「箱舟の聖母」バックナンバー
2004年6月20日号No.209

 マリア様を喜ばせましょう。マリア様はあなたの小さな奉仕にも大きな恵みで報いて下さいます。あなたが愛する人の救いのために「箱舟の聖母」を役立ててください。「箱舟の聖母」は宣教誌です。購読しコピーし身近な人にわたすなら、あとはマリア様ご自身が働いて下さいます。そしてあなたの購読料はマリア様の事業を支えます。あなたのマリア様に対する奉仕を神様は永遠に忘れません。

 お申し込みはEメール版は3千円、郵送版は一万円を目安に一年分のご寄付をお願いします(商契約ではありません)。こうするのは、読者の皆さんにも「受けるだけの人」のままでいるのではなく、自発的な献金と、友人知人にコピーをわたす伝道を通して「よろこんで与える人」となり、神様の祝福をもっと得ていただきたいからです。「よろこんで与える者を神は愛される」、これが私たちの宣教事業の基本理念です。

◆マテオによる聖福音10章27節
「私がやみの中で言うことを、あなたたちは明るみで言え。耳をあてて聞くことを、屋根の上から知らせよ」

◆マテオによる聖福音10章42節
「この小さい者の一人に、弟子として冷や水の一杯でも与える人があったなら、まことに私は言う。その人は報いを失わぬ」


ご注意
■ お申し込みは下記住所宛にEメール版は3千円、郵送版は一万円を目安に一年分のご寄付をお願いします(商行為でも契約でもありません)。  〒540−0004 大阪市中央区玉造1−4−14 箱舟の聖母社
■ トラブルを避けるために、必ずご本人様でお申し込み下さい。いかなる理由でも、ご送金後の返金はできません。お申し込みから登録まで2週間程度かかりますので、あしからずご了承下さい。
■ 本誌読者=「聖シャーベル修道会会員」ではありません。どのような立場の方でも歓迎いたします。
■ これを用いてマリア様の事業を攻撃する人には送付を打ち切ります。また災害・戦争など、やむを得ない事情の際も送付いたしませんが、ご了承ください。


%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%0%%

        「 箱 舟 の 聖 母 」

       2004年6月20日号 No.209

   毎週1回発行:Eメール版 年間3,000円(ご寄付)
          郵送版  年間10,000円(ご寄付)
  http://homepage1.nifty.com/charbeljapan/index.htm
      E-mail : charbeljapan@nifty.ne.jp
       ( 等幅フォントでご覧下さい!)
%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%6%%
----------------------------------------------------------------
    箱舟の聖母、
       我らが御母聖マリア、
         キリスト信者の扶(たす)け
----------------------------------------------------------------
 マリア様を喜ばせましょう。マリア様はあなたの小さな奉仕にも大きな恵
みで報いて下さいます。あなたが愛する人の救いのために「箱舟の聖母」を
役立ててください。「箱舟の聖母」は宣教誌です。購読しコピーし身近な人
にわたすなら、あとはマリア様ご自身が働いて下さいます。そしてあなたの
ご寄付はマリア様の事業を支えます。あなたのマリア様に対する奉仕を神様
は永遠に忘れません。
----------------------------------------------------------------

◆今週号の目次

 1.聖シャーベル修道会ニュース
 2.153本の聖ヨゼフの百合
 3.リトル・ペブルに与えられたメッセージ
 4.反キリスト、ロード・マイトレイヤについての警告
 5.編集後記


----------------------------------------------------------------
1.聖シャーベル修道会ニュース
----------------------------------------------------------------
◆ 時期は未定ですが、名古屋近辺において2つの講演会が予定されていま
す。一つはリトル・ペブルさんの講演会「時の終りと新しい黄金時代」(The
End of Time and the New Golden Age)です。もう一つは聖シャー
ベル修道会の2人のシスターであり幻視者でもある、マザー・シャーリーと
シスター・ルースによる講演会で、その場でご出現があり、天のメッセージ
を伝えるそうです。

 どちらもオープンで、誰でも参加できる集会にしたいと考えています。
皆さんのご協力をお願いいたします。ボランティアスタッフが必要です。

 

----------------------------------------------------------------
2. 153本の聖ヨゼフの百合
----------------------------------------------------------------
【 第69章 】

 多くの精神的に苦しむ人が救いを求めています。精神科医とかケースワー
カーとか、なになに療法とか、なになに訓練法とか、必要な手段を彼らは
使っています。ただそれだけでは本当の救いにはならないのです。真理に
たどり着くことが本当の救いですから。精神的な病気や傷や苦しみを持つ人
が、それゆえに真理と救いを探し、マリア様のミッションにめぐりあうのは
なんと素晴らしいことでしょう。聖シャーベル修道会の共同体にも家族会員
の中に、そういう人が一緒に暮らすので、家族のこととして取り上げます。

 司祭、修道者は精神的に非常にタフであることが要求されますから、第一
部門、第二部門はそういう人には向きません。自分のことを完璧に自分で果
たし、なおかつ余らせた時間、体力、精神力、能力で隣人に奉仕する召命は、
激しいプレッシャーやストレスにさらされますから。例れば、それは自分の
重荷に加え、隣人の重荷をできるだけたくさん背負って歩き抜く召命です。
心に傷を負っている人から精神病の人まで、共同体では彼らはその逆に、重
すぎる自分の重荷をおろすことしなければならない人々です。年をとった人
にも病人にも共通して言えることですが、安らかに暮らせることが大切です。
これらの人々のうちでも精神のバランスを崩しやすい彼らには、最もその安
らかさが大切です。家族や他の会員たちは、彼らが非常にゆっくりと適応し
てゆけばよいこと。大切なのは共同体のプログラムに合わせることではなく、
徳に進むこと、霊魂の新しい習慣を獲得していくことだということをいつも
覚えていてください。まわりの人たちはその人たちの心が「安らか」でいら
れるように、心配しないで、急がせないで、あなたも「平和」でいてくださ
い。あなたが彼らなりの生き方を心配して、不安定な精神になれば、たとえ
言葉に出さなくとも、それは伝わり、安全で平和の場所であるべき共同体が、
彼らにとってつらいところになります。そうなったらそれはあなたの忍耐、
分別、愛の明らかな不足なのです。あなたは抽象的な「共同体らしさ」「修
道会らしさ」を愛し、「プログラムの完ぺきな遵守」「全体の統一感」を愛
し、具体的な、生身の苦しむ隣人を愛さないことが本末転倒だということに
気がつくべきです。神の御旨は互いに愛しあうことであり、それが行なわれ
ないなら、共同体らしさやプログラムの完ぺきな遵守がいったい何になるの
ですか? プログラムは人のためにあるのであって、人がプログラムのため
にあるのではありません。外からどんなにへんてこりんに見えても、一番
大切なのは中に生きる人が効率よく神に仕えることができ、幸せで安らかに
生きられるようになっていることです。

 皆さんのうちの多くが「彼らとは一緒に暮らせない」「彼らと一緒にやり
たくない」と考えもし、言いもすることはわかっています。しかし聖ヨゼフ
だったら彼らと一緒に暮らせること、一緒にやれることを喜び、神に感謝す
るに違いありません。人が「あんな共同体には絶対に入いりたくない」「あ
んな人たちとは絶対に一緒にやりたくない」と言っても、聖ヨゼフだったら
逆に、そのとても修道会や共同体には見えない、外見からは聖なるものに
ほど遠い共同体に入いるのを栄誉だと思うに違いありません。苦しむイエズ
スと、苦しむマリアと一緒に生きていけるのですから。あなたは苦しむイエ
ズスも苦しむマリアも皆、排除されるところ、生きてゆけないところを共同
体の理想として思い描いていませんか? 神様はすべての人を共同体に召し
ていらっしゃるということの意味をわかっていますか? すべての人の中
でも、精神的にハンディキャップを持つ人は、「もうここに最後の望みを託
そう。ここで救われなければもう絶望だ!」という必死の思いで最後の最後
に出会ったこのマリア様のミッションに賭けてくる人たちです。わらをも
すがる思いのこの人たちの中に苦しむイエズス、苦しむマリアが見えません
か? あなたは聖ヨゼフ役を務めることを神から期待されています。このこ
とに気づき、理解し、その栄誉ある大役を引き受けられるよう聖ヨゼフに熱
い祈りをささげてください。あなたの目が開かれ、見えるようになりますよ
うに! 愛と成聖の本質を悟ることができますように!



----------------------------------------------------------------
3.永遠の父と聖母によって、「リトル・ペブル」と、ナウラのゲッセマネ
  共同体の幻視者そして神秘家である「ローズ・オブ・ザ・ホーリー・
  イノセンツ」に与えられたメッセージ
 − No.626 2004年5月16日 その(1)−
----------------------------------------------------------------
「リトル・ペブル」の誕生日、そして彼が他の五名の人々とともに助祭へ
叙階された機会において。

リトル・ペブル:
 白い十字架が、ロザリオの初めに現れました。そして他に二つの白い十字
架があります。主要な十字架の両側に一つずつあります。イエズス様は中央
の十字架におられます。ヨハネ・パウロ二世は主の右側に、ペトロ二世は
左側にいます。

 聖ミカエルは上方に来られ、空の少なくとも半分を占めています。十字架
の後方には宇宙が見えます。そして私たちの太陽系における多くの活動が見
えます。非常に明るい光が太陽系から出てきます。それは恐らく星でしょう。
中央の十字架の後方に、そしてその一番上と同じぐらいの高さのところに、
私は永遠の御父を見ることができます。御父はその右手に、鳩の姿の聖霊を
持っておられます。

 永遠の御父は今、私たちに向けて降りて来られました。御父はチャペルの
中に入られて、聖櫃の上方にお立ちになりました。イエズスは十字架をお降
りになって、そして消えてゆかれました。他の二人の人物も同様に消えまし
た。永遠の御父の聖心が明らかにされているのを見ることができます。それ
は金のようです。小さな聖アムール・デイ、美しい天使が、永遠の御父の
心臓に座っておられます。永遠の御父は、腕を伸ばされて、美しく長い白い
あごヒゲをお持ちです。御髪も長く、御肩まで届いており、そして純白です。
永遠の御父は、まったくイエズス様とそっくりのお姿です。そして非常に美
しい青い目をしておられます。そしてそれらは輝きを放っています。御父は
微笑んでおられます。

 聖母は「リトル・ペブルの配偶者」の聖母像から進み出て来られました。
そして永遠の御父の足元にひざまづかれました。御父は聖母を腕で持ち上げ
られました。そして聖母は御父の右側のそばにお立ちになりました。聖母の
汚れなき御心が明らかにされました。そしてその中に、私は、より小さな心
を見ることができます。聖母の心の外側には聖心が見えます。これは非常に
説明しがたいことです。なぜなら、そのすべては同時に起こったからです。
聖母はとてもとても幸せそうなご様子です。永遠の御父は聖母の額に接吻な
さいます。御父は大変威厳に満ちておられ、三重の冠をかぶっておられます。
教皇職の冠です。なぜなら御父はもちろん永遠の大祭司だからです。

永遠の御父:
 父と子と聖霊の名によって、アーメン。私はあなたに挨拶する、我が貴重
な息子、ウィリアム・ジョン・コステリア助祭よ、そして私はあなたに挨拶
する、我が愛する司教の息子、私たちの「小さなヨハネ」よ。私はすべての
助祭たち、わが司祭なる息子たち、わが玉座の前に、ここに集まった我が
すべての貴重な子供たちに挨拶する。

 すべてのここに集まったわが子供たちが、わが神性とわが娘、汚れなきマ
リアを、この偉大な日において称えるために集まったのを見ることは、わが
父性的な心にとって大いなる喜びである。時とともに、地上におけるわが
教会、そして世界中のすべてのわが子供たちは、この日私が人類に与えた
偉大なる恩寵を理解するであろう。この日はまた、およそ二千年前に、わが
神なる息子イエズスが天に登った日である。それはサタンに対する大いなる
勝利、人間の弱さ、死に対する大いなる勝利であった。

 あなたがたの汚れなき母の勝利は非常に近い。あなたがたが信じているよ
りもずっと近い。わが甘美なる子供たちよ。この勝利の一部分は、私が何年
も前に彼に与えた三重の契約の預言者に関係している。あなたがたは、審判
が訪れたときに人類が我が玉座の前でいかなる言い訳もすることができない
ように、大いなる懲罰が降りかかる前に世界に私が与えるであろう大いなる
印、不思議、奇跡の時期に入りつつある。

 時の中の時は今である、我が甘美なる子供たちよ。あなた方皆にとってそ
れは長い時間を要してきた。わが弱い子供たちの心を浄化するために多くの
選別が起こってきた。なぜなら私は何度もあなたがたに真実の「はい」と
真実の「いいえ」を要求してきたからである。あなたがたの心を調べなさい、
わが甘美なる子供たちよ、そして私があなたがたに与えてきたすべてのこと
を思い出しなさい。わが言葉に信頼しなさい。わが呼びかけに信仰を持ちな
さい。あなたがた自身と私に忠実でありなさい。

 世は私を忘れてしまっている。世は、わが神なる息子イエズスを通しての
私のしるしを認知していない。人類は、わが愛から遠ざかり続けている。彼
らはむしろ、サタンの誘いを受け入れている。サタンは彼らに数多くのこの
世の喜び、肉の喜び、そして精神の喜びさえも提供している。私の父性的な
心は非常に傷つけられている。なぜなら私自身のものがもはや私を認知して
いないからだ。彼らは彼らの呼びかけを見捨ててきている。世界には何が起
こるだろうか、甘美なる子供たちよ、もし我が愛する娘、汚れなきマリアの
憐れみがなかったとしたならば? 彼女はわが神なる息子の共贖者であり、
人類のためのあらゆる恵みの仲介者である。彼女の祈りがなかったならば、
彼女の苦しみと彼女のささげ物がなかったならば、……それは彼女の「なれ
かし」において始まったが、……わが正義は何十年も前に降りかかっていた
であろう。しかしあなたがたはまだ時間を持っている。改悛するための時間、
和解するための時間、あなたがたの罪を償うための時間を。なぜなら私は
永遠の愛の父であるからだ。あなたがたの皆は、良い者も悪い者も、わが
子供たちである。あなたがたの時間をうまく使いなさい、我が甘美なる子供
たちよ、なぜなら間もなく私はあなたがたを呼ぶために天使たちをつかわす
からだ、世界に対する審判は遠くないからである。

 そしてわが特別な子供たちに、わが心の選ばれた者たちに告げる。わが神
なる息子イエズスのようになりなさい、そしてわが娘マリアのようになりな
さい。彼らの模範に従いなさい。すべての者が、わが神なる息子イエズスを
知り、愛するようになるために。彼はメシアであり、彼のものと遺産を主張
するために間もなく世界に戻ってくるであろう。愛をあなたがたの心の導き
の光としなさい。なぜなら愛は悪に、邪さに打ち勝つものだからである。

 あなたがたの天の父として私はあなたがたに、世界に必要とされている愛
を示してこなかっただろうか。これ以上何を私はあなたがたに差し出すこと
ができようか、わが甘美なる子供たちよ? 私はあなたがたにわが息子を、
わが一人子を与えてきた。私はあなたがたにわが娘を与えてきた。そして私
はあなたがたに私たちの永遠の命の霊を与えてきた。

 私たちのわがままな子供たちの心を照らすために、全世界に私が使わして
きた多くの預言者たち、神秘家たち、幻視者たちがいる。それは全時代を通
して与えられ続けてきたものと同じ呼びかけである。それゆえわが愛の呼び
かけに耳を傾け、従順でありなさい。

 そしてあなた、我が愛する息子、「終わりの時」のすべての預言者たちの
預言者よ、わが心の預言者よ、あなたの勝利は近い。そしてあなたのために
私が作りあげた重い十字架は、あなたから取り除かれるであろう。あなたが
なすために私があなたに与えてきたすべてのことをなし遂げることができる
ように。しかし次のことを知っておきなさい、わが愛する息子よ。いったん
この十字架が取り除かれたならば、他の十字架がもたらされるであろう。な
ぜならわが子供たちは、そのような十字架がわが子供たちへの私の贈り物で
あるということをほとんど理解していないからである。それらは、わが神聖
なる愛によって「包まれている」のだ。だから勇気を持ちなさい、わが息子
よ、そして前進し続けなさい、私が人類に約束した楽園へと向けて民を導き
ながら。あなたをあなたの道から取り去ることができるような、いかなる力
も地上あるいは下方の世界には存在しない、わが甘美なる息子よ。このこと
に慰めを見いだしなさい。

 今日、わが王権の玉座から、私はすべてのわが子供たちにもう一位の天使
を与える。あなたがたを守るために。なぜなら大いなる試練が間もなく地上
に訪れるであろうからだ。そして多くの者たちには多くの悲しみが訪れるで
あろうから。あなたがたの心を準備しなさい。これらはアルファおよびオメ
ガの天使たちである。私は今あなた方皆を祝福する。父と子と聖霊の御名に
よって。アーメン。

リトル・ペブル:
 私は二つの場所から出てくる美しい光を見ることができます。永遠の御父
の聖心と、私たちの聖母の汚れなき御心からです。それは、「ローズ・オブ・
ザ・ホーリー・イノセンツ」の上に輝いています。しばらく私は黙っている
ことにしましょう。永遠の御父か聖母が、お話しになることを望まれるかど
うか見るために。


ローズ・オブ・ザ・ホーリー・イノセンツ:
 ロザリオの始まりにおいて私も、三つの十字架を見ました。私たちの主は
中心の十字架におられました。そして教皇ヨハネ・パウロ二世と教皇ペトロ
二世が他の二つの十字架上におられました。十字架の元に私は聖母と十二
使徒たちを見ました。永遠の御父と聖霊が私たちの主の十字架の上におられ
ました。

 永遠の御父から一つの涙がこぼれ落ちました。そして私たちの主は永遠の
御父の愛にひたされました。私たちの主が消えました。教皇聖下と同様に。
しかしながら、「小さなペトロ」は、彼の十字架から降りてきて、聖母の隣
にひざまずきました。永遠の御父はまだ十字架の上方におられました。そし
て御父の心から聖アムール・デイが出てこられました。小さな天使は飛んで
「小さなペトロ」の肩に座られました。聖アムール・デイの到着に続いて、
私は彗星を見せられました。これは数多くの小さな星によってできた尾を
持っていました。星の中に私は多くのものを見せられました。

 私は海における爆発を見ました。それは地中海のどこかであるように見え
ました。爆発が起きたとき私は多くの血を見ました。

 ヨーロッパ、フランスで、私は叛乱を見ました。

 アメリカにおいては数多くの流血を見ました。たくさんの病気の子供たち
がいて、数多くの母たちが泣いていました。

 ニュージーランドに向かう津波がありました、オーストラリアの東海岸に
やってきて、そしてそれは止まりました。

 星の中に示されたほかにも多くのものごとがありました。

 教皇の身に見えるようになっている私たちの主の傷、そしてファチマのシ
スター・ルチアが彼の隣にひざまづいています。

 彗星は聖母の御心の中に消えていきました。涙が聖母の頬を流れ落ちて
います。そして「小さなペトロ」は聖母を慰めるために腕を回しています。
聖母の心か明らかにされました。そして私は聖なる三位一体のすべての御心
がひとつに結び合わされているのを見ました。御心のうちに私は教皇聖下を
見ました。そして聖下はとても苦しんでおられました。私たちの主の傷が
聖下にありました。ファチマのシスター・ルチアが聖下の隣にひざまづいて
いました。

 永遠の御父が降りて来られて、聖母と「リトル・ペトロ」の隣に立たれま
した。永遠の御父の聖心から「リトル・ペトロ」の母と父が出てきました。
ジョンとゲルトルードです。私はまた小さな「愛と清さのルビー・ハート」
を見ることができます。そして彼女の腕の中には小さな赤ん坊がいます。
「リトル・ペトロ」の両親と、赤ん坊を抱いている小さな女の子は「リトル・
ペトロ」の心に接吻しました。そして彼の隣にひざまづきました。

 聖母が進み出られて、私に投げキスを贈られました。聖アムール・デイが
「リトル・ペトロ」のほうから飛んでこられて、聖母の御肩に座られました。
それから小さな天使は私の方に来られて、私の額を祝福されました。聖母は
今十字架の印をなさいます。

 …… 次号に続く ……



----------------------------------------------------------------
4.反キリスト、ロード・マイトレイヤについての警告
----------------------------------------------------------------
マリア様からの警告 1995年6月13日

 甘美なる子供たちよ、あなたたちが知っているように、世界は重大な危機
に瀕しています! その理由は、人類が自らの生活から神を締め出したから
です。人は蛇の誘惑、肉の誘惑とともに、むしろ蛇に従うことを選んだから
です。人類は真理に、神の光に飢え渇いていますが、間違った場所で探し求
めています。堕天使ルチフェルが誤った光を世界に与え、人類は弱さのため
に、このぼやけた光に従っているからです。甘美なる子供たちよ、これまで
の年月よりも、これまでの世代よりも、世界はさらに深い暗闇へと入ってい
くでしょう! 世界はノエの時よりも、ソドムとゴモラの時よりもはるかに
悪化していると私が言うとき、その通りなのだと確信しなさい! 人は自ら
の知性で神のようになろうと望んでいますが、三位一体の神の至高の存在を
信じてはおりません。

 甘美なる子供たちよ、あなたたちの前にある時は極めて困難でしょう。あ
なたたちが悟り、理解する以上にです。あなたたちの生活における試練は極
めて深刻で、すべての子供たちに重大な決断が求められるでしょう。甘美な
る子供たちよ、大きな苦しみがあなたたちに訪れるでしょう。旧約のヘブラ
イ人に下された試練について考えなさい。これらの試練は、約束された土地
が彼らに手渡される前に、彼らを清め、完全にするために与えられたのです。
甘美なる子供たちよ、今も同じです。あなたたちはメシアの第2の来臨に備
えて準備されています。しかし、甘美なる子供たちよ、神である私の息子が
戻って来られる前に、皆は天国の報酬だけではなく、王国あるいは地上にお
ける天国の報酬を受けるために清められ、完全にならなければなりません。
この清めが何を意味するか分かっていますか。殉教者の生涯についてよく
黙想しなさい。聖人とその生涯について、神である私の息子の使徒と弟子の
試練の時について、イエズスの御復活の前の試練についてよく黙想しなさい。
私が話したことについてよく考えなさい。あなたたちは、今は天国にいる
これら聖人たちの足跡に従うように求められています。甘美なる子供たちよ、
堅忍しますか。

 十字架を取り、忍耐し、カルワルオに至るまで、神である私の息子に従い
なさい。甘美なる子供たちよ、荒廃と悲惨と滅亡しか見ないので、あなたた
ちの希望さえも試みられる大変な暗闇の時が来るでしょう。多くの家族が
崩壊し、多くの息子、娘は両親を裏切り、両親は息子、娘を裏切るでしょう。
時の中の時はあなたたちの上にあるのです! 第6の封印が開かれ、人の
精神と心が三位一体の神と世界に対して開かれるでしょう! 甘美なる子供
たちよ、今は、あなたたちが置かれた道について、よく黙想する時です。



----------------------------------------------------------------
5.編集後記
----------------------------------------------------------------
「天からのメッセージ」に版権はありません。天はできるだけ多くの人々が
メッセージを読むことをお望みです。どうぞ友人知人に「天からのメッセー
ジ」を伝えて下さい。コピーして配布して下さい。

 編集室では、メッセージの翻訳ボランティアを募集しています。できるな
ら、カトリック信者で専門用語に強い方を希望しています。

 また皆様からのご質問、ご感想をお待ちしております。関連情報をお持ち
でしたらお寄せ下さい。
 
 次回「箱舟の聖母」は6月27日頃、発行を予定しています。

----------------------------------------------------------------
編集・発行:聖シャーベル修道会
スタッフ :Deacon Jean-Marie of the Risen Son of God(復活された
      神の子のジャン・マリー助祭)  Kolbe-Marie
----------------------------------------------------------------
お申込み、ご質問、ご感想は下記までお願いします。

  〒540−0004
   大阪市中央区玉造1−4−14
   聖シャーベル修道会

  E-mail : charbeljapan@nifty.ne.jp

 お申し込みはEメール版は3千円、郵送版は一万円を目安に、一年分のご
寄付をお願いします(商契約ではありません)。こうするのは、読者の皆さ
んにも「受けるだけの人」のままでいるのではなく、自発的な献金と、友人
知人にコピーをわたす伝道を通して「よろこんで与える人」となり、神様の
祝福をもっと得ていただきたいからです。「よろこんで与える者を神は愛さ
れる」、これが私たちの宣教事業の基本理念です。
----------------------------------------------------------------
%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%2%%

(C)日本における「聖シャーベル修道会の共同体」
      設立の促進と援助のための事務所
 http://homepage1.nifty.com/charbeljapan/index.htm
    E-mail : charbeljapan@nifty.ne.jp

%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%0%%




[HOME] [戻る]