「箱舟の聖母」バックナンバー
2004年5月16日号No.204

 マリア様を喜ばせましょう。マリア様はあなたの小さな奉仕にも大きな恵みで報いて下さいます。あなたが愛する人の救いのために「箱舟の聖母」を役立ててください。「箱舟の聖母」は宣教誌です。購読しコピーし身近な人にわたすなら、あとはマリア様ご自身が働いて下さいます。そしてあなたの購読料はマリア様の事業を支えます。あなたのマリア様に対する奉仕を神様は永遠に忘れません。

 お申し込みはEメール版は3千円、郵送版は一万円を目安に一年分のご寄付をお願いします(商契約ではありません)。こうするのは、読者の皆さんにも「受けるだけの人」のままでいるのではなく、自発的な献金と、友人知人にコピーをわたす伝道を通して「よろこんで与える人」となり、神様の祝福をもっと得ていただきたいからです。「よろこんで与える者を神は愛される」、これが私たちの宣教事業の基本理念です。

◆マテオによる聖福音10章27節
「私がやみの中で言うことを、あなたたちは明るみで言え。耳をあてて聞くことを、屋根の上から知らせよ」

◆マテオによる聖福音10章42節
「この小さい者の一人に、弟子として冷や水の一杯でも与える人があったなら、まことに私は言う。その人は報いを失わぬ」


ご注意
■ お申し込みは下記住所宛にEメール版は3千円、郵送版は一万円を目安に一年分のご寄付をお願いします(商行為でも契約でもありません)。  〒540−0004 大阪市中央区玉造1−4−14 箱舟の聖母社
■ トラブルを避けるために、必ずご本人様でお申し込み下さい。いかなる理由でも、ご送金後の返金はできません。お申し込みから登録まで2週間程度かかりますので、あしからずご了承下さい。
■ 本誌読者=「聖シャーベル修道会会員」ではありません。どのような立場の方でも歓迎いたします。
■ これを用いてマリア様の事業を攻撃する人には送付を打ち切ります。また災害・戦争など、やむを得ない事情の際も送付いたしませんが、ご了承ください。


%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%0%%

        「 箱 舟 の 聖 母 」

       2004年5月16日号 No.204

   毎週1回発行:Eメール版 年間3,000円(ご寄付)
          郵送版  年間10,000円(ご寄付)
  http://homepage1.nifty.com/charbeljapan/index.htm
      E-mail : charbeljapan@nifty.ne.jp
       ( 等幅フォントでご覧下さい!)
%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%5%%
----------------------------------------------------------------
    箱舟の聖母、
       我らが御母聖マリア、
         キリスト信者の扶(たす)け
----------------------------------------------------------------
 マリア様を喜ばせましょう。マリア様はあなたの小さな奉仕にも大きな恵
みで報いて下さいます。あなたが愛する人の救いのために「箱舟の聖母」を
役立ててください。「箱舟の聖母」は宣教誌です。購読しコピーし身近な人
にわたすなら、あとはマリア様ご自身が働いて下さいます。そしてあなたの
ご寄付はマリア様の事業を支えます。あなたのマリア様に対する奉仕を神様
は永遠に忘れません。
----------------------------------------------------------------

◆今週号の目次

 1.153本の聖ヨゼフの百合
 2.リトル・ペブルに与えられたメッセージ
 3.反キリスト、ロード・マイトレイヤについての警告
 4.編集後記


----------------------------------------------------------------
1. 153本の聖ヨゼフの百合
----------------------------------------------------------------
【 第64章 】

 共同体においても家庭生活の模範となる聖家族の家庭の中で、目に見える
顕著な徳を、イエズスは簡潔に言いあらわしておられます。「……謙遜、辛
抱、全きの調和。……明るさ、ほほえみ、調和がただよい、……いらだち、
不機嫌、暗い顔はなく、お互いの不満や咎めもなく……」(1) このよう
に謙遜、辛抱、明るさ、ほほえみ、調和という徳と、いらだち、不機嫌、暗
い顔、相手への不満、咎めという悪徳とは対比されています。

 日本の子供たちを、近所や知り合いや、まわりをよく見回して観察してみ
てください。わずか1〜2歳から、いらだち、不機嫌、暗い顔、親への不満、
咎めの感情が強く、しかも頻繁に現れます。本当ですよ。日本の子供たち
には何が起こっているのか分かりますか? 実は「親を子供が支配すること」
が起こっているのです。日本の親たちは、子供がまだかわいらしい年齢のう
ちは、何をやってもやりたい放題にさせます。けれども、子供というものは、
人生のごく初期の段階で、自分と回りの人の力関係を感じ、位置付けをして
しまいます。何をやってもそれをやめさせない相手。いらだち、不機嫌をぶ
つけ、つまり泣きわめいたり、だだをこねたり、すねたりすれば、何でも
要求を通すことができる相手は自分より下の人。強い視線と、断固とした
ジェスチャーや声、手や足や体をやさしくしっかりと押さえて静止させる人、
泣きわめいたり、だだをこねたり、すねたりしても、いっさい何の要求も
通らない人、むしろそれをすぐにやめさせ、かえって自分が従うまで要求を
繰り返し、いい加減にはしない人、この人は自分より上の人です。支配され
るか支配するかの関係がこの時期に決まります。生まれた時点から3歳ごろ
までが本当に大切な時なのですよ。

 親を支配する立場に立った子供には、謙遜も、辛抱も、親との調和も、明
るさも、ほほえみも育ちません。立場が上なのですから、へりくだる必要も、
我慢する必要も、相手に合わせる必要も、相手を喜ばす必要もないからです。
その代わり、何でも要求が通るはずなのに、時々望みに従わない親に、心の
中には不満や咎めが積もり積もってゆき、いらだち、不機嫌になり、親に暗
い顔を向けます。当然の反応ですよね。「家来のくせに従わないとはけし
からん」というわけなのですから。そして一生、この子供はだれに対しても
主人として自分を位置づけることになります。神に対してでさえもです。日
本の親たちはこういう人間を作っているのです。なんと罪つくりなことで
しょうか! 自分の子に、悪徳に向かうレールを敷いてやり、その上を走ら
せはじめるのですから。

 家庭は子供に徳を植えつけ、その子の中に徳を成長させるところでなけれ
ばなりません。しかしそのためには、信仰以前の、しかも動物的な次元の
ベースとして親が子供を支配する自然な正しい関係が必要なのです。

 日本の家庭は、たぶん世界で最も子供が親を支配している家庭です。徳を
子供に植えつけ育てる場としては、世界中で最低最悪の家庭です。ここから
の回復をはかるには、親にも子にも、皆の上に奇跡を起こす神の恵みが先行
して必要です。ですから皆さんに呼びかけます。皆さんの努力に先行する神
の恵みを受けるために、恵みのラインの中に入いりなさい。恵みの流れの
中心に入いってきて、留まりなさいと。それがマリア様のミッションであり、
家庭の回復のためのこの聖シャーベル修道会であり、家族が主体の共同体で
あり、その中で与えられている聖ヨゼフのいと清き御心への信心なのです。

 「闇に座す民は光を見た」という預言の御言葉が、旧約聖書にあります。
最も深い闇に陥っている日本の家庭に、この預言が当てはまり、実現するよ
うに、まずあなたとあなたの家庭が「光」に入ってきてください。

(1)「聖母マリアの詩(上)」あかし書房 マリア・ワルトルタ著
   P268、269



----------------------------------------------------------------
2.母親達の御助けなる聖マリア、ばらの聖母の祝日に
  リトル・ペブルの事務所で与えられたメッセージ
  − No.149 1987年6月18日(木曜日) −
----------------------------------------------------------------
リトル・ペブル:
 お二方の汚れなきみ心をお慰めするために、聖なる御傷のチャプレットを、
愛するイエズス様とマリア様にお捧げします。(チャプレットが唱えられる)

 祈りの初めから、三位の天使がそこにいらっしゃるのが見えます。三位の
天使はそこに立っておられ、天使の上にはとても大きなロザリオがかかって
いて、それを腕に抱えている四位の他の天使がおられます。(大変に大きな
ロザリオだからです。) ロザリオは輪になって抱えられ、ロザリオの真中
あたりには他のぶら下がっている珠と共に、二つのみ心と、イエズス様のお
られる美しい十字架があります。ロザリオの中央には、美しいピンクがかっ
た光、そしてそのピンクがかった光の外側と、ロザリオの珠を通している光
は、白色を帯びた光です。そして、ロザリオの珠の中央の二つのみ心のそば
には、美しい雲の層があります。その四位の天使は、ロザリオの珠を抱えて
いますが、それらはとても大きな珠です。珠もまた、ピンクがかった白です。
今、この輝くピンクがかった白い光を通って、聖母が美しい雲の上に立って
おられるのが見えます。聖母は左右の手に、美しいロザリオのようなバラの
花束を手にしておられます。それらはバラの花、それも溢れるほどのバラの
花です。聖母はファティマの冠をかぶっておられます。そして美しい白い
ガウンと、これもまた美しいロイヤルブルーのようなケープをお召しになっ
ておられ、この軽い……とても軽い白いヴェールのようなもの、とても薄い
ものをかぶっておられます。前に申しましたように、ファティマの冠をかぶっ
ていらっしゃいます。聖母の足元には小さなバラの花のようなもの、ほんの
1/2インチ(約1.27cm)ぐらいの大きさの小さなバラが、聖母の足
の親指と隣の指の間に見えます。その後ろでは、まだ天使に抱えられている
ロザリオが見えます。とても美しい光景です。聖母は、今はちょうどそこの
角に立っておられます。とても美しいですが、非常に明るいのです。とても
まばゆい明るさです。聖母の胸から美しい暖かみが出ています。聖母のお召
し物は、とてもとても美しいです。そしてお召し物の裾に沿って金糸の縫い
取りがあり、それは約1インチ(2.54cm)の幅の美しい金の緑取りで
す。本当に美しいです。前にそこに立っていた三位の天使が見えますが、彼
らはいま、聖母の後ろに立っています。聖母のかなり後方で、真中に立って
いる一位は、聖ミカエルです。そして他の二位の天使は神の御母の両側にお
られ、両方共、やはりバラの花束を持っていらっしゃいます。今、ロザリオ
の方にいる二位の天使は、前に進み出てきました。彼らは他の二位の天使の
手にロザリオを残して来たのです。彼らは聖母の所へやって来て、聖母の
両手から二つの花束を受け取っています。

 今、空中高く御聖体のうちにましますイエズス様と共に、美しい聖体顕示
台が見え、輝く光が御聖体から放たれています。そしてその光は前方へ出て
来始めており、輝く白い十字架を形造っています。聖母は、ちょうどこの
部屋にいる他のメンバーをご覧になっておられます。そして微笑んでいらっ
しゃいます。脇に出ている髪が、少し見えます。美しく明るい、褐色の麦で、
とても美しいです。聖母はちょうど今、美しい青い目で私を見おろしておら
れます。微笑んでいらっしゃいます。今気が付いたのですが、そばに…聖母
のお召し物の右側に、どのようにしてかはわからないのですが、ロザリオが
あります。ロザリオは、つまりお召し物にくっついているのです。紐が見あ
たりませんし、どのようについているのか分からないのですが、とにかく、
そこについています。聖母は、右手にそのロザリオをお取りになります。
聖母はイエズス様を、つまりイエズスがいらっしゃる十字架を手に取って
微笑まれ、主に口づけされます。

聖母:
 愛する子、我が愛のリトル・ペブルよ、ここに集まった愛する子供達よ、
そして地上の子供達よ、私はあなた方を祝福致します。父と子と聖霊との
御名によりて。アーメン。

 愛する子供達よ、私はきょう、ばらの聖母、我らが御母聖マリア、キリス
ト信者の助けの御名のもとにやって参りました。愛する子供達よ、ベイサイ
ドの我が参詣所で、言葉は少し違いますが、これは世界中のキリスト信者の
母親皆に話した時と同じような御名です。愛する子よ、我が胸(そして今、
聖母は胸の上をマントでおおっていらっしゃたのですが、マントが開かれま
した)の上に、十字架が見えますね? そして十字架上の二つのみ心……
イエズスの聖心と我が汚れなき御心が見えるでしょう。愛する子よ、これら
の象徴は、世界の子らの救いのしるしであり、また堕落と罪に満ちたこの世
において、神の御前に信仰心の厚いキリストに倣う振舞いをするよう子供達
を育てる、大変な責任のある母親達に対して、私が抱いている、愛のしるし
でもあります。

 私はきょう、御聖体にまします我が聖なる息子、イエズス・キリスト、そ
して我が汚れなき御心に対しての愛を強く保つよう、キリスト信者の家庭の
全ての母親を励ます為に参りました。我が子よ、私が見せた象徴を世界の
全ての母親の為に、地上の我が多くの子らの母親に対して私達が抱いている
愛の象徴として下さい。

 きょうは、天の私達が世界に与えた特別な祝日です。いつかこの日は、地
上における我が神なる息子の公教会で崇められるでしょう。それはアメリカ
合衆国のニューヨーク州ベイサイドの聖地に、私が訪れた祝日です。この
聖地で私に与えられた御名は、世界中の全ての母親の為のもので、私がキリ
スト信者の家庭の母親に対して抱いている愛の御名です。しかし、母親達は、
世界中の子供達に対しての手本とならなければなりません。そして彼女らが
する全てのことにおいて、マリアのようにならなければなりません。私は
我が愛する息子、愛のリトル・ぺブルにこの忠告を与えに参りました。それ
は、我が汚れなき御心のこれらの言葉を、世界中の我が愛する全ての母親達
が開くことが出来る為です。

 今日、家庭、特にキリスト信者の家庭の多くの母親は、汚れたものに心を
そそられ、家庭を離れる誘惑にかられて働きます。私が言っているのは、夫
の給料で家庭生活をやっていけるのに、一家の必要物とか必要性の為でなく、
その上さらに楽しみの為に自由に出て行って雇われたがる母親を指していま
す。このようなことは、悪魔による誘惑です。しかしながら、私達は、子供
達や家族の生活の為に職を敢えて探さなければならない多くの母親がいるこ
とは、よく理解しています。このメッセージは、そのような者達に向けたも
のではありません。夫と同等であることを求める母親が多くいますが、誤っ
た流行であり、やり方です。全ての妻は、一家の長、− つまり、それは夫
のことです − に対する服従に関する、聖パウロの言葉を読まなければな
りません。このことは、結婚における全てのことについて夫と妻が同等でな
いということを意味しているのではありません。神様のもとに、そして神様
の御前においては、夫と妻は同等だということを理解しなければなりません。
しかしながら、夫には、妻や家族に対する責任があります。それで極端な
状況においては、夫がいつも家族の幸福の為になす決定の最後の発言権を
持つのです。

 我が愛する汚れなき御心の母達よ、あなた方の責任は、神様の御前には
とても重いのです。何故なら、永遠の御父である神様への信仰と変において
子供達を育てる意味で、あなた方は夫よりもっと主なる者だからです。神様
は、聖にして母なる公教会によって与えられる信仰や「公教要理」を、母親
が子供達に救えるようにさせて下さったのです。このような責任は、家族の
救いの為に、そして罪に満ちたこの世に生きる子供達を育てる為に、とても
重大で、とても重要なものです。永遠の御父が母親にお与えになったこの
責任は、罪が公教会の中や世界中にはびこっているので、この人類の創造の
時代には、余計に重大なのです。世界中の全てのキリスト信者の母達には、
より勤勉に、もっと多くの犠牲を捧げ、そしてもっと多くの祈りをすること
が必要なのです。

 愛する母親達よ、天にいる私達はあなた方を愛しています。母親の義務を
果たす為に、あなた方を祝福いたします。私は、かわいい世界中の母親達を
祝福いたします。我が汚れなき御心からあなた方に贈った言葉に、耳を傾け
て下さい。父と子と聖霊との御名によりて。アーメン。

 我が愛する子よ、汚れなき御心の祝日に、公教会にとってとても重要な
メッセージを与えます。あなたの良き仕事を続けて下さい。そしていま、あ
なたを攻撃し、公教会を攻撃する多くの論争について心配しないで下さい。
時がきて全てが明かされれば 人類は何が真実で、何が偽りのものかが分か
るでしょう。我が愛する子よ、時の終りには、我が汚れなき御心と我が息子
イエズスの聖心を通して、あなたは今ある全ての悪と全ての混乱を乗り越え、
勝利を得るでしょう。愛する子よ、恐れないで下さい。我が聖なる息子は、
混乱と暗闇の最中にあなたを導く光なのですから。我が子よ、そしてここに
集まった愛する子ども達よ、あなた方を祝福します。父と子と聖霊との御名
によりて。アーメン。

リトル・ペブル:
 聖母は今、ロザリオの中に戻って行かれます。説明することは到底出来な
いのですが、聖母はそうなさいます。そして、ロザリオは、まだロザリオの
すぐ下に立っていた二位の天使が一緒に形造っており、多少ハートの形に
なっていきました。聖母は今、空遠く戻っていかれます。聖ミカエルはまだ
聖母の後にいらっしゃいます。御聖体 − 聖体顕示台の御聖体 − は消
え、十字架も消えました。そして、ロザリオの下にいた、聖母と一緒の二位
の天使も行ってしまい、二位の大きな天使も消えました。ロザリオも今消え
てしまい、バラのよい香りが残っています。小さなバラの花びらが落ちて来
るのが見えます。そして、大天使聖ミカエルがおっしゃいます。『世界に恵
みあれ』 そして聖ミカエルは、彼の大きな剣をいま取り、その剣で十字架
の印をなさいます。父と子と聖霊との御名によりて。アーメン。

 輝く白い十字架が来て、空に次第に消えて行き……そして行ってしまいま
した。

--------------------------------
聖ルチアおとめ殉教者(283−303)
祝日:12月13日
--------------------------------
 聖ルチアは283年、シシリー島のシラクザで裕福な貴族の家庭に生まれ
た。父は若くして亡くなった。ルチアは子どもの時から神に貞潔を捧げてい
た。母は娘が一生独身でいるという誓願を知らずに、自分で決めた若い貴族
の未信者との婚約を強制した。ルチアの母は出血症で苦しんでおり、娘の
勧めで、50マイル離れたカタニアにある「聖アガタの奇跡の墓」へ旅発っ
た。そのお墓でルチアは、母の治癒のために祈った。母は即刻、しかも完全
にいやされた。ルチアは母に、感謝にあふれる心で、自分の誓願のことを伝
えると、母は承諾した。母の許しを得て、ルチアは貧しい人々に自分の遺産
の大部分を分配した。これを見た未信者の婚約者の怒りは止まるところを知
らなかった。彼はシシリーの知事、パスカシウスの前で彼女がキリスト信者
であると告発した。当時は非情な皇帝デオクレシアヌスのキリスト信者大迫
害の時代であった。人々はローマの神々を礼拝するように強制させられ、さ
もなければ皆殺しにされたのである。ルチアは裁判官の前にひき出されて、
よこしまな娯楽場で誘惑にさらされるように命じられた。が、神はルチアを
見守り、そのような恥ずべき場所へ行かさず、完全に動かないようにされた
ので、番兵が何人かかっても彼女を運ぶことができなかった。ルチアはそれ
から火責めなどの恐しい恥ずべき拷問を受け、また、目をえぐられても神は
尚、その苦痛からお護りになった。最後にルチアは獄中で、のどに剣を刺し
つらぬかれて殉教した。聖ルチアはシシリーのシラクザの保護の聖人で、目
やノドの痛み、出血症や流行性の病いに対しての保護の聖人でもある。



----------------------------------------------------------------
3.反キリスト、ロード・マイトレイヤについての警告
----------------------------------------------------------------
マリア様からの警告 1995年4月23日

 反キリストは、この世界にいます。自分のものたちを準備し、神である私
の息子から多くの霊魂を取り去っています。あなたたちは全世界の聖櫃に神
である私の息子を探すことができます。イエズス、すなわちメシアはまだ、
地上における神の家を治めておられるからです。いとしい子供たちよ、イエ
ズスは間もなく取り除かれるでしょうが、まだ取り去られてはいません。
イエズスは地上におけるあなたたちの教会の聖櫃に、聖体のうちに生きてお
られます。

 しかし、神の敵はイエズスを取り除くことを望んでいます。ですから子供
たちは神である私の息子を見出そうとしても、見出すことはないでしょう。
甘美なる子供たちよ、世界が闇のうちにあるように、教会は闇のうちにあり、
真理から遠ざかっています。多くの狼が羊の衣を着て私の家、地上における
私の息子の家におり、選ばれた者を惑わし、教会位階に対する誤った従順に
よって光の子供たちを惑わしているからです。

 甘美なる子供たちよ、注意していなさい。真理に対して盲目であってはな
りません。多くの世代を通して、教会の使徒と教父によって手渡されてきた
真理に心を開き、従いなさい。あなたたちの目、耳、心を神の真理に対して
開いていなさい。キリストの代理者ヨハネ・パウロ2世は真理です。道です。
彼は地上における神である私の息子の代理を務めています。心のすべて、力
のすべてをもって彼に従いなさい。彼のために祈りなさい。甘美なる子供た
ちよ、ヨハネ・パウロ2世だけが不可謬です。司教、枢機卿、司祭は不可謬
ではありません。キリストの代理者だけが不可謬なのです。ですから、彼に
聞く者は、神である私の息子イエズスに聞き、ヨハネ・パウロ2世を否む者
は、神である私の息子イエズスを否むのです。ですから、甘美なる子供たち
よ、特に来るべき年々、あなたたちが歩まねばならない道をあなたたちは
知っています。教会は従順のため、誤った従順のためにバラバラにされるで
しょう。



----------------------------------------------------------------
4.編集後記
----------------------------------------------------------------
「天からのメッセージ」に版権はありません。天はできるだけ多くの人々が
メッセージを読むことをお望みです。どうぞ友人知人に「天からのメッセー
ジ」を伝えて下さい。コピーして配布して下さい。

 編集室では、メッセージの翻訳ボランティアを募集しています。できるな
ら、カトリック信者で専門用語に強い方を希望しています。

 また皆様からのご質問、ご感想をお待ちしております。関連情報をお持ち
でしたらお寄せ下さい。
 
 次回「箱舟の聖母」は5月23日頃、発行を予定しています。

----------------------------------------------------------------
編集・発行:聖シャーベル修道会
スタッフ : Br.Jean-Marie  Kolbe-Marie
----------------------------------------------------------------
お申込み、ご質問、ご感想は下記までお願いします。

  〒540−0004
   大阪市中央区玉造1−4−14
   聖シャーベル修道会

  E-mail : charbeljapan@nifty.ne.jp

 お申し込みはEメール版は3千円、郵送版は一万円を目安に、一年分のご
寄付をお願いします(商契約ではありません)。こうするのは、読者の皆さ
んにも「受けるだけの人」のままでいるのではなく、自発的な献金と、友人
知人にコピーをわたす伝道を通して「よろこんで与える人」となり、神様の
祝福をもっと得ていただきたいからです。「よろこんで与える者を神は愛さ
れる」、これが私たちの宣教事業の基本理念です。
----------------------------------------------------------------
%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%1%%

(C)日本における「聖シャーベル修道会の共同体」
      設立の促進と援助のための事務所
 http://homepage1.nifty.com/charbeljapan/index.htm
    E-mail : charbeljapan@nifty.ne.jp

%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%6%%




[HOME] [戻る]