「箱舟の聖母」バックナンバー
2004年6月27日号No.210

 マリア様を喜ばせましょう。マリア様はあなたの小さな奉仕にも大きな恵みで報いて下さいます。あなたが愛する人の救いのために「箱舟の聖母」を役立ててください。「箱舟の聖母」は宣教誌です。購読しコピーし身近な人にわたすなら、あとはマリア様ご自身が働いて下さいます。そしてあなたの購読料はマリア様の事業を支えます。あなたのマリア様に対する奉仕を神様は永遠に忘れません。

 お申し込みはEメール版は3千円、郵送版は一万円を目安に一年分のご寄付をお願いします(商契約ではありません)。こうするのは、読者の皆さんにも「受けるだけの人」のままでいるのではなく、自発的な献金と、友人知人にコピーをわたす伝道を通して「よろこんで与える人」となり、神様の祝福をもっと得ていただきたいからです。「よろこんで与える者を神は愛される」、これが私たちの宣教事業の基本理念です。

◆マテオによる聖福音10章27節
「私がやみの中で言うことを、あなたたちは明るみで言え。耳をあてて聞くことを、屋根の上から知らせよ」

◆マテオによる聖福音10章42節
「この小さい者の一人に、弟子として冷や水の一杯でも与える人があったなら、まことに私は言う。その人は報いを失わぬ」


ご注意
■ お申し込みは下記住所宛にEメール版は3千円、郵送版は一万円を目安に一年分のご寄付をお願いします(商行為でも契約でもありません)。  〒540−0004 大阪市中央区玉造1−4−14 箱舟の聖母社
■ トラブルを避けるために、必ずご本人様でお申し込み下さい。いかなる理由でも、ご送金後の返金はできません。お申し込みから登録まで2週間程度かかりますので、あしからずご了承下さい。
■ 本誌読者=「聖シャーベル修道会会員」ではありません。どのような立場の方でも歓迎いたします。
■ これを用いてマリア様の事業を攻撃する人には送付を打ち切ります。また災害・戦争など、やむを得ない事情の際も送付いたしませんが、ご了承ください。


%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%0%%

        「 箱 舟 の 聖 母 」

       2004年6月27日号 No.210

   毎週1回発行:Eメール版 年間3,000円(ご寄付)
          郵送版  年間10,000円(ご寄付)
  http://homepage1.nifty.com/charbeljapan/index.htm
      E-mail : charbeljapan@nifty.ne.jp
       ( 等幅フォントでご覧下さい!)
%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%6%%
----------------------------------------------------------------
    箱舟の聖母、
       我らが御母聖マリア、
         キリスト信者の扶(たす)け
----------------------------------------------------------------
 マリア様を喜ばせましょう。マリア様はあなたの小さな奉仕にも大きな恵
みで報いて下さいます。あなたが愛する人の救いのために「箱舟の聖母」を
役立ててください。「箱舟の聖母」は宣教誌です。購読しコピーし身近な人
にわたすなら、あとはマリア様ご自身が働いて下さいます。そしてあなたの
ご寄付はマリア様の事業を支えます。あなたのマリア様に対する奉仕を神様
は永遠に忘れません。
----------------------------------------------------------------

◆今週号の目次

 1.153本の聖ヨゼフの百合
 2.リトル・ペブルに与えられたメッセージ
 3.反キリスト、ロード・マイトレイヤについての警告
 4.編集後記


----------------------------------------------------------------
1. 153本の聖ヨゼフの百合
----------------------------------------------------------------
【 第70章 】

 マリア様は共同体では全員が集まって食事をするよう望んでいらっしゃい
ます。食堂がない間は無理ですが、くみとるべきはその精神です。つまり
大きなひとつの家族になることを目指しているのです。

 日本の共同体で、もしも数十もの家族がその共同体にあれば、世間の精神
で振る舞うなら、そのうちの以前からの知り合いか、同郷出身の家族か、気
の合う家族を2〜3選び、いつも一緒にお付き合いし、その他の家族には
挨拶程度に……、となってしまうところです。これは一致を目指す精神の逆
ですね。共同体においては悪い振る舞いです。友情と話し合いと公平な愛が、
自然徳のレベルでの一致の基礎です。あなたは友情を2〜3の家族だけに限
らず、数十の全家族へ拡大すべきです。挨拶程度と限定せずに、すべての
家族と内容のある会話をすべきです。親しい家族とそうでない家族と差を
つけるのをやめて、差別なく公平に全家族を愛するべきです。

 共同体において家族間のおつきあいが、放っておけば世間の精神で行なわ
れるのをどうするかは、家族に関する重大な問題です。とくにフランクでな
い、社交べたの、ホスピタリティーに乏しい、儀礼的すぎる、表裏のある
日本人にとって、この問題は、解決するためにかなりの知恵と力を注ぐこと
が必要です。一人一人の修道者的精神の深まりと一致を目指す修徳の努力は
もちろんのこと、日本の共同体ではそれに加えてこまやかな工夫とおぜん立
てをする必要があります。第一歩は名前と顔を覚えることですが、これさえ
放っておけば全く進まないでしょう。例えば教会にシスターが数人いても、
日本人はただ「シスター!」とみな同じに呼びますね。「シスターマリア!」
とか「シスターアンナ!」とか名前を呼ばないでしょう? それでいつまで
たっても名前がわかりませんね。皆が全員の名前と顔を覚えられるよう、こ
まやかな工夫とおぜん立てを各共同体であみだして行なってください。次に
内容のある会話の機会をつくることです。また、全体でのバレーボール大会
のようなレクリエーションを行なうのもマリア様のお望みなので、こういう
工夫とおぜん立ても考えついて行なってください。プログラムにおいても、
家族と家族の交流をおぜん立てすることができるよう、大胆に工夫してくだ
さい。日本の共同体においては、各家族が自発的に、そして意欲的に交流を
広げ、深めようとはしないので、このためのおぜん立てはプログラムにしっ
かりと組み込むべきです。祈りのグループの集会の仕方を例にとって日本
と欧米を比べれば、何を言ってるかがわかると思います。欧米では祈りのグ
ループの集まりは、祈り、会食、談話がバランスよく組まれます。しかも皆
が一人一人と、グループの全員と親しくなる努力を自分でします。「あなた
と今まで話したかったのにチャンスをつくれなくてごめんなさい」とか言っ
て、早く親しくなる努力を自分がしなかったことを許してほしいという言葉
で切り出してきます。日本ではどうでしょう。祈りのグループの集まりは、
祈るだけです。まとめ役のお言葉があったらいい方というところでしょう。
誰かが紹介してくれないと知らない同士のままいつまでも平気でいます。
時間内いっぱいいっぱいに祈り、決められた祈りのノルマを果たして大満足
して帰る。天も満足したと思う。しかし、そうであるべきではないのです。
互いに愛しあい、一致するための親睦が欠けています。それが欠けている
ために、祈りのグループは日本では共同体へと発展しないのです。祈りの
グループ形成を指示なさった天の意図は、祈りのグループが祈りのグループ
であり続けることでなく、共同体へと発展することです。しかし悲しいかな、
これが日本人の自然な考えと行動なのです。日本の共同体では各共同体が
こまやかに工夫し、大胆におぜん立てをして、この日本的な悪いパターンを
打ち破ってください。聖シャーベル修道会の共同体にいる人には、これだけ
はわかって欲しいです。あなたが共同体の誰かとあいさつ以上のおつきあ
いをしないなら、それは「怠り」です。天の望みに対する「NO!」です。
相手にも神にも謝るべき振る舞いです。

 日本人の心の底にはいつも恐れがあります。自分のまわりに壁を作る、親
しい人同士の輪だけで壁を作るのは、この恐れの典型的なあらわれです。安
心して心が開けないのは、どう思われるかと怖がっているのです。それで
共同体の中で生活する家族の一人一人が、まず初めにすべきことは、聖ヨゼ
フの霊性の基礎である超楽観主義者になり、この恐れを霊魂から完全に追い
出すことです。この恐れを追い出さない限り、共同体全体としてのどんな
こまやかな工夫も、大胆なおぜん立ても上滑りしてしまうだけです。誰にで
も心を開けるように、必ず各自は聖ヨゼフの霊性の修徳を基礎から始めてく
ださい。聖ヨゼフに祈りつつですよ。聖ヨゼフが、この日本という難しい国
の共同体でも、家族と家族が残らず交流しあい、一致し、一つの大きな家族
になることを実現させて下さいます。彼に祈る人は必要なものはすべていた
だけるのですから。



----------------------------------------------------------------
2.永遠の父と聖母によって、「リトル・ペブル」と、ナウラのゲッセマネ
  共同体の幻視者そして神秘家である「ローズ・オブ・ザ・ホーリー・
  イノセンツ」に与えられたメッセージ
 − No.626 2004年5月16日 その(2)−
----------------------------------------------------------------
「リトル・ペブル」の誕生日、そして彼が他の五名の人々とともに助祭へ
叙階された機会において。

 …… 前号からの続き ……

聖母:
 父と子と聖霊の名によって。アーメン。私はあなたに挨拶します、わが小
さな「ローズ・オブ・ザ・ホーリー・イノセンツ」、聖なる三位一体の一致
した心にとって最も貴重なものよ。私はわが愛する配偶者、わが「小さな
ペトロ」に挨拶します、そしてまたわが「小さなヨハネ」、ブロサード司教
に。そしてわが司祭である息子たち、そしてとりわけ今日叙階されたわが
息子たちに。私はまた、わが忠実な選ばれた者たち、そして世界中の我が
すべての子供たちに挨拶します!

 わが小さな者よ、私はわがすべての子供たちへの愛の言葉とともにやって
きました。私は喜びにあふれた心でやってきました。わが愛する配偶者のた
めに今日ここにいることは私にとって幸せなことです。私は彼を非常に愛し
ています。そして私はわが心のうちに、彼の勝利の宣言への予感を知り、感
じています。そしてこの勝利は非常に間もなく訪れるでしょう。私はここに
いるわがすべての忠実な選ばれた者たちのために言葉を持ってきました。私
は彼らに彼らの心を準備するように求めます。そして彼らの十字架を取るよ
うに。彼らは、我が愛の言葉に耳を傾けてきました。彼らはわが悲しみと痛
みを感じてきました。今や彼らが彼らの持ち場につくときです。なぜなら
彼らは世界に対する灯台となるように予定されているからです。彼らは、
彼らがしなくてはならないことを知るでしょう。なぜなら彼らの心の中に、
彼らは彼らの各人に対する我が愛の言葉を感じることができるでしょうから。

 間もなく世界中に起こる数多くのことがあります。きたるべき日々に向け
てわが子供たちを準備させるために、これらの多くの印は示されるでしょう。
これらすべては、わが配偶者の勝利のときに始まるでしょう。大いなる警告
が、すべてのわが子供たちに与えられるでしょう。永遠の御父は、この懲罰
を、深い眠りのうちにあるすべてのわが子供たちを目覚めさせるために送ら
れるでしょう。オリンピックの時期に何かが起こるでしょう。ここから予告
されてきた数多くの出来事が始まるでしょう。わが子供たちの多くは非常に
苦しむでしょう。しかし私は彼らに我が愛を送ります。彼らがわが心とわが
神なる息子イエズスの聖心に集中することができるように。

 私は我が愛を皆に送ります、そしてわが心のすべてを持って彼らを抱擁し
ます。私は我が愛を「小さなペトロ」に送ります。そしてわが心のすべての
忠実な子供たちに。父と子と聖霊の名によって。アーメン。

ローズ・オブ・ザ・ホーリー・イノセンツ:
 聖母は涙を流しておられます。聖母は投げキスをなさり、涙のすべては、
出席している皆の中と世界中へと消えて行きました。聖母は、それらは愛と
憐れみの涙であるとおっしゃいました。そしてそれぞれの涙は、彼女の子供
たちの各人の深くへと、彼らに希望と、十字架を担って前進する勇気を与え
るために消えていったのですとおっしゃいました。

ライラック・フラワー:
 ロザリオの始まりにおいて私は私の印を与えられました。そしてまた私は
三つの白い十字架を見る恵みを与えられました。私たちの主が中央の十字架
におられました。そして主の右側に教皇ヨハネ・パウロ二世、左側にペトロ
二世がいました。聖母が十字架のもとにひざまずいたとき、彼女はボールを
与えられました。そしてこれは聖アムール・デイに渡されました。聖母は
天使に何かをささやかれました。そしてボールは回転し始めました。天使は
それを33回にわたって小さなもので打ちました。そして彼の胸に数が現れ
ました。それらは1、3、7、3、3です。私はこの意味を知りません。な
ぜなら告げられていないからです。

 今、聖アムール・デイは聖母の耳に何かをささやいています。聖母は、聖
アムール・デイにボールを与えてから泣いておられました。そして聖母は
まだ水と血の涙を流しておられます。聖母は十字架のもとにひざまずいてお
られる間、非常に悲しんでおられました。

 聖母は「神の愛のリトル・ペブル」の配偶者として私の前に立っておられ
ます。聖母はとても幸せそうなご様子です。先ほど私に示されたのとは全く
反対に。永遠の御父がここにいるすべての人々に恵みを与えられたことを皆
に告げるように聖母は私に望まれました。永遠の父の神聖なる愛の十字架で
す。そして私はまた、助祭ウィリアム・ジョンへ永遠の父から与えられた
贈り物を示されました。本物の金の宝箱です。その中には未来において彼が
必要とするであろう宝物が入っています。

 以上が、私が言うことを聖母が望まれた全てのことです。聖母は今、彼女
の娘「ゴールデン・ロッド」の方を見ておられます。

ゴールデン・ロッド(を通して:訳注):
 私はあなたに挨拶します、我が愛する娘、我がゴールデン・ロッドよ。私
はあなたに挨拶します、我が愛する配偶者、神の愛のわが「リトル・ペブル」
よ。私はわが司教なる息子、わが汚れなき心のわが「小さなヨハネ」に挨拶
します。私は聖にして母なる教会のすべての我が司祭なる息子たち、助祭で
ある息子たちに挨拶します。そしてここにいる、そして世界中にいる、すべ
ての子供たちに。

 わが愛する子供たちよ。この日はわが心にとって特別に幸せな日です。な
ぜなら聖シャーベル修道会が、わが愛する息子たちの助祭への叙階によって、
そして教皇ペトロ二世の指導の下における地上の神秘的教会の連帯のうちの
集まりによって、さらに高められたからです。

 わが愛する子供たちよ、あなたがたも理解しているように、これは教会の
ための時です。修道会を通して、これからの年月において世界中を導くため
の。あなたがたも理解しているように、多くの破壊、多くの災害が世界に訪
れようとしています。教会が前進し、世界を通して導いていくべき時です。
この年は、この前進の始まりを見てきました。わが司祭なる息子たちの美
しい霊魂が彼らの呼びかけを受け入れ、そして前進しました。そしてわが
助祭である息子たちも彼らの手を鋤にかけました。わが娘たちもまた彼女ら
の持ち場につきました。このことは本当に大いなる素晴らしい出来事です。
それは、天における全てのシャーベル会の家族の喜びとなっています。なぜ
なら彼らはあなたがたとともに、新しい教会のこの素晴らしい始まりを分か
ち合っているからです。

 我が愛する子供たちよ。多くの者が呼ばれていますが、わずかな者しか選
ばれていません。多くの者が呼ばれてきました。多くの者たちが大量の賜物
の恵みを与えられてきました。多くの者たちが結婚の祝宴へ招待されてきま
した。そして彼らの出席のために必要なあらゆる恩寵は彼らに与えられてき
ました。私は言います、甘美なる子供たちよ、素晴らしい神の賜物を脇に投
げやってはいけません。なぜなら神の計画はあなたがたと全人類に対して
完璧なものだからです。今や堅く立ち上がり、あなたがたに対する神の計画
を成就するために前進するときです。なぜならこれが、あなたがたの生活に
おける真の幸福の保証だからです。

 いにしえの時において、動く指は書きました。「メネ・メネ・テケ・パル
シン」……お前は秤ではかられており、そして欠けていることが判明する。
「あなたの王国はあなたから取りさられ、そして分割される。」このことが
あなたがたに起こらないようにしなさい、わが甘美なる子供たちよ。忍耐の
欠如のゆえに、自己犠牲の欠如のゆえに、真の愛と信心の欠如のゆえに。あ
なたがたの指導者、あなたがたの司教、司祭たちに続いて連帯のうちに共に
立ち上がるときです。隊列を整え、前方を見なさい、なぜなら勝利は近いか
らです。邪悪な者はこの勝利を感じ取っています。そして彼はあなたがたを
わずらわせるためにあなたがたのかかとにかみついています。あなたがた
の見解を歪めるために、あなたがたをあなたがたの道からそらせるために。
注意していなさい、気をつけなさい、これが彼の決意だからです。屈服して
しまってはなりません、前方を見てあなたの手を伸ばしなさい、なぜなら私
は、あなたがたが私にあなたがたの真実の「なれかし」を与えるならば、あ
なたがたを決して見捨てないでしょうから。

 覚えておきなさい、私がすでに言ったように、傲慢があなたがたの最大の
敵なのです。謙そんでありなさい。神があなたがたに与えられることを受け
入れなさい。感謝しなさい、そして神を愛しなさい。なぜなら神の計画は
完璧だからです。

 今日、天の全体は彼らの兄弟たちが前線にやってきたことを見て喜んでい
ます。私は我が愛する配偶者と共に分かち合うものに対する喜びと愛に満ち
た心を持っています。私はあなたがたに感謝します、我が甘美なる子供たち
よ、遠くから来てくれたことに対して。あなたがたの天の御父を称えるばか
りでなく、あなたがたの愛を私に与え、あなたがたのリーダーと彼の兄弟た
ちに対するあなたがたの連帯と一致を示すために。

 強くあり続けなさい、甘美なる子供たちよ。私の手をとり続けなさい、そ
して私たちはともに私たちを待っている約束の土地へと行くでしょう。私は
あなたがたを愛しています、甘美なる子供たちよ。私を失望させないでくだ
さい。私を愛しなさい。そしてわが言葉に耳を傾けなさい。なぜならそれら
はあなたがたの生命線であり、あなたがたを安全に家へ導くでしょう。私は
接吻をあなたがた各人に送ります。私の心からあなたがたへの接吻を。そし
て私はあなたがたを祝福します。父と子と聖霊の名によって。アーメン。

永遠の御父:(エンジェル・ローズを通して)
 父と子と聖霊の名によって。アーメン。私は再びあなたがたに挨拶する、
わが子供たちよ。私はわが憐れみからあなたがたに話しかける。私、天にお
けるあなたがたの父は、このことについてしばしば話してきた。あなたがた
の心に、そしてわが神秘家やそして特別な恵みを与えられた世界中の子供た
ちに。この日、私はあなたがた各人に我が愛の贈り物を授けるために来た。
あなたがたの父があなたがたに与える最も美しいそして清い贈り物である。
理解しなさい、わが子よ、この贈り物は、わが愛によって包まれたこの贈り
物は、来るであろう大いなる警告の前に、各人によって成就されることが
必要とされている苦しみと償いを包んでいる。

 理解しなさい、わが子供たちよ、私はあなたがたの父であり、あなたがた
が運ぶことができないようなものは何もあなたがたに与えることはないとい
うことを。わが憐れみは、わが子供たちよ、理解されていない。あなたがた
の父の憐れみは、知恵と愛と平和とともに無限である。理解しなさい、わが
子供たちよ、憐れみとともに正義も来ることを。私はあなた方皆を呼んでい
る。私の前に集まったあなた方皆を、そして世界中の者たちを。今と新しい
聖なる時代の間に成就されなければならない、何らかの小さなあるいは大き
な役割を果たすように。この呼びかけは、わが子供たちよ、時の始まりから
あなたがた各人に訪れてきているのだ。あなたがたの霊魂が天を離れる前か
ら。あなたがたが地上を歩くときには、あなたがたが必要としているすべて
のもの、あなたがたが求めるすべてのものは、あなたがたに与えられるであ
ろうということを、しかし私の意志を通して与えられるであろうということ
を、理解しなさい。

 私はあなたがた各人に、あなたがたの心を私の内に、そしてあなたがたの
手を私の手のうちに置くことを求める。もはや混乱があなたがたの心を支配
することがないように。あなたがたがあなたがたの道を確固として歩み続け
ることができるように。償いと愛の十字架をあなたがたがとることができる
ように。私があなたがたを黄金の光のうちに新しい聖なる時代へと、あるい
は天国へと、あなたがたを導くことができるように。どちらがあなたがたの
運命であろうとも。

 覚えていなさい、わが子供たちよ。わが憐れみは完全である。わが正義が
そうであるように。そしてすべてのことは、わが意志に従って成就されなけ
ればならない。この日あなたがたに降り注いできた恩寵と祝福、憐れみと
理解の言葉、再びあなたがたの心に与えられた試練と確証、このことをあな
たがたの霊魂の深くに受け取りなさい。それがあなたがたの最後の息である
かのようにそれを抱擁しなさい。なぜなら今日この日から、数多くの試練
と艱難が展開するであろうからだ。今日話されたすべてのことは、熟考され、
あなたがたにとって親しく保持されなければならない。なぜならこれが、あ
なたがたの成功への鍵であるからだ。あなたがたの目的地へと前進するため、
あなたがたの義務を成就するための。

 わが子供たちよ、あなたがた各人に私が与えた天使たちは、私があなたが
たを置いた道においてあなたがたが霊的に前進するにつれて開かれるであろ
う巻物を持っている。そしてあなたがたが前進するにつれて、恩寵と祝福が、
あなたがたに与えられ続けるであろう。扉は開かれるであろう。照らしが訪
れるであろう。そしてわが意志の成就は成し遂げられるであろう。

 これらの天使たちにしばしば祈りなさい。なぜなら彼らは、あなたの戦士
として、そして守護者として、あなたの側に立つからである。あなたの道に
横たわるすべてのことにおいてあなたを支援するために。私が言ったように、
多くの、多くの者たちが呼ばれている、しかしわずかな者しか選ばれないで
あろう。彼らの十字架を脇に置いている者たちに私は言う。光は暗くなる。
あなたがたは今歩かなければならない。あなたがたの霊魂の救いのために、
あなたがたの父に向けて。あなたがたは、あなたがたに与えられてきたすべ
てのものを抱き締めなければならない。よく理解しなさい、反復とともに
照らしがもたらされるということを。数多くのボイスボックスたち、神秘家
たち、世界中の幻視者たちは、数多くのものを与えられてきている。多くの
者たちは、彼らの父が求めたことを成就していない。それゆえ私、彼らの父
は、わが天使たちを通してこれらの恵みを回収し、それをわが懐のうちに戻
した。そしてそこからふたたびそれらの恵みは、わが意志をなすことを望む
ものたちへと配分されるであろう。

 覚えていなさい、わが子供たちよ。希望、愛、信仰を。多くのものが失わ
れてきた。しかしなお多くのものを得なくてはならない。私はあなたがたを
愛している。そして私はあなたがたを抱擁する。そしてあなたがた各人に向
けて、私はあなたがたの心に接吻する。目覚めていなさい、そしてわが「小
さなペトロ」のそばを歩み続けなさい。なぜなら彼は、地上における神秘的
なレムナント・チャーチの指導者だからである。あなたがたの道行において、
あなたがたが成功するのは彼の側にあって彼に従うことを通してのみである。

 この日、天のすべては喜んでいる。なぜなら、我が愛する息子の強力な
指導によって、この修道会の大いなる前進がなされたからである。今目覚め
ていなさい、あなたがたの心を調べなさい。わが意志を成就するために、あ
なたがたに必要とされていることについて考えなさい。そして真理、愛、平
和とともに前進しなさい。なぜならこれらがあなたがたの成功への鍵だから
である。

 私はあなた方に感謝する、わが甘美なる子供たちよ、ここにきてくれたこ
とに。わが娘によく耳を傾けなさい。なぜなら彼女はあなたがたに多くの
ことを告げてきているからである。そして私はあなたがたを祝福する、わが
甘美なる子供たちよ。父と子と聖霊の名によって。アーメン。

リトル・ペブル:
 聖母は像へと帰ってゆかれました。永遠の御父は右手を像の上においてお
られます。そして鳩としての聖霊も像の中に行かれました。極度に明るい光
が今像の中に入ります。そして今写真を撮るべき時です。聖母はいくつかの
機会において、奇跡的な写真が撮られるであろうということを約束しておら
れました。聖母はもちろんそれが正確に何時であるかをおっしゃったことは
ありませんでしたが。

 私は永遠の御父の腕の中に、わが小さな娘イザベラがいるのを見ることが
できます。彼女はもはや赤ん坊ではありません。彼女はおよそ二歳ほどであ
るように見えます。この子は、ベッティーナと私が何年か前に失った子供で
す。そして彼女は永遠の父のあごひげで戯れています。彼女は美しい女の子
です。そして聖母は、何ヶ月か前に、これは、非常に間もなく起こるであろ
う、ある出来事と関係した印のひとつであるとおっしゃいました。

 永遠の御父は今イザベラを聖櫃の横におかれました。そして御右腕を挙げ
られました。

永遠の御父:
 父と子と聖霊の名によって。アーメン。

リトル・ペブル:
 永遠の御父は今、大きな白い十字架の方に移動なさいます。非常に素早く。
そして御父が移動されるとき、御父の外套からは、輝きがこぼれ落ち、それ
は小さな星を形成します。イザベラは今去っていきました。そして永遠なる
御方も消えてゆかれました。聖ミカエルはまだおられます。

 私たちは聖なるロザリオの最後の二連を終えることにしましょう。そして
それとともに、償いの日は完了するでしょう。そして私たちは下りて昼食を
とることにしましょう。

(ブロサード司教と四人の司祭たちが人々を祝福する。全能の神、父と子と
聖霊があなたがたを祝福なさいますように。)


--------------------------------
 ウィリアム・ジョン・コステリアとは、ウィリアム・カムの真の名前です。
彼はまた「リトル・ペブル」としても知られています。ウィリアムは彼の
産みの父親について調査しました。そして父がウィリアムの母ゲルトルード・
カム(シモンズ)にドイツのケルンで出会ったとき、イタリア軍の兵士だっ
たことを発見しました。父ジョンはイタリアに向けてドイツを離れました。
そして二度と戻ってきませんでした。そして父ジョンはゲルトルードが彼の
子供を宿したことに気付いていませんでした。

 父ジョン・コステリアはシチリア島に生まれました。そしてウィリアムが
彼の血脈に気づいたのは二年前のことにすぎません。父ジョンは法律家であ
り、そして王家に属していました。彼は後にイタリア本土に移住し、そして
そこで大きなブドウ園を持ちました。

 ウィリアムが14歳になったとき、彼の養父であるハンス・シェットラーが、
1950年彼の母にウィリアムの真の父親が出会ったとき、その人物はイタリア
軍の兵士だったということを告げました。ウィリアムは半分ドイツ人であり
そして半分イタリア人なのです。

 ドイツのウエストファリア、ケルンに生まれた「ローマ人ペトロ」、彼の
由来は遠くからもたらされ、そして教皇につくでしょう。最後のペトロとし
て。ウィリアム・カムは今年、公に、ウィリアム・ジョン・コステリアとし
て知られるようになるでしょう。



----------------------------------------------------------------
3.反キリスト、ロード・マイトレイヤについての警告
----------------------------------------------------------------
マリア様からの警告 1995年6月13日

 地上における私の息子の家は荒廃するでしょう。司教は司教に、司祭は
司祭に、枢機卿は枢機卿に対立するでしょう! 甘美なる子供たちよ、群れ
が全世界で散り散りにされ、「千個の破片」に分かれるほどに神の家に分裂
があるでしょう! 決定的な判断が下されるでしょう。神の家における乱用
と誤りを正すため、聖なる代理者によって宣言が出されるでしょう。神であ
る私の息子イエズスは、地上における御自分の家を「むち」で打たれるで
しょう。今、生活を変え、生活を正しなさい。皆にとって時は残り少ないの
ですよ!

 甘美なる子供たちよ、無為のうちに、あるいはこの世のことを追い求めて
時を無駄にしてはなりません。聖性と聖化にふさわしいことの追求に時間を
用いなさい。甘美なる子供たちよ、あなたたちの前にある多くの月々、あな
たたちと教会にとって荒廃の時があるでしょう! すべてが失われたように
見えるでしょう! 多くの者が神の家を捨てるでしょう。多くの者が全世界
の私の出現地を捨てるでしょう。多くの者が信仰を否定するでしょう。甘美
なる子供たちよ、あなたたちが十分に祈ってこなかったからです。あなたた
ちが至高なる御方の御旨に命を献げなかったからです。甘美なる子供たちよ、
反キリストの霊が教会内にあることをあなたたちは知るべきです。反キリス
トは神の家を分裂させています。反キリストは世界と教会を自分の下に置く
ために国々を分裂させています! 見なさい! 聞きなさい! 祈りなさい!
そうすれば偉大な神秘が理解できるでしょう。いとしい子供たちよ、書かれ
語られたすべてのことは、文字通り成就されるでしょう。たとえ、あなたた
ちの多くが弱くなっており、神の預言は成就しないと信じて更に弱くなって
いくとしても、救い主の母として厳かに言います。すべてはあなたたちが生
きているうちに成就されるでしょう。

 世界は、平和にたどりついたと信じています。指導者たちは全世界を旅し、
国々に平和を述べています。しかし、この平和は反キリストから来る偽りの
平和であって、私たちの忠実な子供たちの安全と保全を破壊するためのもの
です。甘美なる子供たちよ、この偽りの平和は西側を弱めるものであり、ま
もなくこの平和は戦争に、多くの国々の破壊に変わるでしょう。これは子供
たちのほとんどが知らないうちに、突然、起きるでしょう! ですから、い
としい子供たちよ、平和のために、三位一体の神だけから来る真の平和のた
めに祈りなさい。甘美なる子供たちよ、祈りは唯一の治療法なのです。勇気
を出しなさい。暗闇の時が世界に、教会に来るとしても、光と勝利の時も
来るからです。恐れてはなりません。私はあなたたちに約束したことを守り
ます。



----------------------------------------------------------------
4.編集後記
----------------------------------------------------------------
 時期は未定ですが、名古屋近辺において2つの講演会が予定されていま
す。一つはリトル・ペブルさんの講演会「時の終りと新しい黄金時代」(The
End of Time and the New Golden Age)です。もう一つは聖シャー
ベル修道会の2人のシスターであり幻視者でもある、マザー・シャーリーと
シスター・ルースによる講演会で、その場でご出現があり、天のメッセージ
を伝えるそうです。

 どちらもオープンで、誰でも参加できる集会にしたいと考えています。
皆さんのご協力をお願いいたします。ボランティアスタッフが必要です。

「天からのメッセージ」に版権はありません。天はできるだけ多くの人々が
メッセージを読むことをお望みです。どうぞ友人知人に「天からのメッセー
ジ」を伝えて下さい。コピーして配布して下さい。

 編集室では、メッセージの翻訳ボランティアを募集しています。できるな
ら、カトリック信者で専門用語に強い方を希望しています。

 また皆様からのご質問、ご感想をお待ちしております。関連情報をお持ち
でしたらお寄せ下さい。
 
 次回「箱舟の聖母」は7月4日頃、発行を予定しています。

----------------------------------------------------------------
編集・発行:聖シャーベル修道会
スタッフ :Deacon Jean-Marie of the Risen Son of God(復活された
      神の子のジャン・マリー助祭)  Kolbe-Marie
----------------------------------------------------------------
お申込み、ご質問、ご感想は下記までお願いします。

  〒540−0004
   大阪市中央区玉造1−4−14
   聖シャーベル修道会

  E-mail : charbeljapan@nifty.ne.jp

 お申し込みはEメール版は3千円、郵送版は一万円を目安に、一年分のご
寄付をお願いします(商契約ではありません)。こうするのは、読者の皆さ
んにも「受けるだけの人」のままでいるのではなく、自発的な献金と、友人
知人にコピーをわたす伝道を通して「よろこんで与える人」となり、神様の
祝福をもっと得ていただきたいからです。「よろこんで与える者を神は愛さ
れる」、これが私たちの宣教事業の基本理念です。
----------------------------------------------------------------
%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%2%%

(C)日本における「聖シャーベル修道会の共同体」
      設立の促進と援助のための事務所
 http://homepage1.nifty.com/charbeljapan/index.htm
    E-mail : charbeljapan@nifty.ne.jp

%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%7%%




[HOME] [戻る]