「箱舟の聖母」バックナンバー
2004年4月18日号No.200

 マリア様を喜ばせましょう。マリア様はあなたの小さな奉仕にも大きな恵みで報いて下さいます。あなたが愛する人の救いのために「箱舟の聖母」を役立ててください。「箱舟の聖母」は宣教誌です。購読しコピーし身近な人にわたすなら、あとはマリア様ご自身が働いて下さいます。そしてあなたの購読料はマリア様の事業を支えます。あなたのマリア様に対する奉仕を神様は永遠に忘れません。

 お申し込みはEメール版は3千円、郵送版は一万円を目安に一年分のご寄付をお願いします(商契約ではありません)。こうするのは、読者の皆さんにも「受けるだけの人」のままでいるのではなく、自発的な献金と、友人知人にコピーをわたす伝道を通して「よろこんで与える人」となり、神様の祝福をもっと得ていただきたいからです。「よろこんで与える者を神は愛される」、これが私たちの宣教事業の基本理念です。

◆マテオによる聖福音10章27節
「私がやみの中で言うことを、あなたたちは明るみで言え。耳をあてて聞くことを、屋根の上から知らせよ」

◆マテオによる聖福音10章42節
「この小さい者の一人に、弟子として冷や水の一杯でも与える人があったなら、まことに私は言う。その人は報いを失わぬ」


ご注意
■ お申し込みは下記住所宛にEメール版は3千円、郵送版は一万円を目安に一年分のご寄付をお願いします(商行為でも契約でもありません)。  〒540−0004 大阪市中央区玉造1−4−14 箱舟の聖母社
■ トラブルを避けるために、必ずご本人様でお申し込み下さい。いかなる理由でも、ご送金後の返金はできません。お申し込みから登録まで2週間程度かかりますので、あしからずご了承下さい。
■ 本誌読者=「聖シャーベル修道会会員」ではありません。どのような立場の方でも歓迎いたします。
■ これを用いてマリア様の事業を攻撃する人には送付を打ち切ります。また災害・戦争など、やむを得ない事情の際も送付いたしませんが、ご了承ください。


%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%0%%

        「 箱 舟 の 聖 母 」

       2004年4月18日号 No.200

   毎週1回発行:Eメール版 年間3,000円(ご寄付)
          郵送版  年間10,000円(ご寄付)
  http://homepage1.nifty.com/charbeljapan/index.htm
      E-mail : charbeljapan@nifty.ne.jp
       ( 等幅フォントでご覧下さい!)
%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%4%%
----------------------------------------------------------------
    箱舟の聖母、
       我らが御母聖マリア、
         キリスト信者の扶(たす)け
----------------------------------------------------------------
 マリア様を喜ばせましょう。マリア様はあなたの小さな奉仕にも大きな恵
みで報いて下さいます。あなたが愛する人の救いのために「箱舟の聖母」を
役立ててください。「箱舟の聖母」は宣教誌です。購読しコピーし身近な人
にわたすなら、あとはマリア様ご自身が働いて下さいます。そしてあなたの
ご寄付はマリア様の事業を支えます。あなたのマリア様に対する奉仕を神様
は永遠に忘れません。
----------------------------------------------------------------

◆今週号の目次

 1.聖シャーベル修道会ニュース
 2.153本の聖ヨゼフの百合
 3.リトル・ペブルに与えられたメッセージ
 4.反キリスト、ロード・マイトレイヤについての警告
 5.編集後記


----------------------------------------------------------------
1.聖シャーベル修道会ニュース
----------------------------------------------------------------
◆ オーストラリア・ナウラに滞在中のブラザー・ジャン・マリーから、
5月16日に助祭に叙階されるとの連絡がありました。しかし司祭叙階の
ためにはまだ準備期間が必要で、今回は助祭叙階後、6月に帰国するとの
ことです。



----------------------------------------------------------------
2. 153本の聖ヨゼフの百合
----------------------------------------------------------------
【 第60章 】

 テレビの対談番組で、日本の親たちがよくこういうことを言うので、私は
本当に驚いてしまいます。例えば「あいさつだけはきちんとできるように
なってくれれば、それでよい」、「勉強だけはちゃんとしてくれたら、それ
でよい」、「警察のお世話になるような人間だけにならなければ、それで
よい」、「元気であれば、それでよい」などなど、「……さえできればあと
は自由放任」というパターンが実に多いのです。日本の親達は、なぜ自分の
責任をわずかなことに限定してしまうのでしょうか? 彼らは子供が世間様
に後ろ指をさされないようにだけを共通して望んでいて、力点がそれぞれの
親で違うというだけです。「子供をあらゆる面で高潔な人格の大人に育てる
ために、私にできることは全部やります」という親がいないのは、とても
不思議です。これこそ神がすべての親にゆだねている責任だというのに! 
日本の親たちは「それは自分にはできない。荷が重すぎる。これだけの種目
に絞り込めばできるだろう」という考えで、きっとこのような主義に皆おち
いるのでしょう。でも、なぜ無理だと感じるのですか? 聖ヨゼフは父親と
して最も優れたお方ですが、無学な大工でしたよ。日本の親子関係は特殊
なのですか?

 はい。そうですね。非常に特殊なところが確かにあるのです。そのため
日本の子供は、諸外国の子供と比べ、親との距離がはるかに遠いです。それ
を理解するには外国、特に欧米で生活し、学校と家庭をよく見ることが役に
立ちます。欧米の学校では先生の役割と、子供たちのやっていることが日本
と全く違います。日本では子供は本に書いていることを覚えこむだけですが、
欧米では子供たちは自分で考え、先生は子供の考えるプロセスを助けます。
これは家庭での親と子の間でも同じです。というよりは、家庭での親の役割
と子のやっていることを学校に移したのです。親は子供におりあるごとに
考えさせ、親は子供の考えていくというプロセスを一緒にやりながら導きま
す。また、欧米の子供は、父親、母親と一緒に実によく、日本でいえば大人
の仕事を長時間します。そして大抵のことはほぼ一人前にこなす何でも屋さ
んです。仕事には段取りがあり、多くの手順をふんで合理的に目的に向かっ
てゆきますね。それぞれの段階にそれなりの意味があります。ですから子供
が考えるというプロセスを、親と一緒にやっていく大切な実地の場となって
います。

 日本では学校の先生が子供の考えるプロセスを一緒にやらないし、子供に
考えるプロセス自体を教えないのと同様、家庭でも親は子供に考えるプロセ
ス自体を教えないし、子供の考えるプロセスを一緒にやって導いたりはしま
せん。というより、この家庭の姿が学校に移されているのです。そして日本
の子供は、親の仕事や家事をほとんど手伝いません。遊びと勉強以外何も
しません。親は覚え込ませたくて、考えるというプロセスをすっとばして、
「こうするもんだ!」「それが常識だ!」と言って教えますが、結局子供の
信用を失っていくことになります。なぜなら子供も経験が増えれば、状況
によっては、または家庭が違えば、地域が違えば、「こうするものだ」と
教わったことが、こうしてはダメで、「それが常識だ」と教わったことが
非常識なことになってしまうことがわかってきます。ですから口やかましく、
こと細かに言っても、考えるプロセスを子供と一緒にやらない限り無益です
し、子供の心は親から離れていってしまいます。反発し、軽蔑しさえします。

 もし親が自分の考え方の道筋を子供に移し植えてあげれば、状況に応じて
子供はそれを応用して、親のように判断することができるようになります。
これはあらゆる面においてです。善悪、道徳、信仰、実生活、勉強、仕事、
趣味や遊びに至るまで、すべてに応用することができます。欧米の親たちは、
この応用が自在にきく「考えるプロセス」という基本を子供に移し植え、
子供を自立させ、一人前の大人にしてゆきます。日本の親たちのように答え
だけを与えていると、状況が変われば応用がきかず、子供は何もできなくな
ります。また、その都度人に答えをたよろうとするマニュアル人間ができあ
がるだけです。これでは日本の親たちは一生子供につきっきりにならなけれ
ばいけないではありませんか。

 子供が幼いころから、親がこの「考えていくプロセスを」一緒にやってき
たなら、親と子はいつでも心を通わせられる距離にいるでしょう。しかし、
日本にはこういう家庭はまずありません。共同体に入いってくる家庭は、今
までの日本的な特殊な親子関係を改めるチャンスを手にします。親たちは
今までのやり方を改めねばなりません。親は子供の「考えていくというプロ
セス」を、話し合いと、仕事や家事をともにする中で、一緒にやることを始
めなければなりません。それで初めて、子供との距離が近くなってゆくので
す。ただし、親はそれを超楽観主義者としてやってください。悪魔的悲観主
義を子供に移し植えるようなことが起こらないためです。聖ヨゼフと幼きイ
エズスの聖テレジアの霊性をよく理解し、それを行ないつつですよ。「うま
くやらないと失敗するぞ!」、これが日本流の、結局子どもを悲観主義の
臆病者にする、子供への親の掛け声です。「気楽にやれよ! きっとうまく
いくさ!」、これが欧米流の、子供への親の掛け声です。身に覚えがありま
せんか? 実に信仰以前の問題ながら、これほどあなたも存在の深いところ
から、変わる必要があるのです。だからぜひ、聖ヨゼフに助けを求めましょ
う。「気楽にやってください! きっとうまくいきますよ!」



----------------------------------------------------------------
3.事務所でリトル・ペブルに与えられたメッセージ
  − No.136 1987年2月23日 −
----------------------------------------------------------------
リトル・ペブル:
 ロザリオを一連捧げましょう。主の十字架がわたしたちの祈りの初めから
既にそこにあります。聖ミカエルも部屋の中、また天井の上にいる数位の
天使と共にそこにいます。彼等は数人の聖人方が来られるのを準備するため、
このあたりに香を焚いています。マリア様はいらっしゃいません。(ロザリ
オが一連唱えられる)

 聖ミカエルがわたしたちに、聖ミカエルの祈りを3回繰り返すようお願い
しておられます。聖ミカエルはわたしたちに挨拶し、わたしたち皆の方へ頭
を垂れておられます。そして次のように話されます。

聖ミカエル:
 キリストにおける兄弟姉妹に挨拶する。至聖なる三位一体の神がいつも
あなた方の心のうちを照らして下さるように。わたしはあなた方、我が愛す
る息子、そして子供たちを、永遠の御方の玉座から祝福する。また、その
御方の至聖なる御心から挨拶する。父と子と聖霊との御名によりて。
アーメン。

 愛する我が子よ。天の元后は、私ともうすぐ来られる二人の聖人方をお遣
わしになった。それは、聖にして母なる公教会の子供たちの間にひどい混乱
を起こしている、何人かの世界の幻視者に対しての助言をあなたに与えるた
めである。我々の言葉は至聖なるイエズスの聖心と、聖マリアの汚れなき
御心から来るもので、これらの幻視者が堕ちる前に、彼等はただちに従わな
ければならないことをわからせるべきである。

リトル・ペブル:
 今、十字架からどなたかが来られるのが見えます。− このキラキラと輝
く光から − とても輝いています。先程、私たちが祈っていたとき輝いて
おり、その輝きで目が少し痛かったのです。そしてわたしたちがロザリオを
祈り、“栄光の賛歌”を唱えている時、十字架から素晴しい輝きが出ました。
今、使徒聖パウロが見えます。そして、彼の左に小さき花の聖テレジアが
見えます。聖パウロは前に進み出て、そこに立っています。彼は茶系統の
装いで肩を黄色のマントでおおい、剣を持っています。以前にも、剣を持っ
ている聖パウロを見たことがあります。聖ミカエルが彼の右に立っていて、
右手には同じように剣を持っていますが、左手には − それはわたしには
天秤のように見えるのですが − それを持っています。そして左の天秤は
とてもアンバランスに見えます。天秤の上には何ものっていないのですが、
何かの理由でアンバランスです。わたしは世界中の罪の故だと推測します。
聖ミカエルはうなずいておられます。聖パウロは、わたしの方を見ておられ
ます。彼はとても鋭い目をしておられ、褐色がかった髪をしておられ、短い
顎髭を生やしておられます。聖パウロは今、自分の剣を持ち上げました。

聖パウロ:
 我が息子よ、この剣は、神の真理と正義と聖霊を表わしている。私は、天
に不従順な者の上にこの剣を振りおろす。永遠の御父は、天の元后の指示に
耳を貸そうとしない幾人かの幻視者のことを、不快に感じておられるのだ。
天の元后は、我らの光の子らの間で分裂を引き起こしている世界中にいる
何人かの幻視者に、アドバイスするよう指示してこられた。汚れなき御母は、
我らが王であり神であるイエズスのとりなしを通して、わたしが息子である
あなたの所へこのメッセージを世界中に伝えるよう、あなたに頼みに来るよ
うにと特別に願われたのである。特に、わたしが今からそのような幻視者た
ちのことを言う。今から与えるこの警告は、その幻視者たちだけにでなく、
幻視者を助けているその働き手たちのためにも与えられる。そして、これが
最後の警告になるであろう。彼等は裁いてはならない!と注意するよう警告
されるべきなのだ。我が子よ、そして愛する子供たちよ、その幻視者たち
とは…… 一人はベイサイドのヴェロニカ・ルーケンである。彼女は、王の
王であるイエズス・キリストご自身、そして神の母である汚れなきマリアよ
り、我が息子であるあなたと一致し、神の御母が彼女にお与えになった使命
に彼女の働き手たちが干渉するのをやめるように、また我らが愛のリトル・
ペブルや世界中にいる他の代弁者や幻視者たちを迫害するのをやめるよう、
説得されてきた。私は今、聖マリアの汚れなき御心の真実の幻視者みなに、
ヴェロニカに手紙を書き、彼女がただちに天に従わなければならないという
こと、彼女が従わなければ彼女は堕ち、そしてベイサイドのミッションは無
くなってしまうと伝えるよう、呼びかけたい。ヴェロニカは、我が子である
あなたと一致すべきである、これは、彼女に対する天の最後の警告である。
永遠の御父が、カナダのあなたの最愛の小さき兄弟ブラザー・ジョゼフ・フ
ランシスを通しておっしゃったように、聖マリアの汚れなき御心も彼に、す
べての幻視者は、聖にして母なる公教会の平和と一致の道具である愛のリト
ル・ペブルと一致しなければならない、と言われたのだ。いかなる幻視者で
あろうと、彼と一致することを拒む幻視者は堕ちるであろう! あらかじめ
天によって数度にわたり警告されたすべての幻視者は、既に堕ちてしまった。
同様にヴェロニカも、彼女が今天から数回与えられた指示に従わないのなら、
堕ちるだろう。ヴェロニカだけが今、我々天の者が指している幻視者ではな
い。このことは、司祭のマリア運動のゴッビ神父にも当てはまる。彼は今だ
に天の指示に従っていない。我らが愛のリトル・ペブルと一致している世界
中の真実の幻視者たちは、ゴッビ神父とヴェロニカに手紙を書き、他の幻視
者たちを裁くことをやめなければならないと警告するよう、天の元后が頼ん
でおられる。彼等は我らが愛のリトル・ペブルと一致するべきである。彼等
は、聖にして母なる公教会のすべての子供たちの一致のために、祈りと犠牲
のうちに一致するべきなのである。もしこのことがなされないのなら、ゴッ
ビ神父もまた堕ち、そして司祭のマリア運動も同様になろう。多くの司祭た
ちは名前だけこの運動に属し、汚れなき聖マリアが望んでおられたように、
心や魂は属していないからである。司祭のマリア運動の平和と愛のこの運動
において、ただ入ったというだけでは充分ではない。司祭たちは福音を実行
し、すべての振る舞いにおいてマリアのように、キリストのようにならなく
てはならないのである。息子よ、あなたはこれ以上、これらの幻視者たちに
手紙を書く必要はない。我らの主であり王である神イエズスが、あなたは天
が命じたことはやった、とおっしゃっておられるからだ。今度我々は、他の
幻視者たちが手紙を書くように頼みたい。これは、この幻視者達 − ヴェ
ロニカ・ルーケンとゴッビ神父 − に対して、天の指示に従うようにとい
う最後の警告であり、最後のチャンスなのである。さもなければ、あなた方
は天の指示を拒んだ理由の申し開きを、永遠の御父に説明せねばならないこ
とになるだろう。愛する子よ、神の御母がわたしをお遣わしになったのは、
以上のような理由だからだ。だから神の母は、聖マリアの汚れなき御心に
従わないこの二人の幻視者のために、ずっとひどく泣いておられ、もはや
我慢できないので、神の母と彼女の聖なる息子イエズスから来るこのわたし
からのメッセージを伝えるためにあなたと話すようにと、わたしをお遣わし
になったのである。我が愛する息子よ、あなたは本当に我らの平和の息子で
あり、すべての子供たちのための和解の息子である。あなたこそが、間もな
く公教会と全世界に降りかかる暗闇の極みなる時代に、聖にして母なる公教
会を導くべき者だと、世界中の代弁者たちによって語られている者なのであ
る。愛する子よ、恐れてはならない。わたしと使徒聖ペトロが、いつもあな
たのそばにいるからだ。あなたとこの国のここのミッションを迫害する人々
のことで悩むことはない。オーストラリアのナウラでのご出現は、聖にして
母なる公教会によって認可されるからだ。それは、本当にもうすぐなのであ
る。そして、公教会のすべての子供たちと世界中に言っておく − 裁く時
には注意していなさい。あなた方が裁いてきたのと同じように、永遠の御父
はあなた方を裁かれるからである! むしろ裁きは自分のことだけにし、口
を閉じなさい。あなたが□に出す一語一句に対し、永遠の御父へ申し開きの
義務があるのだ。これは公教会と世界に対しての、三位一体の神と汚れなき
マリアからの最後の警告である。では我が愛する息子であるあなたを祝福し、
同時にここに集まった子供たちを祝福しよう。我らの声と指示に耳を傾けて
くれたことを感謝する。父と子と聖霊との御名によりて。アーメン。

リトル・ペブル:
 今、小さき花の聖テレジアが前に出ておっしゃいます。

小さき花の聖テレジア:
 最愛の子供である、私たちの愛のリトル・ペブルよ。天の小さい石よ。−
天ではあなたをそうよんでいます。私たちは愛する息子であるあなたを祝福
し、神の御母のメッセージを広めている勇気を感謝しています。我が子よ、
勇気を出して天の私たちがあなたを見守り、あなたのミッションを導きます
ので安心してください。ヴェロニカに告げてください。彼女は私を敬愛して
おりますし、神の御母は、彼女に対してとてもあわれみ深いからです。もし
彼女が偉大なる聖パウロからのこのメッセージを疑うなら、彼女は私が彼女
のところに現われるときに、私に尋ねるべきです。そうすれば、私は同じこ
とを彼女に言うでしょう。我が子よ、これで全部です。神の御母の頼みなの
で、今、ちょっとの間あなたの小さな兄弟ブラザー・ジョゼフ・フランシス
の所へ連れて行きます。彼は今、あなたを待っています。

リトル・ペブル:
 私の魂が、まさに体から持ち上げられるのを感じます。私は今、ブラザー・
ジョゼフ・フランシスの部屋にいます。ブラザー・ジョゼフ・フランシスは
ベッドに腰掛けて、私を待っています。彼は聖母のご像の前のろうそくに火
を灯し、微笑んでいます。わたしが着いたことがとても嬉しそうです。神の
御母は、この段階ではまだそこに到着しておられませんが、聖テレジアは
わたしと共にいます。聖テレジアが言われます。

小さき花の聖テレジア:
 我が愛する子、我が愛のリトル・ペブルよ、あなたは我が息子である彼を
祝福すべきです。その祝福は、彼の魂をとてもとても強めるでしょう。彼は
霊的にとても打ちひしがれているので、あなたの助けを必要としているので
す。父と子と聖霊との御名によりて。アーメン。我が子よ、私たちはもう
行かなければなりません……

リトル・ペブル:
 もちろん私たちはこの部屋に戻ります。

小さき花の聖テレジア:
 これですべておわりました。でも私が行く前に、大変特別な愛の詩と祝福
をわれらの愛する息子たち、トランペッターとブラザー・ルシアンに送りた
いのです。彼らは、とてもとても私にとって大事なのです。我が子よ、あな
たが次に手祇を書く時に、私が彼等をたいそう愛しており、天の元后がこれ
ら二人の人々を通して、世界のために多くの指示をお与えになることを伝え
てください。私は彼等を至聖なるイエズスの聖心と聖マリアの汚れなき御心
から祝福します。父と子と聖霊との御名によりて。アーメン。

 我が愛する子、および子供たちよ、ありがとう。私たちは、世界中の子供
たちを救うためにしなければならないことが沢山あるので、天国へもう戻ら
なければなりません。我が愛する子よ、神の御母は、インナー・サークルの
問題や公教会の状態について心配しておられるいくつかのことを、さらに詳
しく話すためにすぐに来られます。愛する子と愛する子供たちよ、聖パウロ
と聖ミカエルがあなた方を祝福すると同時に、あなた方を至聖なるイエズス
の聖心と聖マリアの汚れなき御心から祝福します。お二人はとてもあなた方
を愛しておられます。父と子と聖霊との御名によりて。アーメン。

リトル・ペブル:
 今、聖テレジアはわたしたちに、天の元后に栄光を帰して『めでたし』を
3回唱えるよう頼まれました。(『めでたし』が3回唱えられる……)



----------------------------------------------------------------
4.反キリスト、ロード・マイトレイヤについての警告
----------------------------------------------------------------
聖ミカエルからの警告 1995年3月13日

 愛する戦士、真理の小石(ペブル)よ、あなた挨拶する。今日、あなたに
私からの賜物を与えることを永遠の御父に許していただいた。いとしい息子
よ、あなたは神から多くの賜物をいただいているが、これらの賜物はあなた
が地上の教会を導くのを助け、また神の敵の頭、ルチフェルと戦うために、
あなたと、天地の祝福されているすべての者を助けるのである。このリング
にはルチフェルを打ち負かす大いなる力がある! あなたが為すべきことは、
私の助けを求めることである。そうすれば、私は来るであろう。

 私は天の宮廷の王子、忠実な者の保護者である。それゆえ、地上のすべて
の子供たちが私に祈るように求めている。そうすれば、この暗闇のときに私
は教会を守りに来ることができる。世にとって時は極めて厳粛である。善と
悪との戦いは極限まで加速している。だから、光のいとしい息子、娘たちよ、
私を呼びなさい。そうすれば、あなたたちのために戦うために、あなたたち
を守るために、真理を擁護するために、天の戦士を連れて来る。光と真理の
剣をもって、神と無原罪のマリアの力を通して、あなたたちを祝福する。
父と子と聖霊との御名によりて。アーメン。



----------------------------------------------------------------
5.編集後記
----------------------------------------------------------------
「天からのメッセージ」に版権はありません。天はできるだけ多くの人々が
メッセージを読むことをお望みです。どうぞ友人知人に「天からのメッセー
ジ」を伝えて下さい。コピーして配布して下さい。

 編集室では、メッセージの翻訳ボランティアを募集しています。できるな
ら、カトリック信者で専門用語に強い方を希望しています。

 また皆様からのご質問、ご感想をお待ちしております。関連情報をお持ち
でしたらお寄せ下さい。
 
 次回「箱舟の聖母」は4月25日頃、発行を予定しています。

----------------------------------------------------------------
編集・発行:聖シャーベル修道会
スタッフ : Br.Jean-Marie  Kolbe-Marie
----------------------------------------------------------------
お申込み、ご質問、ご感想は下記までお願いします。

  〒540−0004
   大阪市中央区玉造1−4−14
   聖シャーベル修道会

  E-mail : charbeljapan@nifty.ne.jp

 お申し込みはEメール版は3千円、郵送版は一万円を目安に、一年分のご
寄付をお願いします(商契約ではありません)。こうするのは、読者の皆さ
んにも「受けるだけの人」のままでいるのではなく、自発的な献金と、友人
知人にコピーをわたす伝道を通して「よろこんで与える人」となり、神様の
祝福をもっと得ていただきたいからです。「よろこんで与える者を神は愛さ
れる」、これが私たちの宣教事業の基本理念です。
----------------------------------------------------------------
%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%1%%

(C)日本における「聖シャーベル修道会の共同体」
      設立の促進と援助のための事務所
 http://homepage1.nifty.com/charbeljapan/index.htm
    E-mail : charbeljapan@nifty.ne.jp

%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%8%%




[HOME] [戻る]