「箱舟の聖母」バックナンバー
2004年3月21日号No.196

 マリア様を喜ばせましょう。マリア様はあなたの小さな奉仕にも大きな恵みで報いて下さいます。あなたが愛する人の救いのために「箱舟の聖母」を役立ててください。「箱舟の聖母」は宣教誌です。購読しコピーし身近な人にわたすなら、あとはマリア様ご自身が働いて下さいます。そしてあなたの購読料はマリア様の事業を支えます。あなたのマリア様に対する奉仕を神様は永遠に忘れません。

 お申し込みはEメール版は3千円、郵送版は一万円を目安に一年分のご寄付をお願いします(商契約ではありません)。こうするのは、読者の皆さんにも「受けるだけの人」のままでいるのではなく、自発的な献金と、友人知人にコピーをわたす伝道を通して「よろこんで与える人」となり、神様の祝福をもっと得ていただきたいからです。「よろこんで与える者を神は愛される」、これが私たちの宣教事業の基本理念です。

◆マテオによる聖福音10章27節
「私がやみの中で言うことを、あなたたちは明るみで言え。耳をあてて聞くことを、屋根の上から知らせよ」

◆マテオによる聖福音10章42節
「この小さい者の一人に、弟子として冷や水の一杯でも与える人があったなら、まことに私は言う。その人は報いを失わぬ」


ご注意
■ お申し込みは下記住所宛にEメール版は3千円、郵送版は一万円を目安に一年分のご寄付をお願いします(商行為でも契約でもありません)。  〒540−0004 大阪市中央区玉造1−4−14 箱舟の聖母社
■ トラブルを避けるために、必ずご本人様でお申し込み下さい。いかなる理由でも、ご送金後の返金はできません。お申し込みから登録まで2週間程度かかりますので、あしからずご了承下さい。
■ 本誌読者=「聖シャーベル修道会会員」ではありません。どのような立場の方でも歓迎いたします。
■ これを用いてマリア様の事業を攻撃する人には送付を打ち切ります。また災害・戦争など、やむを得ない事情の際も送付いたしませんが、ご了承ください。


%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%0%%

        「 箱 舟 の 聖 母 」

       2004年3月21日号 No.196

   毎週1回発行:Eメール版 年間3,000円(ご寄付)
          郵送版  年間10,000円(ご寄付)
  http://homepage1.nifty.com/charbeljapan/index.htm
      E-mail : charbeljapan@nifty.ne.jp
       ( 等幅フォントでご覧下さい!)
%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%3%%
----------------------------------------------------------------
    箱舟の聖母、
       我らが御母聖マリア、
         キリスト信者の扶(たす)け
----------------------------------------------------------------
 マリア様を喜ばせましょう。マリア様はあなたの小さな奉仕にも大きな恵
みで報いて下さいます。あなたが愛する人の救いのために「箱舟の聖母」を
役立ててください。「箱舟の聖母」は宣教誌です。購読しコピーし身近な人
にわたすなら、あとはマリア様ご自身が働いて下さいます。そしてあなたの
ご寄付はマリア様の事業を支えます。あなたのマリア様に対する奉仕を神様
は永遠に忘れません。
----------------------------------------------------------------

◆今週号の目次

 1.153本の聖ヨゼフの百合
 2.リトル・ペブルに与えられたメッセージ
 3.反キリスト、ロード・マイトレイヤについての警告
 4.編集後記


----------------------------------------------------------------
1. 153本の聖ヨゼフの百合
----------------------------------------------------------------
【 第56章 】

 天は、マリア・ワルトルタへの啓示を通して、聖書には書かれていない
聖家族の家庭生活を知ることを私たちに許してくださいました。共同体の中
で家庭生活を送る人にとって、彼らを模範にできることは何と大きな恵みで
しょう! 少し、かいつまんで引用します。場所はエジプトで、イエズスは
せいぜい2歳半くらいです。

「聖家族のなごやかな生活を見る。……“非常に貧しい人々”の家で、壁は、
しっくいの上に石灰を一塗りしただけのものである。……その近くの地面に
敷いたござの上に幼いイエズスがいる。……黄金の濃いちぢれ毛の頭、バラ
色の皮膚、生き生きと輝いている目、色は濃い空色でいかにもかわいらしい。
……少し離れた木陰に、マリアが粗末な機で布を織りながら、子供を見守っ
ている。……その彼女の美しさと、何とも言えないやさしい表情のほかに、
どんな飾りもない。……ここで道から、あまり背丈が高くないが、強そうな
一人の男が、やってくるのが見える。微笑んでいるヨゼフだとわかる。……
正直な魅力のある信頼をさそう顔である。イエズスとマリアを見て歩を早め
る。……マリアは微笑み、子供は喜びの小さい叫びを上げて、小さい腕を
伸ばす。……子供は母を離れて、ヨゼフの腕の中に飛び込み、小さな頭を
ヨゼフの首のくぼみに寄せて、ヨゼフとの接吻を交わす。愛敬にあふれる
場面である。……それから食事の支度ができ、祈りをしてから食卓につく。
……祈りを唱えるのはヨゼフで、マリアは、それに答える。……イエズスは、
おとなしく自分のりんごをかじる。白い小さい歯を見せて、ほほえむ。……
ぶどう酒はなく、貧しい人の夕食である。しかし、この部屋にただよう平和
が、どんなに快いものであるか、どんなに優雅な宮殿でも見られないもので
あった。それにどれほどの調和!……イエズスが言われる。『今、見ている
物事が、あなたと他の人々に訓戒を与える。謙遜、辛抱、全きの調和。キリ
スト教のすべての家族、特に、今の苦しい時の、キリスト教の家族に与えら
れる模範である』……」(1)

 現代ほど家庭生活から徳が消えてしまった時代はありません。世界中どこ
の国でもそうです。世間の物質主義、功利主義、利己主義、みだらで不潔な
精神、憎しみと分裂の精神が家庭を毒し、麻痺させ、愛も徳も根こそぎにし
てしまいました。この世界には、一個人として良い聖なる人はまだ少数なが
らいて、世間への証しとなっています。しかし一家庭という単位で良い聖な
る証しができる家族はもはや見あたりません。親は子に、子は親に、兄弟は
兄弟に対立し、個人として聖なる人でも、家族全員を神へと高く引き上げ、
聖とすることができない悲しい時代です。堕落と分裂のため、今一番深い闇
のあるところ、それは家庭です。聖シャーベル修道会がこの世に与えること
ができる証しの中で最大の証しは、共同体の中で家庭生活をする家族が与え
るものです。他の手段では、もう復興することのできない家庭内の愛と聖徳
の貴重な模範によって、最も深い闇に、最も輝かしい光を投げ込むからです。
それは多くの人を引きつける偉大な力を持つことになります。この使命に
召されている、共同体で家庭生活をする人々のために、家族と家庭について、
これから聖ヨゼフとともに見ていくことにしましょう。

(1)「聖母マリアの詩(上)」あかし書房 マリア・ワルトルタ著
   P263−268



----------------------------------------------------------------
2.リトル・ペブルに与えられたメッセージ
  − No.107 1986年8月31日 −
----------------------------------------------------------------
リトル・ペブル:
 聖母は空中の約10フィート(約30p)のところにいらっしゃいます。
小さい雲の上に立っておられるのです。今日はファチマの聖母として全部白
の服装をしておられます。とても美しいロザリオを持っておられます。その
珠は全部真珠色です。聖母はほほえんであたりを見回しておられます。私達
を見おろしておられるのです。

 今、空高いところから小さな雪片みたいなものが降ってきました。それは
いろいろな色をしており、私達の上にゆっくりとふりかかってきています。
聖母が「これは永遠の御父から注がれている御恵みなのですよ」とおっしゃ
いました。

 今、聖母の右側に来られたのは浄配であられる聖ヨゼフです。聖ヨゼフは
ふつうは茶色の服で来られます。右手に美しく彫刻したつえを持っておられ
ます。ここではとても若く見えます。今、聖母の左側にこの聖地の保護の
聖人、聖シャーベルが来られました。聖シャーベルは、私が着ている修道服
と同じ衣を着ておられますが、それは聖シャーベル修道会のものだからです。

 今、聖母の後ろから来られるのは聖ミカエルです。翼を鳥のように広げて、
その翼が空の半分を占めています。まったくすばらしい光景です。聖ミカエ
ルは白ずくめの服装です。剣がとてもきらきら輝いており、今その剣を持っ
ておりて来られました。剣でここにいる誰かを指しておられるようで、次の
ようにおっしゃいます。「あなたがたのうちの一人に悪魔がついている。
悪い奴め、キりスト・イエズスと無原罪の御宿の御名によって、汝に命ず。
この霊魂から出て行け。」 稲妻の電光が剣から出て、一人に入っていくの
が見えました。聖母は十字架のしるしをするようにとおっしゃいました。
父と子と聖霊との御名によりて。アーメン。

聖母:
 我が子よ、そして愛する子どもたちよ、恐れることはありません。私は
悪魔を追い出すために、我が愛する霊魂をいやすように、聖ミカエルを遣わ
したのです。悪魔から守るために、私のマントをこの者の上にかけましょう。

 世の子どもたちよ、そしてここに集まっているかわいい子どもたちよ、全
世界には御恵みから堕落した者たちにとりつこうとして、大勢の悪魔や悪霊
がみちあふれております。我が茶色のスカプラリオをよろいかぶととして身
につけなさい。そうすれば護られるのですから。

 地上の子どもたちよ、全世界で私が幻視者をとおして語っている声に耳を
傾けてください。あなたがたを救うために、私は神の御子イエズスをお連れ
して来ました。しかし世の子どもたちは、イエズスは全く存在しなかったか
のように排斥しているのです。ああ人類よ、あなたがたの時間はないのです。
全世界に私がつかわしている幻視者達の言うことに、耳を傾けて実行して
ください。さもなければ、あなたがたは破滅するのですよ。

リトル・ペブル:
 今、聖ミカエルは空高いところ − 前よりもいっそう高いところにおら
れ、今度は左手に天秤を持っています。天秤はひどく傾いています。聖母が
次のようにおっしゃいます。

聖母:
 愛する子どもたちよ、天秤が傾いているのは、世の罪のために犠牲も祈り
も償いも足らないからです。人間は自滅への道を辿り続けております。なぜ
でしょうか? それは天の私達が何度も頼んできたことに耳を傾けず、心に
留めようとして来なかったからです。ご聖体にましますイエズスを、もっと
ひんぱんに拝領してくださいと頼むことは大変な負担ですか? ロザリオを
唱えることは、それほど難かしいのでしょうか? しかし、これこそが天国
への道、永遠の御父がまします光の王国への道なのですよ。私は国から国を
まわって涙を流しております。昼も夜も泣いておりますのに、誰がこの天の
母の言うことに耳を傾けているというのでしょうか。

リトル・ペブル:
 聖母は涙を流しておられます。私の顔にも御涙が落ちてきていますので、
皆様も感じていらっしゃると思います。聖ヨゼフと、聖シャーベルも泣いて
おられます。

聖母:
 ああ、かわいい子どもたちよ、私はあなたがたの「愛の母」で「あわれみ
の母」です。このマントのもとに子どもたちを集めようと来ましたのに、ほ
んとうに大勢の子どもたちが私を否むのです。私も、イエズスをも、必要と
していないのです。なぜ、私がこんなにも度々涙を流すと思うのですか? 
それは、子どもたちが地獄行きの道を辿っているのを見るからです。毎日、
何千人もの霊魂が地獄へ落ちて行っているのですよ。そして私は、もう彼ら
を助けることはできないのです。かわいい子どもたちよ、このような霊魂の
ために犠牲を捧げ、永遠の御父のもとへ連れていくために、我がマントの下
に集めるように、私を助けてくれませんか? 我が子よ、よく見てください。

リトル・ペブル:
 聖母も聖ヨゼフも聖シャーベルもわきに動かれ、地球にとても大きな穴が
あいているのが見えます。変わった穴ですが、どうもキューバに近いところ
のようです。なぜかわかりませんが、とても深い穴です。聖母は今、私を
その穴の中に連れていかれます。とても暗いところですが、その穴に落ちて
いく霊魂たちが見えます。落ちながら、彼らは金切声をあげて、こう叫んで
います。「永遠だ − 永遠だ! 永遠に地獄なんだ!」 この穴に落ちて
いきながら、叫んでいるのです。そして恐しい顔の生き物が見えます。それ
が上がってきて、霊魂をわしづかみにしているのです。本当にたくさんの
霊魂です。何万も何万もいるようです。

聖母:
 我が子よ、地獄へ落ちていく霊魂のことがわかりますか? 子どもたちよ、
彼らはずっと永遠に地獄なのですよ。永遠ということはどういう意味か、わ
かっているのですか? ファチマで私は、誰も祈る者がいないために大勢の
霊魂が地獄行きなのですと、言いませんでしたか?

リトル・ペブル:
 穴はもう消えました。聖母も聖ヨゼフも聖シャーベルも、元の場所におら
れます。

聖母:
 愛する我が子よ、そして子どもたちよ、いつか近い将来反キリストの支配
下で、大勢の世界中の子どもたちが悪魔を見、恐しさのあまり死ぬでしょう。
ですから私はもう一度、あなたがたのところヘロザリオをもって来ておりま
す。そうして私の話に耳を傾けるようにお願いします。兄弟姉妹のために
祈ってください。時間はないからです。私はこのことを世界中で過去何千年
にもわたって、何千回となく繰り返してきました。それにもかかわらず、
世界は暗闇に向かって歩み続けているのです。聖にして母なる公教会はさら
にもっと深い闇に向っております。目をあけなさい! 全世界で何が起こっ
ているのかわからないのですか? 災害に次ぐ災害、事故ではない事故、
火山の爆発、地震ではないですか? この上何が必要なのですか? 信じる
前に完全な全滅になりたいのですか? ここの聖地にいる子たちさえも、
多くの者が信じていないのです。あなたがたの兄弟姉妹が足元で死んだなら、
信じるというのですか? その時には、もう遅すぎるのですよ。我が子よ、
きょうはとても激しい、きついメッセージを持って参りましたが、それが
必要だからです。誰も私の言うことに耳を傾けてくれないからです。

 きょう、数人が病気をいやされるでしょう。このいやしは、あなたがたの
霊魂の清浄と、神の光栄のためです。しかし、息子イエズスがいやした十人
のらい病者のうちの一人しか感謝を捧げに戻って来なかった、あの者たちの
ようになってはいけません。あらゆる聖地で、イエズスはいったい何人いや
されたことでしょう。それなのに、一つも感謝されていないのです。賜物を
いただいておきながら、神様に感謝しない世の子どもたちには災いあれ! 
そのようなあなたがたは、想像以上にはるかに重い責任を問われるでしょう。
ですから、讃美と感謝をもって神を崇敬してください。

 では愛する子どもたちよ、ここに集まっている子ら、そして我が愛の天使
なるかわいいあなたと、いとしい私のばらなる娘テレサを祝福いたしましょ
う。大勢の者が救われるように、光のうちに前進し、息子イエズスのみこと
ばを広めてください。さあ、あなたがた皆を祝福いたしましょう。父と子と
聖霊との御名によりて。アーメン。

 かわいい子どもたちよ、遠くマレーシアから来てくれて、とても嬉しく思
います。あなたがたは我が御心にとっていとしい者たちです。母国の人々に
私の愛を伝え、私が全世界のすべての子らの母であるように、アジアの母、
マレーシアの母であることを話してください。あなたがたと、母国の人々に
祝福を与えましょう。父と子と聖霊との御名によりて。アーメン。

 それからここに来た修道女たちにも特別にあいさついたします。娘たちよ、
信じて、あなたがたが話す人々に私の愛と、息子イエズスの聖心の愛を広め
てくださいね。娘たちよ、あなたがたを我が汚れなき御心より祝福いたしま
す。父と子と聖霊との御名によりて。アーメン。

 愛する我が子よ。ブラザー・ジョゼフ・フランシスについてのあなたの
頼みはかなえられました。それはあとで話します。我が子よ、行って、私の
ために一人の者を祝福してください。ありがとう。

 最後にもうひとつだけ知っていてほしいことがあります。それはあなたと、
カナダのブラザー・ジョゼフ・フランシスと、ポーランドのドマンスキー、
及びビェルナッキーと、ベルギーのアンドレの一致についてです。あなた
がたのこの一致は、世の救いのためにとても重要なのです。この地上で、あ
なたがたのそれぞれの出身地より、いやしや回心や、聖にして母なる公教会
の救いのために、大いなる御恵みが世にくだるでしょう。この者たちをとお
して、イエズスにより、大いなる不思議な業が行われるでしょう。愛する
子よ、あなたをとおして人類を仰天させる不思議なことが行われるのです。
イ工ズスはけんそんな者をとおして、世を面くらわせるからです。心の柔和
な、けんそんな者は幸いです。あなたがたは息子イエズスのものだからです。
大いなる光とカのうちに前進し、全世界でイエズスの味方となってください。
あなたがた皆を祝福いたしましょう。父と子と聖霊との御名によりて。
アーメン。

リトル・ペブル:
 今、聖母のうしろにおられるのは、愛するイエズス様ですが、十字架に
つけられていらっしゃいます。御頭はぐらぐらしておられますが、死んでい
らっしゃるのではありません。私達を見ておられます。でも御頭に大変な苦
しみが現れています。それでもとても物静かにしておられ、こうおっしゃい
ます。

主イエズス:
 わたしはこの十字架より君臨するであろう。これこそが人類の救いのため
の、唯一の道だからである。

リトル・ペブル:
 今、イエズス様のうしろにはたくさんの十字架があります。大勢の人々が
十字架につけられているのです。聖母がこうおっしゃいます。

聖母:
 愛する子よ、この十字架はまもなく人間に与えられる十字架です。人類の
あがないのため、大勢の人たちがその苦しみを、イエズスと我が汚れなき
御心と一致して十字架につけられるでしょう。天国へ行くためには、自分の
十字架をとってイエズスに従わなければならないのです。これが天国行きの
唯一の道です。自分の十字架を捨ててはいけません。そんなことをすれば広
い道を辿り、行きつく先は破滅であり、悪魔のいる地獄なのです。

 愛と忍耐をもって十字架をとり、イエズスの聖心に信頼してください。
イエズスはそれぞれが担えないような重い十字架は決してくださらないので
す。それは、イエズスが御子のうちにまします御父と聖霊と同様に、あなた
がたを愛しておられるからなのです。では、天にいる私達は、子どもたちが
それぞれの十字架を担えるようそれを助けるために、祝福いたします。父と
子と聖霊との御名によりて。アーメン。

リトル・ペブル:
 今、聖母のとなりには − 聖ヨゼフと聖シャーベルはもう聖母より少し
遠くはなれられ、代わりに一位の大きな天使が天から来られました。この
天使は今まで見たことがないのですが、とても背の高い天使です。彼は金の
帯をしめて、手には御受難のしるしを持っています。今、私の方へ近づいて
きます。とても近いところまで来ました。とても美しい天使です。額には
生きておられる神のしるし、つまり十字架があり、それがさかんに輝いてい
ます。今、こちらに来られました。触れることができるほど近くまで来てい
ます。ほとんど触れるばかりです。聖母が、この天使は十字架を私の額と手
に置くつもりだと、おっしゃいました。

聖母:
 息子よ、彼は御受難の天使です。あなたも又、救霊のために、又ここの
出現地の認可を促進させるために、イエズスの御受難を耐え忍ぶことになっ
ているのです。私は全世界の子どもたちが、ここ、オーストリアのナウラと、
ポーランドのオラワと、ブラザー・ジョゼフ・フランシスの出現地承認の
ために祈ってくださるように頼みます。全世界の人々が、汚れなきマリアで
ある私と、息子イエズスの世に与えているメッセージを信じることが、今
最も必要なことです。かわいい息子よ、愛する娘テレサよ、そして全ての
子どもたちよ、感謝いたします。今、イエズスの聖心よりあなたがた皆を
祝福いたします。父と子と聖霊との御名によりて。アーメン。

 では子どもたちよ、お祈りを続けてください。今の試練の時代にあって、
お祈りが本当に必要なのですから。まもなく人類は大試練や大苦難を経験す
るでしょう。永遠の御父なる神様は、ご自分の御心に人間をひきよせんがた
めに、愛している者達をこらしめなければならないからです。愛する子ども
たちよ、霊魂を救うために私と一緒に祈るためにここへ来てくださって、
感謝いたします。皆さんを祝福いたしましょう。父と子と聖霊との御名によ
りて。アーメン。

リトル・ペブル:
 聖母は救霊のために、又イエズス様の聖心をお慰めするために、もう一度
ファチマの聖歌を歌ってほしいと頼んでおられます。

聖母:
 愛する息子よ、今からそっとあなたに話したいことがあります。



----------------------------------------------------------------
3.反キリスト、ロード・マイトレイヤについての警告
----------------------------------------------------------------
マリア様からの警告 1995年1月13日
リトル・ペブルに(抜粋)

 愛する子供たちよ、全世界の子供たちの多くが、超自然の偉大なる印を見
て、慰められ、強められる日もそう遠いことではありません。というのも、
試練や重荷や懲罰があまりにも圧倒的なので、霊魂は強くなるために超自然
を必要とするからです。あなたたち全ては十字架の下に立ち、真理を証言す
るように呼ばれています。甘美なる子らよ、あなたたちを愛しています。私
はあなたたちの母であり、教会と世界のことをとても気にしている母ですか
ら。世界は人類が理解しているよりずっとずっと危険のうちにあるからです。

 ミサイルが飛び、多くの人が死ぬでしょう。旧約のエゼキエル書はミサイ
ルについて語っています。それを読んで、数千年前の預言者でさえ、時の
終りに何が人類の上に起こるのかを予見していたことを理解しなさい。惑星
も移動して、地球に今まで以上の害をなすでしょう。愛するわが子らよ、
科学者はあなたたちに多くの隠し事をしています。太陽系や大気圏でいろい
ろな事が起きているので、彼らは地球の目前にある危険を知っています。い
ずれ科学者や法律家によってこのことが語られる時が来るでしょう。

 指導者のために祈りなさい。彼らの多くは悪の側のために働いているから
です。これらの霊魂は神のためにも働いています。けれども、闇の中にいま
す。そうです、愛するわが甘美なる子らよ、母はあなたたちに今まで以上の
犠牲と祈りと償いを望んでいます。教会の子供たちの中でも、ほんとうに
わずかな者しかこれができないからです。だから、ほとんどの者が得られて
こなかった理解を与えられている光の子供たちの上に、その重荷が置かれる
のです。

 甘美なる子らよ、あなたの国オーストラリアにも西側諸国にも、気象だけ
でなく大きな変化が来るでしょう。ロシアの計画は変わっていません。共産
主義の悪がまだ存在しています。無神論である共産主義はルシファーから
来ており、ロシアの計画は今でも地球を征服することで、これは今行なわれ
つつあります。それは力づくの方法によるのではなく、「秘密結社」を通し
てなのです。

 甘美なる子らよ、地上の生活は善と悪、天国の天使と地獄の天使との間の
戦いです。両者はあなたの霊魂を神あるいは地獄のいずれかに持っていくべ
く綱引きをしています。今は神の言葉に耳を傾け、それを実践する子らが
ほとんどいないので、多くの霊魂が地獄に行き、地獄は勝利しています。私
は私の汚れなき御心をあなたたちに与え、あなたたち全てを抱きしめます。
あなたたちは私の子供です、あなたたちを愛しています。



----------------------------------------------------------------
4.編集後記
----------------------------------------------------------------
◆ ブラザー・ジャン・マリー(オーストラリア・ナウラのゲッセマニ共
同体所属、第2部門、荘厳誓願宣立2003年10月1日)は、来る5月
18日(箱舟の聖母の祝日)に、オーストラリア・ナウラで司祭に叙階され
ます。叙階後は第1部門の会員となり
、ナウラ・ゲッセマニ共同体所属の
まま、6月に再び日本に派遣されます。

 洗礼を受けたい方は、申し出てください。

 ローマ・カトリック使徒教会の昔からの教えを全て固く信じ、現代主義の
異端を決して受け入れないこと。他の宗教の教えをことごとく捨て去ること。
この固い決心があるなら、準備が不十分でも洗礼を授けます。

 準備としては、私たちの3冊の本と、マリア・ワルトルタ著の十巻の本を
全て読んでください。受洗後に読む場合、読む約束をしてください。

「153本のマリアさまのバラ」「聖シャーベル修道会の会則会憲」
「メッセージ集」

 ■箱舟の聖母社
  〒540-0004
  大阪市中央区玉造1-4-14
  郵便振替 00840-3-132438

マリア・ワルトルタ著、フェデリコ・バルバロ訳編の「マグダラのマリア」
「聖母マリアの詩(上)(下)」「イエズスの受難」「イエズスに出会った
人々(一)(二)(三)」「イエズス − たそがれの日々」「受難の前日」
「復活」 の10冊、それぞれ3000円前後です。

 ■あかし書房
  〒166
  東京都杉並区成田西3-9-22
  電話:03-3313-4014 FAX:03-3311-9359
  郵便振替:00110-6-111231

--------------------------------

「天からのメッセージ」に版権はありません。天はできるだけ多くの人々が
メッセージを読むことをお望みです。どうぞ友人知人に「天からのメッセー
ジ」を伝えて下さい。コピーして配布して下さい。

 編集室では、メッセージの翻訳ボランティアを募集しています。できるな
ら、カトリック信者で専門用語に強い方を希望しています。

 また皆様からのご質問、ご感想をお待ちしております。関連情報をお持ち
でしたらお寄せ下さい。
 
 次回「箱舟の聖母」は3月28日頃、発行を予定しています。

----------------------------------------------------------------
編集・発行:聖シャーベル修道会
スタッフ : Br.Jean-Marie  Kolbe-Marie
----------------------------------------------------------------
お申込み、ご質問、ご感想は下記までお願いします。

  〒540−0004
   大阪市中央区玉造1−4−14
   聖シャーベル修道会

  E-mail : charbeljapan@nifty.ne.jp

 お申し込みはEメール版は3千円、郵送版は一万円を目安に、一年分のご
寄付をお願いします(商契約ではありません)。こうするのは、読者の皆さ
んにも「受けるだけの人」のままでいるのではなく、自発的な献金と、友人
知人にコピーをわたす伝道を通して「よろこんで与える人」となり、神様の
祝福をもっと得ていただきたいからです。「よろこんで与える者を神は愛さ
れる」、これが私たちの宣教事業の基本理念です。
----------------------------------------------------------------
%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%2%%

(C)日本における「聖シャーベル修道会の共同体」
      設立の促進と援助のための事務所
 http://homepage1.nifty.com/charbeljapan/index.htm
    E-mail : charbeljapan@nifty.ne.jp

%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%1%%




[HOME] [戻る]