「箱舟の聖母」バックナンバー
2004年3月28日号No.197

 マリア様を喜ばせましょう。マリア様はあなたの小さな奉仕にも大きな恵みで報いて下さいます。あなたが愛する人の救いのために「箱舟の聖母」を役立ててください。「箱舟の聖母」は宣教誌です。購読しコピーし身近な人にわたすなら、あとはマリア様ご自身が働いて下さいます。そしてあなたの購読料はマリア様の事業を支えます。あなたのマリア様に対する奉仕を神様は永遠に忘れません。

 お申し込みはEメール版は3千円、郵送版は一万円を目安に一年分のご寄付をお願いします(商契約ではありません)。こうするのは、読者の皆さんにも「受けるだけの人」のままでいるのではなく、自発的な献金と、友人知人にコピーをわたす伝道を通して「よろこんで与える人」となり、神様の祝福をもっと得ていただきたいからです。「よろこんで与える者を神は愛される」、これが私たちの宣教事業の基本理念です。

◆マテオによる聖福音10章27節
「私がやみの中で言うことを、あなたたちは明るみで言え。耳をあてて聞くことを、屋根の上から知らせよ」

◆マテオによる聖福音10章42節
「この小さい者の一人に、弟子として冷や水の一杯でも与える人があったなら、まことに私は言う。その人は報いを失わぬ」


ご注意
■ お申し込みは下記住所宛にEメール版は3千円、郵送版は一万円を目安に一年分のご寄付をお願いします(商行為でも契約でもありません)。  〒540−0004 大阪市中央区玉造1−4−14 箱舟の聖母社
■ トラブルを避けるために、必ずご本人様でお申し込み下さい。いかなる理由でも、ご送金後の返金はできません。お申し込みから登録まで2週間程度かかりますので、あしからずご了承下さい。
■ 本誌読者=「聖シャーベル修道会会員」ではありません。どのような立場の方でも歓迎いたします。
■ これを用いてマリア様の事業を攻撃する人には送付を打ち切ります。また災害・戦争など、やむを得ない事情の際も送付いたしませんが、ご了承ください。


%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%0%%

        「 箱 舟 の 聖 母 」

       2004年3月28日号 No.197

   毎週1回発行:Eメール版 年間3,000円(ご寄付)
          郵送版  年間10,000円(ご寄付)
  http://homepage1.nifty.com/charbeljapan/index.htm
      E-mail : charbeljapan@nifty.ne.jp
       ( 等幅フォントでご覧下さい!)
%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%3%%
----------------------------------------------------------------
    箱舟の聖母、
       我らが御母聖マリア、
         キリスト信者の扶(たす)け
----------------------------------------------------------------
 マリア様を喜ばせましょう。マリア様はあなたの小さな奉仕にも大きな恵
みで報いて下さいます。あなたが愛する人の救いのために「箱舟の聖母」を
役立ててください。「箱舟の聖母」は宣教誌です。購読しコピーし身近な人
にわたすなら、あとはマリア様ご自身が働いて下さいます。そしてあなたの
ご寄付はマリア様の事業を支えます。あなたのマリア様に対する奉仕を神様
は永遠に忘れません。
----------------------------------------------------------------

◆今週号の目次

 1.153本の聖ヨゼフの百合
 2.リトル・ペブルに与えられたメッセージ
 3.反キリスト、ロード・マイトレイヤについての警告
 4.編集後記


----------------------------------------------------------------
1. 153本の聖ヨゼフの百合
----------------------------------------------------------------
【 第57章 】

 聖シャーベル修道会は家族が主役です。司祭・修道者が脇役です。司祭・
修道者は家族より上に立ち、家族によって支えられるのではなく、まったく
逆に彼らの使命と役割は、家族の下に、いわばもぐりこみ、下から家族を
支えるのです。家族が主役ですから、世の人々の目に映るのは、家族の家庭
生活です。家庭生活の模範を通して証しをするのも、家族の使命と役割の
ひとつです。しかしそのためには神様が望んでおられるのはどんな家庭なの
かを知らなければなりません。それを知って、自分の家庭がそれとほど遠い
ことも知らなければなりません。

 日本の共同体では、中に住む家族の、家庭の復興が、非常に骨の折れる
大事業になるでしょう。なぜなら日本の家庭は世界でも、たぶん最も家庭の
本来の姿を失っているからです。日本の家庭を短い言葉で言いあらわすなら、
「衣食住の物質的なものが整っていて、各自が勝手気ままにしているところ」
と言えます。これをあらわす典型的な現象が「ひきこもり」の問題ですが、
これは日本に特有の問題です。日本の家庭は心のつながりが切れてしまって
いることで、家は家なのですが、ホームと呼べる場所ではありません。

 しかし、どんな家族も、だから共同体にいる資格がないとか、共同体に
いても仕方がないとか決して考えてはいけません。また、すべての部門の
会員皆にも、そのような考えを持つことは断じて許されません。なぜなら
家族の使命と役割の最も大きな部分は、彼らが家庭という共同生活を、聖
シャーベル修道会の共同体ですること自体にあるからです。問題だらけで、
苦しみながらでも、進歩できなくても、その共同生活自体に一番の意味があ
り、そうやって過ごす一日一日に偉大な価値があるからです。考え違いを
してはいけませんよ! 何かを成し遂げることに価値を置いてはいけません。
家族が愛しあう努力のうちに一緒に生活することに最大の意義、価値、重要
性があるのです。これをどうか間違わないで理解してください。問題の大き
さ、多さに隠れてしまって見えなくなっていても、そこでは何らかの形で
自己放棄が行われ、何らかの形で償いがささげられ、何らかの形で愛と善徳
が実践されているのです。

 聖ヨゼフを見てください。何かを成し遂げたと世間的にいえますか? し
かし彼の過ごした一日一日が、人の目にはさえないものでありながらも、神
の目には尊かったではありませんか。ですから大いに家族を励ましたいと
思います。聖シャーベル修道会において最も価値あることを行なっている
のは皆さんだと。そして家族たちは聖ヨゼフの姿を自分たちの励みにして、
一日一日を彼にささげつつ過ごしてください。



----------------------------------------------------------------
2.聖シャーベルの平和と一致と和解のための祈りの家で
  リトル・ペブルに与えられたメッセージ
  − No.108 1986年9月6日初土曜日 −
----------------------------------------------------------------
リトル・ペブル:
 主と聖母が到着なさいました。父と子と聖霊との御名によりて、アーメン。

 お二人ともへやを見回され、一人一人の心をのぞいて、心の内を見透して
おられます。私が言っていることを容認していらっしゃるように、聖母は
うなづいておられます。そして一冊の本 − それは皆様一人一人の心です
− を広げられるかのようで、イエズス様とマリア様の回りには天使達が輪
を描いています。

 今、お二人のうしろから非常に大きな十字架が現れました。茶色ではなく、
輝くばかりの白い十字架です。その十字架の少し上空に、今度はいばらの冠
が見えます。それは三つあって、それぞれの上に名まえが書いてあります。
まん中のはリトル・ペブル、私の右側はブラザー・ジョゼフ・フランシス
(カナダの『涙を流す聖母』の幻視者)の名前で、左側はテレサ(シドニー
の幻視者)です。この三人の名まえがいばらの冠の上に書いてあり、イエズ
ス様とマリア様はほほえみながらうなづいておられます。

 天は今晩とても美しいです。天使たちのうしろにはとてもたくさんの天使
がおります。それというのも、聖母をとりまいているのは、聖母の守護の
天使達で、その数は一千ほどいるからです。主はこのように御腕を広げてお
られ、御手の御傷が見えますが、今その御傷から驚くべき白い光が出ていま
す。その光は今私の心にしみ透ってきています。光線は私の方へ突き進んで
きており、又テレサの方へも、又今度はここにいる皆様一人一人の方へ来ま
した。イエズス様が「この光は、わたしの母をとおして、わたしから来る
恵みである」とおっしゃいました。

 先程も申し上げましたように、聖母の天使達のうしろには、九つの階級の
天使達で、何百万も、無数にいます。全部大きさも色も違っていて、それぞ
れ異った服装をしています。ある者は頭にバラの冠をかぶり、ある者は他の
花の冠を、又ある者は金の冠をかぶっています。とても驚くばかりの光景で
す。天使達はとても美しい姿です。人間のように見え、翼は非常に大きく、
ふわふわしています。

 今、天使達のうしろに現れたのは、美しい大天使聖ミカエルです。聖ミカ
エルは全ての天使達が立っている範囲を占めていますが、それがどんどん
遠く空の彼方に消えていき、今聖ミカエルのうしろに巨大な光が見えます。
どうも玉座のようです。玉座の上に子羊がおられ、玉座の前に祭壇がありま
す。祭壇には「アルファとオメガ」、つまり「はじめとおわり」と書いて
あります。玉座の上にすわっておられるのは神なる御父で、御ひざの上に、
さきほどの子羊が乗っています。御父は私達の方へほほえみかけておられま
す。とてもとてもお美しい方です。皆様がごらんになれないのは、まったく
残念としか申し上げられません。ほんとうにとてもお美しい方です。非常に
長く、白いふわふわしたあごひげをたくわえておられます。お年を召された
方だろうとお思いでしょうが、ちがいます。イエズス様に似ておられるので
す。全くお美しい方です。今、御父の上空に、輝くばかりの光の輪が現れま
した。一羽のはとです。はとは光を放ち、私達の方へ大きな光の流れをくだ
しております。もちろん、これは神の霊である聖霊です。聖母は私に耳を
傾けるように合図なさいました。今夜は何かとても重大なことをおっしゃる
ようです。

聖母:
 我が愛する子、リトル・ペブルよ、そしてここに集まっているかわいい
子どもたちよ、又全世界の子どもたちよ、私はイエズスの聖心よりあなた
がたを祝福いたします。父と子と聖霊との御名によりて。アーメン。

 子どもたちよ、きょう私は人間を愛し、非常に苦しんでおられる神の聖心
より、愛の助言と、祝福を与えるために参りました。

リトル・ペブル:
 イエズス様の聖心は今御血を流されておられ、聖母はその聖心を指して
いらっしゃいます。

聖母:
 わかりますか? 世の罪のために、いかに息子の聖心が引き裂かれ、御血
を流しておられるかが。今夜はあなたがたにイエズスの聖心を慰めていただ
きたいと切にお願いするために参りました。

 かわいい世界中の子どもたちよ、イエズスはひどく苦しんでおられます。
御体は死から復活なさいましたが、あなたがたが病気の時のように、今なお
肉体的苦痛に苦しんでおられるのです。しかしイエズスの苦しみは、あなた
がたのそれよりはるかに大きいのですよ。それはご自分の大勢の子どもたち
が堕落していくのをご覧になっておられるからで、その上もし、再び十字架
上で亡くなられたとしても、ご自分では子どもたちを救うことができないだ
ろうということをご存知だからです。なぜなら愛する子どもたちよ、あなた
がたには自由意志があるからですよ。あなたがたは強いられて天国へ行くの
ではないのです! 私達は天国へ導くために、神の御子イエズスの福音に
よって、聖にして母なる公教会の教えによって、又現在世界中における出現
によって、あなたがたを助け励ます手伝いはいたします。私達はあなたがた
が天国へ行けるように、天からあらゆる方法を与えておりますのに、大勢の
子どもたちはイエズスからのそのような御恵みを拒絶するのです。

 大勢の子どもたちが、自らを地獄に落としているのです! おお、あなた
がたはなぜそのように愚かなのですか? 地上の子どもたちよ、あなたがた
のために涙を流し、血を流している我が汚れなき御心に耳を傾けてください。
私が息子の苦しんでいるのを見るとき、私もまた苦しむのです。私はイエズ
スの母なのですから。肉体的母なのですから。おお地上の子どもたちよ、こ
のことを忘れてしまったのですか?

リトル・ペブル:
 今又、聖母は泣いておられます。とても激しく泣いておられます。「ああ、
やさしいおかあさま、このように泣いておられるのを見るのは本当に心が
痛むということを、あなたはご存知でしょうに。私の心を傷つけております
……。ああ愛するいとも甘美なるおかあさま、あなたをお慰めするために
私を助けてください。」

聖母:
 愛する息子よ、あなたが何度も慰めてくれているのは、わかっております
よ。あなたは我が汚れなき御心とイエズスの聖心を慰めてくれている、数少
い子どもたちのうちの一人です。私は全世界のすべての子どもたちが、私達
のみ心を慰めてくださるように呼びかけます。愛する子よ、そして子どもた
ちよ、あなたがた皆に心からお願いします。終局的破滅から人類を救うため
に、人間の罪の償いとして、どうかロザリオをもって、祈りを捧げてくださ
い。愛する子よ、今あなたがたが知っておくべき重要なことですが、日が
たつにつれて、私はあなたにもっとひんぱんに現れ、全世界の他の出現地に
は、反対に回数をへらしていくつもりです。これは、世の人々が知らなけれ
ばならない理由があるからです.それは、オーストラリアにおける愛する
リトル・ペブルなるあなたへの出現が、全ての出現のための一致という使命
にあることで、ここが全世界の人々の一致の中心であるからです。我が子よ、
そしてかわいい子どもたちよ、我が汚れなき御心と神の御子イエズスの聖心
より、あなたがたを祝福いたします。父と子と聖霊との御名によりて、
アーメン。

 かわいい娘、我が小さきばら、テレサよ、あなたにあいさついたします。

リトル・ペブル:
 スティーブン、そこの花びんのまん中に、ピンクのばらがあるので私に
ください。

聖母:
 ありがとう、我が子よ。

リトル・ペブル:
 聖母は今、とても近くまで来られました。そして今、身をかがめられて、
そのばらに接吻なさいました。

聖母:
 我が子よ、このばらを我が汚れなき御心からの贈り物として、「小さき
ばら」に贈るため、接吻いたしました。テレサよ、これは私のあなたに対す
る愛のしるしです。

リトル・ペブル:
 ありがとうございます。おかあさま。

聖母:
 我が子よ、感謝いたします。さあよく見ていなさい。私があなたに託した。
全世界の幻視者と一致するというこの使命の大いなる不思議な業を見ていな
さい。

リトル・ペブル:
 今聖母のうしろから − 私が今まで見ていた他のものは全部消えました
− とても巨大な雲が来ました。大都会です。全く壮大な光景です。それは
きれいな都会です。全部金でできており、かなり近くまで近づいて来ました。
本当に、とてつもなく巨大な都会で、全空を占めるかのようですが、とても
とても美しいのです。今、その都会の上空に、ひとむらの雲があり、その上
に至聖なる三位一体が座しておられ、都会を照らしているのが見えます。今、
聖母に三位一体のとなりに行かれ、光が三位一体から聖母をとおして、その
都会の上に注がれるのが見えます。金の都会の上空には「新しいエルサレム」
と書いてあります。

聖母:
 我が子よ、あなたが見ているこの都会は − あなたは、全世界の幻視者
と一致して、天よりくだるこの新しい都会の建設者であるのです。中にある
柱の一つ一つは、幻視者の一人一人を表しています。あなたが一日、ひと月、
一年を経るに従って、天よりくだるこの「神の都会」の建設に向けて、地上
の子どもたちを導くのです。そうしてイエズスが再臨なさって、この世に
戻ってこられる時、この都会は完成されて、天よりくだります。この都会は、
あなたがたの霊魂を表わしているからで、ここには人類のために、愛と平和
の支配のうちに生ける神が永遠に住まわれるのです。ですから我が子よ、
地上の全ての子らと共に前進して、三位一体の神様の光栄のために、この
『神の都会』を建設してください。そうしてあなた及びあなたとすでに一致
し、又今後一致する幻視者の名まえは、永遠にこの『愛の都会』の壁に刻ま
れるでしょう。

リトル・ペブル:
 今聖母は少し左側に寄られ、マントを大きく広げておられます。まっ青な
マントです。とても美しいマントで、今どうやってか(どのようにかはわか
りませんが)その都会全体を包みこむかのようです。聖母はおかあさまです。
『奇すしき神の都会』の御母であられます。その都会と、聖母との深いつな
がりがわかります。

聖母:
 我が子よ、あなたはそのけんそんさ故に、たくさんの御恵みを得てきてい
ます。他の人はごうまんのために、たくさんの御恵みを失ってしまいました。
このことを全世界の子どもたちへの警告といたしましょう。私もイエズスも
「心の柔和、けんそんな」者のところへ来るのだということです。天にいる
私達は、へりくだる者を高め、おごる者をその座よりおろすのですから。
地上の子どもたちよ、いつも用心していなさい。かわいい我が子よ、そして
ここに集っている子どもたち、又全世界の子どもたちよ、あなたがたを祝福
いたしましょう。父と子と聖霊との御名によりて。アーメン。
「我が愛する子よ」

リトル・ペブル:
 今、聖母は再び近づいて来られました。もうほんの4フィート(120p)
ほどのところ、ちょうどそこの上におられます。抱いてさしあげたいほどで
すが、ここからはちょっと高すぎるようです。雲の上に立っておられます。
白とピンクの雲です。本当にきれいです。頭から肩にかけて、とても美しい
マントをはおっていらっしゃいます。大変長いベールで、とても美しいです。
聖母は御心を − このようにして − 取り出されました。

聖母:
 我が子よ、我が汚れなき御心をごらんなさい。あなたをとても愛している
この御心を。今夜参りましたのは、あなたにイエズスからの大いなる御恵み
を与えるためでもあります。それはお祈りの力です。あなたのお祈りによっ
て、たくさんの願いが全世界でかなえられるでしょう。これは私があなたの
お祈りと一致して祈るからで、この祈りは神様の御前に、大いなる力を発揮
するのです。ですからこのことを覚えておいてください。

 あなたはまもなく、世界中の大勢の霊魂たちのための特別な祝福として、
多くの出現地へ、バイロケーション(同時に二ヶ所に現れること)で移動
することでしょう。まもなくあなたには、私と一緒にポーランドのオラワ、
二ューヨークのベイサイド、ユーゴスラビアのメジュゴルジェ、スペインの
エスコリアル及び白い十字架等、その他たくさんの場所へ、一致と人類の
救いのために現れることを許します。このことは大勢の者にショックを与え
るでしょうが、この最終の時にあって、善と悪の最後の戦いにおいて、聖に
して母なる公教会を強め、子どもたちにカと一致をもたらすために必要なの
です。

 悪魔は勝利を得たと信じこんでいるでしょうが、私は言います。まもなく
悪魔は踏みくだかれ、永遠の破滅へと投げこまれて、地獄は永久に閉じられ
るでしょう! わかりますか? 全ての子どもたちに必要な愛を促進させる
ために、天が行っている業のことを。人類の時間は、本当にわずかしか残さ
れておりません。人類よ、裁きの前に、この最後の時代にあって耳を傾けて
くれませんか? あなたがたのところに、私は大勢の預言者をつかわしてい
るのですよ。昔の預言者たちを全て排斥したように、あなたがたは今の預言
者をも排斥しておりますね。いったいいつになったら耳を傾けるのですか?

リトル・ペブル:
 イエズス様が今聖母の右側に来られ、こうおっしゃいます。

主イエズス:
 愛する子よ、そして全世界の子どもたちよ、あなたがたの神なる王、全て
の人々の支配主なるわたしは、命じ、かつ強く要求する! 全世界の子らは、
我が母のことばに耳を傾けるように。さもなければ、わたしはあなたがたの
名まえを、「生命の書」から削除し、永遠に地獄の火の中にあなたがたを
投げこむであろう。我が母を排斥するとはなんたることか! 自分たちを
いったい誰だと思っているのか? あなたがたの神であるわたしをだますこ
とができると思っているのか? いったい幾度我が母の御名をむなしく呼ん
でいるのか。

 わたしは世にはっきりと警告する。そしてこの警告は、まもなくあなた
がたの神としてわたしが与える最後の警告となるであろう。時間がないから
である。我が母を愛している子どもたちよ、あなたがたは何も恐れることは
ない。御母があなたがた一人一人の上にマントをかけておられることを知ら
ないのか。あなたがたは又、我が聖心の中にもすえられてある、わたしや、
我が汚れなき御母が、人類に与える警告とは、地獄行きの道を辿っている者
たちのためである。それらは、あなたがたのためではない。

 わたしたちを愛してくれている子どもたちよ、わたしたちはあなたがたに、
聖心から慰めと、愛のことばを与えているのであり、それはあなたがたが
わたしたちの心の中におり、わたしたちはあなたがたを愛しているというこ
とを知ってもらうためだからである。たとえ、世界が完全に破壊されたとし
ても、あなたがたは保護されるのだということを確信しなさい。わたしたち
の子らは、わたしたちの聖心によって、又天使、聖人たちによって護られる
であろう。

 愛する子どもたちよ、皆を祝福しよう。特に愛する小さき息子、試練と
苦難の時代に我が教会を導く我が小さき岩よ、あなたを特別に祝福する。
あなたのカと慰めと勝利となるため、我が聖心を与えよう。誰も、いかなる
力も、あなたを負かすことはできない。なぜなら永遠の御父の栄光のために、
わたしが常にあなたのうちに生きるからである。息子よ、わたしの聖心より、
愛と光の永遠の御父と聖霊より、そして甘美なる我が母マリアより、あなた
を祝福する。父と子と聖霊との御名によりて。アーメン。

 さあ愛する子よ、子どもたちよ、祈りを続けなさい。この時代において、
あなたがたの祈りは、わたしと御母に一致し、聖霊の交わりのうちに。天使、
聖人たちが御父を慰め、大勢の霊魂を救うために、その祈りを御父のもとへ
取り次いでくださるであろう。言っておくが今夜の祈りにより、百万以上の
霊魂が煉獄から解放され、何万もの霊魂が(地獄行きのところを)救われて
天国に行ける御恵みを与えられたのだ。わかっただろうか。わたしたちの
汚れなきみ心と一致して祈る祈りが、どれほどの力があるかということが。
かわいい子どもたちよ、あなたがたを愛している。

リトル・ペブル:
 今イエズス様の聖心より、美しい愛の光が注がれております。ちょっと
説明しにくいのですが、聖心からたくさんの光が放たれて、まるで滝のよう
に私達の上にふり注がれているのです。全くすばらしい光景で、本当に美し
いです。『イエズス様、マリア様、ありがとうございます。』

主イエズス:
 愛する娘テレサよ、あなたを祝福しよう。この我が聖心があなたを愛して
いることを覚えておきなさい。ではあなたを祝福する。父と子と聖霊との
御名によりて。アーメン。

リトル・ペブル:
 聖母が、皆様のお祈りに感謝し、又皆様を愛しておられるとおっしゃって
おられます。今イエズス様とマリア様は空の彼方へ戻っていらっしゃいます。
マリア様は私達がロザリオの祈りを捧げる間、しばらく私達と共にいてくだ
さるとおっしゃっておられます。イエズス様は今からブラザー・ジョゼフ・
フランシス(カナダの涙を流す聖母の幻視者)のところへ行かなければなら
ないとおっしゃいました。『主よどうぞ私の愛を彼に伝えてください。』



----------------------------------------------------------------
3.反キリスト、ロード・マイトレイヤについての警告
----------------------------------------------------------------
マリア様からの警告 1995年2月4日

 私はあなたたちに天の武器を与えました。甘美なる子供達よ、今のこの時、
あなたたちの武器は聖なるロザリオです。しばしば秘跡を受けることも、あ
なたたちの霊魂を強めます。天が与えた準秘跡を身に着けなさい。準秘跡を
脇へ置いてはなりません。霊の戦いは増しており、もし祈らず、神の御言葉
に忠実に留まらないなら、あなたたちは堕ちるからです! あなたたちは皆、
キリストの兵士です。ルチフェルと、そして堕天使たちと戦うために戦場へ
行くのです。

 甘美なる子供達よ、地獄の軍隊はとても強力で、あなたたちはこの地上の、
そして地底のゴリアートと戦った、小さなダビドのようです。真理の「岩」
を用いなさい。そうすれば、どのように戦えばよいか分かるでしょう。祈り、
苦行をし、自分達の罪の償いをしなさい。天使達、聖人達を呼びなさい。
そうすれば天使達、聖人達が助けに来るでしょう。

 煉獄の霊魂のために祈りなさい。そうすれば煉獄の霊魂達は解放され、ル
チフェルと戦う天の軍隊を地上に増やすために、あなたたちの側に配置され
るでしょう。甘美なる子供達よ、今、地獄は勝っています。神の「選ばれた
者」と自称する者さえ、小さなことで誘惑されているからです。善い戦いを
放棄するに至るまで弱っているからです。あなたたちはキリストの最上の
兵士です。最終決戦を戦う最後の時まで残されたからです! そえゆえ甘美
なる子供達よ、真理の鎧を身に着け、真理の武器で戦いなさい。肉、悪魔、
世間の誘惑に屈してはなりません。弱くなってはなりません。三位の神が
与えてくださる恵みで自分を強めなさい。



----------------------------------------------------------------
4.編集後記
----------------------------------------------------------------
◆ ブラザー・ジャン・マリー(オーストラリア・ナウラのゲッセマニ共
同体所属、第2部門、荘厳誓願宣立2003年10月1日)は、来る5月
18日(箱舟の聖母の祝日)に、オーストラリア・ナウラで司祭に叙階され
ます。叙階後は第1部門の会員となり、
ナウラ・ゲッセマニ共同体所属の
まま、6月に再び日本に派遣されます。

 洗礼を受けたい方は、申し出てください。

 ローマ・カトリック使徒教会の昔からの教えを全て固く信じ、現代主義の
異端を決して受け入れないこと。他の宗教の教えをことごとく捨て去ること。
この固い決心があるなら、準備が不十分でも洗礼を授けます。

 準備としては、私たちの3冊の本と、マリア・ワルトルタ著の十巻の本を
全て読んでください。受洗後に読む場合、読む約束をしてください。

「153本のマリアさまのバラ」「聖シャーベル修道会の会則会憲」
「メッセージ集」

 ■箱舟の聖母社
  〒540-0004
  大阪市中央区玉造1-4-14
  郵便振替 00840-3-132438

マリア・ワルトルタ著、フェデリコ・バルバロ訳編の「マグダラのマリア」
「聖母マリアの詩(上)(下)」「イエズスの受難」「イエズスに出会った
人々(一)(二)(三)」「イエズス − たそがれの日々」「受難の前日」
「復活」 の10冊、それぞれ3000円前後です。

 ■あかし書房
  〒166
  東京都杉並区成田西3-9-22
  電話:03-3313-4014 FAX:03-3311-9359
  郵便振替:00110-6-111231

--------------------------------

「天からのメッセージ」に版権はありません。天はできるだけ多くの人々が
メッセージを読むことをお望みです。どうぞ友人知人に「天からのメッセー
ジ」を伝えて下さい。コピーして配布して下さい。

 編集室では、メッセージの翻訳ボランティアを募集しています。できるな
ら、カトリック信者で専門用語に強い方を希望しています。

 また皆様からのご質問、ご感想をお待ちしております。関連情報をお持ち
でしたらお寄せ下さい。
 
 次回「箱舟の聖母」は3月28日頃、発行を予定しています。

----------------------------------------------------------------
編集・発行:聖シャーベル修道会
スタッフ : Br.Jean-Marie  Kolbe-Marie
----------------------------------------------------------------
お申込み、ご質問、ご感想は下記までお願いします。

  〒540−0004
   大阪市中央区玉造1−4−14
   聖シャーベル修道会

  E-mail : charbeljapan@nifty.ne.jp

 お申し込みはEメール版は3千円、郵送版は一万円を目安に、一年分のご
寄付をお願いします(商契約ではありません)。こうするのは、読者の皆さ
んにも「受けるだけの人」のままでいるのではなく、自発的な献金と、友人
知人にコピーをわたす伝道を通して「よろこんで与える人」となり、神様の
祝福をもっと得ていただきたいからです。「よろこんで与える者を神は愛さ
れる」、これが私たちの宣教事業の基本理念です。
----------------------------------------------------------------
%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%2%%

(C)日本における「聖シャーベル修道会の共同体」
      設立の促進と援助のための事務所
 http://homepage1.nifty.com/charbeljapan/index.htm
    E-mail : charbeljapan@nifty.ne.jp

%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%8%%




[HOME] [戻る]