「箱舟の聖母」バックナンバー
2004年6月6日号No.207

 マリア様を喜ばせましょう。マリア様はあなたの小さな奉仕にも大きな恵みで報いて下さいます。あなたが愛する人の救いのために「箱舟の聖母」を役立ててください。「箱舟の聖母」は宣教誌です。購読しコピーし身近な人にわたすなら、あとはマリア様ご自身が働いて下さいます。そしてあなたの購読料はマリア様の事業を支えます。あなたのマリア様に対する奉仕を神様は永遠に忘れません。

 お申し込みはEメール版は3千円、郵送版は一万円を目安に一年分のご寄付をお願いします(商契約ではありません)。こうするのは、読者の皆さんにも「受けるだけの人」のままでいるのではなく、自発的な献金と、友人知人にコピーをわたす伝道を通して「よろこんで与える人」となり、神様の祝福をもっと得ていただきたいからです。「よろこんで与える者を神は愛される」、これが私たちの宣教事業の基本理念です。

◆マテオによる聖福音10章27節
「私がやみの中で言うことを、あなたたちは明るみで言え。耳をあてて聞くことを、屋根の上から知らせよ」

◆マテオによる聖福音10章42節
「この小さい者の一人に、弟子として冷や水の一杯でも与える人があったなら、まことに私は言う。その人は報いを失わぬ」


ご注意
■ お申し込みは下記住所宛にEメール版は3千円、郵送版は一万円を目安に一年分のご寄付をお願いします(商行為でも契約でもありません)。  〒540−0004 大阪市中央区玉造1−4−14 箱舟の聖母社
■ トラブルを避けるために、必ずご本人様でお申し込み下さい。いかなる理由でも、ご送金後の返金はできません。お申し込みから登録まで2週間程度かかりますので、あしからずご了承下さい。
■ 本誌読者=「聖シャーベル修道会会員」ではありません。どのような立場の方でも歓迎いたします。
■ これを用いてマリア様の事業を攻撃する人には送付を打ち切ります。また災害・戦争など、やむを得ない事情の際も送付いたしませんが、ご了承ください。


%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%0%%

        「 箱 舟 の 聖 母 」

       2004年6月6日号 No.207

   毎週1回発行:Eメール版 年間3,000円(ご寄付)
          郵送版  年間10,000円(ご寄付)
  http://homepage1.nifty.com/charbeljapan/index.htm
      E-mail : charbeljapan@nifty.ne.jp
       ( 等幅フォントでご覧下さい!)
%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%6%%
----------------------------------------------------------------
    箱舟の聖母、
       我らが御母聖マリア、
         キリスト信者の扶(たす)け
----------------------------------------------------------------
 マリア様を喜ばせましょう。マリア様はあなたの小さな奉仕にも大きな恵
みで報いて下さいます。あなたが愛する人の救いのために「箱舟の聖母」を
役立ててください。「箱舟の聖母」は宣教誌です。購読しコピーし身近な人
にわたすなら、あとはマリア様ご自身が働いて下さいます。そしてあなたの
ご寄付はマリア様の事業を支えます。あなたのマリア様に対する奉仕を神様
は永遠に忘れません。
----------------------------------------------------------------

◆今週号の目次

 1.聖シャーベル修道会ニュース
 2.153本の聖ヨゼフの百合
 3.リトル・ペブルに与えられたメッセージ
 4.反キリスト、ロード・マイトレイヤについての警告
 5.編集後記


----------------------------------------------------------------
1.聖シャーベル修道会ニュース
----------------------------------------------------------------
◆ ブラザー・ジャン・マリー(Br. Jean-Marie)は5月24日、オース
トラリア・ナウラで、ブロサード司教様から助祭に叙階されました。今後は
「復活された神の子のジャン・マリー助祭」(Deacon Jean-Marie of the
Risen Son of God)と呼ばれることになりました。

 洗礼を希望する方は申し出てください。助祭は洗礼、ミサをともなわない
結婚式、ミサをともなわない葬式ができます。

 愛知県刈谷市のハウスチャーチ(家の教会)は「聖パウロ三木と同志殉教
者のハウスチャーチ」となり、二十六聖人が保護の聖人として遣わされまし
た。



----------------------------------------------------------------
2. 153本の聖ヨゼフの百合
----------------------------------------------------------------
【 第67章 】

 マリア・ワルトルタに天から与えられた啓示によって、イエズスのご生涯
を生き生きと見ることができます。そこにはイエズスの老人たちに対する
限りない優しさと忍耐が描き出されています。神にしかできない優しさと
忍耐です。既存の修道会は今、老人ばかりのところが多いのですが、その
代わり彼ら、彼女らは順応性に富んだ若いときから始めた修道生活を40年、
50年、60年、70年、それ以上も送ってきた、鍛えられたプロ中のプロ
たちです。聖シャーベル修道会の共同体は事情が全く異なります。そこに
住むお年寄りは、すでに老齢になってから修道会である共同体に入いったの
ですから。それで共同体では年をとっている人に特別の配慮が必要です。

 既存の修道会が入会年齢上限をたいてい35歳くらいに定めているのは、
男性はそれ以上の年になると順応性が乏しくなり、適応できずにたいてい
退会してしまうからです。女性は40歳くらいに定められているのは、同じ
くそれ以上の年になると順応性が乏しくなるからです。そして年を取れば
取るほど、ますます人間は考えが固まり、変わりにくくなります。生活習慣
もまた、変えにくくなります。皆さんが考えているより、はるかに適応に
時間がかかります。考えは非常に狭くなり、新しいことが入いっていきませ
ん。年とともに起こる脳の変化をどうしてとやかく言えるでしょう。年とっ
た人たちの善意の方に目を向けるべきです。彼らは非常にゆっくりと適応し
てゆけばよいのです。

 年とった人のことも、共同体の中で生きる家族にかかわる問題のひとつで
す。共同体には老夫婦二人だけの家庭もあれば、若い夫婦と一緒に入会する
人たち、一人住まいの老人もいます。聖シャーベル修道会は拡大家族という
考えを会員に示しています。ある家族だけがお年寄りの世話でフーフー言っ
ている。まわりは無関心。ある家に老夫婦がいる。一人住まいの老人が寂し
く生きている。まわりは無関心。これが現代社会の現実です。お年寄りが
存在することが悪だといって、安楽死を合法化していっています。とんでも
ないことです。悪はまわりの無関心です! 共同体はこうであっては絶対
ダメです。まわりが関心を持ち、年をとった人もまわりに関心を持ち、拡大
家族としての道が始まります。一方向ではなく両方向であることが肝心です。
共同体の中の若い人とは何年たっても一度も話したことはないし、名前も知
らない。誰の子かも分からない。という、お年寄りの陥りやすい状況を、そ
うならないように助けてあげてください。

 上に書いたような老齢の修道者は尊敬すべきです。若いころから自分をよ
くおさえて、自分に打ち勝ち、多くの徳を身につけているのですから。しか
し、聖シャーベル修道会の共同体に入いるお年寄りも尊敬すべきです。神が
送られた人を、創立者のリトル・ペブルさんを、そのように神が送られた人
として受け入れた単純な信仰もまた、尊いのです。単純ながら、どれほど
その信仰が深いかは外見からは分かりません。しかし多くの試練にふるい落
とされて、有能な働き盛りの人たちが、次々に、ほとんど入れ替わってきた
中、試練に試されてもずっと信じてきているお年寄りたちがいるのです。ま
た、神様は大警告の時、その人の真価を公にされるでしょう。彼らのうち
最初から忠実であり続けた人々は、男性は33歳、女性は15歳の体と能力
に戻るからです。

 また、やはり外見ではわかりませんが、彼らのうちに邪欲の炎はもう燃え
ていません。老齢によるその魂の静けさの中、愛の炎だけは無限に大きくで
きるのです。体の衰えや、いろんな苦しみを、こころよくささげて、愛の
いけにえとして神の目に嘉される人もいます。人生の最終コースで、神もそ
の人の完成を目指し、その人も人生の最後をいけにえの使徒職を持って主の
ご受難、ご死去に一致させようと努めているなら、準備、働き、いけにえと
いう使徒職の人生のプログラムでは、今、いけにえの段階という最高に価値
ある日々を送っているのです。

 聖ヨゼフが老いて、病気で苦しんで、イエズスとマリア様のために使い果
たしてしまって亡くなったことを考えましょう。ベッドにふせっている聖ヨ
ゼフは、働き盛りの時以上の働きを、いけにえの状態でささげていました。
それで共同体の皆さんは、拡大家族の一員として、お年寄りに自分の父のよ
うに、母のように配慮と尊敬をもって接してください。



----------------------------------------------------------------
3.聖シャーベルの平和と一致と和解のための祈りの家にて
  与えられたメッセージ
 − No.156 1987年7月4日初土曜日 −
----------------------------------------------------------------
リトル・ペブル:
 お折りが唱えられ、聖歌が歌われている間、天使たちがいくつかの文字
の形に並びましたが、中心的な文字はマリア様の頭文字である『M』です。
『M』の間に十字架があり、その十字架の下に横棒が一本通っています。
『M』と横棒と十字架は、一緒に合わさっているような感じで、不思議の
メダイのシンボルのようですが、それらは天使たちで作られているのです。
それから、この形は光の輪のようなもので囲まれており、輪の中には12の
星があります。不思議のメダイのような感じです。ところでそのシンボルの
上には七位の天使がおります。そのシンボルはまだ空にあり、それの周りや
天使たちの周りは明るい青で昼間のようです。今、そのメダイ(のように見
えるのです)のシンボルを通って、ちょうど十字架の真ん中から出てきたの
は美しい光のトンネルです。チューブのような形です。ちょっと説明しにく
いですが、そのトンネルがだんだん広がってわたしたちの方へ近づいてきま
す。光のチューブですが、それを通して見ると空のとても遠いところに……
今、聖母が見えます。聖母が、美しい球に乗って来られます。ブルーの球で
す。聖母はブルーのお召し物です。白系統のマントを羽織り、衣はブルーで
胴のあたりはやはり白です。聖母はお祈りをなさっておられ、目を天の方に
上げておられます。わたしたちの方へ、その球の上に立って祈りながらこち
らへ飛行機のように飛んで来られます。

 今、空のとても高いところに立っていた七位の天使が降りてきて、『V』
字型に並びました。それぞれ三位づつ聖母の左右に並びました。七番目の
天使は大天使聖ミカエルで、物凄く近いところに立っております。聖ミカエ
ルは空中で、剣を上に向けて持っています。大変背の高い方で、わたしが
説明している光景の範囲の大部分を占めております。今回、聖ミカエルは胸
に金のベストのような盾(それが何かはわかりませんが)を持っていますが、
ローマ時代の服装のようです。金属の小さな(何というものか知りませんが)
羽のような物がぶら下がって(鎧のようになっている)短い衣を着て、ロー
マ時代のサンダルをはいています。サンダルも金で編んであります。聖ミカ
エルは(どのようにかはわかりませんが)自分のサンダルをわたしに見せて
下さっており、サンダルのかかとには星が一つ付いています。皆様は、聖ミ
カエルがカウボーイではないかと思われるかもしれません。彼は微笑んでい
ます。聖母は、まだ祈っておられます。今、聖ミカエルは翼を広げて……
とても遠くの…(テープの言葉がとぎれている)…空を横切っています。彼
の剣の先には別の星がついており、『これは真理の光である』といいました。
聖母は、やはり祈っておられ、横にいる六位の天使たちはひざまづいていま
す。天においてはいろいろな活動があるようですが、すべては沈黙のうちに
行われています。それの意味はわかりません。今、聖母の左側にクエスチョ
ンマーク(?)があります。赤いマークです。その意味も私にはわかりませ
ん。聖ミカエルが『時が来ればわかるだろう』と言いました。聖母は、今し
ばらくの間目を閉じられ、頭を垂れておられます。天使たちはもう立ち上
がっています。聖母は今、目を開けて御手を広げられました。

聖母:
 私の愛するリトル・ペブルよ、そしてここにいるかわいい子供たち、また、
世界中の子供たちに挨拶いたします。イエズスの至聖なる聖心より祝福いた
します。父と子と聖霊との御名によりて。アーメン。

 子供たちよ、今夜私がここに来たのは、世界中の子らに短い助言を与える
ためです。世界で子供たちを混乱させることが、沢山起こっており、ことに
公教会の中と全世界の幻視者の間に混乱が起きているからです。私は色々な
状態を明らかにするために参りました。これにより子供たち、特にフランス
の子供たちが平和を取り戻すでしょうから。

 このことに入る前に、愛する子よ、あなたに忠告したいと思いますが、
今月の『償いの日』(7月13日)には警備を厳重にしなさい。あなたを
この地上から抹殺しようとする企てがあるからです。しかし、永遠の御父は、
あなたに安全を保証しておられます。与えられた指示に従いなさい。天の愛
するリトル・ぺブルの声が世界中の人々に行き届いているので、悪魔たちが
彼を抹殺しようとしています。ですから地上の子供たちよ、リトル・ペブル
の命が大変危ないので彼のために祈らなければなりません。大勢のわがまま
な子らが、私たちのもとへ帰りつつあります。それは私たちが愛するリトル・
ペブルを遣わしてきたからです。悪魔はローマにおられる教皇様を破滅させ
ようと、断固決意しているのと同様にリトル・ペブルの破滅も狙っているの
です。我が息子イエズスの至聖なる聖心と我が汚れなき御心の勝利のために、
そして私たちの子らを一致させ、また、分かれている兄弟たちを一致させる
ためにこの二人は公教会に於いて重要な使命を持っているのですから。しか
し、いかなる者も天のリトル・ペブルに害を加えることはできません。なぜ
なら彼はヨハネ・パウロ2世教皇様の逝去後、公教会を導く道に据えられて
いるからです。私はこの通告を世界中の信者に伝えてほしいのです。そうす
れば、全教会がこの大事件が近いことを知ることができます。地上の子供た
ちよ、ローマの教皇様のために必死で祈らなければなりません。教皇様の
殉教は、もう間近いからです。私と我が子イエズスが今までに預言してきた
ことは、間もなくすべて実現するのです。あなた方は祈らなければ、それら
は短時間のうちに実現するので、多くの子らは驚くでしょう。あなた方がこ
のことに気付いていることはわかっておりますが、私はヨハネ・パウロ2世
教皇様とその後継者なる愛のリトル・ペブルのために、よく祈らねばならな
いことに気付かせる必要があるのです。度々リトル・ペブルのために祈って
ください。リトル・ペブルに希望と愛とあわれみのメッセージを伝えさせる
ために、私たちは彼を世界中に遣わすと、悪魔が力の限り彼を抹殺しようと
するからです。しかし、私やイエズスが度々言ったように、リトル・ペブル
の髪の毛一本さえも人間に触れさせず、また、悪魔にも触れさすようなこと
はいたしません。しかし、愛する子らよ、あなた方の祈りにより、リトル・
ペブルは自由に世界中を旅することができるのです。あなた方が彼のために
祈らなければ全世界における彼のミッションを果たすことは大変困難になり、
彼にとっても、また、大勢の我が子たちにとっても大変な苦しみが伴います。
ですからこのことはあなた方に委ねます。我が子よ、あなたとローマにいる
ヨハネ・パウロ2世教皇様と、また、世界中の愛する幻視者たちを祝福いた
します。父と子と聖霊との御名によりて。アーメン。

 かわいい我が子よ、私はあなたに、来年2月、世界中の幻視者を、ここ
オーストラリアに呼び集めなければならないと心から確証したいと思います。
永遠の御父が人類の救霊のために、このことをお命じになりました。あなた
は我が子イエズスと天軍の総帥、大天使聖ミカエルからすでに指示されまし
たでしょう。あなたはよく指示にしたがって、目的を達成しなさい。あなた
がそうすることを、私はよく知っていますよ。あなたはすべての天の幻視者
たちに、ここの聖地に集まるように頼みなさい。皆に『しるし』が与えられ
るでしょうが、但し、沢山のお祈りが必要です。

 最後に我が子よ、今晩私が参った最も大切な理由は、フランスにいる子供
たちを助けたいからです。あなたが覚えているように、数ヵ月前私は『レス
トラー』(再興者)の話をしましたね。その時は彼の名前は教えませんでし
た。私は敢えてそうしたのですが、それは誰が敵で、誰が偽預言者かを全世
界に向けて現わすためだったからです。故に、真の『レストラー』の名を言
わなかったのです。しかし、イエズスがシスター・グァダルーぺを通してあ
なたにそのことを教えたのでもうわかったと思います。しかし、私は今、皆
に告げたいと思います。よく聞きなさい。『ピェール・ポーレン』は偽の
『レストラー』です。真の『レストラー』は、『聖なる君主』と呼ばれ、フ
ランスにおけるすべての真の神秘家や幻視者と一致している者です。我が子
よ、そして子供たちよ、あなた方は今このことを知ったので、世界中に知ら
せなさい。特にフランスの子供たちに知らせなさい。そうすれば分裂してい
るフランスの子らを始め世界中の子らに、平和と一致と和解が来るでしょう。
私はこのことで、あなたが大変な苦しみと混乱に陥ったことは、わかってお
ります。しかし、このことをすべての人が理解するために、悪を公にする
必要があったのです。愛する子供たちよ、天のやり方はあなた方のやり方と
違います。幾度も天は、あなた方に私たちの意志に従って行動することを頼
んできました。それは、永遠の御父は、結果を前もってよくご存じだからで
す。ですから御父は、場合によってはあなた方に話す沢山のことの意味が
理解できないようにしておられますが、これは敢えてそうなさっておられる
のです。しかし、あなた方はいつも天の指示に従って行動しなければなりま
せん。そうすれば、万事は、永遠の御父の御旨とご計画通りに行われるので
す。我が子よ、フランスの子供たちを再結成しなさい。特にあなたがこの
10月、フランスへ行ったときに頼みます。あなたを通じて平和と一致が
フランスに戻るのです。私はフランスのかわいい子供たちと『レストラー』
である『聖なる君主』、そして彼と一致する神秘家や幻視者たちを祝福いた
します。父と子と聖霊との御名によりて。アーメン。

 我が子よ、イエズスがシスター・グァダルーペに語った同じことをなぜ私
があなたに繰り返しているのか不思議に思うでしょう。その理由は、あなた
の声を世界中の何百万人もの子らが聞くためです。また、聖にして母なる
公教会内に、あなたの声は大きな力を持っているからです。ですから、私は
全世界の他の大勢の幻視者に語った言葉をあなたに繰り返し伝えるのです。
それはすべての天の子らがリトル・ペブルと一致するため、また、私と息子
イエズスが長年求めてきた一致が完成するためです。そして最後に、すべて
の幻視者が今年の10月の末までに愛するリトル・ペブルのミッションと
一致しなければ光の輪は閉じられ、一致しない幻視者は輪の外に取り残され
ることを全世界の人が知るためです。ですから光の子らよ、皆が平和とカで
団結できるように祈りなさい。イエズス・キリストの平安が、あなた方と共
にありますように。そしてあなた方を祝福いたします。父と子と聖霊との
御名によりて。アーメン。

リトル・ペブル:
 今、空のとても遠くからイエズス様が近づいて来られます。聖母は左側に
寄られました。今イエズス様が降りて来られます。イエズス様は、今晩は
全部美しい白い衣をお召しです。赤いケープを羽織っておられますが、その
ケープは美しいビロードのようです。御胸には、美しい聖心があります。
赤みを帯びた金色のような色で、本当に奇麗です。聖心の上にはとても小さ
な白い十字架があります。両手と両足の御傷が見えます。御頭にはなく、
御手と御足の傷だけですが、聖心に御傷があります。しかし、その傷口から
御血は流されておりません。イエズス様は、部屋を眺めておられます。あた
りを見回しておられるのです。イエズス様は、微笑んでおられます。御手に
珠のロザリオを持っておられます。手にかけておられるのです。イエズス様
が珠のロザリオを持っておられるところは、あまり見かけません。

主:
 我が愛するリトル・ペブルよ、そして子供たちよ、あなた方を祝福する。
父と子と聖霊との御名によりて。アーメン。

 我が至聖なる聖心のかわいい子らよ、わたしの至聖なる無原罪のマリアを
通してあなた方に挨拶する。子供たちよ、あなた方の多くが最も困難な十字
架を担っていることをわたしは知っている。かわいい息子と娘たちよ、その
十字架をしっかりと担いなさい。この十字架があなた方を永遠の生命の門へ
と導くからである。この十字架こそが、悪や罪や肉欲や、ひどく堕落した世
の中、そして、死も、悪魔をも克服する勝利なのである。この十字架を、常
にあなた方の心の中に留めておきなさい。我が御母を忘れないようにしなさ
い。御母の汚れなき御心を、いつも心の中に入れておきなさい。御母は愛の
母であり、すべての者の中で最も潔き方であり、そのうちには一点のしみも
ないのだから。わたしが子供たちを見るとき、あなた方の心の中に留まって
おられるやさしい御母を見つけようとして、見るのである。あなた方が御母
を愛しているのなら、わたしを愛していることになる。常にいとも聖なる
御母を愛することを忘れてはいけない。かわいい子らよ、あなた方を愛して
いる。そして、我が至聖なる聖心と汚れなき御母の御心で、あなた方を抱き
しめよう。(イエズスとマリアのみ心がひとつになるように一緒になった)
あなた方を祝福する。父と子と聖霊との御名によりて。アーメン。

リトル・ペブル:
 今、聖ヨゼフと聖シャーベルが見えます。たった今、到着されました。聖
ヨゼフは主の右側に、聖シャーベルは聖母の左側におります。

主:
 我が子よ、彼等は御母が約束されたように、聖シャーベルの祈りの家に
来たのだ。わたしたちは、子供たちと一緒に生命と愛の源なる永遠の御父に
祈りをお捧げするために、来ることになっていたのだから。では、かわいい
子らよ、挨拶を贈る。さようなら。さあ、お祈りを続けなさい。忘れてはな
らない。わたしたちは、あなた方を愛しているのである。

リトル・ペブル:
 聖ヨゼフと聖シャーベルが前に進み出て、手を掲げられます。父と子と
聖霊との御名によりて。アーメン。

聖ヨゼフ:
 我が子よ、あなたは全世界の人々に神なるイエズスとその御母マリアの
御言葉が、できるだけ早く伝わるように、このメッセージを印刷しなければ
ならない。行きなさい。世の救い主なるキリストの平和のうちに。そして
その御母の汚れなき御心から来るわたしの言葉に従って生きなさい。では愛
する子らよ、お祈りを続けなさい。(喜びの第二玄義が唱えられる……)

リトル・ペブル:
 ……(テープの言葉がとぎれている) あそこに聖人方が立っておられま
す。どうしてかはわかりませんが、第五玄義の間に来られた最初の聖人は、
使徒聖マテオで、また、パドゥアの聖アントニオも来られました。その他、
沢山の聖人方があそこに立っておられます。ほとんどの方を知っています。
幼きイエズスの聖テレジアやピオ神父様は、ちょうどそこにおられます。と
にかく大勢の聖人方がおられるのです。どのようなわけかはわかりませんが、
皆ロザリオを持っておられ、わたしたちと一緒に祈っておられます。聖マテ
オが聖歌を歌うようにおっしゃいました……

(聖歌『我が主の魂』が歌われる……

 生まれて初めて聖マリア・マグダレナを見ました。赤みがかった長い髪の
本当に美しい方です。頭には花の冠をつけておられます。上の方が少しピン
クで、あとは白の小さな花でできています。右手に何かの花の茎を持ってお
られるのですが(何の花かはわかりません。見たこともない花です)……
小さなピンクの花で、さつきのようですが、とにかくそのように見えます。
聖マリア・マグダレナがおっしゃいます。

聖マリア・マグダレナ:
 小さき子よ、そしてかわいい子供たちよ、今晩このように多数の聖人が現
われたのは、どれほどわたしたちがあなた方を愛しているかを表わし、また
わたしたち天国の者が、どれほどあなた方を助けに来ているかを知らせるた
めです。もっと大勢の子らが天にいる私たちに対して祈るべきです。それは、
あなた方が肉体的誘惑や悪魔が起こす誘惑に打ち勝つ時、またあなた方に
必要な時や必要な物があるときには、すべてにおいてあなた方を大いに助け
ることができるからです。わたしたちを呼びなさい。そうすれば助けに来る
のですから。わたしたちは地上の『戦いの教会』のかわいい子供たちを愛し
ております。あなた方は、事実、諸聖人の通功においてわたしたちと一致し
ているのです。聖にして母なる公教会が救い主である神なる主、イエズス・
キリストの御受難を耐えている間、祈りましょう。イエズスの平安があなた
方と共にありますように。私たちは、あなた方を愛しております。

リトル・ペブル:
 今、聖マリア・マグダレナは前に進み出て、わたしに持っておられた花を
下さいました。『ありがとうございます』

聖マリア・マグダレナ:
 我が小さき弟よ、この意味は後でわかります。かわいい子らよ、ではお祈
りを続けて下さい。そして、私たちはいつもここにあなた方と一緒にいるこ
とを覚えておいてください。主イエズスが地上におられた時の言葉を思い出
しなさい。2、3人以上集まって、イエズスの御名によって祈るところに、
主は確かにあなた方と共におられるということを。そしてイエズスがおられ
るところには、その至聖なる御母もおられるのです。そして、イエズスと
マリアのおられるところには、天の聖人であるわたしたちもおり、天使たち
もいて、皆あなた方と共にわたしたちの心と祈りのうちに一致しているので
す。それから煉獄の兄弟、姉妹も忘れてはなりません。彼等も諾聖人の通功
の中にいるからです。わたしたちは、あなた方を愛しております。ではお祈
りを続けて下さい。わたしたちは、あなた方の祈願やお祈りを永遠の御父の
玉座の元へ持って行きますから。(二環目のロザリオが始まる……)

リトル・ペブル:・
 聖人方は、全員ひざまづいておられます。美しい光景です。なぜなら私は
ずっと空を見上げていたのですが、まばゆい光輝く白い十字架があったから
です。それは単なる十字架ではなく、イエズス様が今年、私に下さった紋章
なのです。とても美しい紋章です。聖マリア・マグダレナは、皆に見えるよ
うに、この紋章をプリントするべきですとおっしゃいました。(ロザリオが
続けられる……)

 お祈りを度々止めてすみません。しかし今、物凄く沢山のものを見ている
のです。ちょうどそこに、私のすぐ前に、火で燃えている霊魂があります。
一人の神父様の霊魂です。お祈りを頼んでおられ、こうおっしゃいます。
『息子よ、恐れないでほしい。わたしは永遠の御父と御子と聖霊の御あわれ
みによって、ここへ来るのを許されているのです。わたしは、煉獄から来ま
した。どうぞわたしのために祈ってください。』 神父様は私に両手を見せ
ておられます。両手は燃えています。どのようにかはよくわかりませんが、
火が両手を突き抜けているのです。これは、ご自分が手にご聖体を授けてい
たからだとおっしゃいました。そして『わたしの兄弟である司祭たちは、手
にご聖体を授けるべきではないのです。これは、わたしが受けるべき当然の
罰です。わたしはそれをしてはならないと言われながら、信じなかったから
です』とおっしゃいました。(ロザリオが続けられる……)

 その神父様の霊魂は、まだ火の中にあります。神父様は、わたしたちと
一緒に祈っておられます。今、神父様の胸の上にあるものに気がつきました
が、それは、私に見せて下さっているのは、小さな茶色のスカプラリオです。
神父様はこうおっしゃいます。『わたしを救ってくれたのはこれです』 そ
して、きょうは初土曜日ですが、ご自分はちょうど一週間前に亡くなったの
だ、とおっしゃいました。(苦しみの第三玄義が続けられる……)

 その神父様が続けておっしゃいます。ご自分では祈れません。その神父様
を始め、煉獄の霊魂のために祈ることができるのは、わたしたちだけなので
すとおっしゃいました。わたしたちが祈っている間、聖母が私に山のような
群衆を見せてくださいました。幾千人もの人がその神父様と同じ火の中にい
ました。神父様を通っている同じ浄めの火ですが、それには幾種類もありま
す。どのように申し上げればよいかわかりませんが、その神父様の手、頭、
胸から火が出ているのです。とても設明しにくいですが、しかし同時に、空
に何か光が見えて、金の梯子が降りてくるのが見えます。その神父様は空を
見上げておられます。そしてお体は、まだ赤味を帯びた炎の中にあるのです
が、だんだん輝いてきました。とにかく大変光輝いてきたのですが、それは
何かをご覧になることが許されたからです。そして、すべての司祭がロザリ
オを唱えなければならないこと、そして信者たちにロザリオを唱えることと、
茶色のスカプラリオを身につけることを奨めなければならないこと、特に、
聖母が御約束を守られるので、すべての子供たちは茶色のスカプラリオを身
につけるように奨めなさい、とその神父様がおっしゃいました。(苦しみの
第四玄義が唱えられる……)

 先程の神父様は、今、煉獄の出口の縁のところまで昇って来られました。
もう煉獄から出てしまわれました。そして上に昇って行かれます。火は既に
消えてしまっています。とても興奮しておられ、飛び上がって喜んでおられ
ます。そして、『天国へ行きます。天国に行くのです』とおっしゃっておら
れます。そして、ご自分のためにずっと祈ってください。どうか祈り続けて
下さい、とおっしゃっておられます。それから『もう後一連だけで天国へ
はいることができます』とおっしゃいました。本当におかしなことですが、
梯子はそこにあるのに、神父様は昇るのをまだ許されておられません。しか
し一番下の段を握っておられます。本当におかしいですが。今、非常に上気
しておられます。神父様は輝き始めました。白とブルーのオーロラが神父様
を覆っています。神父様は、ただわたしたちのお祈りを必死に頼んでおられ
ます。非常に喜んでおられますので、神父様が解放されるように皆でお祈り
を続けましょう。この神父様は、もうすぐ解放されるのですから。
(第五玄義:主は十字架に釘付けにせられて亡くなられました……)

 今、美しい光輝く十字架が現われました。こちらに近づいてきます。あの
神父様は、今ひざまづかれました。両手でご自分の顔を覆い、ただ泣いて
おられます。(ロザリオが続けられる……)

 神父様のお体に、もう火は燃えておりません。新しい衣を着ておられます。
純白で縁は金です。金糸織りの衣です。わたしたちを見ておられます。何の
問題もなく天国へ入ることができるので、とてもうれしそうにしておられま
す。大天使聖ミカエルが、神父様の守護の天使と一緒に梯子から降りてきま
した。その神父様の守護の天使と、また別の天使(主天使ではないかと思い
ます)もそこにおりますが、神父様は本当に大変な喜びようです。そして、
今度、また美しい雲に乗って梯子から降りて来られたのは、カルメル山の
聖母としてご出現の聖母です。左腕に、幼きイエズス様を抱いておられ、イ
エズス様は茶色のスカプラリオを持っておられます。聖母はその神父様を
見つめておられますので、神父様はよろこびのあまり踊りあがっておられま
す。どのように説明してよいかわかりませんが、ともかく大変よろこばしい
ことです。神父様はわたしたちを見ておられ、聖母の方も見ておられます。
聖母は微笑んでおられ、幼きイエズス様は、神父様の上に十字架のしるしを
なさいました。そして聖母が、神父様におっしゃいます。『我が司祭である
息子よ、私の御父の御国であり、あなたの国でもある天国へようこそ。さあ、
いらっしゃい』

 大天使聖ミカエルが来て、他の二位の天使と一緒にその神父様を抱き上げ
ました。聖母は、私たちを見て微笑んでおられます。そしてこうおっしゃい
ます。『私は約束を守りました。すべての子らは、今、我が愛するリトル・
ペブルに見せた光景から学びとるようにお願いします。つまり、初土曜日の
信心と茶色のスカプラリオと至聖なるロザリオが、どれほど重要であるかと
いうことです。』 そして、その神父様は、ゆっくりと昇りながら振り向か
れておっしゃいます。『愛する兄弟姉妹の皆さんに感謝いたします。あなた
方が天国へ来るまで私は皆さんのために祈ります。天の元后よりあなた方に
司祭のえん祝を与える許しをいただきました。父と子と聖霊との御名により
て。アーメン。』


--------------------------------
1987年7月6日付の手紙
--------------------------------
関係者の皆さまへ:

 はこ舟の聖母の友人である皆様、フランスの『レストラー』に関し、ここ
数ヵ月、大混乱が起こってしまいました。皆様には、私がここで、この件を
はっきりさせていただきたいと思います。

 今年の4月10日に、聖母はリトル・ペブルに、『フランスのレストラー』
の真偽を確認されました。このことはカナダのブラザー・ジョゼフ・フラン
シスやアメリカ・テキサス州のトランペッター、また、最近では、グァテマ
ラのシスター・グァダルーペにも確認されました。

 ところが聖母はその『レストラー』が誰であるかは、リトル・ペブルに
お知らせにはなりませんでした。リトル・ペブルはピェール・ポーレーンが
その『レストラー』だと思い込んでいました。それは、ピェール・ポーレー
ンが自分は誰であるかを知らせずに、リトル・ペブルへ『レストラー』の
メッセージを送り始めたからです。ピエール・ポーレーンを『レストラー』
と信じこんでいたリトル・ペブルは、そのことを自分のメッセージNo.
134に印刷してしまいました。しかし、このことは大勢の人、特にフラン
スの幻視者たちにまでも大混乱を引き起こしてしまったのです。7月3日に、
リトル・ペブルは、シスター・グァダルーぺを通して、だれが『レストラー』
であるかをイエズス様にお伺いしました。イエズス様は二人の『レストラー』
がおり、一人が本物で、もう一人は偽物であり、ピェール・ポーレーンは偽
のレストラーだ、とおっしゃいました。

 7月4日に聖母がリトル・ペブルに出現され、ピエール・ポーレーンは偽
のレストラーで、真のレストラーはフランスの真の幻視者たちと一致してい
る、これから後に現われる『偉大な君主』ですとおっしゃいました。リトル・
ペブルなるわたしは、この大混乱を引き起こしてしまいましたことを、お詫
び申し上げます。

皆様の上に神様の祝福がありますように。
リトル・ペブルより



----------------------------------------------------------------
4.反キリスト、ロード・マイトレイヤについての警告
----------------------------------------------------------------
マリア様からの警告 1995年6月30日

 今日私は、これから地上に訪れようとしている「聖なるニューエラの元后」
として来ました。この大いなる試練の特別な日々において勇気を出しなさい、
わが息子たち、娘たちよ。神の試練があなたがたと世に今降りかかっている
からです。私と私の内に住まわれる神なる三位一体に一致するように望みま
す。

 とりわけ私によって特別に選ばれたあなたがたは、私と神が分かたれざる
聖心において、霊において一つであるように、一つとならなければなりませ
ん。この真の一致が選ばれし霊魂たちの間に存在しない限り、邪悪なる者は
多くの者の上に力を奮うようになるでしょう。あなたがたを欺き、私たちの
分かたれざる悲しみに満てる汚れなき御心のうちに更なる苦悩を引き起こす
ために。

 時は今地上と教会に訪れつつあり、そこでは大いなる分裂と無秩序が発生
するでしょう。反キリストの力は今、更に深まりつつあるからです。私の内
に住まわれる神なる三位一体に大いなる悲しみをもたらすために。私は心の
同盟を求めます − 愛と真理の共通の印によって結び合わされた心の同盟
を − 全ての恵みの仲介者にして人類のための共贖者としての私の汚れな
き御心の勝利をもたらすために。

 この霊魂たちの一致した同盟は、私の印と至聖なる三位一体の印を彼らの
心と魂と意志に置かれるでしょう。そして彼らはその主将である大天使聖ミ
カエルに率いられた真理の軍勢を形成するでしょう。一致しなさい、わが
大切な子らよ。真理の内に一致しなさい。人間的な弱さによって分裂させら
れてしまってはなりません。悪魔、マイトレーヤ、反キリストはあなたがた
の弱さを分裂させるために用いているからです。



----------------------------------------------------------------
5.編集後記
----------------------------------------------------------------
「天からのメッセージ」に版権はありません。天はできるだけ多くの人々が
メッセージを読むことをお望みです。どうぞ友人知人に「天からのメッセー
ジ」を伝えて下さい。コピーして配布して下さい。

 編集室では、メッセージの翻訳ボランティアを募集しています。できるな
ら、カトリック信者で専門用語に強い方を希望しています。

 また皆様からのご質問、ご感想をお待ちしております。関連情報をお持ち
でしたらお寄せ下さい。
 
 次回「箱舟の聖母」は6月13日頃、発行を予定しています。

----------------------------------------------------------------
編集・発行:聖シャーベル修道会
スタッフ :Deacon Jean-Marie of the Risen Son of God(復活された
      神の子のジャン・マリー助祭)  Kolbe-Marie
----------------------------------------------------------------
お申込み、ご質問、ご感想は下記までお願いします。

  〒540−0004
   大阪市中央区玉造1−4−14
   聖シャーベル修道会

  E-mail : charbeljapan@nifty.ne.jp

 お申し込みはEメール版は3千円、郵送版は一万円を目安に、一年分のご
寄付をお願いします(商契約ではありません)。こうするのは、読者の皆さ
んにも「受けるだけの人」のままでいるのではなく、自発的な献金と、友人
知人にコピーをわたす伝道を通して「よろこんで与える人」となり、神様の
祝福をもっと得ていただきたいからです。「よろこんで与える者を神は愛さ
れる」、これが私たちの宣教事業の基本理念です。
----------------------------------------------------------------
%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%0%%

(C)日本における「聖シャーベル修道会の共同体」
      設立の促進と援助のための事務所
 http://homepage1.nifty.com/charbeljapan/index.htm
    E-mail : charbeljapan@nifty.ne.jp

%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%6%%




[HOME] [戻る]