「箱舟の聖母」バックナンバー
2004年5月2日号No.202

 マリア様を喜ばせましょう。マリア様はあなたの小さな奉仕にも大きな恵みで報いて下さいます。あなたが愛する人の救いのために「箱舟の聖母」を役立ててください。「箱舟の聖母」は宣教誌です。購読しコピーし身近な人にわたすなら、あとはマリア様ご自身が働いて下さいます。そしてあなたの購読料はマリア様の事業を支えます。あなたのマリア様に対する奉仕を神様は永遠に忘れません。

 お申し込みはEメール版は3千円、郵送版は一万円を目安に一年分のご寄付をお願いします(商契約ではありません)。こうするのは、読者の皆さんにも「受けるだけの人」のままでいるのではなく、自発的な献金と、友人知人にコピーをわたす伝道を通して「よろこんで与える人」となり、神様の祝福をもっと得ていただきたいからです。「よろこんで与える者を神は愛される」、これが私たちの宣教事業の基本理念です。

◆マテオによる聖福音10章27節
「私がやみの中で言うことを、あなたたちは明るみで言え。耳をあてて聞くことを、屋根の上から知らせよ」

◆マテオによる聖福音10章42節
「この小さい者の一人に、弟子として冷や水の一杯でも与える人があったなら、まことに私は言う。その人は報いを失わぬ」


ご注意
■ お申し込みは下記住所宛にEメール版は3千円、郵送版は一万円を目安に一年分のご寄付をお願いします(商行為でも契約でもありません)。  〒540−0004 大阪市中央区玉造1−4−14 箱舟の聖母社
■ トラブルを避けるために、必ずご本人様でお申し込み下さい。いかなる理由でも、ご送金後の返金はできません。お申し込みから登録まで2週間程度かかりますので、あしからずご了承下さい。
■ 本誌読者=「聖シャーベル修道会会員」ではありません。どのような立場の方でも歓迎いたします。
■ これを用いてマリア様の事業を攻撃する人には送付を打ち切ります。また災害・戦争など、やむを得ない事情の際も送付いたしませんが、ご了承ください。


%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%0%%

        「 箱 舟 の 聖 母 」

       2004年5月2日号 No.202

   毎週1回発行:Eメール版 年間3,000円(ご寄付)
          郵送版  年間10,000円(ご寄付)
  http://homepage1.nifty.com/charbeljapan/index.htm
      E-mail : charbeljapan@nifty.ne.jp
       ( 等幅フォントでご覧下さい!)
%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%5%%
----------------------------------------------------------------
    箱舟の聖母、
       我らが御母聖マリア、
         キリスト信者の扶(たす)け
----------------------------------------------------------------
 マリア様を喜ばせましょう。マリア様はあなたの小さな奉仕にも大きな恵
みで報いて下さいます。あなたが愛する人の救いのために「箱舟の聖母」を
役立ててください。「箱舟の聖母」は宣教誌です。購読しコピーし身近な人
にわたすなら、あとはマリア様ご自身が働いて下さいます。そしてあなたの
ご寄付はマリア様の事業を支えます。あなたのマリア様に対する奉仕を神様
は永遠に忘れません。
----------------------------------------------------------------

◆今週号の目次

 1.153本の聖ヨゼフの百合
 2.リトル・ペブルに与えられたメッセージ
 3.反キリスト、ロード・マイトレイヤについての警告
 4.編集後記


----------------------------------------------------------------
1. 153本の聖ヨゼフの百合
----------------------------------------------------------------
【 第62章 】

 日本の親たちは、なぜ家庭にまで能率至上主義と分業主義を持ち込んで
しまっているのでしょう? 例えば父親が「お母さんの手伝いをしておいで」
と言い、子供が母親の家事を一緒にやろうとし始めると、母親は「手伝わな
くていいから、勉強しなさい」と言い、一緒にやらせません。母親が「お父
さんの手伝いをしておいで」と言い、子供が父親がやっていることを一緒に
やろうとすると、父親は「じゃまだから遊んでこい」と言って一緒にやらせ
ません。こんなケースがいくらでもあります。親にとっては子供が一緒にや
ると能率が悪いことでしょう。子供が勉強だけする方が、成績という目に見
える結果が出るので、親にとってはいいことでしょう。しかし、親のこの
拒否で、子供は親を行ないによって愛するチャンスを失いました。ことの
重大さがわかりますか? 子供は具体的な行ないによって、愛することを
学ぶ必要があります。愛とは感情ではないのです。感情のみで何の行ないも
伴わなかったら、それは愛することになりません。目の前で飢えに苦しむ人
がいて、「かわいそうに!」と思えば愛したことになりますか? いいえ、
食べ物を分けてあげなければ愛ではありません。家庭は「無償の愛と奉仕を
学ぶ場」でなければならないのに、奉仕のチャンスを与えず、奉仕という
具体的な行ないをさせることで愛を教えるということをしないなら、一体
子供はどうやってそれらを学べるのですか? 家庭は「心のつながりで結ば
れ、人と心のつながりを持つことを学ぶ場」でなければならないのに、子供
と一緒にやることを親が拒否していてどうやって心のつながりを作り、作り
方を学ばせるのでしょうか? 日本の親たちは、まず能率至上主義と分業主
義を家庭から排除してください。つまり家庭にいる間は、親たちは別の主義
に切り替えてください。私が今、名前をつけますが、それは「子供の霊魂
至上主義」という主義です。子供の霊魂の養成のためなら、親の仕事の能率
も、子供の学校の成績も重要視しないという主義です。

 共同体の中で家庭生活をする夫婦は、「子供の霊魂至上主義」を夫婦で話
し合いつつ、一緒に徹底させてください。上に例としてあげたような、子供
の霊魂にとって悲劇的なことがもう起こらないように。そして、「子供と心
のつながりを作ろう」「自分たちの内面を伝えるコミュニケーションをしよ
う」「子供におりあるごとに考えさせ、子供の考えていくというプロセスを
一緒にやろう」ということを話し合い、二人とも実行するのですよ。そうし
ながら、夫は子供に「お母さんを愛しなさい」と命じ、具体的な奉仕と尊敬
を教え、実践させてください。また、妻は子供に「お父さんを愛しなさい」
と命じ、具体的な奉仕と尊敬を教え、実践させてください。

 そして非常に大切なことがあります。それは「愛と奉仕には限界がない」
ということです。この意味は、子供が教えられたことを義務としてではなく、
創造的に、自発的に愛と奉仕を実践するようになり、これをひとつの方向性
として家族の全員に、共同体の全員に、地域で触れ合う人へと広げていく
過程がこの先にあるという意味です。どこに子供を導いていくのか、親たち
はビジョンをしっかりと持ってください。もうひとつの方向性はもっと重要
です。これはこの先、肉体的、物質的慈善の業から、精神的慈善の業へ、そ
して信仰の真理を教える霊的慈善の業へと子供の愛と奉仕の質が広がること
です。この方向への広がりによって、人にも神にも際限なく愛と奉仕をささ
げる完ぺきな神の僕に子供がなってゆくというビジョンを親たちは持って
ください。親に任せられたことはなんと重大なのでしょう! これに応える
には聖ヨゼフの助けが不可欠です。

 長くなりますがマリア・ワルトルタを通してイエズスが教えてくださる
ことを聞いてください。そうすればなぜ聖ヨゼフに祈り求めるべきかがわか
ります。

「……最後に親たちの注意を引きたいことは、ヨゼフは教育によって得た
 多くの知識もなかったのに、私を腕の良い労働者に仕立て得たということ
 である。道具を使える年になるや、私に怠惰な日を許さず、早速、仕事を
 習わせ、マリアに対しての私の愛を、仕事に励むように助けとして使った。
 母の役に立ついろいろな道具を造ること、これによって、すべての子供が
 母親に対して持つべき尊敬を、私に注ぎ、未来の腕のいい大工を作る見習
 いは、今言った深い愛を込めた尊敬に基づかせていたのだった。親たちを
 喜ばす手段として、子供たちに仕事を愛させる家族は、今どこにあるか。
 多くの場合、子供たちは家の暴君となっている。親たちに対して心を閉ざ
 し、無関心で無礼に育つ。親を自分の僕とさえ考え、親を心から愛さず、
 また、対して愛されていない。なぜなら、あなたたち親は、子供たちを
 わがままな暴君のようなものにつくると同時に、恥ずべき無関心をもって、
 彼らから心を遠くして生きるからである。20世紀の親たちよ、あなたた
 ちの子供は、あなたたちの子供というよりも、乳母とか、金持ちだったら
 家庭教師とか、有名校の子である。貧しかったら、仲間達、道、学校の
 ものであるが、あなたたちのものではない。あなたたち母親は、子供を
 産むだけの者である。あなたたち父親も同じようなことをやっている。
 しかし子供は肉体だけのものではない。何よりも知恵、心、霊である。
 この知恵、この心、この霊を創り上げる義務と権利が、誰よりも父と母と
 にある、とよく肝に銘じておくがよい。……」(1)

(1)「聖母マリアの詩(上)」あかし書房 マリア・ワルトルタ著
   P276、277



----------------------------------------------------------------
2.リトル・ペブルに与えられたメッセージ
  − No.142 1987年4月13日 −
----------------------------------------------------------------
リトル・ペブル:
 いつものように聖母への特別の崇敬をあらわすため、聖歌『きよきおとめ
……』を歌いましょう。七位の大天使達がおります。各々光輝く、まばゆい
火を放っている燃える剣を持っています。大天使達は皆、全部白い衣を着て
おり、各々の翼は……非常に大きく広げられています。そして……ダイヤモ
ンド型を作るように並び、聖母を待っております。(聖歌が歌われる)

 聖母は、既に聖歌のはじまった時からここにおられます。何か空からとて
も輝くものが近づいてきます。ものすごくまぶしいので目が痛くなります。
聖母の御心の輝きです。御胸の上にある、美しい御心なのです。御心から
沢山の光線が放たれており、本当にまぶしいです。とてもとても輝いており
……説明しにくいですが、太陽よりも明るい程で、少し目が痛くなり始めま
した。聖母の御姿は大変美しく、今日は『汚れなき御心の聖母』のお召し物
でいらっしゃいます。御胸には先程申し上げましたように、燃えている御心
があり、皆様一人ひとりへの愛で盛んに燃えております。

 大天使達は、今度は聖母の周囲に半円を描きました。そして空の高い所に、
光輝く白い十字架が現われ、沢山の光の流れが皆様の上に降り注がれていま
す。聖母は、右の御手に美しいロザリオをお持ちです。お召し物は素晴らし
く、真っ白な衣を着て、金色の少しだけ縁取りのある白いケープをはおって
おられます。いつもは冠をかぶっておられるのに、今日はかぶっておられま
せん。聖母は、ロシアがご自分の汚れなき御心に奉献された時に冠をかぶる
とおっしゃいました。

聖母:
 愛する我がリトル・ペブルよ、そしてここに集まっている可愛い子供達よ、
あなた方を祝福します。父と子と聖霊との御名によりて。アーメン。

 子供達よ、今日あなた方は、もう一度目撃しましたね。永遠の御父より与
えられた『しるし』を、皆が目撃したと思います。但し、一番重要な『しる
し』は、あなた方の心なのです。つまり、神様への回心です。もっと大きな
しるしが将来沢山与えられるでしょう。それはこの国を始め世界中の不信仰
者を回心させるためのものです。キリストが十字架をもって全世界へ進んで
立ち向かわれたように、困難に立ち向かわねばならないのは、数多くの『し
るし』を与えられてきたあなた方なのです。あなた方は、この世において
御子の愛の模範とならなければなりません。多くの人々がイエズス・キリス
トは死者の中から復活されたこと、人類の救霊のために十字架につけられた
事、彼こそは全世界の子らの救い主である事を信じるようになるのは、あな
た方を通して、また、あなた方の信仰と愛を通してなのです。

 子らよ、私はまことに申します。イエズス・キリストこそ真に神であり、
真に人なのです。あなた方の心をキリスト・イエズスに永遠に支配させて下
さい。子ども達よ、聖なるロザリオを通して、同じ愛の絆のうちに一致いた
しましょう。みな一緒にお祈りをして、これを十字架上のイエズス様にお献
げ致しましょう。このお祈りにより多くの人々が御子を信じるようになり、
カトリックの信仰を持ち、岩であるペトロの上にお建てになった公教会を信
じるようになるのです。あなた方は間もなく、天が何故私達の愛するリトル・
ペブルをリトル・ロック(小さい岩)と名づけたかが分かるでしょう。それ
は、彼が来たるべき大試練や大艱難の日々に御子の教会を刷新し、勝利に導
くからなのです。生命と愛の書に記されている救われるべき人々を救える
人類にのこされた期間は、もう本当に短くなってきております。また、救う
方法は唯一、あなた方の祈りと犠牲と償いによるのです。

 可愛い子らよ、あなた方をとても愛している母の御心をもって、あなた方
を祝福致します。また、あなた方の信頼と信仰に感謝いたします。父と子と
聖霊との御名によりて。アーメン。

 イエズスの御憐れみを忘れないようにしなさい。イエズスの御憐れみは限
りを知らないのです。あなた方へのイエズスの御憐れみと愛に信頼しなさい。
赦され得ない者など誰もいないのですから。

リトル・ペブル:
 聖母は、今左腕に赤ちゃんを抱いていらっしゃいます。幼きイエズス様
ではありません。

聖母:
 我が子よ、よく気がつきましたね。この子は私達の所に送り返されてきた
子なのです。堕胎によって世界中の沢山の送り返されてきた子どもの一人で
す。この子達は皆天国におります。彼らは罪なくして神の愛のうちに殉教し
たからです。我が子よ、では振り向いて太陽を愛の十字架で祝福して下さい。
(十字が切られる)……太陽は人間に、そして、この地球に光と暖かさを与
えております。しかし、この太陽を空で支えておられるのは愛に満ちた永遠
の御父なのです。各々の魂を御手のうちに支えて下さっているのは、愛なる
永遠の御父なのですよ。そして、あなた方には御父の御手の内に留まるか、
暗闇の中に行ってしまうかを選ぶ自由意志が与えられているのです。選ぶの
はあなた方なのですよ!

リトル・ペブル:
 今高い所に……大変な輝きですが……空の高い所の玉座についておられる
のは天主なる御父です。まったく素晴らしい光景です。永遠の御父を見せて
頂くのは素晴らしいです。そのあたりは、輝くばかりの白です……一面に
輝く白なのです。

聖母:
 御子イエスズス・キリストを知る者は御父を知る者です。永遠の御父と
御子の愛を通して愛の霊、すなわち愛と光の神なる聖霊が出て、その至聖
かつ尊厳なる三位一体をとおして、我が御心により、私はあなた方に祝福を
送ります。父と子と聖霊との御名によりて。アーメン。息子よ、では行きな
さい。キリスト・イエズスの平安のうちに。

リトル・ペブル:
 聖母は今、天使達とともにもっと空高く行ってしまわれます。天に戻られ
る聖母を讃えて、聖歌を一曲歌いましょう。

(聖歌『きよきおとめ……』が感謝の内に歌われる)



----------------------------------------------------------------
3.反キリスト、ロード・マイトレイヤについての警告
----------------------------------------------------------------
イエズス様からの警告 1995年4月13日

 すべての者が、私があなたたちのために命を与えた、この聖週間の日々に
ついて黙想するように呼ばれている。甘美なる子供たちよ、怠惰のうちに、
また、この世と肉の追求のために時間を浪費してはならない! あなたたち
自身の内に入り、私の受難と至聖なる御母の悲しみについて黙想しなさい。
教会とこの世は、私がかって体験したように、そして今もなお地上における
私の神秘体のうちに体験しているように、私と同じ受難を体験する! 反省
の時は今。熟考の時は今である。私に従うか、それとも、間もなく自分の名
で世に来て、善いもの、有益なものすべてを破壊する者に従うのか、熟慮す
る時である。

 御母と私は何世紀にも渡り、子供たちに準備させるため、多くの言葉を
キリスト教圏を通して話してきた。私の来臨に備えさせるだけではなく、
来るべき年々に世界を支配する反キリストとして来る私に敵対する者、サタ
ンの到来に対しても備えさせるためでもあった。甘美なる子供たちよ、これ
は重大なことなのである。あなたたちの多くはこれが何を意味するのか理解
していない。私が死んだ時、そして私が復活するまでの時、すなわち私の死
に起因する闇、子供たちの苦境、多くの者の心における怖れについてよく考
えなさい。「頭」が殺され、「体」は不具にされた。これと同じことが地上
における私の家で起きるのだ。「頭」は殺され、「体」から切り離されるで
あろう。

 体、すなわち教会は傷つき、裂かれ、十字架につけられ、多くの部分に
分けられる。教会と世界に空虚があるだろう。世の隅々にまで闇が入り込み、
滅びの子が世に入り、人類を支配するであろう! それゆえ、甘美なる子供
たちよ、今は、速やかにそして予告なしに、あなたたちに来る時に備えて
準備する時である。その時、人類はサタンと罪の力によって奴隷化されるの
だ。しかし、恐れてはならない。私は世の光なのだから! 至聖なる御母を
通して、私は人類を自らの愚かさから救うために来る。あなたたちが今、生
きている一日一日を、最期の日であるかのように生きなさい。あなたたちは、
いつ私が来るのか、あなたたちを裁くために、天にまします御父の玉座の
御前にあなたたちの霊魂を連れていくために私が来る時を知らないのだから。



----------------------------------------------------------------
4.編集後記
----------------------------------------------------------------
「天からのメッセージ」に版権はありません。天はできるだけ多くの人々が
メッセージを読むことをお望みです。どうぞ友人知人に「天からのメッセー
ジ」を伝えて下さい。コピーして配布して下さい。

 編集室では、メッセージの翻訳ボランティアを募集しています。できるな
ら、カトリック信者で専門用語に強い方を希望しています。

 また皆様からのご質問、ご感想をお待ちしております。関連情報をお持ち
でしたらお寄せ下さい。
 
 次回「箱舟の聖母」は5月9日頃、発行を予定しています。

----------------------------------------------------------------
編集・発行:聖シャーベル修道会
スタッフ : Br.Jean-Marie  Kolbe-Marie
----------------------------------------------------------------
お申込み、ご質問、ご感想は下記までお願いします。

  〒540−0004
   大阪市中央区玉造1−4−14
   聖シャーベル修道会

  E-mail : charbeljapan@nifty.ne.jp

 お申し込みはEメール版は3千円、郵送版は一万円を目安に、一年分のご
寄付をお願いします(商契約ではありません)。こうするのは、読者の皆さ
んにも「受けるだけの人」のままでいるのではなく、自発的な献金と、友人
知人にコピーをわたす伝道を通して「よろこんで与える人」となり、神様の
祝福をもっと得ていただきたいからです。「よろこんで与える者を神は愛さ
れる」、これが私たちの宣教事業の基本理念です。
----------------------------------------------------------------
%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%0%%

(C)日本における「聖シャーベル修道会の共同体」
      設立の促進と援助のための事務所
 http://homepage1.nifty.com/charbeljapan/index.htm
    E-mail : charbeljapan@nifty.ne.jp

%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%2%%




[HOME] [戻る]