「箱舟の聖母」バックナンバー
2004年3月14日号No.195

 マリア様を喜ばせましょう。マリア様はあなたの小さな奉仕にも大きな恵みで報いて下さいます。あなたが愛する人の救いのために「箱舟の聖母」を役立ててください。「箱舟の聖母」は宣教誌です。購読しコピーし身近な人にわたすなら、あとはマリア様ご自身が働いて下さいます。そしてあなたの購読料はマリア様の事業を支えます。あなたのマリア様に対する奉仕を神様は永遠に忘れません。

 お申し込みはEメール版は3千円、郵送版は一万円を目安に一年分のご寄付をお願いします(商契約ではありません)。こうするのは、読者の皆さんにも「受けるだけの人」のままでいるのではなく、自発的な献金と、友人知人にコピーをわたす伝道を通して「よろこんで与える人」となり、神様の祝福をもっと得ていただきたいからです。「よろこんで与える者を神は愛される」、これが私たちの宣教事業の基本理念です。

◆マテオによる聖福音10章27節
「私がやみの中で言うことを、あなたたちは明るみで言え。耳をあてて聞くことを、屋根の上から知らせよ」

◆マテオによる聖福音10章42節
「この小さい者の一人に、弟子として冷や水の一杯でも与える人があったなら、まことに私は言う。その人は報いを失わぬ」


ご注意
■ お申し込みは下記住所宛にEメール版は3千円、郵送版は一万円を目安に一年分のご寄付をお願いします(商行為でも契約でもありません)。  〒540−0004 大阪市中央区玉造1−4−14 箱舟の聖母社
■ トラブルを避けるために、必ずご本人様でお申し込み下さい。いかなる理由でも、ご送金後の返金はできません。お申し込みから登録まで2週間程度かかりますので、あしからずご了承下さい。
■ 本誌読者=「聖シャーベル修道会会員」ではありません。どのような立場の方でも歓迎いたします。
■ これを用いてマリア様の事業を攻撃する人には送付を打ち切ります。また災害・戦争など、やむを得ない事情の際も送付いたしませんが、ご了承ください。


%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%0%%

        「 箱 舟 の 聖 母 」

       2004年3月14日号 No.195

   毎週1回発行:Eメール版 年間3,000円(ご寄付)
          郵送版  年間10,000円(ご寄付)
  http://homepage1.nifty.com/charbeljapan/index.htm
      E-mail : charbeljapan@nifty.ne.jp
       ( 等幅フォントでご覧下さい!)
%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%3%%
----------------------------------------------------------------
    箱舟の聖母、
       我らが御母聖マリア、
         キリスト信者の扶(たす)け
----------------------------------------------------------------
 マリア様を喜ばせましょう。マリア様はあなたの小さな奉仕にも大きな恵
みで報いて下さいます。あなたが愛する人の救いのために「箱舟の聖母」を
役立ててください。「箱舟の聖母」は宣教誌です。購読しコピーし身近な人
にわたすなら、あとはマリア様ご自身が働いて下さいます。そしてあなたの
ご寄付はマリア様の事業を支えます。あなたのマリア様に対する奉仕を神様
は永遠に忘れません。
----------------------------------------------------------------

◆今週号の目次

 1.153本の聖ヨゼフの百合
 2.報道機関への公式声明
 3.反キリスト、ロード・マイトレイヤについての警告
 4.編集後記


----------------------------------------------------------------
1. 153本の聖ヨゼフの百合
----------------------------------------------------------------
【 第55章 】

 世の多くの人々は聖ヨゼフの天使的純潔を認めません。信じません。また、
信じている人の中でもほとんどの人が、聖ヨゼフはもともと肉欲を持ってい
なかったと考えています。つまり肉欲の衝動すらまったく起こらなかったの
で、生涯純潔でいられたのだと。カトリック信者のなかでも、彼の天使的
純潔について正しいとらえ方をしている人はほとんどいないのです。多分
これを読む皆さんも、上記のように考えているか、聖ヨゼフのことを聞く
のは初めてかのどちらかでしょうね。上記の考え方が誤りであることをイエ
ズスはマリア・ワルトルタに与えた啓示の中で教えてくださっています。
聖ヨゼフが原罪の汚れをもって生まれた身であることは、何度も繰り返し
述べられていますから、彼は原罪の結果である肉欲の衝動を持っていたの
です。無原罪でいらっしゃるイエズスとマリア様はそれがありませんが、
お三方とも戦いを免除されてはいなかったのです。

「……私たちは、いわゆる邪欲を知らなかったのではない。見聞きするため
 の目と耳を持っていた。そしてサタンは、活動中、そういうふうな悪徳を
 目の前に踊らせ、また、いろいろなそそのかしをもって、私たちを誘惑し
 ようとした。けれども、私たちの意志力は全く神に嘉されるものとなるた
 めに絶えず緊張していたので、そのような汚らわしいそそのかしは、サタ
 ンが目指していた目的に達する代わりに、その反対の効果を私たちの中に
 もたらしたのだった。彼、悪魔が働けば働くほど、私たちは、彼が体と心
 の目に見せつけていた、その泥のような闇を嫌悪して、ますます神の光の
 中に避難するのであった。……自分たちが腐った泥にすぎないので、人間
 の中に、ひとりでも翼と光を持っているのを認めようとしない人々は、
 お産の後の、マリアの処女性と、ヨゼフの純潔をなかなか認めようとしな
 い。このあわれな人々は、心も体も堕落しているので、自分たちと同じ
 人間が女を尊敬して、肉体ではなく、その魂だけを眺める全く超自然的な
 雰囲気の中に生きることができる、などとは考えられないのである」(1)

 私たちも聖ヨゼフも同じですが、自分の中から、または聞いたものや見た
ものによって外から、または悪魔から、霊魂には肉欲の衝動が起こりはじめ
ます。霊魂はまだそれを受け入れてはいません。たとえていうなら、ドアの
外にあって中に入いろうとする寸前です。これを第一衝動と呼んでいます。
鋭い良心を持つ人は、この段階ではっきりと危険を感じ、すかさず追い払い
にかかります。どんなにしつこく入いろうとしてきても、そのたびに戦って
一回も見過ごしません。このとき、私たちは被造物である自分の虚しさを
痛感し、自分の本性の弱さを悟ります。なぜなら誘惑はなかなか去らず、
しつこく攻撃され、自分の無力さを思い知るからです。そこで私たちは神に
必死によりすがるのです。この戦いを神がお許しになるのは、私たちを敗北
させるためではなく、神によりすがらせて、勝たせるためです。それによっ
てますます私たちを神の近くに引き寄せるためです。聖ヨゼフは他の諸徳に
おいて、完全な域に達していましたが、純潔の徳の獲得を、他の諸徳の力も
結集して行いました。被造物である自分のむなしさ、人間の本性の弱さ、
自分の無力さの意識の中で、神の助けに希望します。謙遜に神によりすがり
ます。忠実に一回も見過ごさず戦います。たとえ進歩しないように見えても、
長期にわたって忍耐します。そして彼は勝利に勝利を重ねたのです。彼の
戦いの全貎を私たちはいつか天国において知ることができるでしょうが、今
はあらましだけであっても、もう彼の天使的純潔を正しくとらえることがで
きましたね。

 共同体の中に生きる人は、人類史上最も肉欲のはびこった今、純潔の見え
る証しとなるよう求められています。深い闇に輝く燈台の灯のようにです。
そのためには聖ヨゼフのやり方で戦えばよいのです。第一衝動のうちに追い
払うことを、他の諸徳を結集して行なうのですが、非常に重要なのは、自分
の力でではなく、よりすがって戦うことです。それも神様だけにではなく、
マリア様と聖ヨゼフにもよりすがるのです。もちろん私たちは聖ヨゼフと
違い、他の諸徳もまた不完全なので、純潔の戦いにおいても彼のようないつ
も完全な勝利をおさめるわけではありませんが、続けてください。この戦い
は、霊魂の利益となるから許されて起こり、また、この聖ヨゼフに習った
戦い方が、神のご計画通りに私たちを神に近づけるのですから。

(1)「聖母マリアの詩(上)」あかし書房 マリア・ワルトルタ著
   P259



----------------------------------------------------------------
2.報道機関への公式声明
 「イラクにおける大量破壊兵器の隠し場所 − 2004年2月24日」
----------------------------------------------------------------
 アライアンス・オブ・トゥルース(真理の同盟)の愛する皆さん、皆さん
に挨拶いたします。私はたった今、リトル・ペブルが書いたイラクにある
大量破壊兵器についての緊急の手紙をアップロードしたところです。それに
は大量破壊兵器の場所を示したイラクの地図がつけられています。

 神の母は、これについてたくさんのことを啓示してくださり、また確証
してくださってきています。……しかし、リトル・ペブルは、それらを公け
にすることを望んではいません。……それで、それらは含まれておりません。

 リトル・ペブルは、この手紙と地図をファックスで様々な権威者・当局者
にすでに送りました。……そして、私たちは約10日前にEメールを届けよ
うとやってみました。しかし成功させることはとても困難なのです。マリア
様は、リトル・ペブルの手紙は、プロトコルをバイパスさせている人間たち
によってブロックされ続けているとおっしゃっています! ですからリトル・
ペブルは、この手紙を読む全ての人に今、自身の能力でもって、ふさわしい
権威者たちに届ける方法を見つけ出すようにやってみてほしいと呼びかけま
す。どうか以下をクリックしてください。

http://www.shoal.net.au/~mwoa/documents/letter_lp_bush_blair_howard_24february2004.html

 どうかイエズスが、ご自分のご受難の功徳を通して、皆さま全員を祝福
してくださり、マリア様が皆さまをやさしく愛してくださいますように。

 キリストにおいて敬具

 十 マルコム・ブロサード司教

--------------------------------
「イラクにおける大量破壊兵器の隠し場所
 − 2004年2月24日 」
--------------------------------
 ジョージ・ブッシュ大統領閣下
 トニー・ブレア首相閣下
 ジョン・ハワード首相閣下


 親愛なる大統領、ならびに首相の皆さま、私たちの主イエズスの御名に
よって、皆さまに挨拶いたします。

 数ヶ月前、私は皆さまに、一般大衆や政治組織、特にメディアが皆さまと
大衆に「大量破壊兵器」はなかったのだと信じこませ、イラクを侵略した、
また戦争をしかけたと非難することさえして、皆さまにかけている圧力に
屈服しないようにという助言を書き送りました。

 今一度、皆さまに私は助言しようと思います。大量破壊兵器はまだそこに
隠されてあるのです。そして時々、イラクのいろいろな場所に、そしてまた、
クウェート、シリア、そしてサウジアラビアといった近隣諸国に移動させて
います。私はこれらの大量破壊兵器がある場所を皆さまに示す地図をさしあ
げます。

 ティクリットのその場所は、ある学校、そしてまた小さなモスクの近くで
す。以下は皆さまが捜索しなければならない町々です。

 アルアマラフ − アンナシリヤフ − アスサルマン − カルバラ

 全てのモスクと学校を調べてください。地図上に私がうった「×」印を見
てください。そこが皆さまが捜索すべき場所です。誰もが捜そうと思いもし
ない小さなモスクにそれらは隠されています。

 皆さまは、ご自分の政府内と諜報部内とにたくさんの敵をもっていますの
で、非常に注意深くあってください。証拠を見つけることができないでいる
のは、それがためなのです。

 次に Dhul Hya として知られている月の時期に警戒してください。

 第3に、サダム・フセインをしっかりと見張ってください。なぜなら、彼
の逃亡を助ける計画が存在します。

 第4に、どうかよく用心してください。なぜなら、皆さまのうちの一人は
命に危険がせまっています。それで、その国に暴動が起き、戦争の淵に立た
されるでしょう。皆さまのうちの一人は、強力な対立候補があらわれ、そし
て選挙に敗れるでしょう。その国は倒れてしまうでしょう。悲しいことです
が、皆さまのうちの一人は病気になります。ですから、皆さまの健康に留意
し、注意深くあってください。

 ではもう一度、自由主義世界の愛する指導者の皆さま、人類が守られるた
めに、そしてあなたたちが民衆からの攻撃に対して嫌疑を晴らすために、ど
うか天の指示に従ってください。

 皆さまの上に神の祝福を祈ります。

 [ サイン ]

ウィリアム・カム
「リトル・ペブル」として知られています



----------------------------------------------------------------
3.反キリスト、ロード・マイトレイヤについての警告
----------------------------------------------------------------
マリア様からの警告 1995年1月13日
リトル・ペブルに(抜粋)

 わが愛する子供たちよ、今やあなたたちには多くの犠牲が求められていま
す。なぜなら来るべき時代に備えて、あなたたちを強くすることが必要だか
らです。あなたたちが今まで見てきたものは、来るべきものとは比較になら
ないのです。日本の都市を廃墟にした原子爆弾も、来るべき時代にあなたた
ちの見るもの、即ち現在の地球の崩壊に比べれば「小さな」ものです。愛す
るわが子よ、あなたたちはとても「小さい」ですから、私としてもこのよう
に神の指示と警告を何度も繰り返すことは嬉しくありません。けれども、こ
れらの指示は傲慢で尊大な者たち、神の言葉を聞くことを望まない者のため
なのです。

 愛するわが子らよ、預言が今までに何度も延ばされてきたことで心を乱し
てはなりません。神に感謝していなさい。なぜなら、このことは功徳を積み、
強くなるための更なる時間をあなたたちに与えるからです。この世に厳しい
懲罰が下される時に、全世界のキリスト教徒を試すために最も厳しい懲罰が
下されます。その懲罰とは、反キリストです。彼は全ての力と強さを持って
地上に解き放たれ、多くの者を真理から遠ざけます。多くの者が自分自身を
売り渡し、彼らが真実と信じるものに従いますが、実際にはそれは虚偽なの
です。

 そこで真理の兵士であるわが子供たちよ、私の神なる御子を通して与えら
れた使徒や多くの聖人の生涯を思って、一生懸命働きなさい。彼らが、まず
第一に自分の霊魂を聖化し、第二に彼らがなすこと全てにおいて神に栄光を
帰するために、日夜どのように骨を折ったかを考えなさい。そして、あなた
たちも彼らと同じようにしなければなりません。あなた方は皆、神に栄光を
帰する終末の聖人となるために、また今日救われるべき人々を救うために
召されたからです。愛するわが子らよ、自分は脇に置き、あなたたち自身の
ことは考えず、むしろ、至高者の御旨を考えなさい。そして、罪と世のぬか
るみにまみれてまだ眠っているあなたたちの兄弟姉妹のことを考えなさい。



----------------------------------------------------------------
4.編集後記
----------------------------------------------------------------
◆ ブラザー・ジャン・マリー(オーストラリア・ナウラのゲッセマニ共
同体所属、第2部門、荘厳誓願宣立2003年10月1日)は、来る5月
18日(箱舟の聖母の祝日)に、オーストラリア・ナウラで司祭に叙階され
ます。叙階後は第1部門の会員となり
、ナウラ・ゲッセマニ共同体所属の
まま、6月に再び日本に派遣されます。

 洗礼を受けたい方は、申し出てください。

 ローマ・カトリック使徒教会の昔からの教えを全て固く信じ、現代主義の
異端を決して受け入れないこと。他の宗教の教えをことごとく捨て去ること。
この固い決心があるなら、準備が不十分でも洗礼を授けます。

 準備としては、私たちの3冊の本と、マリア・ワルトルタ著の十巻の本を
全て読んでください。受洗後に読む場合、読む約束をしてください。

「153本のマリアさまのバラ」「聖シャーベル修道会の会則会憲」
「メッセージ集」

 ■箱舟の聖母社
  〒540-0004
  大阪市中央区玉造1-4-14
  郵便振替 00840-3-132438

マリア・ワルトルタ著、フェデリコ・バルバロ訳編の「マグダラのマリア」
「聖母マリアの詩(上)(下)」「イエズスの受難」「イエズスに出会った
人々(一)(二)(三)」「イエズス − たそがれの日々」「受難の前日」
「復活」 の10冊、それぞれ3000円前後です。

 ■あかし書房
  〒166
  東京都杉並区成田西3-9-22
  電話:03-3313-4014 FAX:03-3311-9359
  郵便振替:00110-6-111231

--------------------------------

「天からのメッセージ」に版権はありません。天はできるだけ多くの人々が
メッセージを読むことをお望みです。どうぞ友人知人に「天からのメッセー
ジ」を伝えて下さい。コピーして配布して下さい。

 編集室では、メッセージの翻訳ボランティアを募集しています。できるな
ら、カトリック信者で専門用語に強い方を希望しています。

 また皆様からのご質問、ご感想をお待ちしております。関連情報をお持ち
でしたらお寄せ下さい。
 
 次回「箱舟の聖母」は3月21日頃、発行を予定しています。

----------------------------------------------------------------
編集・発行:聖シャーベル修道会
スタッフ : Br.Jean-Marie  Kolbe-Marie
----------------------------------------------------------------
お申込み、ご質問、ご感想は下記までお願いします。

  〒540−0004
   大阪市中央区玉造1−4−14
   聖シャーベル修道会

  E-mail : charbeljapan@nifty.ne.jp

 お申し込みはEメール版は3千円、郵送版は一万円を目安に、一年分のご
寄付をお願いします(商契約ではありません)。こうするのは、読者の皆さ
んにも「受けるだけの人」のままでいるのではなく、自発的な献金と、友人
知人にコピーをわたす伝道を通して「よろこんで与える人」となり、神様の
祝福をもっと得ていただきたいからです。「よろこんで与える者を神は愛さ
れる」、これが私たちの宣教事業の基本理念です。
----------------------------------------------------------------
%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%1%%

(C)日本における「聖シャーベル修道会の共同体」
      設立の促進と援助のための事務所
 http://homepage1.nifty.com/charbeljapan/index.htm
    E-mail : charbeljapan@nifty.ne.jp

%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%4%%




[HOME] [戻る]