦うことを恐れてはならない。あなたがたの群れが、あなた
がたに従い、そしてお互いに助け合う会うことを、どうしてあなたがたが
期待できるだろうか、もしあなたがたがこのことの完全な模範でないのであ
れば。

 神学校における問題を解決しなさい。混乱と裏切りのこの時期において私
の言葉に耳を傾け、この絶望的な時期にもかかわらず仕えるために進み出て
きた貴重な少数の者たちから、良い司祭たちを作り出しなさい。彼らを失望
させてはならない、それによって牧者たちを必要としている信徒たちを失望
させてはならない。わが牧者たちを、群れのための愛に満ちた、配慮ある、
教養ある教師たちに育てあげなさい。

 司祭たちの間に一致をもたらしなさい、そうすれば信徒たちの間にも一致
がもたらされるであろう。


【司祭たちと信徒たちのためのカウンセリング】

 損害が引き起こされてきている。罪が犯されてきている。赦しが成し遂げ
られなければならない。司祭たちと信徒たちのためにカウンセリングが求め
られなければならない。和解と赦しが成し遂げられるために。このことを
改革への呼びかけの重要な一部としなさい。

 伝統的な教会と近代的な教会との間で板挟みになっている霊魂たちがいる。
これらの霊魂たちもカウンセリングを必要としている。近代主義者たちは、
わが教会の真の教えが何であるかについて想起させられる必要がある。そし
て伝統主義者たちは、彼らが取り残されてはいないということを知らなけれ
ばならない。すなわち彼らは教皇に忠実に仕えており、数多くの幻視者たち
を通して、私は改革を呼び掛け、わが教会のやり方の固守を呼び掛けている。

 その通り、現状においては、教会は私の意志に反する変更を認可してきて
いる。私はまだそのことを許容しており、そして彼らば従わなければならな
い。しかし、可能なあらゆる機会において、伝統的な教会のやり方は固守さ
れなければならない、そして彼らの忠実と信仰の深さの結果として、信徒た
ちに対して教導権からのいかなる迫害も、もたらされるべきではない。カウ
ンセリングは、教会における分裂をいやすためにも必要とされるであろう。
多くの者たちが人々と司祭を傷つけている。それは時間を必要とするだろう。
事態が好転するという希望を決して捨ててはならない。なぜなら人間は常に
選択するための権利を持っているのだし、神はそのことを許容しておられる
からである。


【改悛の儀式】

 これは告解の秘跡を水で薄めたものである。一年に一回の告解は全く十分
ではない。信徒たちは堕落してしまっている。彼らは自分たちにとって都合
よく聞こえることにしか耳を傾けない。そして多くの者たちが、大罪の状態
にありながら聖体拝領をしている。信徒たちは、これは大罪であるというこ
とを思い出させられなければならない。そして神はそれに対して彼らを罰さ
れるであろうということを。

 改悛の儀式は、小さな些細な罪についてのみ十分なものである。痛悔の祈
りは、しばしば唱えられなければならない。家においても祈りの前に、自己
を、霊魂を、罪から清めるために祈る必要がある。神とのより大いなる一致
のために。

 より深刻な大罪は、聖体拝領がなされる前に司祭に告白されなければなら
ない。私はこのことを強調し過ぎることはできない。私は恐ろしい拷問と
苦しみを苦しんだ主イエズス・キリストである。私は完全であったし、そし
て今も完全なものであるが、あなたがたと皆のために、罪が赦されるように、
このことを成した。このことは何も意味しないのか。これらは単なる言葉な
のか。違う。それは真理である。そして私は私がなした大いなる犠牲と、そ
れによって私があなたがたを愛してきた大いなる愛のゆえに、敬われるに値
するのである。あまりにも多くの者たちが私を忘れている。


【ひざまづくこと】

 あらゆる膝は屈むべきである!!

 おお、しかしサタンと彼の叛乱は、この一見したところあまり重要でない、
そしてほとんど見過ごされている儀式において、わが教会の中に足場を見出
した。その儀式においては、かつてはあらゆる膝が屈んでいたが、今や、わ
が聖体における現存を立って受け取ることは許容可能なことだと考えられて
いる! これは私に対する侮辱であり、わが心に深い傷をもたらす。どれほ
ど長く私の心は血を流さなければならないのであろうか。

 ひざまづくことを望む者たちに聖体拝領を拒絶してはならない。これらの
者たちは、わが真に信仰深い者たちであり、彼らは大いなる恩寵を以て報わ
れるであろう。

 かつて世界中のわが聖なる教会において示されていたように、私に対する
敬意と従順が回帰することを私は望んでいる。かつての教会においては実際
あらゆる膝がかがんでいた。彼らはわが現存の前でひざまづいていた、十分
な敬意を払いながら、神の前にへりくだって、そして私を王の中の王、主の
中の主と認めていた。そのような敬意を私が受け取っていた時は、まことに
大いなる時であった。


【止められるべき現在の実践……手による聖体拝領】

 これは冒涜である! いかなる信徒も、我が体を手にとってそれを受ける
にふさわしくない。それはただちに汚されてしまう。何度私はこのことを
繰り返さなければならないのか。あなたがた皆は、もっとわきまえ知るべき
である。私は私の言うことを十分に明確にしてこなかったであろうか。パン
とワインをわが体と血へと聖別することが司祭職の神秘の背後にある全目的
と意味である。もしあなたがたが聖体におけるわが真の現存の信仰を取り去
るならば、我が司祭たちは教会のための名目上の指導者にすぎず、彼らは単
なる役務者に引き下げられてしまう。

 司祭が呼ばれる理由そのもの、その全目的と意味は、わが体と血へと聖変
化させるためにパンとワインを聖別することである。そして彼らは、わが
神聖なる導きを受け取るために空の容器となるために、あらゆることを犠牲
にする。わが群れが、私を受け取り、善徳においてより強くなり、私の命令
に従うように。私の人生に従いながら、そして信徒たちになすように私が
呼び掛けているすべてのことに従いながら。

 信徒たちに手による聖体拝領を許すことは、わが体を象徴にすぎないもの
におとしめてしまう。我が司祭たちのほかに、わが聖別されたホスチアに
触れるために適切に準備された者はいない。そして聖体は、司祭たちの手か
ら信徒へ、舌に与えられなければならない。

 私は、手による聖体拝領の実践が取り除かれることを望んでいる!


【特別奉仕者】

 わが民のための牧者たちの不足について私はあまりにもよく知っている。
しかしたとえこのような状況でも、私は特別奉仕者の指名に同意することは
ない。私はもう一度言う。「我が司祭たちのほかに、わが聖別されたホスチ
アに触れるために適切に準備された者はいない。」 私は十分に語った! 
私の意志がなされるように!


【杯を分かち合うこと】

 私はこのことにも同意しない。あまりにもしばしば、わが群れは私に向
かって叫ぶ。「主よ、主よ。」 そして私は言ってきた。「私はお前たちを
知らない。」 なぜか。なぜなら彼らは私の意志に従わなかったからである。
私は杯におけるわが血を信徒と分かち合うことに同意しない。なぜなら私は、
これが我が司祭たち、聖職者たちにのみ留保されることを望んでいるからで
ある。彼らはいかなる信徒たちよりもより多くの犠牲を払っている。彼らは
特別な恩寵を与えられてきている。しかしそれでもなお彼らは人間的な弱さ
に打ち勝たなければならない人間であり、そしてわが血は、さらなる力のた
めに、私自身を彼らのうちに受け入れることができるように。彼らのために
留保されるのである。彼らの人間的な、そしてあまりにもしばしば肉体的な
弱さに打ち勝つための助けとともに。神は、各人に彼らのものを与えられる
のであり、そしてこれは彼らの割り当てなのである。

 私はかつてある女性に語った。「女よ、あなたはあなたが求めているもの
が何であるかを分かっていない。」 覚えているか。あらゆる人間が同じ
恩寵を受け取るのではない。よその芝がより青いとは限らない。神はあらゆ
る人間に同じ機会、同じ権利、同じ特権を与えておられるのではない。神は
各人に彼らの取り分に従って与えるのである。神が彼らに受け取ることを
望まれるものを。

 ねたみや軽蔑を生み出すのはサタンの意志である。彼のみが疑いの種を
植える。そしてそれを疑惑と憤慨によって育てるのである。腐敗によって
それを繁茂させ、そして最終的に軽べつと貪欲によって毒することによって、
それを花開かせるのである。

 あなたがたは次のことをなすように呼ばれてきている。主人の意志に仕え
なさい。そしてもしこのことをあなたがたがなすことができないのならば、
あなたがたはあなた方自身の意志の声に耳を傾けることになるのであり、そ
してあなたがたはサタンの意志に仕えることになるであろう。そして彼が
あなたがたの主人となるであろう。


【ふさわしくない服装】

 私はあまりにも多くのことを求めすぎているように見えるかもしれないが、
天国への道は狭く、それを見いだすものは数少ないのである。私と我が母と
我が司祭たちに対して示される増大する不敬は、ますます明白になっている。
教会の中であまりにも多くの肌を露出している者たちは。そう、現代におい
ては皆はこのことは構わないと告げられているが、そうではないと私はあな
たがたに告げる。いくらかの敬意を示しなさい!

 女たちよ。神と、あなたがた自身に対する、いくらかの敬意を示しなさい。
あなたがたは、あなたがたの肉体的な美しさの産物あるいはその欠如の産物
ではない。美しさは表面だけのものではない。美しさは内面から来るもので
ある。それはあらわになった肩や、むき出しの足や、胸をあまりに多く露出
することではない。

 あなたがたの司祭を尊敬しなさい。彼らは男性であり、人生をささげ、神
の子の表現となるために、あなた方が私により近づくことができるように、
あなたがたに仕えるために独身を受け入れてきているのである。もしあなた
がたが私の前に裸で立つならば、あなたがたはあなたがたの裸を恥ずかしく
思わないであろうか。あなたがたは恥ずかしく思うであろうと私は真にあな
たがたに言う。私はイエズスである。わが司祭たちはわが代理者たちである。
あなたが私を尊敬するように彼らを尊敬しなさい。

 男たちよ。あまりにもしばしば、私は男たちも教会に不適切な服装でやっ
てくるのを目にしている。あなたがたが着ているものよりもあなたがたの霊
魂の装いの方が大切であるということはその通りである。しかしまたあなた
がたの内面的な霊的な装いは、あなたがたの外面的な服装に反映するのであ
る。もしあなたがたが私に敬意を払うのであれば、そしてあなたがたのうち
に住む私に敬意を払うのであれば、あなたがたばわが教会における私にも
敬意を払うはずである。ここは礼拝の場所である。何かのクラブのような
たまり場ではない。


【異端】

 現在の教会において増大しているように思われる驚くべき傾向について私
が最後の言葉を述べたいのは、この点に関してである。神学者たちも司祭た
ちも、聖書における真実の有効性について自由に疑問を投げかけ疑うように
なってきている。より高き真理が明らかにされるのは懐疑的になることに
よってではない。神がしばしば全面的に信仰深い者たちに真理を啓示される
のは揺らぐことのない信仰によってである。そうではなかったであろうか。

 私にいくつかの驚くべき異端を破壊し追放させてほしい。

 神そして人としてのわが受肉において、私は完全であった。私はうそや
異端を芽生えさせたことは決してなく、わが父の意志に反することは何も
なしたことがない。私は真理、人となった御言葉であったし、今もそうで
ある。私は天から、人類を贖うために来た。さまよい離れた人類を父の腕の
もとに連れ帰るために。私はこのことを、私自身を自由に留保なく生贄の
子羊として奉げることによって行った。以前のすべての犠牲を終わらせるた
めに。以前の犠牲は、アダムとイブの行動によって引き起こされた損害を償
うためには不十分であった。

 私はこのことをなしうる唯一の者であった。そして私はこの愛の行為を、
支払われるべき究極的な対価として成した。祭壇においてこれ以上の血が流
されることは必要でないということを一度限り決定的に示すために。なぜな
らわが血は、人類を永遠にわたって贖ったからである。

 私は誰とも性的関係を持ったことはない。現代においては、いかなる人間
的精神もこのことを理解することができないように見えるが、実情はそうな
のである。私は真理であり、私は御言葉である。私は、男や女との性的関係
における接触や親しみを必要とはしない。なぜなら私は完全であったし、今
もそうであるからである。私は父とひとつであったし、今もそうである。そ
してわが存在が認識しているこの一致は、完全なものであり、いかなる性的、
人間的関係の必要からも独立している。

 私が何らかの性的関係を持ったことは「可能」だと思っているすべての者
たちに対して、私は十分明白に自分自身を明らかにしたと思う。そのような
考えを抱くこと自体異端である。

 そうだ、わが肉体は復活した。その通り、私は地獄に下り、煉獄から霊魂
たちを解放し、太祖たちの古聖所の霊魂たちを解放してから、三日後に地上
に戻った。そして、宇宙の王としての我が権威、あらゆるものに対する主と
してのわが権威を主張したのである。

 私はわが肉体とともに天に昇り、そこで私は父の右に座した。私は生ける
ものと死せる者と裁くために再び来るであろう。そしてわが王国は終わるこ
とがないであろう。

 その通り、マリアの宿りは無原罪であった。彼女は本当に、彼女の肉体と
ともに昇天した。彼女は共贖者である。彼女は神の子どもたちのためにとり
なしている。彼女は、処女性、節制、聖性、神のすべての子供たちへの愛の
模範である。彼女は崇敬されなければならない。彼女は私の母であり、すべ
ての神の子らの母である。彼女は、罪がなかったし今もそうである。彼女の
ようなものは他にいない。

 新しい掟を私はあなたがたに与える。「互いに愛し合いなさい、私があな
たがたを愛したように。」 このことをマリアはなし続けている。彼女は私
があなたがたを愛したようにあなたがたを愛している。そして彼女は、あな
たがたの敬意に値するのである。彼女は天の女王である。

 わが真理を信じなさい。それらはあなたがたを見捨てることはないであろ
うから。私があなたがたを見捨てることはないであろうように。私は常に
わが子供たちのそばに立っている。

主イエズス・キリスト



----------------------------------------------------------------
3.反キリスト、ロード・マイトレイヤについての警告
----------------------------------------------------------------
マリア様からの警告 1995年11月1日

 私は全ての子らが一致し、「光のチーム」として共に働くように呼びかけ
ます。あなたたちが一致するなら、真の教会は一致し、聖にして母なる教会
のための多くの実が結ばれ、聖なる教皇は彼の使徒的位階制とともに、地上
の全ての様々なミッションに対する承認と支持と励ましを与えることができ
るようになるからです。神の偉大な計画を信じ確認するために、各ミッショ
ンはこの一致に至らなければなりません。共に働きなさい、神的なる真理の
「戦士たち」よ。落胆してはなりません。一つの「真理の軍団」として共に
前進しなさい。邪悪な者の謀計と罠が打ち砕かれ、真理が広まるためには
多くがこの一致にかかっているのです。

 甘美なる子らよ。互いの違いと弱さを脇へ置いて共に働きなさい。教会が
新しい夜明けへと、信仰の英雄の新しい光へと立ち上がることができますよ
うに。神に向かって「はい」と言うことを恐れてはなりません。赦しを請う
ことを恐れてはなりません。意見が違うからといってともに働くことを恐れ
てはなりません。そうでなく、真の一致の橋を築きなさい。

 今や選ばれた子供たちは神の計画の真理を認識する時です。たとえ論理的
思考ゆえにそれを理解していないとしても。理屈は脇へ置かなければなりま
せん。人間的理解は脇へ置かれなければなりません。甘美なる子らよ、理解
するために祈りなさい。

 反キリストの時は近いのです。黙示録の成就の時は近いのです。今、共に
立ち上がりなさい。そうすれば強くなって前進するでしょう。私はあなたた
ちに、ヨハネ・パウロ2世のもとの一人の指導者を送りました。それは「清
き岩」、「リトル・ペブル」、ヨハネ・パウロ2世が私たちのところに来た
後にペトロ2世となる者です。これは非常に近いのです! 私はまた「リト
ル・ヨハネ」を遣わしました。彼は「リトル・ペテロ」の援助者です。この
二人の柱が光の子らに一致をもたらすのを助けるでしょう。

 私はまたあなたたちに世の光となるべき他の使徒たちを送りました。けれ
ども、彼らが一つのチームとして一致しない限り、彼らは光となることは
できません。地上の戦闘の教会のための一致と助けは、粉々になった神秘的
教会のうちにはないからです。一致した強力な「真理の軍団」においてのみ、
教会と世は反キリストと戦い、来たるべき非常に困難な時期に打ち勝つため
に導かれ、強められることができるのです。



----------------------------------------------------------------
4.編集後記
----------------------------------------------------------------
 時期は未定ですが、名古屋近辺において2つの講演会が予定されていま
す。一つはリトル・ペブルさんの講演会「時の終りと新しい黄金時代」(The
End of Time and the New Golden Age)です。もう一つは聖シャー
ベル修道会の2人のシスターであり幻視者でもある、マザー・シャーリーと
シスター・ルースによる講演会で、その場でご出現があり、天のメッセージ
を伝えるそうです。

 どちらもオープンで、誰でも参加できる集会にしたいと考えています。
皆さんのご協力をお願いいたします。ボランティアスタッフが必要です。

「天からのメッセージ」に版権はありません。天はできるだけ多くの人々が
メッセージを読むことをお望みです。どうぞ友人知人に「天からのメッセー
ジ」を伝えて下さい。コピーして配布して下さい。

 編集室では、メッセージの翻訳ボランティアを募集しています。できるな
ら、カトリック信者で専門用語に強い方を希望しています。

 また皆様からのご質問、ご感想をお待ちしております。関連情報をお持ち
でしたらお寄せ下さい。
 
 次回「箱舟の聖母」は7月11日頃、発行を予定しています。

----------------------------------------------------------------
編集・発行:聖シャーベル修道会
スタッフ :Deacon Jean-Marie of the Risen Son of God(復活された
      神の子のジャン・マリー助祭)  Kolbe-Marie
----------------------------------------------------------------
お申込み、ご質問、ご感想は下記までお願いします。

  〒540−0004
   大阪市中央区玉造1−4−14
   聖シャーベル修道会

  E-mail : charbeljapan@nifty.ne.jp

 お申し込みはEメール版は3千円、郵送版は一万円を目安に、一年分のご
寄付をお願いします(商契約ではありません)。こうするのは、読者の皆さ
んにも「受けるだけの人」のままでいるのではなく、自発的な献金と、友人
知人にコピーをわたす伝道を通して「よろこんで与える人」となり、神様の
祝福をもっと得ていただきたいからです。「よろこんで与える者を神は愛さ
れる」、これが私たちの宣教事業の基本理念です。
----------------------------------------------------------------
%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%0%%

(C)日本における「聖シャーベル修道会の共同体」
      設立の促進と援助のための事務所
 http://homepage1.nifty.com/charbeljapan/index.htm
    E-mail : charbeljapan@nifty.ne.jp

%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%4%%




[HOME] [戻る]