「箱舟の聖母」バックナンバー
2004年5月9日号No.203

 マリア様を喜ばせましょう。マリア様はあなたの小さな奉仕にも大きな恵みで報いて下さいます。あなたが愛する人の救いのために「箱舟の聖母」を役立ててください。「箱舟の聖母」は宣教誌です。購読しコピーし身近な人にわたすなら、あとはマリア様ご自身が働いて下さいます。そしてあなたの購読料はマリア様の事業を支えます。あなたのマリア様に対する奉仕を神様は永遠に忘れません。

 お申し込みはEメール版は3千円、郵送版は一万円を目安に一年分のご寄付をお願いします(商契約ではありません)。こうするのは、読者の皆さんにも「受けるだけの人」のままでいるのではなく、自発的な献金と、友人知人にコピーをわたす伝道を通して「よろこんで与える人」となり、神様の祝福をもっと得ていただきたいからです。「よろこんで与える者を神は愛される」、これが私たちの宣教事業の基本理念です。

◆マテオによる聖福音10章27節
「私がやみの中で言うことを、あなたたちは明るみで言え。耳をあてて聞くことを、屋根の上から知らせよ」

◆マテオによる聖福音10章42節
「この小さい者の一人に、弟子として冷や水の一杯でも与える人があったなら、まことに私は言う。その人は報いを失わぬ」


ご注意
■ お申し込みは下記住所宛にEメール版は3千円、郵送版は一万円を目安に一年分のご寄付をお願いします(商行為でも契約でもありません)。  〒540−0004 大阪市中央区玉造1−4−14 箱舟の聖母社
■ トラブルを避けるために、必ずご本人様でお申し込み下さい。いかなる理由でも、ご送金後の返金はできません。お申し込みから登録まで2週間程度かかりますので、あしからずご了承下さい。
■ 本誌読者=「聖シャーベル修道会会員」ではありません。どのような立場の方でも歓迎いたします。
■ これを用いてマリア様の事業を攻撃する人には送付を打ち切ります。また災害・戦争など、やむを得ない事情の際も送付いたしませんが、ご了承ください。


%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%0%%

        「 箱 舟 の 聖 母 」

       2004年5月9日号 No.203

   毎週1回発行:Eメール版 年間3,000円(ご寄付)
          郵送版  年間10,000円(ご寄付)
  http://homepage1.nifty.com/charbeljapan/index.htm
      E-mail : charbeljapan@nifty.ne.jp
       ( 等幅フォントでご覧下さい!)
%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%5%%
----------------------------------------------------------------
    箱舟の聖母、
       我らが御母聖マリア、
         キリスト信者の扶(たす)け
----------------------------------------------------------------
 マリア様を喜ばせましょう。マリア様はあなたの小さな奉仕にも大きな恵
みで報いて下さいます。あなたが愛する人の救いのために「箱舟の聖母」を
役立ててください。「箱舟の聖母」は宣教誌です。購読しコピーし身近な人
にわたすなら、あとはマリア様ご自身が働いて下さいます。そしてあなたの
ご寄付はマリア様の事業を支えます。あなたのマリア様に対する奉仕を神様
は永遠に忘れません。
----------------------------------------------------------------

◆今週号の目次

 1.153本の聖ヨゼフの百合
 2.リトル・ペブルに与えられたメッセージ
 3.反キリスト、ロード・マイトレイヤについての警告
 4.編集後記


----------------------------------------------------------------
1. 153本の聖ヨゼフの百合
----------------------------------------------------------------
【 第63章 】

 家庭はまず、ホームであるべきです。そこには自分が世界で最も愛する人
たちがいて、世界で最も自分を愛してくれる人たちがいて、愛の輪があるべ
きです。この愛の輪があるので、そこは世界で最も幸福を感じる場所になり
ます。お互いに心が深くつながっていて、互いに無償の愛と奉仕をささげあ
うところ。そういう場所としてのホームでなければなりません。衣食住が
整っていても、各自が勝手気ままにしているところをホームとは言いません。
ホームであることを実現するには、聖ヨゼフの助けと修道会である共同体の
助けを得なければならないのですが、家庭はホームであるだけではなく、そ
れに加えて、子供にとって小さな教会、小さな学校、小さな職場、小さな
社会でもあらねばなりません。あれもこれもと言われて、目がまわりそうに
なっていませんか?

 今の日本の家庭は、子供にとっての教会、学校、職場、社会としての役割
を果たしていません。悪い分業主義に皆染まっていて、親たちは自分の本来
の役割を教会、学校、職場、社会にすべて肩代わりさせ、それぞれの場所に
子供をあずけるだけです。しかし、これは間違いです。神がゆだねている
責任のあらかたを放棄してしまっているからです。

 日本の人たちに、ホームであり、小さな教会であり、小さな学校であり、
小さな職場であり、小さな社会でもある家庭をイメージするのはほとんど
不可能でしょう。では、例えばカナダやアメリカの開拓時代のフロンティア
にある家庭をイメージしてみてください。きっと近いものをイメージできる
と思います。親たちも子供も、生きるために精いっぱい働いています。木を
切り、畑を作り、水を汲み、家を建て、狩りをし、牛馬を飼い、保存食料を
作り、越冬する……、すべて自分たち家族全員の力でやりますが、それだけ
でなく、教会も学校もないので、信仰深い彼らは、家で子供を教育し、信仰
を教え、家庭で神を礼拝します。また、男として、夫として、父としてのあ
らゆる仕事と勤めができるように、女として、妻として、母としてのあらゆ
る仕事と勤めができるように、知っていることの限りを子供に伝え、習得さ
せます。そして、親類や、近い家とのつきあいや、協力、共同作業のうちに
社会のルールを子供に身につけさせます。これはわずか200年ほど前のこ
とですよ。オーストラリアのフロンティアでも、きっとこうだったでしょう
ね。当時の親ができたことをあなたができないのはなぜでしょうか? それ
は、子供がその心と霊魂において、もう親のものではなくなっている現実が、
すでにあるからです。開拓時代のフロンティアにある家庭では、子供は体に
おいても、その心と霊魂においても親のもので、親が子供を立派な大人にす
るほとんど唯一の責任者でした。

 さて共同体の中で家庭生活をする親たちは、親の役割と家庭の役割につい
ては、フロンティアにある家庭のようなものを目指していくべきです。「そ
れは退歩ではないのですか?」と思うでしょうね。「いいえ、回復です」と
お答えしましょう。今、親たちは悪い分業主義によって子供と切り離されて
います。子供はホームを失い、心のよりどころがなく、孤立して精神的にさ
まよっています。子供は親から生きる術をすべて習うことが自然です。動物
たちはそうしていますよ。今の不自然を進歩と呼ぶなら、その進歩の結果、
社会はよくなり、人は幸せになりましたか? 子供はもう親に何も期待して
いないではありませんか? 父ちゃんなんか要らねえや、母ちゃんなんか死
んじまえと。それで親は幸せですか?

 共同体の中で家庭生活をする親は、今まで従ってきた日本の社会と家庭の
悪い分業主義を否定して、子供を自分の手に取り戻すことをやり始める必要
が本当にあるのです。家庭の中で親から子供が、生きること、大人として
必要なことをもっとたくさん学ぶことで、子供の心は親と再びつながります。
子供を取り戻す戦いなのですよ。肉体的にであったら、普通、親は命をはり
ます。心と霊魂を取り戻すのはもっと大切な戦いです。それは信仰のうちに
行なうべき戦いです。あなたは自分と自分の家庭を聖ヨゼフにささげ、彼の
熱愛者となって戦いに挑んで下さい。きっと成功します。恐れずにチャレン
ジしてください。



----------------------------------------------------------------
2.労働者たる聖ヨゼフの祝日に事務所にて
   リトル・ペブルに与えられたメッセージ
  − No.143 1987年5月1日 −
----------------------------------------------------------------
リトル・ペブル:
 心の準備をする間、大天使聖ミカエルに対する祈りを三回唱えてから、ロ
ザリオを一連唱えましょう。七位の大きな天使がわたしたちを待っておりま
す。この七位は大天使たちで、天国において偉大な天使たちなのです……聖
ミカエルと、聖ガブリエルと、聖ラファエルと、聖ウリエルと……他の天使
の名前は思い出せませんが。

(ロザリオの第五玄義が唱えられる)

 この第五玄義が唱えられている間、光輝く白い十字架が今、かなり遠くに
あり、七位の天使たちはわたしの左右両側に各々三位づつおり、七番目の大
天使は聖ミカエルで、空のとても高いところにおります。彼は光輝く白い
十字架の後ろに立っているのです。その十字架は、目を射るばかりです。そ
の輝く十字架は近づいてきました。七位の天使たちの服は、きょうは全部白
です。胴には金色の帯を締めています。きょうは、聖ミカエルまでも、いつ
もの軍服姿ではありません。聖ミカエルも真っ白な衣を着ていますが、その
翼は大きく広げられております。まったく素晴しい光景です。聖ミカエルの
すぐ前に、その美しい十字架があるのですから。十字架の輝きが今、わたし
たちに上に降り注がれており、この部屋がまばゆいばかりに明るくなりまし
た。わたしの目が、少し痛くなり出しました。その光線は、十字架の横木の
中心から出ています。聖ミカエルは、きょうは剣を持っておりませんが、そ
の翼は大きく広げられ、空全体を覆っています。今、十字架の横木から出て
来られたのは、聖母です。前に進んで来られるのですが、光線の上に立って
おられます。天の方々が立っておられるのは、一筋の光線のようてすが説明
しにくいてす。とにかく美しい光なのです。そうですね。よく御絵に見られ
る、聖心から出ている光の束の様な光線です。聖母は、今、その光の束の上
に乗って滑るように進んで来られ、こちらの方へとても近くのところまで来
られます。そして、ちょうどその小さな柱……天井の隅の、そこですがそこ
に立たれました。いつも天の方々は、そこから来られるのです。ところで、
輝く光からまたどなたかが来られます……聖母の御子イエズス様です。イエ
ズス様が進み出て、聖母の右側にお立ちになりました。今また、十字架の
中心の横木……本当に説明しにくいです……から出て来られたのは……とに
かく、卵型か何かの輝く光から出て来られたようですが、実際には聖ヨゼフ
です。

 聖ヨゼフは今、聖母の左側にいらっしゃり、イエズス様が右側におられま
す。十字架は、まだ三人の後ろで空のかなり高いところにあり、聖ミカエル
はここに集まっている人々の保護者のように立っておられます。そして、わ
たしの左右に三位づつ立っていた六位の天使たちの後ろには……イエズス様、
マリア様、ヨゼフ様も、もちろんそこにおられますが、わたしどもの守護の
天使たちがおります。天使たちの中には、背の低い天使も背の高い天使もお
りますが、イエズス様、マリア様、ヨゼフ様も含めて、皆、輝くばかりの白
い服装で、胴には金の帯のような、ベルトのようなものを締めておられます。
今、イエズス様が、少し近づいて来られます。もう横木の隣にはおられずに、
ちょうどわたしのまん前にほんの3フィート(約1m)のところ、非常に
接近したところに来られました。イエズス様の御足は、ちょうどここの真ん
中そのテーブルよりほんの1メートルのところですので、わたしどもの真ん
中におられます。御胸には(さきほどは、気がつかなかったのです。あまり
たくさんのものを見ておりましたので)美しい聖心があります。聖心の一番
上には、小さな炎があります。黄色味がかかった赤味をおびたような色の炎
で、とても美しいです。聖心の上に小さな白い十字架が出ております。イエ
ズス様は、御腕を広げられて、御手の御傷を見せて下さっています……御傷
は手首の近く中心と手首の間にあるようですが、手前から見るととても長い
御傷です。幅1インチ(約2.5cm)程でしょうかいいえ、もっとありま
す。イエズス様がおっしゃいます。……

「息子よ、ご覧。人類のためにわたしがささげたこの傷を。」 イエズス様
は、いばらの冠はかぶっておられません。ただ手の御傷だけなのです。両手
と両足の御傷だけなのです。背は6フィート(約180cm)か、もう少し
高いぐらいです。今、イエズス様はこの部屋の中を見回しておられます。何
もかも説明したいほどです。本当に素晴らしい光景なのですから。皆は、ほ
とんどイエズス様に触れんばかりです。本当に、ものすごく近いところにお
られます。皆を眺めておられます。御頭の向きを変え、微笑みをかけておら
れます。

主:
 我が愛するリトル・ペブルよ、そしてここにいるかわいい子供たちよ、ま
た、全世界の子供たちよ、わたしはあなた方を祝福する。父と子と聖霊との
御名によりて。アーメン。

リトル・ペブル:
 主が十字架のしるしをされた時、御手……右手の御傷より光線が放たれ、
皆の上に届きました。主は「これは祝福の恵みである」と仰せになりました。

主:
 愛する我が子よ、前にも告げたように、きょうわたしはミサ聖祭において
我が母と養父聖ヨゼフと共に、我々の助言と愛が必要な世界中の子らにメッ
セージを与えようと来たのである。きょうあなたに与える指示は以下の如く
で、これを我々の愛する息子、『トランペッター』に告げなさい。彼に、わ
たしと我が母、聖ヨゼフ、大天使聖ミカエル、聖テレジアは常に彼と共にお
り、そばに立って彼を護るのだと伝えなさい。それは、月を重ねるごとに彼
が間もなくヨハネ・パウロ2世教皇の殉教後、地上の公教会を指導するペト
ロ2世の到来を宣言するため、アメリカ合衆国内のみならず、多くの国々で
ひどい迫害を受けるからである。息子『トランペッター』に伝えなさい。わ
たしが彼を愛していること、彼は恐れずに、わたしと我が母に信頼すること、
大天使聖ミカエルは彼や全世界の幻視者たちに天が与えた使命を果たせるよ
うに、一歩一歩導くことを告げなさい。わたしは彼とその良き妻へ、祝福を
贈ろう。父と子と聖霊との御名によりて。アーメン。

 愛する世界中の子らよ、きょうはこの地上における我が教会の大祝日、す
なわち我が愛する養父、聖ヨゼフの祝日である。地上の大勢の子らがこの
偉大な方、地上において私の父であった方に対しての信望が厚くない。彼は
大いなる慈しみと愛をもって、わたしと母の生命を護って下さった。公教会
の信者を始め全世界のもっと大勢の人々が我が養父なる聖ヨゼフヘ、大いな
る崇敬を払わなければならない。なぜなら彼は、わたしも御母も以前から
幾度も操り返してきたように、天における諸聖人の中で一番偉大な聖人であ
り、あらゆる愛と崇敬を当然受けるべき価値のある方だからである。世界中
に聖ヨゼフの信心を広める者には、神の玉座の御前において素晴らしい恵み
と、たくさんの功徳が与えられるであろう。このことを告げるために、きょ
うわたしは来たのだ。それは聖ヨゼフが聖にして母なる公教会の守護者であ
り、保護者であるからで、現在公教会は、特に悪魔たちの猛攻撃を受けてい
るからである。子らよ、あなた方は今や祈りの中で、しばしば聖ヨゼフの
保護を求めなければならない、そうすれば聖ヨゼフは、速やかに助けに来て
下さるであろう。かわいい子らよ、特に愛する我が養父、聖ヨゼフの信心を
持つ者たちよ、あなた方を祝福しよう。父と子と聖霊との御名によりて。
アーメン。

 我が子よ、そしてこの地上の子供たちよ、我が母は、ほんの2、3週間前、
あなた方に下るひどい天罰のことを警告したであろう。つまり、堕胎を犯し
た婦人の上に下る病気のことであるが、御母のお与えになったこの警告の
重大さをよく知ってほしいと思う。世の子供たちよ、注意せよ! 私は厳粛
に言う。もうすぐ十億人以上の人々がこの病に犯されるのだ! これは、神
をものともしない者、神をあざ笑う者、神の掟を破る者たちへのしるしであ
り、警告なのである……警戒せよ! あなた方がこの警告を聴き容れないの
ならば、まことに言う。来年暮れに、もっとひどい天罰が襲ってくるであろ
う。だから警告を聞き容れなさい!

リトル・ペブル:
 主は、とても悲しんでおられるご様子です。それは、人類に懲罰を下し罰
されることなと望んでおられないからですが、これが、人類を神様のところ
へ引き戻す残された、たった一つの道だからなのです。

主:
、息子よ、それは本当のことだ。天は、地上の子らが失われることなど望ん
ではいない。むしろすべての子らが燐みと赦しを請い願えば、皆が救われて
天国にいるわたしたちのもと、つまり永遠の御父の愛のもとに来ることを
願っているのである。思い起こしなさい。大昔、旧約時代に永遠の御父が
モーゼを通してエジプト人に警告なさった時、彼らはモーゼをあざけった。
同じように、現在あなた方は我が預言者たちをあざけっているが、私は厳か
に言う。預言はモーゼを通じて成就された如く、今の預言も、世界中にいる
天の預言者を通して成就されるのだ。だから天があなた方に今も、また、昔
にも与えた言葉や警告を聴き容れなさい! わたしはすべての光の子ら、す
なわち天の声を聴き、我が聖心の教えに従う子らを祝福しよう。父と子と
聖霊との御名によりて。アーメン。

リトル・ペブル:
 イエズス様は、聖母のお隣に戻っていらっしゃいました。聖母は、とても
悲しそうなご様子ですが、それでも御心の中では、世の子供たちに大きな
期待をかけておられることが、わたしにはわかっております。今、聖母が前
へ歩いて来られました。ちょうどここのすぐ近く、イエズス様がそうなさっ
たように、わたしのすぐ前まで来られました。聖母は、あたりを見回してお
られます。わたしたち皆を、微笑みを浮かべてご覧になっていらっしゃいま
す。

聖母:
 我が子よ、私の特別にかわいい「恵みに満ちた息子」よ、あなたを祝福い
たします。父と子と聖霊との御名によって、ア−メン。

 かわいい子よ、間もなくあなたは偉大なアメリカ大陸の人々に、愛とあわ
れみのメッセージを伝えるために重要な旅行をすることになります。私があ
なたと共にいることを確信しなさい、行ってアメリカの我が子らに助言と
指導を与えてください。あなたが行くと、私が与えるメッセージには、あな
たを通して印が与えられます。つまり癒しや回心等のしるしです。これらの
しるしやメッセージは、私がこの偉大な大陸に与える最後の言葉のうちの
一つとなります。あなたが合衆国やカナダや南アメリカ諸国から帰ってくれ
ば、私がこれらの国々に与えた預言は成就いたします。我が子よ、私は世界
中の人々に愛と希望とまた、警告のメッセージを伝えるために、世界中を
回っているのですが、もう疲れ果ててしまいました。御子の聖心も、世界の
子らが天のメッセージ……過去のもの、現在のものも捨て続け、そして悲し
いことに、これからのメッセージも捨て去ってしまうので、やはり疲労が
重なってきておられます。私は過去に幾度となく申してきた同じ言葉を繰り
返します。警戒しなさい。世界中のかわいい子らよ、時は短いのです。自分
たちの生活を改め、永遠の御父へ回心するには、もう、あとほんの数年しか
残っていないのですよ。砂時計の砂は、もうほとんど空っぽです。私の汚れ
なき御心の聖年が近づいてきました。光の子らは、これを私の勝利が近いと
いう『印』として受けなさい……ヨハネ・パウロ2世教皇様は、聖にして
母なる公教会に『非常に重大な発表』をなさいます。それは、もうすぐです
よ! かわいい我が子よ、そしてこの『発表』以降、苦しみや大災害や懲罰
などが世に襲いかかるのです。

リトル・ペブル:
 聖母は、アンソニーの方に目を移されておられます。

聖母:
 我が子よ、私はよくわかっておりますよ。

リトル・ペブル:
 ありがとうございます、お母様。

聖母:
 かわいい子供たちよ、覚えておいてください。私は天の母として、あなた
方を本当に深く愛しております。光の子らは、私を大いに慰めてくれている
のですから、本当に感謝いたします。

 子供たちよ、もう一つ言っておきたいことがあります。……イエズスを
愛してください……いつも愛してください、いつもイエズスを心の中に置い
てください。何をするにも、いつもイエズスを思い出しなさい。御子は、天
で私たちのすべてであり、地上でもあなた方のすべてでなければならないか
らです。かわいい愛のリトル・ペブルよ、そしてここにいる子供たちよ、ま
た、世界中の子らよ、あなた方を祝福いたします。父と子と聖霊との御名に
よりて。アーメン。

 我が子よ、最後に一つだけ話しておきます。私に奉献された愛する息子、
ブラザー・ルシアンに伝えてください。心配することはありませんと。彼が、
御子の聖心の光を求めるのであれば、大天使聖ミカエルの言葉を聴きなさい
と伝えてください。聖ミカエルが、何をすべきかを知るための光を与えて
下さるからです。私の特別な息子であるブラザー・ルシアンを祝福いたしま
しょう。父と子と聖霊との御名によりて。アーメン。

リトル・ペブル:
 今、衣(のように見えるのですが)の中から出てきたのは、聖マリアの
御心です。御心のまわりには小さなバラの花がついており、全部咲きそろっ
ています。小さなかわいいバラの花で、皆色が違います。聖母が、これは
ご自分の『特別な子供たち』を表わしているのです、とおっしゃいました。
その特別なところには、十二あります。聖母は今、後ろへ一歩下がって、再
びイエズス様がおられるところへ戻られました。今度は聖ヨゼフが前に進ん
で来られました。ヨゼフ様は、ここの真ん中同じところへ来られました。ヨ
ゼフ様の御心を見るのは、たぶんこれが初めてだと思います。美しい御心で
す。真ん中には、小さな十字架があります。本当に美しいです。その十字架
の真ん中には、小さなみ心が見えます。聖ヨゼフが、それはイエズス様とマ
リア様を表わしている、とおっしゃいました。たった今気がついたことです
が……わたしは、主や聖母に、より注意を払っておりましたので気がつかな
かったのですが、聖ヨゼフは杖を持っておられ、その杖の上にばらがついて
いるのです。初めてそれに気がつきました。今までは(ばらは)見えたこと
がなかったのです。聖ヨゼフが、このばらは、こ自分の信心が厚い『特別な
子供たち』だとおっしゃいました。聖ヨゼフも、ご自分の周りを見回してお
られます。聖ヨゼフは、とても背が高く、がっちりした体格で、とても強そ
うです。聖ヨゼフが『教会の守護者、保護者』と呼ばれる理由がわかりまし
た。しかし、やはり後ろの方に聖ミカエルがおられ、巨大な輝く十字架もあ
り、わたしたちの守護の天使たちや、他の六位の天使たちもおります。聖ヨ
ゼフが今、わたしを指して耳を傾けるようにとおっしゃっておられます……

聖ヨゼフ:
 天の希望なる息子よ、そしてここにいるかわいい子らよ、また、全世界の
子供たちよ、あなた方を祝福しよう。わたし、聖ヨゼフは、イエズスとマリ
アのみ心よりあなた方に挨拶し、祝福する。父と子と聖霊との御名によりて。
アーメン。

 我が子よ、そして全世界の子らよ、わたしはほんの少しだけ話そう、なぜ
なら我が息子、王の中の王たるイエズスの言葉や、わたしの浄配であり、ま
た、神の母であるマリアが、大昔から与え続けてきた天の言葉を聴くことが
どれほど重要であるかとわからせるだけの話を、もう充分語っているからで
ある。間もなく全世界の幻視者たちは、公に公教会や世間一般の人々に対し
て語るのをやめるであろう。恐ろしい懲罰のうちの一つが世に下されるから
だ。だからかわいい子らよ、イエズスとマリアが世界中の無数のご出現で
語って来られた言葉に注意しなさい。また、わたしや聖ミカエルや天の諸聖
人方も、数え切れないほど多くの幻視者や幻聴者や神秘家たちを通して、来
るべき大苦難のため、地上のすべての子らに準備するようにと語って来た。
全世界の人々に向けた愛より出るこれらの言葉を、よく読みなさい。心に留
めて、与えられた通りの指示に従っていなさい。聖母マリアの浄配なるわた
しをしばしば呼びなさい。そうすれば、助けに来るのだから。わたしたちの
主であり、神なるイエズス・キリストに信頼を持ちなさい。そして、天の
元后、無原罪の聖マリアに信頼しなさい。また、わたしたち皆が地上の子ら
を愛しており、すべての子らが天国へわたしたちと一緒に来ることができる
ように、救われると確信を持ちなさい。かわいい子よ、わたしが言いたかっ
たことはこれで終わる。イエズスとマリアの御名をいつもあなた方の唇と心
に刻み付けておきなさい。息子よ、そしてかわいい子らよ、あなた方を祝福
しよう。父と子と聖霊との御名によりて。アーメン。

リトル・ペブル:
 もう聖ヨゼフは聖母のお隣りに戻っていらっしゃいました。イエズス様と
マリア様とヨゼフ様は、今度は十字架の方へ向かわれます。今、天使たちが
後に続いていらっしゃいます。聖ミカエルは、まだそこにおられ、諸天使、
諸聖人方も、イエズス様、マリア様、ヨゼフ様も『私たちはあなたも、他の
子供たちをも愛しています』とおっしゃいました。皆様方が天国に近くなる
に連れて、その声はだんだん弱くなっていきます。聖ミカエルが(この驚く
べき光のうちで、この並外れた光を伴って非常に驚くべきことですが)その
大きな十字架を取り上げて、十字架のしるしをなさいます。父と子と聖霊と
の御名によりて。アーメン。聖ミカエルが『大勢の人が、このしるしを間も
なく見るであろう』とおっしゃいました。

(今ロザリオが、もう一連唱えられる……)



----------------------------------------------------------------
3.反キリスト、ロード・マイトレイヤについての警告
----------------------------------------------------------------
イエズス様からの警告 1995年4月13日

 私の王国に至る道は私の十字架である。甘美なる子供たちよ、天にいるす
べての霊魂は、無垢の者も、また地上では悪であったが死の前に悔い改めた
者も、十字架によって天国に値するものとなったのである。人類の時は尽き
ようとしているが、人類にはまだ悔い改める時間がある。子供たちにはまだ、
至高なる御者の御旨を理解する時間がある。私を信じ、私の言葉に信仰を置
き、信頼して私に従う時間がある。人類は平和ではなく、戦争の準備をして
いる。甘美なる子供たちよ、多くの文書に署名が為されているが、それらは
単に文書でしかない。平和のためには何の意味もない。人類が私を救い主、
王、すべての国とすべての心の支配者として宣言するまで、心にも地上にも
平和は来ない。けれども、人類はサタンと来る反キリストの影響と力によっ
て、この世と生活を支配している。人類は弱い。しかし、私は人類に悔い
改め、自らの弱さを認め、贖いの必要を理解するという御父からの恵みを、
至聖なる御母を通して与える。私は憐れみ、愛、思いやりの神である。子供
たちが私のもとに戻り、私の言葉に忠実に留まることを切望している。甘美
なる子供たちよ、砂の上に家を建ててはならない。私の言葉である真理の岩
の上に建てなさい。

 時の中の時は今である。あなたたちが知っている世界の終わりはもうすぐ
である。私の栄光ある地上への来臨は速やかに来る。それゆえ、自分自身を
準備しなさい。あなたたちが今日、心に精神に思い描く宴会は、私の招きの
宴会である。私はすべての男、女、子供が私のテーブルに来て、私とともに
食し、天にまします御父を礼拝することを求めている。この招きはすべての
霊魂に向けられている。しかし、多くの者が呼ばれており、今後も呼ばれる
であろうが、私の言葉を受け入れるために選ばれる者は少ない。ごく少数の
者しか私の言葉を、また来るべき誘惑、この世と肉と悪魔の誘惑、論理の
誘惑、知性の誘惑、力とこの世の栄光と名誉の誘惑に備えて、私が至聖なる
御母に与えた言葉を聞こうとしないからである。甘美なる子供たちよ、誘惑
されてはならない。あなたたちには言葉が、真理が、光があるのだから。私
は真理、光、人類の命である。私を信じる者はすべてを持っているのだ。



----------------------------------------------------------------
4.編集後記
----------------------------------------------------------------
「天からのメッセージ」に版権はありません。天はできるだけ多くの人々が
メッセージを読むことをお望みです。どうぞ友人知人に「天からのメッセー
ジ」を伝えて下さい。コピーして配布して下さい。

 編集室では、メッセージの翻訳ボランティアを募集しています。できるな
ら、カトリック信者で専門用語に強い方を希望しています。

 また皆様からのご質問、ご感想をお待ちしております。関連情報をお持ち
でしたらお寄せ下さい。
 
 次回「箱舟の聖母」は5月16日頃、発行を予定しています。

----------------------------------------------------------------
編集・発行:聖シャーベル修道会
スタッフ : Br.Jean-Marie  Kolbe-Marie
----------------------------------------------------------------
お申込み、ご質問、ご感想は下記までお願いします。

  〒540−0004
   大阪市中央区玉造1−4−14
   聖シャーベル修道会

  E-mail : charbeljapan@nifty.ne.jp

 お申し込みはEメール版は3千円、郵送版は一万円を目安に、一年分のご
寄付をお願いします(商契約ではありません)。こうするのは、読者の皆さ
んにも「受けるだけの人」のままでいるのではなく、自発的な献金と、友人
知人にコピーをわたす伝道を通して「よろこんで与える人」となり、神様の
祝福をもっと得ていただきたいからです。「よろこんで与える者を神は愛さ
れる」、これが私たちの宣教事業の基本理念です。
----------------------------------------------------------------
%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%0%%

(C)日本における「聖シャーベル修道会の共同体」
      設立の促進と援助のための事務所
 http://homepage1.nifty.com/charbeljapan/index.htm
    E-mail : charbeljapan@nifty.ne.jp

%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%9%%




[HOME] [戻る]