「箱舟の聖母」バックナンバー
2004年4月4日号No.198

 マリア様を喜ばせましょう。マリア様はあなたの小さな奉仕にも大きな恵みで報いて下さいます。あなたが愛する人の救いのために「箱舟の聖母」を役立ててください。「箱舟の聖母」は宣教誌です。購読しコピーし身近な人にわたすなら、あとはマリア様ご自身が働いて下さいます。そしてあなたの購読料はマリア様の事業を支えます。あなたのマリア様に対する奉仕を神様は永遠に忘れません。

 お申し込みはEメール版は3千円、郵送版は一万円を目安に一年分のご寄付をお願いします(商契約ではありません)。こうするのは、読者の皆さんにも「受けるだけの人」のままでいるのではなく、自発的な献金と、友人知人にコピーをわたす伝道を通して「よろこんで与える人」となり、神様の祝福をもっと得ていただきたいからです。「よろこんで与える者を神は愛される」、これが私たちの宣教事業の基本理念です。

◆マテオによる聖福音10章27節
「私がやみの中で言うことを、あなたたちは明るみで言え。耳をあてて聞くことを、屋根の上から知らせよ」

◆マテオによる聖福音10章42節
「この小さい者の一人に、弟子として冷や水の一杯でも与える人があったなら、まことに私は言う。その人は報いを失わぬ」


ご注意
■ お申し込みは下記住所宛にEメール版は3千円、郵送版は一万円を目安に一年分のご寄付をお願いします(商行為でも契約でもありません)。  〒540−0004 大阪市中央区玉造1−4−14 箱舟の聖母社
■ トラブルを避けるために、必ずご本人様でお申し込み下さい。いかなる理由でも、ご送金後の返金はできません。お申し込みから登録まで2週間程度かかりますので、あしからずご了承下さい。
■ 本誌読者=「聖シャーベル修道会会員」ではありません。どのような立場の方でも歓迎いたします。
■ これを用いてマリア様の事業を攻撃する人には送付を打ち切ります。また災害・戦争など、やむを得ない事情の際も送付いたしませんが、ご了承ください。


%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%0%%

        「 箱 舟 の 聖 母 」

       2004年4月4日号 No.198

   毎週1回発行:Eメール版 年間3,000円(ご寄付)
          郵送版  年間10,000円(ご寄付)
  http://homepage1.nifty.com/charbeljapan/index.htm
      E-mail : charbeljapan@nifty.ne.jp
       ( 等幅フォントでご覧下さい!)
%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%4%%
----------------------------------------------------------------
    箱舟の聖母、
       我らが御母聖マリア、
         キリスト信者の扶(たす)け
----------------------------------------------------------------
 マリア様を喜ばせましょう。マリア様はあなたの小さな奉仕にも大きな恵
みで報いて下さいます。あなたが愛する人の救いのために「箱舟の聖母」を
役立ててください。「箱舟の聖母」は宣教誌です。購読しコピーし身近な人
にわたすなら、あとはマリア様ご自身が働いて下さいます。そしてあなたの
ご寄付はマリア様の事業を支えます。あなたのマリア様に対する奉仕を神様
は永遠に忘れません。
----------------------------------------------------------------

◆今週号の目次

 1.153本の聖ヨゼフの百合
 2.リトル・ペブルに与えられたメッセージ
 3.反キリスト、ロード・マイトレイヤについての警告
 4.編集後記


----------------------------------------------------------------
1. 153本の聖ヨゼフの百合
----------------------------------------------------------------
【 第58章 】

 共同体の中で家庭生活をする人にとって、聖シャーベル修道会の創立以来
の経験上、すでに分かっている大きな問題がひとつあります。それは、夫婦
が連れてくる、18歳未満の子供たちのことです。彼らは自由意志で自分か
らきたとはいえません。そして共同体全体の、神と隣人のためにというモチ
ベーションのレベルよりずっと低いレベルのモチベーションしかたいてい
持っていないのです。中学生か高校生の年代なら、たぶん言うかもしれませ
ん。「ここで暮らして何になるの?」「何もしていないじゃないのですか?」
「いったい何のためにここにいるの?」「外にいても同じでしょう?」と。

 一家庭の中に長年の間に固定されてしまったもの、互いの関係、接し方や
距離、それぞれの考え方、やり方、習慣などは、共同体の中に移り住むだけ
ではほとんど変わりません。若者たちは自分の考えを変えず、世間の精神で
暮らし続け、18歳になったら、その家と共同体から出ていってしまうで
しょう。両親がいくら聖なる模範を示してもです。両親以外の指導者、霊的
助言者、相談相手が存在する必要がここにあります。

 親として子供の成長を見た人はわかると思いますが、子供はある年ごろか
ら、親の言うことよりも、先生の言うことに従うようになります。親として
の経験がない人も自分の子供時代を思いだしてください。両親以外の大人の
意見は、両親の意見よりも重みがあると感じていたでしょう? そして耳を
ずっとよく傾けたでしょう? 聖シャーベル修道会は、子供たち、若者たち
の世間的精神に替えて、彼らの霊魂に聖なる精神を、彼らが司祭や修道者、
家族の長などの両親以外の大人であるスペリアー(長)にも導かれるシステ
ムの中で、共同体による教育・養成として与えてあげることができるのです。

 この共同体の中には、神様がこの子にもゆだねている使命と素晴らしい
ご計画があり、その実現への道を歩いて行くには、今日の、そして日々毎日
のこの子の家庭生活が必要であり、それが将来のための最高最善の準備であ
ること。そしてやはりこの子たちの家庭生活それ自体に神へのささげものと
しての尊い価値があり、愛と善徳の実践、意向の純粋さによって、本人の
努力でさらにその価値を高めていくことができることなど、共同体が修道会
の精神、カリスマ、徳の身につけ方を、スペリアー等、両親以外の大人を通
してこの子たちに教え、神と隣人への奉仕のモチベーションを高め、高く保
たせるなら、この子たちは若くても、愛の使徒、愛の宣教者となります。こ
れは啓示されている神様のご計画なのです。

 この大きな問題に必ず直面するであろう子供連れの家族も、共同体の他の
メンバーも決して恐れたり、不安になってはいけません。神様は良いことが
結果として起こるから試練を許されるのです。悪いことは何一つ起こりませ
ん。聖ヨゼフは亡命者として外国での極貧の生活を神様から恐れなく受け取
りました。それほどの試練に会う人は皆さんの中にはいません。召されてい
ると感じるあなたは、彼のように希望の徳を強め、超楽観主義者となり、神
の助けに信頼し、同時に修道会である共同体の助けに信頼して、何も、誰を
も恐れずに御旨を果たすべきです。あなた以上の試練にあった聖ヨゼフには、
修道会である共同体の支えは与えられていなかったのですよ。神様は私たち
を甘やかしてくださっていますね。



----------------------------------------------------------------
2.聖家族の祝日にリトル・ペブルに与えられたメッセージ
  − No.134 1986年12月28日 −
----------------------------------------------------------------
リトル・ペブル:
 今、美しい白い十字架が来ます。この聖地でよく見る同じ十字架です。白
い十字架は、もちろん復活した主イエズス・キリストを表しています。今、
十字架からたいへん強い光の光線が出て、大きな御聖体のように円になって
います。参詣所にとても近づいて来ます。参詣所の上に今あるその御聖体は、
直径がおよそ300フィート(約91.5メートル)もあるようなとても大
きなもので、美しくまた非常に輝いており、現に私の目は少し痛むのです。
とても輝いているのは、御聖体から明るい光が出ているからです。今、御聖
体の中 − そのまん中の部分が開き始め、聖家族がおられます。幼きイエ
ズス、聖母と聖ヨゼフです。聖家族です。彼らは私たちを見まわしておられ、
とても、とても幸せそうに見えます。御聖体のまわりにはパステルカラーで
とても明るく、各々違った色に身を包んだ数えきれないほどの天使達が取り
囲んでいます。どうにか御聖体の中におられるイエズス様、マリア様、ヨゼ
フ様を見ることができるほど、非常に輝いています。御聖体の後 − ずっ
と上空には、依然と美しく明るい白い十字架があり、今、聖家族の両側には
二位の天使達が立っています。彼らは、たいへん大きな天使達なのですが、
誰なのかはわかりません。聖母が、耳を傾けるよう身振りなさっています。
聖母は幼きイエズス様を抱いていらっしゃいます。白いお召し物で、黄色っ
ぽいマントと金色の帯をまとっておられます。聖ヨゼフは濃淡の茶色の
お召し物です。とても美しい方で、たいへんハンサムな方です。微笑んでい
らっしゃり、とてもお若いお姿です。多くの人々は聖ヨゼフを年とった方の
ように描きますが、年とった方ではありません。聖ヨゼフも原罪を除いては、
聖母のように罪のない方でした。それでもお生まれになる時には聖化された
のです。聖ヨゼフは天において最も偉大な聖人です。そして聖ヨゼフは私が
言っている事を認めておられます。今、聖母は美しい白いロザリオを右手に
持っておられます。幼きイエズス様は、左手に抱かれています。幼きイエズ
ス様は黄色っぽいお召し物を着ておられます。イエズス様はたいへん幸せそ
うに見え、頭の後ろで光が小さな十字架の形のように光っているのが見えま
す。イエズス様の頭の後ろで……聖母はとても嬉しそうです。

聖母:
 我が子、愛のリトル・ペブルよ、そしてここに集った愛する子供達よ、私
は至聖なる三位一体からの祝福をもってあなた方を祝福いたします。父と子
と聖霊との御名によりて。アーメン。そして、小さな娘ローズ(ばらよ)、
あなたに挨拶いたします。私は、私の聖なる息子イエズスの至聖なる聖心よ
り祝福いたします。

 世界中の子供達よ、私は今日この偉大な聖家族の祝日に私の家族、つまり
我が最愛の浄配聖ヨゼフと、我らの最愛の息子であり、人類のあがない主、
イエズスと共にやって参りました。私は特に世界中の家族や、愛する親達、
そしてかわいい子供達に話したいのです。あなた方は聖にして母なる公教会、
そして世界中に模範を示さなければなりません。家庭生活の中心にある救い
主イエズス・キリストの愛を示して下さい。信仰の一致と奉献の象徴として
他人の模範となって下さい。我が聖なる息子イエズスを信じる家族は、皆
完徳を目指して福音を生き、世界中の子供達の光にならなくてはなりません。
と言いますのは、あなた方は、結婚した生活のありさまを示さなければなら
ないからです。家庭生活というのは、一つの秘蹟であり、永遠の御父である
神にとってはたいへん神聖なものであり、とても大事なものだからです。
結婚は、永遠の御父である神様が、地上の多くの子供達に永遠の救いへの道
であり、手段としてお与えになった道なのです。婚姻の秘蹟を聖なる状態に
保つことを忘れないで下さい。世界中のキリスト信者の家庭は皆聖書を学び、
結婚についてよく考えなければなりません。聖パウロの書簡を読んで下さい。
そうすれば、あなた方は、神様が自分達にお与え下さった偉大な賜物の事を、
この聖なる婚姻の秘蹟、家族の秘蹟のうちに理解できるでしょう。両親達よ、
我が御心に愛されている者達よ、あなた方は真実を全うするという意味で、
神の御前において、子供達が神を愛し、神に仕えるよう育てるために重大な
責任があるのです。聖ヨゼフと私が、聖なる息子イエズスと共に、この世の
あなた方のように、一つの家族だったことを思い出して下さい。私達も地上
で生活している間は、苦しんだり悩んだりしました。かわいい子供達、愛す
る家族達よ、私達を見倣いなさい。そうすれば、あなた方の家庭生活と神様
への約束を果たせるよう助けてあげます。家庭生活の神聖さは、永遠の御父
にとっては最も大切なものです。しかしいまだ尚、人類はこの偉大なる秘蹟
を脇へ投げ出しているのです。多くの家庭はバラバラに分裂しています。多
くの結婚は破れて……何故でしょうか? それはあなた方が、お互いに信頼
していないからです。つまり、真実の愛を持っていないからです。真実の愛
とは神から来るものです。家庭生活を営んでいる我が愛する息子達、そして
娘達よ、あなた方は犠牲しなければなりません。それは、あなた方はお互い
を、また子供を聖とするために、自分自身を捧げなければならないという事
です。お互いのため、又あなた方の家庭生活の中心に神をもたらすために、
利己心を忘れ、お互いの事を思いやって下さい。そうすれば、あなた方は
自分達の十字架を担い、一生を通して結婚生活を全うする事ができるでしょ
う。結婚はこの地上においては永遠のものです。天主の十戒に従い、実行し
て下さい。私の言葉を無駄にしないで下さいね。私はあなた方の母なのです
から。私はあなた方を愛し、あなた方のために苦しんでいるのです。我が聖
なる息子の所に来て下さい。しばしばですよ。そうすればあなた方を助けて
下さいます。

 私達天国の者は、あなた方を愛しております。私達は、今ではしばしば
世界中に来ています。それは、私達の子供であるあなた方に十字架をとり、
天国への道を歩むように告げるためです。責任をのがれることはできないの
です。私達の言葉を無視できません。これらの言葉は、全ての心の王であり
支配者であられるキリスト・イエズスからのものだからです。いつか誰もが、
各々自分達が行い、言った事全ての責任を永遠の御父の御前でとらされるの
です。ですから、耳をすまし、祈り、苦業をし、私の聖なる息子イエズスが
地上を歩いておられた間、あなた方に話した事に従って下さい。そして私達
の聖なる代理者ヨハネ・パウロ2世教皇様が話しておられる言葉に耳を傾け
て下さい。また、私達があなた方に遣した預言者達の言葉にも耳を傾けて下
さい。彼らは私達の言葉と真実を語っているのですから。新しい年が来よう
としています。来ようとしている年は、多くの子供達にとって大きな試練の
年になるでしょう。でもまた、あわれみと愛の年でも、赦しと寛大さの年で
もあります。もし、あなた方が自分の心を開きさえずれば……。

 愛する子供達よ、聖なるミサにあづかり、それからドアから出て兄弟姉妹
に対して悪口を言うのはムダな事です。あなた方はわずかな間だけ神の御前
に来て賛美を捧げ、それから出て行って兄弟姉妹を十字架につけることはで
きません。これは、キリストがあなた方にお教えになったやり方ではないの
です。十分に福音を実行してください。そうすれば天国に達するでしょう。
あなた方のために生け贄となられ私の聖なる息子を目のあたりにするために、
ミサに出かける時には、目の前で何が起こっているのかよく注意していなさ
い。沈黙と十分な祈りのうちに注意を払って下さい。どんなに沢山の子供達
がばかにして我が聖なる息子の御前に来ていることでしょう。彼らは時が来
て、「最後の審判の日」の前にたいへん重い代償を払う事になるでしょう!
この世の我が愛する子供達から働きかける時が来ました。囲いから出て、我
が息子イエズスの再臨の前にひざまづいて準備しなさい。我が子供達が私達
の言葉に耳を傾けないのなら、時は短くなるでしょう。ですから私は母とし
て、あなた方の元后として、私達の声に耳を傾けるように、どの国の全ての
子供をも救うため手伝ってくれるように、もう一度嘆願します。あなた方を
迫害する人のために祈って下さい。我が息子のために、あなた方を法廷に
つき出す人のために祈って下さい。我が息子のために、あなた方の悪口を言
う人のために祈って下さい。あなた方を憎み、軽蔑する人のために祈って下
さい。あなた方の敵が真実を悟り、回心するように祈って下さい。バラバラ
になった全ての兄弟が、聖にして母なる公教会において光を求めてやって来
るように祈って下さい。ユダヤ人のために祈って下さい。彼らもまた回心し、
唯一の本当の救い主である我が聖なる息子の所に来るように祈って下さい。
まもなく「反キリスト」がやって来て自分が救い主であり、神であると宣言
するからです。ですから愛する子供達よ、注意していなさい。これから来る
年は、我が子供達にとって大いなる試練の年になり、あなた方の信仰が試さ
れるのですから! イエズスの光のうちに力強く立ち上がって下さい。我が
聖なる息子イエズスのうちに自信を持って信頼して下さい。彼は真実と正義
の道に、あなた方を導くのですから。では我が愛する子供達よ、我が聖なる
息子幼きイエズスがあなた方とあなた方の家族、子供達、そして世界中の
人々を、人類に対する愛のうちに祝福いたします……

リトル・ペブル:
 幼子は今、手をあげます。父と子と聖霊との御名によりて。アーメン。

聖母:
 愛する子供達よ、あなた方の多くが、たくさんの悲しみにうちひしがれて
いることはわかっています。心をあげ、イエズスと共に苦しむ恵みを感謝し
て下さい。我が聖なる息子イエズスと共に十字架を担うことは、とても偉大
な誇りと恵みだからです。聖にして母なる公教会の我が愛する子供達よ。あ
なた方は我が聖なる息子キリストの愛と光を、未信者にもたらすために選ば
れた民族なのです。私達天国にいる者はあなた方を愛するが故に、私共の
子供達を助けるため、いつも準備してそばに立っている事をわかって下さい。
私の子供、我が愛のリトル・ペブルよ、あなたはこれから来る年にたいへん
多くの旅をしなければなりません。それは、この世に我が聖なる息子の福音
をもたらすためです。そうすれば、人々は永遠の御父が人類を贖うために
お遺しになった方を信じるでしょう。我が子よ、あなたの旅は試練なしには
すまないでしょう。ですが、地上の我が兄弟姉妹の一致団結が強められるに
つれて、多くの実がこれらの旅から得られます。愛する子供達よ、世界の
キリスト信者の一致団結のために、私達は熱心に祈らなければなりません。
そうすれば、世界中の者がイエズスの光を見るでしょう。そうすれば世界中
の者が王の中の王であられる救い主を認めるでしょう。そうすれば世界中の
者が救われるでしょう。

 私は、これから来る年において必要な力を与えるため、あなたを祝福いた
します。父と子と聖霊との御名によりて。アーメン。

リトル・ペブル:
 「ジム、ろうそくに火をつけてくれますか?」

 (ろうそくに火がともされる……)

聖母:
 (ジムヘ)我が子よ、あなたが持っているこの象徴(ろうそく)は光の
象徴で、生命と真理の象徴です。これは、あなたが光である我が聖なる息子
イエズスを崇敬して持っているので、世の光としての信者の道を表していま
す。

リトル・ペブル:
 聖ヨゼフが今来られ、少し前に進み出ておっしゃいます。

聖ヨゼフ:
 我が最愛の息子、愛のリトル・ペブル − 天の我らのリトル・ペブル、
世界のための預言者よ、私は我が子であるあなたを祝福しよう。また、ここ
にいる子供達と世界中の子供達を祝福する。そして、どの子供にも天の元后
であり、神の母である汚れなきマリアの声に耳を傾けるよう頼みたい。彼女
のおっしゃる事を聴きなさい。彼女は人類のために本当に苦しんでおられる
のだから。聖なる息子イエズスのように天の祝された元后もまた、人類のた
め、聖なる息子と共に苦しんでいるのである。愛する子供達よ、あなた方の
心と祈りで、神の母をお慰めしてくれないだろうか? 我が愛する息子イエ
ズス・キリスト、すなわち聖なる支配者、全ての心の王、御聖体にまします
我らの神のもとに、より深い愛と信心をもたらせるよう、わたしを助けて下
さい。世界中の子供達を、御聖体にましますイエズスのもとに連れて来れる
よう、わたしを助けて下さい。我が子供達が、神の母に愛を捧げられるよう、
わたしを助けて下さい。それはあなた方いかんにかかっているのである。
わたし達はあなた方にこの責任を担せる。わたし達は、今あなた方を祝福す
る。父と子と聖霊との御名によりて。アーメン。

リトル・ペブル:
 聖ヨゼフは今、神の母である聖母のおとなりに戻って行かれます。そして
聖母と聖ヨゼフは空に戻って行かれ、この参詣所の上にあった大きな御聖体
の中に戻っていらっしゃいます。たいへんに美しい光の輝きがあります。
それは御聖体から来るものです。たくさんの光で、イエズス様、マリア様、
ヨゼフ様のみ心からこの美しい(どのように説明したら良いのかわかりませ
んが、とにかく美しいのです) さまざまな色の光が来ています。それは
まさに、彼らのみ心から来る愛なのです。聖母がおっしゃいます。「私達は、
まもなくあなたにお目にかかるでしょう」 聖母と幼きイエズス、そして
聖ヨゼフが御聖体の奥深くへ入って行かれながら、再び十字をきられます。
父と子と聖霊との御名によりて。アーメン。

(聖歌、アヴェ、アヴェ、アヴェマリアが歌われる……)

 御聖体は、もう参詣所から離れてしまいました。そしてずっと空の彼方の
大きな十字架上のイエズス様に向かって行きます。そして光は失せていきま
す。白い十字架に入って行きます。二位の天使はまだそこに立っています。
聖家族を崇敬して、またベツレヘムの聖夜を賛えて別の聖歌、「The 
First Noel」(まきびと…)を歌いましょう。



----------------------------------------------------------------
3.反キリスト、ロード・マイトレイヤについての警告
----------------------------------------------------------------
マリア様からの警告 1995年2月13日

 試練の時はあなたたち皆の上にあります。甘美なる子供達よ、世界と教会
にあるこの大いなる試練を理解するために聖書を読みなさい。甘美なる子供
達よ、羊と山羊の選別なのです。あなたたちは日々ふるいにかけられている
のです。このため、あなたたちは迫害されるのです。このため、あなたたち
は病気になるのです。このため、家族のうちに、愛するもののうちに、国々
のうちに、教会のうちに試練があるのです!

 あなたたちは教会が闇に覆われる時代に生きています。これは昔の多くの
多くの預言者によって預言されたことです。また、子供達が神の言葉を聞く
ことを求めず、この世であり、その誘惑であるルチフェルの言葉に従うので、
子供達の心が冷たくなることも預言されました。

 甘美なる子供達よ、私を信じなさい。あなたたちの知っている地上の時は、
とても残り少ないのです。あなたたちの至聖なる母として、私はこのことを
何度もあなたたちに話しました。私がこのことをあなたたちに話すのは、あ
なたたちの多くが、時は残り少なくはないと信じて自己満足に陥っているか
らです。しかし甘美なる子供達よ、はっきりと考えなさい。私がこれらの
聖地に、この国のこの聖堂に来るようになって数年しか経っていませんが、
すでに全世界で多くのことが起こりました。しかし、人類はこのことを脇へ
置き、私が話したすべてのことを思い出そうとしません。あなたたちの目の
前で多くのことが通り過ぎましたが、これから更に多くのことが速やかに通
り過ぎていくでしょう。

 甘美なる子供達よ、祈りなさい、わがロザリオを祈りなさい。いとしい
子供達よ、地上ではこの祈りはミサの犠牲(いけにえ)に次いで最も強力な
祈りなのです。このため、私は何度も何度も聖なるロザリオを持ってくるの
です。あなたたちはこの強力な祈りを通して神を敬い、私に忠誠を誓うので
す。この祈りを通して、多くの災害が回避されるのです。いとしい子供達よ、
いつの日にか理解するでしょう。私はあなたたちの母です。母としてあなた
たちを愛しています。母として多くの涙を流して泣いています。甘美なる
子供達よ、真に真にあなたたちに言いますが、世のすべての母にはこのこと
が理解できるでしょう。なぜなら、多くの子供達が世の誘惑の上で眠りこけ
ているのですから。ですから、いとしい母達よ、あなたたちの珠を取りなさ
い、珠を取って祈りなさい。



----------------------------------------------------------------
4.編集後記
----------------------------------------------------------------
◆ ブラザー・ジャン・マリー(オーストラリア・ナウラのゲッセマニ共
同体所属、第2部門、荘厳誓願宣立2003年10月1日)は、来る5月
18日(箱舟の聖母の祝日)に、オーストラリア・ナウラで司祭に叙階され
ます。叙階後は第1部門の会員となり、
ナウラ・ゲッセマニ共同体所属の
まま、6月に再び日本に派遣されます。

 洗礼を受けたい方は、申し出てください。

 ローマ・カトリック使徒教会の昔からの教えを全て固く信じ、現代主義の
異端を決して受け入れないこと。他の宗教の教えをことごとく捨て去ること。
この固い決心があるなら、準備が不十分でも洗礼を授けます。

 準備としては、私たちの3冊の本と、マリア・ワルトルタ著の十巻の本を
全て読んでください。受洗後に読む場合、読む約束をしてください。

「153本のマリアさまのバラ」「聖シャーベル修道会の会則会憲」
「メッセージ集」

 ■箱舟の聖母社
  〒540-0004
  大阪市中央区玉造1-4-14
  郵便振替 00840-3-132438

マリア・ワルトルタ著、フェデリコ・バルバロ訳編の「マグダラのマリア」
「聖母マリアの詩(上)(下)」「イエズスの受難」「イエズスに出会った
人々(一)(二)(三)」「イエズス − たそがれの日々」「受難の前日」
「復活」 の10冊、それぞれ3000円前後です。

 ■あかし書房
  〒166
  東京都杉並区成田西3-9-22
  電話:03-3313-4014 FAX:03-3311-9359
  郵便振替:00110-6-111231

--------------------------------

「天からのメッセージ」に版権はありません。天はできるだけ多くの人々が
メッセージを読むことをお望みです。どうぞ友人知人に「天からのメッセー
ジ」を伝えて下さい。コピーして配布して下さい。

 編集室では、メッセージの翻訳ボランティアを募集しています。できるな
ら、カトリック信者で専門用語に強い方を希望しています。

 また皆様からのご質問、ご感想をお待ちしております。関連情報をお持ち
でしたらお寄せ下さい。
 
 次回「箱舟の聖母」は4月11日頃、発行を予定しています。

----------------------------------------------------------------
編集・発行:聖シャーベル修道会
スタッフ : Br.Jean-Marie  Kolbe-Marie
----------------------------------------------------------------
お申込み、ご質問、ご感想は下記までお願いします。

  〒540−0004
   大阪市中央区玉造1−4−14
   聖シャーベル修道会

  E-mail : charbeljapan@nifty.ne.jp

 お申し込みはEメール版は3千円、郵送版は一万円を目安に、一年分のご
寄付をお願いします(商契約ではありません)。こうするのは、読者の皆さ
んにも「受けるだけの人」のままでいるのではなく、自発的な献金と、友人
知人にコピーをわたす伝道を通して「よろこんで与える人」となり、神様の
祝福をもっと得ていただきたいからです。「よろこんで与える者を神は愛さ
れる」、これが私たちの宣教事業の基本理念です。
----------------------------------------------------------------
%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%0%%

(C)日本における「聖シャーベル修道会の共同体」
      設立の促進と援助のための事務所
 http://homepage1.nifty.com/charbeljapan/index.htm
    E-mail : charbeljapan@nifty.ne.jp

%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%4%%




[HOME] [戻る]