「箱舟の聖母」バックナンバー
2004年5月23日号No.205

 マリア様を喜ばせましょう。マリア様はあなたの小さな奉仕にも大きな恵みで報いて下さいます。あなたが愛する人の救いのために「箱舟の聖母」を役立ててください。「箱舟の聖母」は宣教誌です。購読しコピーし身近な人にわたすなら、あとはマリア様ご自身が働いて下さいます。そしてあなたの購読料はマリア様の事業を支えます。あなたのマリア様に対する奉仕を神様は永遠に忘れません。

 お申し込みはEメール版は3千円、郵送版は一万円を目安に一年分のご寄付をお願いします(商契約ではありません)。こうするのは、読者の皆さんにも「受けるだけの人」のままでいるのではなく、自発的な献金と、友人知人にコピーをわたす伝道を通して「よろこんで与える人」となり、神様の祝福をもっと得ていただきたいからです。「よろこんで与える者を神は愛される」、これが私たちの宣教事業の基本理念です。

◆マテオによる聖福音10章27節
「私がやみの中で言うことを、あなたたちは明るみで言え。耳をあてて聞くことを、屋根の上から知らせよ」

◆マテオによる聖福音10章42節
「この小さい者の一人に、弟子として冷や水の一杯でも与える人があったなら、まことに私は言う。その人は報いを失わぬ」


ご注意
■ お申し込みは下記住所宛にEメール版は3千円、郵送版は一万円を目安に一年分のご寄付をお願いします(商行為でも契約でもありません)。  〒540−0004 大阪市中央区玉造1−4−14 箱舟の聖母社
■ トラブルを避けるために、必ずご本人様でお申し込み下さい。いかなる理由でも、ご送金後の返金はできません。お申し込みから登録まで2週間程度かかりますので、あしからずご了承下さい。
■ 本誌読者=「聖シャーベル修道会会員」ではありません。どのような立場の方でも歓迎いたします。
■ これを用いてマリア様の事業を攻撃する人には送付を打ち切ります。また災害・戦争など、やむを得ない事情の際も送付いたしませんが、ご了承ください。


%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%0%%

        「 箱 舟 の 聖 母 」

       2004年5月23日号 No.205

   毎週1回発行:Eメール版 年間3,000円(ご寄付)
          郵送版  年間10,000円(ご寄付)
  http://homepage1.nifty.com/charbeljapan/index.htm
      E-mail : charbeljapan@nifty.ne.jp
       ( 等幅フォントでご覧下さい!)
%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%5%%
----------------------------------------------------------------
    箱舟の聖母、
       我らが御母聖マリア、
         キリスト信者の扶(たす)け
----------------------------------------------------------------
 マリア様を喜ばせましょう。マリア様はあなたの小さな奉仕にも大きな恵
みで報いて下さいます。あなたが愛する人の救いのために「箱舟の聖母」を
役立ててください。「箱舟の聖母」は宣教誌です。購読しコピーし身近な人
にわたすなら、あとはマリア様ご自身が働いて下さいます。そしてあなたの
ご寄付はマリア様の事業を支えます。あなたのマリア様に対する奉仕を神様
は永遠に忘れません。
----------------------------------------------------------------

◆今週号の目次

 1.153本の聖ヨゼフの百合
 2.リトル・ペブルに与えられたメッセージ
 3.反キリスト、ロード・マイトレイヤについての警告
 4.編集後記


----------------------------------------------------------------
1. 153本の聖ヨゼフの百合
----------------------------------------------------------------
【 第65章 】

 善い健全な家庭で育った人は、善い健全な家庭をつくるのは、そう難しく
はありませんし、善い修道者となることもそう難しくはありません。しかし、
そうでない人、つまり、悪い不健全な家庭で育った人や、家庭で育たずに
施設などで育った人は、善い夫、よい父になること、善い妻、善い母になる
こと、善い健全な家庭をつくることが大変困難で、善い修道者になることも
また、大変困難です。経験上、これは事実なのです。でもそうすると日本の
家庭の今の状況を考えると、日本人で善い夫、善い父に、善い妻、善い母に
なり、善い健全な家庭を作れる人は、また善い修道者になれる人は、誰も
いないなんて結論になってしまいますね。聖シャーベル修道会の共同体の中
で修道者になるにしろ、家庭を持つにしろ、日本人にとって、どちらも大変
困難なわざであるということは確かに言えます。しかし、だから恐れにとら
われ、信頼をなくすのは、聖ヨゼフの霊性とは反対の行ないです。聖ヨゼフ
に習う超楽観主義者は希望の徳によって、神様の助けが必要なだけいただけ
ることをこれっぽっも疑わないものです。

 ここで神様の助けについて書くのは、まだ悪魔的悲観主義を根づよく持っ
ている皆さんをなんとか励ましたいからです。その助けとは、近い将来、偉
大な聖人たちが生き返って、天の選ばれた共同体の中で、私たちと一緒に
生活してくださいます。エーッ、ホントーッ!と叫ぶほど驚いたでしょう?
本当ですよ。そうして私たちを指導してくださいます。ですからその日まで、
困難の数々は、担うべき十字架、ささげるべき犠牲として受け入れ、共同体
で堅忍してくださいね。ここまでしないと私たちがものにならないと神様は
よくご存知なのですね。私たちは何と甘やかされていることでしょう! 確
かに天のおっしゃるとおり、あらゆる世紀を通じて、今の私たちほど多くの
大きな恵みを受ける世代はないのです。堅忍とは、常に御旨にハイと言い続
けることです。これによって恵みに心を開き続けてください。神様が注ぎた
い恵みが全部入いるように。聖ヨゼフのように希望の徳を強めるのが、堅忍
の鍵ですから、聖ヨゼフから目を離さず、彼にますます似たものとなってく
ださい。



----------------------------------------------------------------
2.ウォロンゴンク、カテドラルにおいて昼頃
  ミサ聖祭の直前及び聖体拝領の後、イエズスの聖心より
  リトル・ペブルに与えられたメッセージ
 − No.153 1987年6月26日(イエズスの聖心の祝日)−
----------------------------------------------------------------
全世界の司祭に宛てたメッセージ。
FROM ONE HEART TO ANOTHER.
LOVE FROM JESUS.
(イエズスの聖心より司祭達の心へ宛てたメッセージ。イエズスからの愛)

聖心:
 愛する息子、天の愛するリトル・ペブルよ、あなたに平安。私が今日この
我が至聖なる聖心の大祝日に来たのは、地上における我が公教会の司祭であ
る息子達へ向けたメッセージを与えるためである。今日のメッセージは、私
が司祭である息子達に与える最後のものである。我が子よ、あなたはこの
メッセージを私の命令を果たすために全世界に送らねばならない。この最後
のメッセージを結果的に拒絶する司祭達は、生命の書(ふみ)より排除され
るであろう。(地獄行きになってしまう) 我が子よ、このメッセージを広
める事を恐れてはならない。何故なら、これは世の始めよりも前にその任務
に召されていた、特別に愛する我が息子達に宛てた私の最後の呼び掛けだか
らである。私が今から話すことを良く聴きなさい、彼らの神として、今一度
この愛に燃える我が聖心を差し出して居るのである。


 我が掌中の珠なる愛する司祭である息子たちへ。私はあなたがたの神であ
り、救い主なるイエズスである。あなたがたが愛してやまない牧者である。
私は世が始まるずっと以前に、あなたがたを選んだ。それ故、あなたがたは
私の特別に愛する息子たちである。神に選ばれた者なのである。

 私はこのメッセージを、我がいとも愛する息子を通してあなたがたに伝え
ている。彼は周知のように『天の愛するペブル』であり、大勢の者達から
ずっと侮辱されて来ている幻視者である。彼の言葉に良く耳を傾けなさい。
その言葉は、我が至聖なる御母、終生童貞なる聖マリアが与えるものであり、
またあなたがたの神であり、主自身から与えるものだからである。

 私がこのメッセージを贈るのは、あなたがたを再び『祈り』『自己犠牲』
『いけにえ』の生活に呼び戻すためである。即ち息子達には何をするにも
『キリストのように生きる』者になって欲しいということだ。息子達よ、ど
うか世の人々に対しては、もう一人のキリストのようになって欲しい。そう
すれば世はあなたがたが真に御言葉の信者であるという事を知るのだから。
あなたがたが真に司祭である息子達であるのならば、私と同じように我が
御母を愛するであろう。あなたがたは実際、御母を愛していると言えるのか。
ああ愛する息子達よ、あなたがたは何故、無気力で失望するようになって
しまったのだ? 私の存在を、もはや信じて居ないのか? 私を喜ばせよう
とは望まないのか?

 地上における我が教会はいったいどうなっているのだ? 私の司祭達は
徐々に私を見捨てて来ている。私が選んだ者達の間では、甚だしい混乱と
分裂が起こっている。聖体における私の現存に対する信心は、全くと言って
いいほど見られない。我が愛すべき御母への信心は、殆と消え失せてしまっ
ている。羊達はほとんど離散しかけて居るし、子供達はひどい悪影響を受け
ている。私が選んだ者達よ、司牧者達よ、我が民の司導者達であるあなた
がたは、いったいどうなっているのだ? 公教会は新しくなった、刷新され
た、などという言葉はもう何回となく聴いている。しかし私は言っておく、
刷新されるべき事は何か? 私の教会の掟が変わったのか? 天主の十戒に
用は無くなったのか? 伝統はもはや重要では無いのか?

 おお、子供達よ、子供達よ、何故あなたがたは私を見捨てたのか! サタ
ンの煙が公教会の中に入って来て居ることがまだ分からないのか? このよ
うな事が分かり得ないほど盲目なのか? 旧約時代、御父は間違っている
子らを真理の道へ連れ戻すために、偉大な預言者をお遣わしになった。その
預言者達は、その後、石を投げつけられ、追い出された。そして今、罪が生
きる道となっているこの時代において、あなたがた司祭である息子達は一体
何をして居るのか? あなたがたの主であり、神である私は、悔い改めて、
地上における私の教会を元のように栄光と敬虔さに戻すようにとあなたがた
に伝えながら、大勢の預言者や幻視者達を遣わして来た。しかしあなたがた
は彼らを打ち捨て、中傷によって石を投げて来た以外に何をして来たという
のか。

 息子達よ、あなたがたは恥ずかしくないのか? 公教会や世界の状態を変
える時間はまだある。私が遣わしてきた中で最高に偉大な預言者であられる、
我が至聖なる御母のおっしゃる言葉に耳を傾けなさい。あなたがたの愛を
もって、ロザリオをもって御母に立ち戻りなさい。御母は、真に愛の母、憐
れみの母、希望の母であり、何よりもあなたがたの拠りどころなのだから。

 我が特別に愛されし息子達よ、時は近い。地上への私の来臨はもうそこま
で来ている。時代のしるしを読み取りなさい。そうすれば私の言って居るこ
とが分かるであろう。あなたがたの生き方や、心を変えるためにまだ時間は
残っている。神の憐れみは限りない。しかし神の裁きは大接近してきた。あ
なたがたは、私や至聖なる御母が世に与えて来た数々のメッセージに耳を傾
けねばならぬ。そして同時に実行せねばならないのだ。あなたがたは牧者な
のである。

 私の羊達は指導者を求めており、あなたがたに目を向けているのだ。この
危機に際し、彼らをなおも見捨て続けるつもりか? ユダのようになるな。
しかし今、私の家には大勢のユダのような者がいる。覚えておきなさい。舟
の中で、私は眠って居るように見えよう。しかし、あなたがた皆に対して、
私はすっかり目覚めているのだ。では息子達よ、あなたがたに宛てたこの長
い手紙の最後の言葉に来た。

 ラ・サレットで、御母が公教会に向けた言葉を思い出しなさい! あの
メッセージをよく調べなさい。メッセージで言われた『時代』とは、今現在
のことだからだ。私の家における大分裂は、もうそこに来ている。私の代理
者ヨハネ・パウロ2世教皇に忠実でありなさい。この愛する息子の殉教後、
ペトロの聖座に自から就く者には警戒せよ。その者は私から来た者ではない
からだ。しかし恐れることはない。私が約束したように、地獄の門もこの
公教会に勝つことはない。だからあなたがたは、私が我が浄配なる公教会を
見捨てたのでは無いことを知るだろう。なぜなら、この大混乱の時代の最中、
私は既にペトロの聖座に就くものを選んでいるからだ。彼こそは天の愛する
リトル・ペブルである。ペトロ2世となる彼は、最後の教皇となるべき者な
のである。

 息子達よ、このメッセージをよくよく読みなさい。なぜなら私はもう何年
もの間、この任務のために我が小さき息子(リトル・ペブル)を準備して来
たのだから。私が今語っているこのメッセージは、真のものであると言う事
が分かるだろう。現教皇ヨハネ・パウロ2世が、殉教の前に、このことを
全世界に宣言するからである。したがって、如何なるものもその事を知ら
なかったとは言えない。天の御父が最初のペトロをお選びになったように、
御父は第二のペトロ、かつ最後の教皇をお選びになった。その第二のペトロ
は、ずっと御恵みを嘆願なさってきた愛する御母への贈り物だからである。
だから息子達よ、あなたがたに向けたこの最後のメッセージを注意して聴き
なさい。私の家を再建せよ。昔通りの『伝統』を復活させよ。信じて私の愛
の言葉を実行するものは幸いである。

 息子達よ、私の愛は無限であることを知りなさい。我が聖心は、あなた
がたの『フィアット』(なれかし)の一言なる返答を切に待っている。あな
たがた皆を祝福しよう。父と子と聖霊との御名によりて。アーメン。祈り、
黙想し、自己を神に奉献しなさい。そうすれば光がくる。私は待っている。


 有り難う我が子よ。我が聖心からのこのメッセージを皆に贈り、表題には、
”FROM ONE HEART TO ANOTHER. LOVE 
FROM JESUS.”(イエズスの聖心より司祭達の心へ宛てたメッ
セージ。イエズスからの愛)と書き記しなさい。


--------------------------------
1987年6月26日(イエズスの聖心の祝日)
午後3時に事務所で与えられたメッセージ
--------------------------------
リトル・ペブル:
 イエズス様は、ロザリオの祈りの始めからそこに立っておられます。ジョ
ンが最初の祈りを口にすると、すぐイエズス様がいらっしゃいました。それ
から少しして大天使聖ミカエルが主の後ろに立たれました。今もまだおられ
ます。主の下には、非常に変な事ですが、『冷厳なる刈り手(死)』がおり
ます。その頭の上には『全滅者』という言葉があります。彼は鎌を持ってい
ます。それは背筋が寒くなるようです。主は立っておられる間、剣を持って
おられました。今、その剣は雲の中に張り付けられています。聖ミカエルも
また剣を持っておりますが、それは上に向けられており、まさに振り降ろそ
うとしております。主はたった今教えてくださったのですが、これは『死の
天使』が間もなく世に解き放たれるというしるしだそうです。ですから主は
このような光景を見せて下さったのです。主はまだそこに立っておられます。
皆を見ておられます。光りの束が聖心から流れて来ております。しかし聖心
の中心に、聖心よりほんの少し小さいだけのみ心がありますが、それは聖母
の御心です。二つのみ心は主の聖心の中でつながっているのです。『二つの
聖心の一致』を表わしているのです。主は赤い衣をお召しです。そして微笑
んでおられます。

主:
 息子よ、今日私が与えたメッセージを忘れてはならない。今日のメッセー
ジは、我が司祭である息子達が真理を知り、御父とイエズスの聖心の霊であ
る聖霊、即ち私の霊の光りによって導かれるように、速やかに全世界へ伝え
なければならない。私の司祭達、我が特別に愛する息子達が皆ロザリオを手
にし、至聖なる御母に立ち返るようにして欲しい。そして彼らの教会にある
聖櫃の中の私に立ち返るようにして欲しい。そうすれば私は御母の取次によ
り、今日与えたメッセージの真理を明らかにしよう。我が小さき至聖なる
息子、天の我がリトル・ペブルよ、あなたとここに居る可愛い子ら、そして
全世界のすべての司祭である息子達を祝福しよう。父と子と聖霊との御名に
よって。アーメン。我が息子達に平安。

リトル・ペブル:
 もう主は行ってしまわれました。しかし聖ミカエルは剣を取って、それを
このように主の御前に置かれました。どうやってかは分かりませんが、とに
かくそのように剣を置いたのです。その剣も消えました。


--------------------------------
 私の将来の任務に関して、リトル・ペブルなる私に与えられたこのメッ
セージは、次頁に掲げる幻視者達によっても確認されました。

確認された幻視者達の氏名
ブラザー・ジョゼフ・フランシス (カナダ)
トランペッター         (USA テキサス州)
マザー・レオナルディ      (ローマ 司教確認済)
アンドレ            (ベルギー ブリュッセル)
テレサ・カラルコ        (オーストラリア シドニー)
マルガリータ(小さき霊魂)   (ベルギー 司教確認済)
ジュリア            (ユーゴスラビア 司教確認済)
ローズマリー          (カナダ トロント)
ルイザ・パーヴェズ       (チリ)
シスター・グァダルーペ     (グァテマラ)
チェカ・アルヴァルデス     (グァテマラ)
カリディア・アルヴァルデス   (グァテマラ)
マリエッタ           (イタリア アブルゾ)
ボアラ             (イタリア アスコリ)
シスター・ルチア        (ポルトガル ファチマ 教皇認可済)
ブラザー・ルシアン       (USA テキサス州)
フランツ・カイラー       (USA バッファロー)

以上

 真剣に考えているカトリック信者の皆様、とうかこのメッセージをコピー
して、是非とも周囲の全司祭に配布して下さい。



----------------------------------------------------------------
3.反キリスト、ロード・マイトレイヤについての警告
----------------------------------------------------------------
イエズス様からの警告 1995年3月20日

ポーリーン:
 3月17日と18日、主はあなたにメッセージを送るようにとおっしゃい
ました。

主:正義の手が下される前に戻ってきなさい。

ポーリーン:
 このメッセージは世界中のすべての幻視者に送られるべきものです。
1995年2月7日、洗者聖ヨハネはすべての幻視者だけに向けられた、
以下のメッセージを与えてくれました。

主:
 神のなさり方は、あなたたちのやり方とは異なる。

ポーリーン:
 反キリストが来る前に、人々は神に戻らなければなりません。告解に行き、
罪を悔い改め、神の家に戻らなければなりません。悪いものを捨て、キリス
トに戻るよう全世界に告げなさい。

 この最後のメッセージは全世界のすべての人々に渡されなければなりませ
ん。それは人々にわかりやすい以下の主の御言葉です。

主:
 すべての人々に告げよ。
 あなたの神なる主に頭を垂れよ。
 神の家に戻れ。
 キリストの来臨は近い。

ポーリーン:
 199年3月18日、主は道路に横たわる一つの死体を見せてくださいま
した。主はおっしゃいました。

主:
 これは警告である。極めて多くのことがこの世に到来しつつある。反キリ
ストは来つつある。ペブルに伝えなさい。ドアを開けるときは注意するよう
にと。



----------------------------------------------------------------
4.編集後記
----------------------------------------------------------------
「天からのメッセージ」に版権はありません。天はできるだけ多くの人々が
メッセージを読むことをお望みです。どうぞ友人知人に「天からのメッセー
ジ」を伝えて下さい。コピーして配布して下さい。

 編集室では、メッセージの翻訳ボランティアを募集しています。できるな
ら、カトリック信者で専門用語に強い方を希望しています。

 また皆様からのご質問、ご感想をお待ちしております。関連情報をお持ち
でしたらお寄せ下さい。
 
 次回「箱舟の聖母」は5月30日頃、発行を予定しています。

----------------------------------------------------------------
編集・発行:聖シャーベル修道会
スタッフ : Br.Jean-Marie  Kolbe-Marie
----------------------------------------------------------------
お申込み、ご質問、ご感想は下記までお願いします。

  〒540−0004
   大阪市中央区玉造1−4−14
   聖シャーベル修道会

  E-mail : charbeljapan@nifty.ne.jp

 お申し込みはEメール版は3千円、郵送版は一万円を目安に、一年分のご
寄付をお願いします(商契約ではありません)。こうするのは、読者の皆さ
んにも「受けるだけの人」のままでいるのではなく、自発的な献金と、友人
知人にコピーをわたす伝道を通して「よろこんで与える人」となり、神様の
祝福をもっと得ていただきたいからです。「よろこんで与える者を神は愛さ
れる」、これが私たちの宣教事業の基本理念です。
----------------------------------------------------------------
%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%2%%

(C)日本における「聖シャーベル修道会の共同体」
      設立の促進と援助のための事務所
 http://homepage1.nifty.com/charbeljapan/index.htm
    E-mail : charbeljapan@nifty.ne.jp

%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%3%%




[HOME] [戻る]