「箱舟の聖母」バックナンバー
2004年4月25日号No.201

 マリア様を喜ばせましょう。マリア様はあなたの小さな奉仕にも大きな恵みで報いて下さいます。あなたが愛する人の救いのために「箱舟の聖母」を役立ててください。「箱舟の聖母」は宣教誌です。購読しコピーし身近な人にわたすなら、あとはマリア様ご自身が働いて下さいます。そしてあなたの購読料はマリア様の事業を支えます。あなたのマリア様に対する奉仕を神様は永遠に忘れません。

 お申し込みはEメール版は3千円、郵送版は一万円を目安に一年分のご寄付をお願いします(商契約ではありません)。こうするのは、読者の皆さんにも「受けるだけの人」のままでいるのではなく、自発的な献金と、友人知人にコピーをわたす伝道を通して「よろこんで与える人」となり、神様の祝福をもっと得ていただきたいからです。「よろこんで与える者を神は愛される」、これが私たちの宣教事業の基本理念です。

◆マテオによる聖福音10章27節
「私がやみの中で言うことを、あなたたちは明るみで言え。耳をあてて聞くことを、屋根の上から知らせよ」

◆マテオによる聖福音10章42節
「この小さい者の一人に、弟子として冷や水の一杯でも与える人があったなら、まことに私は言う。その人は報いを失わぬ」


ご注意
■ お申し込みは下記住所宛にEメール版は3千円、郵送版は一万円を目安に一年分のご寄付をお願いします(商行為でも契約でもありません)。  〒540−0004 大阪市中央区玉造1−4−14 箱舟の聖母社
■ トラブルを避けるために、必ずご本人様でお申し込み下さい。いかなる理由でも、ご送金後の返金はできません。お申し込みから登録まで2週間程度かかりますので、あしからずご了承下さい。
■ 本誌読者=「聖シャーベル修道会会員」ではありません。どのような立場の方でも歓迎いたします。
■ これを用いてマリア様の事業を攻撃する人には送付を打ち切ります。また災害・戦争など、やむを得ない事情の際も送付いたしませんが、ご了承ください。


%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%0%%

        「 箱 舟 の 聖 母 」

       2004年4月25日号 No.201

   毎週1回発行:Eメール版 年間3,000円(ご寄付)
          郵送版  年間10,000円(ご寄付)
  http://homepage1.nifty.com/charbeljapan/index.htm
      E-mail : charbeljapan@nifty.ne.jp
       ( 等幅フォントでご覧下さい!)
%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%4%%
----------------------------------------------------------------
    箱舟の聖母、
       我らが御母聖マリア、
         キリスト信者の扶(たす)け
----------------------------------------------------------------
 マリア様を喜ばせましょう。マリア様はあなたの小さな奉仕にも大きな恵
みで報いて下さいます。あなたが愛する人の救いのために「箱舟の聖母」を
役立ててください。「箱舟の聖母」は宣教誌です。購読しコピーし身近な人
にわたすなら、あとはマリア様ご自身が働いて下さいます。そしてあなたの
ご寄付はマリア様の事業を支えます。あなたのマリア様に対する奉仕を神様
は永遠に忘れません。
----------------------------------------------------------------

◆今週号の目次

 1.153本の聖ヨゼフの百合
 2.リトル・ペブルに与えられたメッセージ
 3.反キリスト、ロード・マイトレイヤについての警告
 4.編集後記


----------------------------------------------------------------
1. 153本の聖ヨゼフの百合
----------------------------------------------------------------
【 第61章 】

 日本の子供にとって、家庭は「無償の愛と奉仕の場。それを学び実践する
場」ではありません。子供は両親から、ただ奉仕を受けるだけです。無償の
愛? 物を欲しがるだけ与えられ、甘やかされ、ダメにされることをそう
呼ぶのなら、子供は無償の愛も両親からただ受けるだけです。親たちはそれ
で子供の精神と霊魂がほったらかしになっていることには気がついていない
ようです。日本の親たちはよく「やるべきことはみんなしてやった」と言い
ますから。

 しかし日本の親たちは次のことを理解し、受け入れなければなりません。
「子供は親を知り、愛し、仕えなければいけない」のだということを。父親
の生活だけでなく、その精神と霊魂を知り、彼を愛し、彼に奉仕しなければ
いけないし、母親の生活だけでなく、その精神と霊魂を知り、彼女を愛し、
彼女に奉仕しなければいけないのです。例として、日本でもよく知られてい
る「大草原の小さな家」の著者、ローラ・インガルスをあげましょう。彼女
は父親と母親それぞれの子供時代からのことも別の本に、詳しく、出来事
だけではなく感情や心の思いまで描写しつつ書いています。日本の子供は、
それができるほど父について、母について知っていますか? 親たちは子供
にほとんど何も内面を伝えていませんから、もちろんできるわけがないので
す。知らないのですから。では子供たちは知らない人をどうやって愛するの
ですか? 親だからと義務として愛するのでしょうか? 親を敬うのは神の
十戒による義務なのですけれど。でも義務としての愛は本当の愛ではありま
せん。義務ではなく自由にまかされて愛するとき、愛は初めて本当の愛にな
るのですから。子供は、深い魅力をたたえた親の精神と霊魂を知り、また、
そこに自分への大きな愛があるのを知り、それで親を愛し、精いっぱい愛し
返そうとするのでしょう?

 日本の親たちは、自分の内面を、自分の精神と霊魂を子供に伝えることが
全くできていませんね。だから家庭が変わるためには、少なくともここから
スタートを切らなければならないのです。子供に「親を愛しなさい!」「親
に奉仕しなさい!」と言うところからではありません。もっとさかのぼった
ところから、まず親が始めなければ変化は始まらないのです。

 なぜ子供は親を知り、愛し、仕えなければならないか、その理由がわかり
ますか? それは親とその子の関係が、たいていそっくりそのまま神とその
子の関係になっていくからです。人は神を知り、愛し、仕え、天国の永遠の
幸福を得るためにこの世に生まれさせられます。親を知らなくても平気で、
知ろうという興味も持たないように育てられた子は、神を知らなくても平気
で、知ろうという興味も持たないでしょう。親を義務感で愛する子は、親を
本当に愛してもおらず、同様に神を義務感で愛することはできるでしょうが、
やはりそれは本当の神への愛ではありません。親から奉仕されるのが当然と
して育った子は、神に感謝する人間にもならず、親に奉仕しなかった子は、
仮に感情的な信心業を神にささげることができても、苦労、犠牲、苦しみを
担いつつの奉仕を神にささげることはできないでしょう。家庭は将来へのあ
らゆる基礎ができる場、そして訓練の場です。神を知り、愛し、仕え、天国
に行くのにも家庭で基礎がすえられ、訓練が施されるのです。人生の究極の
目的に向けての基礎づくりという、これ以上ないほど重大な役割が親に任せ
られているのですよ!

 共同体に入いる夫婦も、独身者として入会し、将来家庭を持つことを望ん
でいる人も、日本の家庭が全く欠落させているこの部分を、どうか聖ヨゼフ
のいと清き御心を通してよく黙想して下さい。というのは、日本人である
皆さんには、親にしてもらっていない未体験のことなので、体験を利用でき
ない大きなハンディキャップがあるからです。聖ヨゼフは恵みをもってその
黙想を助け、実りあるものにして、皆さんのインスピレーションのうちに
教えてくださるにちがいありません。この世において神の父親の役目を完全
に果たした彼なのですから、天からあらゆる手段を用いて、家庭のために
彼にこい願う人を助けてくださいますよ。



----------------------------------------------------------------
2.ナウラにてリトル・ペブルに与えられたメッセージ
  − No.141 1987年4月12日 枝の主日 −
----------------------------------------------------------------
リトル・ペブル:
 イエズス様は大きな苦しみで大変疲れておられるように見えますが、御顔
はとても穏やかで威厳があります。今、イエズス様は空に半円形に並んだ
天使達に取り囲まれておられます。天使達はみな紫の衣を着ていて、両手に
しゅろの枝を持っております。頭には冠をかぶっていますが、荊の冠のよう
です。その冠に小さなバラの花がついています。冠をかぶっているのでは
なく、頭の上に少し浮き上がったようにのっているのです。この天使達は
御受難の天使達であり、『御受難の天使』と呼ばれている、と私の守護の
天使が教えてくれました。『御受難の天使』などと言う天使が居ることは
知りませんでした。彼らは大変威厳があり、とても背が高くて非常に美しい
天使達です。紫の衣には金色の紐が付いています。イエズス様は、今、私だ
けに……個人的に話かけておられます。

 今、イエズス様の右側で、聖ヨゼフのうしろに、ヨハネ・パウロ二世教皇
様のお姿が見えます。教皇様も紫の衣を身にまとっておられますが、十字架
につけられて、大変苦しんでおられるご様子です。とても悲しいことです。
しかし、教皇様は、今日、この十字架を担うことによって、ご自分の苦しみ
がかなり和らげられるとおっしゃいました。今、主の左側で聖シャーベルの
後ろにブラザー・ジョゼフ・フランシスが見えます。彼も十字架につけられ
ているのです。可哀想な姿です。とても悲しいことです。そして主の後ろに、
また別の十字架があります。誰かがその十字架につけられていますが、それ
が誰であるかをお知らせすることは許されておりません。

 今、聖ヨゼフと聖シャーベルは前に進んで来られます。お二人ともあちら
の方へ移って、イエズス様と教皇様とブラザー・ジョゼフ・フランシスは、
もう行ってしまわれました。……さて、天使達は一列に並び、とても遠くか
ら美しく輝いた光と共に天の元后が見えます。本当に、とても美しい光景で
す。聖母は、美しい雲に乗って近づいて来られます。今参詣所の前ほんの
6メートルほどの所迄……もう、すぐ上のところに来られました。聖母も紫
の衣をまとい、白いマントをはおっておられ、紫のべールをかぶっておられ
ます。そして荊の冠が聖母の頭上で浮き上がったように載っています。とて
も悲しそうな御様子です。右の御手には美しいロザリオを持っておられます
が、今日は真珠ではなく赤い珠で大珠は金色です。この赤のロザリオは『御
受難のロザリオ』ですとおっしゃいました。……

聖母:
 我が愛する子、リトル・ペブルよ、そして此処に集まっている子らを始め、
全世界の全てのかわいい子供達よ、あなた方を祝福いたします。父と子と
聖霊との御名によりて。アーメン。

 我が子よ、私達があなたに見せた幻視は大変悲しいものです。しかし大い
なる悲しみと共に心のなかでは平和と喜びが来るのです。イエズスの御復活
の前に、御子は十字架につけられて死ななければなりませんでした。これと
同じことを、あなた方皆は味あわねばなりません。その十字架をイエズスの
愛のうちに忍耐と頑張りを持って、一生担わなければならないのです。かわ
いい子供達よ、この十字架をイエズスと共に担うことを恐れてはなりません。
なぜなら、苦しみは愛を以てお捧げするのであれば、蜜のように甘くなるか
らです。天の光の子らが地上にいる間、道は次第に困難になってきているこ
とは分かっております。しかし、天にいる私達があなた方に与える唯一の道
は、この十字架の道しかありません。これこそが天国へと続く真の道だから
です。これ以外の道は、偽りの道なのですよ。誰かが、この地上で喜びと楽
しみ、富と権力を与えるのであれば、それは偽りの幸福です。イエズスこそ
が天の子らのための唯一の真の道だからです。ですから地上のかわいい子供
達よ、自分の十字架を取って、カルワリオまでイエズスに従って行きなさい。
そうすれば天国で大いなる収穫を得ることでしょう。

 今日、私は『悲しみの母』として参りました。大勢の子供達が、私達を
拒絶しているからです。多くの者が光と正義の道である息子イエズス・キリ
ストからはずれてしまいました。私は、もう幾度となく、天が選んだ幻視者
を通して、全世界の人々に悔い改め、心と生活を変えて、天にまします永遠
の御父をもっとお喜ばせしなさいと呼びかけてきました。しかし多くの子ら
は、私達が遣わした幻視者達を拒否し続けております。きっと世の終りまで
そうするのでしょう。しかし、それでは手遅れなのです。あなた方は、私が
何故『悲しみの母』としてきたのか不思議に思うでしょう。それは多くの
子供達が、地獄行きの破滅の道を歩んでいるからです。この暗闇の子らが
救われるのは、唯一、光の子らのお祈りと犠牲によるのです。ですから私は、
もう一度、あなた方皆に呼び掛けます。この贅沢で狂った淫らな世の中に
囚われている兄弟姉妹のために、熱心に祈らなければなりません。今やこの
世は、ルシフェルの手玉に取られています。愛の珠なる我が聖なるロザリオ
を取りなさい。これを十字架の道へと導く手段としなさい。では世の救いの
ため我が汚れなき御心を通して、永遠の御父が人類に与え給うた、この愛の
珠で、あなた方を祝福いたしましょう。父と子と聖霊との御名によりて。
アーメン。

 子供達よ、現在オーストラリアを始め他の国々は、『エイズ』で罰を受け
ているのを知って居ますね。何故この病気が全世界で流行しているのかわか
りますか? それは罪のためです! 人間は、自分の肉体ばかりでなく、心
も乱用しているからです! 肉体も霊魂もいと高き主なる神、聖霊の神殿で
す。両方とも潔くしていなさい。両方とも不潔にしてはなりません。肉体も
霊魂も浄化するべきです。罪深い肉体的な欲望をほしいままにしていると
破滅に陥ります。人間は肉体を淫らなほうに使うことに固執しているからで
す。そのようなことでは、神の御前で罰せられ、地獄で罰せられるばかりで
なく、この地上においても罰せられるからです!

 また、もう一つの別な最も恐ろしい病気が世を襲うでしょう……それは
もうすぐです! それは堕胎を行なった女性が掛かる病気です。子宮が大き
く腫れ上がるのです。そしてこれを治す唯一の方法は……悔い改めと赦しを
請うこと、つまり神に立ち戻ることです! 医師も科学者もこの病気を治す
ことはできません。しかし聖にして母なる公教会の秘蹟という治癒により、
癒され、また未信者は、永遠の御父に御赦しを請うならば癒されます。なぜ
なら神の御前では堕胎はいまわしい行為だからです! 殺人だからです! 
地上のかわいい子供達よ、あなた方は一体何の権利があって生命を奪えると
いうのですか? 神が生命の与え主であり、神だけが唯一、御自分の御旨に
より生命を奪う権利があるのです。ですから私は堕胎を考えている全女性に
警告します。注意しなさい。永遠の御父はお怒りになって、この地球をひど
く打ち壊されるでしょう。そしてこの行為……この神の御前に犯罪的行為を
許した者たちよ、あなた方も罪を悔い改めて償いをしない限り永遠の御父か
ら罰せられるでしょう。これは、神の永遠の玉座の御前には由々しき罪だか
らです。

 あなた方の天の御父は、あわれみ深い方です。御父は誰にも罰を下そうと
思っておられないのです。しかし、その子供達は好き勝手なことをしてわが
ままになってしまいました。何千年も前のソドムとゴモラの人々と同じこと
をしているのです。あの町と同じような目にあっても良いのですか? おお
罪深き人間よ、あなた方を愛する憐れみ深い神に立ち戻りなさい。神のもと
へ愛と痛悔の心をもって来るならば、全ての罪を赦して下さるのです。世界
中で生命を守るために堕胎と戦っている子供達を私は祝福いたします。天に
おいて、あなた方の報いは大きいのです。あなた方は無力な者の生命を守っ
たからです。私はいと高き玉座(におられる神)より、世界中の国や公教会
やすべての宗教指導者達に、まだ生れて来ない子供達を守るように奨める
あなた方を祝福いたしましょう。父と子と聖霊との御名によりて。アーメン。

リトル・ペブル:
 今、大天使聖ミカエルが聖母の右側に来られました。聖ミカエルは右手に
大きな剣を持ち、左手には秤を持っています。秤の片方には……とても小さ
な赤ちゃんが乗っています。そうですね。4インチ(約10p)程の大きさ
でしょうか、とても小さなかわいい赤ちゃんです。秤のもう片方には『祈り
と犠牲』の言葉が載っています。今、聖母の後ろに……山のようなものが見
えます。その山に近づいて見ると……(山ではありません)……それは小さ
な赤ちゃん達です。死んだ赤ちゃん達なのです。聖ミカエルは剣を振り上げ
て次のようにおっしゃいます。

大天使聖ミカエル:
 息子よ、分かるか? この国だけでとどれほど沢山の赤ん坊が堕胎されて
いることか! 全世界で毎年約5千万の赤ん坊が堕胎されているのだ。何と
ひどい、恐ろしい犯罪を人間は行なっていることか! あなた方に理解出来
るだろうか? 世の始めから嘘つきであり、殺人者なる悪魔に迷わされた
霊魂達を救うために、そしてこのような犯罪を防ぐために、天にいる私達を
助けてほしい。

リトル・ペブル:
 聖母は、あたりを見回しておられます。もう場面は変わっています。

聖母:
 最後に我が子よ、私が天に戻る前に伝えたいことがあります。それは私達
の小さな息子である『トランペッター』が、イエズスと私と、大天使聖ミカ
エルと、あなたの僕になると申し出てくれた事です。この事でイエズスと私
は大変喜んでおります。私達は、大いなる愛をもってこれを受入れます。全
世界のために、『トランペッター』は、イエズスと大天使聖ミカエルの代弁
者として偉大な預言者となるでしょう。彼は全世界と公教会に、最後の教皇
であるペトロ2世を告げ知らせるでしょう。私は、現在『悲しんでいる母』
の愛をもって彼を祝福すると同時に、我が小さき岩であるあなたと、ここに
集まっている全ての子供たちを祝福いたします。父と子と聖霊との御名によ
りて。アーメン。

 大天使聖ミカエルの依頼により、今日の十字架の道行きのロザリオの祈り
は、堕胎された子供達のため、またこの罪を犯した人々がイエズスに立ち
戻って御ゆるしを請うように、その人達のために捧げられます。また、この
お祈りは、あなた自身の意向のためにも捧げられる事になります。我が子よ、
あなたを愛しています。またここに集まっている可愛い子供達をも愛してお
ります。恐れずに光と愛の道を歩み続けなさい。キリスト・イエズスの平安
が皆さんの上にありますように。父と子と聖霊との御名によりて。アーメン。

(聖歌『きよきおとめとて……』が歌われる)



----------------------------------------------------------------
3.反キリスト、ロード・マイトレイヤについての警告
----------------------------------------------------------------
マリア様からの警告 1995年4月1日

 甘美なる子供たちよ、教会が重い試練を経験するとき、これらの新しい
修道会は教会を助け出すでしょう。反キリストは真の教会と戦う準備をして
います。甘美なる子供たちよ、反キリストが眠っていると信じてはなりませ
ん。反キリストの時は間近です。

 今日、私は聖シャーベル修道会の聖なる修道服を来てまいりました。私が
望んでいるように、修道会の子供たちが謙遜であり、何年にも渡って神で
ある私の御子と私が与えてきた教えに忠実であるようにとの模範を示すため
です。

 今日は愛する息子たち、聖シャーベルとグラントを連れてきました。これ
にはさまざまな理由があります。この尊敬すべき修道会は、聖シャーベルの
取り次ぎにより、聖にして母なる教会から認可を受けるでしょう。私たちの
息子リトル・ペブルに天から与えられたミッションには、グラントの取り次
ぎにより認可がもたらされるでしょう。以前に約束したように、多くのしる
しが与えられるでしょう。甘美なる子供たちよ、今は沈黙の時、堅忍の時、
信仰、忠実、信頼、そして大いなる忍耐の時なのです。

 あなたたちは、神である私の息子が復活する前の時について黙想すべきで
す。いとしい子供たちよ、私が話したことについてよく考えなさい。神であ
る私の息子の礫刑後の時は悲しみの時でした。すべてが不条理であった時な
のです。希望はなく、すべては闇に見え、すべてが失われたと思われました。
甘美なる子供たちよ、この言葉についてよく考え、来るべき日々には、この
言葉について黙想しなさい。

 復活が来る前に、あなたたち皆とこのミッションのために、あなたたち皆
は、カルワリオから復活に至るまでのこの時を体験するでしょう。甘美なる
子供たちよ、全世界のミッションはこれから空前無比の試練を通り抜けるで
しょう。それは既に、全世界の共同体で、神秘家と幻視者とに生じています。
甘美なる子供たちよ、あなたたち皆は、この道を辿らねばなりません。この
世のうちで、この世の楽しみのうちで自分自身を失ってはなりません。この
渇きの時、待望の時は永遠のように感じられるでしょうが、ほんの短い間な
のですから。

 世界は闇の中へと入っていくでしょう。甘美なる子供たちよ、教会はより
一層、闇へと入って行き、復活が来るとのあなたたちの信仰以外に、どんな
慰めも残してはくれないでしょう。甘美なる子供たちよ、あなたたちが生き
ている時、この世紀が終わる前の時に注目しなさい。そして、キリストの
神秘体がキリストの受難をすべて体験しなければならないことを理解しなさ
い。甘美なる子供たちよ、あなたたちは、その神秘体、地上における神秘的
な教会なのです。



----------------------------------------------------------------
4.編集後記
----------------------------------------------------------------
「天からのメッセージ」に版権はありません。天はできるだけ多くの人々が
メッセージを読むことをお望みです。どうぞ友人知人に「天からのメッセー
ジ」を伝えて下さい。コピーして配布して下さい。

 編集室では、メッセージの翻訳ボランティアを募集しています。できるな
ら、カトリック信者で専門用語に強い方を希望しています。

 また皆様からのご質問、ご感想をお待ちしております。関連情報をお持ち
でしたらお寄せ下さい。
 
 次回「箱舟の聖母」は5月2日頃、発行を予定しています。

----------------------------------------------------------------
編集・発行:聖シャーベル修道会
スタッフ : Br.Jean-Marie  Kolbe-Marie
----------------------------------------------------------------
お申込み、ご質問、ご感想は下記までお願いします。

  〒540−0004
   大阪市中央区玉造1−4−14
   聖シャーベル修道会

  E-mail : charbeljapan@nifty.ne.jp

 お申し込みはEメール版は3千円、郵送版は一万円を目安に、一年分のご
寄付をお願いします(商契約ではありません)。こうするのは、読者の皆さ
んにも「受けるだけの人」のままでいるのではなく、自発的な献金と、友人
知人にコピーをわたす伝道を通して「よろこんで与える人」となり、神様の
祝福をもっと得ていただきたいからです。「よろこんで与える者を神は愛さ
れる」、これが私たちの宣教事業の基本理念です。
----------------------------------------------------------------
%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%2%%

(C)日本における「聖シャーベル修道会の共同体」
      設立の促進と援助のための事務所
 http://homepage1.nifty.com/charbeljapan/index.htm
    E-mail : charbeljapan@nifty.ne.jp

%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%5%%




[HOME] [戻る]