「箱舟の聖母」バックナンバー
2004年5月30日号No.206

 マリア様を喜ばせましょう。マリア様はあなたの小さな奉仕にも大きな恵みで報いて下さいます。あなたが愛する人の救いのために「箱舟の聖母」を役立ててください。「箱舟の聖母」は宣教誌です。購読しコピーし身近な人にわたすなら、あとはマリア様ご自身が働いて下さいます。そしてあなたの購読料はマリア様の事業を支えます。あなたのマリア様に対する奉仕を神様は永遠に忘れません。

 お申し込みはEメール版は3千円、郵送版は一万円を目安に一年分のご寄付をお願いします(商契約ではありません)。こうするのは、読者の皆さんにも「受けるだけの人」のままでいるのではなく、自発的な献金と、友人知人にコピーをわたす伝道を通して「よろこんで与える人」となり、神様の祝福をもっと得ていただきたいからです。「よろこんで与える者を神は愛される」、これが私たちの宣教事業の基本理念です。

◆マテオによる聖福音10章27節
「私がやみの中で言うことを、あなたたちは明るみで言え。耳をあてて聞くことを、屋根の上から知らせよ」

◆マテオによる聖福音10章42節
「この小さい者の一人に、弟子として冷や水の一杯でも与える人があったなら、まことに私は言う。その人は報いを失わぬ」


ご注意
■ お申し込みは下記住所宛にEメール版は3千円、郵送版は一万円を目安に一年分のご寄付をお願いします(商行為でも契約でもありません)。  〒540−0004 大阪市中央区玉造1−4−14 箱舟の聖母社
■ トラブルを避けるために、必ずご本人様でお申し込み下さい。いかなる理由でも、ご送金後の返金はできません。お申し込みから登録まで2週間程度かかりますので、あしからずご了承下さい。
■ 本誌読者=「聖シャーベル修道会会員」ではありません。どのような立場の方でも歓迎いたします。
■ これを用いてマリア様の事業を攻撃する人には送付を打ち切ります。また災害・戦争など、やむを得ない事情の際も送付いたしませんが、ご了承ください。


%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%0%%

        「 箱 舟 の 聖 母 」

       2004年5月30日号 No.206

   毎週1回発行:Eメール版 年間3,000円(ご寄付)
          郵送版  年間10,000円(ご寄付)
  http://homepage1.nifty.com/charbeljapan/index.htm
      E-mail : charbeljapan@nifty.ne.jp
       ( 等幅フォントでご覧下さい!)
%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%5%%
----------------------------------------------------------------
    箱舟の聖母、
       我らが御母聖マリア、
         キリスト信者の扶(たす)け
----------------------------------------------------------------
 マリア様を喜ばせましょう。マリア様はあなたの小さな奉仕にも大きな恵
みで報いて下さいます。あなたが愛する人の救いのために「箱舟の聖母」を
役立ててください。「箱舟の聖母」は宣教誌です。購読しコピーし身近な人
にわたすなら、あとはマリア様ご自身が働いて下さいます。そしてあなたの
ご寄付はマリア様の事業を支えます。あなたのマリア様に対する奉仕を神様
は永遠に忘れません。
----------------------------------------------------------------

◆今週号の目次

 1.153本の聖ヨゼフの百合
 2.リトル・ペブルに与えられたメッセージ
 3.反キリスト、ロード・マイトレイヤについての警告
 4.編集後記


----------------------------------------------------------------
1. 153本の聖ヨゼフの百合
----------------------------------------------------------------
【 第66章 】

 今から書くことは、伝統的には個人的に司祭にたずね、司祭から教えて
もらうことですが、いまは2つの理由でここに書くべきでしょう。ひとつは
これを読んでいる人の中に、司祭に個人的に相談できる恵まれた立場の人が
ほとんどいないという理由で、もうひとつは司祭が間違ったことを教える
可能性が高いからです。

 夫婦間の貞潔と夫婦のつとめについて説明します。既婚者の貞潔は、独身
者の貞潔とは違います。完全な純潔を保つべき独身者は、異性の体を見つめ
ることも、性行為を思い描くことも禁じられています。それに対して既婚者
は、配偶者の体を見つめること、配偶者との性行為を思い描くことは禁じら
れていません。もちろん配偶者とのみ、夫婦のつとめを果たすのは義務です。
既婚者はこれらを性欲の充足のためだけではなく、配偶者との夫婦間の愛を
養い強めるためにするべきです。単なる性的快楽のためだけなら、同じこと
をしてもそれは罪になります。子供の出産は夫婦の召命です。修道者の召命
のような召命なのです。ですからいつも神様に受胎の可能性を開いていなけ
ればなりません。ここで多くの間違いがカトリック教会の中に広まってし
まっているのです。すなわち自然な受胎調節(オギノ式など)を用いれば、
神様に出産の可能性を閉ざしてよいという間違った考えです。神様のお望み
は、それと反対です。神様は現代の夫婦にもっと子供を受胎させたいのです。
マリア様のメッセージを知っている人の中にも、聖福音の「その日不幸なの
は、身ごもった女と乳を飲ます女である。こういうことが冬や安息日に起こ
らぬよう、その日逃げ出すことのないように祈れ。その時には、世のはじめ
から今までにもなく、後にもないほどの大艱難が起こる」(マテオ24・
19−21)を自分なりに解釈して、今は子供を産まない方がよいと考えて
いる人が多いのです。それは全くの誤釈で、神様の御旨に反しています。

 ところで、現代の新しい問題ですが、非常に増加しているセックスレスの
夫婦は、神の御旨に反しています。配偶者がまじめに夫婦のつとめを求める
とき、これを拒むことは罪です。

 偉大な聖人ですら、一日に少なくとも七度は罪を犯すと言います。聖ヨゼ
フだけは、あらゆることを神と隣人への愛ゆえに行った特例です。他は皆、
罪人なのです。というのは、神と隣人への愛を持たずに行なうことは何であ
れ罪なのですから。少なくとも怠りの罪になることは分かりますよね。聖ヨ
ゼフのようにすべてを愛をもってすることは可能なのに、そうしないのです
から。これは夫婦のつとめの場合にも、もちろん当てはまります。利己心の
みで自分の満足しか求めないなら、そこに神の召命に応えるものへの神の
祝福はありません。相手を道具のように利用して、自分のためだけの利益を
追求しているからです。これは功利主義と言います。キリスト教的愛に基づ
くなら、神と相手への愛のために、自己を与える行ないであるべきです。

 共同体の中で生きる夫婦は、完全に神のお望みに従ってください。それが
できる環境です。他の会員たちがあらゆる支援を与えてくれます。人間の
自分勝手によって世界中で今、子供は神の最も尊い贈り物ではなく、ぜいた
くな生活の妨げ、面倒でやっかいな邪魔者として敵視され、恐れられ、受胎、
出産を拒まれています。神の最大の贈り物だというのに。

 このよこしまな世界に代わって、神の御旨が完全に果たされる場として
共同体が存在します。子供の受胎に関しても同様です。生まれるべき子は
永遠の昔から神によって定められています。神の永遠のご計画が、共同体に
生きる夫婦の神への愛と、互いへの愛による協力によって、実現され、天国
を継ぐ民、平和の統治に生きる子らが増やされるように、私たちと同じ原罪
を持って生まれながらも、あらゆることを神と隣人への愛のうちに行なった
唯一の方である聖ヨゼフに祈り、助けていただきましょう。



----------------------------------------------------------------
2.事務所にてリトル・ペブルに与えられたメッセージ
 − No.155 1987年7月3日 −
----------------------------------------------------------------
リトル・ペブル:
 お祈りの始まりから三位の天使がそこの隅に立っておりました。聖母は
お祈りの最後の部分のところから来ておられます。聖母は白とブルーのお召
し物でいらっしゃいます。頭からブルーのマントをはおり、衣は白で胴には
金色の帯を締めておられます。それが何であるかはわかりませんが、幅3イ
ンチ(約7.5cm)ほどのものです。聖母の髪がベールの下から見えてお
ります。ベールはマントの部で、そのマントは長く、立っておられる雲のよ
うなものの下まで届くかと思われるほどです。聖母はちょうど皆一人一人を
ご覧になっておられます。御手には、いつもの白いロザリオではなく、黒い
珠のロザリオを持っておられます。聖母が、それは『御受難のロザリオ』で
すとおっしゃいました。

聖母:
 かわいい我が子よ、そしてここにいる子らよ、あなた方を祝福いたします。
父と子と聖霊との御名によりて。アーメン。

 我が子よ、きょうは、特に今週あなたがイエズスから受けた指示に関して
の、短い助言を与えるために参りました。あのことは、あなたにとっても、
それを知っている者にとっても動揺する知らせであったことは、よくわかっ
ています。しかし、あなたにもあなたの妻子、また、近い親戚や、長年間あ
なたに与えてきた私の言葉を信じているものたちの上にも、害は加えられな
いでしょう。

 我が子よ、あなたを助けるために防護手段の必要性について、イエズスの
指示に付け加えたいと思います。これから後ある『償いの日』に、あなたの
生命を奪おうとする大がかりな計画があります。しかし、あなたは私やイエ
ズス、大天使聖ミカエルを始め多くの天使・聖人があなたを取り巻いて、す
べての害から護ることを心に留めて、勇気とカを持って聖地へ行かねばなり
ません。恐れることはありません。そして、そのことに気がついている子ら
にも、心配しないようにと伝えてください。この事件は、永遠の御父へ大い
なる栄光を帰し、また、オーストラリアのナウラにある聖地での我が汚れな
き御心の出現を、より速やかに認めさせることになるのです。

 残念なことに、このようなやり方は永遠の御父の御旨ではないのですが、
御父は、救われるべき人々のために御許しになるのです。しかし、恐れるこ
とはありません。あなたの髪の毛一本すら触れられることはないでしょう。
あなたはまことにヨハネ・パウロ2世教皇様の逝去後、ペテロの聖座につく
べく、永遠の御父が選び給うた者なのですから。

 あなたに対するこの襲撃の主な理由は、敵があなたは誰で、将来何者に
なるのかに充分気がついているからです。あなたは悪魔たちの中に大きな
不安をもたらしているからで、それは私があなたに与えているメッセージが、
悪魔の計画を大いに妨害しているからです。そのために彼らは、あなたが
これ以上自分たちの計画を邪魔しないように、あなたを亡き者にしようと
思っているのです。これを計画しているのは『イルミナティ』というグルー
プです。このグループはあなたの使命について、また、ここオーストラリア
を始め全世界のミッションの促進をよく知っている反キリストや、悪魔崇拝
者たちと共に活動している者たちです。しかし、我が子よ、悪の力は勝利を
得ずに敗退し、このような事件によって、あなたやあなたに与えられた使命
を破壊しようと活動している大勢のものが回心するでしょう。

 このことで驚いたでしょう、天には人間が理解できない方法があるのです。
永遠の御父は善をもたらすために悪をもお使いになられるからです。では
我が子よ、今から注意して聴きなさい。次の部分のメッセージは命じられた
防備を調達するのに必要な事で、頭に入れるだけにしておかねばなりません。
その後は抹消してください。

 (上記のご指示により、この部分のメッセージは印刷されておりません。)

 私が行ってしまう前に、もう一つだけ言っておきたいことがあります。今、
あなたが書いている愛する娘、メアリー・アン宛の手紙のことですが、彼女
に神の母、無原罪のマリアなる私は、非常に特別な意味で彼女の母であると
伝えてください。また、我が子イエズス・キリストの御導きに信頼しなさい
と、言ってください。恐れずに、イエズス・キリストのご聖体にまします
聖心の犠牲(いけにえ)としての彼女の使命を遂行させるために、御子イエ
ズス・キリストご自身が、彼女を一歩一歩導いて下さることを伝えてくださ
い。彼女を愛していること、また、我が愛のリトル・ペブルとの一致を喜ん
でいることも伝えてください。このことは彼女にも、また、公教会にも力と
なるでしょう。また、ご聖体訪問を度々しなさいと伝えてください。イエズ
スが慰めて下さるでしょうから。今の彼女の指導司祭が導き手となられま
しょう。私は、彼女を愛する母として特別な祝福を与えます。父と子と聖霊
との御名によりて。アーメン。

 かわいい我が子よ、感謝いたします。私がきょう申したことを覚えておき
なさい。あなたは、あとで私が話したことを明かしなさい。ではここにいる
子らを皆祝福いたします。勇気を出してください。そして私が皆を愛してい
ることを覚えておいてください。父と子と聖霊との御名によりて。アーメン。

 ではロザリオの一連を続けてください。このお祈りは、とても私にとって
大事なのです。これを1時間に1連づつ唱える度に、私は私の天使の群れか
ら一位の天使を遣わし、彼らはそれをあなた方の心からの愛の贈り物として
永遠の御父へと持っていって下さるからです。ではかわいい子らよ、続けて
ください。



----------------------------------------------------------------
3.反キリスト、ロード・マイトレイヤについての警告
----------------------------------------------------------------
マリア様からの警告 1995年5月13日

 今日は、すでに熟考のために多くのことが話されました。私が話したいこ
と、付け加えたいことは、各国に形成されつつある共同体の子供たち、私の
心の子供たちに向けたものです。今は神の創造の時における極めて重要な時
です。終末の時代の共同体を形成するために神に呼ばれているあなたたちは、
至高なる御者の御旨を果たすために、自由意志を脇に置かなければなりませ
ん! 甘美なる子供たちよ、調和して働かなければならないのです。

 私の徳と、神である私の息子の真福八端とを心の奥深くに置き、それにつ
いて熟考し、日々それを生きなさい。いとしい息子、娘たちよ、神である私
の息子の呼び掛けに忠実でなければなりません。今、皆がふるいにかけられ
ているのですから。中にはルチフェルのささやきに耳を傾け、去って行く者
がいるでしょう。理解しないので去って行く者もいるでしょう。あなたたち
は、時はこれまでと同じように続くのだ、何も起こらない、私の言葉に関係
なく世界は進んで行くと考え、弱くなってしまいました。甘美なる子供たち
よ、私と神である私の息子イエズスが何年にも渡って世界に伝えてきたメッ
セージについて考え、熟考し、黙想しなさい。

 私はメッセージを読み返すように告げてきました! あなたたちのうち、
どれほどの人がそうしたでしょうか。神の霊である私の浄配、聖霊に祈りな
さい。そうすれば照らされ、神の神的御計画を完全に理解できるでしょう。
この世に引き寄せられてはなりません。この世は罪の巣窟であり、教会は
その中に沈んでいます! 罪が教会内に忍び込み、教会は暗くなってしまい
ました。神である私の息子の教会の残存者であるわずかな者の心の中に光が
ほのかに見えるだけです。甘美なる子供たちよ、草の裏側は表側ほど、緑が
濃くはないのです。裏側の方がはるかに薄いのです。

 この世は神の罰を受けていますが、人類はそれは自然現象であると信じて
います。全世界で病気がはびこっています。治療法を発見したと信じたすべ
ての病が戻ってきています! 人間が罪に陥り続ける限り、人間は病、戦争、
伝染病、全世界の多くの自然災害によって罰を受けるからです。しかし甘美
なる子供たちよ、霊魂の中に、教会の中に、教会の心の中に、超自然の災害
もまたあるのです。つまり、異端、近代主義、堕落、信仰の欠如、不信であ
り、邪悪な者の種が全世界で、多くの霊魂の中に蒔かれたのです。

 甘美なる子供たち、特に共同体の生活を生きている者たちよ、弱くなって
はなりません。受けている祝福を数え上げてみなさい。周りの世界をご覧な
さい。どれほど多くの子供たちが戦争、内乱、犯罪、あらゆる種類の虐待に
よって苦しんでいるかを見なさい。共同体の中にこの世を持ち込んではなり
ません! 光の子供として生きなさい! 神の御言葉に忠実でありなさい!
いとしい子供たちよ、天の私たちは、あなたたちを愛しています。私たちの
御心を与えます。あなたたちは永遠の恵みで満たされています。その恵みを
投げ棄ててはなりません!



----------------------------------------------------------------
4.編集後記
----------------------------------------------------------------
「天からのメッセージ」に版権はありません。天はできるだけ多くの人々が
メッセージを読むことをお望みです。どうぞ友人知人に「天からのメッセー
ジ」を伝えて下さい。コピーして配布して下さい。

 編集室では、メッセージの翻訳ボランティアを募集しています。できるな
ら、カトリック信者で専門用語に強い方を希望しています。

 また皆様からのご質問、ご感想をお待ちしております。関連情報をお持ち
でしたらお寄せ下さい。
 
 次回「箱舟の聖母」は6月6日頃、発行を予定しています。

----------------------------------------------------------------
編集・発行:聖シャーベル修道会
スタッフ : Br.Jean-Marie  Kolbe-Marie
----------------------------------------------------------------
お申込み、ご質問、ご感想は下記までお願いします。

  〒540−0004
   大阪市中央区玉造1−4−14
   聖シャーベル修道会

  E-mail : charbeljapan@nifty.ne.jp

 お申し込みはEメール版は3千円、郵送版は一万円を目安に、一年分のご
寄付をお願いします(商契約ではありません)。こうするのは、読者の皆さ
んにも「受けるだけの人」のままでいるのではなく、自発的な献金と、友人
知人にコピーをわたす伝道を通して「よろこんで与える人」となり、神様の
祝福をもっと得ていただきたいからです。「よろこんで与える者を神は愛さ
れる」、これが私たちの宣教事業の基本理念です。
----------------------------------------------------------------
%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%3%%

(C)日本における「聖シャーベル修道会の共同体」
      設立の促進と援助のための事務所
 http://homepage1.nifty.com/charbeljapan/index.htm
    E-mail : charbeljapan@nifty.ne.jp

%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%0%%




[HOME] [戻る]